暁「ショタ提督」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:38:17.79 ID:V1joddhEo
暁「ここか…」

暁(私は特III型駆逐艦1番艦の暁、今日からこの鎮守府に配属になった)

暁(本当は下に3人妹がいるんだけど、その3人は別の鎮守府に配属され、私だけここに配属となった)

暁「戦力を1か所に固めず分散させ、神出鬼没の深海棲艦に対して対応できるようにする…といっても、なんで私だけ一人なのかしら…」ハァ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410795487
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:39:18.53 ID:V1joddhEo
暁「…別に一人きりだから怖いとかそういうんじゃなくてあくまで妹達が私抜きでやっていけるか心配しているだけであって私はぜ~んぜん一人でも問題ないわけで」加賀「もし?あなたここに何か用かしら?」

暁「うひゃあああ!?」ビクッ!!!

加賀「あら、鎮守府の入り口でずっとたむろしてるから誰かと思ったら、あなたが今日ここに配属される暁さんね」

暁「え?…あ、はいそうです。今日から配属になります特III型駆逐艦1番艦の暁です」

加賀「私はここで秘書艦を務めさせていただいてる正規空母の加賀よ。よろしく」

暁「よ、よろしくおねがいします」ペコリ
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:40:16.51 ID:V1joddhEo
加賀「それじゃあまず提督にあいさつに伺いましょう。ついてきて頂戴」

暁「は、はい!」

暁(な、なんか大人の女性…まさに一人前のレディって感じの女性ね…正規空母って言ってたし、そんな人が秘書艦を務めるここって実は結構すごいとこなんじゃ?)

暁(ってことは、司令官も相当威厳のある人なのかしら…ちょっと緊張してきたかも…)

加賀「ここが指令室よ。まあ挨拶といっても軽くで大丈夫よ」

暁「は、はい!」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:41:13.46 ID:V1joddhEo
加賀「加賀です、今よろしいでしょうか」コンコン

???「入れ」

加賀「失礼します」ガチャッ

暁(…やばいやばいなんて挨拶しよう!?失礼のない挨拶をしないと…失礼のないよう、失礼のないよう…)
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:41:59.80 ID:V1joddhEo
暁「し、失礼します!」

暁「今日から配属する特III型駆逐艦1番艦の暁です!」ビシッ!

ショタ提督「おう、お前が暁か」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:42:30.00 ID:V1joddhEo
暁「特型駆逐艦の最終完成形として…って、え?」

暁「…」

提督「ん?」

暁「子供じゃない!?」

提督「子供じゃねえよ!!!」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:43:38.91 ID:V1joddhEo
暁「え!?なんで?どういうこと?」

加賀「落ち着きなさい、あなたの目の前にいるのは私たちの立派な提督、この鎮守府のトップよ」

暁「え?えええええええええ!?」

提督「ふんっまあお前の反応は正直想像してたさ。俺の姿を見たやつはみんな同じ反応をするからな」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:44:05.10 ID:V1joddhEo
提督「だけど、一言だけ言わせてもらうぞ」

暁「な、なにかしら」

提督「お前に子供って言われたくねえよ!このガキ!」

暁「」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:44:59.75 ID:V1joddhEo
暁「はあああああああああああああああああああ!?」

暁「そ、れ、こ、そ!あなたに言われたくないわよ!」

提督「はん、なにいってんだ俺より身長低いくせに生意気な」

暁「生意気って…!?いいかしら!?」

暁「私はレディよ!?一人前のレディとして扱いなさい!」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:45:40.07 ID:V1joddhEo
提督「レディwwwwその体型でレディwwwwせめて加賀ぐらい成長してからいえガキ!」

暁「体型のことは言わないでよ!あんただってそこまで言えるほど身長高くない癖に!このガキ!」

提督「んだと!?」

暁「なによ!?」

加賀「二人とも落ち着きなさい」ブンッ

ガン!!!!!!!!

提督「いっ!?」

暁「あぅ!?」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:46:16.97 ID:V1joddhEo
提督「いってえ~…」

暁「あ、頭が割れる…」

加賀「まったく、あまり手間をかけさせないで頂戴」

加賀「提督」

提督「は、はい!?」

加賀「提督はまだ仕事が残っているでしょう、こんないがみ合いしてる暇あったら一つでも多く片づけてください」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:47:10.65 ID:V1joddhEo
提督「はーい…」

暁「プッー怒られてやんの」

加賀「暁」

暁「は、はひい!?」

加賀「これから私がここを案内するから、わたしについてきて頂戴」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:47:54.50 ID:V1joddhEo
暁「わ、わかりました…」

加賀「よろしい、それでは失礼します。提督、ちゃんと仕事してくださいね」ガチャ

提督「わ、わかってるよ…」

加賀「それでは暁、ついてらっしゃい」

暁「は、はい…」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:48:37.00 ID:V1joddhEo
提督「ベッー」

暁「っ」イラッ

暁「ベッー!」

加賀(子供…)

バタン

提督「…」

提督「こええ…いてえ…」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:49:10.96 ID:V1joddhEo
。。。。。。。。。。。

加賀「ここが演習場よ」

暁「はい」

加賀「それじゃあ次行くわよ」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:50:02.54 ID:V1joddhEo
暁(あの人が司令官…私と年変わらないぐらいじゃない。本当に大丈夫なのかしら)

暁(それに一番はあのむかつく性格!本当子供だわ!)

加賀「あなたが思っていることももっともだわ」

暁「あ、やっぱり加賀さんもそう思いますか?司令官って子供…」

暁「って、え…もしかして声に出てました?」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:50:50.12 ID:V1joddhEo
加賀「いえ、みんなここに来る人の大半は今のあなたみたいな表情をするわ」

加賀「提督への不安、不信感。本当にここは大丈夫なのかって」

暁「…」

加賀「最初は提督のこと信じられないかもしれないわね。それは仕方ないことだわ」

加賀「でも、それでも、提督の事を信じてあげてほしい」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:51:18.76 ID:V1joddhEo
暁「…」

暁「どうしても、信じられない時は?」

加賀「その時は、そうね…」

加賀「提督の事を信じてる、私を信じてみるのはどうかしら?」

暁「加賀さん…」

加賀「さ、案内を続けるわよ」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:52:36.75 ID:V1joddhEo
。。。。。。。。

加賀「ここがあなたの部屋よ、荷物はここに入れてあるわ」

暁「ありがとうございます」

加賀「あと、夜7時にあなたの歓迎会をするわ。まだ時間もあるし少し部屋で休むといいわ」

暁「わかりました。7時に食堂ですね」

加賀「ええ、それじゃ私も仕事があるし、これで」

暁「…加賀さん!」

加賀「なにかしら?」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:53:04.82 ID:V1joddhEo
暁「私正直、司令官のことまだ信じられません。けど、加賀さんのことなら信じられます!信じてみます!」

加賀「…そう、ありがとう」

加賀「それじゃあね、ゆっくり休みなさい」

暁「はい、加賀さんありがとうございます」ガチャ

バタン

加賀「…」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:53:39.90 ID:V1joddhEo
。。。。。。。。

暁「ふぅ…」

暁(衝撃的すぎるわよ、司令官が自分ぐらいの年の人だなんて)

暁(でも…加賀さんがあんなに信頼している人なんだから、きっと信じられる人なんだと思う…)

提督『レディwwwwその体型でレディwwwwせめて加賀ぐらい成長してからいえガキ!』

暁「」イラッ
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:54:13.51 ID:V1joddhEo
暁(思い出したら腹立ってきた…やっぱりまだ信じてあげないわよ!)

暁「っていうか今何時かしら」チラッ

17:40

暁「歓迎会は7時って言ってたわよね」

暁「少し疲れたし、ちょっと寝よう…」

暁「…」

暁「…」zzz
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:54:51.78 ID:V1joddhEo
。。。。。。。。

暁「ん…ん~…」

暁「…」ボーッ

暁「今何時かしら」チラッ

19:10

暁「え、もうこんな時間!?寝すぎちゃった!」

暁「い、急がないと!」

暁「ああもう何やってるの私」ガチャッ「いてえ!」ガンッ!
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:55:55.80 ID:V1joddhEo
暁「えっ?」

提督「いってえ~…」

暁「し、司令官?なんでここに…」

提督「お前が遅いから様子を見に来たんだよ…7時に歓迎会やるって話聞いてなかったのか?」

暁「いやその…ごめんなさいちょっと寝ちゃってて…」

提督「はあ?寝坊かよ」

暁「う、ごめんなさい…」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:57:36.97 ID:V1joddhEo
提督「あ、違うんだ。…ああもういくぞ!みんな待ってんだよ」クルッ

暁「う、うん」

提督「あの、その…」

暁「え?」

提督「あの時はその、ごめん…」

暁「?」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:58:08.58 ID:V1joddhEo
提督「だから!お前が挨拶にきたときだよ!ちょっと言い過ぎた!ごめんなさい!」

暁「…えええええ!?」

提督「な、なんだよ!?俺が謝るのがそんなに変かよ!?」

暁「い、いやそうじゃな…いや、正直謝ってくれるとは思ってなかったから少し変かも…」

提督「ふん!別にいいよもう」
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:58:35.64 ID:V1joddhEo
暁「…司令官」

提督「んだよ」

暁「私も…その、ごめんなさい」

提督「…もういいよ、俺も悪かったし」

暁「…」

提督「…」
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:59:23.79 ID:V1joddhEo
提督「ああもうやめやめ、じゃあもう仲直りな!手出せ!」スッ

暁「手?」

提督「先輩が言ってた、仲直りするときはなにか行動で示すのがいいって」

提督「だから、仲直りの握手だ」

暁「仲直りの、握手…」

提督「ああ、そうだ」

暁「…うん、ちょっといいかも、そういうの」スッ

ギュ
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:00:08.97 ID:V1joddhEo
提督「…」

暁「…」

提督「…」///

暁「…」///

提督「は、はい!これで仲直りだ!」バッ

暁「そ、そうね!仲直り!」バッ

提督「さ、さっさと歓迎会いくぞ!主役が遅れてんだから」

暁「え、ええ!行きましょう」
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:01:05.20 ID:V1joddhEo
暁「…」

暁(その手は私より少し大きくて、少しごつごつした手。"男の子"って感じの手)

暁(なぜだろう、仲直りしただけなのに、手をつないだだけなのに)

提督「おいなに立ち止まってんだよいくぞ」

暁「…司令官」

提督「ん、なんだよ?」
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:01:40.68 ID:V1joddhEo
暁「挨拶の時に言ったけど、私のこと、一人前のレディとして扱ってよね」

提督「はぁ?」

暁「だから…」

暁(司令官の事、信じてみようと思えたんです)
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 01:02:29.36 ID:V1joddhEo






暁「レディをちゃんとエスコートしてよね、司令官♪」ニコッ






38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:28:56.87 ID:yV5dF5KAo
不知火「輸送資材はこれで全部です」

天龍「よ~し、んじゃあ全艦帰港!全員資材持てよ」

暁漣不知火「了解!」
39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:29:35.45 ID:yV5dF5KAo
暁「ふ~今日の遠征も無事終わりそうね」フーッ

天龍「こら暁!無事帰港するまで気を抜くなよ」

暁「は~い」

不知火「まあこの海域は深海棲艦の出現報告もないので、比較的安全ではありますが、用心するに越したことはありませんね」

漣「そうですよ皆さん、ここで一人でも大破なんてしたらご主人様泣いちゃいますから」
40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:30:03.33 ID:yV5dF5KAo
暁「あの生意気な司令官が泣くところなんて想像できないわ…」

天龍「あ~でも提督が泣いてるところって今までみたいことねえな」

不知火「司令もまだ子供、隠れて泣いているかもしれませんね」

天龍「泣いてるところか…漣はみたことあるか?お前初期艦なんだし、付き合い長いだろ?」
41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:36:36.93 ID:yV5dF5KAo
暁「え、漣さん初期艦なの?」

漣「えぇ!何を隠そうこの漣、ご主人様の初期艦として苦楽を共にしてきたわ!」

漣「ご主人様のことは何でも知ってますよ!」

漣「ですが、天龍さんの質問には答えられないわ。ご主人様の名誉のためにも、私のためにもね」
42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:39:14.62 ID:yV5dF5KAo
暁「司令官の名誉ってのはわかるけど、漣さんのためっていうのは?」

漣「私とご主人様はこの鎮守府が出来てからずっと一緒でしたから、ご主人様の思い出はイコール私の思い出みたいなものなんです」

漣「だからご主人様の恥ずかしい過去を話すのは、私の恥ずかしい過去を話してしまうことになるので…」

漣「あまり話したくないの、ごめんなさい」
43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:40:01.38 ID:yV5dF5KAo
天龍「ふ~ん…まあ話したくないなら聞かねえよ」

漣「わかってくれて何より、でももしこの中で一人でも大破したとき、ご主人様が悲しむのは確かですよ」

漣「なので皆さん、なるべくそうならないようにしましょうね」

不知火「今は戦争なので、大破しないという保証などどこにもありませんが、…まあそうですね。気をつけましょう」

天龍「ってことだ暁!お前はすぐ気を抜くからな!気をつけろよ!」
44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:40:35.44 ID:yV5dF5KAo
暁「こ、この流れで怒られるなんて…思ってなかったわ」

漣「メシウマ!」

暁「あんまりそういう詳しくないけど、ニュアンスで馬鹿にしてるのなんとなくわかるんだからね!?」

漣「ほいさっさ~♪」
45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:42:46.49 ID:yV5dF5KAo
。。。。。。。。。。。

天龍「艦隊が帰港したぜ!」

不知火「遠征任務、無事完了しました」

提督「お帰り天龍、漣、不知火、あと暁」

暁「ちょっと、私だけついでっぽく言わないでよ!」

提督「一人前のレディ()ならそんなことでいちいち怒るなよ」

暁「むっかー!」
46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:45:03.28 ID:yV5dF5KAo
漣「ご主人様、あんまりいじめちゃダメでしょもう」

提督「む漣…わかったよ、ごめん暁」

暁「え、ああうん…別にいいけど」

漣「それじゃあ遠征報告したいから行きましょうご主人様」

提督「うん、そうだな」

天龍「おいそれは旗艦の俺の役目…まあいいか漣だし」
47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:47:57.60 ID:yV5dF5KAo
不知火「それでは私たちは輸送してきた資材を片付けましょう」

天龍「特にやることもないし、そうだなやるか」

暁「…」

天龍「お~い、暁も手伝え」

暁「天龍さん」

天龍「なんだよ?」
48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:48:45.99 ID:yV5dF5KAo
暁「司令官と、漣さんって、その…」

天龍「?」

暁「つ、つつつつ付き合ってるのかしら?」

天龍「ないな」

不知火「ないですね」
49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:49:26.17 ID:yV5dF5KAo
暁「ええ!?そんな即答!?」

天龍「まあ最初提督と漣見るとそう見えるよな」

不知火「そうですね、新参者が必ず通る道です」

暁「え、じゃあ…」
50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:50:14.20 ID:yV5dF5KAo
天龍「まあ俺も最初そういう関係なのかって思ったこともあったんだけど」

不知火「ここで過ごすうち、そういう関係ではないということが、なんとなくですがわかるのです」

不知火「恋人同士ではない…ですがそれと同じくらいの強い繋がり」

天龍「俺たちにはわからん関係だ、だけどそれが恋愛関係ではないということはわかる」
51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:50:47.19 ID:yV5dF5KAo
暁「…どういうこと?」

天龍「説明はできん!」

不知火「むしろ説明できるのは当人の二人だけでしょうね」

暁「ええ~…」
52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:51:27.61 ID:yV5dF5KAo
天龍「まあ暁もそのうちわかるさ」

不知火「なんとなく、までですけどね」

暁「なんとなく…」

天龍「とりあえずよ、この話は置いといて、この資材早く片付けて飯にしようぜ」
53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 13:53:02.40 ID:yV5dF5KAo
不知火「そうですね。もう晩食の時間ですし、さっさと終わらせましょう」

暁「は~い…」

暁「…」

暁「…本当に付き合ってないのかしら…」

暁「二人が付き合ってたとしたら…」

暁「なんだろう、つまんない…」
62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:10:51.12 ID:D/zFOCvuo
暁「司令官、なに飲んでるの?」

提督「珈琲だよ。エスプレッソだ」

暁「カップがいつもより小さくない?」

提督「少ない量をちびちび飲むのが本場の楽しみ方なんだよ」

提督「おとなな俺のひと時の楽しみ…ってやつだな」フフン
63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:11:39.57 ID:D/zFOCvuo
暁「ふ~ん…ねえ少し飲ませてよ」

提督「はあ?暁がこれ飲めるのかよ?」

暁「ふふん、一人前のレディたる者、ブラックコーヒーの一つや二つ飲めないようでは駄目なのよ。それにこんなに少ない量なんだし」

提督「ふ~ん、じゃあ飲んでみろよ」ニヤニヤ

暁「ありがとう、ふふんこれがレディらしい優雅な飲み方よ…」グビッ
64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:12:41.91 ID:D/zFOCvuo
暁「っ!!!!!!!!!!!!!」ピキーーーーーーーーン!!!

暁「ごほっげほげほ!!!!な、なにこれすごく苦い!!!??」
65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:16:21.06 ID:D/zFOCvuo
督「はっはっは~!!エスプレッソの苦味を甘く見たな!!どうせアメリカンぐらいしか飲んだことないんだろう~!!」

提督「高い圧力をかけて抽出するエスプレッソは、他の珈琲に比べて非常に濃厚な味になるんだ。つま~り非常に苦い!」

提督「この味を楽しむことが出来ないなんて、暁はおこちゃまでちゅね~!!」

暁「く、くぅ~!!!」
66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:16:48.96 ID:D/zFOCvuo
加賀「提督、ちょっといいかしら」ガチャッ

提督「加賀、どうしたんだ?」

加賀「頼まれていた作戦資料ができたわ。確認をお願い」

提督「わかった、あとで確認しておくよ。今は優雅な時間を満喫しているんだ」フフン
67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:19:03.72 ID:D/zFOCvuo
加賀「優雅な時間?あら、そのカップは…エスプレッソかしら?」

提督「ああそうだ、加賀も一杯のむか?一緒にこの苦味を楽しもうじゃないか」

提督「おこちゃまの暁には本場の味は早すぎるらしいから一緒に楽しめないんだよ~」ニヤニヤ

暁「う~悔しいいい!!」
68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:19:55.48 ID:D/zFOCvuo
加賀「苦味…?本場…?ああそういうこと…」

加賀「提督、あなたの言っている本場の味わい方というの間違いよ」

提督「えっ?」
69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:20:52.82 ID:D/zFOCvuo
加賀「本来エスプレッソは大量の砂糖やミルクを入れて甘くしてから一気に飲むのが本場イタリアでの楽しみ方とされているわ。ストレートで飲む人はあまりいないんじゃないかしら」

提督「そ、そうなの…?」

加賀「ええ、エスプレッソを飲んだ後にカップの底に沈殿した大量の砂糖とミルクをスプーンですくって味わうくらいの量を入れるわ」サッサッサ

加賀「もちろんストレートで飲むのも間違ってはいないけど…本場の飲み方ということであればこの飲み方が正解だと思うわ」トロー

提督「…」

加賀「ほら、暁。これを飲んでごらんなさい」トン
70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:22:10.33 ID:D/zFOCvuo
暁「あ、ありがとう加賀さん、ん」グビッ

暁「っ!!!!!!!!!!!!!」ピキーーーーーーーーン!!!

暁「あ、甘い!甘すぎるくらいだわ!!!」

加賀「これが本場の味よ、暁」

暁「うん!これなら美味しく飲めるわ!一気にいけちゃう!」グビグビ
71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:22:54.96 ID:D/zFOCvuo
加賀「珈琲はブラックで飲むのが通、なんてドヤ顔する中学二年生みたいな人がたまにいますけど」

提督「…」

加賀『よいコーヒーとは、悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、愛のように甘い。』

加賀「という言葉あるように、理想の珈琲とは甘く、飲みやすいものなの」

加賀「まだあなたはまだ小さいながらも提督、これくらいの知識を身につけなさい。恥をかいてからでは遅いのよ」
72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:23:55.69 ID:D/zFOCvuo
提督「うぐっ」グサッ

暁「加賀さん、もう一杯飲みたいわ!」

加賀「良いわよ、私も久しぶりに沢山しゃべって疲れたし、二人で休憩にしましょうか」

暁「わーい!」
73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:24:56.16 ID:D/zFOCvuo
提督「あの…加賀~…俺の分も、甘いエスプレッソを…」

加賀「あら?提督はそのストレートのエスプレッソを味わって飲むのではなくて?」

提督「え、いやその…」
74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:25:55.80 ID:D/zFOCvuo
加賀「知識不足が露呈するとこういうことになる、ということよ。そのエスプレッソを飲むのは勉強不足のあなたへの罰」

加賀「どうせ暁にかっこよく見られたいために我慢して飲んでたんでしょう」

提督(ばっばれてる…)

暁「なんだ、司令官も飲めないんじゃない。さっきあれだけ飲めることを自慢してた癖に」プクク

提督「の、飲めるし…これくらい余裕だし…」
75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:26:39.59 ID:D/zFOCvuo
加賀「提督もそういってるし、私たちは甘い珈琲を楽しみましょう」

暁「ええ、一人前のレディらしい優雅なひと時を楽しみましょう!」

加賀「それじゃあ提督、先ほどの資料はちゃんと目を通しておいてくださいね」ガチャ

暁「じゃあね~」

バタン
76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:27:13.22 ID:D/zFOCvuo
提督「…」

提督「…」グビッ

暁「っ!!!!!!!!!!!!!」ピキーーーーーーーーン!!!

提督「苦え…」グスッ
77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 22:28:00.03 ID:D/zFOCvuo
ミス

提督「…」

提督「…」グビッ

提督「っ!!!!!!!!!!!!!」ピキーーーーーーーーン!!!

提督「苦え…」グスッ
81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:09:19.59 ID:vmKCmpX6o
足柄「はぁ~…」

不知火「…」

足柄「はあぁ~…」チラッ

不知火「…」

足柄「はああああああぁ~…」チラチラッ

不知火「…」イラッ

足柄「はあああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁ~~~~!!!!」チラチラチラチラチラッ

不知火「悩み聞いてほしいならそう言ってください」イライラ
82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:10:08.96 ID:vmKCmpX6o
足柄「いやさあ、私もそろそろ結婚したいなあって思うのよ」

不知火「はあ」

足柄「でもな~んでか、結婚どころか恋愛すらも出来ないのよ」

不知火「足柄さんは魅力的な女性です、すぐに出来ますよ」

足柄「…やっぱりそうかしら!?」

不知火「…チッ」イライラ

足柄「ごめんごめんなさい不知火さん調子こきましたすみません」
83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:11:54.36 ID:vmKCmpX6o
不知火「で、何が言いたいのですか結局のところ」

足柄「あ、えっとですね…まあ私なりになぜ恋愛できないかを考えたわけよ」

足柄「そして一つの答えが導き出されたの!」

不知火「そ、その答えとは…?」

足柄「ズバリ…」

足柄「出会いがない!!!!」
84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:12:46.48 ID:vmKCmpX6o
不知火「あ、なるほどそうですねじゃあ悩みは解決ですねそれじゃあ私はこれで」スタスタ

足柄「すたあああああああああああああっぷ!!!」ガシッ!!

不知火「なんですか私まだ仕事が残っているのですが」イラッ

足柄「解決してない!!一ミリも解決してないわよ!」

不知火「適当に合コンやって男捕まえればいいじゃないですかはい終わりですそれでは」スタスタ

足柄「そうじゃない!!そう簡単じゃないのよおおおおおお!」ズルズル
85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:13:16.20 ID:vmKCmpX6o
不知火「…ウッゼ」ボソッ

足柄「あれ?幻聴かな、不知火ちゃんから信じられないくらいの低いトーンで心の底からの嫌悪の言葉が吐き出された気がする」

不知火「で、なにが簡単じゃないんですか?」

足柄「だって~…この前合コン開いたとき、数合わせに羽黒を参加させたの…

不知火(もう展開読める)

足柄「そしたら男どもは私をそっちのけにして羽黒のほうばっかり声かけて…」ウッウッ

不知火「でしょうね」(それは災難でしたね)

足柄「心の声と口に出した声が逆だよ畜生」
86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:14:48.95 ID:vmKCmpX6o
足柄「それでね、もう合コンは諦めたわけ…だからそれとは違う方法はないかと模索してたんだけど…」

不知火「はぁ」

足柄「そこでね!最近とある鎮守府で提督と艦娘が結婚したって話をきいたのよ!」

足柄「そこでピンと来たわけ!そうよ!身近な異性はすぐそばにいるじゃない!提督という人が!!!」

足柄「でもよく考えたら提督まだ子供じゃない!うちの提督!!!」バン!!!
87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:15:37.86 ID:vmKCmpX6o
足柄「…」

不知火「…」

足柄「はぁ~…」

不知火「あ、そこで一行目に戻るわけですね」
88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:17:14.32 ID:vmKCmpX6o
足柄「どうしたらいいのかしら…周りはどんどん結婚していってるっていうのに…」

不知火「…なるほど、司令が子供というのがネック、というわけですね」

足柄「まあ、そうね。別に子供だからって提督の事悪く言ってるわけじゃないんだけど、流石にあの年に手を出すのは…」

不知火「ならば、そのまだ子供というところを逆手に取る、というのはどうでしょう?」

足柄「逆手に…?」

不知火「光源氏計画…ご存知ですか?」
89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:18:00.94 ID:vmKCmpX6o
足柄「!?そ、それって…」

不知火「光源氏は若紫という少女を自分の好みの女性に育て上げ、そして結婚したといいます」

不知火「そう、光源氏計画とは、小さい子供を自分の理想の大人に育て上げるということ」

不知火「もう、わかりますよね?」
90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:19:30.16 ID:vmKCmpX6o
足柄「つ、つまり、提督を私好みの男に育て上げる…!?」

足柄「理想を男を探すのではなく…理想の男を一から育て上げる!?」

不知火「司令とてまだ子供です。これからの生活で性格や好みはガラリと変わります」

足柄「まだ軌道修正は可能!」
91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:20:05.32 ID:vmKCmpX6o
足柄「不知火ちゃん!」バッ

不知火「…」グッ!

足柄「ありがとう不知火ちゃん!私、女版光源氏になってくるわねええええええええ!!!!」ガチャバタン!

ダダダダダダダダダダダダ!!!!

不知火「…」

不知火「不知火に落ち度はありません、うんないない」
92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:21:03.89 ID:vmKCmpX6o
。。。。。。。

<司令室前>

足柄「ふふ~ん♪そうよね~そっちのほうが簡単じゃないのよ~」

足柄「まだ子供ゆえに純粋、顔もまだ幼さを残してるとはいえ悪くないし、なにより将来有望!」

足柄「ここから私好みに育てていけば…」ジュル

足柄「グフッおっといけないよだれが…」
93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:21:45.48 ID:vmKCmpX6o
足柄「とりあえず指令室で提督と二人きりになる、まずは提督に私の事を意識してもらうことからよ!」

提督「この時間は提督が一人で休憩中のはず」

足柄「まだ色恋も知らない子供…ふふ、簡単ね」ガチャ

足柄「は~い提と…ん?だれかいる」
94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:22:30.97 ID:vmKCmpX6o
督「…」

暁「…」

足柄「あれは、暁ちゃん?あれ、すごく二人の距離近い…ていうかくっついてない?」
95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:23:28.90 ID:vmKCmpX6o
提督「…」ペラ

暁「早い」

提督「遅い」

暁「いいじゃない少し待ってよ、ていうか司令官が読むの早すぎ」

提督「なんでお前の読むスピードに合わせないといけないんだよ」
96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:24:09.84 ID:vmKCmpX6o
暁「それくらいしてよ、私が貸してあげた漫画よ」

提督「だったらお前もうこれ読んだんだろ?いいじゃん今読まなくて」

暁「好きな漫画は何度読んでも面白いの、それで提督に貸した後また読みたくなったの」

提督「なんだよそれ」

暁「いいから、読んだから次開いて」
97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:24:38.51 ID:vmKCmpX6o
提督「ったくよ~」ペラ

提督「…」

暁「…」

暁「…」トン
98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:26:21.95 ID:vmKCmpX6o
督「…なんで肩に頭のっけんの?」

暁「ん~?なんか楽なの」

提督「あっそ」

暁「あと、ちょっと落ち着く」

提督「…あっそ」
99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:26:52.91 ID:vmKCmpX6o
提督「…」

暁「…」

提督「…」ペラ

暁「早い」

提督「遅い」
100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:30:40.39 ID:vmKCmpX6o
足柄「」

加賀「あら、足柄。提督に用なら後にしてくれないかしら」

足柄「か、加賀さん…あ、あれって」

加賀「あれね、最近ずっとああなのよ。喧嘩ばかりしてるけど、なんだかんだ仲がいいのよねあの二人」

加賀「喧嘩するほど仲がいいって、まさにこのことね」クスッ
101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:31:12.99 ID:vmKCmpX6o
足柄「いや、あれ仲が良すぎじゃないかしら…」

加賀「そうよね。まあ、私としてはそういう相手が見つかってくれて、少し安心なの」

加賀「あの子のお父様も、とても心配されていたから」

足柄「お父様?提督の?」
102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:32:31.72 ID:vmKCmpX6o
加賀「ええ、『あいつは自分によく似てるから、女を泣かせちまうんじゃないか』って…」

加賀「だから、暁のような提督と真正面から向かい合える子と出会ってくれて、私も安心してるのよ」

加賀「あの子にはああいう子がお似合いだわ」

足柄「…」

加賀「だからごめんなさい。今は二人の邪魔、しないでくれるかしら?」
103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:33:02.78 ID:vmKCmpX6o
足柄「ええわかってる、私とんだお邪魔虫だったみたい、あととてつもないくらいの勘違い女」

加賀「勘違い?」

足柄「ああいやこっちの話…あはは」

加賀「そう、…じゃあ私はこれで」タッタッタ
104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:34:08.99 ID:vmKCmpX6o
足柄「…な~にがまだ色恋も知らない子供、よ」

足柄「…私も負けてらんないな~!よし、頑張ろう!」

足柄「目指せウェディング!!!」

足柄「と、その前に…」
105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:34:54.49 ID:vmKCmpX6o
。。。。。。。

天龍「不知火さ、お前が俺の部屋に来る時っていつもなにかやらかしたって時だよな」

不知火「何をいってるんですか天龍さん、不知火に落ち度は」足柄「不知火ちゃあああああああん?ど~こか~しら~?」

不知火「!!」ビクッ

足柄「わたしな~んにも怒ってないから~、ちょっと出てきてほしいな~!!!」
106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:35:23.44 ID:vmKCmpX6o
不知火「て、天龍さぁん」ビクビクッ

天龍「よりにもよって足柄かよ…お前なにやらかしたんだよまじで」

不知火「し、不知火に落ち度は…」

足柄「しらぬいちゃあああああああああああああああん?ぬいぬいちゃあああああああああああああん!!!!!!!!??」

不知火「!!」

天龍「!!」
107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 13:36:11.34 ID:vmKCmpX6o
不知火「…」

天龍「…」

天龍「んで、どうすんだよぬいぬい…」

不知火「ぬいぬいに落ち度は…ありません…」グスッ
112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 09:45:54.61 ID:qfM7VMMIo
____じゃあ俺がお前の[  ]になってやるよ!

あーもう、バカね本当。あんたになれるわけないでしょ

____むぅ…

でもまあ…期待しないで待ってあげるわ

私も、あんたと一緒なら文句ないから…
113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 09:46:42.24 ID:qfM7VMMIo
。。。。。。。。。

プルプルプル

加賀「はい○○鎮守府」ガチャ

提督「あ~戦艦うちにこないかな~」

暁「戦艦ここにいないからね、でも相当重要なとこじゃないと配属されないのよね」

提督「そうそう、でも戦艦きてほしいな。長門…大和…あぁ憧れだなあ」
114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 09:47:30.20 ID:qfM7VMMIo
暁「むぅ、駆逐艦だって十分魅力的な娘揃ってるじゃない」

提督「ハッ、魅力ないやつが言っても説得力がな」

暁「なによ!暁型ネームシップの私に魅力がないってい」加賀「え、本日ですか?…少々お待ちください」
115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 09:48:19.49 ID:qfM7VMMIo
加賀「提督、本部からお電話です。なにやら本日ウチに配属になる娘がくるとかで」

提督「え、そんなの聞いてないぞ?…電話代わる」ガチャ

提督「お電話代わりました…はい…はい…」

暁「急ですね、今日配属なんて」

加賀「ええ、…なにか嫌な予感がするわ」

暁「…」

提督「急ですね本当に…はい、はいわかりました…ですが今後は事前にうちに連絡を入れていただけると…」

提督「ええ…はい。それで配属される娘の名前は…」

提督「…え゛」
116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 09:49:45.18 ID:qfM7VMMIo
ガチャ!!!

提督「!」

加賀「!」

暁「ドアが!?」

バタン!!!!!!

霞「失礼するわ」

加賀「!霞」

提督「霞…」

暁「…だれ?」
117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 09:51:54.85 ID:qfM7VMMIo
霞「…」タッタッタ

提督「おお霞、久しぶりだな…元気にし」霞「約束破りのクズ司令官様はあなたでしょうか?」ガシッ

提督「か、霞さん?あのですね…苦しいので胸倉つかむのやめてくださいませんか…」

霞「あんたね!私が!どんだけ!待ったと!思ってるの!」ブンブンブンブンブン!!!!!!!!!!!!

提督「ぐえ!ちょっごめっ揺らさないでっ」グワングワングワン!!!!

暁「ちょ、ちょっと!急に出てきていきなり司令官になにしてるのよ!!」

霞「あん?…あんたには関係わよ。邪魔だからどっかいってなさい」

暁「はあ!なによあなた!!失礼にもほどがあるんじゃないの!?」

霞「これは私とこのクズの問題なの、それにあんたこそなんなの?こいつとどういう関係?」

暁「か、関係?べ。別にた、ただの司令官と艦娘の関係よ!」

霞「なんだ、じゃあなおのこと邪魔しないでくれる?」

暁「はあ!?どういう意味よもう!」

提督「霞、手離して…死ぬ…」

霞「元はあんたのせいでしょうがあああああああああ!!!!」ブンブンブンブンブン!!!!!!!!!!!!

提督「ぎゃあああああああああ!!!」グワングワングワン!!!!
118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 09:52:28.15 ID:qfM7VMMIo
暁「な、なんなのよあの娘…」

加賀「あの娘は霞、前に私と同じ鎮守府に配属されていた娘よ」

暁「前の鎮守府…ですか」

加賀「ええ、提督のお父様が指揮を執っていたところよ」

暁「し、司令官の父親が?」

加賀「ええ、あの二人はそのころからの付き合いよ」
119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 09:53:47.78 ID:qfM7VMMIo
。。。。。。。。。。

父提督「う~ん…」

加賀「どうされましたか提督、何かお悩みのようで」

父提督「お、加賀か。いや、あいつの事だ、霞」

加賀「霞ですか…彼女は実力もありますし、どんな任務も文句を言わずこなす優秀な娘、なんですけど…」

父提督「いかんせん他の奴らと絡みが少なすぎてな、任務以外はいつも一人でいるとこしか見たことがない」

父提督「戦場以外では、みんなと一緒に笑って過ごしてほしいんだがな…どうしたものか」

加賀「ここは戦艦、正規空母が主力です。駆逐艦はそこまで多くないですし、同型艦もおりません」

父提督「気軽に喋ることが出来る同年代がうちにはいないってことか…」

父提督「ん?同年代…」

加賀「提督?」

父提督「いいアイディアが浮かんだぞ…」ニヤッ
120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 09:54:24.47 ID:qfM7VMMIo
。。。。。。。。

霞「お呼びでしょうか、司令官」

父提督「おう呼んだぞ。実はお前に頼みたいことがあってな」

霞「任務でしたらなんなりと」

父提督「よし、入れ」

加賀「失礼します。さ、入って」ガチャ

息子「失礼します」

霞(…誰?)

父提督「紹介する、俺の息子だ」
121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 09:55:03.54 ID:qfM7VMMIo
霞「はあ、息子さんですか…」

父提督「俺の息子は天才でな、最年少で士官学校に入学し、来年には卒業して晴れて俺と同じ提督として指揮を執ってもらうことになっている」

父提督「そんな将来有望な息子のために、俺の鎮守府を案内してやろうと思ってな」

父提督「そこで、お前にこの鎮守府の案内役を頼みたいんだ」

霞「わ、私がですか?」

父提督「おう、丁度年も近いしお前なら適任だと思ったんだが、どうだ、やってくれるか?」
122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 09:55:34.84 ID:qfM7VMMIo
霞「…司令官の命令であれば、やらせていただきます」

父提督「おうありがとう!んじゃ息子よ、こいつの言うことちゃんと聞けよ」

息子「わかってるよ。霞、よろしくおねがいします」ペコッ

霞「…よろしくおねがいします」ペコッ
123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:01:09.23 ID:qfM7VMMIo
。。。。。。。。。。。。。

息子「いやあ一度来てみたかったんだよな父さんの鎮守府!」

霞「…」

息子「ここって長門とか金剛、装甲空母もいるって話じゃん!ああ早く会いたいなあ!」

霞「はあ、本当子供のお守り任されただけだわこれじゃ」

息子「なあ早く案内してくれよ!」

霞「あーもう、本当子供じゃない!」
124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:01:53.96 ID:qfM7VMMIo
息子「なあ霞、お前父さんの前とキャラ違くない?」

霞「提督の事は認めてるのよ。指揮も戦術もすごく的確で文句ひとつもないわ」

霞「だから命令には従うし、ちゃんとした態度で接するわよ」

霞「でもあんたの事はただのなんも知らない子供だと思ってるから。提督の前みたいな態度はとらないわよ。疲れちゃうし」

息子「ふ~ん、あっそ。そんなことより早く案内してくれよ!なっがっと!なっがっと!」

霞「ああもうわかったから、…ガンガン行くわよ。ついてらっしゃい。」
125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:09:56.08 ID:qfM7VMMIo
。。。。。。。。

霞「長門さんと金剛さんは出撃中だったわそういえば」

息子「え~マジかよ…楽しみにしてたのにさ」

霞「そんなに戦艦が好きなわけ?」

息子「もちろん!やっぱりあの高火力!そして身体に響く爆音!…いいなあかっこいいな!」

霞「あっそ、理由が本当こどもっぽい」

息子「子供子供ってなんなんだよさっきからさ、お前だって子供だろ?」
126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:11:33.64 ID:qfM7VMMIo
霞「私は最前線で戦ってるの、もう子供じゃないわ」

息子「なんだよそれ、最前線で戦ってても子供は子供じゃん。なにいってんだよ」

霞「子供じゃいられないのよ、戦場に行ったら誰にも甘えられない、そんなことしたら自分はおろか艦隊全体に大きな損害を与えることになるの」

霞「だから私はもう子供じゃない、戦場の事何も知らない子供が知ったような口きかないで」
127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:13:02.19 ID:qfM7VMMIo
息子「…確かに俺はまだ戦場を知らないぺーぺーだよ。だけど、お前が間違ってるっていうのはわかる」

霞「はあ!?私の何が間違ってるっていうのよ!?」

息子「確かに戦場ではそうかもしれないけど、”ここ”は戦場じゃないだろう」

息子「戦場じゃない場所でまで子供じゃいられないってのは違うんじゃないのか?」

霞「っ!だから何よ!!本当なにもわかってない子供だわ!」

息子「うっせー!!子供っていうやつが本当は子供なんだよ!」

霞「じゃああんたも子供じゃない!私は違うけど!?あんたは子供よ!」

息子「うっせー!ばーか!」

霞「はぁ!?それでバカ呼ばわり?だらしないったら!このバカ!」
128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:13:49.58 ID:qfM7VMMIo
バーカ!アンタガバカヨ!オマエコソバカダヨ!!
バカバカバカバカバカバカバカバカ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

父提督「ふうん…いいじゃないかあいつら」

加賀「話している内容は子供っぽいですけどね」

父提督「それでいいさ、あいつらはまだ子供なんだから」

父提督「それに、霞のあんなしゃべってる姿初めて見た」

加賀「…あの娘は戦場とそうでない場所での切り替えが苦手なのね。確かに戦場で子供でいられるのは迷惑だけれど」

加賀「常に戦場にいると思い込んでいるせいで、鎮守府内でもみんなと絡まず一人でいることが多かったのね」
129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:16:41.90 ID:qfM7VMMIo
父提督「”ここ”でくらいは子供でいてほしいんだけどな…大人ばかりの環境でそれは難しいのか」

加賀「駆逐艦、増やしますか?」

父提督「いや、今の霞に必要なのは”戦場を知らない”子供だよ」

父提督「本当に子供過ぎるくらいの子供、俺の息子くらいのな」

父提督「今の霞には、それくらいが丁度いい」

加賀「…わかりました。それにしても、いいお子さんをお持ちで」

父提督「ああ、自慢の息子さ」ニカッ
130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:17:49.89 ID:qfM7VMMIo
。。。。。。。。。。。

霞「鎮守府内の案内…終わりました…」ボロッ

息子「殆ど見て回れなかったけどな.…」ボロッ

父提督「お~二人ともお疲れさん。どうだった?」

霞「もう案内はしたくありません」

息子「長門と金剛をみたいからまた来たい」

父提督「おっけーんじゃ霞また頼むわ」

霞「は、はぁ!?また私ですか?」

息子「またこいつかよ!」

父提督「いいじゃないか、お前ら仲良さそうだし」

霞息子「「良くない!!!」」

父提督「ハモってるじゃん息ぴったり」
131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:24:01.97 ID:qfM7VMMIo
息子「チッ」

霞「なによ、言いたいことがあるなら目を見て言いなさいな!」

息子「子供に案内されたくありませ~ん」

霞「まったく目をそらさずに言ってくれたわねありがとう!私も子供の案内なんて御免だわ!」

息子「ああ!?」

霞「なによ!?」

ギャーギャー
キーキー

父提督「いやあ仲良いねえ」ニッコリ

加賀「本当に仲がいいのでしょうか…」
132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:24:34.09 ID:qfM7VMMIo
。。。。。。。。。。。。。。。。

加賀「そんなわけで霞と提督は常に一緒だったわね、提督が士官学校を卒業するまで」

暁「そ、そうだったんですか…」

加賀「ええ、まあその間に二人とも本当に仲良くなっていってね。鎮守府内でも噂になってたわ」

暁「噂?」

加賀「付き合ってるっていう噂」

暁「え!?」

加賀「まあそれくらい仲が良かったってことよ。本当に付き合ってたかどうかまでは知らないわ」

加賀「途中からは私もお父様も二人から目を離していたからね、もう大丈夫だと思って」

暁「そう、ですか…」
133: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:25:08.52 ID:qfM7VMMIo
霞「まったく、あんたが約束守らないから私がわざわざ守りに来てあげたわよ!感謝しなさい」

提督「守らなかったわけじゃないって!…まあ確かに果たせてはいないわけだけど」

霞「あんたの事情くらい察してるわよ、だから気にしないで」

提督「…ごめん霞」

霞「ふん!まあいいわよ、これからしっかり果たしてくれればそれでいいの」

霞「私はそれで満足なんだから」
134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:25:59.89 ID:qfM7VMMIo
提督「霞…ありがとう」

霞「…あんた、本当に変わってないみたい。安心したわ」

提督「お前もな…それにしても急すぎる転属だな?父さんの指示か?」

霞「いや違うわよ?あんたがどこに着任したのか偶然知ってね、書置きして飛び出してきた」

提督「はぁ!?」

霞「大丈夫よ、向こうには優秀な提督と秘書艦がいるからね」ニコッ
135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:26:45.19 ID:qfM7VMMIo

。。。。。。。。。。

大鳳「霞の転属手続終わりました。正式に○○鎮守府の配属になります」

父提督「お疲れさん、急ですまないね本当」

大鳳「いいえ、これくらい朝飯前です」

父提督「それにしても、息子に霞か。2年ぶりの再会になるのかね。懐かしいな」

大鳳「懐かしい?」

父提督「2年前、あいつが士官学校を卒業寸前に俺に言ったんだよ」

父提督「この鎮守府の提督を代わってくれってさ」

父提督「まあお前にはまだ早いって断固拒否したんだけどな」

大鳳「ここは新人の提督が着任するに荷が重すぎますからね、でもなぜ息子さんはそのようなことを?」

父提督「さあな、霞との間になんかあったのかもしれないが、でも今回の霞の転属でなんとなく想像はつくな」

大鳳「想像はつく、ですか」
136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:27:22.78 ID:qfM7VMMIo
父提督「ま、男は一度交わした約束はしっかり守らないといけないってことだ」

大鳳「?」

父提督「しっかりやれよ?俺の息子よ」
141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:39:51.97 ID:yBNCrgNdo
<指令室>

霞「ああもう、だからもうちょっと丁寧に書きなさいよ!大本営に提出する報告書なのよ!」

提督「え~これでわかるだろう~」

霞「それでももうちょっと丁寧に書きなさいって言ってるの、このままだと読みにくいわ。はい書き直し」

提督「え~」ブーブー

霞「…私が隣で一緒に書いてあげるから!そんな顔しないでやるのよ!」

提督「まあそれなら…わかったよやるよ」

霞「ったく…」

霞「…♪」
142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:40:58.52 ID:yBNCrgNdo
暁(な、なななな)

暁(なんじゃこりゃあああああああああああああ!!!)

暁(なにこれ、遠征から帰ってきたらなんか2人きりで隣り合わせに座ってるし!)

暁(っていうか近い!二人の間の距離が近い!ほとんどくっついてるじゃない!)

暁(せっかく大成功だったのに、この雰囲気…)

暁(…これ)

暁(近づき難いよ!)
143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:41:45.30 ID:yBNCrgNdo
霞「…なによ、人の顔じろじろ見て」

提督「いやさ、懐かしくてさ、隣にお前がいるのがさ」

提督「なんかちょっと…いや、すごく嬉しいんだ」

霞「…バカ」
144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:42:15.73 ID:yBNCrgNdo
暁(…だから)

暁(近づき難いよ!!!!!)
145: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:44:42.00 ID:yBNCrgNdo
提督「でもちょっと厳しすぎない?」

霞「当たり前よ、私は加賀さんから代理秘書艦任されてるの」

霞「加賀さんに任された以上、ビシバシいくわよ!ついてらっしゃい!」

提督「ひぃ…」
146: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:45:23.08 ID:yBNCrgNdo
暁(だだだだだだだだだだだ)

暁(代理秘書艦だとおおおおおおおおおおおお!!!!)

暁(代理秘書艦って、加賀さんが出撃してる間足柄さんとか漣がやってるやつじゃない!)

暁(それを最近ここに配属された娘に任せるって!)

暁(やったことないのに!私やったことないのに!)
147: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:46:45.09 ID:yBNCrgNdo
霞「…」ジーッ

提督「なんだよ、俺の顔になんかついてるか?」

霞「なんかさ…あんた、本当に提督になったんだね」

提督「うん…でも、父さんとこの提督にはなれなかった」

霞「あそこはそんな簡単に着任できるとこじゃないわよ、わかってんでしょ?」

提督「でも、じゃなきゃ約束を守ったことにはならないだろう」

暁(約束?)
148: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:48:16.01 ID:yBNCrgNdo
霞「…」

霞「『ウチじゃ私が気楽に話せるのはあんただけ』」

提督「!」

霞「『だから、あんたが士官学校を卒業して、どこかの鎮守府に着任して…』」

霞「『あんたは、今までみたいにウチに来ることが出来なくなる』」

霞「『それはちょっと…ううん大分、困る?というか…ええと、嫌、なの』」

提督「『…俺がさ、ここを離れなければいいんだろう?』」

霞「『え?うん、まあそうなるけど…』」

提督「『じゃあ俺がお前の提督になってやるよ』」

霞「…」

霞「『あーもう、バカね本当。あんたになれるわけないでしょ』」

霞「『でもまあ…期待しないで待ってあげるわ』」

霞「『私も、あんたと一緒なら文句ないから…』」
149: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:49:48.80 ID:yBNCrgNdo
提督「あの時の言葉、一語一句漏らさず覚えてたんだな」

霞「当たり前じゃない、嬉しかったんだから。あんたにそう言われて」

霞「それに、あんたも覚えてるんじゃない」

提督「俺も嬉しかったんだ、俺がいなくなったら嫌だと言ってくれて」
150: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:50:59.48 ID:yBNCrgNdo
霞「今の私があるのは、あんたと過ごしてきた日々と、あの日に交わしたあんたとの約束」

霞「二人で結んだ、約束があったからこそよ」

提督「でも、俺はその約束を守れなかったんだ」

霞「あんた、話聞いてた?」

提督「は?」

霞「この約束はね、あんただけの約束じゃない」

霞「”あんた”と”私”の約束なの!」
151: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:52:28.78 ID:yBNCrgNdo
霞「だから、あんたが守らないといけないわけじゃないの!私が守りにいってもいいのよ!」

霞「だから私はここに来たの!約束を守るために!守り合うために!」

提督「霞…」

霞「別に、場所があそこじゃなくてもいい、時があの時じゃなくてもいい」

霞「あんたが私の提督で、私があんたの艦娘」

霞「その結果だけあればいい、それがどの場所でも、どの時でも」

霞「それさえあれば、この約束は守られたことになるの」
152: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:54:02.83 ID:yBNCrgNdo
提督「…霞」

霞「なに?」

提督「ずっと、ずっと気がかりだった。お前の事」

提督「父さんの鎮守府の提督に着任することができなくて、ここに着任することになってから、ずっと」

提督「俺は、早く父さんの鎮守府に着任するために、ここで実績を積もうと思った。認められようと思った」

提督「元々、父さんの鎮守府で提督として活躍することが夢だったってのもある、けど…」

提督「一番は霞、お前との約束のためだったんだ」
153: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:54:33.46 ID:yBNCrgNdo
霞「そっか…お互い、頑張ってたのね」

提督「ああ、約束を守るために、お互いに」

「「想ってたんだね」な」
154: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:55:32.84 ID:yBNCrgNdo
暁「…」

暁(強い…二人の)

暁(二人の、絆が)

暁(違いすぎる…司令官との絆の…強さが、重みが)
155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:56:10.68 ID:yBNCrgNdo
暁(…)

暁(…戻ろう)クルッ

ドン

暁「いたっ。す、すみません」

足柄「あら、暁ちゃん。ごめんなさい大丈夫?」

暁「あ、いや大丈夫です…」

足柄「…なにかあったの?」

暁「…いえ、なにも」
156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:56:41.38 ID:yBNCrgNdo
暁「…」

暁「足柄さん」

足柄「なにかしら?」

暁「その、たとえばの話なんだけど…」

暁「出会ってから、最初は印象悪かったけど、一緒に過ごすうちに仲良くなった2人の男女がいるの」
157: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:57:32.63 ID:yBNCrgNdo
暁「でも、その後男の人のことを昔から知ってる…幼馴染が現れるの」

暁「男の人と幼馴染の人の間には、長い時間をかけてお互いを知り、お互いを理解してきた」

暁「強い絆が、二人の間には存在している」

暁「それを知ってしまったとき、女の人はどうすればいいかわからず、ただただその二人から逃げるように離れていくの」

暁「その女の人は、どうすればよかったと思いますか?」
158: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 19:58:12.53 ID:yBNCrgNdo
足柄「そうね…昔からの幼馴染なのだから、そりゃあその女の人よりも、その男の人の多くの事を知っているし、多くの事を理解しているわね」

足柄「それは仕方のないこと、抗うことの出来ない時間の差」

暁「抗うことの、出来ない…」
159: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 20:00:10.22 ID:yBNCrgNdo
足柄「そう。でもね、人は他の誰かのことを全て理解することなんて出来ないのよ」

暁「え…」

足柄「どんなに時間をかけても、どんなにその人のことを想っていても、その人の全てを理解することのは出来ないの」

足柄「だからこそ、人は理解し続けようとする。誰かを想い続けることが出来るのよ」

足柄「だからね暁ちゃん、私がその女の人だったら」

足柄「男の人の事を理解しようとするわ。その幼馴染の人が理解出来ていない彼の事を…」
160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 20:00:43.50 ID:yBNCrgNdo
暁「理解する…」

足柄「そうすることで、その二人の間にもまた、強い絆が生まれるのよ」

暁「…足柄さん」

足柄「どう?何か参考になったかしら?」

暁「はい!ありがとうございます!」

暁「すみません、ちょっと用事が出来たので行きます!本当にありがとうございました!」タッタッタ…

足柄「しっかりね」フリフリ
161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 20:01:42.80 ID:yBNCrgNdo
足柄「ったく、青春してるわ…ね、加賀さん?」

加賀「…」スッ

加賀「ありがとう足柄、あの娘に助言してくれて」

足柄「別にいいのよ、迷える子羊たちを導くのも年長者の務めみたいなものだからね」

足柄「ちなみに、加賀さんは誰を選ぶと思う?」

加賀「…誰とは?」

足柄「暁ちゃんか、霞ちゃんか、よ」
162: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 20:02:17.42 ID:yBNCrgNdo
加賀「さあ、私は提督じゃないから」

加賀「まあ、でも…」

足柄「でも?」

加賀「提督なら、ちゃんと答えを出すと思うわ」

加賀「あの人の、息子ですもの…」
163: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/25(土) 20:03:44.74 ID:yBNCrgNdo
足柄「…加賀さん」

加賀「さて、私はお風呂いただくわ。今日は久しぶりの出撃だったから疲れてしまったの」

足柄「ええ、お疲れ様」

加賀「お疲れ様」タッタッタ

足柄「…」

足柄「まあ、人の恋路に必要以上に介入するのは野暮ってもんよね」

足柄「頑張りなさい、若人たちよ」フッ

足柄「…」

足柄「恋愛したい…」
169: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 19:37:19.20 ID:ba9u80wOo
間宮「料理を教えてほしい?」

暁「う、うん…」

間宮「教えるのは大歓迎なんだけど、それにしてもいきなりね?なにか理由があるの?」

暁「え、えっと…そう!一人前のレディとして、料理の一つや二つ出来るようにならなきゃ駄目だと思うの、だから…」

間宮「ふ~ん…で、誰に料理を作ってあげるの?」

暁「えっ、だれにって…」ビクッ
170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 19:38:12.38 ID:ba9u80wOo
間宮「女の子がいきなり料理を教えてほしいって頼むときは、大抵誰かに自分が作った料理を食べてほしいと思っている時なのよ」

間宮「もし違ったのならごめんなさい、でももしそうなら、誰に食べさせたいのか教えてほしいな」

間宮「それによって、教える料理も変わってくるから、ね?」
171: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 19:41:10.74 ID:ba9u80wOo
暁「ええっと、その…」

暁「し、司令官…」ボソッ

間宮(やっぱりね)

間宮(理由は…聞かないでおいてあげましょう)

間宮「わかったわ、提督の好きな料理を教えてあげるから、一緒に作りましょう」ニコッ

暁「あ、ありがとうございます!」パァ

間宮「そうね、ただ作るだけじゃつまらないから…」
172: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 19:44:02.62 ID:ba9u80wOo
。。。。。。。。。。。。

<指令室>

提督「し、仕事終わった…腹減った…」グデー

提督「食堂へ…行くんだ…頑張れ俺…」

提督「みんなのいる場所へ、行くんだ!」

提督「クソ…体がいう事を聞いてくれない…ダメージを受け過ぎたか?」

提督「あとちょっとなんだ、あとちょっと耐えてくれよ…俺の体」

提督「動け…動けよお!俺の体ぁ!」

暁「あの…何やってんの?」
173: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 19:50:10.85 ID:ba9u80wOo
提督「ん?なんだ暁か、あれだ腹が減りすぎてだな…」

暁「ごめん意味わかんない」

提督「因みに今の設定は『敵の最終攻撃”インフィニティ・エンド”をくらいながらもなんとか敵を倒し、仲間のいる地へ帰ろうとするが受けたダメージが大きすぎて体が思うように動かすことが出来ずにその場に倒れこむ。しかし死力を尽くし仲間のもとに向かう聖天使ゲリアル』だ」

暁「無駄に長いし無駄に凝ってる!なによ聖天使ゲリアルって!?」
174: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 19:51:08.41 ID:ba9u80wOo
提督「で、なに?俺今腹減りすぎて早く食堂に行きたいんだけど、急ぎじゃなかったら悪いけど後にしてほしい…」

暁「あ、えっと…そのね!お腹空いてるのなら、これ食べない?」サッ

提督「…なにこれ?」

暁「お、お弁当…」
175: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 19:54:30.97 ID:ba9u80wOo
提督「だれが作ったの?」

暁「わ、私…」

提督「食堂いっきま~す」

暁「ひどくない!?」
176: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 19:55:24.25 ID:ba9u80wOo
提督「いや、だってお前が料理できるなんて聞いたことないし…」

暁「一人前のレディとして!料理位当然出来るわよ!せめて中身だけでも見てからいってよね!ハイ!」

提督「う~ん、まあ中身見るくらいなら…」カパッ

暁「…」ドキドキ

提督「…あ、あれ?」

暁(え、なんか変なとこあったのかな)ビクッ
177: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 20:29:25.48 ID:ba9u80wOo
提督「見た目は普通…というかむしろ美味そう…」

提督(色味もきれいだし、俺の好物の鶏のから揚げ、きんぴらごぼうが特に美味そうだ)

提督「匂いもいいし、想像してたよりも、美味そうなんだけど…」

暁「ホッ」
178: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 20:31:08.98 ID:ba9u80wOo
提督「これ、本当に暁が作ったのか?」

暁「う、うん」

提督「すげえじゃん…本当に食べていいのか?」

暁「そのために作ったんだもん…いいから食べてよ」

提督「よし、それじゃあさっそく…いただきます!」パクッ

提督「…」モグモグ

暁「…ど、どう?なんか変じゃないかな?」
179: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 20:31:47.31 ID:ba9u80wOo
提督「美味い…美味いぞこれ!」

暁「ほ、本当?」

提督「ああ!俺の好物の鶏のから揚げ、きんぴらごぼうが特に美味い。お前俺の好物知ってたのか!?」

暁「間宮さんに聞いたの、せっかくだし好物を作ってあげなさいって」

提督「ふ~ん」ガツガツガツガツガツ

暁「そ、そんな一気に食べたら喉詰まらせちゃう…」
180: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 20:36:03.34 ID:ba9u80wOo
提督「ん、んぐう!?」

暁「し、司令官!?だ、大丈夫!?はいお茶!これ飲んで!」

提督「ングッングッング…ぷはあ…死ぬかと思った…」

暁「だからいったじゃないの、もう…」

提督「いやあ美味くてついな」ハッハッハ

暁「お、美味しい…ふ、ふへへ」///
181: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 20:36:38.17 ID:ba9u80wOo
提督「それにしてもなんで急にお弁当なんて作ってくれたんだ?」

暁「あ、えっとね…そのね」

暁「…少しでも司令官の役に立ちたかったの」

提督「俺の、役に立ちたい?」

暁「う、うん。最近霞が配属されてから、ずっと思ってたの」
182: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 20:37:33.62 ID:ba9u80wOo
暁「霞は戦闘能力も高いし、代理秘書艦任されるくらいに頭もよくて要領もいいから…」

暁「彼女を見ていると、自分が役に立ってないんじゃないかって、最近思っちゃって…」

暁「だから…その…」

提督「…」

提督「役に立ってないなんてことはないさ、この前の遠征だって大成功だったし、戦闘でも最近中破しないじゃないか」

提督「ちゃんと結果に現れてる、もっと自信持てって」
183: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 20:39:00.41 ID:ba9u80wOo
提督「それに、ほら」スッ

暁「え?」

暁(あ、お弁当箱が綺麗に空っぽ…)ドキッ

提督「弁当、すげー美味かった。お前がいいならさ、また作ってくれないか?」

提督「お願いだ」

暁「あ…」
184: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 20:39:41.73 ID:ba9u80wOo
暁『空っぽのお弁当箱、ですか?』

間宮『ええ、渡されたお弁当箱を開けたとき、中身が空っぽのなっているのを見ると、すごく幸せな気分になるのよ』

間宮『頑張って、その人の事を想って作ったお弁当を、その人が美味しく、全部食べてくれたって証拠になるから…』

間宮『だから、もし提督から帰ってきたお弁当箱が空っぽになってたら』

間宮『それはきっと、とても素敵で、幸せなことだわ』ニコッ
185: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 20:40:15.96 ID:ba9u80wOo
暁(ああ、そうなんだ。これがきっと、そうなんだ)

提督「暁?」

暁「うん、いいよ。またお弁当作ってきてあげる。その代わり…」

提督「その代わり?」
186: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 20:40:48.98 ID:ba9u80wOo
暁「また…返してね」

暁「私、美味しいお弁当作るから、全部美味しく食べられるお弁当作るから…」

暁「お弁当箱、空っぽにして返してね」
187: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 20:41:19.95 ID:ba9u80wOo








暁「また、私を幸せにしてね!」ニコッ







189: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/03(月) 20:56:26.48 ID:1cP5TL5XO

暁も提督も可愛い
192: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:33:19.59 ID:VRFGUfMSo
<夜>

暁「う~寒い…」

暁(最近寒くなってきてトイレに行くだけで辛い…)

暁「はあ、早く暖かくならないかなあ」
193: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:34:07.87 ID:VRFGUfMSo
霞「あら?あんた何してんのよこんな時間に」

暁「きゃあ!?」ビクッ

霞「ちょっ!大きな声ださないでよ、びっくりするじゃない!」

暁「ご、ごめん…でもこんな暗がりの中後ろから急に話しかけるから…」
194: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:35:32.78 ID:VRFGUfMSo
霞「何よその言い方、あんたまさか幽霊信じてるわけじゃないでしょうね?」

暁「そ、そそそそんな訳ないじゃない!い、一人前のレディなんだから!!」

霞「レディ関係ないし、それに思いっきり狼狽えてるし、まったく情けないったら」

暁「だ、だから信じてなんかな…」

パンパン!!

暁霞「「!!?」」ビクッ
195: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:36:44.39 ID:VRFGUfMSo
暁「な、なに今の音?」

霞「銃声…ではないわよね。音が軽すぎるわ」

暁「も、もしかしてラップ音ってやつじゃ…」

霞「は、はあ?ラップ音って心霊現象の事?そ、そんな馬鹿な話があるわけ…」

ガサガサ

暁霞「「!!?」」ビクッ
196: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:37:16.22 ID:VRFGUfMSo
暁「だ、誰かいる…!?」

霞「…いくわよ」

暁「え、いくの!?」

霞「鎮守府内に得体のしれない何をがいるのを放置できないわよ、もしかしたら深海棲艦が潜り込んでいる可能性も…」

暁「ううう…確かめるしかないってことね…」
197: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:38:48.58 ID:VRFGUfMSo
。。。。。。。。。

霞「音がしたところって確かここらへんだったと思うんだけど」

暁「演習場ね。こんなところになにかいるのか、し…」ピクッ

暁「あっあっ…」

霞「どうしたのよその顔、何か見つけたの?」

暁「あ、ああああれ、あそこ…」ユビサシ

霞「ん?演習場のプールがどうしたの、よ…」ピクッ
198: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:40:08.20 ID:VRFGUfMSo

???「」ユラ~


???「」ユラ~


???「」ユラ~
199: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:40:38.57 ID:VRFGUfMSo
暁(か、髪が肩まで伸びている女性?が、プールの上に…浮いてる?)

霞(月明かりでしか見えないけど、体が濡れてる?いや、あれって…)

暁(赤い色の…液体?え)

霞(もしかして…血?)
200: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:41:43.29 ID:VRFGUfMSo
???「」ユラ~

???「」ピタッ

暁霞「「」」ピクッ

???「」

???「」クルッ

暁霞((こ、こっち向いた!?))

???「…」

???「…ダ…ダ」

暁霞((今何か、言った?))
201: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:42:13.02 ID:VRFGUfMSo





???「…ダ…レ…ダ!?」





202: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:43:01.22 ID:VRFGUfMSo

暁霞((!!!!!?????!?!))ビクッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!


キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!
203: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:44:19.59 ID:VRFGUfMSo
。。。。。。。。。

提督「幽霊が」

漣「でた?」

暁霞「「」」コクコクコクコクコク

提督「…」

漣「…」
204: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:44:56.06 ID:VRFGUfMSo
提督「んで今日の任務についてだけどさ~」

漣「ああそれについてなんですけど実は」

暁「やっぱり信じてない!微塵にも信じてないよ!」

霞「本当なんだって!私たちは見たのよ!幽霊を!」
205: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:47:39.50 ID:VRFGUfMSo
提督「そうか、幽霊をみブフォwwww」

漣「なんとかしないといけブフォwwwwwwww」

暁「腹立つううううう!!なにこいつらの笑い方うざいんだけど!!!」

霞「本当に出たんだってば!演習場に血まみれの女性の幽霊が!!」
206: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:54:15.40 ID:VRFGUfMSo
提督「ふむ、暁はともかく霞が言うと信憑性ある」

暁「どういう意味?」

漣「そうですね、暁ちゃんはともかく霞ちゃんがこう真剣になってるとこを見るとただ事ではなさそうですね」

暁「泣いていい?」
207: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:55:35.85 ID:VRFGUfMSo
提督「まあでも幽霊なあ。本当なのかよ」

漣「でもご主人様、こういう話があるんですよ」

提督「どういう話?」

漣「…これはまだこの戦争が始まる前の話です…」
208: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:56:35.50 ID:VRFGUfMSo

深海棲艦に対して対抗策を持たない人類は次々と船を、海域を、生命を奪われていった。

しかし、とある研究者によりついに深海棲艦に対しての対抗策を発見した。

そう、”艦の魂を人の身に宿し、人に艦の力を付与する技術”

艦娘を作る技術であった。

しかし、人の身に艦の強大で、不安定な力を宿すにはそれ相応のリスクがある

艦の魂と人の魂、それらのバランスを維持するためには針の穴に糸を通す以上に繊細な調整が必要

そのバランスを計るために、何人もの女性が犠牲となった…

その犠牲のもと、私たち艦娘は完成し、人類の深海棲艦に対する反撃が始まった。

しかし、犠牲となった女性たちの魂は、一度艦の魂と強く結びついた影響か、成仏をすることが出来ず

…今も、この世のどこかをさまよっているという…
209: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 06:57:39.52 ID:VRFGUfMSo
漣「とまあ、こういう怪談があるんですよ」

提督「漣はこの二人が見たのがその女性の魂だっていうのか?」

漣「さあ?それはわかりませんけど、でもあながち無い話ではないかなーと」

提督「う~ん,じゃあさ、確かめてみようぜ」

暁「た、確かめる?ってまさか…」

提督「うん、今日の夜その幽霊を見に行く」

霞「うえ!?今夜いくの!?」

提督「おう、解決は早いほうが良いだろ」

漣「そうですね!面白そ…ゲフンゲフン手っ取り早く解決しましょう!」

提督「おう!重要なのは楽し…ゲフンゲフン素早い問題解決だ!」

ヨッショージャアイマカライロイロヨウイスルゼ!!!!
ウオーモエテキタワー!!!!

漣霞((絶対面白がってる…))
210: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:02:50.97 ID:VRFGUfMSo
。。。。。。。。。。

<夜>

提督【E:ニンニクをつけたネックレス】【E:十字架】「よし行くか」

暁「装備おかしくない!?」

霞「それ幽霊退治する道具違う!!!!あんたはドラキュラでも退治しに行くの!!?ここは西洋じゃないんだよ!!」

提督「ああごめんこれ忘れてた」つ杭

暁「そういう意味じゃねええええええ!!!!」
211: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:03:36.77 ID:VRFGUfMSo
漣【エクソシストに出てきた女の子のコスプレ】「まったく、ご主人様真面目にやってくださいよ」

暁「祓われる方!それ祓われる方だから!!!」

霞「って言うかさっきからなんで西洋!?ここは日本なんだよ!!真面目にやれええええ!!!」

漣「大丈夫!ちゃんとブリッジもできますよ私!!」バッ!

提督「おおすげえ」

霞「あんたら帰れ!!!」
212: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:04:37.28 ID:VRFGUfMSo
。。。。。。。。。。。。。。

<演習場>

漣「さて、ここが噂の幽霊演習所ですね」ワクワク

提督「でるかなーでるかなー」ワクワク

暁霞((楽しんでる…))

パンパン!!

全員「っ!!!」

暁「い、今の音…」

霞「幽霊が…」
213: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:05:08.62 ID:VRFGUfMSo
漣「!みんな!あれ!」

提督「お、女が…演習場に…」

???「」ユラ~

漣「本当に血まみれ…」

???「」ユラ~
214: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:05:48.17 ID:VRFGUfMSo
???「?」ピクッ

暁「え、いまこっちみなかった?」ビクッ

???「…」クルッ

漣「こっちみてますね、っていうかこっちに体向けてますね」

???「…」タッタッタ

提督「あれ?歩いてない?こっちに向かって歩いてない?」

???「…」ダッダッダ!!!!

暁「いやいや!こっちに向かって走ってる!?」

???「…」ダッダッダ!!!!
215: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:06:15.77 ID:VRFGUfMSo
霞「や、やばいわよこれ!に、逃げるわよあんたら!」

提督漣「散!」←すでに5mほど先

暁「逃げ足早いな!!!!!」

霞「ツッコんでないで私たちも逃げるわよ!!」ダッ
216: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:07:38.91 ID:VRFGUfMSo
???「…」ダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダ!!!!

暁「早い早い早い早い!!!幽霊走るのすごい早い!!」ダッダッダッダ!!!!

???「…ハァハァ」ダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダ!!!!

霞「幽霊息切れしてない!?」ダッダッダッダ!!!!

提督「うおおおおおまえらららららららおおおちつつけけけれれれれいせいにんれえれれ」

霞「あんたが落ち着けえ!!!さっきまでのわくわくどこにいったんだよ!!」

漣「ガチだとは思わなかったガチだとは思わなかったガチだとは思わなかったガチだとは思わなかったガチだとは思わなかったガチだとは思わなかったガチだとは思わなかったガチだとは思わなかったガチだとは思わなかったガチだとは思わなかったガチだとは思わなかったガチだとは思わなかったガチだとは思わなかった」

暁「漣ちゃんが壊れかけてる!!なにこの二人あんだけやる気あったくせにいざとなったら全然役に立たないじゃない!!!」ガッ!

暁(あ、小石につまづいて…)

暁「きゃあ!!」ドテッ
217: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:09:51.31 ID:VRFGUfMSo
漣「!暁ちゃん!」

霞「あ、あかつ」提督「暁ぃ!!」ダッ!!!!!!!!

暁「司令!?」

提督「俺の後ろに隠れ…」

???「…シレ…ッテエエエ!!」ダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダッダ!!!!

提督暁「「!!!!」」ダキッ
218: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:10:27.56 ID:VRFGUfMSo
提督暁「「…」」

提督暁「「…?」」

???「ってください…」ハァハァ

全員「えっ?」

不知火「司令…待ってくださいよ…」ハァハァ
219: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:11:15.45 ID:VRFGUfMSo
提督「し、不知火?なんでお前…」

不知火「なんでって…私はただ夜戦の訓練として夜間演習を行っていただけですが…」

霞「や、夜間演習?」

不知火「ええ、夜戦は私たち駆逐艦が活躍する場です。その夜戦でしっかり実力を発揮するのは重要だと思ったので」

不知火「こうして夜間演習を行い、暗がりの戦いに慣れておこうかと」
220: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:12:00.84 ID:VRFGUfMSo
漣「その赤い液体は?」

不知火「これはペイント弾です。今は砲弾回避の練習をしていたので、実弾の代わりに使用していました」

不知火「これならどこに被弾したかわかりやすいですからね」

提督「い、いつもと髪形違うじゃないか…なんで髪を下しているんだ?」

不知火「演習中に紐がきれてしまいまして」

暁「な、なんで追いかけてきたの…?」

不知火「皆さんの姿がみえたので、挨拶しようと思ったらなぜか逃げられたので…」

霞「そ、そういうことだったのね…」ヘナ

漣「一気に力が抜けちゃったわ…」ヘナ

不知火「?」
221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:12:44.95 ID:VRFGUfMSo
暁「よ、よかった~…って」ギュー

暁(し、司令官に抱きしめられてる!あ、でもこれはこれで…もう少しだけ黙っておこう…)///

霞「っ」イラッ

霞「ちょっとあんたら!いつまでひっついてんのよ!」

提督「えってうわ!ご、ごめん暁!!」///

暁「あっ…」シュン
222: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:13:33.78 ID:VRFGUfMSo
漣「まあまあ、これで幽霊騒動は解決ね」

霞「まったくよ、昨日はあんだけびっくりして損した気分だわ…」

不知火「昨日?」

暁「昨日も霞ちゃんと一緒にここで演習してた不知火さんをみたの」

霞「まったく夜中に演習なんてどういう」不知火「昨日は演習してませんけど?」
223: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:14:02.06 ID:VRFGUfMSo
提督暁霞「えっ?」

不知火「いやですから、昨日は演習をしてませんよ。今日から始めたので」
224: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:15:26.85 ID:VRFGUfMSo
暁「じゃ、じゃあ…」

霞「わ、私たちが見たのって…」

漣「本物の…」

提督「幽霊…?」

提督暁霞「…ぎ」

ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!
225: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/16(日) 07:16:03.52 ID:VRFGUfMSo
。。。。。。。。。。。。

提督「ということで、夜間演習をする際は俺か加賀に事前に申請をするように」

天龍「夜戦演習か~最近やってなかったな」

不知火「今度一緒にやりませんか天龍さん?」

天龍「おう、いいぜ」

漣「まあ本来なら私たちもやるべき演習なんでしょうけど…」

暁「もう夜に演習場なんて…」ブルブル

霞「行けないわよばかぁ…」ブルブル
230: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 00:58:33.01 ID:ugfiLDgSo
暁(本日、新しい仲間が私たちの鎮守府に加わりました)

霞(その仲間というのが…)

愛宕「私は愛宕。提督、覚えてくださいね♪」ブルンブルン

提督「お、おう…よ、よろしく…」ゴクッ

提督(で、でかい…)

愛宕「あれ?提督どうしましたか?顔が真っ赤ですよ?」

提督「い、いやなんでもないから!か、顔が近い!」チラチラ

暁「…」イライラ

霞「…」イライラ

漣(うわ~二人とも般若みたいな顔してる)
231: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:00:25.19 ID:ugfiLDgSo
愛宕「風邪でも引いてたら大変だわ、ちょっとごめんなさい」ピトッ

暁(ひ、額と額を!!!??)///

霞(く、くっつけた…!?)///

漣(キタコレ!!!??)

提督「うえ!?!!!!??!?!?!?!?!?!!!!?!????!?!」

愛宕「う~ん…熱はなさそうですね…」

提督「あ、ちょ…」///

提督「あ…」フラッ

バタン!!

愛宕「て、提督!?どうしたんですか提督!?鼻血でてますよ!?提督ーー!」

漣「ふっ…ご主人様には刺激が強すぎたか…」

暁「フン」バン!

霞「シッ」バン!

壁「痛いわ」
232: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:01:29.81 ID:ugfiLDgSo
。。。。。。。。。。。

愛宕「艦隊が帰投したわ~。作戦完了よー。良かったわね♪」

提督「おう、お帰り」

愛宕「そして今日のMVPは私よ~提督やったー♪」ダキシメ

提督「ちょっお前急にだきしめ…やめ…!?む、胸が、やわらか…」///

愛宕「や~め~ま~せ~ん~!MVPのご褒美に提督の事抱きしめさせてください♪」

提督「こ、こんなの、ご、ご褒美にならな…」///

提督(や、柔らかい!いい匂い!や、やばい!!)
233: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:02:17.29 ID:ugfiLDgSo
漣「おやおやご主人様ご立派な胸に包まれて赤ちゃんですかwwwwwwwwwwwwwwブフォオwwwwww」

提督「///ああもう愛宕やめろ!」バッ

愛宕「あ~もうちょっと…」シュン

提督「もももももうだめだ!さささささっさと入渠して報告書かけ馬鹿野郎おおおおおおおおおお!!!」ダッダッダッダッダ!

愛宕「て~とく~…」シュン

暁「ッチ」ゲシッ!

霞「クッソ」ゲシッ!

壁「痛いってゆうてるやん」
234: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:03:19.15 ID:ugfiLDgSo
。。。。。。。。。。

愛宕「提督~?これ、今回の報告書です」

提督「ありがと、そこ置いといて」

愛宕「それにしても、提督一人で大変じゃないですか?」

提督「秘書艦出来る奴がみんな出撃してんだ、仕方ないよ」

愛宕「それにしても、この量の書類を一人でなんて…手伝いましょうか?」

提督「いいよ、これが提督である俺の仕事なんだから、愛宕は出撃で疲れてるんだろう?ゆっくり休めよ」

愛宕「…提督~」ギュ

提督「だ~か~ら~俺を抱きしめるな!仕事中だ!」
235: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:04:36.44 ID:ugfiLDgSo
愛宕「ふふふ♪提督いつも頑張ってますから、抱きしめて頭なでてあげたくなったんです♪」ナデナデ

提督「ちょっ///頭なでんな!そして体を押し付けるな!」

愛宕「んふふ♪休みがてら、私に抱きしめられてください提督」

提督「そ、それだとお前が休まらないだろう!!」

愛宕「提督を抱きしめるのが私にとっての休息になるんです~お願いします提督♪」ナデナデ

提督「…ええい、少しだけだからな」

愛宕「うふふ、ありがとうございます」ナデナデ

提督「…」

愛宕「…提督って小さいから、抱きしめやすいです」ギューッ
236: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:05:35.31 ID:ugfiLDgSo
提督「ち、小さっ…」

提督「も、もう終わりだ!休憩終わり!!」バッ

愛宕「あ、え~もう終わりですか~?」

提督「終わりって言ったら終わりだ馬鹿野郎!!さっさと部屋戻れ!」

愛宕「は~い…」シュン

愛宕「提督…」

提督「な、なんだよ…」

愛宕「私女なので野郎はちょっと…」

提督「ええい!さっさとどっかいけ!!」

愛宕「は~い…それじゃあまた後で抱きしめにきま~す…」

提督「くんな!」
237: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:06:06.19 ID:ugfiLDgSo
漣「プ~クスクスwwwwww見てよご主人様の焦り様wwwwwwwwワロタwwwwww」

暁「ッセイ!!」ドゴッ!!

霞「ッラァ!!」ドゴッ!!

壁「こらあかーん!」

漣(うわ~…)ドンビキ
238: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:07:20.61 ID:ugfiLDgSo
。。。。。。。。。。

愛宕「提督~♪抱きしめさせてくださ~い」

提督「や、やめろばか!さっさと出撃いけ!」

愛宕「あ~もう提督、逃げないでください~」

加賀「…」

足柄「…」

加賀「なんとかしないといけないわね…」

足柄「ええ、じゃないとこっちも…」
239: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:08:25.02 ID:ugfiLDgSo
暁「シッシッ!!」バンバンバンドゴッ!!!!!!

霞「ワンツーワンツー!!」バンバンバンドゴッ!!!!!!

壁「あっかーん!ちょっちピンチすぎやー!」

足柄「このままだと二人の憎しみにのまれてこの鎮守府が崩壊するわ」

加賀「ええ精神的にも物理的にもね」
240: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:09:21.48 ID:ugfiLDgSo
加賀「というわけで足柄、あの二人の事お願いしていいかしら」

足柄「うえぇ!?私ですか…」

加賀「私は愛宕のほうを…というより必然的に私が彼女のこと何とかしないといけなくなったのよ」

足柄「ひ、必然的?」

加賀「今夜彼女から相談を受けてほしいと言われたのよ」

足柄「そ、そうなんですか?」

加賀「と、いうわけであの娘達のことお願いね、じゃ」スタコラッサッサ

足柄「ちょ、ちょっと待って!スタコラサッサって擬音なに!?」
241: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:10:04.06 ID:ugfiLDgSo
。。。。。。。。。。

<居酒屋>

愛宕「加賀さんありがとうございます。相談に乗っていただいて」

加賀「別にいいわよ、これも秘書艦の務めみたいなものだし」

加賀「すみません生2つとメニューのこのページの料理全部大盛りでお願い」

愛宕(よく食べるな~…)

加賀「で?相談とは何かしら?」
242: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:11:33.13 ID:ugfiLDgSo
愛宕「あ、はい…えっとその、提督の事なんです…」

愛宕「提督が最近、私の事避けているような気がして…」

加賀「傍目からみれば、仲が良いようにみえるけど?」

愛宕「で、でも!私が抱きしめようとすると逃げるんです!!抱きしめても急に怒ってすぐ抜けだすし…」

愛宕「私…提督に嫌われてるんでしょうか…」
243: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:13:17.54 ID:ugfiLDgSo
加賀「あなた、あの子…提督がいくつに見える?」

愛宕「え?えっと…12歳?」

加賀「14歳よ」

愛宕「そうなんですか?提督小さいから12歳くらいかと思ってました」

加賀「それよ」

愛宕「え?」

加賀「小さいっていったでしょ?あの子体が小さいこと気にしているのよ」

愛宕「そうなんですか…可愛いのに…」

加賀「それと、可愛いと思われるのもね」

愛宕「え゛!?」
244: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:14:05.86 ID:ugfiLDgSo
加賀「なにその驚愕…男の子なんだから、可愛いと言われて嫌な思いするにきまってるじゃない」

愛宕「そ、そうなんですか…悪気はなかったのに、嫌な思いさせちゃったな…」

加賀「まあ、それだけで人を嫌いになるほど、あの子の器は小さくないわ」

愛宕「で、でも!!私いつも逃げられます!」

加賀「あなた…あの子はもう14歳の男の子、思春期真っ盛りなのよ」

愛宕「は、はあ…?」

加賀「そんな男の子に対して、あなたの過剰なボディタッチは刺激が強すぎるのよ。ただでさえ女性に興味を抱く年齢なのだから」

愛宕「か、過剰だったのでしょうか…し…刺激的…」

加賀「ええ、刺激的。あなたのような魅力的な女性のは特に」

加賀「だからあの子には耐えられなかったの、あの子があなたから逃げる原因はそれよ」
245: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:16:01.27 ID:ugfiLDgSo
愛宕「そう、だったんですか…えっとつまり」

愛宕「提督は、恥ずかしくて私から逃げてたってことですか?」

加賀「ん?え~まあそういうことになるわね」

愛宕「そう…恥ずかしいから…」ムム

加賀「どうしたの?」

愛宕「いやあその、恥ずかしがって私から逃げてるって話を聞いて…」

愛宕「なんだか今までより提督の事すっごく可愛く思えてきちゃって♪」

加賀「」

愛宕「あ~可愛いな~抱きしめたいな~♪」

加賀「…はぁ」

加賀(だめだわこれ、諦めよう)
246: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:21:22.30 ID:ugfiLDgSo
愛宕「それにしても、提督の事よくわかってますね加賀さんは」

加賀「…あの子が今よりも小さいころから、ずっと一緒だったから…」

加賀「私とあの子は、 姉弟のような関係、なんだと思うわ」

愛宕「家族…ですか?」

加賀「…実際のところ、あの子が私の事どう思ってるのかはわからないけどね」

加賀「でも、私にとって大事な弟、家族だわ」

愛宕「…提督も、きっとそう思ってますわ」

加賀「そうだと嬉しいわ…」

加賀「まあ、提督のことそう思っているからこそね」

愛宕「?」

加賀「あの子に悪影響を与えるようなことは放ってはおけないの」ギロ
247: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:22:33.63 ID:ugfiLDgSo
愛宕「!?」ビクッ

加賀「あなたの抱きしめ癖は止められないようだから、多少は許してあげるわ」

加賀「でも、もし行き過ぎた行動に出た場合は…」

愛宕「…」ビクビク

加賀「あなたのその立派な二つの単装砲、ちぎって壁に貼り付けてあげるわ」ニコッ

愛宕「!!?」ビクッ!

加賀「わかったかしら?愛宕?」

愛宕「は、はいいいい!!」

店員「おまたせしやした~生2つとご注文の品でございやす」

加賀「ありがとう、それじゃあいただきましょうか愛宕」ニコ

愛宕(え、笑顔が恐ろしい…)「は、はいいいいいただきます!!」

カガサンナニカタノミマショウカ!?ア、モウノミホシタンデスネ!ワタシツギマス!!
アラアタゴ、アリガトウ
248: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:23:23.75 ID:ugfiLDgSo
。。。。。。。。。。。

不知火「知っていますか?揉めば、大きくなると…」

暁「揉めば…」ゴクッ

霞「大きくなる…?」ゴクッ

不知火「ええ、ですからぜひ司令に」足柄「不知火ちゃあん?なに変なこと教えてるのかなあ?」ニコッ

不知火「ぬい!?」ビクッ
249: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:24:08.23 ID:ugfiLDgSo
足柄「揉めば大きくなるなんて、そんなもう都市伝説レベルの事を2人に教えないでちょうだいね~ぬいぬいちゃああん?」

不知火「ぬっ!ぬいぬいの落ち度でしたすみませええええええん!!!!」ダダダダダダダダ!!!

足柄「ったく、面白がってあの娘は…」

暁「あの、足柄さん?」

霞「し、質問があるんだけど…あなたも立派なものもってるし…」
250: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:25:05.81 ID:ugfiLDgSo
足柄「しっかりとした食生活!」

暁霞「!?」ビクッ

足柄「適度な運動!しっかりとした生活リズム!」

足柄「胸を大きくするにはそれらが必要不可欠!!」

足柄「暁ちゃん!」

暁「はい!?」

足柄「あなたはピーマンと玉ねぎを残さず食べられるようになりなさい!」

暁「わ、わかりましたあ!」

足柄「霞ちゃん!」

霞「はいい!?」

足柄「あなたは夜更かししすぎよ!12時まわる前には寝なさい!」

霞「は、はい!わかりましたあ!!」

足柄「いいこと!いいスタイルは日々の積み重ね!日々精進なのよ!」

足柄「愛宕のような!私のようなスタイルを一朝一夕で手に入れようとするなんて!」

足柄「愚の!骨頂!!!!!」

足柄「さらにいうなら食には特に気を付けるべきだわ、詳しくは…」ペラペラペラペラペ~ラペラ
251: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:25:59.46 ID:ugfiLDgSo
暁(必死…)

霞(必死…)

暁「…」

霞「…」

暁霞(なんか、馬鹿らしい…)
252: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:26:57.89 ID:ugfiLDgSo
。。。。。。。。。。。

<翌朝>

愛宕「うう…頭痛い…」

提督「おい愛宕、顔色悪いけど、大丈夫か?」

愛宕「て、提督…」

愛宕(こ、ここは提督を抱きしめて体力を回復…)

加賀『あなたのその立派な二つの単装砲、ちぎって壁に貼り付けてあげるわ』ニコッ

愛宕「ひい!?」ビクッ
253: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:27:47.77 ID:ugfiLDgSo

提督「え、ちょっと愛宕、急に大声出して、本当に大丈夫か?」

愛宕「い、いえ提督…大丈夫です大丈夫…じゃないかもしれません」マッサオ

提督「あ~もう、仕方ねえなあ!ほらちょっと腕上げろ」ヒョイ

愛宕「えっ提督?」

提督「肩貸してやる、今日は医務室で休んでろ」

愛宕「…いいんですか?」
254: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:28:15.43 ID:ugfiLDgSo

提督「別にいいよ。これも提督の務めだよ」

愛宕「務め…」

加賀『別にいいわよ、これも秘書艦の務めみたいなものだし』

愛宕「クスッ」

提督「…なんだよ急に笑い出して」

愛宕「やっぱり家族って似るんだな~って思いまして」ニコッ

提督「?」
255: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 01:28:49.66 ID:ugfiLDgSo
愛宕「なんでもありません♪それギューッ!」

提督「うわっ!ちょっとやめろ!肩を貸すだけだ!抱きしめるな!」///

愛宕「一日医務室で寝てるより、こっちの方がいいんですよ~だから~ギューッ!」

愛宕(ふふ、加賀さんと提督。二人はちゃんと、"家族"なんですね♪)

提督「やーめーろーよ!!!」
259: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:11:12.80 ID:MZ5PNveOo
提督「頭痛い…」

加賀「風邪かしら、熱計ってみなさい」つ体温計

提督「ん…」

暁「顔真っ赤…大丈夫?」

提督「よくわからない…けど頭痛い…」

霞「ったく、ちゃんと体調管理しなさいよね」

提督「面目ない…」ピピーピピー
260: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:11:48.65 ID:MZ5PNveOo
加賀「38度2分…高いわね、医務室にいってみてもらいましょう」

提督「でも仕事が…」

漣「大丈夫!私と加賀さんでなんとかします!」

加賀「そうね、今日は幸いにも出撃の予定もないし、私と漣で何とか回せるでしょう」

提督「…ごめん」

漣「…謝らなくてもいいわ、風邪を治すことだけ考えて」

提督「そうさせてもらうよ…」
261: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:15:11.74 ID:MZ5PNveOo
。。。。。。。。。

<提督の部屋>

加賀「ただの風邪のようで安心したわ」

漣「薬を飲んでゆっくり休んでくださいねご主人様」

提督「ごめんな本当、迷惑かけて…」

霞「風邪ひいて弱気になってるのか知らないけど、別に気に病むことないわよ、っていうか気まで病むな」

暁「私たちでなんとかするわ、なにかあったら何でも言ってね?」

提督「ん、ありがとう…」

霞(やけに素直ね…風邪効果?)
262: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:16:03.53 ID:MZ5PNveOo
加賀「それじゃあ私と漣はいくわ、霞と暁もあまり長居しないようにね」

漣「風邪うつっちゃってもダメだからね、それじゃあご主人様、薬飲んでしっかり寝て身体休めてくださいね♪」

ガチャン
バタン

提督「ん~」フリフリ

暁「私たちも、手ぶらでいるわけにもいかないし…一度出直すね」

霞「まあそうね、何もなしにいてもあまり良くないか」

提督「そうだな、風邪移しても悪いしそうしてくれ…」

暁「じゃあ一旦出るね、何かあったらすぐ読んでね」

霞「なるべく駆けつけてあげるから」

提督「ん~」フリフリ

ガチャン
バタン

提督「…ゴホゴホ」

提督「静かだな…」
263: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:17:47.41 ID:MZ5PNveOo
。。。。。。。。。

~数十分後~

霞(DVDとか持っていけば暇つぶしにはなるかしら?)

暁「あ、霞ちゃん、司令官のとこ?」

霞「暁、ええまあ、風邪で暇だろうしDVDでも持っていこうと…ってあんたなにもってんの?」

暁「おかゆ、何も食べないでいるの駄目だしね」

霞「ふ~ん、間宮さん作ってくれたんだ」

暁「あ、これ私が作ったの」

霞「ふ~ん…え゛!?」
264: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:54:33.30 ID:MZ5PNveOo
暁「な、なによその驚きは…」

霞「あ、あんた料理とかできたのね…意外だわ…」

暁「いっ一人前のレディとし当然ですぅ!」

霞(こ、この娘いつのまにこんな女子スキルを…)ゴクッ
265: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:55:25.60 ID:MZ5PNveOo
。。。。。。。。。

暁「司令官、具合はどう?」

提督「薬が効いてるのか前よりかは楽になったかも…」

霞「それならいいわ、はいこれ、暇なときとかに観るといいわ」

提督「あ~ありがとう、風邪ひいてるときって結構暇だからありがたい」

【劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード】

提督(懐かしい!っていうかどういうチョイス!?)
266: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:57:45.33 ID:MZ5PNveOo
暁「私からはこれ、おかゆ」

提督「今食欲ない…」

暁「そんなんじゃだめよ!ってこれじゃ雷だわ…なにかお腹に入れとかないと体力つかないし、薬も飲めないわ」

暁「一口だけいいから、食べよ?」

提督「…わかった、一口だけ」ムクリ

暁「はい、それじゃあ卵粥で~す」パカッ

提督「おお美味そう」

霞(ほ、ほんとに美味しそうね…これ本当に暁が作ったの!?)
267: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:58:26.70 ID:MZ5PNveOo
暁「あ~でもどうやって食べさせ…あっ」

暁「…」

暁「…」///

提督「暁?どうしたんだいきなり俯いて?」

暁「し、司令官?えっとね、やっぱり病人にはこうやって食べさせる方がいいと思うんだけど…」

提督「?」

暁「…フーフー」

霞(ま、まさか!?)
268: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 18:59:03.15 ID:MZ5PNveOo


暁「…はい、あーん」

269: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:00:31.81 ID:MZ5PNveOo
提督「!?い、いやそんなあーんしなくても自分で食べられるよ!」///

暁「むむむむむむ無理しないほうがいいいいいいいと思うから!だから!!その…あーん!」/././.

霞「いやあんたが一番無理してるわよ!」

提督「むむむむむ…」

暁「…」///

提督「あ、あ~ん…」///

暁「!」

暁「は、はい、あ~ん…」

提督「っ」パクッ

霞(!!??あ~んした、今あ~んした!!???)
270: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:01:17.01 ID:MZ5PNveOo
提督「…」モグモグ

暁「ど、どうかな…」

提督「美味い、美味いよ。暁はやっぱり料理上手だな…」

暁「!」パァ

提督「あ、あのさ暁…」

暁「な、なに?」

提督「もう一口くれない?」

暁「う、うん!…はいあ~ん」

提督「あ~ん…」パクッ
271: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:02:19.61 ID:MZ5PNveOo
霞「…」

霞(なんだよこの桃色空間…)

霞(…羨ましい)

天龍「提督ちょっとじゃまするぜ、暁いるか~?」ガチャ

暁「天龍さん?はいいますけど…」

天龍「お前今日風呂掃除の当番だろ?不知火が待ってるぞ」

暁「あ、そうだった!ご、ごめんなさい今行きます!」

天龍「なるはやな~提督もお大事に~」

バタン

暁「ごめんなさい司令官、おかゆここに置いておくから、お腹空いたら食べてね?」

提督「ああ、ありがとうな。さ、早く言ってこい」

暁「それじゃあ、薬のんでゆっくり休んでね?」ガチャ

バタン
272: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:05:19.25 ID:MZ5PNveOo
提督「…ふう」

霞「…薬飲みなさい」

提督「う、うんそうだな…」

提督(あれ、なんか不機嫌?)

霞「暁、料理できたのね…」

提督「ああ、最近始めたらしいぜ。最近はかなりレパートリー増えてるしな」

霞「なんで急に料理なんか…」
273: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:05:49.29 ID:MZ5PNveOo
提督「あ~…」

暁『…少しでも司令官の役に立ちたかったの』

提督「…一人前のレディには当たり前の事だからっていってたな」

霞「ふうん、そう」

霞(絶対ウソね…どうせこいつの為…)

霞「…」
274: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:06:26.77 ID:MZ5PNveOo
提督「うん、錠剤だと飲むの楽だな」

霞「薬飲んだなら寝なさいよね」

提督「うん…なあ霞」

霞「なに?」

提督「俺が寝るまで、隣にいてくれないか?その、なんか寂しいんだ…一人だと…」

霞「隣…か」

霞「いいわよ、別に」

提督「ありがとう」
275: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:08:25.27 ID:MZ5PNveOo
霞「…」

霞(隣…前の鎮守府にいたころは、あんたがいつも遊びに来てたころは)

霞(あんたの隣は、私だけのものだった)

霞(でも…今は…)

漣『ご主人様♪』

霞(漣…いえ彼女は隣というよりあんたの少し後ろにいつもいるわね)

暁『司令官!』

霞(そう、暁)
276: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:09:39.18 ID:MZ5PNveOo
暁『もう!いつも意地悪しないでよ!』

霞(いつの間にかあんたの隣は…)

暁『一人前のレディとして扱ってってばあ!』

霞(私だけのものじゃなくなった)

暁『うん…ありがとう』

霞(暁が、あんたの隣にいる)

霞(私も、まだ隣にいる?)

霞(今、体はあんたの隣にいるけど)

霞(心は、あんたの心には、私はいる?)

霞(あんたの…)

霞(あなたの隣に…)
277: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:10:06.40 ID:MZ5PNveOo
霞「…ねえ」

提督「…」

霞「一つ、聞きたいことがあるの…」

提督「…」
278: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:10:37.83 ID:MZ5PNveOo







霞「私と暁、どっちが好き?」







279: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:13:11.57 ID:MZ5PNveOo
提督「…」

霞「…」

提督「…」

霞「…」

霞「ねえ…聞いてる?」

提督「スースー…」zzzzz

霞「って、寝てんのかい」

霞「…はぁ」

霞「…」
280: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:14:35.03 ID:MZ5PNveOo
霞「なに恥ずかしいこと聞いてるんだ私」///

霞「…寝ていてくれてて良かったのかもしれないわね」

提督「ん~…スミ…」

霞「?」

提督「霞…」zzz

霞「フッ、なによ、私の夢でも見ているのかしら」
281: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:18:12.28 ID:MZ5PNveOo
霞「そうね、変に気にすることでもないのよね」

霞「暁があんたの右隣にいても、左隣には、私がいる」

霞「ただそれだけなのよね」

霞「今は、それだけで十分だわ…」

提督「…」zzz

霞「…」

霞(でも)

霞(でも、最後に、あなたの隣に…)

霞(あなたの隣で、あなたの手を握るのは、私)

霞(暁じゃなくて、私なんだからね)

霞「負けないわよ、絶対」
282: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:19:53.96 ID:MZ5PNveOo
。。。。。。。。

<後日>

提督「完全ふっか~つ!!」

漣「いえ~い!!」

加賀「病み上がりなので無理はしないでください」

提督「大丈夫大丈夫~うぇ~い」

漣「うぇ~い」

暁「何このテンション…?」

加賀「今まで寝込んでいた反動ね…変なテンションになってるわ」
283: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:20:54.47 ID:MZ5PNveOo
霞「おはよう」ガチャ

提督「お~おはよう霞~うぇ~い」

霞「なにこのウザいテンション、まあ元気になって良かったわ」

提督「お~う霞、いつになく素直じゃ~ん?心配してくれたの~?」

霞「ええ心配したわ」

提督「まあwwwwそんなことな…え?」
284: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:22:03.80 ID:MZ5PNveOo
霞「すごく、とても、ずっと、心配してたわよ」

提督「…あ~」

霞「だから、今すごく安心してるわ」ニコッ

提督「!」ドキッ

霞「さあ元気になったんなら仕事しなさい仕事」

提督「お、おう…」

加賀「あらあら」

漣「おやおや」

暁「えっ?えっ?」
285: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/29(土) 19:23:18.22 ID:MZ5PNveOo
霞「私も遠征にいくわ、漣と暁、いくわよ」

漣「ほいさっさ~」

加賀「さて、私も仕事始めますか」

暁「え、あれ?ちょっとまってさっきの空気なに?」

漣「やれやれ、お子様ね~」

暁「お、お子様言うな!」
289: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:35:50.75 ID:n+FbV2BOo
<食堂>

暁「…」ズズー

暁「あ~寒い朝にあったかい味噌汁は最高ね~」

漣「最近寒くなってより一層美味しさを感じるわよね~」

霞「私は味噌汁より白ご飯のほうがおいしく感じるわ」モグモグ

漣「つまり白ご飯とみそ汁の組み合わせは最強ということよ!」

ガチャ

提督「ん~…おはよ…」ネムー
290: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:36:27.61 ID:n+FbV2BOo
暁「司令官おはよう、っていつにもまして眠たそうね」

提督「朝は苦手なんだよ…それに最近朝寒いのもあって…」フワー

霞「まったく、シャキッとしなさいよシャキッと」

提督「ん~…」ストン

霞「ちょっと、座るんなら先に朝ごはんもらってきてから座りなさいな、あんたこのまま寝ちゃうでしょ」

提督「ん~…」

暁「ああもう、仕方ない私が持ってきて」漣「ご主人様朝ごはん持ってきましたよ」ニコッ
291: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:37:13.71 ID:n+FbV2BOo
提督「ん~…」

暁「あれ、いつの間に?」

漣「ご主人様が来たときに、こうなると思ってさっともらってきたわ」

漣「さ、ご主人様も食べましょ♪」ストン

暁(あ、司令官の隣に座った…)

霞(いつも自然にあいつの隣に、羨ましい)
292: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:37:50.46 ID:n+FbV2BOo
漣「あ、ご主人様ちょっとだけシャキッとして」

提督「ん~…」シャキッ

漣「ちょっと失礼します…よし、制服が少し乱れてましたので、もういいですよ」

提督「ん~…」

提督「…」パクパク

提督「…あ」

提督「さざなみ~」

漣「はい」つ塩

提督「ん~…」
293: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:38:24.19 ID:n+FbV2BOo
提督「…」パクパク

提督「さざなみ~」

漣「はいお茶のおかわりです」コトッ

提督「ん~…」

提督「…」ズズー

提督「あ~…」

提督「さざなみ~」

漣「醤油かけすぎです、体に悪いですから駄目です」

提督「む~…」

霞(なんでわかるの?)

暁(司令官漣ちゃんの名前にか読んでないのに…)
294: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:39:11.35 ID:n+FbV2BOo
暁「…」

霞「…」

暁霞((夫婦か!!))
295: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:39:43.41 ID:n+FbV2BOo
。。。。。。。。。。

霞「二人って本当に付き合ってるとかじゃないのよね?」

暁「う~ん漣ちゃんと司令官って、べったりってわけじゃないけどいつも一緒にいるんだよね」

霞「そうそう、つかず離れず、絶妙な距離間を維持してるっていうか…」

暁「それってあれだよね」

霞「そうそうあれよ」

暁「…」

霞「…」

暁霞「「夫婦か!!」」
296: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:40:33.63 ID:n+FbV2BOo
霞「ああもういつみてもあの二人にはもやもやするのよ…いったい付き合ってるの付き合ってないのどっちなのよ!」

暁「で、でも天龍さんも不知火ちゃんも二人は付き合ってないって…」

霞「私もそれ聞いたけど、それだって確証ないじゃない、どうせなんとなくそうだからって感じでしょ?」

暁「ああまあ、そんな感じの答えだったような…?」

霞「…ああもう!こうなったら直接聞くしかないわ!」

暁「ちょ、直接聞く!?」

霞「漣に直接よ、そっちの方が手っ取り早いわ」

暁「で、でも…直接聞くのはさすがに…」

霞「あっそ、じゃあ私ひとりで聞いてくる」

暁「あ、いやでも…あ、ちょっと待って!私も行く!」
297: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:41:26.89 ID:n+FbV2BOo
。。。。。。。。。

漣「それで、突然なにかしら?」

霞「…」ジーッ

暁「…」ジーッ

漣(こ、こわい…私もしかしてなにかした?)

霞「単刀直入に聞くわ」

漣「ど、どうぞ?」

霞「漣とあいつ、付き合ってるの?」
298: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:41:53.24 ID:n+FbV2BOo
漣「あいつ?」

霞「わかってんでしょ!司令官よ!」

漣「私と、ご主人様?」

霞「そう」

漣「付き合ってる?」

霞「そうなのかって聞いてるのよ!!」バン!!

暁「か、霞ちゃん落ち着いて…」オロオロ
299: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:42:23.37 ID:n+FbV2BOo
漣「…フフ」

霞「は?」

暁「え?」

漣「ハッハッハッハアーッハッハッハッハwwwwwwww」

暁霞「「!?」」

漣「私とwwwwご主人様がwwwwつwwきwwあwwってwwるwwかwwっwwてww」

漣「プククククwwwwwwwwメシウマwwwwwwww」

霞「な、なにがおかしいのよ!!っていうかメシウマの使い方違う!!」
300: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:42:55.00 ID:n+FbV2BOo
漣「あーっはっは…あーごめんなさい突然そんなこと聞かれたもので…」

暁「そ、それで…」

漣「はい?」

暁「二人は、漣ちゃんは司令官と、その…付き合ってるの?」

漣「まあ二人が望んでいる答えかどうかはわからないけど」

暁「…」

霞「…」

漣「付き合ってないわ、私とご主人様は」
301: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:43:32.86 ID:n+FbV2BOo
暁「ホッ」

霞「でも、今後そうなるんじゃない?」

暁「え?」

霞「傍目からみても、漣とあいつは仲が良すぎるわよ」

暁「た、確かに」

漣(あんたらそれいうか)

漣「それならご安心を、これからもご主人様と付き合う予定も、その気もないから」

霞「それ、証明でき」漣「付き合うってどうことだと思う?」

霞「るの…ってはあ?」
302: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:44:17.48 ID:n+FbV2BOo
漣「霞ちゃんは、付き合うこと、愛し合うことってどういうことだと思う?」

漣「今度は、私が質問」ニコッ

霞「あ、えっと、その…」

漣「暁ちゃんはどう思う?」

暁「わ、私は…あの…」

漣「まあ急に聞いてもわからないよね、ごめんなさい」
303: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:44:44.19 ID:n+FbV2BOo
漣「いい二人とも、付き合うこと、愛し合うということっていうのはね」

漣「二人が同じ方向を向いて、二人が同じ景色をみて、二人が同じ気持ちを共有することが出来る関係…」

漣「そんな隣り合わせの関係が、愛し合うということなの」

霞「隣り合わせ…」

暁「…」
304: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:45:58.41 ID:n+FbV2BOo
漣「隣り合わせってね、二人が手を少し伸ばせば、すぐに手をつなぐことが出来る」

漣「お互いがいる方向を向きあえば、見つめ合うことだって出来る」

漣「そんな、素敵な関係」

漣「でも、私とご主人様との関係はそうじゃない」

漣「ご主人様が、私を初期艦として選んでくれて、加賀さんがくるまで、ずっと二人きりだった」

漣「ご主人様は初めての提督として、私は初めての艦娘として…」

漣「私たちはどれだけ自分に力がないか、その時は嫌というほど思い知った」

漣「だから私たちは、お互いの力が及ばない部分、お互いが見ることが出来ない部分を補い合おうとしたの」

漣「そうして、私たちの関係は形作られていったの」

漣「いうなれば、そうね…」

漣「背中合わせの関係、かな」
305: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:46:45.53 ID:n+FbV2BOo
霞「背中…」

暁「合わせ…」

漣「お互いの死角を補うように、お互いが背中を託すようにってね、自然とそういう風になっていったわ」

漣「私がご主人様の見ることの出来ない世界を見る」

漣「ご主人様が私の見ることが出来ない世界を見る」

漣「私とご主人様との関係は、そんな背中合わせの関係なんです」

漣「でも、背中合わせではお互いがお互いの顔を見ることは出来ないわ」

漣「感じるのはご主人様の背中の温もりだけ…」

漣「こういう関係をね」

漣「"戦友"っていうの」
306: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:47:35.13 ID:n+FbV2BOo
漣「だから、二人の言う"恋人"という関係ではないし、今後そういう関係にもならない」

漣「私は今の所が気に入ってるし、満足しているから」

霞「…」

暁「本当に…」

暁「本当に、それでいいの?それで満足しているの?」

漣「ええ、十分すぎるほど、幸せよ」

漣「ご主人様の背中が大きく、逞しくなっていくのを感じるのって、結構嬉しいのよ?」

漣「それを一番に感じられる今の所は、私にとって最高の所なの」
307: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:48:01.21 ID:n+FbV2BOo

霞「…もし」

漣「ん?」

霞「もし、あいつの隣に誰かが、あいつに"隣り合わせの関係"を持つ誰かが現れたら」

霞「あんたはどうするの?」

漣「…なにも、変わりませんよ。私のやることは、私のいる所は」

漣「何一つ、変わりません」
308: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:49:10.96 ID:n+FbV2BOo
漣「まあその人があなた達の誰になるかはわからないけどねwwwwww」

暁「え、えええ!!!?」///

霞「はああ!!ば、ばっかじゃないの!!べ、別にあいつとそうなりたいわけじゃないし!」///

暁「そ、そう!わたしのこと一人前のレディとして認めてくれない司令官なんて!」///

漣(あんだけ人前でイチャイチャしといて、本気と書いてマジかよこいつら…)

漣「まあこれでいいでしょ?私は仕事があるからこれで失礼するね」

霞「あ…えっと、時間とって悪かったわ」

暁「答えてくれてありがとうね、漣ちゃん」

漣「いえいえ、それに大丈夫よ二人とも」

暁霞「「え?」」

漣「二人の誰かが、ご主人様の隣に並ぶことがあったら、守ってあげる」

漣「ご主人様の背中と、隣り合う人の背中も、二人まとめて」
309: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 18:49:39.69 ID:n+FbV2BOo






漣「私が、守ってあげるわ」ニコッ






313: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:43:07.41 ID:uR0q0xhGo
???「…というわけで、ぜひあなたにお願いしたいのですよ」

父提督「…なるほどね、でも俺じゃなくてもいいんじゃないの?」

???「あなたじゃないと務まりませんよ、あなたにはそれだけの実績と実力がある」

???「おねがい、できませんか?」

父提督「…まあ、いいよ。やってるやる」

???「ありがとうございます」

父提督「そのかわりといっちゃあなんだが、ひとつ頼みがある」

???「頼み?」

父提督「ああ…」
314: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:43:42.31 ID:uR0q0xhGo
。。。。。。。。。。。。。。。。。

加賀「提督当てにお手紙が届いていますよ」

漣「請求書?」

提督「ちげえよ、ああ先輩からの手紙だ」

暁「先輩?」

提督「士官学校のころの先輩、俺の尊敬する人だよ」

霞「へえ、あんたが尊敬する人ね」
315: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:44:49.26 ID:uR0q0xhGo
提督「ああ、俺よりも優秀な人で、士官学校のころは唯一勝てなかった人だからな」

暁「…他には勝ってましたみたいに行ってるみたいだけど」

提督「実際勝ってたからな、さて内容は…」

霞「うわ生意気」

漣「でもそんなご主人様が唯一尊敬していた人っていうのは、ちょっと興味ありますね」

暁「どんな顔なのかしらね」

提督「…ええ!?」ガタッ

霞「キャッ!急に大声出さないでよ!」

暁「ど、どうしたの司令官?」

提督「…ッコンした…」

漣「え?」

提督「先輩が、ケッコンしたって…」
316: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:45:18.70 ID:uR0q0xhGo
。。。。。。。。。

加賀「あら、瑞鳳とケッコンしたのね、写真も入っているわ」

暁「あ、本当ですね…うわあ可愛い人」

霞「それに比べて隣の男は目つきわっるいわね、人一人○してるんじゃない?」

漣「まるで野獣の眼光…つまりご主人様の先輩は野獣先輩!?」

霞「なにいってんのあんた?」
317: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:45:54.22 ID:uR0q0xhGo
提督「しかし、先輩までケッコンするとはなあ…」

暁「先輩”まで”?」

加賀「最近提督と艦娘とのケッコンが多いのよ」

霞「ふぅん」

漣「提督と艦娘といえど所詮男と女…同じ環境下に居続ければ恋愛関係に発展してしまうのも生物の本能というわけ…はっきりわかんだね!」

霞「だからなにいってんのあんた?」
318: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:46:30.56 ID:uR0q0xhGo
暁「ケッコン、ケッコンか~…」

暁「…」

提督(ほら、起きろ暁、朝だぞ)

提督(おお今日もきれいだなお前は、流石一人前のレディだ)

提督(そんなお前とケッコンできた俺は、世界一幸せなんだろうな…)

提督(え?おだてても何も出ない?おだててないさ、俺は真実を言ってるだけだから)

提督(それに、安心しろ。お前に幸せにしてもらった分、いやそれ以上に)

提督(お前の事、幸せにしてやるから…)
319: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:47:06.81 ID:uR0q0xhGo
暁「フヘヘ…ケッコンっていいかも…素敵だわ…」

提督「暁の奴どうしたんだ?顔がにやけてるぞ」

霞「…まあそっとしておいてあげて」

漣「でも、暁ちゃんの言う通り、祝う方も祝われる方も幸せになれる、ケッコンは素晴らしいものだわ」

???「そう!ケッコンとは素晴らしいものだ!」バタン!!!!
320: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:47:59.30 ID:uR0q0xhGo
全員「!!!??」

霞「だ、誰!?って…」

加賀「はぁ…」

提督「な、なんで…」

提督「と、父さん…?」

父提督「そう、俺だ!久しぶりだな~我が息子よ」
321: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:48:45.06 ID:uR0q0xhGo
提督「父さん!なんで急にうちの鎮守府に!?」

父提督「息子に会いに行くのに、わざわざ理由がいるのか?」

提督「そうじゃないよ!来るなら来るで事前に連絡くらいしてよ!」

加賀「その通りです、まあどうせいつもの思いつきの行動なんでしょうけど…」

父提督「お、さすが加賀!俺の事よくわかってるね」

加賀「その暴走を止めるのもあなたの仕事ではなくて?大鳳」

大鳳「も、申し訳ありません…止める努力はしたんですが…」

提督「あ!装甲空母の大鳳だ!!かっけーすっげー!!」

大鳳「え?あの、そんなすごいだなんて…そんなこと///」テレッ

加賀「大鳳」

大鳳「あ、はい、すみません…」
322: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:49:11.94 ID:uR0q0xhGo
提督「で、なにしにきたの本当」

父提督「ん?ん~まああれだ、息子がどれだけ頑張ってるのかをみにきたんだよ」

霞「つまり視察ですか?」

父提督「そそ、そういうこと」

提督「本当かな…」

暁「…」

暁(あの人が、司令官のお父さんか)

暁(初めてみたけど、あんまり似てない?)

暁(…)

暁(…お義父様)
323: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:49:48.13 ID:uR0q0xhGo
暁「フヘ、ちょ、ちょっといいかも…」

提督「あいつ大丈夫?」

漣「気にしないほうが良いですよ」

父提督「…ほう」

提督「まあいいや、視察っていうんなら足柄にでも案内させ」父提督「この娘に案内してほしいな」

提督「は?この娘ってだれ?」

父提督「この髪が黒くて帽子かぶってる娘」

暁「フヘヘ…って、え?」

提督「暁に?なんで?」

父提督「まあなんとなく、いまこのお嬢ちゃんに案内してほしいって思ったからだ」

加賀「本当にそれだけですか?」

父提督「まあ一番の理由は…」

提督「…」

暁「…」

父提督「面白そう、だからだ」ニヤ

暁霞漣(あ、やっぱ親子だ…)
324: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:50:21.13 ID:uR0q0xhGo
。。。。。。。。。。。。。。。

暁「こ、こここちらがわが鎮守府のええ演習場になります」

父提督「お~小さいながらちゃんと整備されてんじゃん」

暁「あああありがとうございます」

暁(ききき緊張する…私こういうことあまりしたことないしさらに司令官の父親だし…)

暁(で、でも落ち着け…平常心平常心)

暁「そ、それでは次の施設に案内します」

父提督「ねえ暁ちゃん、一つ聞いてもいいかい?」

暁「な、なんでしょう?」

父提督「うちの息子の事、どう思ってる?」
325: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:51:31.18 ID:uR0q0xhGo
暁「え、え?し、司令官のことですか?」

父提督「そそ、なんかうちの息子と仲良くしてもらってるみたいだし」

暁「あ、えっと…そのですね…」

父提督「正直にいってほしいな、君の気持ちを知りたい」

暁「…えっと、じゃあ正直に言います。悪く思わないでくださいね?」
326: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:52:24.75 ID:uR0q0xhGo
暁「…いつも私の事馬鹿にしたり、からかったりして、その癖すごく我儘、子供っぽい言動ばっかりです」

暁「でも、私の為に身体を張って守ってくれたり、褒めてくれたり、優しくしてくれる」

暁「そんな人だと、思います」
327: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:53:02.24 ID:uR0q0xhGo
父提督「なるほど、”私の為に”ね」

暁「…あ!ち、違います言い間違えました!”私の為に”ではなくて”私達の為に”です!」

暁「そんな、私の為になんて…」///

父提督(なるほど、やっぱりね)

父提督「いや、ありがとう暁ちゃん。参考になったよ」

暁「し、司令官には言わないでくださいね…」

父提督「はっはっは、レディの頼みならば、言わないでおくさ」

暁「…でも、きっとここにいるみんなが、提督の事をそういう風に思っていると思います」

父提督「愛されてるんだね息子は、流石、俺の息子だ」

父提督(しかし、こりゃ荒れそうだな…)
328: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:53:28.98 ID:uR0q0xhGo
。。。。。。。。。。。。。。

<夜>

父提督「いや~すまんな、晩飯まで用意してもらってさ」

提督「まったく、どうせ最初から食う気だったくせに」

父提督「お、父さんのことわかってくれてるね、嬉しいよ」

提督「…で、なんできたの?」
329: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:53:55.39 ID:uR0q0xhGo
父提督「だ~か~ら~、お前に会いに来たんだってさ」提督「嘘つくな」

提督「父さんがそんな理由で、あの鎮守府から離れるわけないだろ」

提督「…なにか重要な話、あるから来たんでしょ?」

父提督「本当、俺の事よくわかってるね、流石親子だ」

父提督「…なあ、息子よ、お前はここが好きか?」
330: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:54:27.27 ID:uR0q0xhGo
提督「何だよ急に…」

父提督「答えてくれてもいいじゃないか」

提督「…好きだよ、好きに決まってるだろ」

父提督「理由は?」

提督「いっとくけど、すげー単純な理由だよ」
331: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:55:12.55 ID:uR0q0xhGo




提督「ここで過ごす日々が、ここにいるみんなが、好きだから」



332: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:55:39.76 ID:uR0q0xhGo
父提督「…そうか、いい答えだ」

提督「…今度は俺の質問に答える番だぞ」

父提督「…今のお前には、辛い話なのかもしれない」

父提督「だけど、今日ここに来て、今のお前の答えを聞いて、俺はお前になら頼めると確信した」

提督「どういうこと?」

父提督「なあ、息子よ」
333: ◆VgLY1HQ3xE 2015/01/11(日) 22:56:06.98 ID:uR0q0xhGo





父提督「俺の鎮守府で、提督をやらないか?」





335: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/12(月) 08:13:12.26 ID:4b+VYrxLo

やっぱここの胸の無い空母勢は可愛いなぁ
340: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/01(日) 22:25:15.05 ID:zbVnFGWoo
提督「…え?」

父提督「実はな、俺にとある鎮守府に着任してくれないかという話が来ているんだ」

父提督「前にその鎮守府に着任していた提督は、指揮能力はからっきしだが、上へのご機嫌取りの才はあったみたいでな」

父提督「その才を存分に発揮して、能力に見合わない重要拠点の鎮守府に着任したらしい」

提督「金と地位狙い…」

父提督「そうだ、でかい鎮守府にはその分でかい金と大量の物資が流れてくる」

父提督「それを利用してさらに金を増やす、増やした金は賄賂に使いさらに鎮守府に流れてくる金を増やす…」

父提督「軍人よりも商人のほうが向いてるんじゃないかね~まったく。才能の無駄使いとはこのことだ」

父提督「さらにそこに配属されている艦娘にむりやり手を出すという下種さ」
341: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/01(日) 22:27:42.12 ID:zbVnFGWoo
提督「…それで、そいつはどうなったの?」

父提督「捕まったよ、そいつの秘書だった奴が十分な証拠を集め上に報告したらしい」

父提督「結果そいつは逮捕、そいつから賄賂を貰ってたやつらも一掃されて、晴れてこの事件は解決されました」

提督「ってわけじゃないんだろ?」

父提督「まあその通りだ、ここで新たな問題がでできたんだ」

父提督「その下種が着任していた鎮守府、さっきも言ったようにそこは重要拠点、そこが動かなくなるのはこちらとしても避けたいところ」

父提督「というわけで早急にその鎮守府に新たな提督を着任させたんだが…」

提督「させたが?」
342: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/01(日) 22:28:45.41 ID:zbVnFGWoo
父提督「下種による無理やりな暴行、わいせつな行為、その他諸々…そこに配属されている艦娘たちの心の傷は相当大きかった」

父提督「俺たち提督に対する恐怖、それが彼女らの心に刻まれてるんだ」

提督「…」

父提督「故に彼女らは、その鎮守府から提督という存在を排除しようとするんだ」

提督「排除…」

父提督「最初に着任した奴は大怪我をして今は入院中、次の奴は着任後一週間後に逃げたらしくいまだ行方不明」

父提督「というわけで、今は提督不在の状況なわけだ」
343: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/01(日) 22:31:36.47 ID:zbVnFGWoo
父提督「今は近隣の鎮守府の遠征という形で近辺海域の警護をしてもらっているが、それもいつまでもつかわからん」

父提督「だからこそ、早急に提督を着任させ、鎮守府を機能させる必要がある」

提督「そこの、鎮守府の提督に?」

父提督「そうだ、俺になら安心して任せられるとのことらしい」

提督「そして、父さんの鎮守府に…代わりに俺が?」

父提督「そうだ」

提督「…そんな、急すぎるよ」

父提督「すまん、だが今話したように、ことは急を要する」

父提督「俺としては、今のお前なら、俺の鎮守府を任せられると確信してる」

提督「…」
344: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/01(日) 22:33:08.69 ID:zbVnFGWoo
父提督「それに、憧れだったんだろ?俺の鎮守府」

提督「そう、だけど…そうだけど!」

提督「今は、それと同じくらいに、ここが…」

父提督「…一週間やる、それまで返事を聞かせてくれ」

父提督「今日は帰らせてもらう、俺も色々準備があるんでな,、見送りはいらんぞ」

提督「父さん…」

父提督「いい返事を期待してるぜ」

キィ

バタン

提督「…俺は、どうしたら…」
345: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/01(日) 22:35:56.67 ID:zbVnFGWoo
。。。。。。。。。

父提督「ふう…」

加賀「あまりに急すぎるのではないでしょうか?」

父提督「加賀、聞いてたのか?」

加賀「ええ、秘書艦ですから」

父提督「どういう理由だよ」

加賀「…あの子にはまだ早いと思うのですが」

父提督「いやそうでもないさ、あいつ以外に任せられる奴はいないさ」

父提督「それだけあいつは成長している、加賀は、まあ一番近くにいるせいでその成長を感じにくくなってるだけさ」

加賀「まあ、あなたがそういうのなら、そうなのでしょうね…」

父提督「ああ、だからこそ、俺はあいつに任せたい」

父提督「俺の為にも、あいつの為にも、な」
346: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/01(日) 22:37:35.78 ID:zbVnFGWoo
加賀「…あの子がもし、ここを去ることを選択した場合、ここはどうなるのですか?」

父提督「そこらへんは問題ない、すでに手配は済んでる。安心するといい」

加賀「…いつもいつも、本当に勝手なんですね、あなたは」

父提督「性分なんだ、すまんな」

加賀「もう諦めてます、大鳳も苦労するわね、同情するわ」ハァ

父提督「…それはさすがにひどくない?」

加賀「少し自分の行動を顧みることをおすすめします、…それでは私はこれで」

父提督「おいおい見送りしてくれないのか」

加賀「いらないのでは?」

父提督「やっぱ寂しいからいる」

加賀「はぁ、わかりました、大鳳呼んできますので少し待っててください」

父提督「おうよろしく~」

加賀「本当、変なところで子供なんだから…」ハァ
347: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/01(日) 22:38:58.13 ID:zbVnFGWoo
。。。。。。。。。。。。。

<朝>

提督「…」

提督「一週間、か…」

提督(やりがいは感じる)

提督(父さんの鎮守府で指揮を執りたいという気持ちはある)

提督(だが、それと同じくらい、ここを離れたくない気持ちもある)
348: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/01(日) 22:40:18.17 ID:zbVnFGWoo
ガチャ

加賀「おはようございます」

提督「ああ、加賀か…おはよう」

提督(加賀には話しておいたほうが良いか…)

提督「なあ、加賀。ちょっと話が」加賀「お父様の鎮守府にいくという話ですか?」

提督「あれ、知ってたのか」

加賀「…あの人から直接聞きました」

提督「ああ、そうか…」

加賀「それで、どうするのですか?」
349: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/01(日) 22:43:44.43 ID:zbVnFGWoo
提督「…」

提督「…まだ、わからない」

加賀「そう、そうよね」

提督「なあ、加賀はどう思う?」

加賀「私?」

提督「うん、意見が欲しい、格好悪いけど、一人で決められそうにないんだ」

加賀「…私が言えるのはただの一言だけよ」

加賀「あなたの心の赴くまま、行きたいところに行くべきよ」
350: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/01(日) 22:44:29.39 ID:zbVnFGWoo
提督「その行きたいところがわからないんじゃないか…」

加賀「こういうのって、実は答えはもう出ているものなのよ」

加賀「だけど、心の中にある沢山の想いが、まるで霧のように答えを覆って、見逃してしまう」

加賀「だから、今のあなたに必要なのは、自分の心をまっすぐ、しっかり見据えることなの」

提督「…難しいことを言うな。自分の心を見据えるってどうやればいいんだよ」

加賀「そうね…じゃあ、こういうのはどうかしら?」
353: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/12(木) 00:31:13.52 ID:fbQUuswho
加賀「あなたの心を真に理解してくれている誰かに意見を聞くの」

加賀「さっきも言ったように、あなたは自分の沢山の想いのせいで、心の奥にある答えが見えなくなっているわ」

加賀「でも、そのあなたの心を真に理解してくれている人なら、あなたの想いの霧に惑わされず、あなたの答えを見つけてくれるはず」

提督「なあ…それ、加賀じゃだめなのか?」

加賀「私は…」

父提督『それだけあいつは成長している、加賀は、まあ一番近くにいるせいでその成長を感じにくくなってるだけさ』

加賀「…ごめんなさい、私では駄目なの」

提督「…まあ、わかった。どうせ自分じゃわかんないんだ、その真に理解してくれている誰かに聞いてみるよ」

提督「誰かはわからんけどさ」
354: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/12(木) 00:31:49.88 ID:fbQUuswho
。。。。。。。。

提督(で、俺の心を真に理解してくれている人、か)

提督(誰なんだろうな)

提督(最初それを聞いたとき、加賀だと思った。だけど本人がそれは違うといった)

提督(なぜかわからないけど、本人が分からないといったんだ。実際そうなんだろう)

提督(ちょっとショックだけど…)

提督(まあ、加賀以外となると誰なのか)
355: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/12(木) 00:33:18.26 ID:fbQUuswho
提督(天龍…不知火…こいつらは違うな、他の奴らに比べて付き合いが短すぎる)

提督(付き合いの長さで言うなら暁、愛宕も違うことになる)

提督(足柄?付き合いは長いほうだけど、あくまで上司と部下の関係って感じだしな)

提督(…付き合いの長さなら霞か)

提督(いや、霞は長い間会わない時期があったしな…)

提督(う~ん…)

???「!」

???「お~い」

提督「ん?」
356: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/12(木) 00:33:54.68 ID:fbQUuswho
提督(…俺の心を真に理解してくれている誰か)

提督(そう、俺が、俺の事を理解してもらっていると思う誰か)

提督(いるじゃないか、目の前に)

漣「おはようございます、ご主人様♪」

提督「おはよう漣」

漣「今日も一日頑張りましょうね!」

提督「ああ、そうだな」
357: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/12(木) 00:35:07.29 ID:fbQUuswho
提督「…なあ、漣」

漣「なんですか?」

提督「…」

漣「ご主人様?」

提督(…なんて聞けばいいんだ!?)

提督(『俺この鎮守府から出ていくんだ』って言っていいのか!?いや出ていくかどうか悩んでいるのにこの発言はどうなんだ?)

提督(じゃあなんて聞く!?なんて聞けば漣から俺の望んだ答えをもらえる!?)

提督(俺の今後を決める大事な質問だ、ここで間違った質問をしてしまうことは許されない!)

提督(考えろ、考えろ!)
358: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/12(木) 00:36:14.59 ID:fbQUuswho
漣「…ご主人様」ギュッ

提督「え、漣…」

提督(手を、握って…)

漣「落ち着いて、大丈夫、漣はずっと待ってるわ」

漣「ずっとここにいるわ」ギュ

提督「漣…」

漣「ね?」
359: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/12(木) 00:37:38.73 ID:fbQUuswho
提督「…」スー

提督「…」ハー

提督「なあ、漣」

漣「はい」

提督「もしも、仮の話、俺がこの鎮守府から出ていくって言ったらさ、お前どうする?」
360: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/12(木) 00:39:31.58 ID:fbQUuswho
漣「ご主人様が、出ていく、ですか」

提督「ああ、あくまで仮な」

漣「そうですね…」

漣「すごく、すごく悲しいって、辛いって思います」

漣「離れたくないって思います」

漣「出来ることなら、ご主人様の事を止めます」

提督「…そうか」
361: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/12(木) 00:42:05.80 ID:fbQUuswho
漣「でも、でもね?」

漣「それが、ご主人様の望むことだって、思ったら」

漣「それが、ご主人様の成長の為になると思ったなら…」

漣「そしたら、漣は喜んで応援する」

漣「そっと…背中を押してあげる」
362: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/12(木) 00:42:32.80 ID:fbQUuswho
漣「だから、ご主人様」

漣「怖がらずに、選んでください、進んでください」

漣「漣はいつでも、ご主人様の傍に、後ろにいます」

漣「いつでも、ご主人様の背中を押してあげられるように…」

漣「ご主人様が、強い一歩を踏み出せるように…」
363: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/12(木) 00:43:38.89 ID:fbQUuswho
提督「漣、お前…」

漣「ね?」ニコッ

提督「…ありがとう漣」ギュ

提督「お前に聞いて、よかった」
364: ◆VgLY1HQ3xE 2015/02/12(木) 00:44:08.79 ID:fbQUuswho
そして、一週間後

提督の転属が、決まった
366: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/12(木) 01:53:47.77 ID:nLqXNN04O

暁と霞はどう動くか
368: ◆VgLY1HQ3xE 2015/03/09(月) 17:35:21.85 ID:fd6w+xlUo
暁「…」ボーッ

天龍「こら暁!陣形から外れてるぞ!シャキッとしろ!」

暁「あ、ご、ごめんなさい!」ビクッ

天龍「…まったく、暁の奴、提督の転属発言から任務中も上の空だな」

不知火「それも仕方のないことなのかもしれません、彼女は司令と仲が良かったですから」

不知火「まあ多少良すぎな面もありましたけど…」

天龍「お前のいうこともわかるけど、任務にまで持ってこられたら適わねーぜ」

天龍「それに、暁と同じくらい提督と仲が良かった霞はしっかり任務をこなしてるぜ」
369: ◆VgLY1HQ3xE 2015/03/09(月) 17:36:59.95 ID:fd6w+xlUo
不知火「彼女はもともと公私をしっかり分けることが出来る人ですからね、ですが最近少し戦績が落ちています」

不知火「結局、二人は同じ穴の貉ということです」

天龍「…まあ、いきなりだったしな、あんなん誰も想像できねえって」

不知火「そうですね…まあ二人には早く受け入れてほしいですね、でないと…」

暁「…」ボーッ

不知火「暁さんによって任務に支障が出ます」

天龍「暁ぃ!!!!」

暁「ひゃあ!!?」
370: ◆VgLY1HQ3xE 2015/03/09(月) 17:37:55.61 ID:fd6w+xlUo
。。。。。。。。。。。。。。

<暁の部屋>

暁(ハァ…何やってるのかしら私)

暁(司令官が転属するって聞いてから、何をしても集中できない)

暁(本当、何やってるのかしら)

暁(…何をすればいいのかしら)

暁「…」

トントン

暁「は、はい」ビクッ

霞「私よ、入っていい?」

暁「霞ちゃん?うん、いいよ」

霞「邪魔するわ」ガチャ
371: ◆VgLY1HQ3xE 2015/03/09(月) 17:41:23.19 ID:fd6w+xlUo
暁「えっと、何か用かしら?」

霞「聞いたわ、あんたまた任務で失敗したんだってね」

暁「あ…うん、駄目ね私、シャキッとしないと…」

霞「原因はどうせあいつの事でしょ?まったくそんなことで任務に支障をきたすなんて、情けないったら」

暁「そ、そんなことって…!霞ちゃんはどう思ってるの!?司令官の転属のこと!」

霞「…」

暁「霞ちゃんは司令官に会うために、ここに来たんだよね!?せっかく会えたのに、せっかく一緒にいることが出来るようになったのに!」

暁「それなのに、霞ちゃんはそれで…」

霞「あんたは、それでいいの?」

暁「え…?」
372: ◆VgLY1HQ3xE 2015/03/09(月) 17:44:36.80 ID:fd6w+xlUo
霞「あんたは、それでいいのって聞いてるの」

暁「私は…だって…」

暁「わかんないよ…なにがいいのかなんて…」

暁「何がしたいのか、何をすればいいのかなんて…」

暁「何も、何も…」

暁「司令官の転属も、実は夢なんじゃないかって思ってしまうくらい…」

暁「もう、わかんないよ…」
373: ◆VgLY1HQ3xE 2015/03/09(月) 17:46:12.79 ID:fd6w+xlUo
霞「わかったわ、あんたの今の気持ち」

霞「精々ここでうじうじしてればいい、ここで悩んでいればいい、ここで目を背けていればいい」

霞「だれもあんたを咎めたりしない、非難しないわ」

霞「だけどその分、あんたは前には進めない」

暁「…」

霞「悪いけど、私は前に進むわよ」

霞「あいつと、一緒に歩いていきたいから」

暁「…」

霞「…それを、言いに来ただけ。悪かったわね邪魔して、帰るわ」

暁「霞ちゃん…」

霞「…もうちょっと、進む勇気があると思ってたわ」

ガチャ

バタン

暁「…」

暁「私、私は…」ギュッ
374: ◆VgLY1HQ3xE 2015/03/09(月) 17:47:42.18 ID:fd6w+xlUo
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

<指令室>

提督(これで仕事に必要なもの以外は片付いたかな)

提督「…」

提督(広かったんだな、ここも)

ガチャ

霞「入るわよ」

提督「おお霞、どうした?」

霞「片づけの手伝いに来たんだけど、終わってたのね」

提督「ああ、加賀が手伝ってくれたからな」

霞「ふぅん…」
375: ◆VgLY1HQ3xE 2015/03/09(月) 17:49:57.10 ID:fd6w+xlUo
提督「…なあ、霞」

霞「何?」

提督「ごめん…」

霞「なんで謝るのよ」

提督「だって、わざわざ俺に会いに、父さんの鎮守府から来きてくれたのに」

提督「その俺が、父さんの鎮守府に転属ってなったからさ」

提督「その、わざわざ会いに来てもらったのにさ、ごめん…」

霞「ふふ、なによそんなことで謝ってるの?本当に子供ねあんたは」

提督「な、今の謝罪に子供とか関係ないだろう!?」

霞「いいえ子供よ、あんたも私も」

霞「それに、私はここに来たことに、何一つ後悔してない」
376: ◆VgLY1HQ3xE 2015/03/09(月) 17:51:47.65 ID:fd6w+xlUo
霞「ここに来なかったら、私はずっと知らないままだった」

____暁があんたの右隣にいても

霞「ここに来たから、私は知ることが出来た」

____左隣には、私がいる

霞「知ることが出来たから、私は自分の気持ちをさらに強くすることが出来た」

____あなたの隣で、あなたの手を握るのは、私
377: ◆VgLY1HQ3xE 2015/03/09(月) 17:52:42.48 ID:fd6w+xlUo
霞「…私、あんたに言いたいことがあるの」

きっと、言えなかった

提督「言いたいこと?」

ここに来なかったら、隣に並べなかった

霞「うん、言いたいこと」

だから、言うね

霞「私、私…」

ずっと一緒にいたいから
378: ◆VgLY1HQ3xE 2015/03/09(月) 17:53:23.68 ID:fd6w+xlUo





霞「あんたの事が、好き」




あなたの隣に、いたいから




2: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:09:07.84 ID:LiQNbmuGo
また、見えなくなった

霞「うん、言いたいこと」

心に、霧がかかったように

霞「私、私…」

何も、見えなくなった

霞「あんたの事が、好き」


彼女にかける言葉が、見つからない

3: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:11:14.42 ID:LiQNbmuGo
提督「…」

霞「…」

提督(霞はまっすぐ、ただまっすぐに、俺を見つめている)

提督(自分の想いのまま、迷いなく、淀みなく)

提督(ただただ、まっすぐに、まっすぐに)

提督(それに引き替え、俺はどうだ)

提督(周りが霧に覆われて、何も見えない)

提督(何も見えず、どこに向かえばいいのかもわからず)

提督(何を探せばいいのかもわからず、ただただ、四方八方に目を向ける)
4: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:13:30.37 ID:LiQNbmuGo
提督(これでは、また迷ってしまう)

提督(漣に、導いてもらうことは出来ない、そんな猶予もない)

提督(自分で、探さないと、駄目だ)

提督(これだけの、強く、強く、まっすぐな、霞の想い…)

提督(これだけは、自分で、見つけないといけないんだ)

提督(探さないと…)霞「バカね、本当」

提督「えっ」

ギュッ
5: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:14:51.15 ID:LiQNbmuGo
迷っていた俺は、霞が言葉を放つまで、彼女が目の前に来ていることに気付かなかった

そして、気づいた瞬間、彼女に手を、握られていた

そして、また見つめられる

強く、強く、まっすぐに、まっすぐに
6: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:17:15.03 ID:LiQNbmuGo
提督「霞…」

霞「目を背けないで、私の目を見て」

提督「霞の、目を?」

霞「あんたの、私への想いが、私と同じものなら、見えるはず」

霞「その先の向こうに私が…」

提督「先の、向こうに…」

霞「だから、しっかり見つめて、しっかり見据えて」

霞「あんたの想いの先にいるのは、誰?」

霞「あんたの心にいるのは、誰?」
7: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:18:06.39 ID:LiQNbmuGo
提督「…」

霞「あんたと…」

霞「…」ギュッ

霞「あんたの隣で、手を握っているのは、誰?」

提督「…!」
8: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:20:12.97 ID:LiQNbmuGo
いつの間にか、霧が晴れていた

そして、気づいた。手の温もり

…右手を握られている、この感覚に

ああ、そうだったんだな

ずっと、隣にいたんだな

いてくれたんだな
9: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:20:43.35 ID:LiQNbmuGo




提督「…暁」



10: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:21:15.29 ID:LiQNbmuGo




暁「…」ニコッ



11: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:23:33.82 ID:LiQNbmuGo
提督「…」ツーッ

霞「…何泣いてんのよ、バカ」

提督「…お前だって、泣いてるじゃねえか」

霞「当たり前よ、失恋したのよ、私」

提督「…そう、だよな」

霞「…絶対、離すんじゃないわよ」ギュッ

霞「その手…絶対に離すんじゃないわよ!」ギュッ!!!
12: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:24:35.93 ID:LiQNbmuGo
私は、彼の手を強く握った

強く、強く…ただ強く

その手を握り返してくれないことを知りながら

彼の手には、すでに私ではない娘の手が、握られていることを知りながら

顔を俯かせ、彼に涙を見られない様に

強く、強く、握りしめた
13: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:25:14.32 ID:LiQNbmuGo
霞「…」

提督「…霞」

提督「ありがとう」

霞「…!」
14: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:26:04.03 ID:LiQNbmuGo
聞きたいのは、そんな言葉じゃない

霞「…好き」

そんな言葉、聞きたくないよ

霞「…好き!」

伝わってよ、伝え返してよ

霞「…大好き、大好き!」

私の手を、握ってよ

霞「…ずっとずっと、大好き!!」
15: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 01:26:34.91 ID:LiQNbmuGo




__ずっと、隣にいてよ…



19: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:06:19.08 ID:LiQNbmuGo
~出発の日

提督「…今日で最後だな」

加賀「ええ…」

提督「ありがとう加賀、ずっとついてきてくれて」

加賀「これから、あなたのお守りをしなくて済むと思うと、気楽になるわ」

提督「ひでえ」

加賀「冗談よ」
20: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:08:00.34 ID:LiQNbmuGo
加賀「…とても立派になった、成長したわよ」

提督「加賀…」

加賀「提督…」ギュッ

加賀「身体に気を付けて、頑張りなさい」

加賀「また出会える日を、楽しみにしているわ」

提督「…ああ、俺も楽しみにしてる」ギュッ
21: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:09:12.10 ID:LiQNbmuGo
。。。。。。。。。。。。

<港>

父提督「お、準備はいい?」

提督「ああ、行こう父さん」

提督「大鳳も、これからよろしくな」

大鳳「はい、よろしくお願いしますね」
22: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:11:33.72 ID:LiQNbmuGo
漣「ご主人様~次会うときは漣の身長追い越してくださいね~」

天龍「ちゃんと向こう着いたら連絡しろよ~」

不知火「お見送りにもこの不知火に落ち度はありません」

足柄「ちゃ~んといい男になるのよ~!」

愛宕「あ~最後にギュッってさせてくださ~い!!」

霞「…」
23: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:12:57.48 ID:LiQNbmuGo
霞「…ねえ、暁はどうしたのよ」

漣「それが、どこにもいなくてね…探したんだけど…」

霞「…なによ、あのバカ!!!私連れてくる」クルッ

漣「ちょいまち」ガシッ

霞「ちょっと何よ!離しなさい!!」

漣「まあまあ、ご主人様を信じなさい」

霞「はぁ?」
24: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:14:13.15 ID:LiQNbmuGo
<???>

暁(…ここなら司令官に見つからず、お見送り出来るよね)

暁(直接お見送りなんて、無理…)

暁(そんなの絶対、耐えられないから…)

暁(…司令官)ギュッ

暁「うぅ…ばかあ…」グスッ
25: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:16:15.64 ID:LiQNbmuGo
提督「…父さん、ごめんちょっと待ってもらっていい?」

父提督「ん?あ~少しだけな」

提督「ありがとう」

提督「…」クルッ

天龍「?なんだ、提督のやつこっち向いて」

提督「…」スゥー
26: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:16:54.14 ID:LiQNbmuGo



提督「あかつきいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!」



27: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:18:14.49 ID:LiQNbmuGo
暁「!!」

全員「!!」

提督「どうせお前の事だ!!こっそり見つからない場所で膝抱えて泣いてんだろ!!お見通しなんだよバーカ!!」

提督「お前に言いたいことがあるっていうのに、ここ最近俺の事避けまくってただろ!そのせいで話すタイミング逃したじゃねえか!!」

提督「だからここで!大声で言うからな!!後悔するなよ!!」

提督「…」スゥー
28: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:19:08.98 ID:LiQNbmuGo



提督「好きだあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」


29: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:20:21.11 ID:LiQNbmuGo
暁「!!!??」///

加賀「あら、これは…」

足柄「青春…青春ね!」
30: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:22:30.68 ID:LiQNbmuGo
提督「俺はここを去る!!けどお前についてこいなんて言わない!!」

提督「だから、後4年!!待ってくれないか!?」

提督「4年後、俺は18になる!!結婚できる年齢になる!!」

提督「だから4年後、迎えに行く!!お前の事!!」

提督「その時、俺の事、好きだったら…俺の事愛しているなら!!」
31: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:23:02.37 ID:LiQNbmuGo



提督「俺と!!結婚してくれえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!」


32: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:23:57.84 ID:LiQNbmuGo
暁「!!」

提督「…」ハァハァ

提督「そんだけだ…じゃあな」

暁「…」

暁「…待って」

暁「待って!!」
33: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:24:33.92 ID:LiQNbmuGo
提督「…」クルッ

提督「なんだよ、やっぱいるじゃん」

暁「…いいの?」

提督「は?」

暁「私なんかでいいの?」
34: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:26:00.05 ID:LiQNbmuGo
提督「いいのかって、いいからお前に」暁「だって!!」

暁「だって!!私我儘だし!!背だって低いし!!仕事だって、皆より出来ないし!!それに!!」

提督「…」

暁「…それに、臆病だし…」
35: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:26:56.06 ID:LiQNbmuGo
暁「司令官の転属が決まったときだって、私ずっと司令官から、現実から逃げてた…」

暁「その現実がすごく、辛くて、悲しくて、嫌で…」

暁「今だって、こうやって、逃げてる…臆病者…」
36: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:28:27.21 ID:LiQNbmuGo
暁「そんな私が、司令官と一緒になる事なんて」提督「なんだよそんなことか」

暁「…!!え、そ、そんなことって!!」

提督「そんなことだろう、良いか?一つ一つ説明してやる」
37: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:29:34.14 ID:LiQNbmuGo
提督「まず我儘ってとこ、俺たちはまだ子供なんだし当たり前だろうが、そんなのいちいち気にしねえよ」

提督「んで背が低いっていうの、これも子供だから、これからでかくなるだろ」

提督「仕事が皆より出来ない…か、でもお前は俺の為に、料理上手くなっただろう」

提督「皆が出来ないことを、お前が出来なかったことを出来るようになったじゃねえか、すごいことだよ」

提督「後は臆病ってことだが…」
38: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:31:24.05 ID:LiQNbmuGo
提督「…逃げるほど、辛かったのか?」

暁「…うん」

提督「そうか…それなら、嬉しいな」

暁「え?」

提督「だって、俺がいなくなることが辛かったんだろう?悲しかったんだろう?」

提督「だったら、嬉しいよ、俺がいなくなることを、悲しんでくれてさ」

暁「司令官…」

霞「…」
39: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:32:37.00 ID:LiQNbmuGo
提督「なあ、暁」

提督「待っていて欲しい」

暁「…」

提督「ずっと、俺の隣にいてほしい」

提督「ずっと、俺と同じ景色を見ていてほしい」

提督「ずっと、俺の手を握っていてほしい」

暁「…」
40: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:33:09.04 ID:LiQNbmuGo
漣『付き合うこと、愛し合うということっていうのはね』

漣『二人が同じ方向を向いて、二人が同じ景色をみて、二人が同じ気持ちを共有することが出来る関係…』

漣『そんな隣り合わせの関係が、愛し合うということなの』
41: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:35:20.20 ID:LiQNbmuGo
暁(あ…)

提督「暁…」

提督「好きだ、ずっと、いつまでも」
42: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:36:14.15 ID:LiQNbmuGo
暁「…私も」

暁「…私も、あなたと一緒にいたい」

暁「あなたと同じ景色を見ていたい」

暁「あなたの手を、握っていたい」
43: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:37:03.18 ID:LiQNbmuGo
暁「司令官…」

暁「好きです…あなたの事が、好きです…」

暁「ずっと、ずっと、いつまでも…」

暁「だから…待ちます」

暁「…私と」
44: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:37:33.90 ID:LiQNbmuGo



暁「私と、結婚してください」


45: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:38:18.98 ID:LiQNbmuGo
提督「…絶対待ってろよ、滅茶苦茶格好よくなって迎えに行くからな」

暁「私も、すっっっっっごく、素敵なレディになって、待ってるからね」

提督「暁…」

暁「司令官…」
46: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:39:00.12 ID:LiQNbmuGo



___大好き


47: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:49:11.58 ID:LiQNbmuGo
。。。。。。。。。。。。。。。。。

霞「…」

漣「いっちゃったね、ご主人様」

霞「…ええ」

漣「いや~情熱的な告白だったわね~漣もああいう告白されてみたいわ」
48: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:49:43.60 ID:LiQNbmuGo
霞「漣」

漣「なに?」

霞「あんた前に言ってたわよね、背中合わせの関係ってやつ」

漣「ああ、私とご主人様の関係ね」
49: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:50:39.56 ID:LiQNbmuGo
霞「その時さ、あいつの背中と、隣り合う人の背中も、2人とも守るって」

漣「うん、言ったわよ」

霞「…あんた一人じゃ、大変なんじゃないかしら」

漣「そうね、大変かも」

霞「…私も、手伝ってあげるわ」

漣「…」

霞「その、背中合わせの関係ってやつ」
50: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:52:04.24 ID:LiQNbmuGo
漣「…霞ちゃんにとって、すごく辛いことになるかもしれないよ」

霞「そうかもね…」

霞「でも、あいつを好きな気持ちは、絶対に変わらないと思うから」

霞「だったら、あいつを、あいつと暁のこと、守っていきたい」

霞「あの二人を、あの二人の邪魔をするものから、守っていきたい」
51: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/15(土) 23:52:59.97 ID:LiQNbmuGo
漣「…そっか」

漣「それじゃあ、お願いしようかな」

霞「私達二人が組めば、空母にも戦艦にも、絶対に負けないわ」

霞「だから絶対、守ってみせる」

漣「ええ、霞ちゃん」

漣「二人で、守りましょう」
54: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:11:23.59 ID:CYGQmjzTo
~4年後

老元帥「ほっほ、いやー長かった戦争も、ようやく終わった」

老元帥「君の活躍のおかげだな、いや~若いのに君は素晴らしい」

提督「いえ、皆様の尽力があってこその勝利、そのような言葉、私にはもったいないです」

老元帥「ほっほ、そのような謙虚な姿勢もまた素晴らしい」

老元帥「いやーところでじゃな、この写真みてみい」ピラッ
55: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:14:18.68 ID:CYGQmjzTo
提督「写真ですか?…とても素敵な女性ですね」

老元帥「じゃろ?この娘、わしの孫」

提督「!そうなんですか」

老元帥「わしがのう、手塩にかけて育てた孫娘なんじゃ、わが孫ながらとても綺麗に女になったわい」

提督「写真から見てもわかります、元帥がどれだけ大事になされているか…」
56: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:16:27.92 ID:CYGQmjzTo
老元帥「…それでのう、孫もそろそろ結婚を考える年でなあ」

老元帥「わしとしては、それ相応の男じゃないと大事な孫をやる事は出来んのじゃ」

提督「…」

老元帥「そこでな、君、私の孫とお見合」提督「無理です」
57: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:17:13.35 ID:CYGQmjzTo
老元帥「…」

提督「…」

老元帥「孫とお見」提督「出来ません」
58: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:17:44.24 ID:CYGQmjzTo
老元帥「…」

提督「…」

老元帥「孫」提督「申し訳ありません」

老元帥「もういいわい!!」
59: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:18:44.61 ID:CYGQmjzTo
老元帥「も~なんじゃいなんじゃい、何が不満なんじゃい」

提督「いや、不満はありませんよ、写真を見るだけでも、気品漂う素敵な女性です」

老元帥「じゃあなんでじゃ~なんで断るんじゃ~」

提督「それは簡単です」
60: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:19:22.96 ID:CYGQmjzTo


提督「この女性以上に素敵なレディを、知っているからですよ」

61: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:20:17.83 ID:CYGQmjzTo
老元帥「素敵なレディ…のう」

提督「おっと、もうこんな時間か、申し訳ありません。私はこれより用事がありまして」

老元帥「い~わいい~わい、君をここに呼んだのも孫の見合い話持ち込むことが目的じゃったし」

老元帥「それが果たされぬ今、君がここにいる意味もないわい。さっさとでていけ」

提督「ご期待に沿えず申し訳ありせん。それでは」
62: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:23:23.28 ID:CYGQmjzTo
老元帥「…ちゃんと、しっかり捕まえておくんじゃぞ」

提督「!」

提督「…肝に銘じておきます」

ガチャッ

バタン

老元帥「…青春じゃの~」
63: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:24:56.46 ID:CYGQmjzTo
。。。。。。。。。。。。。。。。


天龍「あ~戦争終わって仕事も減ると思ったんだが…」

足柄「むしろ増えるなんてねえ」

不知火「戦争が終わっても、戦争の爪痕は残りますからね」

足柄「まあ結構派手にやってたからねえ、私達も深海側も」

不知火「その分、復興作業には時間がかかるでしょう」

女提督「だからこそ、あんたらの力がまだまだ必要だわ」
64: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:27:46.03 ID:CYGQmjzTo
不知火「司令、お疲れ様です」

女提督「おうお疲れ~」

天龍「な~ちょっと休ませてくれよ~疲れたぜ~」

霞「なによ、もうへばったの?だらしないったら」

天龍「俺はもともと戦い向きなんだよ~こういう地味な復興作業はなんつうかこう…モチベがな~」

加賀「復興作業も重要よ、しっかり働きなさい」

天龍「うえ~…つうか暁はどこ行ったんだよ、さぼりか?」
65: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:29:16.11 ID:CYGQmjzTo
漣「暁ちゃんは今日は休みです」

天龍「はあ?なんでだ…てあぁ、そういえば今日だっけ」

漣「そう、今日は約束の日」

霞「だからあの二人の邪魔するんじゃないわよあんたら、もししたら…」ギロッ

天龍「し、しねえよ!!」
66: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:32:27.42 ID:CYGQmjzTo
不知火「…もしかして、ふふ怖でしたか?」

天龍「こ、怖くねえよ!!」

女提督「さ、休憩終わり!働いた働いた!!」

天龍「お、鬼軍曹!!」

女提督「残念ながら、階級は大佐よ!鬼大佐とおよび!!」

天龍「どっちにしろ鬼じゃねえか!!」

女提督「うるさい!きりきり働く!!」
67: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:33:10.54 ID:CYGQmjzTo
不知火「天龍さん我儘言わずに行きますよ」

天龍「うえ~…」

漣「霞ちゃんも、いこ?」

霞「ええ…」

霞「…」

霞(…頑張ってね、暁)
68: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:52:50.27 ID:CYGQmjzTo
。。。。。。。。。。。。。

<港>

暁「…ふう」

暁(ついに、この日が来ちゃった)

暁(ここで、約束したんだよね)

暁(…髪、変になってないかな?)

暁(化粧も、大丈夫よね)

暁(落ち着いて、大丈夫…あの日から今日まで、ちゃんと、成長してきた)

暁(一人前のレディまで、あと一歩…)
69: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:53:25.94 ID:CYGQmjzTo
暁(落ち着いて、落ち着いて…深呼吸、深呼吸…)

暁「…」スゥー

暁「…」ハァー
70: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:54:41.62 ID:CYGQmjzTo
暁「…」スゥー

提督「吸ってー」

暁「…」スゥー

提督「吸ってー」

暁「……」スゥー

提督「吸ってー」

暁「………」スゥー

提督「吸ってー」

暁「パハァ!!はあはあ!!」
71: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:57:00.19 ID:CYGQmjzTo
暁「もういいわよ吸わなくて!!」クルッ

暁「って、あ…」

提督「お…」

暁「…」

提督「…」

暁「…」///

提督「…」///
72: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:57:47.18 ID:CYGQmjzTo
暁「…なんか言ってよ」

提督「あ、いや…な」

提督「お前、本当になったんだなって思って…」

提督「その、一人前の、素敵なレディってやつに」

暁「私も、ちょっと驚いてる」

暁「本当に、格好良く、なってるし…」
73: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 20:58:51.83 ID:CYGQmjzTo
提督「なあ、暁」

暁「何?」

提督「俺の事、好きか?」

暁「そりゃもう、ずっとずっと、好き」

提督「そっか」

暁「だから、安心して、伝えていいよ…」
74: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 21:02:08.77 ID:CYGQmjzTo
提督「…」

提督「…暁」

暁「…はい」

提督「俺は、暁の事が、大好きです」

提督「結婚、してください」
75: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 21:02:47.86 ID:CYGQmjzTo
暁「…はい」

暁「私も、あなたの事が、大好きです」

暁「結婚、してください」
76: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 21:04:00.90 ID:CYGQmjzTo
提督「…暁」スッ

暁「…」
77: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 21:05:43.33 ID:CYGQmjzTo
彼が、私に手を差し出す

なんだか、この光景、前にも見た気がする

ああ、初めてここに来た日だ

あなたと、仲直りの握手だっていって、手を繋いだとき

あの頃よりも、大きくて、ごつごつしてて…

"大人の男の人"って感じの手
78: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 21:06:57.58 ID:CYGQmjzTo
ギュッ

私が、彼の手を握り返す

なぜだろう、手を繋いだだけなのに
79: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 21:07:53.44 ID:CYGQmjzTo
暁「…司令官」

提督「ん、なんだよ?」

暁「司令官、これからはちゃ~んと、一人前のレディとして扱ってよね」

提督「ああ、そのつもりだよ」

暁「…うん」


あなたの事、もっと好きになりました
80: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 21:09:45.50 ID:CYGQmjzTo







暁「レディをちゃんとエスコートしてよね、あなた♪」ニコッ






81: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/16(日) 21:11:14.95 ID:CYGQmjzTo
終わり。

じゃあの
82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/17(月) 19:26:52.77 ID:GIxAS36KO

完結してくれて良かった……
83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/17(月) 21:53:58.81 ID:Kl6uLN1Vo
おうよ レディ育ててくるよ
じゃあの

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク