P「誓・え!誓・え!へい!」パンッ

1: ◆p3yuNM37DY 2014/11/18(火) 15:07:25.57 ID:KgzTzoIkO
やよい「あっ!プロデューサー!おはようござまーす!」

P「おぉ、おはよう、やよい」

P「今日少し肌寒いだろ?」

やよい「そうですね、もう少し厚い上着着た方がよかったかも……」

P「よしよし、今俺があったかいお茶を入れてやる」スクッ

やよい「あっ、わざわざプロデューサーが仕事を中断しなくても…私が入れますよ」

P「ははは、これくらいかまわないよ、ちょっと休憩するついでだよ」

P「ちょっと待っててくれよ」スタスタ

やよい「あっ……行っちゃいました……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416290845
2: ◆p3yuNM37DY 2014/11/18(火) 15:14:25.18 ID:KgzTzoIkO
3分後

P「はい、おまたせ」コトッ

やよい「ありがとうございます、プロデューサー」

P「さっ、遠慮せずにクイっと、ささっ」

やよい「は、はい……それじゃあ」ごくごく

やよい「……はぁ〜、あったまりますね〜!///」

P「うん……それで?」

やよい「え?それでって……?」

やよい「………あ、あれ?」ユラッ

やよい「ちょ……ちょっと、眠たくなって……きたかなー……って……」うつらうつら

やよい「うぅ……ばたんきゅぅ………」バタンッ

P「………………」

P「………やよいー?」つんつん

P「やよいー?やよいー?やよ……やよいー?」つんつんつんつんつんつん

P「やよっ………」ピタッ

P「……………………」





P「くっくっくっ……第一段階、クリア」

P「これで、俺の野望が叶うはず……」

P「くっくっくっ……」スクッ
3: ◆p3yuNM37DY 2014/11/18(火) 15:28:52.38 ID:KgzTzoIkO






やよい「……えへへ、もう食べらないよ〜……えへへ」Zzz

やよい「……あ、う、嘘です、食べさせてくださいぃ……うぅ〜……」Zzz

やよい「………はっ!」ガバッ

やよい「……ゆ、夢かぁ……」

やよい「……あれ?ここ、どこだろう?」キョロキョロ

やよい「すごく真っ暗……手探りでやっと歩けるくらい」

やよい「……あれ?さっき着てた服じゃない……」

やよい「よく見えなくて、わからないけど……感触でわかる」さわさわ

やよい「……ワンピースかなぁ?」




「おーい!やよいー!」



やよい「!!」

やよい「その声は……プロデューサーですか!?」



「そうだー!ちょっと、俺の方に来れるかー!?」

やよい「暗くて歩きにくいですけど……手探りでそっちに行きます」

やよい「んしょ……んしょ……」トコトコ

やよい「………そ、そろそろ着きますねー!」
5: ◆p3yuNM37DY 2014/11/18(火) 15:45:39.68 ID:KgzTzoIkO
「おーい!大丈夫かー?転けるなよー!」

やよい「は。はい〜……うんしょっ……」トコトコ

やよい「………つ、着きました!」

「お疲れ様、やよい」

やよい「は、はい……」ハァハァ

やよい「えっと……それで、あの、プロデューサー」

やよい「ここ、どこなんですか?」

やよい「真っ暗で、何も見えませんし……」

やよい「それに、私の服もさっきとは違………」






パッ!パッ!パッ!


やよい「!!」ビクッ!

やよい「あ、明かりが急に……眩しいです……」

やよい「え、えっと……ここは……?」

やよい「……どこかの……教会の……中?」






パパパパーン、パパパパーン、パパパパン、パパパパン、パパパパン、パパパパン!

やよい「えっ!?えっ!?」

やよい「な、なんですか!?この盛大な音楽……!?」

P「さ、やよい、ここに立って」

やよい「え……は、はい……?」トテトテ

神父「それでは、プロデューサーと、高槻やよいの結婚式を始めます」
6: ◆p3yuNM37DY 2014/11/18(火) 16:00:39.75 ID:KgzTzoIkO
やよい「プロデューサーと……私の……結婚式……?」

やよい「………え、えぇ!?///」

神父「では、誓いのキスを」

やよい「も、もうですか!?」

P「さ、やよい……んー」チュー

やよい「え!?え!?///」

やよい「あ、あの、あの!」


P「ん?どうしたんだ?やよい?」ムッチュー

やよい「こ、これって、何なんですか!?」

P「何って、誓いのキッスだよ」ベロベロチュー

やよい「そ、それじゃなくって!///」

やよい「わ、私と、プロデューサーの結婚式って……///」

P「………おいおい、やよい」

P「もう展開的にわかるだろ?」

やよい「え……?」

P「やよいはさっき、事務所でお茶を飲んで寝ただろ?」

やよい「……そ、そうですよね」

P「それで、今は謎の教会で、ウェディングドレスを着て結婚式をしている」

P「普通、ありえないだろ?」

やよい「……はい」

P「でも、ある事だったら、ありえたりするだろ?」

やよい「え……?ありえたりする、ある事って……?」

やよい「………………」


やよい「………あっ!」

やよい「もしかして、これって……」


やよい「夢、ですか!?」
7: ◆p3yuNM37DY 2014/11/18(火) 16:21:05.31 ID:KgzTzoIkO
P「そうだ、やよいは今夢の中なんだ」

やよい「そっか……そうですよね!」

やよい「急に結婚式を開いてるだなんて、ありえないですよね!」

P「さっ、せっかくの夢の中なんだ」

P「結婚式の経験をしても、バチは当たらないだろ?」

P「だからさ、ほら、ムホー」ムチュー

やよい「え……えっと」

やよい「じゃ、じゃあ、せっかくなんで……///」

やよい「んっ………///」

P(………………)

P(くっくっく……うまく騙せたようだな!)

P(名付けて、『やよいと夢の中で夢のキッス大作戦の巻』!)

P(やよいにこの現状を夢と錯覚させ……あぁ、夢だったらいいや、という心理状態にさせ)

P(そして、やよいと誓いのキスをする!)

P(そして、そのあと実は夢ないんだよ〜と言って、ドッキリ大成功の看板を出す!)

P(でも、やよいと俺は誓いのキスをしたから結婚は成立!)

P(余生はやよいとランデブー!)

P(完璧だ!隙がない!パーフェクトコミュニケーション!)

P(必要経費がかかり過ぎて、給料前借りしたせいで再来年まで給料はないが、やよいのキス代と思えば安い!)

やよい「ぷ、プロデューサー……まだ、ですか?///」ンー

P(おぉ、悪い悪い、待たせたな)「ぬひゃひゃ、ついにやよいとキッスをする時が……!」

神父「逆ですよ」

P「じゃあ、キス……するぜぇ……」ムチュー

やよい「は、はい……///」ドキドキ





「待てぇ!!!!」
8: ◆p3yuNM37DY 2014/11/18(火) 16:34:33.25 ID:KgzTzoIkO
やよい「!?」ビクッ!

P「だ、誰だ!?」

響「やよい、プロデューサーから離れるんだ!」ドーン

やよい「ひ、響さん!」

P「響……なんでこの場所がわかった!?」

響「プロデューサーが『探さないでください』って書き置きして地図も書いてたから」

P「バカッ!ちゃんと書き置きの裏に17時には帰るって書いてただろうが!」

響「それより、やよい!騙されちゃダメだぞ!」

響「これは夢なんかじゃない!現実だぞ!」

やよい「え……?」

響「誓いのキスなんてしたら、きっと因縁つけられて本当に結婚するようになっちゃうぞ!」

P「そんなわけないだろ!」ピンポーン

やよい「えっと……あの……?」アセアセ

やよい「……う、うぅ〜……よくわかんないです……」

P(やばい……やよいが混乱している……!)

P(くっ……だったら!とっておきの、ありったけを!)

P「………やよい」

やよい「は、はい?」

P「……これが夢かどうかを信じるのは、やよいが決めていい」

やよい「……え?」

響「な、なんだ……?急にどうしたんだ……?」

P「……でもな、やよい、この結婚式はな……」







P「多額のお金をつぎ込んで、やっと開いた結婚式なのは事実だ」

やよい「…………え?」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/18(火) 16:50:54.17 ID:XK4NFgJ70
清々しいまでのクズでわろた
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/18(火) 20:00:22.11 ID:MCcjjiRdO
再来年まで給料無しって……何故そこまで……
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/18(火) 20:12:49.41 ID:6L6rZnCDO
この作戦がうまく行けば確かにやよいと結婚できて一緒に暮らせてやって行けるがもし失敗した場合再来年までどうやって生き繋ぐのか…
12: ◆p3yuNM37DY 2014/11/18(火) 16:57:17.28 ID:KgzTzoIkO
響「な、何を言ってるんだ!それがどうした!」

P「多額の費用で形成されたこの結婚式……」

P「それを、中止するつもりかい?やよい?」グイッ

やよい「多額の……費用……」

響「や、やよい!」

響(まずいぞ……やよいは、この手の話には敏感なんだ……)

P「この教会を借りた費用……」

やよい「レンタル代……」ピクッ

P「やよいのサイズにピッタリな特注のウェディングドレスの費用……」

やよい「ドレス代……」ピクッ

P「さっき演奏してもらったパパパパーンの演奏依頼の費用……」

やよい「演奏代……」ピクッ

P「普段はG.D.st刑務所の教誨師をしている神父の人件費……」

やよい「神父代……」ピクッ

P「その多額の費用がかかったこの結婚式を……」

P「やよいは、中止する気かい?」

やよい「……………」

響「や、やよい!騙されちゃダメだ!こっちに来るんだ!」

やよい「……………」

やよい「…………………」

やよい「…………………………」

やよい「……プロデューサー」

P「ん?」





やよい「続き……しましょうか」

P「がってんでい!」

響「や、やよいぃ!」
13: ◆p3yuNM37DY 2014/11/18(火) 17:16:31.14 ID:KgzTzoIkO
P「さっ!神父!」パチンッ

神父「それでは、誓いのキスを」

P「OK!」

P「さっ!やよい!」チュー

やよい「は、はい……んっ///」

響「だ、ダメだ!ダメだぞぉ!やよいぃ!」

響「誰か!誰か助けてぇーーー!!」うぎゃー






伊織「新道、頭いきなさい、頭」

新道「不吉を…届けに来たぜ」ピュンッ





P「んーーー………」チクッ

P「………うっ!」

やよい「……ぷ、プロデューサー?」

P「……………」

P「」バタッ

やよい「プロデューサー!?」

響「今、プロデューサーの頭に何か刺さったぞ……」

P「私は……間違っていなかった…」ピクピク

P「が……ま……」ガクッ

やよい「ぷ、プロデューサー!」

響「………た、助かった……のか?」





伊織「さっ、帰るわよ、新道」クルッ

新道「あい」
14: ◆p3yuNM37DY 2014/11/18(火) 17:30:52.16 ID:KgzTzoIkO
数日後

P「前はまんまとやられてしまったな……」

P「しかし、前の反省点を生かし、新しい完璧な作戦が出来たぞ!」

P「前は、式場やら、演奏やらと無駄に費用をかけすぎた……」

P「やよいと誓いのキスをするのに必要なのは神父くらいだよな」

P「だから、次の作戦は神父と騙す小道具だけをつかう、低予算大作戦だ!」

P「ナイス、コストパフォーマンス!」

P「では、早速作戦を実行するぞ!」

P「まずは書き置きをして……と」カキカキ

P「……よし!あとは、やよいがこれを見て来るのを待つだけだ!」

P「ふふふ、待ってるぞ、やよい」タタタ…
16: ◆p3yuNM37DY 2014/11/18(火) 17:53:05.52 ID:MltbMLJP0



P「…………………」


P「……おかしいな」

P「占い屋に変装してからもう2時間、やよいが来ないぞ……」

P「ちゃんと『占い屋オープン!高槻やよいは無料!今すぐ占われろ!』の宣伝チラシを書き置きしたはず……(地図入り)」

P「……まさか、作戦がバレたか?」

P「……いや、やよいは『無料』って言葉に弱いもんな」

P「スマホのソシャゲを見て、『無料でゲームが出来るだなんて、すっごくお得ですね!』って満面の笑みで言ってたし……」

P「絶対来ると思ったのになぁ……」

P「……このまま、やよいが来なかったら失敗だよな……この作戦」

P「マジかよ……すごく困るんだけど、それ」

P「せっかくの俺の作戦が……!」
17: ◆p3yuNM37DY 2014/11/18(火) 18:06:08.39 ID:MltbMLJP0
ーーーPの作戦内容ーーー

やよい「あの、ここで無料で占ってくれるって……」スタスタ

P(変装中)「よく来ましたね……どうぞ、お座りください」

やよい「は、はい……」ストンッ

P「では、占いますね……エロイムエッサイム、エロイムエッサイム……」

やよい「…………」ドキドキ

P「………ムッ!!水晶玉に、そなたの未来が見えましたぞ!!」

やよい「ほ、本当ですか!?」

P「えぇ、ではこの中から好きなタロットカードを選んでください」スッ

やよい「えっ!?は、はい……」

やよい「じゃあ、これを……」スッ

P「………!!」

P「こ、これはぁ……!!」

やよい「ど、どうしました……?」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/18(火) 18:06:55.73 ID:P4DOkvcBo
狡猾やでぇ(褒め言葉)
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/18(火) 18:45:21.98 ID:6L6rZnCDO
このPやられてもただでは起きないな…
21: ◆p3yuNM37DY 2014/11/18(火) 19:47:46.91 ID:MltbMLJP0
P「あなたの近くに……運命の人がおられます!」

やよい「う、運命の人って……あずささんがよく言ってる……///」

やよい「それで、その運命の人って……誰なんですか?」

P「それは、私です」パサッ

やよい「え……あ、あれ!?プロデューサー!?」

やよい「マスクつけてたから、気づかなかったです……」

P「というわけで、へい!神父!」パチンッ

神父「それでは、これよりプロデューサーと、高槻やよいの結婚式を始めます」

やよい「え!?え!?」

神父「では、誓いのキスを」

P「マウストゥーマウストゥーマウスだぜ、やよい……」ブッチュー

やよい「ぷ、プロデューサー!待ってください!///」

やよい「お、おかしいですよ!やっぱり!」

P「え?何でだ?」

やよい「だって、占い師はプロデューサーだったんですし……」

やよい「さっきの占いは違うって事になるんじゃ……?」

P「占い師だった俺が、プロデューサーは運命の人って言ってるんだからおかしくないだろ?」

P「プロデューサーは、運命の人だから結婚しないといけないの、ね?占い師の俺が言うんだぜ?」

やよい「え……あの……うぅ?」

P「とにかく、誓いのキスや、キス!」

P「いくでぇ!!」バッ

やよい「あっ……///」



テレンテテテンテテン


ーーーPの作戦内容終了ーーー
24: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 08:04:54.33 ID:23UahBoPO
P「ここまで完璧な作戦だったはず……」

P「だのに、やよいが占いに来ないなんて……計算外だった」

P「くそっ……いたしかたあるまい……また別の作戦でも……」スクッ

???「あ……あの〜……」

P「!?」

P「やよちゃん!?」くるっ









小鳥「ちょ、ちょっと恋愛運と、今後の将来について占って欲しいんですが……」

P「お前かーーーーーーーーーい!」ズッコー!

25: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 08:41:40.27 ID:23UahBoPO
小鳥(うわ……リアクションが同世代)

P(くそっ!何でだよ!何で賞味期限ギリギリみたいなやつが来てるんだよ!)

P(ちゃんと、やよいを惹きつけるような書き置きチラシを書いたはずなのに……)

小鳥「あ、あの、これを見て来たんですけど……」ペラッ

P(お前のせいかーーーーーーーーーい!)つるセコー

小鳥「もうあたし……占いに頼るしかないんです!」

小鳥「お願いです!どうか、素敵な旦那様を!玉の輿なんて高望みはしません!」

小鳥「あたしにはもう、時間がないんです!」

P(結婚相談所いけや……)

P「あー、はいはい、わかりましたわかりました」ポリポリ

P「じゃ、ちょちょいのちょいで占うで」キュキュッ

小鳥「よ、よろしくお願いします……!」ペコッ
26: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 08:52:56.05 ID:23UahBoPO
P「はい出ました、あなたは一人で強く生きていけるでしょう、終わり」

小鳥「ピヨォッ!?」ガーン

P「ほら、占い料30円払って、チラシを高槻やよいに見せに帰れ帰れ」しっしっ

小鳥「ま、待ってくださいよ!」

小鳥「それじゃ、独身宣告されたことじゃ……」

P「うるせぇ!さっさと帰らないと世界中の男がホムォに見える呪いかけっぞ!」

小鳥「ぴ、ぴよっ!?なんてご褒美……じゃなくて!」

小鳥「こ、こんな占い、あたしは信じませんからね!」スッ

P「あっ!タロットカードを……!」

小鳥「独身八つ当たり投げ!」ビュンッ

P「痛っ!投げて来やがった!一本!」

小鳥「うわぁーーーーーーん!あたしの彼氏は永遠に薄っぺらいのねーーー!」タタタ…






P「くそっ……走り去って行きやがった……」

P「……あ、30円は置いてってるのか」

P「はぁ……タロットカードをこんなにバラバラにして行きやがって……」ヒョイッヒョイッ
27: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 09:14:16.77 ID:23UahBoPO
P「……ん?机の上に1枚、タロットカードが……」ヒョイッ

P「………………」

P「……恋人(The Lovers)……か」

P「……俺は、やよいと本当に結婚出来るのだろうか……」

P「俺が誰かに占って欲しいくらいだよ……はぁ」

???「えっと……あ、あの」

P「ん?はい?」くるっ






やよい「あ……あの、ちょっといいですか?」

P「!!」

P(えっ!?嘘!?本当に来た!?)
28: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 09:48:08.32 ID:1uzK00tHO
やよい「あの……占いって、相談も出来るって聞いたんですけど……」

やよい「相談して大丈夫ですか?」

P「えぇ!えぇ!かまいやせんよ!」

P「小さい事から大きい事まで、家庭相談、結婚相談なんでも来いですよ!カモンッ!」

やよい「じゃ、じゃあ、あの……」

やよい「……私、その…ペットとく…ペットを飼いたくて……」

P「……ペット?」

やよい「はい……私に懐いちゃいまして」

やよい「家で飼えないって言っても懐いてきちゃいまして…」

やよい「だから、お母さんに飼っていいか相談したんですけど……やっぱりダメだって言われて」

やよい「それで、ウチでは飼えないって伝えたいんですが……」

やよい「でも、それを伝えたら落ち込んじゃうと思って……」

やよい「私……なんて言って伝えるのがいいかわからなくって……」

P「…………」
29: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 11:06:35.81 ID:f/PHHwIxO
P(やよい……)

P(やよいはやっぱり、天使だな……)

P(拾った動物に気を遣うなんてな……)

P(普通、そんな事を考えるやつなんて殆どいないぞ)

P「やよい……」

やよい「は、はい」

P「大丈夫、大丈夫だよ」なでなで

やよい「はわっ……!///」

P「その気持ちが、大切なんだ」なでなで

P「やよいがそう思って伝えたら、気持ちもちゃんと伝わるさ」なでなで

P「だから、ちゃんと伝えるんだよ?」なでなで

やよい「占い師さん……」

やよい「……わからはました!私、ちゃんと伝えて来ますね!」

やよい「今日は、ありがとうございました!」

P「いやいや、なんのその」

やよい「それで、料金の方って……」

P「え?いや、やよいは無料ってチラシ書いてたじゃないか?」

やよい「チラシ……ですか?」

P「だって、それを見て来たんだろ?」

やよい「あの、私はたまたま通りかかって見かけたから、相談しに来たんですけど……」


P(あ、完全に書き置きが無駄だったパターンだ)
31: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 11:28:03.98 ID:f/PHHwIxO
P「はぁ……いいよ、相談は無料で」

やよい「えっ!?い、いいんですか!?」

P「あぁ、君のエンジェルっぷりに免じて無料にするよ」

P「それより、早く伝えにいってやりなさい」

やよい「は……はい!」

やよい「あの、本当にありがとうございました!」タタタ…






P「……行ってしまった」

P「……やよい」

P「やよいの想い……伝わるといいな……」

P「………………」

P「よし!次の作戦考えるか!」パンッ

P「さてと、片付けしないと」ガサゴソ

P「今回は、やよいに行動を任せ過ぎたのがダメだったよな〜」ガサゴソ

P「次は、ちゃんとした作戦で誓いのキッスを……!」ガサゴソ

神父「……あの」

P「あ、ごめん、もう帰っていいよ」ガサゴソ

神父「……時は加速する」スタスタ


P「さて……次の作戦はどうしよっかな〜……」ガサゴソ

P「出来れば、協力してくれる仲間が欲しいんだよなぁ……」ガサゴソ

P「………ん?仲間?」ピタッ

P「………………」

P「……閃いた」ティン
32: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 11:57:03.01 ID:f/PHHwIxO
事務所


やよい「ただいま戻りました〜!」

やよい「……あれ?誰もいませんか〜?」

??「ワン!ワン!」

やよい「あ!いた!」

やよい「待たせてごめんね!」

??「くぅ〜ん、くぅ〜ん」スリスリ

やよい「よしよし、いい子いい子」なでなで

??「はっはっはっはっ!」フリフリ

やよい「……それでね、あのね」

やよい「昨日、お母さんに相談したんだけどね」

やよい「やっぱり、千早さんが私の家で一緒に暮らすのはダメだって……」

千早「くぅん……」

やよい「ごめんね?私も本当は一緒暮らしてあげたんだけど……」

千早「……ワン!ワン!」ペロペロ

やよい「きゃっ!く、くすぐったいですよ〜!千早さん!///」

やよい「……本当にごめんね?自分を飼って欲しいって言ってくれたのに……」

千早「いいえ、かまわないのよ、高槻さん」ペロペロ

千早「私も無理言って、ごめんなさいね」ペロペロ

やよい「千早さん……」

33: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 11:58:14.02 ID:f/PHHwIxO
千早「今日はもう日が暮れてきたわね……早く帰った方がいいわ」

やよい「そうですね……じゃあ先に帰りますね」

やよい「お疲れ様です!千早さん!」タタタ…

千早「えぇ」






バタンッ

千早「……………」

千早「犬になって、高槻さんに飼ってもらう作戦は失敗したようね……」

千早「高槻さんの側にいれば、守りやすくなると思ったけど……」

千早「お母さんが言うんじゃ、仕方ないわね……」

千早「……でも、私は……守ってみせる」

千早「プロデューサーの悪の手から……高槻さんを!」
36: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 13:31:10.32 ID:f/PHHwIxO
次の日

伊織「今日は久々の休日ね……」

伊織「忙しいアイドル業を少し忘れて、今日はゆっくりするわ」

新堂「了解しました、お嬢様」

伊織「……そういえば、前にいたあいつ誰なの?」

新堂「あいつ……とは?」

伊織「ほら、漢字は違うけど新堂と同じ名前の……」

新堂「いえ、存じ上げませんが……」

伊織「……そう」





ピンポーン

伊織「…あら?誰かしら?」

新堂「見に行ってみます」スタスタ

38: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 13:51:35.81 ID:f/PHHwIxO
伊織「……あ、戻ってきた……」

伊織「誰だったの?」

新堂「……郵便の配達でした」

伊織「あら、何か手紙でも来たの?」

新堂「はい、差出人はプロデューサー殿……」

伊織「あいつ?」

伊織「何よ……用事があるならメールか電話をくれたらいいのに」

新堂「……そ、それと」

伊織「…それと?」







新堂「……高槻やよい様から……」

伊織「……やよい!?」

新堂「お二人から、結婚式の招待状が……」

伊織「」
39: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 14:09:12.01 ID:f/PHHwIxO
伊織「な、なんでプロデューサーとやよいから招待状なんて来るのよ!?」

新堂「『結婚しました』の文と、お二人の写真が……」

伊織「見せて!」パシッ

伊織「……な、なによこれ……」

伊織「この写真、どう見ても合成写真じゃないの!」

伊織「素人が作りました感が滲み出てるわ!」

伊織「ふざけないで!」ビリッ

伊織「新堂、あいつの家に行くわよ!ギッタギタにしてやるんだから!!」

新堂「た、多分、プロデューサー殿は家にいないかと……」

伊織「え?な、なんでそんな事がわかるのよ……?」

新堂「いえ、あの……お二人の招待状の内容に……」







新堂「式は今日と書かれていたので……」

伊織「」
40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 14:25:01.28 ID:cpLPlBjDO
今日ってwwww
41: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 16:34:30.96 ID:tprQzzknO
伊織「きょ、今日!?招待状来ていきなり!?出席欠席関係無し!?」

新堂「場所は、961プロ本社を借りてやるとかなんとか……」

伊織「じ、時間は!?」

新堂「正午、12時に……」

伊織「………」チラッ

『AM 11:50』

伊織「……でちょぉぉぉぉぉぉぉぉん!?」

伊織「し、新堂!車!車出して!飛ぶわよ!水圧に気を付けて!早く!」

新堂「お、落ち着いてください、お嬢様……」

伊織「いいから早く!やよいの純白がドス黒い何かに染まってしまうわ!」バタバタ
42: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 16:54:03.07 ID:tprQzzknO
5ふンゴ

キキーッ

新堂「何とか、5分で961プロ本社に着きましたよ」

伊織「ありがとう、新堂!そこで待ってて!」タタタ…

千早「水瀬さん!」タタタ…

伊織「千早!」

千早「招待状、見た?」

伊織「えぇ…あいつ、本当に懲りないわね!会った瞬間、下腿を蹴り続けてやるわ!」

千早「早く止めないと、取り返しのつかないことになるわ!行きましょう!」

伊織「えぇ!」

響「おぉ〜い!」タタタ…

伊織「響!」

響「招待状……」

伊織「そのやり取りはもうしたわよ!早く行くわよ!」

千早「そうよ、我那覇さん!」

響「え……う、うん?」





伊織「中に入ったのはいいけど……何階で開いてるのかしら?」

千早「受付で聞いてみるしかないわね……あの、すみません」

受付嬢「いらっしゃいませ」ペコッ

響「うちのやよいとプロデューサーが結婚式の招待状をくれたんだけど……酷い合成写真付きの」

受付嬢「765プロの関係者でしょうか?お待ちしておりました」

伊織「え?」
43: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 17:04:41.76 ID:tprQzzknO
受付嬢「こちらへどうぞ」スタスタ

伊織「ま、待ってたって……どういう事?」

響「プロデューサーだったら、自分達が邪魔すると思って門前払いするはずだよね……」

千早「……とにかく、場所がわからない以上、ついて行くしかないわ」スタスタ







受付嬢「こちらの部屋でお待ちくださいませ」ポチッ

ガチャッ

伊織「ここは……何の部屋?」スタスタ

響「ここで、結婚式をするのか?」スタスタ

千早「高槻さん、いるの?いたら私の元に来てちょうだい!ルールルルー」スタスタ

???「……だめ!!部屋を出て!!」

伊織「えっ!?」ビクッ

響「だ、誰だ!?」キョロキョロ

千早「それより、部屋を出てってってって……?」







ガシャァンッ!!!!

伊織・響・千早「「「!!!??」」」

44: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 17:15:57.77 ID:tprQzzknO
千早「な、何!?(胸は関係無い)今の大きな音!?」

伊織「……あぁっ!?」

響「どうした!?」

伊織「さっき入ってきたドアに、鉄格子が……!」

響「うえぇえ!?」

千早「このトラップ……まさか!?」







P『おやおや、馴染みの顔がお揃いで……フォフォフォフォフォ』ウィーン

響「上から降りてくる大型テレビに、プロデューサーが!」

伊織「テレビ越しに話しかけないで、直接出て来なさいよ!」

千早(首に猫巻いてるわ……)

P『ふふふふふ……ふははははは……』

P『……ちょっと待って、なに言うか忘れた』

P『………あ、まんまと罠に引っかかったようだねぇ』

千早「くっ……!」

響「こらぁ!ここから出せぇ!プロデューサー!」

伊織「それより、やよいは!?やよいは無事なの!?」


P『やよいは無事だよ……この通りね』

やよい『あっ!伊織ちゃん!』

伊織「や、やよい!」
45: ◆p3yuNM37DY 2014/11/19(水) 17:32:03.36 ID:tprQzzknO
伊織「大丈夫!?その物体に変な事されてない!?」

やよい『大丈夫だよ、伊織ちゃん!』

やよい『それより、私のプロモーション撮影を見に来てくれてありがとう!』

伊織「……え?」

千早「プロモーション……撮影……?」

響「どういう事……それ?」

やよい『え?あの……プロデューサーが、今日はプロモーション撮影をするからって…』

やよい『それで、撮影する時に伊織ちゃん達が顔を見せに来るって……プロデューサーが……』


伊織「………なるほどね」

伊織「やよい!そいつから離れなさい!あんたは騙されてるの!」

やよい『え……え……?』

P『なで身』なでっ

やよい『はわぁっ……!///』バタンッ

響「や、やよいぃ!」

千早「高槻さんが倒れた……!」

P『安心しな、ちょいと寝かせてるだけだ』

伊織「あんたが近くにいる限り、安心なんて出来ないわよ……!」

P『ふふふ……今の私は、強力な助っ人が二つもいるのだよ』

響「協力な……助っ人……?」

伊織「……それって、まず一つはこの961プロかしら?」

P『ジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ……』

P『ジャン!』

P『正解〜!!』

千早「そういうの要らないです」

P『今私は、この961プロの実権を握っていると言っても過言ではないのだよ?』

P『ねぇ?黒井社長?』クルッ
46: ◆p3yuNM37DY 2014/11/20(木) 11:58:12.19 ID:tyifxIuuO
黒井『……うぅ………』

響「く、黒井社長!」

千早「おかしいわ……なんだかいつもと様子が違う……」

P『おらぁ!ハッキリ返事せぇや!』ピシャッ

黒井『ヒィっ!』ビクッ

黒井『す、すみません……私は白いです……はい……』グスッ

伊織「し、白……?」

響「あぁ!よく見たら黒井社長……」

響「服も髪も肌も、全部真っ白だぞ!」

P『ふふふ……ご覧の通りだよ……どうだい?彼のこの醜い姿は?』

黒井『はい……私はホワイトです……ホワイト将軍なのです……』グスッ

千早「完全に支配されてるわ……」

伊織「……まぁ、そいつが支配されたのはわかったわ」

伊織「それで、もう一つの助っ人って……?」

黒井『私は……ホワイトです……ホワイトジャックなんです……』グスッ

響「社長ちょっと黙ってて」

P『ふふ……もう一つの助っ人とは……』

P『こちらだ』パチンッ
48: ◆p3yuNM37DY 2014/11/20(木) 12:51:52.42 ID:tyifxIuuO
パッ


伊織「……こ、これは?」

千早「式場の映像……?沢山の人が席について待機してるわ……」

響「あぁ!876プロのみんながいるぞ!」

千早「他にも、ジュピターも、CGプロも、ミリオンも、オーバーランクも、魔王エンジェルも、新幹線の子達も、高槻さんの親戚の方々、友人や知り合いも……!」


響「あぁっ!765プロの皆もいるぞ!貴音がウェディングケーキ眺めてる!」

伊織「全員あの招待状に騙されたの……!?」

千早「まさか……もう一つの助っ人って……!」

P『ふふふ……そうだ』

P『ここにいる、全員が私とやよいを祝福してくれる助っ人達さ』

千早「くっ……!数に頼ったのね!」

響「あぁ!貴音がウェディングケーキつまみ食いしてる!」

P『ふふふ……君達が止めに入ったり、真実を伝えようとしても』

P『この結婚おめでとうムードの中じゃ、誰も耳を貸さずに君達を妨害者と見るだろうね』

P『きっと、誰も信じてくれないだろうねぇ……くくく』

伊織「な……なんて、卑劣なの!」

響「た、貴音ぇ!それ以上つまみ食いしたらケーキが倒れちゃうぅ!」
49: ◆p3yuNM37DY 2014/11/20(木) 13:12:09.67 ID:tyifxIuuO
P『くっくっくっ……それでは、やよいと私は誓いのキスをブチュッとしてくるよ』スクッ

伊織「あっ!ま、待ちなさいよ!ここから出しなさい!」

P『あぁ、誓いのキスが終わったらね……ふふふふふ』

千早「こ、この!放送禁止用語発する時の音め!」

P『なんとでも言うがいいさ、よいしょっ』スッ

響「あぁ!やよいを持ち上げた!」

P『おぉ……やよいの肌が俺の顔の近くに……スリスリしたいぁ……』プルプル

伊織「やめなさい!このど低脳がぁ!」

千早「やりそうでやらないの、やめなさい!」

P『ふふふ……このテレビには、式場の様子は流しておくさ』

P『俺とやよいのキッス姿を、その目に焼き付けるといいさ!』

P『フフフ……フハハハハ……』

P『ハーッハ……』

パッ

伊織「あっ、式場の映像……」

千早「絶対映し変えるタイミング間違えたわよね今」

響「貴音……ケーキ完食してるぞ……」
50: ◆p3yuNM37DY 2014/11/20(木) 13:18:11.53 ID:tyifxIuuO
千早「くっ……なんて事なの……どうやってプロデューサーを止めたらいいの……!?」

響「……あ、そういえば」

伊織「何よ?」

響「ここに入る時に声をかけて来た人って……誰だ?」

伊織「……そういえば、そんな声したわね」

千早「あの!誰かここにいるんですか!?居たら返事ください!!」

??「は…….はぁ〜い、どうも〜……」

響「その名前覚えて欲しい芸人みたいな登場は……」クルッ







春香「や、やぁ、みんな……」

伊織・千早・響「「「春香!!」」」

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 13:34:59.61 ID:6xkzVy4aO
お姫ちんwwwwww
52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/20(木) 13:45:36.39 ID:BAzh8uFDO
あのわずかな時間で食べるなんてさすが貴音
53: ◆p3yuNM37DY 2014/11/20(木) 14:48:12.41 ID:bmYUTtzaO
伊織「な、なんであんたがここに……!」

千早(敬語使って話しちゃったわ……)

春香「えっとね……」

春香「朝、私が主役のドラマ撮影の顔合わせがあるからここに来いって電話で言われて…」

ーーー
ーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー

春香「やりました!主役ですよ、主役!わっほい!」

春香「それで、961プロの来たのはいいけど……どこに行けばいいのかなぁ?」

春香「受付で話したら大丈夫ってプロデューサーさんは言ってたけど……本当かなぁ?」

春香「とにかく、話しかけて……あ、あの〜?」

受付嬢「あ、その両刀リボンは、天海春香様ですね?」

春香「はい…それであの、私が『主役』のドラマ撮影の顔合わせがここであるって……」

受付嬢「はい、こちらになりますよ」スタスタ

春香「えへへ……楽しみだなぁ」スタスタ







受付嬢「こちらの部屋でお待ちください」ガチャッ

春香「この部屋……ですか?」スタスタ

春香「あの、他の人はまだ……」クルッ

ガシャァンッ!!!!!!

春香「え?」

受付嬢「鉄格子に異常はありません、実験は成功です、P様」スタスタ

春香「ちょ、ちょっと!どこ行くんですか!?」

春香「主役なんですよ!?主役ーーーーーーーーー!!!」


ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー
54: ◆p3yuNM37DY 2014/11/20(木) 15:26:15.88 ID:bmYUTtzaO
春香「何てことがあっちゃいまして……えへへ///」

伊織「ようは、実験体ね」

響「なぁんだ」

千早「それより、どうやってここから出ましょうか……」

伊織「窓も何もないわね……完全に密室状態だわ……」





『それでは、新郎新婦のご入場です!』

伊織・千早・響「「「!!!」」」

P『いやぁ〜、どうもどうもどぅふふ』

やよい『す、凄いプロモーション撮影ですね!私の知ってる人達が沢山います!』

『ワーワー!オメデトー!』

『幸せになれよー!』

『結婚しても、うちの店で野菜買ってくれよー!安くするからさー!』

『おめでとうございまーーーーーーす!!!!』

『ヒゥッ!』ビクッ

『こ、声が大きいよ、愛ちゃん……』

『2人ならば恋を始めろよー!』

『おめチャオ☆』

『お兄さん、お幸せにー!』

『I don't wanna ever lose again決めた自分の意志を貫いて今この瞬間 to light up my way!!』




春香「……え?何で結婚式やってんの、コレ?」

伊織「話聞いてなかったの……あんた……」

春香「いや、さっきまで便所行ってたし……」

響「トイレはあるんだ……ここ……」

千早「くっ……完全に結婚しちゃうムードね、これ」
55: ◆p3yuNM37DY 2014/11/20(木) 15:37:57.77 ID:bmYUTtzaO
『それでは早速、神父による誓いの言葉!』

神父『その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲……』

P『あー、あー、そういうのいいから、早く誓いのキスキス!レロレロさせろや!』

神父『では、誓いのキスを…』

P『さっ、やよい……』ガシッ

伊織「あっ!あいつ、やよいの両肩を鷲掴みしてるわ……!」

千早「くっ!なんてうらやまけしからんのかしら!変われ!」

P『さぁ……誓いのキスをしよう……ンムチューレロレロンホンホピーヒョロロ……』ムチュー

響「や、やばいぞ!あと数センチで唇と唇が……!」

ジャー……

春香「……ふぅ、スッキリしたー」

伊織「なんでこんな時に糞なんてしてんのよ!」

千早「さっき出したはずでしょ!」

春香「さっきは女の子の日だったからだよ」フキフキ

響「あぁ……誰かぁ!やよいを助けてあげてぇぇぇぇぇぇ!!」

春香「響、ナプキン持ってない?」
57: ◆p3yuNM37DY 2014/11/20(木) 15:49:24.91 ID:bmYUTtzaO
式場

P「さっ、やよいも唇を突き出して!さっ!さっ!さっ!」チュー

やよい「……あ、あの、プロデューサー?」

P「ん?なんだい?ベロは勿論入れ……」チュー

やよい「これって、本当にプロモーション撮影なんですか?」

P「えっ……?」ビクッ

やよい「監督さんも、スタッフさんもいませんし……」

やよい「それに、アイドルじゃない私の知り合いの人達もいますし……」

やよい「もしかして、これって本当に結婚式なんじゃ……」

P「……………あぁ」

P「そうだよ!結婚式なんだよ!これは!」

P「全部俺が仕込んだことさ!」

P「俺がやよいと誓いのキスをすれば、やよいと結婚出来ると思ったからしたことだ!」

P「今日までずっと、やよいとキスするためだけに生きてきた!」

P「そしてついに!!やよいと誓いのキスが出来る時が来たのだ!!」

P「どうだ!?驚いたか!?まいったか!?」

やよい「………………」

P「だがなぁ、やよいが嫌がっても、この雰囲気をぶち壊すことは……」

やよい「……いい……ですよ」

P「………え?」

やよい「私……プロデューサーとなら……」

やよい「……本当に結婚しても、いい、ですよ?///」

P「」

58: ◆p3yuNM37DY 2014/11/20(木) 16:01:32.47 ID:bmYUTtzaO
P「……え?は?な、なんで?え?」

やよい「プロデューサーは…いつも、私の事を考えてくれてるから……///」

やよい「前も、ペットの相談にも乗ってくれて……私の頭も、なでなでなでしてくれましたし……///」

P「えぇ!?ば、バレてたの!?あの占い師の変装!?」

やよい「胸の所に、名札が付いてたので……」

P「Shit!」

やよい「ですから……私……」

やよい「まだ、結婚生活とか、主婦ってどんなのかよくわからないですけど……」

やよい「私がプロデューサーと結婚したい気持ちは、わかります!」

やよい「私、プロデューサーとなら本当に結婚してもいいです!///」にこっ


P「」

P「」







P「」






ーーーその時

ーーープロデューサーの頭の中では

ーーー今までの自分の経歴が

ーーー走馬灯の様に駆け巡っていた
59: ◆p3yuNM37DY 2014/11/20(木) 16:10:04.77 ID:bmYUTtzaO
ーーーーーーーーーーーー
幼年期

P「パパ〜!ママ〜!僕、大きくなったらデュエリストになるんだぁ〜!」


ーーーーーーーーーーーー
小学生

P「へへっ!今日もキングオブデュエリストを目指して、デュエルだ!」


ーーーーーーーーーーーー
中学生

P「ふん、貴様らが俺を馬鹿に出来るのは今のうちだ……見ていろ、キングオブデュエリストになる俺の勇姿をなぁ」


ーーーーーーーーーーーー
高校生

P「だから!俺はキングオブデュエリストになるって進路調査に書いたろ!なんで親を呼んで三者面談なんだよ!先生!」



ーーーーーーーーーーーー
大学生


P「うえぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜いwwwwwwwwwwwwwwwwww」


ーーーーーーーーーーーー
社会人


P「母ちゃん、俺プロデューサーになるわ」


ーーーーーーーーーーーー
61: ◆p3yuNM37DY 2014/11/20(木) 16:51:20.27 ID:bmYUTtzaO
ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー


P「…………」

やよい「じゃ、じゃあ、あの……プロデューサー」

やよい「誓いの……キス……しましょうか……///」

P「………………」

P「……いや」

P「やめよう、やよい」

やよい「………え?」

P「………俺は……大馬鹿野郎だよ」

P「やよいにちゃんと気持ちを確認せずに、無理矢理結婚式なんて開いてさ……」

やよい「プロデューサー……」

P「……ごめん、やよい」

P「もう少し、待ってくれないか?」

P「俺が、敏腕プロデューサーになったその時……」

P「また、お前に告白する」

P「その時まで結婚するの……待ってくれるか?」

やよい「…………はい!」

やよい「私、待ちます!ずっと!ずーーーーっと!」

やよい「だから、早くなって結婚してくださいね……?プロデューサー!」

P「あぁ!」


神父「………あの」

P「ん?」

神父「……誓いのキスは?」

P「え?いまの聞いてたろ?今日の結婚式は中止だよ、中止」

P「だから、あんたはもう帰って……」

神父「………ふざけるなぁっっっ!!」

P・やよい「「!?」」ビクッ!
62: ◆p3yuNM37DY 2014/11/20(木) 17:07:08.16 ID:bmYUTtzaO
神父「貴様らは、何回私を呼び付けて帰らせれば気が済むのだッ!!??オレをなめんじゃあないぞッ!」

神父「私は、人を天国に導かなくてはならないッ!目指したものは全ての人々をそこへ導ける!おまえらはそれを邪魔しているんだ……」

神父「これ以上邪魔するというのならば、おまえは『磔刑』だ───ッ!!」

P「ひいぃっ!し、神父がキレたぁ……!」ブルブル

やよい「にゅ、ニュー神父……!!」

神父「さぁ!さっさと誓いのキスをしろ!らせん階段!」

P「そ、そんな……!」

神父「早くしろ!カブト虫!」

P「い……いやだ!無理矢理やよいと誓いのキスするなんて!そんな!」

神父「誓・え!誓・え!へい!」パンッ

P「ぐ、ぐぐぐぅ………」







「………………」

「ち………え………」

「ち……か……え……」

P「!?」クルッ

「「誓・え!誓・え!」」パンッパンッ
「「誓・え!誓・え!」」パンッパンッ
「「誓・え!誓・え!」」パンッパンッ
「廃墟の街!」パンッパンッ
「「誓・え!誓・え!」」パンッパンッ

「「「へいっ!!!!」」」

P「……し、式場の皆が……」

やよい「合唱……してます……!」
64: ◆p3yuNM37DY 2014/11/20(木) 17:28:56.75 ID:bmYUTtzaO
神父「さぁ!時は来た!誓いの接吻を交えるのだッ!!」

P「だ……だめだ!」

P「まだ俺は……やよいと誓いのキスをする資格なんて……!」

神父「うるさいッ!貴様が誓うまで、貴様のそばを離れんぞ!!!」

P「くっ……どうすれば……」

P「どうすればいいんだぁーーーーーーーーー!!!」







小鳥「じゃ、じゃあ、あたしがします!」ガタッ

P「え?」

神父「では、誓いのキスを」

小鳥「よっしゃ!」ブチュッ

P「」







こうして、俺と小鳥さんは誓いのキスを交わした

今では、娘が産まれ幸せな家庭を築いています

幸せを運ぶコウノトリ……

それは、小鳥さんの事だったのかもしれませんね







関連スレ:

この書き手のSSまとめ


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク