冬馬「くそっ!何で俺には彼女が出来ねぇんだ!!」

1: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 02:45:43.08 ID:NZX+hF1x0
スタジオ

冬馬「さて……帰るか」

真美「あれあれ~?」

亜美「あまとうじゃ~ん!」

冬馬「ゲッ、765プロ……というか、俺の名前は天ヶ瀬冬馬だ!!」

亜美「今から帰んの?」

真美「1人で?」

冬馬「……そうだ。悪いか?」

亜美「いやいや~…悪くはないけど……」

真美「ちょっと、さみしいよね~?」

冬馬「ぐっ……うるせぇな!関係ねぇだろ!」

P「あっ!亜美!真美!ここにいたのか!」タタタ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408038333
2: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 02:52:06.70 ID:NZX+hF1x0
亜美「あっ!兄ちゃん!」

P「ほら、早く帰るぞ」

真美「うん!ほら、兄ちゃん!」ギュッ

P「わっ……なんだよ、急に手なんか握っちゃって」

亜美「兄ちゃんとラブラブして帰ろうと思って!えい!」ギュッ

P「おいおい……両手に……」

亜美「んっふっふ~!兄ちゃん、両手に菊だねぇ~!」

P「両手に花な。葬式になる」

亜美「じゃね!あまとう!」

真美「ばいば~い!」






冬馬「……………」

冬馬「何だよ……見せつけやがって……」

冬馬「……………」

冬馬「帰ろ……」スタスタ
3: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 02:57:16.66 ID:NZX+hF1x0
冬馬の自宅

冬馬「…………」

冬馬「あのプロデューサー……」

冬馬「他のアイドルとも事務所であんな風に、毎日触れ合ってるんだろうな……」

冬馬「……………」

冬馬「……………」グスッ

冬馬「な、何、泣いてんだ!俺は!」ポロポロ

冬馬「くそっ……止まれよ……涙!」ポロポロ

冬馬「くそっ……くそっ……」ポロポロ

冬馬「俺だって……」

冬馬「あんな風にモテて……彼女作りてぇよ……」グスッ

冬馬「何でモテねぇんだ……俺は……」グスッ
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/15(金) 03:00:12.19 ID:MsRKlfeJO
そこは彼女じゃなくて友達から始めろよ
6: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 03:03:51.12 ID:NZX+hF1x0
冬馬「……………」

冬馬「はぁ………もう、こんな遅い時間……」

冬馬「明日は久々に、一日フルで学校か……」

冬馬「早く寝ねえと、遅刻しちまうな」

冬馬「ちゃんと学業も成り立たせないとオヤジに怒られるしな……」

冬馬「はぁ……寝るか……」

冬馬「…………っと、その前に」

冬馬「おやすみ、おふくろ」

冬馬「さて、挨拶も済んだし電気消すか……」


カチッ
9: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 03:15:35.65 ID:NZX+hF1x0
次の日 朝

冬馬「んーっ……よく寝たな」

冬馬「うっし!昨日の事は忘れて、元気に行くぜ!」

冬馬「よし、じゃあ弁当を作って……」

冬馬「いや……パンでも買うか」

冬馬「楽屋の弁当ばっか食ってたからな……米は控えたい」

冬馬「朝飯は昨日の残りもんでも食うか……」



チーン

冬馬「あったまったな……」

冬馬「いただきます」モグモグ

冬馬(学校か………)

冬馬(アイドル活動の方が生活のメインになってるからなぁ……)モグモグ

冬馬(塾とかそろばんとかの、習い事みたいなイメージになってるんだよなぁ……)ごっくん

冬馬「ごちそうさま」

冬馬「よし……身だしなみ整えて、行くか!」
10: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 03:24:42.25 ID:NZX+hF1x0
通学路

冬馬「まだ時間に余裕があるな……」

冬馬「んっ?……あいつは……」

冬馬「よう!男!」

男「ん?……おっ!冬馬!朝から珍しいな!」

冬馬「今日は仕事がオフなんだ」

冬馬「ちゃんと、最後まで授業受けるぜ」

男「へぇ~、冬馬が一日学校にいるなんて、何か変な感じするなぁ」

冬馬「そ、そうか?そんなにいないか?俺?」

男「売れて来てから、昼からとか、早退とかばっかだからな」

冬馬「そういや、そうだな……」

男「毎日ノートをとってる俺に、感謝しろよ?」

冬馬「わかってるって、今度なんか奢らせろよ!」

冬馬「おっ、着いたな、学校」
12: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 03:39:15.38 ID:NZX+hF1x0
下駄箱前

冬馬「今日の一限目なんだっけ?」

男「今日は確か……」

臆病娘「あっ、あのっ、天ヶ瀬くん!」

冬馬「ん?何だ?」

臆病娘「えっと……あ、あの……」///

臆病娘「きょ……今日、久々に学校来るって聞いたから……その……」///

臆病娘「こ、これ!クッキー作って来たんですぅ!」///

臆病娘「よかったら、食べて下さいぃ!」///

冬馬「えっ?あ、え、その……え?」

臆病娘「ど、どうぞぉ!」///バッ

冬馬「あ、さ、サンキュ……?」

臆病娘「じゃ、じゃあね!」///タタタ




冬馬「な、何だ?……何でクッキーを……?」

冬馬「あっ!ま、まさかこれって……俺へのアプローチ!?」

冬馬「じゃあ、今、もしかして俺って……」

冬馬「モ、モテてたんじゃね……?」

冬馬「なぁ!?そうだよな!?男!?」

冬馬「うおぉぉぉぉお!やったぜぇぇぇぇぇえ!!」

男「……………」

男「……いや、違うな」

冬馬「………え?」
13: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 03:53:35.14 ID:NZX+hF1x0
冬馬「違うって……何がだよ?」

男「いいか……お前は、アイドルで有名人だ」

冬馬「あぁ……それが?」

男「そういう奴に、何かをしたとする」

男「そしたら、何をしたにせよ、『私は有名な天ヶ瀬冬馬と関わった』という話題が出来る」

冬馬「………!!」

男「気づいた様だな……」

冬馬「も、もしかして……」

冬馬「さっきの奴は、ただ話題を作るためだけに、俺にクッキーを……?」

男「あぁ……」

冬馬「嘘こけ!!話題作りの為だけに、そんな……」

男「お前は学校にあまり来てないから知らんだろうが……」

男「学校の女子の世界、女子界は、話題を持たなければ、女子グループからハブられるのだ……」

男「話題が無いやつと一緒にいても、つまらないからな……」

男「つまり、学校生活での死を意味する」

冬馬「なっ……そう……なのか?」

男「あまり学校に来てないお前が知らないのは無理はない」

冬馬「くそっ…俺は利用されただけって事かよ……くそっ!」ダンッ

男「そう怒るな……女子には女子の苦労があるんだ」
15: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 04:01:24.91 ID:NZX+hF1x0
冬馬「……まぁ、害が無かったから、よしとする……」

冬馬「くっそ……せっかく彼女をゲッチュ出来ると思ったのによ……」

男「まぁまぁ、落ち込むな、冬馬」

男「一緒にその話題作りの道具を食ってやるよ」

冬馬「あぁ……ありがとよ」

男「なぁに、気にするな」ムシャムシャ

冬馬「うぅ……これが、俺へのアプローチのクッキーだったらよぉ……」グスッ

男「どんまいどんまい、ははは」ムシャムシャ

冬馬(……しかし、チョコで『冬馬君大好き』ってクッキーに書いてるとは…)

冬馬(手の込んだ、話題作りだ……)ムシャムシャ
18: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 04:15:01.25 ID:NZX+hF1x0
一限目

生徒会長「じゃあ、来月始まる学園祭での出し物の話し合いするわよー!」

冬馬「一限目を使って、クラスで話し合いか…」

男「生徒会長、相変わらず眼鏡が似合うなー」

生徒会長「みんな、出し物ちゃんと考えて来た?」

生徒会長「何か案がある人、手上げてー?」



し~~~~~~~~ん……

生徒会長「ちょ、ちょっと!何でみんな手上げないのよ!?」

生徒会長「昨日、考えて来てって言ったじゃない!」





し~~~~~~~~~~~ん………

男(何と言うか…提案したら反感食らうとか、責任とか問われそうだから、言いにくいんだよな……)

生徒会長「………もう!仕方ないわね……はぁ……」

生徒会長「わかりました、私が考えて来たのに……」

冬馬「あっ、なぁ」スッ

生徒会長「えっ?」
19: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 04:31:57.03 ID:NZX+hF1x0
冬馬「えっとよ……今考えたやつなんだけどよ……」

冬馬「学園祭の出し物、カレーの模擬店…何てどうだ?」

冬馬「俺、カレーなら詳しいしよ、カレーなら人気出ると思うぜ?」

冬馬「なぁ、みんな!?どうだ!?」

冬馬「何か意見があるなら、遠慮なく言ってくれ!」


クラス全員「……………」

男「いいな……いいじゃん!カレー!」

女「うん!作り方とか簡単だしね!」

リア充「よし!それにしよう!」

ワイワイ……ガヤガヤ……




生徒会長「……じゃ、じゃあ、それでいい?みんな?」

クラス全員「賛成ーー!」

生徒会長「決定ね!じゃあ、詳しい内容を……」

ワイワイ、ガヤガヤ





男「よかったな!冬馬!」

冬馬「あぁ!みんなが賛同してくれて助かったぜ!」

生徒会長「…………」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/15(金) 04:36:20.06 ID:fyJ2x6WDO
この生徒会長はあまとうを好きではなさそうだな
普段あまり学校にいないくせにでしゃばるな的に内心思ってそう
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/15(金) 04:39:55.20 ID:K/ZzUyMNo
芸能人って学校じゃ虐められやすいって聞くよな
22: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 05:10:25.72 ID:NZX+hF1x0
休み時間 廊下

冬馬「二限目は調理実習か……移動しねーと」

不思議ちゃん「天ヶ瀬冬馬……」

冬馬「ん?えっと……」

冬馬「確かあんたは、隣のクラスの不思議ちゃん……」

不思議ちゃん「学園祭にて……あなた方の学級は『かれぇ』の模擬店を開くようですね」

不思議ちゃん「そして、それを提案したのは天ヶ瀬冬馬、あなたですね?」

冬馬「あぁ、そうだが……」

不思議ちゃん「……わかりました」

不思議ちゃん「私は、今ここであなたに、宣戦布告をいたします!」

冬馬「は、はぁ!?宣戦布告?」

冬馬「な、何だよ、いきなり…」

不思議ちゃん「理由は……私の学級は、『らぁめん』の模擬店だからです!」

冬馬「……はぁ?」

冬馬「どういうことだよ?」
23: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 05:21:56.81 ID:NZX+hF1x0
不思議ちゃん「………わかりませんか?」

不思議ちゃん「『らぁめん』と『かれぇ』は……」

不思議ちゃん「切っても切れぬ、闘いの縁があるからです!!」

冬馬「……はぁ?」

不思議ちゃん「昼食の時、人は必ず思います……」

不思議ちゃん「今日は『らぁめん』と『かれぇ』、どちらにしようか……と」

冬馬「……いや、そんなに思わんが…」

不思議ちゃん「何故、この二つが頭に思い浮かぶのか……?」

不思議ちゃん「それは、『らぁめん』と『かれぇ』は闘う運命だからです!!」

不思議ちゃん「そして、勝者のみが食される、弱肉強食の世界!」

不思議ちゃん「この二つは、命懸けで闘っているのです!」

不思議ちゃん「ですから、『らぁめん』と『かれぇ』を選んだ私達とあなた方の学級は……」

不思議ちゃん「闘わなければならない!」

不思議ちゃん「そういう事です」

冬馬(……………)

冬馬(本当、わかんねぇ……)
24: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 05:29:24.62 ID:NZX+hF1x0
冬馬「ま、まぁ、とにかく、学園祭で勝負って事か?」

冬馬「それなら、俺も負けらんねぇ!勝負だ!」

不思議ちゃん「………!!」

冬馬「見てろよ、すげぇ美味いカレーを作ってだな……」

不思議ちゃん「……………」

不思議ちゃん「………しないの、ですね……」

冬馬「ん?なんだ?」

不思議ちゃん「いえ……何も、ふふふ」ニコッ

冬馬(何だ……?本当、わかんねぇな……)

不思議ちゃん「では、学園祭にて、お互い全力を尽くしましょう」

冬馬「あぁ!負けねえからな!」

冬馬「じゃあな!」タタタ





不思議ちゃん「………初めて、ですね」

不思議ちゃん「私を……馬鹿にしない、殿方は……」

不思議ちゃん「………天ヶ瀬、冬馬……ですか……」
26: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 05:43:53.76 ID:NZX+hF1x0
二限目

冬馬「調理実習か……メニューは何だ?」

男「えっと……カレーだ!」

冬馬「何!?タイムリーじゃねぇか!」

冬馬「よし!学園祭前の練習と行こうぜ!」

男「冬馬、ちゃんと作れんのか?」

冬馬「当たり前だ。カレー作りは大の得意だ」

冬馬「カレーの事ならちょっとうるさいぜ」

男「へー、完成楽しみにしとくよ」

冬馬「お前もちゃんと作れよ」

ドジっ子「あの、冬馬くん……」

冬馬「ん?何だ?」

ドジっ子「さっき、カレー作りが得意って言ってたよね?」

冬馬「あぁ、まぁな」

ドジっ子「よかったら、カレー作りの事……色々と、聞いていいかな?」///

ドジっ子「ダメ……かなぁ?」///

冬馬「!!」

冬馬(ま、まさか、これって……!)

冬馬(俺との距離を取ろうとしてるんじゃ……!?)

冬馬(この赤面と、上目使い……間違いない!!)

男(いや、違うな)

冬馬(なにっ!?)
31: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 05:54:02.23 ID:NZX+hF1x0
男(こいつは……本当にカレー作りについて詳しく聞きたいだけだ)

冬馬(な、何で分かんだよ!?)

冬馬(この赤面っぷりは、間違いなく……)

男(彼氏だ)

冬馬(えっ?)

男(きっと彼氏に、手作りのカレーを食べさせたいとドジっ子は思っているんだ……)

男(楽しみだな、喜ぶかな、などと楽しい妄想をしてしまい、ドジっ子は赤面しているんだ……)

男(お前はただの、情報提供者だよ、冬馬)

冬馬(で、でも、上目使いが……)

男(異性を騙す、あざとい手法だよ)

男(現に、お前も騙されてるじゃないか)

冬馬(はっ……!)

男(こうやって、女は異性を騙し、情報をもぎ取って行く……)

男(分かったか?冬馬?)

冬馬(………あぁ)

冬馬(俺はさながら、手の平の上で踊り狂うピエロ。だったんだな……)

ドジっ子「………冬馬、くん?」
32: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 06:08:37.18 ID:NZX+hF1x0
冬馬「あ、あぁ、悪い、今から教える……」

ドジっ子「やったぁ!ありがとう!冬馬くん!」ニコッ

冬馬(この笑顔も、騙す手法何だな……はぁ……)

冬馬「じゃあまず、まな板を取ってくれ」

ドジっ子「うん……わっ、キャア!!」ドンガラ…

冬馬「!!」

冬馬「危ねっ!!」ガシッ

ドジっ子「あっ……」///

冬馬「あっぶねー……気を付けろよ?」

ドジっ子「あ……ありがとう……冬馬くん……」///

冬馬「あぁ…」

双子姉「あっ!ピピンがドジっ子ちゃんの肩抱いてるー!!」

冬馬「え……わ、わぁ!すまねぇ!」

ドジっ子「あっ……いや、そんなぁ……」///

双子妹「ひゅー!ひゅー!羅刹ひゅーひゅー!」

冬馬「ちゃ、茶化すな!あと、名前は天ヶ瀬冬馬だ!」
36: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 06:27:32.89 ID:NZX+hF1x0
10分後

冬馬「完成したな……いただきます」

男「本当に美味いな」モグモグ

冬馬「当たり前だ。俺がほとんど作ったんだからな」

冬馬「さて、俺も食うか…」

ドジっ子「あの、冬馬くん!」

冬馬「ん?なんだ?」

ドジっ子「私の班で作ったカレー……」

ドジっ子「冬馬くんの言う通りにしたら、美味しく出来たよ!」

冬馬「おぉ、よかったな」

ドジっ子「それでね……あのね……よかったらだけど……」///

ドジっ子「今度……私が作った料理を、冬馬くんに食べて欲しくて……」///

ドジっ子「だから……今度の休み、私の家に……遊びに来ない?」///

冬馬(!!)

冬馬(こ……これって……!!)

男「………………」

男「……彼氏……実験……試食……毒味……」ボソボソ

冬馬「!!」

冬馬「わ、悪い、今回はやめとくよ……」

ドジっ子「そっかぁ……」シュン
38: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 07:18:15.46 ID:NZX+hF1x0
休み時間

冬馬「やべっ、調理実習ゆっくりしすぎた!」タタタ

冬馬「早く教室に戻らねぇと、三限目に間に合わなくなる!」タタタ


おっとり女「あらあら~、また廊下を迷っちゃったわ~」

冬馬「…………」タタタ

おっとり女「困ったわぁ~……どうしましょう….」

冬馬「…………」

冬馬「おい、あんた」

おっとり女「はい?」

冬馬「教室の場所、どこだよ?」

おっとり女「えっ?」

冬馬「いいから!早く言えよ!」

おっとり女「は、はい……3-○組です……」

冬馬「はぁ!?さ、3年も通って、学校の廊下迷ってんのかよ!?」

おっとり女「すみません……方向音痴なもんで……」

冬馬「い、いや、別に謝らなくていいけどよ……」
39: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 07:24:39.61 ID:NZX+hF1x0
冬馬「えぇい、とにかく急ぐぞ!」パシッ

おっとり女「キャッ……て、手を……」///


冬馬「走るぞ!」タタタ

おっとり女「あ、は、はいぃ~……」タタタ







冬馬「はぁはぁ……着いたな……」

おっとり女「あ、あの……そろそろ、手を……」///

おっとり女「周りの人が……その……見てますから……」///

冬馬「え?」チラッ

冬馬「あ、あぁ!?」バッ

冬馬「す、すまねぇ!急いでて、つい!」

おっとり女「い、いえ、いいんですよ」///

冬馬「本当、悪かった!じゃあな!」タタタ

おっとり女「あっ、待ってくださ……」


おっとり女「行っちゃった……」
40: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 07:32:39.24 ID:NZX+hF1x0
キーンコーンカーンコーン……


冬馬「あぁ……三限目間に合わなかったか……くそっ!」

冬馬「仕方ねぇ……遅刻なら、もう三限目はサボるか…」

冬馬「ノートは男にでも頼んで……」

冬馬「屋上にでも行って、寝るか」

冬馬「ふわぁ……眠くなって来たな……」

冬馬「飯食ったからだろうな……」スタスタ






冬馬「ふわぁ……屋上に着いたな……」

冬馬「ベンチで寝るか……」

金髪娘「ムニャムニャ……」スースー

冬馬「…………」

冬馬「先客がいたか……」
42: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 07:44:19.58 ID:NZX+hF1x0
冬馬「仕方ねぇ……そこら辺に座っとくか」ストン

冬馬「調理実習で作ったオニギリでも食うか……」スッ

金髪娘「!!」ピクッ

金髪娘「オニギリ!?」ガバッ

冬馬「おわっ!?」ビクッ

金髪娘「ん~?…………見ない顔だね?」

冬馬「な、何だよ、急に起きて……ビックリした……」ドキドキ

金髪娘「………」ジー

冬馬「な、何だよ、俺を見て……」

金髪娘「オニギリ……」ジュルリ

冬馬「そっちを見てたのかよ……いるか?」スッ

金髪娘「ありがとうなの」シュバッ

金髪娘「なかなかなの」モグモグ

冬馬「は、速ぇ……」

金髪娘「……ところで、君だれ?」

冬馬「知らねぇのかよ……職業上、ショックだな……」
43: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 08:04:19.16 ID:NZX+hF1x0
金髪娘「ふ~ん、天ヶ崎竜馬っていうアイドルなんだね」

冬馬「天ヶ瀬冬馬だ!!」

金髪娘「アイドルかぁ~……楽しい?キラキラ出来る?」

冬馬「キラキラは分からねぇが……」

冬馬「まぁ、楽しいとは正直思う」

冬馬「何より、やり甲斐があるからな!常に全力疾走だ!」

金髪娘「疲れるのは、好きじゃないの」

金髪娘「でも……アイドル、かぁ……」

金髪娘「……やってみても、いいかなぁ」

冬馬「何?本気か?」

金髪娘「うん。そこそこ売れればいいかなって」

冬馬「……おい、そんな生半端な気持ちなら、やめておけ」

金髪娘「え?」

冬馬「やるからには、一番を目指す気でやれ!」

冬馬「生半端なやつは、アイドルになる資格なんてねぇ!」

金髪娘「…………」

冬馬「……悪い、熱くなっちまった……」

金髪娘「ううん、ちょっとビックリしたけど気にしてないの」

冬馬「そうか……とにかく、やるからには本気でやれ」

冬馬「そしたら、お前の言う通りキラキラ出来るかもしれねえぞ」

冬馬「じゃっ、次の授業は出るからそろそろ戻る」スクッ

冬馬「じゃあな、やるならテッペン目指せよ!」スタスタ






金髪娘「……あんな真剣な目をして、本気で怒られたの初めてなの」

金髪娘「……天ヶ瀬冬馬かぁ……少し、興味が湧いちゃったな」
44: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 08:17:06.92 ID:NZX+hF1x0
四限目

冬馬「四限目の体育は絶対にサボれねぇぜ!」

冬馬「体を動かせるのは、気持ちがいいぜ!」

先生「はい、じゃあ後は男女共自由に運動しろー」

男「そういえば今日は男女混合だったよな……」

男「おい、冬馬。女子がいるぞ、女子が。」

冬馬「ふんっ、俺には関係ない」

冬馬「…………」ちらっ

男(女子の方をチラッと………)

ボーイッシュ女「やい!天ヶ瀬冬馬!」

冬馬「ん?あー!」

冬馬「ボーイッシュ女か!サッカーボールを持ってるという事は……」

ボーイッシュ女「そう!サッカーの勝負を申し込みに来た!」

ボーイッシュ女「前、昼休みの時に負けたからね……勝負だ!」

冬馬「いいだろう……売られた喧嘩は買うまでだ!」

ボーイッシュ女「じゃあ早速……あのコートで1対1で勝負だ!」タタタ

冬馬「よし!見てろよ!圧勝してやるぜ!」タタタ

男(まぁ、あいつなら………大丈夫だろ)
45: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 08:26:32.05 ID:NZX+hF1x0
15分後

冬馬「はぁ…はぁ………や、やるな」

ボーイッシュ女「はぁ…はぁ………やっぱり、サッカー上手いね」

冬馬「まぁな…特技の一つだからな」

女「あ、あの、ボーイッシュ女ちゃん!」///

ボーイッシュ女「うん?なに?」

女「はい、これ!タオル!」///スッ

ボーイッシュ女「あぁ、ありがとう」

女「カッコよかったね!ボーイッシュ女ちゃん!」///

ボーイッシュ女「ははは……カッコいい、か……」

ボーイッシュ女「…………」

冬馬「……………?」
49: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 08:54:23.68 ID:NZX+hF1x0
水道付近

ボーイッシュ女「フー……冷たくて気持ちいい!」バシャバシャ

冬馬「なぁ……さっきはどうしたんだよ?」

ボーイッシュ女「何が?」

冬馬「何か……女と話してた途中、急に元気が無くなったというか……」

ボーイッシュ女「……ははは、気付いちゃったか……」

ボーイッシュ女「はぁ……皆、ボクの事をよくカッコいいって言ってくれるんだけど……」


ボーイッシュ女「やっぱりボクも女の子だから……」

ボーイッシュ女「可愛いって言われたいな、って思っちゃって……」

ボーイッシュ女「ははは……何てね!今の忘れて!」

冬馬「……………」


冬馬「まぁ……何だ、その……」


冬馬「それ聞いて……その……思ったけどよ……」

冬馬「可愛い所……あるじゃねーかよ」

ボーイッシュ女「………え?」

冬馬「いやっ、そのっ、なんだ……!」///

冬馬「お、お前みたいに、カッコいいって言われてるやつが……」///

冬馬「可愛いって思われたいだなんて……ギャップがあるっていうか……その、なんだ…」///

冬馬「えぇい!今のセリフ、忘れろ!」///

ボーイッシュ女「……………」

ボーイッシュ女「へへっ」///
53: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 09:16:13.77 ID:NZX+hF1x0
昼休み

冬馬「さて、飯でも食うか」

沖縄娘「おーい!元気っ子!サーターアンダギー作って来たぞ!」

元気っ子「うっうー!ありがとうございます!」

冬馬「サーターアンダギーか……おい、沖縄娘」

沖縄娘「あっ!冬馬!」

沖縄娘「何?」

冬馬「それ、ひとつくれよ」

沖縄娘「べぇー!これは元気っ子の為に作って来たやつだからダメー!」

冬馬「チッ…わかったよ」

沖縄娘「まぁ、冬馬がどうしても食べたいっていうならあげるぞ!」

冬馬「ふん、別に。そんなにはいらねえよ」

沖縄娘「つ、強がるのは良くないぞ!ほら、食べろぉ!」グイッ

冬馬「うおっ!急に口に入れ……」モゴモゴ

冬馬「んっ……んん?」モグモグ

沖縄娘「ど、どうだ?」
58: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 09:28:40.04 ID:NZX+hF1x0
冬馬「う……うまいな」モグモグ

沖縄娘「ほ、本当か!?」

冬馬「あぁ、しかも少し甘さが強い……俺の好みだ」

沖縄娘「へへっ、冬馬の好みに合わせて作ったかいがあったぞ!」

冬馬「え?お前、これ元気っ子の為に作ったって……」

沖縄娘「え……あぁっ!!」///

元気っ子「沖縄娘さん、そういえば昨日冬馬さんが1日学校にいる日について先生に聞いてましたね」

元気っ子「それに合わせて、サーターアンダギーを作ってあげてたんですね!沖縄娘さん!」

元気っ子「とっても優しいです!」

沖縄娘「いや……あの……これは……その……」///

双子姉「ひゅーひゅー!」

双子妹「弄られカップルだー!」

沖縄娘・冬馬「か、カップルじゃねーし!」///
59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/15(金) 09:32:05.83 ID:pRy1NkFdO
やy…元気っ子は可愛いなぁ!
61: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 09:50:44.99 ID:NZX+hF1x0
六限目終了


冬馬「んー!……疲れたぁ……やっぱ、勉強は難しいな」

ツンデレ娘「そんな調子で、本当にアイドルと学業が両立出来るの?」

冬馬「んん?……ツンデレ娘か」

ツンデレ娘「三限目もサボっちゃって……出席率最悪よ、あんた」

冬馬「ふんっ、お前に心配される事じゃねーよ」

ツンデレ娘「なによ!せっかく忠告してやってんのに!」

冬馬「いらねぇお世話だ」

双子姉「おやおや~?ツンデレ同士の会話ですかな?」

双子妹「ツンデレ同士の会話は、本心を読み取るのに頭を使いますなぁ~」

ツンデレ娘・冬馬「誰がツンデレだ!(よ!)」

独身教師「はぁ~い!皆、席に着いて~!」

ツンデレ娘「ったく……無理して体壊すんじゃないわよ!」

冬馬「分かったよ、早く席に戻れよ」

ツンデレ娘「………心配、してるんだから……」ボソッ

冬馬「ん?」

ツンデレ娘「……何でもないわよ、じゃあね」タタタ





冬馬「……………」

冬馬「ありがとよ………」ボソッ
62: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 10:08:13.68 ID:NZX+hF1x0
放課後

冬馬「久々の六時間フルは、なかなかこたえるな…」

男「そうか……どうだった?周りの奴らは?」

冬馬「あぁ……俺を心配してくれたりして、いい奴らばっかだよ」

男「そうか……いい友達を持ったな」

冬馬「あぁ」

男「………いい友達を持ったな」

冬馬「あぁ……何で2回言ったんだ?」

男「いいか、恋人とか、彼女じゃないぞ?」

男「いい『友達』だからな!?『友達』だかんな!?」

冬馬「な、何だよ!?そんな友達を強調すんなよ!」

冬馬「そ、それに…あいつらとはそんな関係じゃないって……」

冬馬「俺が……1番知ってるっつーの……くぅ……」ショボーン

男「まぁまぁ……そう気を落とすな」

冬馬「るせぇ!今日はもう、1人で帰る!」

冬馬「じゃあな!!」タタタ

男「……………」









男「何とか、童貞仲間を失わずに済んだな……」
66: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 10:33:12.38 ID:NZX+hF1x0
冬馬「はぁ……何で俺はモテないんだ?……くっそ」トボトボ

冬馬「………ん?あそこにいんの、生徒会長か……?」

生徒会長「……………」トボトボ

冬馬「よお、生徒会長」

生徒会長「あっ……天ヶ瀬冬馬……」

生徒会長「……………」

冬馬「………?」

冬馬「どうした?何か元気ねーな?」

生徒会長「………冬馬は……」

生徒会長「凄いね……カリスマ性というか……皆から信頼されてて……」

冬馬「何のことだ?」

生徒会長「……今日の一限目、冬馬が中心に話が進んだでしょ?」

生徒会長「本当は、私がしないといけない役割なのに……全然出来なくて……」

生徒会長「ダメだなぁ……私って」

冬馬「……………」

冬馬「いや、お前はよくやってるし、出来るやつだよ」

冬馬「そんな風に責任を感じるの、最近の並大抵なやつらじゃ、しようともしないぜ」

冬馬「それに、ちゃんと学園祭の事も先陣切ってしてるしよ」

生徒会長「……………」

冬馬「あとはよ……もっと周りのやつらに頼ったらいいと思うぜ」

冬馬「あいつら、思ってるより頼りになるぜ?」

生徒会長「……そっか、そうだね」

生徒会長「ふふっ、ありがと、元気出てきた」

生徒会長「冬馬って……思ったより、優しいのね」///
67: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 10:53:10.37 ID:NZX+hF1x0
冬馬(!!)

冬馬(な……なんか、この雰囲気良くないか?)ドキドキ

冬馬(このまま行けば、俺にも彼女が……)ドキドキドキドキ

冬馬(いける……いける!!)ドキドキドキドキドキドキ

冬馬「なぁ……生徒会長」

生徒会長「なに?」

冬馬「生徒会長って……好きな奴とか……いるのか?」

生徒会長「なっ!」///

生徒会長「きゅっ、急に何言い出すのよ!?」///

生徒会長「ま、まぁ、ちょっと気になる人なら……」///チラッ

冬馬(この反応!!間違いない!!)

冬馬「な、なぁ!!生徒会長!!」

生徒会長「はっ、はい!?」///

冬馬「そのっ、お、俺と……つつつつつつつ、付き…………」








大声少女「あぁーーー!!生徒会長さぁんだぁーーーーーーーー!!!」

女装男「お、大声少女ちゃん、声大きいよ……」

ヒッキー「近所迷惑?」
72: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 11:19:11.14 ID:NZX+hF1x0
冬馬「!?」ビクッ

生徒会長「あっ、女装男!それに、友達も……」

冬馬「えっ?知り合いか?」

生徒会長「え、えぇ、従弟で……」

冬馬「そ、そうか……」

冬馬(くそっ、雰囲気がぶち壊しだ……)

冬馬(今日の所は撤退だ!)

冬馬「邪魔しちゃ悪いな、あばよ」タタタ

生徒会長「え!?」

生徒会長「ちょ、ちょっと!さっき何を……」

生徒会長「………行っちゃった…」

生徒会長「何だったんだろう……さっき言おうとしたの……?」
74: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 11:35:43.53 ID:NZX+hF1x0
冬馬自宅

冬馬「はぁ……チクショウ、俺って本当についねえなぁ……」

冬馬「……いやいや!プラス思考で行かねえと!!」

冬馬「あの時、別にいい雰囲気じゃなかったかもしれなかったしな!」

冬馬「うん!きっとそうだ!俺の勘違いだったに違いない!」

冬馬「そうそう!よし、この話は終わりだ!」

冬馬「よし!明日の確認するか!」

冬馬「えーと……明日は765プロと共演の撮影があるな……」

冬馬「ひとまず、また学校生活とはおさらばだな……」

冬馬「学園祭の準備とかには出てえなぁ」

冬馬「それに合わせて、スケジュール調整するか」

冬馬「さぁーて……寝るか……」

冬馬「おやすみ、おふくろ」

冬馬「電気消そ…….」

カチッ







冬馬(…………………)

冬馬(あー……モテてぇ……彼女欲しい……)
79: ◆p3yuNM37DY 2014/08/15(金) 11:45:29.97 ID:NZX+hF1x0
次の日 スタジオ


冬馬「おつかれーっす!」

冬馬「うし……帰るか」

真美「あっ!あまとう!」

亜美「おつかれー!」

冬馬「あぁ、おつかれ…って!天ヶ瀬冬馬っつってんだろ!」

真美「ねぇねぇ、あまとうってさぁ……誰かと付き合った事ってあんの?」

冬馬「は、はぁ!?な、なんだよ!いきなり!?」

亜美「いやぁ~、あまとうってそういうの無さそうと思ってぇ~」

冬馬「は、はぁ!?」

冬馬「あ、あ、あるに決まってらぁ!!」

冬馬「そ、そそ、そんなの昔からあるし!マジだし!真実だしぃ!!」

真美「うわぁ……必死だぁ」

亜美「言わずもがな……あまとう」

冬馬「ぐっ………うるせぇなぁ!!」

冬馬「何でだ……何でなんだよぉ!?」









冬馬「なんで俺には彼女が出来ねぇんだ!!」



80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 11:57:31.88 ID:e9kDEsfT0
おつ!
あまとう本当に純粋だな(白目)
82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/15(金) 12:06:00.88 ID:ZQGaVDZO0
男のホモエンドかと思ってたぜ
87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/15(金) 13:15:35.68 ID:mm33n9Yp0
乙!
オレに彼女ができないのも男友達のせいかもしれんな

関連スレ:

この書き手のSS


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク