P「ヤキモチ」

1: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 15:46:13.08 ID:pHgP0jqAO
春香「あっ、プロデューサーさん!おはよ……」グラッ

春香「きゃっ、きゃあ!」ドンガラ

P「お、おぉ、危ない!春香!!」ガシッ

春香「あ……ありがとうございます、受け止めてもらっちゃって…」

P「まったく……ヒヤヒヤするよ……」

P「まぁ、そんなオッチョコチョイな所が、春香の可愛い所なんだけどな」

春香「か、可愛いなんて……そんな……」///

春香(プロデューサーさん……胸、大きいなぁ……)///

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407221173
2: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 15:51:22.11 ID:pHgP0jqAO
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー

春香「なぁ~んて事があってね!!」

千早「…………そう」

春香「プロデューサーさん、本当優しくって優しくって!」

春香「私のこと、可愛いだなんて言ってくれちゃって……」///


春香「凄く幸せだよぉ……」///

千早「………まぁ、私には関係ない事ね」

春香「そっかー、千早ちゃん、プロデューサーさんに興味ないんだね」

春香「また、抱きしめて欲しいなぁ……」///

千早「……………」





千早「………………」
4: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 16:01:05.40 ID:pHgP0jqAO
次の日

千早「プロデューサー、おはようございます」

P「おはよう、千早」

千早「……あの、プロデューサー、この雑誌に載ってるリボン何ですけど…」

P「リボン?どうしたんだ?春香みたいに……」

千早「いえ……その……」

千早「す、少しは、可愛くファッションに気を使おうかと……」

千早「だから、初めは春香を見習おうと……」

P「へぇ、それはいい向上心だな」

P「でも、春香の真似をしないで、千早らしい服装をすればいいよ」

P「千早には、千早の可愛さがあるよ。俺が保証する」

千早「………ぷ、プロデューサーは、私の事を可愛いと思ってるんですか?」

P「あぁ、もちろん。千早は凄く可愛いよ」

千早「…………あ、ありがとう、ございます」///

千早(やったわ……予定とは少し違ったけど、言ってもらえたわ!)///
6: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 16:10:14.49 ID:pHgP0jqAO
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーー

千早「何てことがあってね……フフフ」///

響「………そう、なのか」

千早「プロデューサーったら……その後も服の相談に乗ってくれて……」

千早「本当、優しい人……ふふ」///

響「……き、きっと、プロデューサーだから、アドバイスを送っただけだぞ!」

千早「でも、可愛いって言ってくれたのよ?」

響「う、うぐぅ!!」

千早「可愛いって……可愛いって、ふふふ」///

響「………………」



響「…………………」
9: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 16:24:51.42 ID:pHgP0jqAO
次の日

響「プロデューサー!」

P「ん?」

響「じ、自分!えっと……う、歌歌うのうまいぞ!」

P「まぁな」

響「………え、えっと、最近ファッションにも気を使ってるぞ!」

P「うん、いつもオシャレだぞ?」

響「………む、胸は……」

響「……千早みたいじゃない……」

P「え、え?ま、まぁな」

響「……プロデューサーは、胸がペッタンコなのが好きなのか!?」

P「え、えぇ!?」

響「ペッタンコな胸の子の方が可愛いと思うのか!?」

P「な、何なんだその質問……?」

P「まったく……質問ばっかりで、響は子供みたいだなぁ」

響「なっ!!自分子供じゃ……」

P「そんな所が、響の可愛い所だけどな」

響「えっ……?か、可愛いと、思う?」///

P「あぁ、凄く可愛いよ」

響「………ふへへっ」///
10: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 16:52:12.53 ID:yq5Wff3c0
ーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーーー
ーーーー

響「こんな事があったんだぞ!」

貴音「………さいですか」

響「まったく……本当にプロデューサーは変態だな!へへへ」///

響「女の子に可愛い可愛いばっか言うなんて…….」

響「変態のする事だからな!!ふふんっ!」///

貴音「………そう言っている割に、喜んでる様に見えますが」

響「よ、喜んでなんかないぞ!自分!」///

響「プロデューサーに可愛いって言われただけでそんな……えへへっ」///

貴音「…………………」



貴音「……………………」
12: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 17:16:38.25 ID:yq5Wff3c0
次の日

貴音「あなた様………」

P「ん?どうした貴音?」

貴音「………はいさい、です」

P「…………え?」

貴音「はいさいです」

P「………は、はいさい」

貴音「…………」

P「…………」

貴音「あ、あの、私……」

貴音「私、四条貴音は、完璧です!」

P「えっ?………う、うん……」

貴音「………………」

貴音「うぅ………」グスッ

P「わ、わぁ!な、泣き出してどうした!?」

貴音「い、いえ……ちょっと悲しいことを思い出して……」

貴音(響の真似をしても、可愛いとは言っては貰えないのですね……)

P「そ、そうか……元気出せよ」なでなで

貴音「あっ……は、はい……ありがとうございます」///

P「しかし、貴音が泣いている所久々に見たな……」

P「いつもの凛とした態度とギャップがあって可愛いな」

貴音「……!何と!それは、真ですか!?」

P「あぁ。まぁ、いつも可愛いと思ってるよ」

貴音「まぁ……ふふふ、ありがとうございます」///
14: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 17:37:01.09 ID:yq5Wff3c0
ーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーー

貴音「……などと!などと!」///

あずさ(た、貴音ちゃんが凄い興奮してるわ……)

貴音「あの方が、私の事を……ふふふ」///

あずさ「よ、よかったわね~貴音ちゃん……」

貴音「努力したかいが、あったというものです」

あずさ「努力した部分より、もともと持っていた所に可愛いって言ってもらえた様に聞こえたけど……」

貴音「過程より結果が重視されるこの芸能界ならば、私はかまいません」

貴音「それよりも、頭を撫でてもらい、その上可愛いと……」///

貴音「ふふふ」///

あずさ「………………」





あずさ「…………………」
15: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 17:53:43.06 ID:yq5Wff3c0
次の日


あずさ「あの、プロデューサーさん……」

P「はい?」

あずさ「………うぅっ」グスッ

P「えっ、えぇ!?」

あずさ「す、すみません、昨日の観た映画が凄く悲しくって……」グスッ

P「そ、そうなんですか……」

P「なんか、泣いてるあずささんを見てると……」

あずさ(!!)

P「セクシーに見えますね。」

P「さすが、大人の魅力を持ち合わせてるだけの事ありますよ」

あずさ「……………」

あずさ「そう、ですか……はぁ……」シュン

P(あ、あれ?喜ばない……しかも、落ち込んじゃった……何でだ?)

P(まぁ、とにかく……)

P「あずささん、そんな暗い顔しないでくださいよ」

P「いつも通り、笑顔のあずささんを見せてくださいよ」

P「あずささんの笑顔は、とっても可愛いんですから」

あずさ「えっ……?ほ、本当にそう思ってくれますか?」///

P「えぇ。凄く可愛いですよ?」

あずさ「ま、まぁ……うふふ」///
19: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 21:20:29.97 ID:yq5Wff3c0
ーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーー
ーーー


あずさ「なんて事があってね~!」///

亜美「へ~、よかったね!あずさお姉ちゃん!」

あずさ「ありがとう、うふふ」

あずさ「笑顔が可愛いだなんて……ずっと笑顔になっちゃうわ」///

亜美「……そんなに兄ちゃん、褒めてくれたの?」

あずさ「えぇ、すっごく可愛いって私を見つめて……」///

あずさ「うふふ……」///


亜美「……………」





亜美「………………」
20: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 21:31:03.61 ID:yq5Wff3c0
次の日


亜美「兄ちゃ~~~~~~~ん!」バッ

P「わぁ!び、ビックリしたぁ!急に現れるな!」

亜美「ごめんごめん」

亜美「あ、兄ちゃん!」

P「何だ?」

亜美「にぃ~~~~~!!」ニコッ

P「…………?何だ?ニコニコしだして?」

亜美「亜美の飛びっきり笑顔だよ!?どう!?」

P「どうって……なんで急にそんなことするか分からんとしか……」

亜美「……むぅ!」

亜美「兄ちゃん!もうちょっとトドメ心を理解した方がいいよ!」

P「トドメ……?もしかして乙女心か?」

亜美「ふんだ!兄ちゃん何かもう、知らないんだかんね!」プー

P「なんか知らんが、そんな頬っぺた膨らませて怒らないでくれよ…」

P「可愛い顔なんだけどさ……」

亜美「えっ!?本当!?」

P「えっ?」

亜美「可愛いって所!本当!?」

P「あ、あぁ。もちらん。」

P「亜美は元々可愛いけど、頬っぺた膨らましたらもっと可愛いよ」

亜美「………んっふっふ~!」
22: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 21:43:38.59 ID:yq5Wff3c0
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーーー


亜美「なんて事があってね~!」

真美「へぇ~、よかったじゃん!」

亜美「兄ちゃんったら、亜美の事可愛い可愛いって……」

亜美「亜美の魅力に、やっと気付いたらしいねぇ~!」

真美「亜美が可愛いって言われたなら、真美も言われるかな?」

亜美「う~ん、言うと思うけど、『亜美は』ってちゃんと言ってくれたしなぁ~」

亜美「可愛いだなんて……兄ちゃんってば!えへへっ!」///


真美「………………」





真美「…………………」
27: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 21:58:17.12 ID:yq5Wff3c0
次の日


真美「おっはよ!兄ちゃん!」

P「おはよう、真美」

真美「あっ、兄ちゃん!」

真美「むぅ~~~~!」プー

P(………?)

P(昨日の亜美みたいに口膨らませて唇突き出して……)

P(何だろ……そういえば、亜美には乙女心を理解しろとか言われたな……)

P(………も、も、もしかして……)

P「ま、真美、まさかキスのおねだりじゃ……」

真美「えぇっ!?ち、違うYO!」///

真美「今のは怒った顔だYO!!」

真美「もう!兄ちゃんってばそんな事ばっか考えて!」///

真美「少しは、お米心を理解した方がいいYO!」

P(やっぱり双子だなぁ……)

真美「もう……兄ちゃんってば……え、エッチいんだから……」///

P「え、エッチじゃない!」

P「まったく……そうやって口を閉じて赤面しとけばもっと可愛いのに……」

真美「えっ!?本当!?」

P「え?」

真美「可愛いって所!本当!?」

P「あ、あぁ。真美のたまに見せるそういう所、凄く可愛いぞ」

真美「赤面する所が……えへへっ」///
28: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 22:19:46.78 ID:yq5Wff3c0
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーーー


真美「なんて事があってね~!」

雪歩「へ、へぇ~……」

真美「兄ちゃんったら、真美の事可愛い可愛いって!」///

雪歩「………そんなに言ってくれたの?」

真美「うん!これで、兄ちゃんのハートは、真美のものだねぇ~!」

真美「真美の赤面する所が可愛いなんて……んっふっふ~!」///

真美「思い出しただけでも、顔が赤くなっちゃうYO~!」///

雪歩「……………」




雪歩「………………」
33: ◆p3yuNM37DY 2014/08/05(火) 23:53:51.02 ID:yq5Wff3c0
次の日

雪歩「……ぷ、プロデューサー…」

P「雪歩か。どうした?」

雪歩「わ……私を、見つめてくれません……か?」///

P「え?見つめる?」

P「………まぁ、わかったよ」ジー

雪歩「…………」///

P「……………」ジー

雪歩「………あぅ」///

雪歩(か、顔……赤くなったよね?)

雪歩「ど、どう、ですか……?」///

P「え、え?ど、どう思うかって事?」

P「………まぁ、雪歩だなぁって……」

雪歩「うぅ……そ、そうじゃなくて……」

雪歩「……や、やっぱり、もういいですぅ」ズーン

P「そ、そうか?なんだったんだ……?」

P「あ、雪歩。そこに置いてるペン、取ってくれ」

雪歩「え?あ、はい。どうぞ」スッ

P「ありがとう……おお、俺の右手を包む様にして渡して……」

P「雪歩のこういう、さりげない行動は女の子らしくて可愛く思えるな」

雪歩「!!」

雪歩「か、可愛いと、思いますか?」///

P「あぁ、雪歩は女の子らしくて、可愛いよ」

雪歩「………えへへ」///
34: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 00:03:06.31 ID:0wfm0gYe0
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーーー

雪歩「なんて事があってね!あってね!」

真「へぇ~……雪歩、テンション上がってるね」

雪歩「プロデューサーに可愛いって……えへへ」///

雪歩「この事で、ずっと頭いっぱいだよぉ……」///

真「女の子らしい……かぁ」

雪歩「プロデューサー、私の一つ一つの行動をよく見ててくれてるんだね……」

雪歩「えへへ……」///

真「………………」





真「…………………」
35: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 01:50:23.63 ID:0wfm0gYe0
次の日

真「おはようございます!プロデューサー!」

P「元気だな。おはよう、真」

真「プロデューサー!」

P「ん?」

真「きゃっぴぴぴぴぴ~ん!!」

真「菊地真、見参!バァーン!」決めポーズ

P「……………」

P「何色の役がしたいんだ?」

真「ぷ、プロデューサー!今のは戦隊モノの登場じゃなくて、ボクの女の子らしさのアピールで……」

P「そ、そうか……えぇと……感想は、悪いが聞かないでくれ……」

真「うぅ……今ので大体分かりましたよ……」シュン

P「ま、まぁ、真は女の子らしくなろうと努力してるんだろ?」

P「そういう所、可愛いぞ」

真「えっ!?ほ、本当ですか!?」///

真「じゃ、じゃあ、ボクがフリフリの服を選んでる時や…….」


真「バシーンって感じの可愛いポーズを探してる時も!?」

P「あぁ、正直努力の方向を見直して欲しい所もあるが……」

P「真の頑張ってる姿は、めちゃくちゃ可愛いよ」

真「わ、わぁ……へへへっ」///
36: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 01:57:43.08 ID:0wfm0gYe0
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーーー


真「なんて事があったんだ!」

伊織「ふぅん……」

伊織「で、何でそれを私に言うわけ?」

真「伊織が聞いたら、悔しがると思ってね~」

伊織「は、はぁ!?何で私が!?」///

真「悔しがってる悔しがってる!」

伊織「そ、そんな訳ないじゃない!私には、関係ない話ね!」

真「でも良かったなぁ~、あんなに可愛い可愛いって言って貰えて……」

真「女の子らしくなるの、ますます頑張っちゃうな、へへっ」///

伊織「………………」




伊織「…………………」
39: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 02:19:55.27 ID:0wfm0gYe0
次の日

伊織「おはよう……」

P「おはよう、伊織」

伊織「……ね、ねぇ」

P「ん?」

伊織「わ、私、昨日頑張ってレッスンしたわ」

P「お、そうなのか。偉い偉い」

伊織「……が、頑張って、学生らしく勉強もしたわ!」

P「へぇ、それはいいことだ。でも、無理はするなよ?」

伊織「………………」

伊織「キィ~~!!何よ何よ!!」///

P「えっ、え!?」

伊織「何で言わないのよ!バカァ!」ポカポカ

P「い、痛い痛い、叩かないでくれ!」

伊織「はぁ……はぁ……もう、本当に鈍い奴なんだから」

P「ほ、本当に何なんだ……微妙に痛かったじゃないか……」

伊織「………わ、悪かったわよ、叩いて」

P「まぁ、いいけどな。いてて……」

伊織「え……本当に、大丈夫?痛いとこ見せてみないよ」

P「………なぁんてな!」

伊織「!も、もう!!」

P「ははは、でも、伊織のそういう素直になる所、可愛いぞ」

伊織「!!」

伊織「わ、私が可愛いのは、当たり前じゃない!」///

P「そうだな。すっごく可愛いもんな」

伊織「………にひひっ」///
40: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 02:28:25.71 ID:0wfm0gYe0
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー


伊織「なんて事があってね」

やよい「伊織ちゃん、よかったね!可愛いって言ってもらえて!」

伊織「ま、まぁ、意見として聞いてあげただけよ」///

伊織「この伊織ちゃんが可愛いのは、当然なんだから」///

やよい「でも伊織ちゃん、嬉しそうだね?」

伊織「う、嬉しいわけないじゃない!」

伊織「あ、あいつに、可愛いって言ってもらえただけで……」

伊織「だけで……」///

やよい「………………」




やよい「…………………」
41: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 02:38:46.37 ID:0wfm0gYe0
次の日

やよい「プロデューサー!おはようございます!」

P「おっ、やよい。おはよう。」

やよい「えっと……あの、プロデューサー」

P「ん?」

やよい「わ、私、嘘はつきません!」

P「え?」

やよい「素直です!ほ、本当ですよ!」

P「い、いや、疑ったこと無いんだが……」

やよい「じゃあ、素直って思いますか!?」

P「うん。やよいは素直な子だよ」

やよい「じゃ、じゃあ、どう思いますか!?」

P「え、いや……だから、いい子だなって……」

やよい「………そう、ですか……はぁ……」シュン

P「な、なんなんだ?」

P「まぁとにかく……元気を出してくれよ、やよい」

P「元気なやよいは、可愛いんだからさ」

やよい「!!」

やよい「ほ、本当ですか!?プロデューサー!?」

P「え?」

やよい「か、かわいいって……」///

P「あぁ。元気なやよいは、見ていて可愛いなって思うよ」

やよい「か、かわいい……ですか……」///

やよい「えへへー!」///
42: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 02:55:33.69 ID:0wfm0gYe0
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーーー


やよい「なんて事があったんです」

美希「むぅ!ハニーとイチャつく何て、やよいズルイの!」

やよい「い、イチャつく何て……そんな……」///

美希「いいなぁ~、美希も言われたいの」

やよい「美希さんも、頑張ったらスグに言われますよ!」

やよい「プロデューサーに、かわいいって……」

やよい「かわいいって……」///

やよい「…………」///

やよい「えへへー」///

美希「………………」





美希「…………………」
52: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 15:14:38.90 ID:0wfm0gYe0
次の日

美希「ハニィーーーー!おっはよーーーー!」

P「お、おはよう。元気だなぁ」

美希「うん!美希、すっごく元気なの!」

美希「ねぇ、どう思う!?どうなのなの!?」

P「えっ、どうって……だから、元気だなって……」

美希「…………むぅ!ハニーの鈍感!」

美希「美希は、ハニーに可愛いねって言われたいの!」

P「じゃ、じゃあ、何で元気なのをアピールするんだ……?」

P「しかし、可愛いって言われたいか……ははは

P「美希は元から可愛いよ」

美希「本当!?特にどこが!?」

P「そうやって、積極的に行動する所もかな」

P「美希のいい所だし、可愛い所でもあるよ」

美希「………いやん、なの」///
53: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 15:15:11.34 ID:0wfm0gYe0
次の日

美希「ハニィーーーー!おっはよーーーー!」

P「お、おはよう。元気だなぁ」

美希「うん!美希、すっごく元気なの!」

美希「ねぇ、どう思う!?どうなのなの!?」

P「えっ、どうって……だから、元気だなって……」

美希「…………むぅ!ハニーの鈍感!」

美希「美希は、ハニーに可愛いねって言われたいの!」

P「じゃ、じゃあ、何で元気なのをアピールするんだ……?」

P「しかし、可愛いって言われたいか……ははは

P「美希は元から可愛いよ」

美希「本当!?特にどこが!?」

P「そうやって、積極的に行動する所もかな」

P「美希のいい所だし、可愛い所でもあるよ」

美希「………いやん、なの」///
54: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 15:21:20.54 ID:0wfm0gYe0
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー


美希「何てことがあったの!律子!」

律子「律子『さん』!」

美希「そ、そうだったの……律子…さん」

律子「はぁ……プロデューサーも、美希に甘いんだから」

美希「ハニーはただ本音を言っただけなの」

美希「美希の事、可愛いって……」

美希「ハニーに言われたら、すっごく幸せなの!」///


律子「………………」





律子「…………………」
56: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 15:41:38.95 ID:0wfm0gYe0
次の日

律子「お、おはよう、ございます、プロデューサー」

P「ん、おはよう。律子」カタカタ

律子「プロデューサー……あ、あの」

P「何だ?」クルッ

P「おっ!おさげから髪型変えたのか!」

律子「え、えぇ、その……」

律子「プロデューサーに……感想、聞きたくって……」///

P「いいんじゃないか?新鮮で」

律子「えっと……他の感想は……?」

P「ん?そうだな……おさげより、セットするのに時間が掛からなそうだな」

律子「………も、もう!せっかく積極的にしてみたのに!」///

律子「なんなんですか!その感想は!効率性の事ばっかで!」

P「え、え?な、なんだなんだ?」

律子「ホラ!このソファーに座ってください!説教です!」

P「せ、説教!?な、何でなんだ……」

P「はぁ……ちょっと怒った時の顔は可愛いのに、本気で怒る顔は怖いなぁ」トボトボ

律子「なっ……な、なんですか!ちょっと怒った時の顔って!」///

P「こう……妻が夫に軽く注意する時みたいでさ、可愛いなって……」

律子「な、な、つ、妻って……も、もう!やっぱり説教はやめます!」

P「えぇ!?せっかくソファーに座ったのに……」

律子「………ふふふっ」///
57: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 16:00:48.00 ID:0wfm0gYe0
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーーー


律子「な、なんて事言われちゃいまして……」

小鳥「ふふっ、律子さん嬉しそうですね?」

律子「そ、そんな、嬉しいだなんて……」///

小鳥「可愛いかー、あたしは小さい時に親戚の人に言われたくらいですね」

小鳥「いざ言われたら、恥ずかしくなっちゃいますね」

律子「私も、可愛いだなんて言われ慣れてなかったので……」

律子「本当にもう……あの人は……私の気持ちに気付いてやってるんじゃないかしら……」///


小鳥「…………………」




小鳥「……………………」
59: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 16:21:42.24 ID:0wfm0gYe0
次の日


小鳥「お、おはようございます、プロデューサーさん」

P「おはようございます、音無さん」

小鳥「!!」

小鳥「ぷ、プロデューサーさん!」

P「え?は、はい?」

小鳥「あ、あたし達が初めて会った時に、名前は自由に呼んで下さいって言いましたけど……」

小鳥「お、音無さんっていうのは、距離があり過ぎると思うんです!」

P「は、はぁ……」

小鳥「わ、分かりましたか!?」


P「は、はい……」

小鳥「………い、今の説教したあたし、どうでしたか?」///

P「えっ?説教?」

P「今のは、説教というより提案に近い様な気が……」

小鳥「……………あ」

小鳥「よ、よく考えたら、そうですよね……あたしったら……」///

P「……ははは、音無さ……小鳥さんも春香に劣らず、なかなかのドジっ子ですね」

小鳥「すみません……」///

P「そういう所、可愛いく思えますよ」

小鳥「えっ……?ほ、本当にですか?」///

P「はい。そんな所、小鳥さんは可愛いです」

小鳥「………や、やった!」///
62: ◆p3yuNM37DY 2014/08/06(水) 16:44:37.00 ID:0wfm0gYe0
ーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーーー

小鳥「何てことがあってね~!」

春香「よ、よかったですね……あはは」

小鳥「可愛いだなんて……そんな、そんな、プロデューサーさんったら……」///

小鳥「こ、このまま行けば、けけけけけ、結婚なんて事も……うへへ」///

春香「こ、小鳥さん、妄想の世界に……」

小鳥「その結婚生活でも、可愛いって………ピヘヘ」///

春香「………………」





春香「…………………」



1に戻る 完
63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/06(水) 16:48:30.37 ID:3Ur1XGTbo
どんどんエスカレートしていく素敵な未来が!
64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/06(水) 17:07:45.06 ID:fAfRXWWyo
最終的には婚姻届けの出しあい
65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/06(水) 21:17:49.22 ID:9ncqWOeXo
無限ループしていいのよ

関連スレ:

この書き手のSSまとめ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク