ハルヒ「ねぇ?キョン」キョン「なんだ?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 00:35:56.973 ID:mH9JE9fF0
ハルヒ「あんた、包茎でしょ?」

キョン「またか…」

ハルヒ「またかって何よ?そんなことより包茎なの真性なの?どっちなのよ?」

キョン「ズルムケの選択肢はないのか!」

ハルヒ「包茎か真性って顔してるじゃない?あんた」

キョン「言っとくが、俺はズルムケだ」

ハルヒ「なんか嘘くさいわねぇぇ?それじゃココで見せてみなさいよ!」

キョン「見せられるワケがあるか!痴女かおまえは!」
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 00:50:42.434 ID:Bmkadba70
ハルヒ「やっぱり被ってるんじゃない!しかもそこまで見せたくないってことは早漏で短小なのね!」

キョン「どうしてちんこを見せないだけでそこまで言われなきゃならんのだ!」

ハルヒ「うるさいわね!じゃあ見せなさいよ!」

キョン「なんだよこのエンドレスちんこは!」

古泉「おやおや、ずいぶん美味しそうな話をしていますね」

キョン「ああ古泉いいところに、こいつに諭してやってくれよ!」

ハルヒ「なによ!短小包茎早漏ちんぽ!早く見せなさいよ!」

古泉「おやおや、穏やかじゃないですね」

キョン「ああもう!朝比奈さんにこんな話聞かせられない!分かったよ!見せるよ!」

ハルヒ「分かればいいのよ!ほら!さっさとその粗末なもんを私に見せなさい!」

キョン「だが条件が一つ!」

ハルヒ「キョンの癖に生意気よ!でもなに?言ってみなさいよ、一応聞いてあげるわよ」

キョン「古泉だ・・・」

古泉「おや?」

キョン「古泉に確認してもらってそれをお前に伝える・・・。それ以外に方法はない・・・!」
17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 01:05:42.725 ID:Bmkadba70
ハルヒ「だめよそれじゃ!古泉くんが嘘をつくじゃない!」

古泉「おやおや、そんなに信用がないのですか?」

キョン「・・・出すぞ」

ハルヒ「あら、もう観念したの?じゃあどうぞ?そのポークビッツを白日のもとに晒しなさい!」

キョン「違う!俺は!お前に!精液をぶっかけると言っているんだ!」

ハルヒ「な、なんでよ!どうしてそうなるのよ!」

キョン「男子高生の性欲を舐めるな!可愛い女子高生二人にちんこを見られて、それだけで済むと思うなよ!」

長門「ユニーク・・・」ペラ

ハルヒ「だ、ダメよ!神聖な部室でそんなの不純よ!」

キョン「黙れ黙れ!じゃあ今からお前の家に行くか?そこでなら心ゆくまで見せられるぞ?だがその場合精液をぶっかけるどころじゃないけどな!」

ハルヒ「な・・・、な・・・」

キョン「どうする?古泉に確認してもらって伝えてもらうか、ぶっかけられるか、自分の部屋でレイプされるか・・・、好きなモノを選べよ!」

ハルヒ「ぐっ・・・、じゃあ古泉くんに・・・」

キョン「よし!いい子だ!じゃあ頼むぞ古泉!」


古泉「いいですけど・・・。僕は・・・、しゃぶりますよ?」
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 01:15:56.914 ID:Bmkadba70
キョン「な・・・、古泉・・・、お前・・・、なにを・・・」

古泉「ええ、ナニをしゃぶります。そして金玉スッカラカンにしちゃいます」

キョン「一度だけでは飽きたらないのか!くそっ!これでは古泉に確認してもらうわけには・・・!」

ハルヒ「ふふふ・・・、あははははっ!どうやら観念したようね!じゃあさっさと見せなさいよ!」

キョン「ま、待て!普通に見せても俺はお前にぶっかける事に代わりはない!まだ勝ち誇るのは早いぞ!」

ハルヒ「ぐっ・・・!」

古泉「膠着状態、ですね・・・」

キョン「ああ・・・、だがこの状態は俺に有利だ!」

ハルヒ「・・・」

キョン「結局のところ俺がちんぽを出さなければ何も起き得ない・・・、今この場を支配しているのはこの俺だ!」

ハルヒ「古泉くん・・・」

古泉「なんですか涼宮さん?」

ハルヒ「やっちゃいなさい!」

古泉「何をですか?」

ハルヒ「キョンのちんぽをしゃぶっちゃいなさい!その前にキョンのチンポを確認すること!これは”団長命令”よ!!」
22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 01:22:25.041 ID:rSR3nuxzd
長門いつの間にいたんだよ
23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 01:27:07.952 ID:wGAP2FNs0
>>22
部室の備品みたいなもんだから最初からいたんだろ
24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 01:27:27.536 ID:Bmkadba70
キョン「ハルヒ!き、貴様!」

古泉「おやおや、団長命令とあらば仕方ありませんよね?」

キョン「そんなわけ有るか!大体、神聖な部室でこんなことダメなんじゃないのか!」

ハルヒ「背に腹は代えられないのよ!さあ観念なさい!ちょっと男の子にちんぽしゃぶられるくらい何よ!男のくせに!」

キョン「ああ!もういやだこんな生活!」

みくる「ふえぇ・・・、なんですかぁ?どうしてこんなに騒がしいんですかぁ・・・?」

キョン「ああ!朝比奈さん!いいところに!助けてください!」

みくる「ふえぇっ!キョンくん?一体どうしたの?」

ハルヒ「みくるちゃん!キョンを捕まえて!キョンのチンポを見ないといけないのよ!!」

みくる「キョンくんの、ち///ちん///」

キョン「朝比奈さん!耳をふさいで下さい!あんな痴女の妄言に耳を傾けてはいけませんよ!」

ハルヒ「誰が痴女よ誰が!さあ!古泉くん!今よ!今がチャンス!」

みくる「あ、でも、キョンくんのを前に見た時は・・・」

ハルヒ「え?」

みくる「あ!こ、これ禁則・・・、じゃなかった!内緒の話でしたぁ!」
27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 01:35:57.651 ID:Bmkadba70
ハルヒ「キョン!一体どういうことよ!みくるちゃんには見せて私には見せないの!?」

キョン「し、知らない!それは本当に知らない!どういうことなんですか!?朝比奈さん!」

みくる「な、内緒の話なんです!内緒の話なんです!」

ハルヒ「しらばっくれるんじゃないわよ!古泉くん!さっさとキョンをひん剥いちゃいなさい!」

古泉「申し訳ありません涼宮さん。ちょっと重要な用事を思い出したので今日は早退しますね」

ハルヒ「もう!大事な用事があるんじゃしょうがないじゃない!でもキョンはちんぽ出しなさいよ!」

キョン(古泉すまん!だが本当に心当たりがないのだ!)

古泉(おそらく未来の事なのでしょう、大丈夫です、戻ってきたらおねがいしますね?)

キョン(本当にすまないと思っているがそれだけは本当にすまない!)

古泉(ふふっ、残念です)

ハルヒ「もうチンポ見るまで誰も帰さないからね!」

キョン「ふぅ・・・、分かったよ・・・、見せるよ・・・」

ハルヒ「えっ!?だ、だからってぶっかけるのは無しよ?」

キョン「ああ・・・、大丈夫だ・・・、それはもう大丈夫なんだ・・・」

ハルヒ「な、なによいきなりおとなしくなっちゃって・・・、じゃあ早速・・・。うっ!なにこの臭い!」
29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 01:41:29.609 ID:Bmkadba70
キョン「俺の・・・、精液の臭いだ・・・」

ハルヒ「な・・・!どうして出しちゃったのよ!何もしてないじゃない!」

キョン「男子高生の性欲を舐めるなと言ったろう・・・」

ハルヒ「だからって・・・」

キョン「お前は信用しないかもしれないが、俺は本当に朝比奈さんにチンポを見せたことはないんだ・・・」

ハルヒ「そこまで言うなら信じなくもないけど・・・」

キョン「ああ・・・、だが朝比奈さんにチンポを見られている所を想像したら、つい・・・、な」

ハルヒ「それだけで・・・」

キョン「ああ、朝比奈さんとはそれほどまでの存在なんだな・・・」

ハルヒ「そうなのね・・・」

キョン「俺としては今すぐ見せてもいいんだが・・・、どうだろう?せめてパンツを洗ってからにさせてくれないか?」

ハルヒ「そうね・・・、そうしなさいな・・・」

キョン「忍びねぇな・・・」

ハルヒ「構わないわ・・・」

キョン「じゃあちょっくら行ってくるわ!」
32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 01:47:22.551 ID:Bmkadba70
ハルヒ「みくるちゃんには後でお仕置きしないとね」

みくる「ふえぇ!どうしてですかぁ!?」

ハルヒ「ふふっ、冗談よ、冗談」

みくる「ふえぇ・・・」

長門「・・・」ペラ

キョン「さあ!洗ってきたぞ!じゃあ見せるか?今見るか?」

ハルヒ「ええ、もちろんよ!さぁ!出しなさい!」

キョン「おう!こうなりゃ俺も男だ!見せてやるよ!俺のチンポを!」

ハルヒ「最初からそうすればよかったのよ!」

キョン「よーく目を見張れよ!これが・・・」

ハルヒ「目を見張って見えればいいけど!」

キョン「これが男子高生の回復力じゃあ!」ドッピュー!!

ハルヒ「きゃあ!なにこれ!精液!?やだ!なんで!どうして!?」

キョン「わはははは!男子高生の性欲を舐めるなと言っただろう!ちょっとインターバルを置けばこの通りよ!」

ハルヒ「もうおちんちん見たいなんて言わないわ!こりごりよ!」  HAPPY END
33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 01:48:34.625 ID:c7Iv1Zs00
優しい世界
34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 01:51:20.926 ID:ER+6LiIzM
ちょっと懐かしかった乙
37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/23(水) 02:07:42.501 ID:+oLs5fsM0
バカバカしくてよかった
懐かしいノリだったな

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

吹いたわww


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク