モバP「好きなポケモン?」 晶葉「うむ」

1: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 00:22:23.82 ID:DsQ+02/80
P「急になんでそんなことを」

晶葉「その理由は……これだ」


バーン!


P「なんだこの大きな機械は」

晶葉「ゲームのポケモンに対応したソリッドビジョンシステムだ」

晶葉「データを入力することで、好きなポケモンの立体映像を映し出すことができるぞ」

P「おお、それはすごいな。でもなんでそんなものを?」

晶葉「ちびっ子達に頼まれたんだ。子どもの夢を叶えてあげるのも発明家の仕事というやつだよ」

P「えらいな。さすがは博士」

晶葉「へへん♪」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435591333
2: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 00:29:52.34 ID:DsQ+02/80
P「で、子ども達が来るまでの間にテストをしようというわけだな」

晶葉「理解が速い助手は優秀だ」

晶葉「Pがポケモンのゲームを持っていれば話は早いのだが」

P「うーん。家にはあるんだが、事務所には持ってきてないなあ」

P「誰かが持ってきてくれればいいんだが……」


未央「やった! カイオーガゲットだぜ!」

凛「未央。歩きながらゲームは危ないよ」

卯月「おはようございます!」


P「おお、ちょうどいいところに」
3: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 00:38:21.80 ID:DsQ+02/80
凛「ふーん。ポケモンを映し出す機械か」

晶葉「性能は保証するぞ」

未央「面白そう! さっそく私のアルファサファイアで試してみようよ!」

晶葉「ではこのコードを3DSに接続してくれ」
6: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 00:48:37.10 ID:DsQ+02/80
未央「じゃあ早速、さっき捕まえたカイオーガを!」ポチッ

カイオーガ『ぎゅらりゅるぅぅぅぅ!』

卯月「わあ、すごいです! 本当に生きてるみたい……」

凛「さすがに大きさは抑えてあるんだね」

P「まあ、設定どおりのサイズだとこの部屋に入りきらないからな」

未央「いけーカイオーガ! ハイドロポンプ!」

カイオーガ『ぎゅらりゅるぅぅぅぅううあああッ!!!』ドバーッ!

未央「おお、エフェクトも凝ってる!」

凛「間近で見るとすごい迫力だね」

晶葉「ふっふっふ。ま、ざっとこんなものだよ」ドヤ
7: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 00:56:51.01 ID:DsQ+02/80
P「未央。リザードン出せないか?」

未央「リザードン? ちょっと待って、確かXのほうにいたはず」ガサゴソ

凛「プロデューサー、リザードン好きなの?」

P「ああ。初代のころに使ってたし、アニメでも大活躍だったからなあ」

凛「そうなんだ」

卯月「私はラッキーが好きです。かわいいし、優しそうですし」

P「対戦だと鬼だけどな」

卯月「え、そうなんですか?」

P「そうなんだよ」

P「ちなみに凛は何が好きなんだ?」

凛「私? 私は……ラティオスかな」

P「蒼いからか」

凛「い、色だけじゃないってば。小さい頃にDVDで見た映画で、かっこよかったから」

卯月「妹のラティアスはかわいかったよね」
8: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 01:03:16.83 ID:DsQ+02/80
リザードン『グオオオォ!』

P「うおお、さすがリザードン! かっこいいなあ」

未央「メガシンカもできるみたいだね」

晶葉「当然だ。現在発表されているすべてのポケモン、すべての形態のデータを収録しているからな」

P「他にもいろんなポケモンを出してみたいな」

卯月「未央ちゃん、ラッキーは持ってますか?」

未央「ラッキーは……あ、あった」
9: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 01:10:27.19 ID:DsQ+02/80
数十分後


みりあ「はーい! みりあ、セレビィが見たい!」

莉嘉「アタシはカエンジシ! がおーっ!」

茜「ホルビーかヌメラを!!」

楓「チョロネコをちょろっとお願いします」

愛海「ミルタンク! ミルタンクは出せないの!?」

晶葉「言っておくが触感までは再現していないぞ」



P「いやー、大人気だな」

未央「ポケモンいっぱい捕まえといてよかった~」

未央「伝説ポケモンもいっぱいだしちゃおう」
12: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 01:17:35.22 ID:DsQ+02/80
パルキア『ぱるぱるぅ!!!』

レシラム『モエルーワ!』


凛「ねえ晶葉。これって対戦はできないの?」

晶葉「もちろんできるぞ」

卯月「でも、ソフトを持ってきているのは未央ちゃんだけだし……」

P「持ち歩いてそうな紗南は、今日は休みだしな。誰かが未央のソフトを一本借りて、それでやるって方法もあるけど……」


ありす「おはようございます……ずいぶんにぎやかですね」

P「あ、持ってそうな子がもうひとりいた」

ありす「?」
14: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 01:25:29.18 ID:DsQ+02/80
ありす「なるほど。そういうことですか」

ありす「ポケモンなら、ちょうど持ってきています」

未央「じゃあ対戦しようよ! 相手がいなくて困ってたんだ~」

ありす「いいですよ。シングルですか」

未央「うん。シングル」

ありす「わかりました」

晶葉「ではありす。3DSをこっちに」



見せ合い中……


ありす「………」

未央「あれ? ありすちゃん、伝説のポケモン使わないんだ」

ありす「……ああ、なるほど。そういうバトルですか」

未央「どうかした?」

ありす「いえ、なんでもないです……旅パに変えたほうがいいかな」ボソッ

未央「本気でかかってきていいからね~。ポケモンバトルはお互い全力でやらなきゃ」

ありす「……未央さんがそう言うなら、そうしますけど」

ありす「でも、後悔しても知りませんよ」

未央「え?」
15: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 01:30:33.90 ID:DsQ+02/80
10分後


『バシャーモは たおれた!』

『フシギバナは たおれた!』

『カイオーガは たおれた!』


未央「そんな、私のポケモン達が……」ガーン

凛「カイオーガ、瞬殺だったね」

未央「というかありすちゃんのポケモン強すぎ! 私のフシギバナとありすちゃんのフシギバナ、全然強さが違うじゃん! なんで!?」

ありす「当然の結果です。未央さん、きちんと努力値振ってないじゃないですか」

みりあ「ありすちゃん強いね!」

莉嘉「今度アタシともバトルしよっ!」

未央「努力値……? どこかで聞いたことあるような、ないような」

P「ポケモンの育成にはいろいろあるんだ。それをやるかやらないかで、同じ種類のポケモンでも全然強さが違ってくる」

凛「ああ、それ私も聞いたことある」

卯月「ありすちゃんは強いポケモンを育てていたってことですね」
16: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 01:37:17.12 ID:DsQ+02/80
未央「ぐぬぬ、もう一回!」

P「多分何回やっても勝てないと思うが」

未央「うぅ……だ、誰かありすちゃんのポケモンに敵うポケモンを育てている子は」



飛鳥「おはようございます」

未央「努力値をちゃんとしたポケモン持ってる!?」グワッ

飛鳥「……は?」
17: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 01:41:03.39 ID:DsQ+02/80
飛鳥「ふうん。とりあえず事情は理解した」

飛鳥「そして都合のいいことに、ボクは今日たまたま育成済みのポケモンがいるソフトを持ってきている」

飛鳥「ただの偶然と片付けてしまうには無粋なほどの――」

未央「お願いあすあす! 私の敵をとって!」

飛鳥「(最後まで言わせてほしかった……)」

P「そういえば、飛鳥は結構ポケモン詳しかったな」

飛鳥「それなりにはね。もっとも、そこまで対戦に傾倒しているわけでもないけれど……まあ、きちんと厳選して育てたポケモンくらいは用意しているよ」
19: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 01:45:01.87 ID:DsQ+02/80
再び見せ合い中……


ありすのパーティー

クレッフィ
マリルリ
サザンドラ
ギルガルド
フシギバナ
ファイアロー


飛鳥のパーティー

アブソル
シャンデラ
ハッサム
デンリュウ
コジョンド
ヤドラン


P「ちなみに飛鳥、好きなポケモンは?」

飛鳥「アブソル」

P「だろうな。すごくイメージ通りだ」
29: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 06:55:13.01 ID:DsQ+02/80
未央「どう、あすあす? ありすちゃんのポケモンってやっぱり強いの?」

飛鳥「そうだね。情け容赦なしのガチパというほどではないけど、基本的に強いポケモンでパーティーが固められている」

飛鳥「特に、マリルリには注意しないとね。はらだいこ型だと非常に厄介だ」

卯月「マリルリってそんなに怖いんですか? こんなにかわいいのに」

飛鳥「見た目とは裏腹の凶悪な攻撃力だから」

飛鳥「マリルリをはらだいこ型だと仮定すると、おそらくクレッフィは……それに、サザンガルドの組み合わせにも警戒しないと……」ブツブツ

凛「……なんか、すごいね。ポケモンってこんなに考えるゲームなんだ」

晶葉「私も対戦についてはあまり調べなかったから、何を考えているのかさっぱりだ」

P「たいていのゲームは、やりこめば奥が深いもんだ」
30: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 07:00:41.92 ID:DsQ+02/80
莉嘉「どう、ありすちゃん。勝てそう?」

ありす「見せ合いの段階ではなんとも言えませんが……ひとつだけわかることがあります」

みりあ「なになに?」

ありす「飛鳥さんがアブソルが好きだということです」

ありす「(そこそこにバランスがとれたパーティーに見える……メガシンカしそうなのは、アブソルとデンリュウかな。多分この2匹の同時選出はない)」

ありす「(きあいのタスキを持っていそうなのはコジョンドくらい……となると、今回はこの戦術が決まりやすいかもしれない)」

ありす「……よし。この3匹でいこう」
31: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 07:09:49.84 ID:DsQ+02/80
対戦開始
BGM ORASライバル戦


未央「やっぱりこの曲は盛り上がるね」


『ゆけっ! コジョンド!』
『ありすは サザンドラを くりだした!』


飛鳥「うん。悪くない対面だ」

茜「コジョンドのカンフーポーズ、かっこいいです!!」

凛「サザンドラは迫力満点だね。さすがドラゴンポケモン」

未央「サザンドラは悪タイプだから、コジョンドの格闘タイプの技で一撃だ!」

飛鳥「まあ、これが1対1の勝負ならその選択で間違いはない」

飛鳥「けど、これは3対3のシングルバトル……目先の一撃にこだわり、大局を見失うのは得策じゃない」


『ありすは サザンドラを ひっこめた!』
『ありすは クレッフィを くりだした!』

『コジョンドの とんぼがえり!』
『こうかは いまひとつの ようだ…』(クレッフィのHP、わずかに減少)
『コジョンドの いのちが けずられた!』
『コジョンドは あすかのもとへ もどっていく!』


未央「とんぼがえりって、確か虫タイプの技だよね」

P「そう。そして、攻撃後にポケモンを交代することができる」

凛「ありすも交代したから……あのクレッフィに対して有利なポケモンを出せるってことだよね」

卯月「相手の交換を見てから、後出しできるってことですか」

飛鳥「それがとんぼがえりの最大の利点さ。ボクはこれで、再び有利対面を作ることができる」

飛鳥「ボクがくり出すのは、このポケモンだ」
32: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 07:17:30.39 ID:DsQ+02/80
『あすかは シャンデラを くりだした!』


ありす「やはりシャンデラが来ましたね。クレッフィ対策で入れてくると思っていました」

莉嘉「クレッフィは鋼タイプとフェアリータイプだから……」

みりあ「炎タイプのシャンデラには弱い、のかな」

ありす「そうですね。相性はかなり悪いです」

ありす「(シャンデラの場合、特性のすりぬけでみがわりも壁も貫通してくる。クレッフィの天敵とも呼べる存在)」

ありす「(また不利対面になってしまったけれど……でも、コジョンドの持ち物がいのちのたまだとわかったのは大きいかな。タスキじゃないってことだし)」

ありす「次は、そのシャンデラの型を明らかにしなければいけませんね」

ありす「メガネかスカーフか、はたまた小さくなるを連打するのか……」

ありす「判断がつくまでは、もう少し様子見……」
33: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 07:29:13.99 ID:DsQ+02/80
『もどれ! クレッフィ!』
『ゆけっ! サザンドラ!』

『あすかは シャンデラを ひっこめた!』
『あすかは コジョンドを くりだした!』


P「仕切り直し、だな」

飛鳥「あぁ。互いに2匹目を公開して、また最初の対面に戻った」

飛鳥「……そして、おそらくだがありすの控えにギルガルドはいない」

飛鳥「1ターン目にギルガルドでなくクレッフィに交代してきたということは、そうなんじゃないかと予想できる」

卯月「そうなんですか?」

P「あの場面でコジョンドが撃つ可能性のある技は、ノーマルタイプのねこだまし、格闘タイプのとびひざげり、そして虫タイプのとんぼがえり。すべてギルガルドに効果は薄いからな。いるなら出してくる場面ではある」

P「でも、そう簡単に決めつけてもいいのか? はたきおとすを警戒して出さなかったのかもしれないだろう」

飛鳥「ある程度は決め打ちしないと、このパーティーで向こうには勝てないさ」

飛鳥「クレッフィとギルガルドの同時選出はバランスが悪いという根拠もあるしね」

未央「あー、そっか。どっちもシャンデラの攻撃でやられちゃうから、一緒に入れると危ないかも」

飛鳥「ゆえに、ボクが次に選ぶ一手は――」


『ありすは サザンドラを ひっこめた!』
『ありすは クレッフィをくりだした!』

『コジョンドの とびひざげり!』(クレッフィのHPを6割ほど削る)
『コジョンドの いのちが けずられた!』


飛鳥「いいダメージだ」
34: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 07:35:10.29 ID:DsQ+02/80
ありす「……ちょっと待ってください。こんなにダメージ入るんですか」

莉嘉「半分以上いったね」

みりあ「コジョンドつよーい!」

ありす「そういえば、コジョンドの夢特性って、すてみ(とびひざげりなどの技の威力が上がる)だったような……忘れてた」

ありす「でも、まだまだ終わっていません」


『あすかは コジョンドをひっこめた!』
『あすかは シャンデラを くりだした!』

『クレッフィの でんじは!』
『シャンデラは まひして わざが でにくくなった!』


『もどれ! クレッフィ!』
『ゆけっ! サザンドラ!』

『シャンデラの めざめるパワー!』
『こうかは ばつぐんだ!』(サザンドラのHPを8割5分削る)


ありす「めざパ……格闘? しかもこのダメージ量……間違いなくこだわりメガネ」

ありす「……メガネなら、いけるかも」
35: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 07:39:31.94 ID:DsQ+02/80
『サザンドラのきあいだま!』
『シャンデラには こうかが ないようだ…』

『シャンデラの めざめるパワー!』
『こうかは ばつぐんだ!』
『サザンドラは たおれた!』


凛「えっ?」

未央「なんでゴーストタイプのシャンデラに、格闘タイプのきあいだまを撃ったの?」

卯月「ありすちゃん、ボタンを押し間違えたんでしょうか」

飛鳥「いや、おそらく彼女は狙ってやったんだ。ボクのシャンデラがこだわりメガネ持ちだと見抜いてね」


『ありすは マリルリを くりだした!』


未央「えーっと、マリルリのタイプは水・フェアリーだから……シャンデラの技なら、草タイプのエナジーボールが抜群だね」

P「でも、今はエナジーボールを撃てない。こだわりメガネの効果で、交代するまでは同じ技しか撃てないんだ」

凛「それじゃあ、いまひとつのめざめるパワー格闘しか撃てないってこと?」

P「こだわりメガネは、火力を上げる代わりに厄介な制約がついてるってわけだ」
54: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 21:19:04.40 ID:DsQ+02/80

『マリルリの はらだいこ!』
『マリルリは たいりょくをけずって パワーぜんかい!』(マリルリのHPが半分に)
『マリルリは オボンのみで たいりょくを かいふくした!』(マリルリのHPが4分の3に)

『シャンデラの めざめるパワー!』
『こうかは いまひとつのようだ…』(マリルリにわずかなダメージ)


36: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 07:45:58.26 ID:DsQ+02/80
未央「ああ、マリルリが心なしかムキムキになった気がする!」

茜「赤いオーラが出ています!! きっと気があふれ出ているんですよ!!」

飛鳥「………」

P「これで、マリルリの攻撃力は4倍になった」

P「さらにこいつには、先制技のアクアジェットがある。耐久の低いポケモンはみな一撃だ」


『マリルリの アクアジェット!』
『こうかは ばつぐんだ!』
『シャンデラは たおれた!』


凛「……これ、まずいよね。だって飛鳥の3匹目のポケモンは」


『ゆけっ! アブソル!』
『アブソルは プレッシャーを はなっている!』
37: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 07:51:18.17 ID:DsQ+02/80
ありす「3匹目はアブソル……勝った」グッ

ありす「メガシンカしてふいうちされても、効果はいまひとつだから一発は確実に耐える。その後コジョンドにねこだましをされたとしてもまだ耐えるはず」

ありす「マリルリに安全な状況ではらだいこをさせたのが、勝敗の分かれ目――」

ありす「………?」

飛鳥「………」ニヤリ

ありす「飛鳥さん、笑って……」


『マリルリの アクアジェット!』


ありす「っ!? アブソルがメガシンカしていない?」

ありす「まさか――」
39: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 07:54:11.38 ID:DsQ+02/80
飛鳥「第六世代で、アブソルはメガシンカを手に入れ、今まで足りていなかった素早さと状態異常への耐性を得た」

飛鳥「攻撃も上がったし、普通ならアブソルの持ち物はメガシンカするためのメガストーン一択だ」

飛鳥「だがありす。同じ事務所の仲間なんだ。キミもよく知っているだろう」

飛鳥「ボクがそういった定石を素直に受け入れない、ひねくれ者だということを」


『アブソルは きあいのタスキで もちこたえた!』(アブソルのHP:1)


晶葉「おお! アブソルが傷だらけの身体で踏ん張った!」

ありす「タスキ!? で、でもアブソルにマリルリを一撃で倒す技は」


『アブソルの カウンター!』
『マリルリは たおれた!』


ありす「……カウンター、覚えたんだ」

飛鳥「第三世代限定の教え技だ。若いキミが知らないのも無理はない」フッ

P「お前ら2つしか年違わないけどな」

ありす「驚きました……でも、まだ私にはクレッフィが残っています」

ありす「このクレッフィは壁貼り型です。リフレクターを貼って、なんとか粘れば――」
40: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 07:58:52.23 ID:DsQ+02/80
『アブソルの つるぎのまい!』


ありす「粘れば……」


『アブソルの バトンタッチ!』
『がんばれ! コジョンド!』


P「つるぎのまいは攻撃を2倍にする技。バトンタッチは次のポケモンに能力変化を引き継ぐ技」

P「つまり、今のコジョンドは攻撃力2倍ってことだ」


『コジョンドの とびひざげり!』
『クレッフィは たおれた!』


ありす「……完敗です」

飛鳥「いや。正直『わからん殺し』というのをしてしまった面が大きい」

飛鳥「もう一度やれば、きっとキミが勝つ」
41: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 08:01:05.07 ID:DsQ+02/80
ありす「それにしても、『つるぎのまい バトンタッチ ふいうち カウンター』ですか……」

P「なんだこのアブソル」

飛鳥「メガシンカしないのなら、こういう技構成も普通にあるだろう」

P「いや、普通まずメガシンカするからな? メガシンカすれば、特性の効果で状態異常技とかを跳ね返せるようになるんだから」

飛鳥「そう、そこだよP」

P「へ?」

飛鳥「メガシンカが登場したことで、アブソルに向かって変化技を撃つ相手はほぼいなくなった。すなわちそれは、攻撃技を受けてカウンターを成功させやすくなったということだ」

飛鳥「さらにアブソルは得意不得意がはっきりしているポケモンだ。ゆえに相手の交代も読みやすいから、そういう時はつるぎのまいを積んでバトンタッチしてやればいい」

ありす「簡単に言いますけど、それものすごく読みが必要になりますよ?」

飛鳥「アブソルを使っている時点でかなりの読みが強要されるんだ。だったら、とことんスリリングな戦い方を追求してみるのも一興だろう?」

凛「……ギャンブラー?」

未央「よくわからないけど、なんかかっこいいよね」

卯月「ですねっ」

楓「アブソルはアブない橋を渡ってナンボ……ふふっ」
42: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 08:03:42.72 ID:DsQ+02/80
凛「それにしても、白熱したポケモンバトルだったね」

晶葉「私のソリッドビジョンシステムも、場を盛り上げるのに一役買っていたな」

みりあ「明日はポケモン持ってくるから、私もバトルやりたい!」

莉嘉「アタシもアタシも!」

未央「私も今日の戦いのリベンジをしないとなあ」


P「……どうやら、しばらくポケモンが事務所で流行りそうだな」

P「飛鳥とありすは先生役やらされると思うから、がんばれよ」

飛鳥「ボクもボクでパーティーが未完成なんだが……さっきのやつ、スカーフサザンドラにかなり弱いし。そもそもレートの全体的な勝率も低いし」

ありす「私のサザンドラ、メガネでした」

P「肩肘張らずに、楽しく教えてあげればいいんだよ」

飛鳥「……フッ、そうだね」

ありす「そうですね」
43: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 08:05:55.48 ID:DsQ+02/80
ありす「ところでPさん。Pさんもポケモン詳しいんですよね」

飛鳥「パーティー、作っているのかい?」

P「まあ、一応な」

ありす「どんなパーティーなんですか?」



P「んんwwwヤーティ以外ありえないwww」


おわり
45: ◆C2VTzcV58A 2015/06/30(火) 08:19:11.55 ID:DsQ+02/80
お付き合いいただきありがとうございました
ORASリーグではカウンターアブソル使えないので、皆さんメガアブソルをどんどん使っていきましょう
しかし、メガシンカのおかげでカウンターの秘匿性が上がったのは事実だと思います(特性の仕様上)

本作の設定だと、事務所内ではやっぱり紗南が最強という感じです
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/30(火) 09:05:52.40 ID:QKbBz+5V0
案外やりこんでそうな奈緒と影響受けててそれなりに強そうな加蓮
乙ー
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/30(火) 13:47:42.17 ID:BqnngCZ7o
第三世代カウンター・地球投げ職人だった時代を思い出した
ポケモン復帰しようかなあ

関連スレ:

この書き手のSSまとめ


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク