文香「キープ………」 モバP「えっ」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 23:30:51.18 ID:dEWgX6hM0
P「き、キープ?」

文香「は、はい?」

P「キープなのか?」

文香「は、はぁ………(後で読みたいし)」

P「そ、そうか………」

文香「はい………」

P「………………」

文香「………………」

P「………さよなら」

文香「えっ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391092251
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 23:31:51.00 ID:pHOz4zQ6o
ん?
4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 23:35:56.42 ID:dEWgX6hM0
P「文香にキープって言われちまったぁー!」

凛「えぇ………」

まゆ「また贅沢ですねぇ………」

文香「え、いや」

P「あんなに好きって言ってたのにいいい!」

卯月「わぁ!」

美優「文香ちゃん攻めてる!」

文香「ちょ、Pさ」

P「自分からキスとかもしてくれたのにいいい!」

輝子「ふ、ふひ………大胆………」

美嘉「アタックって感じだね☆」

文香「うわわわわわ」アタフタ
5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 23:43:13.28 ID:dEWgX6hM0
文香「き、キープって、本の話ですから………!」

P「そんな言い訳聞きたくない! 聞きたくなぁい!」ゴロゴロ

杏「ん? どしたのプロデューサー。一緒に転がる? いいよ」ゴロゴロ

アナスタシア「ダー………駄々っ子になってますね」

文香「い、言い訳なんかじゃ………!」

P「もーまじむり。キープとかもうむりっすよむり」ゴロゴロ

あい「ああ、Pくんが至上稀にみる無気力に………」

音葉「これはもう、全力で誤解を解くしかないんじゃないですか………?」チラ

のあ「そうね………」チラ

未央「だよねー………ちら」チラ

楓「チラシをチラ見せ………なんて」チラ

文香「え、ええ………!?」

P「むぅーりぃー」ゴロゴロ

乃々「ちょ、せま………プロデューサーさん狭い………むぅーりぃー」ギュウギュウ
6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 23:57:14.78 ID:dEWgX6hM0
P「あー………これはもう文香にキープじゃないって証拠を見せてもらわないと立ち直れないなー」

愛梨「証拠………ですか?」

美波「うーん………腕組み?」

小梅「は、ハグ………とか?」エヘヘ

泉「愛をささやいてみたりとか………」ウーン

文香「よかった、キスじゃなくて………」ボソッ

加蓮「キス選択肢にあったんだ………」ヒソ

奈緒「むしろそれが本命だったんじゃねえのかあれ………」ヒソ

文香「違いますよ!?」

凛「爛れてる………」

卯月「爛れてます………」

未央「爛れてるなぁ………」

文香「ぷ、プロデューサーさぁん!」

P「はいはい、困った時のキープさんですよー」

文香「まだ続けるんですかこれ!?」

まゆ「いいんじゃないですか、何でも」

幸子「まゆさんに言われるとそれはそれで怖いですね………」

智絵理「好きって気持ちが伝わることなら、何でも大丈夫ですよ」エヘヘ

夕美「四つ葉のクローバーの花言葉知ってる人どれぐらいいるんだろ………」

ゆかり「言うこと何でも聞いたり、とか」

真奈美「絶対服従は愛なのか?」

響子「お、お嫁さんになったり、とか」

早苗「それもう最終到達点よね………」



10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/31(金) 00:03:15.14 ID:4yvBIguF0
文香「………………」プンプン

P「いや、悪かったよ」

文香「許しません」プンスカ

P「急に文香がキープなんて言うから………」

文香「意味間違えるなんてありえません。からかってただけに決まってます」

P「………まあそうね」

文香「………………」プンプン

P「皆にいじられる文香が可愛いのが悪い」

文香「なんですかそれ………」ジトー

P「新鮮味があるというか………」

文香「………他の人にいじられててもいいんですか、私が」プンスカ

P「えっ」

文香「独り占めにしたいとか、そういうのはないんですか」プンスカ

P「………ああ、そういう感じなんだ」
12: やっちまった……ごめん智絵理 2014/01/31(金) 00:09:23.56 ID:4yvBIguF0
文香「まったく………」プンプン

P「なんというか………ごめん」

文香「もう知りません」プイッ

P「ええと…………ふ、文香」ギュッ

文香「………これで納得するとでも思ってるんですか?」ジトー

P「も、もっと攻めた方がいいのか?」

文香「今時手を握るなんて中学生でもしてるって聞きましたよ」

P「ぐっ………」

文香「………こういう時、さらっと抱きしめられる人だと思っていたんですけど」

P「そ、そうか?」

文香「仕事の時はパリッとしているので」

P「プライベートでは気が抜けちゃうしな………」

文香「もっと男気を見せてください」

P「えぇー………文香強気………」

文香「誰がそうしたと思ってるんですか………」
14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/31(金) 00:13:03.02 ID:4yvBIguF0
P「じゃ、じゃあ………し、失礼します」ギュッ

文香「ん……………」

P「………ど、どうだ?」

文香「どうと言われましても……特に」

P「特にないのか!? 仮にも異性に抱きしめられてるのにか!?」

文香「まあ、特に何も感じない程度には慣れてますし」

P「………文香攻めるなぁ」

文香「だから誰のせいだと思ってるんですか」
16: 智絵里智絵里智絵里 2014/01/31(金) 00:20:30.43 ID:4yvBIguF0
文香「………最初は、目を見て話すのもうまくできませんでしたね」

P「ああ、避けられてるかと思うくらいだったもんな」

文香「それをよくもまあここまで変えられてしまって」

P「損害みたいに言うな」

文香「無理やり前髪上げさせられたりして」

P「ステージ上で顔見えないのは駄目だしな」

文香「スカートめくられてる気分でした」

P「文香はロングスカート多いけど………え、それめくられるレベル?」

文香「ええ、それはもうぐわっと。ミニスカートちょっとめくられるのとは訳が違います」

P「ごめん………」

文香「それだけ私にとっては刺激的だったということです」

P「刺激的………露出狂………」

文香「早苗さんにセクハラで突き出しますよ」

P「勘弁してくれ」
18: え、あれって店番中の話じゃないの? 2014/01/31(金) 00:26:09.79 ID:4yvBIguF0
P「髪………結局長いままだよな」

文香「切らないと駄目ですか?」

P「いや………でも、もう誰かと目線を合わせるのも苦じゃないだろ? なら………」

文香「………結構、好きなんですよ」

P「前髪が?」

文香「………前髪を上げられて、それから顔を覗き込まれることが」

P「………い、意外といるんだな。そういうことする人」

文香「今のところプロデューサーさんしかいませんけど」

P「………………」

文香「まあ、そういうことです」

P「お、おう………」

文香「どうですか? ………これで、キープなんかじゃないことは証明できましたよね」

P「………………まあ、そうだな」
20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/31(金) 00:36:16.83 ID:4yvBIguF0
P「………………」パサ

文香「………………」マエガミアゲラレ

P「………綺麗な目をしている」

文香「恥ずかしいからってアニメに走らないでください」ジトー

P「ぐぅ………」

文香「でも、ちょっと嬉しいです」

P「褒められると嬉しいよな。俺も長所褒められると嬉しいし」

文香「プロデューサーさんだからですよ」

P「………………」ダラダラ

文香「プロデューサーさん………もしかしなくても、好意受け止めるの苦手ですか?」

P「得意な人っているのか? ああ、いることはいるか………」

文香「人から拒まれたことがなかったら、そういうこともあるんじゃないですかね」

P「脳内お花畑か………」

文香「キープだ何だと散々人を貶して逃げる人よりかはマシだと思いますけど」

P「……………」グッタリ
21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/31(金) 00:44:19.57 ID:4yvBIguF0
文香「………………まあ」オデココツン

P「お………」

文香「最後はちゃんと受け止めてくれるから、最低ではないですね」

P「文香………」

文香「………外に連れ出してくれた責任は、ちゃんと取ってくださいよ」

P「………………ど、努力します」

文香「捨てられたら、どうなるか私でも分かりません」

P「もう拾ったことになってるのか………」

文香「捨て猫扱いでも、かまいませんよ?」

P「またみくにゃんのファンが減るな」

文香「誰も見てないから好きにしてくださっていいですよ。Pさんのおうちですし………」

P「………猫ってどこ撫でればいいんだ」

文香「下顎とか………だったと思いますけど」

P「………………」ナデ

文香「くすぐったいです」
22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/31(金) 00:54:56.25 ID:4yvBIguF0
P「文香……………」ギュッ

文香「あ…………そ、そんなに強く抱きしめると苦しい、です」

P「愛してるよ………」ボソッ

文香「~~~~っ!」ゾクッ

P「(………ちょっと強気に出ると元に戻るんだよな)」

文香「P、Pさん………も、もっと………」

P「(でも、どちらにしても甘えていることに変わりはないのか?)」

文香「んぅ………」スリスリ

P「首に鼻擦りつけてくるとか………本当に猫みたいだな、文香」

文香「ね、猫はお好きですか?」

P「………猫じゃなくて文香が好きだ」

文香「っ………や、やり返しですか」

P「そんなわけないだろ」

文香「うぅ………………」カアア

P「………………」ナデナデ
23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/31(金) 01:03:29.66 ID:4yvBIguF0
P「………………今日は、泊まってくか?」

文香「いいんですか?」

P「今日の罪滅ぼしもかねて」

文香「………なら、お言葉に甘えて」

P「………そう、文香を家にキープするわけだ」ドヤア

文香「………………えぇー」ジトー

P「こ、今夜は寝かさないぞ?」

文香「ど、どうも………」

P「えっ………」

文香「………そういうことは冗談で言わないでください」

P「………い、言わないぞ? ああ、俺はマジだよ」

文香「Pさんがいいならそれでいいですけど………」

P「………………が、頑張ります」

文香「こちらこそ、と言っておきます」

P「………尻に敷かれてるな、俺」

文香「ふふ。いいじゃないですか、それで幸せなら」

文香「………ずっとキープしてますからね、Pさん」


終わり
24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/31(金) 01:05:34.19 ID:1tPaOpPmo
はぁ…ふみふみと文学したいなぁ…
25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/31(金) 01:05:38.00 ID:8YrZlaWDO
甘い、甘すぎる…(珈琲ゴクー)
乙でしたー

ちえりはそのうち熊先生(ないし台詞入れるスタッフ)がミスすると期待してる
26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/31(金) 01:18:09.59 ID:IAWxk5gfo
フミカワイイ
乙です

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

可愛い!


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク