美城常務「夕飯なんだが」

1: ◆aH90oA1BN6 2015/10/12(月) 21:21:14.02 ID:SxIqVeEbo
常務の本名ってなんなんだよぉおおおお
常務★★☆☆☆デレ

前回までのお話

美城常務「車を買ったんだが」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444652473
2: ◆aH90oA1BN6 2015/10/12(月) 21:21:42.34 ID:SxIqVeEbo
美城常務「報告ご苦労」

P「いえいえ」

美城「君がプロデューサー間の調整をしてくれて助かる」

P「自分は専属アイドルいませんし」

美城「そういう役回りの人間も必要だ」
3: ◆aH90oA1BN6 2015/10/12(月) 21:22:53.34 ID:SxIqVeEbo
美城「ところで」

P「なんですか常務」

美城「……」

P「えぇと、美城…さん」
4: ◆aH90oA1BN6 2015/10/12(月) 21:23:19.21 ID:SxIqVeEbo
美城「今度の土曜だが、夜時間は空いているか?」

P「えぇ、どうしました?」

美城「こないだの約束だ、一緒に夕飯はどうだ」

P「構いませんよ?」

美城「わかった、追って連絡する」
5: ◆aH90oA1BN6 2015/10/12(月) 21:27:34.88 ID:SxIqVeEbo
P(に、しても常務の行きつけのお店か)

P(高い店なのか?庶民的な店なのか?)

ピロリン!ユーガットメール!

P「ん?」
6: ◆aH90oA1BN6 2015/10/12(月) 21:55:17.16 ID:SxIqVeEbo
『例の件だが、その前に仕事が入った』

P(まぁ、あの人も忙しいからな)

『そのため、土曜日は時間が遅くなる』

P(こりゃ延期かな?)

『そこで、君さえ良ければ私の家で夕飯にしないか?』

P(え?)
7: ◆aH90oA1BN6 2015/10/12(月) 21:55:43.64 ID:SxIqVeEbo
千川ちひろ「あら?プロデューサーさんどうかしたんですか?」

P「えーっとですね…」

ちひろ「あ、また常務からメールですね」

P「そんなとこです」

ちひろ「Pさんも大変ですね、常務からの仕事の依頼も多いですし」

P「まぁ…」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 22:24:01.79 ID:I9ziQ82bo
あんな美人の家に夕飯に招かれたら勘違いしちゃう
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 22:42:05.03 ID:RKn6Oq6G0
いやこれ完全に誘ってるやん
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/13(火) 00:00:31.36 ID:PrydtlVBo
これアイドルが殺しにくるやつやん...
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/13(火) 00:21:37.61 ID:BzLdh8G0O
>>14
冒頭で専属のアイドルいないって言ってるし大丈夫だから…(震え声)
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/13(火) 01:22:20.08 ID:sQsPmVuaO
ここがあの女のハウスね…
13: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 00:00:18.21 ID:2vLz8uspo
土曜日

『私だ、美城だ』

P「お疲れ様です Pです」

『そろそろつく頃か?』

P「はい、マンションが見えてきました」

『そうか、オートロックだから入り口でインターホンを鳴らすように』

P「わかりました」
15: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 00:00:45.56 ID:2vLz8uspo
ピンポーン

P(高級って訳じゃないけど一人暮らしには高そうなマンションだなぁ)

『君か、今開ける そのまま部屋まで上がってくるように』

P「わかりました」
16: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 00:01:16.89 ID:2vLz8uspo
ガチャン

美城「来たか、上がってくれ」

P「あ、はい」

美城「どうかしたか?」

P「いえ、なんでもないです」

P(常務のエプロン姿とは…)
17: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 00:02:53.78 ID:2vLz8uspo
P「料理中でしたか?なにか手伝いましょうか?」

美城「君はリビングでくつろいでいてくれ すぐに終わる」

P「わかりました、失礼します」
19: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 00:04:57.56 ID:2vLz8uspo
グツグツ…

P(常務の料理姿…)

P(うーむ…あまり想像できなかった)

P(に、しても常務の自宅か)

P(散らかってないのは予想通りだけど、何もモノがないってわけでもないのか…)
18: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 00:03:21.52 ID:2vLz8uspo
美城「待たせたな、出来上がりだ」

P「はっはいっ」

美城「どうしたんだ?まぁ席について」

P「わかりました」
20: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 00:05:32.43 ID:2vLz8uspo
美城「それじゃあ食べようじゃないか」

P「そうですね、頂きます」

美城「頂きます」
21: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 00:06:00.39 ID:2vLz8uspo
P(パスタとサラダ、スープはミネストローネか)

美城「時間が無くて簡単で申し訳ないな」

P「いいえ、そんなことないですよ 普段から料理は?」

美城「もちろん」
22: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 00:06:27.41 ID:2vLz8uspo
美城「向こうにいた時から自分で料理はしていた 向こうの食事は私に合わなくてな」

P「そうなんですか」

美城「自分で作れば味付けもそうだが、栄養分も調整できる」

P「そうですね」
23: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 00:07:02.86 ID:2vLz8uspo
美城「君はどうなんだ?」

P「自分は時間があれば…でも最近は仕事が忙しくてコンビニ弁当ですね…」

美城「申し訳ない」

P「いえいえ、美城さんが謝ることじゃないですって」
24: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 00:07:29.06 ID:2vLz8uspo
美城「ところで、アルコールは大丈夫か?」

P「えぇ、それなりには」

美城「ビールしか無くて申し訳ないが」

P「頂きます」
27: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 12:10:32.95 ID:rhXR/MRWo
プシュ!

美城「ところで、仕事の方はどうなんだ?」

P「え?仕事ですか」

美城「週報は貰っているが、直接話を聞いたことはないと思ってだな」ゴクゴク

P「えぇとですね」
28: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 12:17:29.63 ID:rhXR/MRWo
P「今週は川島さんのとこのプロデューサー達と、年末のライブについて打ち合わせしましたね」

美城「去年もやってた年上組のライブだな」

P「えぇ、ライブ演出について希望案があったのでそれをまとめて参加Pに配信しました」
29: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 12:18:15.06 ID:rhXR/MRWo
美城「君の意見は?」

P「もちろん載せましたよ 去年も自分が担当してたんで」

美城「具体的には?」

P「今年はライブメンバーで新曲を出そうかと CD化するかは検討中ですけど」

美城「なるほど たしか去年はライブでカバーもやってたはずだが」
30: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 12:18:42.80 ID:rhXR/MRWo
P「よくご存知で そこら編の選曲はアイドル達に任せてます お客の対象が同じ年代なのでちょうど合うかと」

美城「彼女たちのプロデューサーとの折衝は大丈夫か?」

P「えぇ、去年のライブのおかけでどういうコンセプトのものかはわかってもらってますし 今年から

参加するメンバー達とはこれから説明しますが」

美城「そうか、それ以外は?」
31: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 12:19:14.68 ID:rhXR/MRWo
P「あとは年末のライブに向けた話しがぼちぼちと何件か」

美城「君には折衝役ばかり任せてすまないな 本来は上の仕事のはずなんだが」

P「いえ、みんな協力してくれてるので助かりますよ 特に去年の年上組のライブの成功もありましたし」

美城「そうか、引き続き頼む」

P「わかりました」
32: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 12:19:42.02 ID:rhXR/MRWo
美城「ところで、君は今の仕事で不満はないか?」

P「どういう事ですか?」

美城「うちは基本的にはアイドルにマンツーマンでプロデューサーを付けるが、君はその例外なわけだ」

P「他のプロデューサーみたいに専属でやりたいとは思わないか、ということですか」

美城「そういうことだ」
33: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 12:20:17.87 ID:rhXR/MRWo
P「まぁ、最初は思いましたけどね」

美城「今はどうなんだ」

P「好きですよ、今の仕事 それぞれのプロデューサーがどういう目標でプロデュースしてるのか分かりますし、合同ライブとかの大きい仕事もやりがいありますから」

美城「そうかそれは良かった」

美城「さて、仕事の話はここまでにして続きを飲もうか」

P「えぇ」
34: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 12:20:56.81 ID:rhXR/MRWo
………
……


美城「帰りは大丈夫か?」

P「えぇ、そんなに飲んでませんし、どっかでタクシー拾ってきますよ」

美城「遅くまですまなかったな」

P「いいえ、美城さんと話しできたんで良かったです」

美城「そのだな…また誘ってもいいか」

P「えぇ、もちろん 美城さんさえ良ければ」

美城「それでは気をつけて帰るように」

P「お邪魔しました おやすみなさい」
35: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 12:22:42.06 ID:rhXR/MRWo
バタン…

美城「……」

美城「まったく…いい年をして私と来たら…」

美城「家に呼んだのが不審に思われなくて済んだが」
36: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 12:23:08.78 ID:rhXR/MRWo
カツカツ…

P「……」

P「美城…さんの素の姿…か」
37: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 12:25:03.78 ID:rhXR/MRWo
後日

美城「……わかった…それなら仕方がない……」

美城「…向こうからは高垣指名の仕事だったんだが…」

美城「…先方には君からお詫びとお断りをするように……以上だ」

ガチャン

ちひろ(なんでピリピリしてるんですか常務は)チヒチヒ

P(わ…わかりませんですって)ヒソヒソ
38: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 12:25:31.04 ID:rhXR/MRWo
美城(温泉の招待券が1ペア分…)

美城(まったく高垣ときたら…)

美城(この券、どうしたら良いものか…)
39: ◆aH90oA1BN6 2015/10/13(火) 12:49:23.57 ID:rhXR/MRWo
と、言う訳でおわりんです

>>25でも言ってくれてますが、専属Pじゃないので防刃ベストを着なくても良いはず…

今回はPの仕事の話中心になってしまいましたが、個人的にはエプロン常務を書けたのでノルマクリアってことで
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/13(火) 12:50:24.80 ID:DyLmk1Vfo
やだこの常務かわいい
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/13(火) 18:07:17.55 ID:0vx8GPhV0
アニメの常務もこんくらいデレないものか
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 02:28:04.30 ID:6p0sdn5AO

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

料理出されたら御礼と感想を言うだろう 社交辞令を知らないのか


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク