篠原礼「ラストダンスは私に」

1: 1 2015/02/01(日) 21:13:54.05 ID:xjNAQDCkO
モバマスお姉様勢SSです
短いですが宜しければ

kwsmさんの設定はここからの引き継ぎ

川島瑞樹「もしもし?お母さん?」




その他

高垣楓「もっとあなたの事教えてください」


原田美世「SSSですか?」




SSWiki http://ss.vip2ch.com/jmp/1422792834
3: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 21:16:39.00 ID:xjNAQDCkO
ワイワイガヤガヤ

篠原P「礼さんおつかれさまです」

篠原礼「P君もお疲れ様」

P「初めてのライブ、どうでしたか?」

礼「あっという間だったわ とても楽しかったわよ」

P「そうですか、よかった」

礼「これもP君のおかげよ」

P「礼さんの実力ですって」
4: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 21:17:34.14 ID:xjNAQDCkO
礼「ほら、向こうでみんな呼んでるわよ?行ったら?」

P「いいんですか?」

礼「えぇ、ライブ成功の立役者なんですから」

P「それじゃあ……また後で」
5: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 21:18:25.59 ID:xjNAQDCkO
川島瑞樹「礼、お疲れ様」

礼「瑞樹もおつかれさま」

瑞樹「ライブ、大成功だったわね」

礼「えぇ、みんなのおかげよ」

瑞樹「年長組での初めてのライブだったから不安だったけど」

礼「まさかあんな激しい踊り踊るとは思わなかったわ」

瑞樹「あら?普段からダンスやってるんじゃないの?」

礼「全然違ったわよ ほんとくたくたよ」
6: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 21:19:09.00 ID:xjNAQDCkO
瑞樹「それにしても私達がアイドルなんてねぇ」

礼「瞳子は昔やってたみたいだけど」

瑞樹「それにしたって過去の話よ?」

礼「そうね」

瑞樹「それにしても、どうしてみんなこの事務所にスカウトされたのかしらね」

礼「不思議だわ」
7: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 21:19:41.16 ID:xjNAQDCkO
瑞樹「まぁ、うちのプロデューサー達が物好きなのは間違いないわね」

礼「ふふっそうね」

瑞樹「今回のライブもみんな頑張ってたみたいだし」

礼「ところで瑞樹のプロデューサーは?」

瑞樹「仕事少し片付けてから来るって せっかくのパーティーなのに」

礼「彼も大変なのよ」
8: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 21:22:49.17 ID:xjNAQDCkO
礼「それより、どうなの?あなたの彼とは」

瑞樹「あら?知ってるの?」

礼「年長組はみんな知ってるわよ?泣きながら告白したって」

瑞樹「泣いてはいないわよ 誰?尾ひれを付けたのは」

礼「ふふっみんなそういう話好きなのよ」
9: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 21:23:17.96 ID:xjNAQDCkO
瑞樹「ところで、あなたのプロデューサー、小さい子達に囲まれてるわよ?」

礼「えぇそうね」

瑞樹「そうねって、妬いたりしないの?」

礼「だってみんな子供よ?P君が私の前に担当してた娘たちだけど」

瑞樹「あら?レナと早苗も酔った勢いで絡んでるわよ?」

礼「まったくしょうがない大人ね」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 21:41:39.07 ID:jMvIkBRkO
れいさんだ!
ありがてぇ…ありがてぇ…
12: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:31:31.91 ID:xjNAQDCkO
瑞樹「実はね、彼が礼の担当になるって時小さい娘たち大泣きしたのよ」

礼「初めて聞くわ」

瑞樹「礼に気を使わせるからって彼に口止めされてたのよ」

礼「あら?言っていいの?」

瑞樹「彼女達にとっては家とか学校以外で初めて接する大人だったからそういう思いもあったんでしょうけど」

瑞樹「彼女たちも今じゃ立派なアイドルよ?今ならそれぐらい気にしないわ」
13: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:31:59.16 ID:xjNAQDCkO
礼「そうなのね」

瑞樹「だからいまでも彼女達と仲が良いみたいよ」

瑞樹「まぁ、彼女たちも今はそれぞれにプロデューサーが付いてるけど」

礼「そういえばうちの事務所って一人ごとにプロデューサー付くのが多いわね」

瑞樹「社長の方針で小さい娘達以外はそうしてるみたいね」
14: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:32:26.07 ID:xjNAQDCkO
瑞樹「アイドルとプロデューサーで意思疎通をとってアイドルの特色を引き出すとか言ってたけど」

礼「確かに、自分の趣味で仕事してる人も多いわね」

瑞樹「礼のプロデューサーも最初の頃、社交ダンスの仕事探すのに必死になってたわよ」

礼「彼にはその点は感謝してるわ」
15: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:32:55.53 ID:xjNAQDCkO
瑞樹「今回のライブの企画だって彼らで出したみたいよ」

礼「知らなかったわ」

瑞樹「単に歌って踊るだけじゃなくて、みんなの個性を出したいとか言ってたわね」

礼「それであなたはアナウンス席からMCだったのね」

瑞樹「今思い出しても恥ずかしいわ」
16: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:33:56.62 ID:xjNAQDCkO
瑞樹「それにしても、彼のこと放っといていいの?年長組のおもちゃになってるわよ?」

礼「大丈夫よ、最後送ってもらう約束してるから」

瑞樹「送ってもらう約束って……全くもう余裕なのね?」

礼「そんなことないわよ?」
17: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:34:23.94 ID:xjNAQDCkO
瑞樹「そうかしら?余裕に見えるわよ?」

礼「泣いて告白したあなたとは大違い?」

瑞樹「まだその話?」

礼「人の恋路は聞いて楽しむに限るわ」

瑞樹「礼、趣味悪いわよ?」

礼「喋りたそうな顔してるあなたに言われたくはないわよ?」
18: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:34:58.15 ID:xjNAQDCkO
礼「昔聞いた歌にね」

瑞樹「えぇ」

礼「他の人と踊ってきてもいいけど」

礼「最後のダンスは私と踊ってって歌があって」

瑞樹「なに?それを気取ってるの?」

礼「気取ってるなんて大層なもんじゃないわ?」

礼「でも、彼が最後に私のところに来てくれるのを信じているの」

瑞樹「礼、意外とロマンチストなのね?」

礼「そんなことないわよ」
19: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:35:28.59 ID:xjNAQDCkO
礼「でね、その歌歌ってる人、シャンソン歌手なんだけど」

礼「その人の声がすごく綺麗なの」

瑞樹「ふーん」

礼「いつかはそんな歌歌えたらなって」

瑞樹「やっぱりロマンチストなんじゃない」

礼「ふふっ そうかもしれないわね」
20: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:36:00.65 ID:xjNAQDCkO
瑞樹「さあ、そろそろお開きね」

礼「そうね」

瑞樹「愛しの彼のお迎えはまだかしら?」

礼「あなたこそ」

瑞樹「うふふっそうね」

………
……
21: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:36:37.05 ID:xjNAQDCkO
………
……


礼「ごめんなさいね、送ってもらって」

P「いいんですよ、これぐらい」

礼「電車とか大丈夫なの?」

P「流石にもうないからタクシー拾ってきますよ、遠くはないですし」

礼「そう?それならいいけど…」
22: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:37:03.85 ID:xjNAQDCkO
P「この時間になると誰もいませんね」

礼「そうね、昼間はたくさん人がいるんだけど」

P「ショッピングセンターなんでしたっけ」

礼「えぇ、それに大学も近くにあるのよ」

P「いいとこですね」

礼「えぇ、そうね」
23: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:37:31.06 ID:xjNAQDCkO
礼「ねぇ、P君?」

P「はい?」

礼「こっち……来て」

P「って礼さんっ?!」

礼「じっとしなさい」ギュッ
24: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:39:27.40 ID:xjNAQDCkO
礼「ステップ……こないだ教えたでしょ?ほら」

P「え…えぇ…」

礼「ほら、1…2…3……1…2…3…」

P「礼さん酔ってるんですか?」

礼「そうかもしれないわね」
25: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:39:58.63 ID:xjNAQDCkO
礼「月の下のステージ、主役はあなたとわたし、観客は誰もいないの」

P「礼さんと二人なら最高のステージですよ」

礼「あら、キザなセリフ言うのね」

P「礼さんも」

礼「そうね、二人共ね」
26: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:40:28.18 ID:xjNAQDCkO
礼「それにしてもP君、筋がいいわね」

P「教えた人のセンスがいいんですよ」

礼「ありがと、何だったら一緒にステージ出ない?」

P「そんな、シンデレラの魔法使いは明るいステージには立てないんですよ」

礼「そうなの?残念」

礼「それならあなたと踊れるのは月夜のステージだけね」

P「そうですね、こうして二人で」
27: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 22:41:08.41 ID:xjNAQDCkO
礼「♪~♪~……」

P「♪♪~♪~……」

♪~♪~…
………
……
28: ◆aH90oA1BN6 2015/02/01(日) 23:11:07.07 ID:g2kggu2yO
と、いうわけでおわりんです
やっぱりお姉様勢SSはいいんじやぁあ もっとみんな書いてくれ

ちなみに、「ラストダンスは私に」はシャンソンじゃなくてアメリカの曲なんですが、フランス他いろいろカバーされてたり
自分が初めて聞いたのも福山エンジニアリングのカバーアルバムだったり

それではっ
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 03:17:35.56 ID:5bIeXWd80
良い雰囲気に乙です

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク