サトシ「俺はもう限界なんだよ」ピカチュウ「……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 22:29:57 ID:pj94piXfO

サトシ「なぁ、ピカチュウ」

ピカチュウ「?」

サトシ「俺前から思ってたことがあるんだけどさ」

ピカチュウ「……」

サトシ「お前何でいつまでたっても進化してくんないの?」

ピカチュウ「……」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 22:37:05 ID:pj94piXfO

サトシ「昔からお前が酷い負け方して入院したりするたびに俺は雷の石をチラつかせていたよな?」

ピカチュウ「……」

サトシ「なのにお前は一向に進化しようとしない」

サトシ「俺は毎回次の日になったらライチュウに進化してるんじゃないかって期待していたよ」

サトシ「でも、お前はことごとく進化を拒否した」

ピカチュウ「……」

サトシ「お前はライチュウとかエレブーとかに負けるジンクスがあったからな」

サトシ「お前がそいつらに負けるたびに俺は常に雷の石をスタンバイしていた」

ピカチュウ「……」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 22:42:04 ID:pj94piXfO

サトシ「でもお前はやっぱり進化しなかった」

ピカチュウ「……」

サトシ「そりゃあ、最初の頃は俺だってピカチュウのまま強くなって、リベンジしてやろうぜとか言ってたけどさ」

サトシ「普通何回も負けたら進化して強くなろうとか考えない?」

ピカチュウ「……」

サトシ「お前の我が儘が俺だけじゃなくチーム全体に迷惑をかけてるんだぜ?」

ピカチュウ「……」

サトシ「もう意地張るのはやめよう……な?」

ピカチュウ「……」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 22:47:54 ID:pj94piXfO

サトシ「それに、ピカチュウのまま強くなるとかも無理なんだよ」

ピカチュウ「……」

サトシ「いくらレベルを上げてスピードを上げようが、パワーを高めようが……」

サトシ「お前地方変わるたびにレベルリセットされてんじゃん」

ピカチュウ「……」

サトシ「だから新しい地方での旅の初戦は大抵負けるんだよ」

サトシ「あのシューティとかいうぽっと出のガキに負けた時はさすがにイラッときたよ」

ピカチュウ「……」

サトシ「あいつは見た感じ10歳前後。俺は25歳超え」

サトシ「そんなに経験の差があるのに負けるとか恥ずかしくてやってらんねぇよ……」

ピカチュウ「……」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 22:54:22 ID:pj94piXfO

サトシ「まぁ、それもこれもお前が進化してくれれば解決する話なんだよ」

ピカチュウ「……」

サトシ「なぁ、もういいだろ?」

サトシ「俺はもう限界なんだよ」

ピカチュウ「……」

サトシ「お前は今までピカチュウとしてよく頑張ってきたよ」

サトシ「だから、今さら進化したって誰も咎めやしない」

サトシ「人気なんて気にするなよ!強くてなんぼ、勝ってなんぼだろ?」

ピカチュウ「……」

サトシ「……俺も今まで散々気合いだの根性だのでお前に無理をさせてきたけど……」

サトシ「お前が進化して強くなれば、そんなこともなくなる!お前が自由にやっていいんだ!」

ピカチュウ「……」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 23:02:11 ID:pj94piXfO

サトシ「これはお前のためでもあるんだ!」

サトシ「お前が進化して強くなれば今まで勝てなかった相手にも勝てるようになる!」

サトシ「能力も大幅に上がる!」

サトシ「そしたらイッシュリーグも制覇できる!」

サトシ「いいことばかりじゃないか!」

ピカチュウ「……」

サトシ「な?みんなのためとも思って」ゴソゴソ

サトシ「この雷の石を……受け取ってくれよ」スッ

ピカチュウ「……」

サトシ「ほら」クイッ

ピカチュウ「いい加減にしろよ」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 23:04:37 ID:u0WwK00+0

!?

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 23:07:57 ID:pj94piXfO

サトシ「!?」

ピカチュウ「俺のため……?みんなのため……?」

ピカチュウ「笑わせるなよ、サトシ」

サトシ「なっ……!」

ピカチュウ「お前は結局自分を満たしたいだけの自己中心的人間……」

ピカチュウ「みんなのためなどと上辺こそいいことを並べ立ててはいるが……」

ピカチュウ「結局は自分のために言っているに過ぎない」

サトシ「……」

ピカチュウ「進化すれば強くなる?」

ピカチュウ「それは、確かにその通りだ」

ピカチュウ「しかしな、強くなり、勝つことばかり考えていては本質的な何かを失う」

サトシ「本質的な何か……?」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 23:16:27 ID:pj94piXfO

ピカチュウ「そうだ。お前はどうも勝ち急ぎ過ぎるところがある」

ピカチュウ「ポケモンバトルにおいて勝利というのは確かに必要なものだが……」

ピカチュウ「何も勝ちだけがすべてではない」

サトシ「!!」

ピカチュウ「さっき言った本質的な何かとは、ポケモンバトルにおけるその課程のことだ」

ピカチュウ「勝てればいいにこしたことはないが……」

ピカチュウ「負けた時の方が学ぶべき点は多い」

サトシ「!!」

ピカチュウ「カントーで旅をしていた頃、俺はマチスのライチュウとの戦いに敗れ、ショックを受けていた」

ピカチュウ「実力の差をありありと見せつけられた。自分の弱さに絶望もした」

サトシ「……」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 23:23:46 ID:pj94piXfO

ピカチュウ「そして、その日の夜に……お前が雷の石を差し出してきた」

サトシ「……」

ピカチュウ「お前は俺のしたいようにしろと言ったが……俺は正直迷っていた」

サトシ「!!」

ピカチュウ「進化すればピカチュウの時より強くなれるし、マチスのライチュウにも勝てるかもしれない……そう思った」
ピカチュウ「だが俺は結局、進化の道を選ばなかった」

ピカチュウ「ピカチュウの時に負けたならピカチュウのままでリベンジしようと考えたからだ」

サトシ「……」

ピカチュウ「俺はあの時負けて、自分を見つめ直して、特訓して、そしてライチュウにリベンジして勝つことができた」

ピカチュウ「自分の選択は間違ってなかったと思う」

サトシ「あぁ……」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 23:29:34 ID:pj94piXfO

ピカチュウ「それからも何回か進化のチャンスはあったが、俺はそれらをすべて蹴ってきた」

ピカチュウ「レベルをリセットされたって、負けたっていい」

ピカチュウ「ピカチュウのままで、お前と旅をして、一緒に強くなって、バトルに勝って……」

ピカチュウ「ずっとそうしていきたいと思ってた」

サトシ「……」

ピカチュウ「だからこそさっきのお前の発言には絶望したよ」

ピカチュウ「お前も俺と同じ考えだと思っていたんだがな……」

サトシ「……俺は」

ピカチュウ「……?」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 23:37:24 ID:pj94piXfO

サトシ「俺は、間違っていたのかもな……」

ピカチュウ「……」

サトシ「自分が勝ちたいからってピカチュウに進化を強要したりして……」

サトシ「でも、今のピカチュウの話を聞いて旅を始めたばかりの頃の気持ちを思い出したような気がするよ」

ピカチュウ「あぁ」

サトシ「あの頃のまだ何も知らない純粋な気持ちで……」

サトシ「これからをやっていこうと思うんだ」

ピカチュウ「……あぁ!」

サトシ「じゃあ、早速特訓だピカチュウ!目指すはイッシュリーグ制覇!頑張るぞー!」

ピカチュウ「ピッカァ!」

―――――――――――――――

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 23:45:30 ID:pj94piXfO

―――――――――――――――

―イッシュリーグ予選―

ワーワーワーワー

サトシ「ピカチュウ!10万ボルト!」

ピカチュウ「……」バリバリバリ

サイドン「……」バリバリバリ

サトシ「なっ!効いてない!?」

アイリス「サトシー!ピカチュウの電気技は地面タイプのサイドンには効かないわよー!」

サトシ「え!?そうなの!?」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 23:46:35 ID:pj94piXfO

トレーナー「サイドン、地震」

サイドン「おらっ」ドゴゴゴゴ

ピカチュウ「ぐふっ」ドサッ

サトシ「ピカチュウーーー!!」

ピカチュウ「(純粋過ぎんだろ……)」チーン



おしまい

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/09 23:47:07 ID:wIqFoB4R0

サトシはたまに本気で素人と思えるような行動をすることがあるよな

 


 


 


元スレ:サトシ「俺はもう限界なんだよ」ピカチュウ「……」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349789397/
関連記事

コメントの投稿

なんか感動した。
でもピカチュウが喋ったのにはびびったwww


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク