凛「かよちんが不良に苛められてる…?」

1: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:23:09.80 ID:YvWRdlRV
―放課後・屋上―

真姫「…で?ことり。話って何よ」

ことり「う、うん…ごめんね皆、練習後にいきなり呼び出して…」

穂乃果「ううん。なにか、大事な話なんでしょ?」

ことり「うん……あのね…?ことりの思い違いならいいんだけど…」

ことり「その…」

ことり「…」

ことり「花陽ちゃんが…苛めに遭ってるんじゃないかって、思うの」
2: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:24:43.54 ID:YvWRdlRV
真姫「え?」

凛「…かよちんが苛められてる…?」

ことり「う、うん…」

海未「…どう言う事です?」

ことり「あのね…今日実は衣装作りに煮詰まっちゃって、気分転換にアルパカさんの小屋に行ったの…」

ことり「そうしたらアルパカさんの水とご飯が小屋の前に置いてあって…」

ことり「何だろうと思ってたら校舎の裏から泣き声が聞こえて来てね…?」
3: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:26:09.38 ID:YvWRdlRV
ことり「ことり吃驚して逃げちゃいそうになったけど、その声が花陽ちゃんに似てて、心配になって見に行ったの…」

穂乃果「うん…」ゴクリ

ことり「泣き声がする方を陰から覗いたら…花陽ちゃんが、うずくまってて…」

ことり「駆け寄って大丈夫?って聞いたら涙目でうんって言ったの」

ことり「それでね、ここで何してたのか聞こうと思ったら校舎裏の反対側の方に女の子が走っていくのが見えたんだ…」

ことり「それが学院で今まで見たことない、派手な感じの、怖そうな子で…」

ことり「ことり達を一瞬睨んで、逃げちゃった…」
4: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:27:36.51 ID:YvWRdlRV
海未「…その後、花陽は何と?」

ことり「涙目になりながら、大丈夫、大丈夫、心配かけてごめんなさい…って繰り返してて…」

ことり「ケガしたりしてないか聞いても、大丈夫だから…今の事は誰にも言わないでって…そればかりで…」グスッ

穂乃果「…ことりちゃん…」

ことり「でも…花陽ちゃんが、あの子に酷いことされてるんじゃないかと思うと、内緒になんて出来なかったの…っ」

海未「…そう言えば花陽は練習中も心ここに在らずといった感じでしたね…」

真姫「ねぇ凛…その女って…」

凛「うん…絶対アイツだよ…」ワナワナ
5: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:28:56.84 ID:YvWRdlRV
穂乃果「アイツ…?」

海未「心当たりが有るのですか?」

真姫「ええ…。私達のクラスメートよ」

ことり「…それじゃぁ一年生…?あんな子居たかなぁ…」

真姫「それが入学して間もなくから最近まで停学くらっていたらしいのよ。暴力沙汰を起こしただかで。」

真姫「まぁ俗に言う不良ってやつね。」

穂乃果「あ、なんかその噂聞いたことある」
7: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:29:51.72 ID:YvWRdlRV
海未「うちの学院にその様な者が居たとは…」

真姫「何しろ倍率が低いからね。ああいうのが入り込むのも無理ないわ」

ことり「うぅ~初耳だよぉ…」

凛「凛帰る」ザッ

穂乃果「えっ?」

凛「お喋りはここまでにゃ 凛はこれからアイツとステゴロタイマンと洒落込むから」
8: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:31:17.61 ID:YvWRdlRV
海未「ちょ、ちょっと待って下さい!色々とトばしすぎです!」

ことり「そ、そうだよぉケンカなんて危ないよぉ…」

穂乃果(皆どこでそんな言葉覚えたんだろう…)

真姫「落ち着きなさい凛。気持ちは解るけど、日常的に暴力を振るってきた相手に真っ向からぶつかってどうするのよ」

凛「真姫ちゃん、こう見えても凛、ケンカじゃ男の子にも負けたこと無いんだ」

凛「今までもかよちんをからかう子とはよくバトってきたにゃ」

凛「凛なら○れる」
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:31:47.68 ID:ON3YfZb2
ワイルド凛ちゃん発進にゃ!
10: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:32:45.58 ID:YvWRdlRV
穂乃果「ちょっ、おーい 凛ちゃーん?」

ことり「凛ちゃんの知られざる一面が…」

海未「…後で絵里に報告ですね」

凛「にゃ゛っ!?それだけは勘弁…じゃなくてっ!」ハッ

凛「かよちんに電話…」プルル

海未「…正気に戻ったみたいです」

穂乃果「よかったよかった…」

穂乃果「でも花陽ちゃん、心配だね…」
11: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:34:25.52 ID:YvWRdlRV
ことり「うん…ことりの思い過ごしなら良いんだけど…」

真姫「いえ…、問題児が復学したのは事実だし、その二人が一緒に居て花陽が泣いていた時点で確実でしょうね」

真姫「そういう手合いは気弱な子を狙うだろうし…」

穂乃果「うーん…確かに出会ったばかりの花陽ちゃんは気が弱かったかもしれないけど…」

穂乃果「皆でスクールアイドルやって大分変わったと思うけどなぁ…」

海未「ですがその方はずっと学校に来ていなかった様ですから、入学当時の花陽しか知らないとなれば目をつけられてもおかしくは無いのかもしれません…」
12: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:35:57.05 ID:YvWRdlRV
真姫「そう言う事。まずは先生に…いえ、理事長の方がいいかしら…」

ことり「うん…。ことり、お母さんに相談してみるね…」

穂乃果「だね。私達も協力して、花陽ちゃんを助けよう」

海未「はい。…って凛?」

凛「…う~ん…おかしいなぁ 何回かけても電話が繋がらない…。」

凛「…もしかして何かあったんじゃ…!」

ことり「え…!?」
13: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:36:51.45 ID:YvWRdlRV
穂乃果「た…大変だ…!皆!急いで花陽ちゃんを探そう!!」

ことり「うん…!!」

海未「まだ学院内に居るかもしれませんしね…!」

真姫「警察呼んだ方がいいかしら…」

凛「かよちん…!今助けに行くからね!!!」バッ


??「ここです。この時間なら誰も…」ガチャ
14: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:37:40.49 ID:YvWRdlRV
ことり「凛ちゃん危ない!」

凛「わゎっ!」ピタッ

穂乃果「ん?」

海未「こんな時間に誰でしょう…って!」


真姫「…は、花陽?」

凛「かよちん!!!!」


花陽「…へ?」ポカーン
15: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:38:26.04 ID:YvWRdlRV
花陽「凛ちゃんに…皆?何してるの…?」

凛「かよちぃん!!」バッ

花陽「きゃっ」

ことり「花陽ちゃん…よかった…」

海未「花陽!どうして…」

凛「かよちんもう大丈夫だよ!!凛がついてるからね!!」

花陽「え…?え…?みんなどうしたの…?」
16: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:39:55.22 ID:YvWRdlRV
ガチャ…

穂乃果「ん?もう一人誰か…」

ことり「あ…あの人…っ」

海未「…もしかして…」

真姫「…ええ。噂をすればね…アイツよ」

不良「…?」

穂乃果(うわ FFのフ○ングみたいな人出てきた!)

海未(…あの目つき…間違い無さそうですね…)
17: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:41:20.99 ID:YvWRdlRV
ことり「あわわわわ…っ」

凛「かよちん、下がってて」

花陽「えっ?」

凛「…か、かよちんを苛めたのお前かにゃ」ザッ

不良「は、はい…?」

花陽「…?」
19: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:42:33.47 ID:YvWRdlRV
凛「しらばっくれんな…今日かよちんがお前に泣かされた所を先輩が見たんだ」

凛「こんなとこに呼び出してまた苛める気かにゃ」

凛「許さない…!!」グッ

花陽「凛ちゃん!?」

不良「?……もしかしt」

凛「オゥラ!!!!!」ブンッ

不良「ひっ!?」サッ

ガギィィィィン!!!
20: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:43:32.61 ID:YvWRdlRV
花陽「ひゃぁっ!!」ビクッ

穂乃果「ちょっ!!凛ちゃん!?」

海未「凛!!」

不良「え…?な、なん…っ!?」

凛「お前だけは許さない!!!」シュッ

凛「覚悟しろ!!!」真姫「凛待って!!!」

凛「…!?」ピタッ
21: 名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:43:37.63 ID:sxR4HZ85
優しい世界みたいでよかった
23: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:44:10.26 ID:YvWRdlRV
不良「あっ…」

花陽「…」フルフル

花陽「や、やめて…凛ちゃん…どうしちゃったの…?」

凛「…な、何でかよちんがソイツを庇うの…?」

花陽「当たり前だよ…凛ちゃんこそ、何してるの…?」

花陽「何でこの人に怒ってるの…?」

凛「そんなの…そんなの!決まってるよ!」

凛「かよちんがソイツに苛められてたってことりちゃんが!!」
24: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:45:35.05 ID:YvWRdlRV
花陽「…」

花陽「何…言ってるの…!?」プルプル

凛「ちょ、え?かよちん…?何でそんな怒っ…?」

不良「…???」アワアワ

凛「…ん…?」

海未「…これは一度、状況を整理した方が良さそうですね…」

真姫「その様ね…」クルクル

凛「…あ…え…?」

凛「も…もしかして…」

凛「…違うの?」
26: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:46:43.95 ID:YvWRdlRV


「「「こ、告白ーー!!??」」」

穂乃果「そ、それホント!!?」

不良「…は、はい…////」

海未「で、では何ですか…?」

海未「校舎裏で花陽に告白した所をことりに見られた事に気づき逃げてしまい…」

海未「その後花陽が返事をする場としてこの屋上を選び…」

不良「い、今に至る訳ですが…」
27: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:47:35.36 ID:YvWRdlRV
花陽「そうです!!もう!!みんな何してるんですか!?」

花陽「不良さんに謝って下さい!!!」

花陽「特に凛ちゃん!!!いきなり蹴っちゃダメでしょ!!?」

凛「ごめ゛ん゛な゛ざぁぁぁい!!」ウェーン

ことほのうみまき「「ごめんなさい!!!」」ドゲザー

花陽「私からもごめんなさい!」ペコリ

不良「い、いえ…。」
28: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:48:54.23 ID:YvWRdlRV
不良「皆さん顔を上げて下さい…星空さんも泣かないで…?…私、どこも怪我していませんから…ね?」

凛「うっ…うぅ…ごめんなさいぃぃぃ」グズグズ

不良「あはは…」ナデナデ

海未「本当に申し訳御座いませんでした…花陽が苛めに遭っているのではないかと早とちりしまして…」

ことり「ううん、全部私が悪いんです…本当にごめんなさい…っ」

不良「い、いえ…もし私が皆さんの立場でも同じ事を思ったはずですし、仕方有りません…。」

不良「身から出た錆ですから…」アハハ…
29: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:49:42.92 ID:YvWRdlRV
穂乃果「お、おぉ…見た目は恐いのに何て良い人なんだ…」

海未「穂乃果」

穂乃果「ご、ごめん…」

花陽「も、もう…っ 花陽が泣いちゃったのはそういうのが生まれて初めてだったから感動しちゃったからで…」

花陽「不良さんはとっても優しい人なんだからね…?」

ことり「花陽ちゃん…本当にごめんなさい…」
30: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:50:33.24 ID:YvWRdlRV
真姫「…でも本人も身から出た錆だって…」

不良「はい…西木野さんの言う通りです」

不良「私はどうしようもない人間でしたから…。色んな人を不安にさせて…迷惑ばかりかけて…」

不良「身体が弱いばっかりに…」

穂乃果「…ほぇ?」

真姫「…身体?」
32: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:51:55.42 ID:YvWRdlRV
花陽「…不良さんはね、ちょっと病気がちで…。学校をお休みしなくちゃいけない間、私達のPVを見てファンになってくれたんだって。」

不良「はい…。廃校を阻止する為に一生懸命頑張ってる皆さんに心打たれました…」

不良「この人達はこんなに頑張ってるのに…私だけ寝てばかり居られないって…。」

不良「目つきが悪いのも体調のせいで…すみません…」

穂乃果「…はい…??」

真姫「身から出た錆てそういう…言葉の使い方間違えてるわよ…」

海未「ですね…。」

不良「…?」
33: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:53:13.67 ID:YvWRdlRV
ことり「じゃ…じゃぁこの人…」

凛「何にも悪いことしてないにゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ヌァー!

不良「い、いえ…。やっぱり間違いだったんです。私なんかが…」

不良「身体と共に病んだ心が小泉さんの笑顔と歌声に何度救われた事か」

不良「そして身の程知らずにも何時しかそれが…。」

不良「と言う話を…どうしても伝えたかったので今日させて頂いたのが…間違いだったんです…。」

不良「皆さんにまで心配とご迷惑をお掛けしてしまって…すみませんでした…。」シュン
34: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:54:12.47 ID:YvWRdlRV
海未「そ、そんな!謝らないで下さい!!!」

ことり「謝らなくちゃいけないのは私です!」

凛「いや圧倒的に凛だよぉ!」

穂乃果「穂乃果もだよ…ごめんなさいっ」

真姫「…」

真姫「…ごめんなさい!」ペコリ

花陽「…真姫ちゃん…」
35: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:55:14.10 ID:YvWRdlRV
真姫「私、間違えてた。私自身が一番嫌いな間違いだわ…」

真姫「直接話したことも無いのに、ただの噂や表面的なもので貴女の事決めつけてた…」

真姫「本当にごめんなさい…。」

不良「…???」

花陽「ふ、不良さん、あのね、実は…一年生の間でこんな噂があって…」カクカクシカジカ

不良「…暴力事件を起こした不良…?わ、私がぁ!?」ガーン

不良「そんなぁ…」ガクッ
37: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:56:39.65 ID:YvWRdlRV
海未「…きっと容姿だけを見て内面を誤解した…私達の様な人が多かったのでしょうね…」

凛「ヒドい目にあったにゃ… もうウワサ話はこりごりだよ」

穂乃果「それは不良さんの言うセリフだけどね…」

キーンコーンカーンコーン

花陽「あっ…!もうすぐ完全下校時間…っ!」

花陽「み、みんな!ごめんなさい!ちょっと席を…!」

海未「…はっ!そ、そうですね、花陽と不良さんは…」
39: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:57:46.76 ID:YvWRdlRV
不良「…いえ、もういいんです」

凛「えっ?」

不良「…私も、生まれて初めて告白をしたもので、その、混乱してしまって」

不良「お付き合いなんて言葉を口にしてしまいましたが…違うんです」

不良「私はただ、気持ちを伝えたかっただけ…お礼がしたかっただけなんです。小泉さんのお陰でこうして学校に来られるようになった事を…。」

不良「ですからお返事を頂かなくても、最初から解っているんです。私なんかは小泉さんに相応しく無い事くらい。」

穂乃果「不良ちゃん…」
40: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:58:50.49 ID:YvWRdlRV
不良「…ですので、これで…。」スクッ

不良「本当に、皆さんにご迷惑をお掛けしてしまい、すみませんでした…。」ペコ

不良「小泉さん、お昼は二人きりでお話が出来て…緊張しましたが、本当に嬉しかったです…っ」

不良「これからも、応援し続けます」

不良「本当に、大好きです…。」

不良「…失礼します…っ」バッ

花陽「あっ…」
41: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:59:38.59 ID:YvWRdlRV
凛「待って!」

真姫「……花陽!」

穂乃果「うん…花陽ちゃん!」

海未「花陽。」

ことり「花陽ちゃん…今日は本当にごめんなさい!!」

ことり「行ってあげて…!お願い…!!」

花陽「…うん!」バッ

花陽「今日はみんな、心配してくれてありがとう…!」

花陽「行ってきます!」ガチャ
42: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:01:33.83 ID:YvWRdlRV
…バタン

穂乃果「…ファイトだよ 花陽ちゃん。」

穂乃果「…心配なんて要らなかったね…」

海未「ですね…。」

ことり「不良さんが優しい人だったって言うのもあるけど…」

真姫「…あの花陽が苛められるなんて」

凛「あり得ないにゃ。」
43: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:02:41.98 ID:YvWRdlRV
オリキャラ注意って言うの忘れてたわほんとゴメン
オリキャラでも需要があればその後もアレするけど無かったら終わり
46: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:16:38.95 ID:mhmmxiTB
ありまぁす!
47: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:17:05.12 ID:t/iNT7Sg
おら早く書けよ
49: 名無しで叶える物語(茸)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:20:16.00 ID:+srYOrqm
いやこんな中途半端なところで終わらせるなよ
50: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:27:10.56 ID:YvWRdlRV


―下駄箱―

不良「…はぁっ…はぁ…っ…ケホっ」

不良「…今日は…いっぱい走っちゃったなぁ…胸が苦しい…っ」ケホケホ

不良「…でも、花陽ちゃんは練習でもっと苦しい思いをしても頑張ってたんだから…私もこれくらいで弱音言っちゃダメだよね…」

不良「花陽ちゃん…」

不良「…」

不良「…花陽ちゃん…か…。」

不良「私の初恋…終わっちゃったんだ…。」
51: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:28:47.60 ID:YvWRdlRV
不良「…やっぱり…お返事、貰いたかったな…。」

不良「…ううん。これでよかったんだよね。」

不良「今まで通り、遠くから見てるのが、私には合ってる…。」

不良「…」

不良「…花陽ちゃん」

不良「…私に…何て言おうとして屋上に連れて行ってくれたのかな…」
52: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:30:05.59 ID:YvWRdlRV
花陽「それはね?」


不良「ひゃぁぁ!!??」ビクッ

不良「!?ゲホッ!!ゴホっ!!」

花陽「わわっ 大丈夫ですか?」サスサス

不良「ごっ、ごべんなざいっ」ゴフッ

花陽「お、落ち着いて!落ち着いて!」サスサス

不良「は、はい…っ」

不良「すぅー…はー…すぅー…」
53: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:31:21.34 ID:YvWRdlRV
花陽「大丈夫…?」

不良「…はい…すみません…っ」

花陽「な、なんで謝るんですか…?」

不良「す、すみまs…あ…」

花陽「…」

不良「あの…。小泉さん、私、もう、その、大丈夫ですよ…?」アタフタ

不良「今日の事はその、忘れてもらって…。」

花陽「…」
54: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:32:56.10 ID:YvWRdlRV
不良「メンバーの皆さんと一緒に…お帰りになって下さい…。」

不良「明日から迷惑はお掛けしませんので…。絶対…。約束します…。」

花陽「…」

不良「…あ、あの…」

花陽「不良さん」

不良「は、はいっ」ビクッ


花陽「お友達に、なろう?」ニコ
55: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:35:19.07 ID:YvWRdlRV
不良「え…?」

花陽「お友達になって、いっぱいお話しして、いっぱい遊んで、一緒に学校に通って」

花陽「一緒にお勉強して、一緒にお弁当食べて、一緒にお出かけしたり、お家にお泊まりしたり。」

花陽「これから花陽と、一緒に色んな事しよ?」

不良「…」

花陽「お返事は、その後じゃダメかな?」

不良「…」

不良「……っ」ウルッ
58: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:36:47.17 ID:YvWRdlRV
不良「で、でも、私、目つき悪いですし、私なんかと一緒に居たら、またご迷惑が…っ」ポロポロ

花陽「迷惑だなんて一度も思ってないよ?むしろ掛けちゃった方だもん…」アハハ…

花陽「でも今日は、花陽すっごく嬉しかったんだ」

花陽「花陽も人の為になれたんだって。誰かの力になれたんだって。今まで頑張って来て、本当に良かったって心から思えたの。」

花陽「全部不良さんのお陰。」

花陽「だからこれは、そんな花陽からのお願いです」

花陽「…お友達に、なって下さいっ」スッ
59: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:38:16.88 ID:YvWRdlRV
不良「…」ポロポロ

不良「…」グスッ

不良「…はいっ…!宜しくお願いします…!!」キュッ

花陽「やったぁ♪」ピョンピョン

花陽「嬉しい」ニコ

不良(…あぁ…)

不良(…私…)

不良(…今日の為に生まれて来たんだ…)
60: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:39:17.97 ID:YvWRdlRV
不良「…」

不良「小泉さん…」

花陽「花陽でいいよ?」

不良「えっ?」

花陽「お友達なんだもん。花陽って呼んでほしいな♪」

不良「!…」

不良「…これから、よろしくね…」

不良「…」

不良「花陽ちゃん…♪」ニコ

花陽「うん!!」
62: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:44:41.26 ID:YvWRdlRV


壁|ほのことうみまき「「「よかったよかった…」」」ジーン

凛「…うん 友達が出来ることは良い事だよね。友達だからね。かよちんの親友の凛が言うんだから。間違いないにゃ。」

凛「かよちんの凛が言うんだから。凛のかよちんに友達ができるのはいい事だからね」

真姫「誰もかよちんを取りゃしないから落ち着きなさいよ…」ハァ

理事長「あなた達…今何時だと思ってるんですか?」

「「「あ…」」」

花陽と体調不良 おわり
63: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 12:48:44.60 ID:t/iNT7Sg
ほっこりした
67: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 15:57:22.79 ID:dIxaLlMw
最近こういう王道なSSが多くて嬉しい
73: 名無しで叶える物語(九州地方)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 19:42:03.43 ID:fl6qAtec
続けてええんやで(ほほえみ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク