提督「なに!? ウチの艦娘を馬鹿にするデモが流行っているだと!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 22:18:34.80 ID:M6mdKu0y0
長門「あぁ、どうやら町の方で妙な輩が余計なことをしているらしい」

長門「なんでも奇妙なポンチ絵を印刷した紙をばら撒いているらしい」

提督「非国民どもめ! なんと愚かな!」

提督「長門よ、その現物は今持っているのか!?」

長門「あぁ、これがそれだ」スッ

IMG_146736809796718000.png




提督「なんだこれはあぁぁぁぁぁっ!?」ワナワナ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462799914
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 22:27:27.81 ID:M6mdKu0y0
提督「この絵とウチの艦娘の何が関係があると言うのだ!」

長門「提督、この紙の下に書いてある文を読んでくれ」

提督「むむっ!」





『駆逐艦神風、春風らは実に海老茶式部にそっくりである。

 かつての海老茶式部達というのは、卒業証書を手に入れた途端、

 鼻高々になり、天狗式部になったものである。

 数々の勝利を手にすることで進出が増加するに従い、

 彼女らの鼻も伸びてゆくことであろう。』





提督「なんだとおぉぉぉぉぉぉっ!?」ビリビリッ

長門「許せん!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 22:33:13.73 ID:M6mdKu0y0
提督「あの娘らが一体何をしたというのだ!」

提督「毎日命がけで国家の為、民衆の為に戦っているのは!」

提督「誰だと思っているのだ!」

長門「なんという愚行だ・・・!」

提督「それで・・・神風と春風はどうしている?」

長門「足柄と羽黒が慰めているが・・・」

長門「無理もない、相当落ち込んでいるようだ」

提督「私の可愛い可愛い神風と春風を虐めおって・・・!」ワナワナ

提督「長門! 今すぐ町に行くぞ!」

提督「直接行って、辻斬りをしてくれるわ!」

長門「了解した」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 22:53:48.76 ID:M6mdKu0y0


― 町 ―





爺1「民衆よ! 此の建設を念頭しつつ先ず風刺じゃ!」

爺2「凡ての現存する醜悪な艦娘美化像をブチ壊すんじゃ!」

一同「お・・・おぉーーーーーっ!!」

爺3「さぁ読んだ読んだ! 平安の紫は尊ばれたが、これはどうじゃ!」

爺3「この駆逐艦どもは女學生にそっくりじゃ!」

爺3「かつて高等女學校令がが公布され、女學生が増加され!」

爺3「華族女學校がいくつかの見本から、海老茶袴を選んでまとめて発注したとな!」

爺3「これをきっかけに爆発的に流行したとくる!」

爺3「いやぁ、これが煩わしいのなんの!」

爺3「海老茶袴を着ているこの艦娘も、所詮は『跳ね上がり』か『はすっぱ』ということじゃな!』

一同「ぎゃははははは!!」ゲラゲラ





提督「こらあぁぁぁぁぁっ!!」ドドドド





GGY's「ひっ!?」チョロ

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 23:04:16.49 ID:M6mdKu0y0
提督「こんな愚行をしていたのは貴様らだったのか!」

爺1「だ、誰じゃおのれらは!?」

爺2「こ、こやつ、鎮守府の提督でねぇが!?」

爺3「なんじゃなんじゃ! 今盛り上がっているんじゃ!」

提督「黙れぇっ! 田舎爺どもめ!」

爺1「なんじゃと!?」

長門「おい貴様ら、その貧相な胸の中に、よく軍属に逆らう度胸があるな」

爺2「姉ちゃんよ、そんな怖い顔をせんでm」

長門「」ギロ

爺2「」ビクッ

爺3「ワ、ワシらは何も間違ったことはしとらん!」

爺3「昔から決まっていることは当たっているのじゃ!」

提督「えぇい! 封建主義の抜けない死に損ないどもめ!」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 23:16:39.80 ID:M6mdKu0y0
MOB's「おいおい、なんだか大変なことになってきたぞ」ガヤガヤ

爺2「はっ! この青二才め! ならば艦娘を崇めれば良いと申すか!?」

爺2「あ~、昭和の日本の大産物たる~神風型式部を後世に記念するため~」

爺2「葡萄茶大仏を建立して~・・・と、こんな感じかのぉ?」

一同「だーっはっはっはっは!!」ゲラゲラ

提督「この下郎! 控えろ!」

爺2「ワシは立派な百姓の出じゃ! 馬鹿者!」

提督「一体神風型の駆逐艦に何の罪があると言うのだ!」

爺3「いつ土壇場で牙を剥くかもわからぬ奴に信頼などおけぬ!」

爺1「そうじゃそうじゃ! 絶対にそうなるに決まっておる!」

長門「なんて頭の固い奴らなのだ・・・!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 23:29:30.39 ID:M6mdKu0y0
爺1「そうこうしている暇があるのなら、帰って蝦茶どもの袱紗の中でも確認したらどうじゃ!」

提督「なに!?」

爺1「どうせ恋文とプロマイドだらけなのじゃろう? ひっひひ!」

一同「おいおい本当かよ・・・」

提督「根も葉もない嘘をつくのは止めないか! ラッキョウ頭め!」

爺1「お前さんも年を取れば辛さがわかる!」

爺2「まったく! 大の艦娘が自分の上司を寄越して何とかしようとは・・・!」

爺2「・・・ははぁ、お前さん、お荷物係みたいなものじゃな?」

爺2「大の男が情けないのwwwwww」

提督「何だと!?」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 23:40:21.21 ID:M6mdKu0y0
爺2「まぁまぁ、自由奔放そうな艦娘とて、美貌じゃからのぉ」

爺2「お前さんもついつい金十郎になっておるんじゃて」

長門「提督までをも侮辱するのか! ただでは済まさんぞ!」

爺2「ひひひ! 提督さんよ、こういうのはのぅ? 破綻と汚染というものがあるんじゃよ」

爺2「当世神風型の裏面を有形的に図したならば斯様なものであって」

爺2「世の父兄たる人の眼には此破綻や汚染が見えないのであろうとなwwwwww」

一同「き、汚ねぇなぁおい・・・!」ガヤガヤ

提督「黙れ! 薄汚いのは貴様らの方だ!」

提督「ウチの艦娘は毎日服を洗っているぞ!」

爺2「ぐぬぬ・・・!」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 23:51:20.64 ID:M6mdKu0y0
爺3「えぇい! ワシらは袴だけが気に食わんだけでない!」

爺3「あのリボンもリボンじゃ!」

長門「何が問題だと言うんだ!」

爺3「美しくありたいという女心を良い理由に、あのような堕落た物をつけるのは実に卑しい!」

長門「(・・・催してきたな)」

提督「何を言っているんだ!?」

長門「(仕方がない、立ったままするか・・・)」スッ

爺3「リボンとか称するものは、元来髪の上部に挿すべきものじゃ!」

爺3「然るに襟飾を逆にしたるが如き斯かる有様は、何たる醜悪の態であろうか!」

提督「そんな無茶苦茶なこきおろしがあるか! ハイカラというものを知らんのか!」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 00:03:06.69 ID:QMb0esmq0
長門「(・・・ふむ、思ったよりも後方に飛んだな)」

長門「(提督の脚に大分かかってしまったが、黙っておこう)」

爺1「さらにさらに! リボンは年々育つと言うではないか!」

提督「何のことだ!」

爺1「長足の進歩を辿って傘のように大きくなり~」

爺1「益々大発展!」

爺1「リボンで蝶のように空を飛べるのでは!」

爺「こwwwwりゃwwww如何wwwwww」カタカタ

一同「あっはははははは!!」ゲラゲラ

提督「お・・・おのれぇ・・・! おのれぇ・・・!」プルプル





長門「いい加減にしないか!!!!」クワッ





提督「ひっ!?」ビクッ

GGY's「ひっ!?」ビクッ

犬走椛「ひっ!?」チョロ

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 00:15:27.61 ID:QMb0esmq0
長門「お前達は・・・! お前達は何もわかっていない!」

長門「お前達は人間も艦娘のことも、何もわかっていないのだ!」

長門「狂った獣どもめ!」

爺1「なんじゃと!?」

爺2「姉ちゃん少しばかり酷いんじゃねぇが!?」

爺3「だから艦娘は信用ならんのじゃ!」

爺3「艦娘は皆良くないに決まっておる! そうに違いないのじゃ!」

長門「黙れと言っている!!」

長門「良いか? お前達が馬鹿にしている駆逐艦はな・・・!」

長門「駆逐艦とはだな・・・!!」















長門「良い(おまん)子で可愛いければ、それで良いのだ」ニッコリ










提督「・・・・・・」

GGY's「・・・・・・」










一同「 ナ ァ ル ホ ド ! ! 」










愚連隊とも取れる老害達を、たったの一言で納得させた戦艦長門
彼女は忽ち英雄となり、艦娘(駆逐艦)を自由の道へと解放する第一人者となった





― 終わり ―

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 00:35:06.53 ID:l/ciwZmvo
なんだこれ……なんだこれ
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 09:34:24.45 ID:GcLt5qbDO
>>1が地獄を抜けたことだけは分かった
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/10(火) 14:31:52.27 ID:bS8drEFI0
お、乙
老害は悪って事が良く分かるSSだった(多分違う感)

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク