レイ「早いわね、碇くん」シンジ「」ピク

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/25(月) 00:59:11.04 ID:THmkJXr10
シンジ「……そ、そんなことないと思うけど」

レイ「え?」

シンジ「だから、そんなことはないって」

レイ「碇くんはそう思うの?」

シンジ「え、いや、実際早くないよ?全然」

レイ「……そう」

シンジ「うん。いきなり変なこと言わないでよ、綾波ったら」

レイ(どうしたのかしら、もう月日がすぎるのは早いわねって言おうとしたのに)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461513550
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/25(月) 01:02:17.50 ID:THmkJXr10
ミサト「いっやぁ〜、早いわねぇ」

シンジ「」ピク

シンジ「な、何言ってるんですか、ミサトさんまで」

ミサト「へ?」

シンジ「僕だってそんな、たまには怒りますよ?」

ミサト「は、えーと?あたしなんかした?」

シンジ「言いがかりみたいなこと言って、いい歳した大人なんですからしっかり謝ってください!」

ミサト「???ご、ごめんなさい」

シンジ「はい、じゃあ今回だけですよ。次言ったら本当に怒りますから」

ミサト(ど、どうしたのかしら?ネルフの整備班の仕事が早いのを感心してただけなのに)
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/25(月) 01:05:17.72 ID:THmkJXr10
アスカ「はぇ〜、速いわね」

シンジ「そんなことないよ!」

アスカ「!?」

シンジ「なんだよなんだよ、アスカまでそんなこと言うの!?」

アスカ「え、えと……何が?」

シンジ「僕はバカって言われても怒らないけどね、それは嫌だよ!?流石に!」

アスカ「そ、そう……わ、悪かったわね」

シンジ「……はぁ、分かってくれればいいんだよ」

アスカ(あたし、世界陸上を見てたんだけど……)
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/25(月) 01:08:10.57 ID:THmkJXr10
マリ「いやぁ〜」

シンジ「ストップ!もういいよ、そういうの」

マリ「?」

シンジ「どうせ『いやぁ〜ホントに早いにゃあワンコ君は』とか言おうとしてたんでしょ?」

マリ「んん?」

シンジ「もう分かってるんだよ、しつこいよみんな。違うって言ってるでしょ?」

マリ「あの」

シンジ「言い訳されても困るからね。悪いことをした時はごめんなさいだよね?逃げちゃダメだよ?」

マリ「め、めんご」

シンジ「うん、まああんまり気にしないでね。次からやめてくれればいいからさ」

マリ(なんかひどくない?)
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/25(月) 01:11:35.04 ID:THmkJXr10
カヲル「やあ、碇シンジくん」

シンジ「カヲルくん!」

カヲル「どうしたんだい?浮かない顔をして」

シンジ「……よかった、カヲル君は言わないんだね」

カヲル「何の話かな?」

シンジ「みんながよってたかって早いって言うんだよ、僕のこと」

カヲル「早い?」

シンジ「僕は気にしているのに……そりゃあ普通の人よりは早いかもしれないけど、面と向かって言うことないじゃないか!」

シンジ「最低だ、みんなって」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/25(月) 01:14:12.26 ID:THmkJXr10
カヲル「……その早いというのはいけないことなのかい?」

シンジ「え?」

カヲル「早いこと、それは悪いことなのかい?」

シンジ「う、ううん、そんなことないけど……カヲル君は軽蔑しないの?」

カヲル「まさか。むしろそれは立派な取り柄じゃないか」

カヲル「他人がその君という在り方を否定することなんて出来ないさ。決してね」

シンジ「と、取り柄?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/25(月) 01:16:44.30 ID:THmkJXr10
カヲル「そう、リリンはせっかちな生き物だからね。早さというものはむしろ取り柄になるんじゃないかな?」

シンジ「そうかな?でも早いのはやっぱり嫌われるよ?」

カヲル「どうしてだい?僕は君が早かったとしても、君のことを嫌いになったりはしないのに」

シンジ「そ、そうなの?」

カヲル「当然さ。早くても遅くても、それが碇シンジ君、君自身なのだから、そうだろう?」

カヲル「僕がこう言っても、君はみんなが君のことを嫌うと思うかい?」

シンジ「そ、それは……でも」

シンジ「僕は、早くてもいいの?」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/25(月) 01:20:29.24 ID:THmkJXr10
カヲル「もちろんさ。物は考え方によって見え方が変わる。君が早いというならそれは素晴らしいことだ」

カヲル「だって碇シンジ君、君というそのものを形作る立派な一つなんだから」

シンジ「か、カヲル君!ありがとう、なんか、そうかもしれないって思えてきたよ!」

カヲル「構わないよ。リリンは恥ずかしがりだからね」

シンジ「僕、みんなに言ってくるよ!僕は早くてもいいんだ。僕は僕なんだ!」タッタッタ

カヲル「うん、きっとみんな、祝福してくれるよ」

カヲル(ところで何が早かったんだろう?)
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/25(月) 01:23:22.66 ID:THmkJXr10
シンジ「ミサトさん!綾波!アスカも!それに真希波!」

シンジ「みんな、聞いてよ!」

シンジ「僕は、もしかしたら早くてもいいのかもしれない」

シンジ「僕は早漏でもいいのかもしれない!」

シンジ「早漏でも、僕は僕だ!僕はここにいたい!僕は早くありたい!」

シンジ「僕は早漏でいたい!」

ミサト「……え?し、シンジ君?」

レイ「そう……ろう?」

アスカ「あ、あんたさ、早漏って……」

マリ「うっわぁ、大胆カミングアウトだにゃあ……」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/25(月) 01:26:27.49 ID:THmkJXr10
シンジ「み、みんな、だからこんな僕でもいいかな?」

シンジ「早漏でも、いいかな?」


アスカ「……気持ち悪い」

ミサト「流石に引くわね」

レイ「背筋がぞわぞわする……」

マリ「きも」

シンジ「……え?」

シンジ「……う、うわあああああああああ!!!」


カヲル「今度こそ、君のことだけは幸せにしてみせるよ」テヘペロ

終劇
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/27(水) 20:38:15.59 ID:OCw+uErtO
ホモはせっかち

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク