千歌「曜ちゃん!筋トレ教えて!」 曜「え⁉」【エロ注意】

1: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 19:48:41.34 ID:xXd3jpVZ
ようちか、エロ
俺がようちかのエロ書きたかっただけで書いたから注意な
2: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 19:49:09.21 ID:xXd3jpVZ
千歌「曜ちゃんって筋トレが趣味だよね」

曜「うん」

千歌「アイドルをするなら体力や筋力が大事かなって思って……そこで曜ちゃんに教えて貰おうと…」

千歌「いいかな?」

曜「うーん……でも私の筋トレはけっこうきついと思うし、千歌ちゃんには難しいんじゃないかな?」
3: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 19:49:40.58 ID:xXd3jpVZ
千歌「曜ちゃんおねが~い!」

曜「うっ…しょうがないなぁ、その代わりビシビシいくからね!」

千歌「任せてよ!」

曜「とりあえず、動きやすい格好に着替えてきて!」

千歌「ラジャー!」
4: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 19:50:54.30 ID:xXd3jpVZ
千歌「床は畳で痛いからベットの上でやろっか」

曜「ちょっと危ないけどいいっか」


曜「よし!では先ずは腹筋から!」

千歌「わかった!曜ちゃん足押さえてて!」

曜「ヨーソロー」

千歌「ふっ……!ふんっ……!ほっ……!」

ギシッギシッ
6: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 19:56:02.89 ID:xXd3jpVZ
曜「(どうしよう…千歌ちゃんがエロい…)」

千歌「はっ…ふん…!んっ…!」

曜「(だめだめ!千歌ちゃんは真面目にしてるだけなのに…!)」

千歌「曜ちゃん?」

曜「でも、でも、ずっと見てるのは…」

千歌「曜ちゃ~ん、どうしたの?」

曜「……」

曜「千歌ちゃんごめん!」

千歌「わあ!」ドサッ
7: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 19:56:43.74 ID:xXd3jpVZ
曜「……」

千歌「曜ちゃん?これじゃ腹筋できないよ?」

曜「千歌ちゃん……」

千歌「へっ?」

曜「好き……」チュッ

千歌「!!?」

曜「んっ……クチュ……んんっ……」

千歌「んんっ!……ふっ……んっ!」
9: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 19:58:28.93 ID:xXd3jpVZ
曜「千歌ちゃん……!千歌ちゃん……!」

千歌「はぁ……はっ……はっ……んっ」

曜「はぁ……んっ…!はぁ…千歌ちゃんが悪いんだよ!千歌ちゃんがそん……!」バタ ッ

曜「⁉︎」

千歌「かかったね!曜ちゃん」ガバッ

曜「ち、千歌ちゃん⁉︎」

千歌「千歌知ってるよ、曜ちゃんが千歌のことチラチラ見てたの」

曜「えっ⁉︎」
10: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 19:59:35.62 ID:xXd3jpVZ
千歌「千歌の身体見たい?触りたい?」

曜「‼︎…み、見たい!触りたい!」

千歌「……」

千歌「曜ちゃんと千歌って胸のサイズ同じだよね?」

曜「う、うん、前測った時同じだった…ね⁉︎」

千歌「……」ツンツン

曜「や、やぁ……ち、千歌ちゃん⁉︎きゅ、急に触っちゃ…!」
13: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:01:02.50 ID:xXd3jpVZ
千歌「ふーん、曜ちゃんって一人でしたことある?」

曜「…⁉︎あ、あぁん!……な、何言って…!」

千歌「ある?」

曜「ちょ、ちょっとだけ…」

曜「千歌ちゃんと、サイズが同じ、って知った時に…んっ…」

千歌「曜ちゃんは千歌と同じってだけで発情しちゃつんだ…」ツン

曜「そ、そんな、ことなっ…!」ジュン

千歌「じゃあ、これは何かな?」クチュ

曜「っ…!んっ…//」
15: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:02:54.12 ID:xXd3jpVZ
千歌「曜ちゃん、これは感じてるってこと?」

曜「しらな……いっ…!」

曜「そ、それより!私も千歌ちゃんに触りたいっ…!」

千歌「だめだよ、千歌に発情した曜ちゃんにはお仕置きしないと!」サワサワ

曜「ああんっ!」 ビクッ

曜「おヘソ、さわっ…ちゃ…やぁだぁ……!」

千歌「曜ちゃんのお腹すべすべして気持ちいい…」チュッチュッ
16: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:04:39.40 ID:xXd3jpVZ
曜「はっ、はぁっ…はっ…!」

千歌「んちゅっ…ちゅっ…ぺろぺろ…」

曜「な、舐めるっ…のも….だ、だめぇっ!」

千歌「じゃあ、こっちがいいのかな?」ムニュムニュ

曜「や、やぁ……そ、そこ…!」

千歌「千歌と胸のサイズ同じだから曜ちゃんも千歌の胸に触った気持ちになれるんじゃない?」

曜「な、ならない…んんっ」
17: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:06:13.00 ID:xXd3jpVZ
千歌「へぇ、じゃあなんで千歌とサイズが同じって知った時に一人でしちゃったの?」

曜「そ、それ、はっ…あ、ぁんっ」

千歌「なんで?」

曜「ち、千歌ちゃんを触るとどうなるか、き、気に…んんっ…なって…」

千歌「じゃあさ、曜ちゃん一人でやってみてよ!千歌見てるからさ!」

曜「ええ!む、無理だよ!」
18: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:07:03.19 ID:xXd3jpVZ
千歌「え~~だめだよ、曜ちゃん!これが千歌のお仕置き!」

曜「そ、そんなぁ!」

千歌「じゃあ、一人でしない代わりに何してくれるの?」

曜「な、何も、しないって…んんっ」

千歌「曜ちゃん!」

曜「わ、分かったよ…一人でする…」

千歌「じゃ、千歌見てるね」
19: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:08:03.23 ID:xXd3jpVZ
曜「……」サワ

曜「はっ…んっ…」 ビクッ

曜「千歌ちゃんの、んっ…見てる、はんっ…前で、するなんっ…てっ…!」

曜「うぅっ……恥ずかしいっ…」ムニュ

曜「んんんんっ……あんっ…」ムニュムニュ

千歌「……」

曜「こっちも…」クチュ

曜「んっ…んっ……んっ…」ムニュムニュクチュクチュ
20: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:09:17.05 ID:xXd3jpVZ
曜「はっ…あっ…」クチュクチュ…

曜「ん、んんっ…」クチュクチュ

曜「自分で…やっても…」

曜「なんだかもの足りないよ…!」クチュクチュ

曜「ち、千歌ちゃぁ…ああっ」

曜「さ、触ってぇ…」ギュウ

千歌「……‼︎曜ちゃん!」

千歌「いいよ!千歌がすっごく曜ちゃんを気持ちよくしてあげるね!」
21: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:10:47.68 ID:xXd3jpVZ
曜「は、早くぅ…!」

千歌「……」チュッ

千歌「ちゅう……ちゅっ……ちゅるる…ぢゅるるる…」

曜「んんっ……ちゅっ…ちゅぱっ…あああっ…! 」ギュウ

曜「(ちゅーって、こんなに気持ち良かったんだ…?)」

千歌「んっ…ちゅうっ…ぴちゃ…れろっ…」

曜「(さっき無理矢理やったのと全然違う…)」
22: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:12:37.54 ID:xXd3jpVZ
曜「はぁんっ…んっ…あんっ…!」

曜「(あたまの中、蕩けちゃうよ…)」

千歌「はぁっ、曜ちゃん…」ゾクゾク

千歌「(曜ちゃんすごい感じてる…)」ゾクゾク

曜「ち、千歌ちゃぁん…もっとぉ…」

千歌「曜ちゃん…!」

曜「んんっ…ふぅぅううん…ああっ…!」

千歌「曜ちゃん気持ちいい…?」クチュクチュ
24: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:13:14.82 ID:xXd3jpVZ
曜「やっ…千歌ちゃん…!そこ、だめぇ!」

千歌「曜ちゃん!今のだめは恥ずかしいからで本当はもっとって意味だよね?」

曜「せ、説明、しなくて…いいっ…からぁ……!」

千歌「なら、もっと素直にならないと!」クチュ

曜「千歌ちゃんのいじわる……ぁあんんっ」

千歌「気持ちいい?」グチュリ

曜「うぅんっ……うううんっ…きもちいぃい…」
25: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:14:33.72 ID:xXd3jpVZ
千歌「はっ…はぁ…曜ちゃん!」

曜「やっ…!やっ…!」

曜「(もう、い、イきそう!)」

千歌「……」グイッ

曜「んんっ…!これいじょうは…!」

千歌「曜ちゃん、イっていいよ!」

曜「千歌ちゃん!千歌ちゃん!好き…大好き!」

千歌「曜ちゃん‼︎ち、千歌も!千歌も曜ちゃんのこと大好き!」

曜「はああぁぁぁん!!!」 ビクッ ビクッ
26: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:15:17.10 ID:xXd3jpVZ
曜「………」ガクンッ

曜「……」ビクン…ビクン…

千歌「よ、曜ちゃん…?」

曜「……」

千歌「だ、大丈夫?」

曜「……千歌ちゃんのバカ」

千歌「ご、ごめん!つい興奮しちゃって…」
32: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:37:08.57 ID:xXd3jpVZ
曜「……」

曜「次は私の番ね」

千歌「へっ?」

曜「千歌ちゃんそもそも筋トレ教わりに来たんでしょ?」

千歌「そ、それはそうだけど…」

曜「千歌ちゃんにはたっぷりしてもらったから、曜ちゃんも千歌ちゃんにいっぱい教えてあげるね!」

千歌「へっ‼︎ちょ、ちょっと!よう、ちゃ、待って!」

曜「待たないよ!千歌ちゃん!」

曜「千歌ちゃんに全速前進!ヨーソロー!」

千歌「曜ちゃんーー!だめーー!」

終わり
28: 名無しで叶える物語(らっきょう)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:16:57.13 ID:xXd3jpVZ
ようちかのgif見たらムラムラしたので書いた!
読んでくれたみんなありがとう!
30: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 20:19:11.34 ID:nxQCIhoi
ここから第二部 曜の逆襲が始まるんでしょ?
35: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/05/05(木) 16:12:29.23 ID:RVkJ08Mg
よーちかえろい
37: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/05/06(金) 10:58:56.76 ID:zn9wGmSr
よし!
今度は二人とも競泳水着を着てまぐわう第弐章スタートだ!
ご期待してます!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク