モバP「いい加減、やめてくれ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:26:06.96 ID:aWsYlJqE0

※キャラ崩壊注意




モバP(以下P)「……そう言ったの、何度目だったろうな」

光「め、面目ない……」シュン

P「……それを、行動で示して欲しかった。過ぎたことだからこそ」

光「む、むぅ……」


みーんみんみんみーん……

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1469276766
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:27:10.13 ID:aWsYlJqE0
P「……光だって、別に悪意を持ってしてたわけじゃないって、それぐらいわかってる」

光「…………」

P「けどだな、限度ってものがあるんだ」

光「うん、うん……わかるぞ」

P「……まあ、仕事にしても何にしても、言うことをちゃんと聞いてくれるし、そんないい子なんだから、出来る限り譲歩はしたい」

光「ヒーローとして当然のことをしてるだけだっ!」ビシッ!

P「正座」

光「ふぁい」スタッ
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:27:50.40 ID:aWsYlJqE0
P「……まずだ、人の嫌がることをしてはならないってことはわかるな」

光「も、もちろん! 道徳のテストはいつだって満点だしな!」

P「道徳にテストってあったか? ……まぁいい。俺、何回止めてくれって言った?

光「…………」

P「……まぁ、数えてるわけがないが」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:28:36.05 ID:aWsYlJqE0
P「けど、いい加減危ないってわかってたよな? 何回も注意したし、お願いもしたし、懇願したこともある」

光「…………」コクッ

P「じゃあ言ってくれ」

光「…………////」ブンブン

P「そうか……」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:29:44.65 ID:aWsYlJqE0
P「……俺は、長いこと我慢してきたんだ。喜んでる光を見るのが楽しかったからな」

光「そっ、それは本当か!?」パァァッ

P「何事も度を過ぎれば毒になる」

光「だ、だよなー……」シュン……

P「もう何回目の限界かは忘れたが……限界に達したのは昨日だ……」
6: ちょっと落ちます 2016/07/23(土) 21:30:41.65 ID:aWsYlJqE0
光「……きのう……」

P「忘れたとは言わせない。昨日だ、昨日の夜」

光「……k」

P「あ、特撮ネタはいい。『きのう』って名前のイヌが出てくる話とかはいい」

光「ネコだ!」

P「それはいい。……もう言わなきゃダメか」

光「…………」コクン
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:42:24.20 ID:aWsYlJqE0
P「……光」

光「……はいっ!」

P「…………」

光「…………」



みーんみんみんみーん……



P「モゲるぐらい跳ねるのは、止めてって言ったら止めてくれ」

光「…………//////」カァッ
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:43:07.38 ID:aWsYlJqE0
P「というか、一晩で何回したいんだ?」

光「……戦隊ヒーローの人数で例えていい?」

P「戦隊ヒーロー物って、赤青黄の三人だっけか」

光「三人戦隊だとそれが王道だな! そこに二人ぐらい追加戦士を加える感じで、ちなみに非公にn」

P「五人の戦隊が二年分。それが昨日の回数だ」

光「それだけだっけ?」

P「追加戦士も含めて」

光「Vシネ限定追加戦士は加える?」

P「映画限定戦士が出てきたりするなら、それも加えてくれ」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:43:52.76 ID:aWsYlJqE0
P「日中回復するし、食生活とかで下駄を履かせられなくはないが……これを毎日は……」

光「だ、ダメだったのか……?」

P「まずもう俺が死にそうだし……跳ねすぎてベッドのスプリングが壊れるのは、さすがに……」

光「い、いやいや、さすがにそれでベッドが壊れることはないだろ!」

P「使う前からギシギシ言ってた」

光「う゛っ」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:44:46.51 ID:aWsYlJqE0
P「スプリングが軋む音がして、俺もなんかこう、尻のあたりがギュっと痛くなってだな」

光「そ、そんなに酷いのか?」

P「時々、手を振ってるおばあちゃんが見えた程度には」

光「あー……えっと、子供が川で石積んでた?」

P「綺麗なお花でいっぱいだった」

光「す、すまない……」

P「『やめてくれ、止まってくれ』って半泣きで頼んだだろ。必死で」

光「そうだったのか?」

P「気づいてなかったのか……その時、光は何をした?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:46:22.14 ID:aWsYlJqE0
光「…………」

P「……『バキィィッ!』って恐ろしい音が鳴ってる最中、落ちながら腰を振ってくるとは思わなんだ……」

光「…………」

光「そ、その……」

P「どうしてだ」

光「……気持ちよくって……」

P「そうか……」

光「うん……」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:48:30.92 ID:aWsYlJqE0
P「……なぁ」

光「はいっ!」シュバッ!

P「正座」

光「ふぁい」スタッ

P「せめて、回数に制限を付けさせてくれ」

光「ま、まぁ、仕方ないよな……うん、十回が限界だよな」

P「いや、三人戦隊二年分だ」

光「……三年分じゃなくてか?」

P「三年分じゃなくてだ」

光「追加戦士は!?」

P「無しだ」

光「……エナチャを飲んでも!?」

P「飲んだとして限界の数字だ」

光「殺生なっ!」

P「死にそうなのはこっちだ」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:49:43.70 ID:aWsYlJqE0
光「……そんなにつらかったのか……」

P「……体重が減りまくってる」

光「……なら、仕方ないよな……うん、我慢してみる」

P「本当か?」

光「ああ。今までがちょっと過ぎてたんだし、Pを傷つけるのは良くないからな……」

P「……ありがとう」

光「それに、欲しいって気持ちは大事だけど、欲望に飲み込まれたらヒーロー失格だから!」

P「助かる……。とりあえず、壊れたベッドを買い換えよう」

光「えへへ、サンキュっ! アタシはヒーローなんだ、欲望にはもう負けないぞ!」

※ダメでした

おわり
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:50:30.53 ID:aWsYlJqE0
R板じゃないのでここまで。デレステの噂ネタでした。光はライダーだから騎乗位派だと思います。依頼出してきます。
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 21:53:24.17 ID:S9zUSH6Zo
おつおつ
ウワサはどう見ても南条のセッ○○は激しいんだなって結論になるよね
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 11:15:11.80 ID:xASfqFl40

布団派に転向したら大丈夫…床が抜けるだけか

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク