美波「コレクション?」みく「だにゃ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:36:54.34 ID:7LCJSHpVO
美波「猫耳、猫磁石、猫ボールペン、猫ケータイカバー…」

みく「凄いでしょ?」

美波「凄いね。本当に猫が好きなんだから…」

みく「猫ってとってもカワイイにゃ。だから猫のデザインとか見るとすぐに欲しくなっちゃって」

美波「飼ってないんだったっけ?」

みく「ウチじゃ飼えないにゃ。寮だし…」

美波「そっか…残念ね」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/144014261
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:38:05.56 ID:7LCJSHpVO
みく「でも、ついこの間この近くで猫カフェを発見したにゃ」

美波「良かったね!もう行ったの?」

みく「もうポイント溜まっちゃったんだけど…」

美波「ついこの間から今日までで!?」

みく「何だか嬉しくって…」

美波「そう…。でもそれがみくちゃんの趣味だもんね」

みく「そうだにゃ!みくは自分を曲げないよ!」

美波「ふふふ、そうね。プロデューサーさんも言ってたもんね」

みく「うん!」

美波「ところでみくちゃん」

みく「?」

美波「シャワー浴びた方が良くない?」

みく「にゃッッ」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:38:54.85 ID:7LCJSHpVO
美波「よく見たら毛がついてるよ?至る所に」

みく「あれー…?結構ローラーかけたのに…」

美波「ちなみに、どんな風に猫カフェで遊んでるの?」

みく「そりゃもうむしゃぶりついてるにゃ」

美波「でしょうね」

みく「普段触れられない分、ぶつけてしまうんだにゃ」

美波「ふふ、猫のことになるとすごいものね」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:39:58.49 ID:7LCJSHpVO
美波「猫ボールペンとか、磁石とかは分かるけど、どうして猫耳がこんなにあるの?」

みく「それはみんなにつけてもらうためだにゃ」

美波「ふふふ。アーニャちゃんも未央ちゃん達も可愛かったもんね」

みく「まあ元が良いからというのもあるけど、猫耳効果で倍増だにゃ!」

美波「…ちなみに、私がつけたら?」

みく「?」

美波「ほら、アーにゃんとか、未央にゃんとか…」

みく「んー…」

美波「…」

みく「みなみゃ…みなみにゃん…みーにゃん…みにゃん…」

美波「みにゃんって、何かの効果音みたいね…」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:40:48.49 ID:7LCJSHpVO
美波「最近、李衣菜ちゃんとはどう?」

みく「いつも通りにゃ。ロックロック言ってみくの猫好きを受け入れようとしないにゃ」

美波「ふふ。でもなんだかんだで上手くやれてるんじゃないかなあ…」

みく「…ま、別に嫌いじゃ、ないから…」

美波「良い事よ。それに喧嘩するほど仲が良いって言うでしょ?」

みく「そうだけど…今だに平行線だにゃ」

美波「統一しなきゃいけないなんて決まりはないでしょ?」

みく「でもコンビ組んだんだから、やっぱり統一性は欲しいにゃ」

美波「なら、みくちゃんも少しは譲らなきゃね」

みく「うー…」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:41:41.24 ID:7LCJSHpVO
みく「美波ちゃんはどうなの?アーニャちゃんと」

美波「私達もいつも通りよ?」

みく「いつも通りって…いつも仲が良いから羨ましいにゃ」

美波「私達は、お互い趣味が似通ってる部分もあるし、ね?」

みく「んー…それだけじゃ、ない気がする」

美波「?」

みく「ほら、二人とも静かでしょ?性格も似てるにゃ」

美波「ふふ」

みく「?」

美波「なら、みくちゃん達も一緒ね?」

みく「み、みくは別にロックじゃないし…」

美波「それは趣味でしょ?性格とは違うよね?」

みく「美波ちゃんずるいにゃあ…」

美波「ふふっ」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:42:47.90 ID:7LCJSHpVO
みく「美波ちゃんは、何かコレクションしてない?」

美波「私?…特には」

みく「ラケットとか」

美波「そういうもんじゃないと思うなあ」

みく「美波ちゃんも何かコレクションしてみたら?」

美波「そうねぇ…何か集めたい程の趣味があるわけでもないし…」

みく「ラクロス以外では、何かないの?」

美波「…資格取るのは、好きかなあ」

みく「え!?初耳だにゃ!」

美波「あんまり自慢出来るようなの持ってないし…」

みく「どんなの持ってるの?」

美波「うーん…例えば、食品衛生管理者とか」

みく「…何それ?」

美波「これ持ってると、生食品とか卸せるの」

みく「調理師とは違うんだね…」

美波「うん…」

みく「それに美波ちゃんが工場にいたら違和感しかないにゃ」

美波「あはは…私もそう思う」

みく「美波ちゃんは…うーん。バスガイドとか」

美波「うん」

みく「インストラクターとか」

美波「うん」

美波「あ!居酒屋の店員さんとか女将さんとか!」

美波「ちょっと待って」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:43:28.62 ID:7LCJSHpVO
みく「?」

美波「ごめんね。それ何だか私には向いてないかも…」

みく「そう?」

美波「ほら、それに今はアイドルでしょ?」

みく「そうだにゃ!みく達はアイドルだにゃ!」

アーニャ「そうです」

美波「ひゃっ!」

みく「にゃっ!?」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:44:18.15 ID:7LCJSHpVO
アーニャ「お仕事の、話、ですか?」

みく「美波ちゃん凄いんだにゃ。資格いっぱい持ってるんだよ」

美波「え、えへへ…」

アーニャ「そう、なのですか」

美波「本当、簡単なやつしか持ってないんだけどね…」

アーニャ「ロシア語」

美波「?」

アーニャ「ロシア語は、取りませんか?」

美波「え、え?」

みく「アーニャちゃん?」

アーニャ「ロシア語の通訳の人、日本には少ないと聞きます」

美波「そ、そうなの…?」

アーニャ「倍率は、低いですよ」

みく「定員制じゃないと思うにゃ」

美波「あはは…ロシア語、難しくて…」

アーニャ「………そう、ですか……」

美波「あ、ち、違うのよ!」

みく「別にロシア語が嫌いなわけじゃないにゃ!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:45:00.54 ID:7LCJSHpVO
みく「でもアーニャちゃん、日本語上手いにゃ」

アーニャ「私は、日本に来て長いですから」

みく「アーニャちゃんは、将来ロシア語専門の講師とかなれそうだにゃ」

アーニャ「オー…」

美波「アーニャちゃんだったら、優しい先生になりそうね」

アーニャ「…もし、私が先生になったら、受けてくれますか?」

美波「そうね。是非ともお願いしたいわ」

みく「アーニャちゃんだったらみくもヤル気出るにゃ」

アーニャ「では、発音から」

みく「あ、もうヤル気になってたんだ」

美波「あれ?」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:46:02.44 ID:7LCJSHpVO
美波「アーニャちゃん、ラ行は巻き舌だものね」

アーニャ「何故でしょう。自然となります」

みく「確かに、蘭子ちゃんもルルァンコになってるにゃ」

アーニャ「日本語の発音、難しいです」

美波「でも、アーニャちゃんらしくて可愛いと思うわ」

アーニャ「美波…」

みく「(ミナーミ…)確かに可愛いにゃ。アーニャちゃんの人柄だからこそ、だにゃ」

アーニャ「ありがとう、ございます」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:47:00.65 ID:7LCJSHpVO
アーニャ「そういえば、みくは今日も、猫カフェ、ですか?」

みく「そうだにゃ。…あ」

アーニャ「フフ。毛、がたくさんついてます」

みく「何か恥ずかしくなってきたにゃ。シャワー浴びてくる…」

アーニャ「みくは、猫がとても好きです」

美波「そうね。周りが見えなくなるくらい好きになって…」

アーニャ「そう、ですね。…あ」

美波「?」

アーニャ「すいません。美波の髪の毛がついてました」

美波「ん、うん…うん?」

アーニャ「…シャワー、浴びてきます」

美波「アーニャちゃん?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:47:45.44 ID:7LCJSHpVO
美波「…」

武内P「…新田さん、おはようございます」

美波「あ、プロデューサーさん!おはようございます!」

武内P「今は、お一人ですか?」

美波「はい。さっきまでアーニャちゃんとみくちゃんがいたんですけど…」

武内P「そのお二人でしたら、先程お会いしました」

美波「あ…それ、みくちゃんの体に猫の毛がついてたから…」

武内P「…そうでしたか」

美波「?…背中が痒いんですか?」

武内P「いえ、大したことではありません」

美波「そうですか?…結構気になってるみたいですけど…」

武内P「…」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:48:22.86 ID:7LCJSHpVO
美波「もしかしたら、毛がシャツについてるのかもしれませんよ?」

武内P「そうかも、しれませんね。少し席を外します」

美波「大丈夫ですよ。それにそれくらいでロッカールームまで行くことないですから」

武内P「ですが…」

美波「それに、何かお仕事しなくちゃいけないんですよね?」

武内P「…ええ。資料を纏めたいので…」

美波「お時間は無いんですか?」

武内P「…そうですね。ですが気にしなければ大丈夫です」

美波「そういうのって、意外と気になりますよ?」

武内P「…」

美波「…」

武内P「…分かりました。ここで確かめるしか方法はないようですね」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:48:52.78 ID:7LCJSHpVO
みく「あー、サッパリしたにゃ!」

アーニャ「日本のシャワーは、丁度良いです」

みく「メイドインジャパンはいつでも一番だにゃ!」

アーニャ「フフ。みく、発音面白いです」

みく「うー…いじめないでほしいにゃあ…」

アーニャ「フフ…ただいま戻り、ました」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:49:43.91 ID:7LCJSHpVO
武内P「おかしいですね…確かにこの辺が痒かったのですが…」

美波「見てくださいプロデューサーさん!毛がありましたよ!」

みく「」

アーニャ「」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:50:32.34 ID:7LCJSHpVO
みく「何、してるにゃ?」

アーニャ「プロデューサーが、裸です」

みく「それは分かってるにゃ。だから目を瞑ってるんだにゃ!」

美波「あ、二人ともおかえり。…プロデューサーさんのシャツに毛が挟まってたのよ」

アーニャ「そういう、事でしたか」

みく「なんだか今日は毛の話題が多いにゃ…」

アーニャ「みく、プロデューサーの裸、見るのが恥ずかしい、ですか?」

みく「当たり前だにゃ!」

美波「ふふっ。やっぱりみくちゃん、可愛いわね」

アーニャ「でも、美波」

美波「?」

アーニャ「少し、誤解、しそうになりました」

美波「あ、アーニャちゃん!?」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:53:15.12 ID:7LCJSHpVO

未央「よく考えたらさ」凛「うん」


みりあ「私ももうお姉ちゃんだよ!」杏「ほー」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 17:22:47.50 ID:EoETQZZC0
みくにゃんと美波の会話ってなんか良いな。乙
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 17:49:15.89 ID:dTp43j7fO
最高なんじゃあ……
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 21:28:52.72 ID:CQ13RRfD0
いい掛け合いだった乙。すばらしい
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 11:01:31.97 ID:VRtGAeVeO
いいねぇ……なんか和む
前のも良かった、乙

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク