にこ「今日ってなんの日だか知ってる?」 穂乃果「ふぇ?」

1 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:40:28.65
にこ「今日はポッキーの日なんですって」

穂乃果「ほえ~」

にこ「そういえば、ポッキーといえば…」

穂乃果「ん?なになに?」

にこ「………"ポッキーゲーム"っていうゲームがあるわよね?」

穂乃果「えっ?!何そのゲームっ!?おもしろそうっ!!」


にこ(よしっ!…くいついて来たわねっ!!)グッ

3 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:41:59.29
にこ(ふっふっふっ…)

にこ(最近、μ'sのみんなの私に対する態度がちょっと雑になってきて…)

にこ(さすがの大天使にこにーといえど…ちょ~~っと思う所があったのよね…)

にこ(まぁ…他のメンバーに比べれば穂乃果なんて微々たるレベルでだけど…)

にこ(にこに対する態度が雑になってるのは事実だと思うのよね…)

にこ(だから…手始めにまずは穂乃果っ!あなたからにこの偉大さを再認識させてみせるわっ!!)

にこ(そうね…予想としては…)
5 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:43:22.30
------
------------
------------------

にこ『…』ポリポリ

穂乃果『…///』ポリポリ

にこ『…』ポリポリ

穂乃果『…/////』ポリポリ

にこ『…』ポリポリ

穂乃果『…だ、だめっ!これ以上は恥ずかしいよっ!!////』パッ

にこ『…』スッ

にこ『ふふんっ…どうやらにこの勝ちのようねっ!!』ドヤッ

穂乃果『うう…///可愛いにこちゃんの顔が近づいてくるんだもん…耐えれるわけないよ~///』カァッ

にこ『まあ~にこが可愛いのは当然のことだし~?』

にこ『まあ…穂乃果も相手が悪かったわね…』

穂乃果『わあ~、さっすがにこちゃん!』

にこ『ふふん!まあねっ!!』

穂乃果『ただでさえ可愛いのに…ポッキーゲームにも負けないかっこよさも持ってるなんてスゴいっ!!』キラキラッ

にこ『まあ?なんてったって、宇宙No.1アイドルにこにーですものっ!!』フフンッ

穂乃果『だよねっ!!なんか改めて尊敬しちゃうよっ!!』

にこ『ふふ~ん、当然ねっ!』

にこ『穂乃果もせいぜい、にこを見習って立派なスクールアイドルになることねっ!』

穂乃果『うんっ!』


------------------
------------
------


にこ(うん!シミュレートも完璧ねっ!!)グッ

穂乃果「にーこーちゃーんっ!」

にこ「っ!?」
6 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:44:02.15
穂乃果「ねえねえ、それでポッキーゲームってどういうゲームなのっ!?」

にこ「ルールは簡単よ?」

穂乃果「それなら教えてほしいなっ!」

にこ「しょ~がないわね~」

にこ「いい?まずはポッキーの両端を2人でかったっぽずつ咥えるの」

穂乃果「ふむふむ…」

にこ「それでお互いに両端から食べていって…」

にこ「先に折っちゃった方が負けよ?」

穂乃果「んっと………それだけ?」

にこ「…っ!」

穂乃果「にこちゃん?」
7 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:45:34.41
にこ(いいことを思いついたわっ!!)

にこ(穂乃果のやつはポッキーゲームのルール自体を知らなかった…)

にこ(つまり…ちょっとくらいは嘘をまぎれこませてもばれないってことよね…)キシシッ

にこ(それに、この勝負…シミュレート通りに、にこが勝つに決まってるし…)

にこ(そうよっ!負けた方がバツゲームっていうことにして…)

にこ(バツゲームの内容は…)

にこ(………"負けた方は、勝った方の言うことをなんでも1つ聞く")

にこ(…よし、これでいきましょう!)キシシッ

にこ(…でも、それを穂乃果に伝える前に…)
8 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:46:50.00
にこ「ん、ゲーム自体の基本ルールはそれだけよ?」

穂乃果「ふ~ん、結構簡単なルールなんだね~」

にこ「そうよ~」

にこ「ためしにやってみる?」

穂乃果「ん~…どうしよっかな~…」

にこ「いちごポッキー…持ってきてるけど…」

穂乃果「っ!!」

穂乃果「やるったらやるっ!!」

にこ「お?やる気満々じゃないの?」

穂乃果「うん!今の穂乃果はポッキーゲームをやる気で満ちてるよっ!!」

にこ「ふふっ…それじゃ、はじめましょうか?」

穂乃果「うんっ!!」


にこ(ふぅ…ここまでは順調ね…)

にこ(そして…穂乃果がポッキーゲームをやると決意した直後のこのタイミングで…)
9 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:48:15.49
にこ「あ、そうそう…大事なルールがもう1つあってね…」

穂乃果「ふぇ?」

にこ「負けたらバツゲームとして…勝った方の言うことをなんでも1つ聞かないといけないのよっ!!」

穂乃果「ええっ!?そうなのっ!?」

にこ「そうよ~」

穂乃果「勝った方の言うことをなんでも1つ…」ゴクリ

にこ「ん?どうしたの、穂乃果?負けるのが怖くてやめたくなっちゃった?」ニヤニヤ

穂乃果「むむむっ!そんなことないよっ!」プンスカ

穂乃果「穂乃果、いちごポッキー好きだし!にこちゃんにだって負けないんだからっ!」

にこ「ふふん、望むところよっ!!」


にこ(よっしっ!これで勝ちはもらったわっ!!)フッフッフッ
10 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:49:05.19
にこ「それじゃあ、はじめましょ?」

穂乃果「うん!」

にこ「ん~…実際にポッキーを咥えちゃってからだと、しゃべりにくくなるから…」

にこ「にこが机をドンッって叩いたら、ゲーム開始にしましょ?」

穂乃果「うん、わかった!」

にこ「それじゃ咥えるわよ?」パクッ

穂乃果「うん!」パクッ

にこ「ひゅんひふぁひひ?」

穂乃果「ふん!」

にこ「ひょへひゃあ…」

穂乃果「…」


  ドンッ

にこ「…」ポリポリ

穂乃果「…」ポリポリ
11 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:49:48.25
にこ「…///」ポリポリ

穂乃果「…♪」ポリポリ


にこ(む…実際にやってみると…意外と顔が近いわね…///)

にこ(それに…意外と穂乃果が余裕そうにしてるのがなんか腹立つわね…)グヌヌ

にこ(よし…ここは勝利を確実にするために…)

にこ(ちょっと…ペースをあげて…一気に距離を詰めて、穂乃果にプレッシャーをかけるわ…)
13 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:50:34.22
にこ「…!」ポリポリポリポリッ

穂乃果「…♪」ポリポリ


にこ(ど、どうよっ!だいぶ近づいたわっ!!)ドヤァ

にこ(結構ギリギリまで進めたつもりだし…もうそろそろ穂乃果も…)チラッ


穂乃果「…♪」ポリポリ


にこ(全然…恥ずかしがって…ない…ですって?…)ガーン
15 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:52:25.75
にこ「………///」ポリポリ

穂乃果「…♪」ポリポリ


にこ(ちょ、ちょっとぉっ!?ななななな、なに考えてるのよっ?!穂乃果のヤツっ!?///)

にこ(いや…落ち着け…落ち着くのよ…矢澤にこ…)

にこ(これは…そ、そう!そうやって焦らそうとする穂乃果の作戦ねっ!!)

にこ(ふぅ…あぶなかったわ…あやうく騙されそうに…)

にこ(そうやってギリギリまで譲らないつもりなんて…穂乃果のくせにやるじゃない…)

にこ(あとちょっとでくちびるがつきそうだけど…)

にこ(ここで怖気ついて負けるわけにはいかないわ…)

にこ(ふっふっふっ…穂乃果にしては頑張った方だとは思うけど…)

にこ(残念ながら、この勝負は私の勝ち…)



チュッ



ほのにこ「「……………ふぇっ!?」」ポロッ




にこ「えっ!?いま…/////」プルプル

穂乃果「へ?………あ、あれ?」


ほのにこ「「…っ!?っ!?/////」」ボフッ
16 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:53:14.33
にこ(ままままま待ってよっ?!)

にこ(いま…穂乃果とその…キスを…////)

にこ(…///)カァッ


にこ「っていうことは…にこのファーストキスは…穂乃果に…///」ボソッ

穂乃果「え、えっと…その…ほ、穂乃果もはじめてだったんだけど…///」カァッ

にこ「っ?!///」

にこ「そ、そう…///」

穂乃果「う、うん…///」


ほのにこ「「…………//////」」
17 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:54:56.28
穂乃果「え、えっと…それでさ?//」

にこ「な、なにっ!?///」

穂乃果「ぽ、ポッキーゲームの勝敗ってどうなったのかなぁ~?…って」

にこ「あ~…」


にこ(う~ん…穂乃果のやつが…さ、最後まで食べるなんて予想外の行動をしてくれたせいで…///)

にこ(な、なんか、とんでもないことになっちゃったけど…///)

にこ(ポッキーゲーム的には…)

にこ(引き分け?になるのかしら?)

にこ(むぅ~…にこのファーストキスが犠牲になって、勝敗結果が引き分けなのはなんか割に合わないわね…)

にこ(くっ…こうなったら…勝つまで続けるしかないわね…)

にこ(それに…1回キスしちゃったんなら、もう2回も3回も変わらないわっ!!)

にこ(っていうよりも…そ、そう!女同士だし!ゲーム内だし!このキスは無効よっ!無効っ!!!)

にこ(…)

にこ(よしっ!これで冷静になれた私の方が有利のハズね…)
18 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:55:38.61
にこ「しょ、勝敗の結果は引き分けよっ!!」

穂乃果「む~…引き分けかぁ~…」

にこ「ちなみに…引き分けの場合は、勝敗が決まるまでゲームを続けないといけないルールよ?」

穂乃果「しょ、勝敗が決まるまで…///」ゴクリ

にこ「ちなみにそれがいやなら辞退してもいいのよ~?」

にこ「まあ、その場合はにこの不戦勝だけどね~♪」フフン

穂乃果「むぅ…やるったらやるっ!!」

にこ「ふふん、かかってきなさいっ!!」
19 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:56:08.05
にこ「それじゃ…2回戦…はじめるわよ?」パクッ

穂乃果「うん!」パクッ

にこ「ひふふぁひょ…」

穂乃果「…」


  ドンッ

にこ「…」ポリポリ

穂乃果「…」ポリポリ
20 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:57:44.73
にこ「…」ポリポリ

穂乃果「…♪」ポリポリ


にこ(んっと…1回戦目は序盤にハイペースで進めてみたけど…失敗したのよね…)


にこ「…」ポリポリ

穂乃果「…♪」ポリポリ


にこ(それなら…2回戦目は…)

にこ(後半にペースをあげてプレッシャーをかける…)

にこ(この作戦で行くわ…) 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
21 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 00:59:01.27
にこ「…」ポリポリ

穂乃果「…♪」ポリポリ


にこ(よしっ!半分を超えたわねっ!!)

にこ(いまよっ!!)


にこ「…!」ポリポリポリポリッ

穂乃果「…っ?!」ポリッ


にこ(っ!?はじめて穂乃果が動揺したっ!?)

にこ(作戦成功ねっ!!)ニヤリ

にこ(ふっふっふっ…そうよ…その感じで…折ってしまいなさい…穂乃果…)フフッ
22 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:01:09.20
にこ「…!」ポリポリポリポリッ

穂乃果「…!」ポリポリポリポリッ


にこ(………へ?)

にこ(ペ…ペースを…あげた…ですってっ!?)サーッ

にこ(ちょっ!?ほ、穂乃果のヤツどういうつもりよっ?!)アセアセ

にこ(こ、これって、寸止めするわよねっ!?)タラー

にこ(さすがの穂乃果も1回目の結果を学んでるわよねっ!?ねっ!?)アワアワ

にこ(ま、待ってっ!!このあたりで止めないとっ!!こ、このままじゃっ!!!)

にこ(あ…)


チュッ


にこ(あ~……………)



モゴモゴ

にこ(…ん?)


チュパッ

にこ(っ?!っ!?///)
23 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:02:59.09
にこ(ななななななっ…////)プルプル

にこ(なんで穂乃果のヤツは舌をいれてきたのよっ!?///)

にこ(ふぁ、ファーストキスの件は妥協したけど…こ、ここまでされるのを許した覚えわないわよっ!!///)プルプル

にこ(くっ…///こうなったら、こっちも舌で押し返すしか…)

レロッ

にこ(なっ!?///なんでにこの舌に絡めてくるのよ~~~~///)

にこ(いや…///そんな…///穂乃果の舌が…お、奥の方まで…///)

にこ(うう…///な、なんか…だんだん…へ、変な気分に…////ん…////)ハァハァ



この後、しばらくにこの口の中でのポッキーゲームが続いた
26 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:07:47.18
* * *


穂乃果「…ぷはぁっ//」ツツー

にこ「に、にこぉ…////」ポタッ

穂乃果「こ、今度は1回目と違って、いちごポッキーを落とさずに完食したよっ!!///」フンスッ

にこ「………ふぇ?///」ポー

穂乃果「だ、だから…にこちゃんの口の中に残ってたポッキーまで完食したよっ!」ドヤァ

にこ「…」ポー

にこ「っ?!」ハッ

にこ「え、えっと…だ、だから舌までいれてきたの?//」

穂乃果「ふぇ?そ、そうだよ?」

穂乃果「な、なんかすっごく恥ずかしかったけど…////」モジモジ

にこ「そ、その割には長い間…そ、その…にこの口の中を好き勝手にしてくれたじゃないの…///」ジトー

穂乃果「えっ!?えっと…そ、それは…///」アセアセ
27 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイW 03e0-2kwq) :2015/11/11(水) 01:08:39.67
ニヤニヤが止まらん(・∀・)
28 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:08:49.76
穂乃果「にこちゃんの口の中がこう…なんか全体的にいちごっぽい味がしたから…つい…///」

にこ「あ~…多分…にこがポッキーゲームをはじめるまえから、いちごポッキー食べてたからかしらね?」

穂乃果「そ、それに…なんだか途中からちょっと気持ちよく…///」ボソッ

にこ「へ?いまなんか言った?」

穂乃果「ふぇっ?!///」

穂乃果「な、何も言ってないよっ?!///」カァッ

にこ「そ、そう?な、ならいいんだけど…」

穂乃果「う、うん…///」
31 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:10:55.77
穂乃果「そ、それよりっ!!」

にこ「なっ、なにっ?!」

穂乃果「に、にこちゃんの口の中に残ってたポッキーまで穂乃果は完食したんだよっ!?」

穂乃果「これは穂乃果の勝ちってことでいいのかなっ!?」ドウナノカナッ

にこ「………ダメよ…」

穂乃果「な、なんでーっ!?」ガーン

にこ「言ったでしょ…先に折った方が負けだって…」

にこ「穂乃果がにこのく…口の中のポッキーまで完食したとしても、折れたわけじゃないもの」

にこ「引き分けよ?」

穂乃果「…」

にこ「ほ、穂乃果?」

穂乃果「…つまり…それはもう一勝負するってことだよね?」ニコッ

にこ「っ?!」ビクゥッ

にこ「そ…そうよっ!!」

穂乃果「…だよね!」キラン

にこ「っ!?っ!?」ゾクッ
32 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:11:36.24
穂乃果「それじゃあ、3回戦目いくよっ!にこちゃんっ!!」

にこ「の、のぞむところよっ!!」

穂乃果「じゃあ…次は穂乃果が始まりの合図するね…」パクッ

にこ「わ、わかったわ…」パクッ

穂乃果「…」

にこ「…」


   ドンッ

穂乃果「…」ポリッ

にこ「…」ポリポリ


にこ(な、なんか穂乃果に変なスイッチはいっちゃったんだけどぉっ!?)ガーン
33 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:13:13.44
穂乃果「…!」ポリポリポリポリッ

にこ「っ?!」ビクゥッ


にこ(ななななな、なんで最初っから全力だしてくるのよーーーーっ!?)アワアワ

にこ(くっ…このままじゃさっきみたいな展開にっ…)ダラダラ

にこ(え?)

にこ(…さっきみたいな…展開?)

にこ(………)

にこ(っ!///)カァッ

にこ(ムリよっ!!ムリムリムリムリムリっ!!///)

にこ(あ、あんな激しいキスを…も、もう1度されるなんて…///)カァッ


穂乃果「…!」ポリポリポリポリッ

にこ「…」プルプル


ポキッ


にこ「あっ………」

穂乃果「っ!!」パァッ 
36 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:14:53.24
穂乃果「やったーっ!穂乃果のかっちーーーーっ!!」イェイッ

にこ「ま…負けたわ…」ガーン

穂乃果「穂乃果が勝ちってことは~…」

穂乃果「にこちゃんが穂乃果の言うことをなんでもひとつ聞いてくれるんだよね?」ニコッ

にこ「く…」

穂乃果「にこちゃん?」

にこ「そ、そうよっ!!にこが負けたんですものっ!!」

にこ「ど、どんな命令でも聞いてあげるわよっ!!」

穂乃果「だいじょ~ぶ、そんなに大変なこと頼まないよ~」

にこ「に、にこぉ…」
37 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:17:35.44
にこ(うう…自分で設定しちゃったルールとはいえ…)

にこ(なんでもひとつ言うことを聞くなんて…)

にこ(いったい…穂乃果に何を言われるんだか…)アワアワ


穂乃果「ということで、にこちゃんっ!」

にこ「は、はひっ!?」ビクッ



穂乃果「今週末、穂乃果とデートしてくださいっ!!」


にこ「そ、そんなことっ!…………へ?」


穂乃果「なんでもひとつ聞いてくれるんだよね?」

にこ「へ?え?で…デート?」

穂乃果「うん!」
38 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:18:29.13
にこ「え?えっ?!な、なんで、にことデートしたいのっ!?」

穂乃果「えっと…説明しなきゃだめ?」

にこ「え、えっと…で、できれば聞かせてくれると…」

穂乃果「…うん、わかった!説明するね!」

にこ「え、ええ…」
39 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:19:25.48
穂乃果「えっとね…」

穂乃果「ポッキーゲームを始める時はね?バツゲームなににしようかな~?って悩んでたんだけど…」

穂乃果「2回目のポッキーゲームでにこちゃんとキスが終わった後にね?」

穂乃果「その…」


穂乃果「もっとにこちゃんとキスしてみたい…って」


にこ「え?」


穂乃果「そう思っちゃったの…///」

にこ「…」
40 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:19:54.87
穂乃果「あはは…おかしいよね…女の子同士なのに…」

にこ「…」

穂乃果「それでね?そもそもなんでキスしたいなんて思ったのかなぁ~って…」

穂乃果「穂乃果なりに考えてみたんだけど…」

穂乃果「少女マンガの主人公の女の子がそういうことを考えるのって…」

穂乃果「その相手に恋してる時だなぁ~って気づいちゃったの…」

にこ「穂乃果…」
41 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:20:40.10
穂乃果「だからね?その気持ちが本当かどうかを確かめたいから…」

穂乃果「にこちゃんとデートしてみたいって思ったから頼んでみたの!」

穂乃果「だから、バツゲームを使ってでも、にこちゃんにデートをお願いしたんだよ?」

穂乃果「なんでも1つ言うことを聞いてくれるってルールなんだから、たとえにこちゃんがイヤでも…」

にこ「に、にこだって…」

穂乃果「ふぇ?」


にこ「べ、べつにイヤってわけじゃないわよ…///」


穂乃果「に、にこちゃんっ!!」パァッ
43 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:21:28.83
穂乃果「わーいっ!デート楽しみにしてるねっ!!」モギュー

にこ「なっ!?///」

にこ「あ、あんたの気持ちを確かめるのはデートの時でしょーがっ!!///」

穂乃果「それはそれだよっ!いまはうれしくてにこちゃんを抱きしめたいから抱きしめてるのっ!」モギュー

にこ「そ、そう///」

穂乃果「うんっ!!」ニコッ




にこ(あ、結果だけ見ると…)

にこ(ポッキーゲームで、にこの偉大さを穂乃果に再認識させる!っていう目的は達成…したのかしら?)

にこ(うう…たとえ成功したとしても、この結果は予想外過ぎよ…///)


~Fin.~
45 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ b0e0-32fk) :2015/11/11(水) 01:25:27.64
ポッキーの日にちなんだ短編SSを書くつもりだっただけなのに、
なぜかこんなに長くなった…

一応、穂乃果視点Ver.とかその頃他のメンバーが何してたかとかのネタも思いついたけど、
本編自体が予想以上に長くなったのでそこまで執筆する余裕がなかったのはまた別の話
46 :名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ (ワッチョイW 5be1-t1ei) :2015/11/11(水) 01:26:32.80
あぁ^~最高すぎる~^^^~~

53 :名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ e8e0-BCQX) :2015/11/11(水) 02:32:20.72
佐藤はいた
54 :名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ (ワッチョイW 547c-t1ei) :2015/11/11(水) 03:09:11.10
ほのにこ!


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク