提督「駆逐艦は可愛いなぁ・・・」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 17:21:14.19
夕立「見て見て! あじさいが綺麗っぽい!」

春雨「あ、本当・・・」

時雨「うん、本当に綺麗だね」

時雨「知っているかい? 鮮やかな青色をしたあじさいには」

時雨「冷淡、無情、高慢という花言葉があるんだ」

時雨「こんなに美しいのにね」

時雨「僕の姉妹もみんな美人さんだから、きっと・・・・・・」

夕立「・・・・・・」

春雨「・・・・・・っ///」モジ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467015673

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 17:30:02.06
夕立「・・・あ! か、蛙さんがいるっぽい!」アセッ

春雨「すごいたくさん・・・」

時雨「うん、本当にたくさんいるね」

時雨「梅雨の時期は特にたくさん出てくるよね」

時雨「こうして手に取ってみると、すごく可愛い顔をしているんだ」スッ

時雨「でもね? 幼少期の子供の中には」

時雨「蛙を潰して遊ぶ子もいるんだ」

時雨「子供故の残虐性というものなのかな?」

時雨「静かな雨と、とてもよく雰囲気が似ているよね」

時雨「ぷちっ」

時雨「ぷちっ」

時雨「ぷちっ」

時雨「ぷちっ」

時雨「ぷちっ・・・とね?」

夕立「・・・・・・」

春雨「・・・・・・んっ///」モジモジ

時雨「ふふ・・・ふふふふ・・・・・・」ニコニコ










提督「・・・・・・」




3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 17:35:35.44
提督「(駆逐艦・・・か)」

提督「(艦娘とは言え、まだ見てくれも中身も少女みたいなものだ)」

提督「(出撃や遠征がない時間、彼女達は自由に過ごす)」

提督「(外出をする娘、元気に遊ぶ娘、静かに本を読む娘)」

提督「(実に様々だ、まるで学生のような・・・)」

提督「(微笑ましい、美しい、可愛い、そして)」

提督「(羨ましい・・・・・・)」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 17:45:14.19
島風「天津風ちゃん早くしてよぉ~!」

天津風「ちょ、ちょっと! あたしはまだ走るなんて・・・!」ゼェゼェ

島風「ほらほら行くよ!」ガシ

天津風「ひぃっ!?」

島風「それそれぇーっ!」タッ

天津風「」





提督「・・・・・・」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 17:48:12.05
提督「(俺も同じようなことをしようと思えば)」

提督「(できるにはできる)」

提督「(しかし、若さと力が足りないのだ)」

提督「(神々の愛した本当の遊び)」

提督「(それは、やはり彼女達子供にしかできない神秘の儀式)」

提督「(俺も・・・子供のころは楽しかったなぁ)」

提督「(駆逐艦を見ていると、よく思い出す)」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 17:55:00.02
提督「(真っ赤な夕日、微かな肥しの匂い、土の感触)」

提督「(無数のトンボ、ひぐらし、神社に山)」

提督「(そして楽しい仲間達・・・)」

提督「(いっぱい遊んで、暗くなったら家に帰る)」

提督「(疲れ切って、泥だらけになって、母さんに怒られる)」





提督「・・・・・・母さん」ボソ

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 18:04:34.04
提督「(母さん、優しくて美人だったなぁ)」

提督「(俺は一際甘えん坊だったから、よく頭を撫でてもらっていた)」

提督「(あの家も、母さんも、父さんも、友達も・・・)」

提督「(全てにおいて落ち着き、楽しかった・・・)」

提督「(それが大人になった今はなんだ)」

提督「(毎日のように上に気を遣い、仕事仕事仕事・・・!)」

提督「(お国の為だとか、共産主義やら封建主義を押し付けられる!)」

提督「(常に戦績を残し、部下の信頼を掴まなければならない!)」

提督「(常に期待の眼差しを向けられる!)」

提督「(幽閉の如く鎮守府に閉じ込められ、楽しみはタバコくらいしかない・・・)」





提督「はぁ・・・疲れたなぁ・・・」

提督「もう一度・・・もう一度、あの頃に戻りたい・・・・・・」ボソ










響「司令官」










提督「」ビク




12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 18:44:11.05
提督「ひ、響か、どうかしたのか?」

響「司令官、無理してないかい?」

提督「え?」

響「最近、疲れが酷そうに見えるんだ」

響「少しは休みも必要だよ?」

提督「い、いや、大丈夫だよ」

響「・・・私も長いこと秘書艦を務めてきたんだ」

響「司令官は責任感が強い人だからね」

響「色々思っていることも多いと思うんだ」

提督「・・・・・・」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 18:48:34.84
響「今日はそれほど忙しい日じゃないから、少し仮眠でも取ろうか」

提督「し、しかしだな、それでは他の娘に察しが・・・」

響「大丈夫だよ、みんなわかってくれるさ」

響「みんな、司令官に感謝しているんだ」

響「司令官が過労で倒れた方が、みんな心配で堪らなくなるよ」

提督「・・・すまないな、響」

提督「どうやらお前に嘘はつけないようだな」

提督「では、少しだけお言葉に甘えさせてもらうか・・・」

響「・・・・・・」

響「」ニコ

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 18:50:44.75
いい子や…
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 18:54:05.46
やっぱり響可愛いなぁ…
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 18:52:44.29

― 寝室 ―


提督「ひ、響も一緒に寝るのか」

響「嫌かい?」

提督「そ、そんなことはないさ」

響「うん」ギュ

提督「はは、まるで親子だな」ナデナデ

響「司令官はそう思うのかい?」

提督「まぁな」

響「そう・・・親子か・・・」

響「・・・・・・」

響「」ニコニコ

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 18:59:33.07
響「そうだ」

響「司令官」

提督「ん?」

響「司令官が良い夢を見られるように」

響「おまじないをしてあげるよ」

提督「おまじない? 何だか子供の頃を思い出すなぁ」ハハッ

響「」ニコ

響「良いじゃないか、効き目があるんだよ?」

提督「ほぉ、それじゃあお願いするかな?」

響「うん、わかった」

響「じゃあ、目を閉じて・・・」

提督「・・・・・・」

響「ゆっくり呼吸をするんだ・・・」

提督「・・・・・・」

響「私のいる方に意識を集中させて・・・」

提督「・・・・・・」

響「・・・・・・」

提督「・・・・・・Zzz」










響「・・・・・・」




19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 19:03:11.14
提督『・・・ん?』

提督『ここは・・・家?』ムク

提督『俺の実家じゃないか・・・何故ここにいるんだ?』

提督『あれ? こんなところにタンスなんてあったか・・・?』

提督『(・・・そういえば昔はここにあったような?)』





???『○○』





提督『え?』クル

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 19:13:10.07
提督『響・・・? ん? いや、母さん・・・?』

響(母)『ふふ・・・まだ寝ぼけているのね?』

響『私は貴方の母ですよ?』

提督『え? あ、あぁ・・・』

提督『か、母さん? 随分若返ったように見えるけれど・・・?』

響『あら、随分と酷いことを言うのね、この子は』

響『私はまだおばさんではありませんよ?』ギュ

提督『か、母さん!?』

響『ほら、こんなことされて喜んでいるなんて』

響『まだまだ子供ね』

提督『う・・・』

響『でもまぁ・・・今はまだ、たくさん甘えなさい』

響『母さんはいつでも貴方を見守っていますから』

提督『母・・・さん・・・』ギュ

響『ふふ・・・』ナデナデ










―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 19:18:40.72
提督「・・・?」パチ

提督「夢か・・・」

提督「(母さん・・・あれは・・・本当に母さんだったのか?)」

提督「(いや、でも本当に昔のままだった)」

提督「(多少雰囲気は違えど、あれは俺が小さい頃住んでいたままの家)」

提督「(そして、綺麗だった母さん・・・)」

提督「(あの温もりは確かに・・・)」

提督「・・・ん?」クンクン

提督「(なんだ? この甘いにおいは?)」

提督「?」





響「司令官」





提督「」ビク

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 19:21:33.87
響「どうだったかな?」

響「良い夢、見られたかな?」

提督「あ、あぁ、色々と懐かしい気持ちになれたよ」

提督「ありがとうな、響」ナデナデ

響「そう」

響「それは」

響「良かったね」

響「司令官」

響「」ニコニコ

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 19:38:34.91
提督「(それから毎夜、俺は昔の夢を見るようになった)」

提督「(と言っても、ひたすら母さんに甘えて、話をするのだが)」

提督「(寝るのが楽しみになってきたな)」

提督「(・・・そろそろ夢の中でも遊びに行きたいってのは)」

提督「(贅沢過ぎるよなぁ・・・)」

提督「・・・○○精肉店の○○ちゃんとか、今何しているんだろう?」

提督「そういえば○○ちゃん、冷やし茶漬けばっかり食べていたなぁ・・・」

提督「(よくよく考えれば、小さい頃は女の子の友達しかいなかったな)」

提督「(田舎だから、よく山の神社とかで遊んだなぁ)」

提督「(4人揃って・・・)」

提督「はぁ・・・・・・」シミジミ










響「・・・・・・」

響「そうか」

響「あと」

響「3人」

響「必要なんだね」

響「」ニコ




26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 19:47:09.59
雷(友1)『ほらほら、早くしないと置いて行っちゃうわよ!』

暁(友2)『まったく、レディーは走ったりしないんだから!』

電(友3)『はわわ! ま、待ってほしいのです!』

提督『・・・!?』

提督『(今度は・・・よく遊んだあの参道・・・)』

提督『(それに・・・この娘達は俺の・・・)』

雷『○○! 何をぼうっとしてるの?』

提督『あ、あぁ! 今行く!』

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 19:54:25.02
雷『じゃあ、今日は神社の軒下に何があるのか探してみるわよ!』

暁『そ、そんなことしたらスカートの中を見られちゃうじゃない!』

雷『誰も見たりしないわよ』

暁『○○がいるじゃない!』

雷『別に恥ずかしいことじゃないでしょ?』

雷『一人前のレディーは、這い蹲ってまで美しさを追うものよ?』

暁『なっ! ふ、ふんっ! 暁にだって、それくらいできるもん!』

電『あ、頭をぶつけないようにして・・・』スッ

電『はぅっ!?』ゴンッ

電『うぅ・・・』ジワ

提督『だ、大丈夫か?』スッ

電『へっ!? だ、大丈夫なのです!///』

提督『(おぉ・・・! おぉ・・・!)』ワナワナ

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 19:59:24.99
提督『(そうだ! これだよこれ!)』

提督『(俺が求めていたのはこれなんだよ!)』

提督『(宝物探し、秘密基地建設、虫取り、河原で釣り!)』

提督『(やったあぁぁぁぁぁっ!! いっぱい遊ぶぞぉぉぉぉぉっ!!)』

提督『(あははははは! 仕事なんて知らねぇぇぇぇぇ!!)』

提督『(楽しい!! 楽しい!! 楽しい!! 楽しい!!)』

提督『(楽しいよぉぉぉぉぉぉぉっ!!)』

提督『(ばんざぁぁぁぁぁぁい!!)』

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 20:03:09.80





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





提督「」ムク

提督「・・・・・・」

提督「」ニヤニヤ

提督「(ふふふ・・・大人なんてクソ食らえだ)」

提督「(みんな子どもになれば良いんだ)」

提督「・・・さて、今日も一日頑張るか」










響「・・・・・・」




30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 20:07:27.82
提督「(それからは毎晩が幸せだった)」

提督「(俺は毎回、夢の中で遊び、そして甘える)」

提督「(遊ぶ)」

提督「(甘える)」

提督「(遊ぶ)」

提督「(甘える)」

提督「(遊ぶ)」

提督「(甘える)」

提督「(これも全て響のおまじないのおかげだ)」

提督「(俺は苦しみから解放されたんだ)」

提督「(そんなことを繰り返すうちに)」

提督「(少々気になることが増えた)」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 20:12:16.39

― 食堂 ―


提督「・・・・・・」

提督「(おかしいな)」

提督「(好き嫌いが増えた)」

提督「(前までは我慢して食べられたのに)」

提督「(反射的に口から出してしまう)」

提督「(ワカメが嫌い、バナナが嫌い、ホヤが嫌い、ナマコが嫌い、生シイタケが嫌い)」

提督「(麻婆豆腐は好き、ナメコそばは好き、山菜は好き、駄菓子は好き、ヤクルトは好き)」

提督「・・・・・・?」

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 20:19:15.12

― 執務室 ―


提督「・・・また間違えた」

響「大丈夫、気にしなくて良いよ」

提督「ゴメンな、響」

響「良いんだ、今まで司令官は頑張り過ぎたんだ」

響「私がついているから、大丈夫だよ」

響「私が全部、なんとかしてあげるから」ギュ

響「もっと私に甘えて良いんだ」ナデナデ

提督「響・・・」ギュ





響「」ニコニコ

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 20:26:02.50
提督「(よく書類の記入ミスをするようになった)」

提督「(朝起きると、必ずあの甘いにおいがする)」

提督「(最近は母さんにも、響にも甘えるようになった)」

提督「(畏まった口調ができなくなった)」

提督「(ちらほらと、艦娘の名前を忘れることがある)」

提督「(仕事が長続きしない)」

提督「(いつも響に任せてしまう)」

提督「(だって、響がなんとかしてくれるもん)」

提督「(仕事は嫌だもん)」

提督「(今はただ、遊びたい、もっといっぱい甘えたい)」

提督「(他の娘から悪口を言われたら)」

提督「(母さんに言いつけてやるもん! 響に言いつけてやるもん!)」

提督「(それでいっぱい叱られれば良いんだ!)」










響「・・・・・・」




35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 20:31:11.22

― 夢の中 ―


響『○○、ちょっとそこに座りなさい』

提督『・・・?』スッ

提督『どうしたの? 母さん』

響『・・・貴方ももう、こんなに大きくなったのね』

響『まだ子供とはいえ、立派な男になったわ』

響『そろそろ筆おろしをしてあげないとね・・・』

提督『ふでおろしってなに?』

響『ふふ・・・それはね・・・』スッ

提督『!?』





響『男になるということ・・・』ニヤ




36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 20:41:23.86
提督『か、母さん!?』

響『貴方も赤ん坊のときは、私のおっぱいを吸っていたのよ?』

響『もう感触を忘れたの?』

提督『で、でも・・・こんなの、変だよ・・・///』モジモジ

響『この村で男の子は貴方しかいないの』

響『貴方のお友達のご両親からは、娘さん達の水揚げを頼まれているのよ?』

響『男の子なんだから、しっかりとあの娘達に夜這いを教え込んであげなさい』サワ

提督『ひぅっ!?///』

響『ふふ・・・我が息子ながら、可愛い反応をしてくれますね』ニヤ

響『ほら・・・今度は股を触りなさいな』クイ

提督『ぬ、ぬるぬるしてるよ・・・?』

響『貴方が生まれてきたところですよ』

響『女の子はね? みんなここを触られると喜ぶんですよ?』

響『さぁ・・・全てを母さんに任せて』ファサ










響『好きなだけ甘えなさい・・・・・・』ニコ










―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 20:44:37.78

― 数週間後 ―


翔鶴「・・・・・・」

瑞鶴「提督さん、すっかり部屋に引きこもるようになっちゃったわね・・・」

翔鶴「えぇ・・・」

瑞鶴「あんなに真面目で優しい人だったのに・・・」

翔鶴「もしかすれば、私達が追い込んでしまったのかも・・・」

瑞鶴「翔鶴姉、それはないよ」

翔鶴「・・・・・・」

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 21:11:43.46
翔鶴「私、少し様子を見に行ってくるわね」

瑞鶴「うん・・・」

翔鶴「瑞鶴、戦闘中は気をつけてね?」

瑞鶴「うん・・・いってきます」





翔鶴「提督、正規空母の翔鶴です」コンコン

翔鶴「入室の許可を」





シーン・・・・・・





翔鶴「・・・?」

翔鶴「し、失礼します・・・?」ガチャ

翔鶴「うっ!?」

翔鶴「(な、なに!? このにおいは!?)」

翔鶴「!!!!」










「じゃあこんどはおにごっこしよう!」

「おにさんだ~れだ!」

「エーデル・オーガね!」

「なのです!」

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 21:15:52.55
翔鶴「て、提督・・・?」

提督「? おねえちゃんだれ?」

翔鶴「だ、誰って・・・」





響「これはこれは翔鶴さんじゃないか」





翔鶴「ひ、響さん・・・?」

翔鶴「これは一体どういうことですか!」

響「見ての通りさ」

響「私達は今、遊んでいるんだよ」

響「ね? 司令官」ナデナデ

提督「うん!」

翔鶴「な・・・な・・・!」ワナワナ

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 21:23:33.41
翔鶴「提督をおかしくさせたのは貴女なのですね!」

翔鶴「こんなことをして・・・! 軍法会議ものですよ!」

暁「このひと、こわい・・・!」ガタガタ

電「ひっ・・・!」ガタガタ

雷「ち、ちかよらないで!」ガタガタ

翔鶴「な、なにを・・・!」

響「・・・・・・」





響「みんな! こいつは鬼だ!」

響「本物の鬼だ! 私達を食べる気なんだ!」

響「悪い鬼は退治するんだ! みんなで捕まえよう!」





提督「おーっ!」ガシ

暁「レッスンをしこんであげるわ!」ガシ

電「おにはそとなのDEATH!」ガシ

雷「したをひきぬいてべんじょのあなにおとすわ!」ガシ

翔鶴「ひっ!? い、嫌! はなして!」ジタバタ

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 21:26:58.80
響「さぁて、私達を引き裂こうとする悪い鬼には」

響「魔除けの"お香"をたっぷりとたいてやらないとね」シュボ

響「ほら、良い香りでしょ?」

翔鶴「う・・・あ・・・ぁ・・・・・・」クラクラ

響「さぁ・・・殻から出るんだ・・・」





響「君ももう、私達の仲間さ・・・」ニコニコ

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 21:37:01.87
響「翔鶴さん・・・いや、翔鶴」

響「実は君に伝えておくことがあるんだ」

翔鶴「うん」

響「君はね、実は駆逐艦だったんだ」

響「書類上の記入ミスがあってね」

響「君の妹の瑞鶴も、同様に駆逐艦だったんだ」

翔鶴「うん」

響「次期に君の妹も正式に駆逐艦になる」

響「そのときは、私の手伝いをしてほしいんだ」

翔鶴「うん! わかった!」

響「ふふ・・・良い娘だね」

響「それまでは、司令官達と好きなだけ遊んでいてほしいんだ」

翔鶴「わぁい!」

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 21:38:34.76
響「ほらみんな、新しいお友達だよ」

翔鶴「わたし、しょうかく! よろしくね!」

雷「いかずちよ! なにかあったら、うんとたよってね!」

暁「あかつきよ、しゅくじょのなはわたさないわ!」

電「い、いなづまなのです・・・よろしくなのです・・・」

提督「ぼくは○○! これからよろしくね!」

翔鶴「うん! このさきくるいもうとも」

翔鶴「よろしくね!」










響「ふふ・・・ふふふ・・・・・・」

響「楽しい・・・楽しいね・・・」

響「司令官、君の言った通りだね・・・」















響「 駆 逐 艦 ( 子 供 ) は 最 高 だ よ 」ニコニコ















――― 終 ―――




46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 21:39:43.29
ヤッパリ響チャンハ天使ナノデス!
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/27(月) 22:14:10.65
笑うセールスマンみたいだな
誓約はないけど
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/28(火) 21:24:38.52
笑うセールスマンに似たような作品があったなあ
この手のホラーは鉄板かもな
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/29(水) 08:19:29.60

安心のクオリティ


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク