佐久間まゆ「あいくるしい」

1 : ◆Xz5sQ/W/66 :2016/05/13(金) 01:14:55.25
===

 「その瞳に吸い込まれそうだ」と彼が言った。

 それが、私の心を掴んだ口説き文句。

 指が踊る、指が躍る。
 
 彼のコーヒーにはいつも角砂糖を二つ。

 甘いものは疲れた脳に良いんだと、笑いながら言っていた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463069695
2 : ◆Xz5sQ/W/66 :2016/05/13(金) 01:16:17.62
 
 事務所で初めて会った時の、驚いた顔は今でも鮮明に思い出すことができる。

 それから、「会いに来ました」と伝えた後の、とても困った表情も。

 
 胸が躍る、足が踊る。

 私の心は彼のもの、私の体も彼のもの。
3 : ◆Xz5sQ/W/66 :2016/05/13(金) 01:17:27.52
 
 初めてのレッスンで、私の笑顔を褒めてくれた。

 初めてのステージで、私の歌を褒めてくれた。

 いつでも貴方が隣にいたから、いつだって私は微笑んでいられたの。


 左手首に巻き付けたのは、彼と私を繋ぐおまじない。

 「固く二人が結ばれて、決してほどけませんように」……と。
4 : ◆Xz5sQ/W/66 :2016/05/13(金) 01:18:23.49
===

 ちらつく雪の降る中で、マフラーと一緒に甘い贈り物を手渡した。

 春の桜が舞う中で、柔らかな日差しに二人で微笑んだ。

 
 夏の野外のステージで、汗だくになりながらアナタに向けて歌を歌い。

 秋の寂しい街道を、二人寄り添って歩いたりもしましたね。
5 : ◆Xz5sQ/W/66 :2016/05/13(金) 01:19:07.38

「君は俺の自慢のアイドルだ」と、頭を撫でてもらったこともあったっけ。

 あの時は顔を真っ赤にしながら固まって、ドキドキしながら彼の手の、
 その硬くて柔らかい不思議な感触に気持ちを集中させていた。

「綺麗だよ」と私の問いに答えながら、唇を重ね合わせたのはいつのことだったろうか。


 愛しいアナタ、大好きなアナタ。

 私の胸の高鳴りは、日に日に大きくなっていく。
6 : ◆Xz5sQ/W/66 :2016/05/13(金) 01:20:09.23
===

 でも……いつしか彼は私じゃない、どこか遠くを見つめるようになっていた。

 私の瞳をのぞき込む度に、彼の中身はどこか彼方へ溶け出していくようだった。

 
 彼が恋をしていたんだと気がついたのは、二人が一緒になって長い時間が経ってから。

 アイドルを辞め、ステージから降りて、歌を歌うことを忘れた鳥になってから。
 
 歌わない鳥を見る、彼の瞳はとても冷たく……そして悲しくて。
7 : ◆Xz5sQ/W/66 :2016/05/13(金) 01:21:17.87
 
 恋の相手は、私だった。それも、彼の隣で愛を囁く私じゃない。

 飾られた衣装を着て、きらめく微笑みを称え、輝くステージの上で愛の歌を歌う私。
 
 アイドルとしての「佐久間まゆ」が、彼の恋の相手だったのだ。
 
 
 「その瞳に吸い込まれそうだ」と言った言葉の通りに、彼は私に吸い込まれて行ってしまった。

 私の中のもう一人の「まゆ」に、その全てを取り込まれてしまったのだ。
8 : ◆Xz5sQ/W/66 :2016/05/13(金) 01:22:42.00
===
 
 いっそ死が二人を別っていれば、悲しみの記憶に溺れることもできただろう。
 
 彼が他の誰かと結ばれていたのなら、嫉妬の炎にこの身を焦がすこともできただろう。

 
 「愛してる」と言われれば、幸せになれると思ってた。

 「愛してる」と囁けば、幸せにできると思ってた。
 
 想い人と二人、愛し愛されることが生きる上での一番の喜びだと、そう信じて疑いもしなかった。
9 : ◆Xz5sQ/W/66 :2016/05/13(金) 01:24:15.65
 
 「固く二人が結ばれて、決してほどけませんように」

 ……左手首のおまじないは、確かに二人を結び付けた。

 なのに、どうして、こんなにも……私の胸は苦しいの?

 
 彼は、今でも私の中に「まゆ」を見る。

 いつか再び出会えると、信じているから離れない。
 
 私も、今でも彼の中に「愛」を注ぐ。

 いつか彼の心を満たせると、信じているから離れない。
10 : ◆Xz5sQ/W/66 :2016/05/13(金) 01:25:39.00
 
 今宵も二人は埋めようのない溝を埋めようと、心と体を躍らせる。
 
 あぁ、そんな彼が今でもとても愛しくて。

 そしてだからこそ私は見つめられてないと知りながら、彼に向けてあいくるしく、微笑むのです。

 
 指が踊る、指が躍る。

 寂しい身体を慰めるように。
 
 胸が躍る、足が踊る。

 二人の心はまじない通り、満たされないことで固く結ばれて――――そして永久(とわ)に離れることもない。
 
11 : ◆Xz5sQ/W/66 :2016/05/13(金) 01:27:34.05
タイトルの元ネタになった「あいくるしい」は名曲。

以上、お読みいただきありがとうございました。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/13(金) 01:28:24.14
乙、すごく詩的ですな

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク