梨子「あ、千歌ちゃん!おはよう」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 14:56:14.53

そこそこのキャラ崩壊があります。注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466056574
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 14:57:04.94

千歌「あー梨子ちゃん、おはよ」

梨子「?なんか元気ない?…悩み事でもあるの?」

千歌「うーん…悩みっていうかなんていうか…」

梨子「わたしでも話くらい聞いてあげられるよ?言ってみて?」


千歌「うん…あのさ…梨子ちゃんは…わたしのからだ…どう思う…?」



梨子「へ?」

千歌「…このあいだ…Aqoursのホームページのプロフィール…更新したでしょ?」

梨子「そうだね、スリーサイズを新しく載せたんだっけ」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 14:57:52.13

千歌「うん…で、そのあとでネットの評判をチェックしてたら…」

梨子「うん」

千歌「わたしのからだ…バランスがおかしいんじゃないかって…」

梨子「…え?」


千歌「…顔もこどもっぽくて背も低いのに、胸だけおっきいって…」

梨子「…うん」


千歌「…わたし…おかしいのかな…」シュン


梨子(むしろほめられてるんじゃないかな…?それは…)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 14:58:37.39


千歌「やっぱわたしなんかが人前で歌ったり踊ったりするなんて無理だったのかな…」ウル

梨子「!う、うぅん!そんなことない!千歌ちゃんはわたしなんかよりよっぽどアイドルっぽいし、絶対アイドル向いてるよ!」


千歌「…でも…梨子ちゃんのほうが背も高いし…すらっとして大人っぽいもん…」

梨子「え、えぇと…そ、それに…!わたしは千歌ちゃんの見た目、全然おかしいとか思わないよ!?」


千歌「…そう?」

梨子「うん!うん!!絶対そうだよ!」

千歌「う~ん…もしかしたらこの間の計測の時に測り間違えてたのかな…」

梨子「え?…うーん…それはわからないけど…」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 14:59:39.69


千歌「…梨子ちゃん、もっかい測ってくれる?」

梨子「え!?わたし!?」

千歌「だって一人じゃ測れないし…おねがい!」

梨子「まぁ…測るくらいなら…じゃあ昼休みに部室で測ろっか」

千歌「うん!ありがと!」



――――

昼休み
―部室―



千歌「ふふっ…二人きりで服をぬぐってなんか恥ずかしいね…えへへ」ヌギヌギ

梨子(な、なんかすごくいけないことをしてる気分…)

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:00:33.85

千歌「ぅんしょ…っと」プチ

梨子「え!?ちょ、ブラはとらなくても…!」


千歌「…りこちゃん」ギュ

梨子「へぇぇえ!?///」


千歌「…わたし…不安なの…」

梨子「千歌ちゃん…」

千歌「だから……おねがい…」ギュ


梨子「…うん、わかった。まかせて」

千歌「…うん」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:01:29.80


梨子「…じゃ、はかるよ…」

千歌「…うん」ハラリ


梨子「…!」

梨子(こ、これは…!そうぞういじょうに…!)

梨子(わたしなんかよりよっぽど桜色…ってなにかんがえてんのわたし!?///)


千歌「?…どしたの?」

梨子「え!?いや…!…じゃ、いくよー…」シュル

千歌「…ひゃっ」

梨子「あ、ごめん…!メジャー冷たかったよね!……えーと…」

梨子(へ、変な声ださないでよ~/////)

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:02:29.96


千歌「ど、どう…?」

梨子「う~ん…82…でまちがいないかな…」


千歌「……そっか…」シュン

梨子「…千歌ちゃん…」


千歌「ねぇ…りこちゃん…」ダキッ

梨子「えぇ!?ち、ちかちゃん!?///」


千歌「わたし、がんばる…!グスッ…みんながわたしのこと見てくれなくても…アイドル続けるもん…!」ウルウル

梨子(は、はは裸で抱き着くのはだめだよ~!!?///82センチ…!82センチがっ!!///)

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:03:38.84

千歌「…それに……りこちゃんがわたしのこと『おかしくない』って言ってくれたもん…グス……それだけでわたし…がんばれるから…」ニコ


梨子「」プツン





梨子「…ね、千歌ちゃん…」

千歌「グスッ……なに?りこちゃ……え…?りこちゃん…はなじが…」


梨子「きいて…ちかちゃん…」ツー



梨子「確かに千歌ちゃんは顔も幼いし、わたしより背が低いし…それなのに胸はわたしよりあるよ…」タラー
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:04:43.40

梨子「でもね…だからこそ…千歌ちゃんはかわいい」ドクドク


梨子「わたしのことちょっとだけ上目遣いで見てくれるところも……ダンスで揺れるおっぱいも……いっつも触りたいって思ってる」ドクドク

千歌「そ、そんなことより…!……今は早く血を止めないと…!」


梨子「そんなのどうだっっていいよ…わたしは千歌ちゃんのおっぱいのためなら…」

千歌「だめ!だめだよ!わたしの胸ぐらいいくらでも触っていいから…!だから…!」


梨子「…」フルフル

梨子「…どうせわたしの意識はもうそんなに長くはもたないよ……それに…今触ったりしたら…わたしの意識は二度とこの体に戻ってこないかもしれない…」


千歌「そんな…!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:05:42.67


梨子「…くっ」フラッ

千歌「っ!梨子ちゃんっ!!」ガシ

梨子「げぶぅっ!?…ち、ちかちゃん……あたってる…はやく…ふくを…」ドクドク

千歌「そんなの後でいい!…わたし…ちゃんと梨子ちゃんにお礼が言いたい!」ギュッ


梨子「あぁ…だめ…そんなに押し付けたら…いしきが…」



千歌「梨子ちゃんがわたしをかわいいって言ってくれて嬉しかった…!わたしのこと見ててくれて嬉しかった…!!」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:07:53.97

千歌「梨子ちゃんが好きでいてくれるなら…それだけで…わたしは自分のからだを誇りに思える…!だから…ありがとう…!」ウルウル


梨子「……ふふっ」

梨子「…そんなこと言われたら…もう全部どうでもよくなっちゃうよ…」


千歌「りこちゃん…?」

梨子「…あーあ…こんどは…ブラジャーに…うまれかわりたい…な」


千歌「り、りこちゃん…?……梨子ちゃん!ねぇ!返事してよ!りこちゃーんっ!!」


梨子「」



千歌「り、りこちゃぁぁぁーーんっ!!」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:09:22.29



――――



梨子「…う…ん…あれ…?」

千歌「っ!目が覚めたんだね!?よ…よがっ…よかったよぉ…」グス


梨子「…ふふっ、おおげさだよ……ちょっとだけ…ねむくなっちゃっただけ…」


千歌「ぅ…う、ん…グスッ…でも…わたしの…せいで…」



梨子「そうだよ、まったく…わたしなんかより…よっぽどギルティな体してるくせに…」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:10:18.28

千歌「…え?…ぎるてぃって…?」



梨子「そんな千歌ちゃんには……ギルティなキスをあげる…」

千歌「え、な…んっ!?ちゅっ…んっ!!?」


梨子「…んちゅ……ふふっ…しちゃったね//」



千歌「り、りこちゃん…///それはさすがに…///」

曜「だいたんすぎるね」

梨子「!!?!?」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:11:30.21

果南「いや~、梨子が倒れたって千歌が騒いでたから来てみたけど…そんだけ元気なら大丈夫だね」

鞠莉「ん~☆こういうホットな展開、嫌いじゃないよ?」

善子「『恋は盲目』とはよく言ったものね……迷宮に迷い込んだ子羊ってところかしら」

花丸「善子ちゃん、かっこつけてるけど顔真っ赤ずら」

善子「う、うるさいわね!!///」

ルビィ「はわわわわ///…ふ、ふたりともおとなだぁ…///」


梨子「みんなまで……って!?あれ!?わたしなにを!?」



ダイヤ「梨子さん…」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:12:29.70

梨子「ち、ちがうんですダイヤさん…!なんか雰囲気に流されてたっていうか…なんか正気じゃなかったというか…!」



ダイヤ「……言い訳は生徒会室で聞きましょうか?」ニコ

梨子「いや!ほんとすみません!反省してますから…!どうかそれだけは…!」


千歌「も~梨子ちゃんてば…///初めてのちゅーはロマンチックなみかん畑で、って決めてたのに~///ひゃ~///」

梨子「いやみかん畑にロマンもなにもないでしょ!?」



ダイヤ「……ずいぶんと元気なんですね?梨子さん…?」

梨子「はっ!?ち、ちがうんです!!…もう!千歌ちゃんは黙ってて!思わずつっこんじゃうから…!」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:14:40.49

千歌「わたし…つっこまれちゃうのかぁ…///」

梨子「思春期の男子か!!」



ダイヤ「……梨子さん」

梨子「はっ!?いや!ほんとに違うんです!!これは…く、くせといいますか…職業病といいますか……!だから!ね!?」


ダイヤ「…」ニコッ

梨子「…!」ニコッ!


ダイヤ「」ガシッ ズルズル

梨子「いやー!!まってーっ!!ほんとに反省してるんですって!!ち、ちかちゃーん!ようちゃ…!」バタン

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:15:23.98


曜「千歌ちゃん…」

鞠莉「サイコーにギルティなトラッパーね☆」


千歌「へー?なんでー?」





おわり
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:19:52.83
ありがとうございました


梨子ちゃん推しの皆さま

筆者も梨子ちゃんは大好きです

なぜこうなってしまったのかは筆者にもわかりません
不思議なこともあるものですね
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:28:24.37
蛇足です

本作でss5作目となります
区切りがいいので、これまで書いた物をまとめさせてください

1作目

果南「恋になりたい?」千歌「アクアリウム!」


2作目(1作目の続編)

果南「だいすきは♪」千歌「もうかくさないー♪」


3作目

千歌「ねー、なんで鞠莉さんはルー語でしゃべるの?」


4作目

ダイヤ「千歌さんの、あの日」


そして5作目が本作です
筆者の千歌ちゃん愛がわかりますね笑

ではまた
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/16(木) 15:31:29.62
おつおつ
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/17(金) 04:23:15.67
千歌ちゃんSSホント好き
次も楽しみにしてます!
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/17(金) 12:20:40.05
面白かった

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク