武内P「おはようございます」李衣菜「おはようございます」

1 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 11:46:23.60
李衣菜「………」

武内P「どうか、しましたか」

李衣菜「う、ううん。なんでもないです」

武内P「そうですか。……今日も、がんばりましょう」

李衣菜「は、はいっ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438224383

2 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 11:51:29.23
みく「Pチャンと仲良くなりたい?」

李衣菜「うん」

みく「急にどうしてそんなこと……はっ!? ま、まさか李衣菜チャン、Pチャンに恋してるにゃ!?」

李衣菜「んなっ!?」

みく「なんてことにゃ。みくの知らない間にそんなことに……」

未央「なになに? 誰が誰に恋してるって?」

李衣菜「あーもう、違うって!」
4 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 11:56:38.52
李衣菜「私、他の子と比べてあんまりプロデューサーと打ち解けられてない気がするんだよね」

未央「そうだっけ?」

みく「んー……本人が言うんなら、そうなような気もしてきたにゃ」

李衣菜「仕事に関係してる話なら普通にできるんだけどさ。それ以外の、プライベートみたいな? そういう話って碌にしたことないんだ」

未央「ならすればいいじゃん」

みく「いいにゃ。みんな普通にやってるにゃ」
8 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:01:15.22
李衣菜「それができるんならわざわざ相談しないって」

みく「なんでできないにゃ」

李衣菜「私からしたら、プロデューサーに普通にタメ口きいて気軽におしゃべりしてるあんた達のほうが不思議なの!」

未央「え、なんで?」

李衣菜「そりゃあ、仮にも年上の男の人なんだしさ。向こうも敬語だし、それならこっちも敬語で……っていうのが自然な流れっていうか」

みく「李衣菜チャンは変なところで礼儀正しいにゃ」

未央「それがいいところでもあるけどね」

未央「でもさ、敬語が普通なところをあえてタメ口にするっていうのはロックじゃない?」

李衣菜「いやそれはロック関係ないっしょ」

未央「おお、冷静なツッコミ」

李衣菜「なんでもかんでもロックでごまかせると思ったら大間違いだよ」

みく「李衣菜チャンがそれを言うかにゃ……」
10 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:05:25.15
みく「もうなんでもいいからとりあえず試してみれば?」

李衣菜「試すって?」

みく「敬語使わずにPチャンと話してみるってこと。そうしたら、気持ち的に打ち解けた感じになるんじゃない?」

未央「まずは形からってやつだね。私もいいと思う」

李衣菜「うーん……」
11 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:08:47.50
李衣菜「ぷ、プロデューサー」

武内P「多田さん。どうしましたか」

李衣菜「え、えーっと……」

武内P「?」

李衣菜「あれだね! 今日のプロデューサー、なんかロックだよね!」グッ

武内P「………」

武内P「はい?」

李衣菜「……な、なんでもないです忘れてください」



みく「なに今の」

李衣菜「だってさ、真顔でこっちぐわって見つめてくるんだよ! 逃げ出したくもなるって!」

未央「プロデューサー、別に睨んでるわけじゃないんだからさ。りーなの言葉の意味を探ってただけだと思うけど」

李衣菜「それは私だってわかってるよ。でも思わず逃げ出したくなったというか」

みく「とんだチキンハートだにゃ。ロックが聞いてあきれるにゃ」

李衣菜「なんだと~!」

みく「今の李衣菜チャンに反論できるの」

李衣菜「できないです……」

未央「おお、夫婦の間に上下関係が」
12 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:14:44.06
李衣菜「で、結局どうしようか」

みく「と、言われても」

未央「私達はプロデューサーと話すときに緊張したりしないからなー。何をアドバイスすればいいのかわかんないや」

李衣菜「そんなあ。なんかないの?」

みく「難しいにゃ……もう肩でも揉んであげればいいんじゃないかにゃ」

未央「お父さんかいっ」

みく「大人の男ってところは同じだからなんとかなるにゃ」

李衣菜「肩もみか……一応、考えてみようかな」

未央「頑張れっ。応援してるよー」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/30(木) 12:15:00.13
このみくにゃんは前川さん
14 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:20:03.14
李衣菜「プロデューサー。肩揉んであげます」

武内P「肩を? いえ、それは申し訳が……」

李衣菜「遠慮しなくていいですって。仕事で肩凝ってるでしょう?」

武内P「はあ……では、少しだけ。お願いします」

李衣菜「任せてくださいって!」



李衣菜「……ん、しょっと」モミモミ

武内P「………」

李衣菜「ふっ、ふんぬっ」グリグリ

武内P「………」

李衣菜「………」

李衣菜「……プロデューサー。ひょっとして、気持ちよくないですか?」

武内P「いえ。そんなことはありません」

李衣菜「でも、なんか反応が薄いっていうか、全然ないっていうか」

武内P「そうですか……すみません」

李衣菜「いや、そこで謝られても困るんですけど……」

李衣菜「(むう……)」
15 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:22:47.59
李衣菜「結局、全然会話が弾まなかったし、プロデューサーの気持ちよさそうな顔も見れなかった」

李衣菜「このままで終わるのはなんか悔しいな……こうなったら、私が肩もみスキルを上昇させるしかない」

李衣菜「けどどうしよう。誰か肩もむのが上手い子でもいればいいんだけど……」

??「お困りのようだね」

李衣菜「?」

李衣菜「あ、あなたは!」
16 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:27:53.50
武内P「多田さん。いえ、先日揉んでもらったばかりですので、そう何度もやってもらうわけには」

李衣菜「いいからいいから。はい、座ってください」

武内P「はあ……では、よろしくお願いします」

李衣菜「いきますよー」ワキワキ


武内P「!」

武内P「(こ、これは……)」

李衣菜「どうですか? 気持ちいいですか?」モミモミモミ

武内P「……ええ、とても。疲れが一気に抜けるようです」

李衣菜「よかった。練習した甲斐がありました!」

武内P「練習……それは、私のために、ですか」

李衣菜「あー、はい。まあ一応」

武内P「……ありがとうございます」

武内P「んあっ」

李衣菜「(なんかあえぎ声に艶がある気がする)」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/30(木) 12:29:07.04
お、おかしいな……武内Pの喘ぎ声想像したらどきどきしてきた……
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/30(木) 12:32:36.74
イケボショタ(?)の艶っぽい声……ありだな(錯乱)
19 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:32:56.67
李衣菜「いいんですって。プロデューサーには、いつもお世話になってるし……私なんかは特に」

武内P「特に?」

李衣菜「ほら、私ってロックロック言ってますけど、ちょっと知識とか技術とか足りないのが現状ですし」

武内P「(ちょっと……)」

李衣菜「そのあたり、プロデューサーにはフォローしてもらってるから……だから、その」

李衣菜「なんていうか、ありがとうございます」

武内P「多田さん……」

武内P「私も、多田さんには感謝しています」

李衣菜「え?」

武内P「生きていれば、どうしても自分の得意でない分野にぶつからなければならない時があります」

武内P「そのような時に、私は多田さんから勇気をもらいます。今は力不足だとしても、ひたむきにロックを目指す、その姿に」

李衣菜「プロデューサー……私、そんな大層なもんじゃないですよ」

武内P「そんなことはありません」

李衣菜「そうかな……えへへ」

李衣菜「ありがとう、プロデューサー」

武内P「……はい」

武内P「皆さんのその言葉で、私もまた頑張れます」
20 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:36:09.96
その後


李衣菜「プロデューサー! おはようございます」

武内P「おはようございます。多田さん」

李衣菜「昨日のあの番組見ました? めちゃロックでしたよ」

武内P「めちゃロック、ですか」

李衣菜「そうそう。具体的には――」



みく「最近、李衣菜チャンがPチャンと仲いいにゃ」

未央「この前のアレ、うまくいったみたいだね」

みく「みたいだにゃ」

未央「みくにゃん的にはどうなの?」

みく「どういう意味?」

未央「愛しのりーながプロデューサーといちゃいちゃしていて、ジェラシーを感じちゃったりとかさ」

みく「そんなわけないでしょ。未央チャンの中でみくはどれだけ嫉妬深いにゃ」
21 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:39:25.56
未央「でも、りーなってすごい肩もみ上手いらしいよ」

みく「ちょっと意外だったにゃ。そんな特技があったなんて」

未央「それか、もしかしたらいっぱい練習したのかも」

??「その通り!」

みく「!?」

未央「あ、あなたは!」



未央「山登りのスペシャリスト・棟方愛海ちゃん!」

愛海「彼女はよく頑張ったよ。その成果があの通り」

みく「というか、なんでナチュラルにシンデレラプロジェクトの部屋にいるの?」
23 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:44:46.01
愛海「弟子の様子を見に来たんだよ」

未央「弟子?」

愛海「李衣菜さんが悩んでいるようだったから、あたしがいろいろと手ほどきしてあげたの」ワキワキ

愛海「というわけでそろそろ、揉む場所を肩からもう少し位置を下げて――」


清良「うふふ。愛海ちゃん、何をしているの?」

愛海「うえっ!? 清良さん、なぜここに」

清良「なにやら愛海ちゃんがよからぬことをしようとしている気配がしたので」

愛海「よからぬことなんてとんでもない! あたしはただ聖域をってやめて! 引っ張らないで!」

清良「ではみなさん。失礼いたしました~」

愛海「い、嫌だ! ナース拳はいやだ~~っ!!」

バタン


未央「………」

みく「うちのアイドル、個性派が多すぎないかにゃ」

未央「みくにゃんがそれ言いますか」
24 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:46:54.32
李衣菜「それでですね、どれくらいロックかというと――」

武内P「なるほど……それは、なかなかロック、ですね」

李衣菜「ですよね!」



未央「まあ、とりあえず一件落着?」

みく「あとでみくも李衣菜チャンに肩揉んでもらうにゃ」


おしまい
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/30(木) 12:47:07.39
せっかくだし料理作ってあげようぜ
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/30(木) 20:50:41.40
>武内P「んあっ」

何この破壊力
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/19(水) 19:55:31.85
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/05(土) 00:40:12.43

2 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 11:51:29.23
みく「Pチャンと仲良くなりたい?」

李衣菜「うん」

みく「急にどうしてそんなこと……はっ!? ま、まさか李衣菜チャン、Pチャンに恋してるにゃ!?」

李衣菜「んなっ!?」

みく「なんてことにゃ。みくの知らない間にそんなことに……」

未央「なになに? 誰が誰に恋してるって?」

李衣菜「あーもう、違うって!」
4 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 11:56:38.52
李衣菜「私、他の子と比べてあんまりプロデューサーと打ち解けられてない気がするんだよね」

未央「そうだっけ?」

みく「んー……本人が言うんなら、そうなような気もしてきたにゃ」

李衣菜「仕事に関係してる話なら普通にできるんだけどさ。それ以外の、プライベートみたいな? そういう話って碌にしたことないんだ」

未央「ならすればいいじゃん」

みく「いいにゃ。みんな普通にやってるにゃ」
8 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:01:15.22
李衣菜「それができるんならわざわざ相談しないって」

みく「なんでできないにゃ」

李衣菜「私からしたら、プロデューサーに普通にタメ口きいて気軽におしゃべりしてるあんた達のほうが不思議なの!」

未央「え、なんで?」

李衣菜「そりゃあ、仮にも年上の男の人なんだしさ。向こうも敬語だし、それならこっちも敬語で……っていうのが自然な流れっていうか」

みく「李衣菜チャンは変なところで礼儀正しいにゃ」

未央「それがいいところでもあるけどね」

未央「でもさ、敬語が普通なところをあえてタメ口にするっていうのはロックじゃない?」

李衣菜「いやそれはロック関係ないっしょ」

未央「おお、冷静なツッコミ」

李衣菜「なんでもかんでもロックでごまかせると思ったら大間違いだよ」

みく「李衣菜チャンがそれを言うかにゃ……」
10 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:05:25.15
みく「もうなんでもいいからとりあえず試してみれば?」

李衣菜「試すって?」

みく「敬語使わずにPチャンと話してみるってこと。そうしたら、気持ち的に打ち解けた感じになるんじゃない?」

未央「まずは形からってやつだね。私もいいと思う」

李衣菜「うーん……」
11 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:08:47.50
李衣菜「ぷ、プロデューサー」

武内P「多田さん。どうしましたか」

李衣菜「え、えーっと……」

武内P「?」

李衣菜「あれだね! 今日のプロデューサー、なんかロックだよね!」グッ

武内P「………」

武内P「はい?」

李衣菜「……な、なんでもないです忘れてください」



みく「なに今の」

李衣菜「だってさ、真顔でこっちぐわって見つめてくるんだよ! 逃げ出したくもなるって!」

未央「プロデューサー、別に睨んでるわけじゃないんだからさ。りーなの言葉の意味を探ってただけだと思うけど」

李衣菜「それは私だってわかってるよ。でも思わず逃げ出したくなったというか」

みく「とんだチキンハートだにゃ。ロックが聞いてあきれるにゃ」

李衣菜「なんだと~!」

みく「今の李衣菜チャンに反論できるの」

李衣菜「できないです……」

未央「おお、夫婦の間に上下関係が」
12 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:14:44.06
李衣菜「で、結局どうしようか」

みく「と、言われても」

未央「私達はプロデューサーと話すときに緊張したりしないからなー。何をアドバイスすればいいのかわかんないや」

李衣菜「そんなあ。なんかないの?」

みく「難しいにゃ……もう肩でも揉んであげればいいんじゃないかにゃ」

未央「お父さんかいっ」

みく「大人の男ってところは同じだからなんとかなるにゃ」

李衣菜「肩もみか……一応、考えてみようかな」

未央「頑張れっ。応援してるよー」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/30(木) 12:15:00.13
このみくにゃんは前川さん
14 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:20:03.14
李衣菜「プロデューサー。肩揉んであげます」

武内P「肩を? いえ、それは申し訳が……」

李衣菜「遠慮しなくていいですって。仕事で肩凝ってるでしょう?」

武内P「はあ……では、少しだけ。お願いします」

李衣菜「任せてくださいって!」



李衣菜「……ん、しょっと」モミモミ

武内P「………」

李衣菜「ふっ、ふんぬっ」グリグリ

武内P「………」

李衣菜「………」

李衣菜「……プロデューサー。ひょっとして、気持ちよくないですか?」

武内P「いえ。そんなことはありません」

李衣菜「でも、なんか反応が薄いっていうか、全然ないっていうか」

武内P「そうですか……すみません」

李衣菜「いや、そこで謝られても困るんですけど……」

李衣菜「(むう……)」
15 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:22:47.59
李衣菜「結局、全然会話が弾まなかったし、プロデューサーの気持ちよさそうな顔も見れなかった」

李衣菜「このままで終わるのはなんか悔しいな……こうなったら、私が肩もみスキルを上昇させるしかない」

李衣菜「けどどうしよう。誰か肩もむのが上手い子でもいればいいんだけど……」

??「お困りのようだね」

李衣菜「?」

李衣菜「あ、あなたは!」
16 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:27:53.50
武内P「多田さん。いえ、先日揉んでもらったばかりですので、そう何度もやってもらうわけには」

李衣菜「いいからいいから。はい、座ってください」

武内P「はあ……では、よろしくお願いします」

李衣菜「いきますよー」ワキワキ


武内P「!」

武内P「(こ、これは……)」

李衣菜「どうですか? 気持ちいいですか?」モミモミモミ

武内P「……ええ、とても。疲れが一気に抜けるようです」

李衣菜「よかった。練習した甲斐がありました!」

武内P「練習……それは、私のために、ですか」

李衣菜「あー、はい。まあ一応」

武内P「……ありがとうございます」

武内P「んあっ」

李衣菜「(なんかあえぎ声に艶がある気がする)」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/30(木) 12:29:07.04
お、おかしいな……武内Pの喘ぎ声想像したらどきどきしてきた……
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/30(木) 12:32:36.74
イケボショタ(?)の艶っぽい声……ありだな(錯乱)
19 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:32:56.67
李衣菜「いいんですって。プロデューサーには、いつもお世話になってるし……私なんかは特に」

武内P「特に?」

李衣菜「ほら、私ってロックロック言ってますけど、ちょっと知識とか技術とか足りないのが現状ですし」

武内P「(ちょっと……)」

李衣菜「そのあたり、プロデューサーにはフォローしてもらってるから……だから、その」

李衣菜「なんていうか、ありがとうございます」

武内P「多田さん……」

武内P「私も、多田さんには感謝しています」

李衣菜「え?」

武内P「生きていれば、どうしても自分の得意でない分野にぶつからなければならない時があります」

武内P「そのような時に、私は多田さんから勇気をもらいます。今は力不足だとしても、ひたむきにロックを目指す、その姿に」

李衣菜「プロデューサー……私、そんな大層なもんじゃないですよ」

武内P「そんなことはありません」

李衣菜「そうかな……えへへ」

李衣菜「ありがとう、プロデューサー」

武内P「……はい」

武内P「皆さんのその言葉で、私もまた頑張れます」
20 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:36:09.96
その後


李衣菜「プロデューサー! おはようございます」

武内P「おはようございます。多田さん」

李衣菜「昨日のあの番組見ました? めちゃロックでしたよ」

武内P「めちゃロック、ですか」

李衣菜「そうそう。具体的には――」



みく「最近、李衣菜チャンがPチャンと仲いいにゃ」

未央「この前のアレ、うまくいったみたいだね」

みく「みたいだにゃ」

未央「みくにゃん的にはどうなの?」

みく「どういう意味?」

未央「愛しのりーながプロデューサーといちゃいちゃしていて、ジェラシーを感じちゃったりとかさ」

みく「そんなわけないでしょ。未央チャンの中でみくはどれだけ嫉妬深いにゃ」
21 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:39:25.56
未央「でも、りーなってすごい肩もみ上手いらしいよ」

みく「ちょっと意外だったにゃ。そんな特技があったなんて」

未央「それか、もしかしたらいっぱい練習したのかも」

??「その通り!」

みく「!?」

未央「あ、あなたは!」



未央「山登りのスペシャリスト・棟方愛海ちゃん!」

愛海「彼女はよく頑張ったよ。その成果があの通り」

みく「というか、なんでナチュラルにシンデレラプロジェクトの部屋にいるの?」
23 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:44:46.01
愛海「弟子の様子を見に来たんだよ」

未央「弟子?」

愛海「李衣菜さんが悩んでいるようだったから、あたしがいろいろと手ほどきしてあげたの」ワキワキ

愛海「というわけでそろそろ、揉む場所を肩からもう少し位置を下げて――」


清良「うふふ。愛海ちゃん、何をしているの?」

愛海「うえっ!? 清良さん、なぜここに」

清良「なにやら愛海ちゃんがよからぬことをしようとしている気配がしたので」

愛海「よからぬことなんてとんでもない! あたしはただ聖域をってやめて! 引っ張らないで!」

清良「ではみなさん。失礼いたしました~」

愛海「い、嫌だ! ナース拳はいやだ~~っ!!」

バタン


未央「………」

みく「うちのアイドル、個性派が多すぎないかにゃ」

未央「みくにゃんがそれ言いますか」
24 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 12:46:54.32
李衣菜「それでですね、どれくらいロックかというと――」

武内P「なるほど……それは、なかなかロック、ですね」

李衣菜「ですよね!」



未央「まあ、とりあえず一件落着?」

みく「あとでみくも李衣菜チャンに肩揉んでもらうにゃ」


おしまい
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/30(木) 12:47:07.39
せっかくだし料理作ってあげようぜ
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/30(木) 20:50:41.40
>武内P「んあっ」

何この破壊力
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/19(水) 19:55:31.85
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/05(土) 00:40:12.43

関連スレ:

この書き手のSSまとめ



関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク