モバP「…もう怒るぞ」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 00:57:38.09

モバP「…」

愛海「…」

モバP「…なんで正座させられてるか分かるか?」

愛海「…」

モバP「…心当たりはない?」

愛海「…あります」

モバP「じゃあなんでだと思う」

愛海「…」

モバP「ほら、言ってみろ」

愛海「…揉んだから…」

モバP「そうだ、これで何度目だ?」

愛海「…ごめんなさい」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387123057
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/16(月) 00:58:37.04
あれの続編?


関連作:

モバP「…で、何したって?」


モバP「…なあ、愛海」


モバP「…何してくれてんの?」


モバP「…俺も、悪かった」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 01:01:12.44
ひさびさじゃ
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 01:03:48.92

モバP「ペットマッサージ師の資格までとらせて、ようやくおさまるかと思ったんだがな」

愛海「…ごめんなさい」

モバP「犬じゃ満足出来ないか?え?」

愛海「できません…」

モバP「はぁ…」

愛海「…ごめんなさい」

モバP「…まあいいや、お前自分が何したか自覚あるな」

愛海「…はい」

モバP「俺がなぜ怒ってるか分かるな」

愛海「…はい」

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/16(月) 01:04:42.99
資格とれたんだwwwwwwwwww
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 01:08:35.31
愛海「妹さん揉んですみませんでした…」

モバP「あ?」

愛海「…あ、あと、お母さんも揉んですみませんでした」

モバP「…」

愛海「…あの、ごめんなさい」

モバP「…」

愛海「…」

モバP「…お前、そんなことしてたのか」

愛海「えっ?あっ…」

モバP「おい、どういう事だ」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 01:14:24.47
愛海「あ、いや、別に…」

モバP「愛海」

愛海「…ぅ…あの…」

愛海「…菜々さんと仕事の帰り一緒の時…菜々さんがプロデューサーの実家に寄ったのでついでに…」

モバP「…揉んだのか」

愛海「…はい」

モバP「…へぇ」

愛海「…ごめんなさい」

モバP「揉んだの、なるほど」

愛海「…」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 01:20:51.55
モバP「…どうでもいい」

愛海「…えっ」

モバP「あんな高見盛でいいなら、存分に揉むといい」

愛海「あ、どうも…」

モバP「…さすがに多少驚いたがな」

モバP「でも、そんなのは舞さんの揉んだことよりどうでもいい」

愛海「…」

モバP「俺が怒ってるのは別なことだ」

愛海「…?」

モバP「…分からないか」

愛海「…??」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 01:35:39.01
ナナと挙式挙げる日も近いな・・・
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 01:41:36.01
なんていうか・・・やっぱり師匠は凄いな!
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 01:44:02.82
このPとウサミンの関係は一体……
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 01:55:31.43
モバP「愛海」

愛海「はい…」

モバP「お前、菜々のおっぱいを勝手に揉んだだろう!!!」バン

愛海「ひっ…」

ちひろ「ちょ、プロデューサー、そこまでです!!」ガシッ

早苗「はいはいストップストップー、プロデューサー落ち着いてー」ガシッ

モバP「離せ!!今回は!!今回こそは許さんぞ!!!」ドタバタ

凛「師匠、ほら、離れててください」

愛海「あ…大丈夫だよ凛ちゃん…」

凛「でも…」

モバP「菜々のおっぱいを!!勝手に!!揉みやがってぇ!!!」ドタバタ

きらり「Pちゃんダメだにぃ!!」ギリギリ

瑞樹「ちょっと誰かー!プロデューサー押さえるの手伝ってー!!」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 01:59:33.89
そういえば嫁でしたね
20 :>>17? :2013/12/16(月) 02:05:05.35
ドタバタドタバタ


千早「…奥が騒がしいわね」

千早「…順番まだかしら…」

千早「…」

響「あれぇ?千早、ここで何やってるんだ?」

千早「が…我那覇さん!?」

響「千早も何かペットでも飼ってたのか?」

千早「いや、その、あ…が、我那覇さんこそどうしてここに!?」

響「?今日はいぬ美のマッサージだぞ?で、千早はどうしたんだ?なにかあったのか?」

千早「な、なにって…73はあるわ!おかげで成長したもの!!」

響「は?」

千早「あっ」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 02:11:54.74

輝子「お…落ち着い…た?」

モバP「ああ…ありがとな、輝子」

輝子「べ、別に…いい…フヒ…」

ちひろ「…」ハァハァ

きらり「ふぃー…」

愛海「…」

モバP「ふぅ…と」

モバP「…で、だ」

モバP「愛海、どうだった?」

愛海「最高でした」

モバP「そりゃそうだろうさ…」

モバP「そうだな…」

モバP「当然だろぅ!!!」バン

愛海「ひ…」

ちひろ「ちょっと!!」

巴「誰ぞ若いの連れて来い!!」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 08:55:07.85
これは怒られても仕方ない
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 21:54:40.21
師匠が揉んだら速攻アへ顔になったんじゃないの?
…アカンそれは師匠とはいえ許されんわ
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 23:17:43.49
モバP「離せって!!!」ドタバタ

愛海「ご、ごめんなさいごめんなさい…」

杏「やめろ!!やめろって!!飴!飴あげるから!!」ギュウウウ

春菜「まぁまぁまぁまぁ落ち着いてプロデューサーさん!!ほら、眼鏡ですよー!!」

モバP「菜々のぉ!!おっぱいぃ!!!」

凛「師匠、もっと下がってください!!」

愛海「い、いいの…いいから…」

ナターリア「プロデューサー、スシ!!スシだヨ~!!!」

ちひろ「スタドリさしあげますからああ!!!」ズルズル


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 23:25:46.25
ドタンバタン




舞「なんか騒がしいわね…」

涼「本当に行くんですか…?」

舞「ん?夢子ちゃんとお出かけはしても私とは嫌ってわけ?」

涼「そ…そんなつもりは…」

舞「ならいいじゃない…あ、ちょっと」

志保「あ、すみません、ただ今混み合っておりまして、整理券の方を…」

舞「私、予約した日高なんだけど」

志保「えーと…あ、も、申し訳ありません!!ご予約の日高舞様ですね!?」

志保「VIP室の方をご用意しておりますので、どうぞこちらへ!」

涼「か、勘弁して…」

舞「何よ、あなた、美少女アイドルでしょう?」

舞「女の子が女の子に胸揉まれてもなんら問題無いはずよねぇ?」

舞「あ、まさか、胸が更に大きくなったりしたら困るとか?あははは」

涼「うぅ…」

舞「…なんにしろあなた色々迂闊過ぎ、ちょっとは鍛えられてきなさい」

涼「ぎゃ…ぎゃおー…ん…」
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 23:36:47.63



清良「おちつかました?」

モバP「はい、申し訳ない…」

清良「良かったです~」

ちひろ「……」ゼェゼェ

巴「おう、ご苦労じゃったな」

モバP「すまんな愛海…」

モバP「…それで、どこで揉んだんだ」

愛海「…自宅です」

モバP「…自宅?」

愛海「はい、菜々さんの…」

モバP「自t…ウサミン星…」

モバP「愛海、ウサミン星にあがった…揉んだ…」

モバP「俺より先に…ウサミン星に…」プルプル

ちひろ「もうやだ…」

桃華「もしもし、ガタイのいいSPを何人か…ええ…」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/16(月) 23:58:09.68
ドタバタドタバタドタバタドタバタ



黒井「うぃ、騒がしいな」

冬馬「おいおっさん、いい加減何しに来たか教えろよ!」

翔太「黒ちゃんいつもなら、こんな弱小アイドルしかいない貧乏プロなぞ!…とか言って来るわけないからね」

黒井「ふん、貴様らはなにも分かっとらん、一度体験すれば貴様らも理解するだろう」

黒井「そして一つ訂正だ、確かにここの事務所自体は貧弱だが…様らに遠く及ぶ事は無いが、ここのアイドルは一流だ」

黒井「何も歌って踊るだけがアイドルではない、ここはそういうプロダクションだ」

黒井「我々には無い分野でそれぞれが最高クラスの才能を持った者たちだぞ」

北斗「凄い褒めようだね…」ヒソヒソ

冬馬「ますます怪しくなってきたぜ…大丈夫かこれ…」ヒソヒソ

翔太「黒ちゃんがベタ褒めとか異常だよ…さっさと逃げた方がいいよ…」ヒソヒソ

志保「黒井様ですね?VIP室の準備が整いましたので、こちらへどうぞ」

黒井「うぃ、待っていたぞ」

冬馬「やべえ…やべえよ…」
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 00:02:30.55





まゆ「もう暴れないでくださいねぇ?」

モバP「ん…大丈夫だ」

まゆ「待ってた甲斐がありましたぁ」

ちひろ「…………」コヒューコヒュー

モバP「…すぅ」

モバP「…ふぅ」

愛海「…」

モバP「なあ、愛海…」

愛海「はい…」

モバP「もう終わりにしないか…」

愛海「はい…」

モバP「流石にな…もうこれ以上の被害は俺でもどうしようもなくなる」

愛海「…」
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 00:07:53.28
なにこのバーサーカー
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 00:10:22.12
モバP「それ以前にもう揉むような対象はいないと思うが…」

モバP「今回の愛海の発作の被害は菜々だけで済んで良かった」

モバP「…あと俺の家族か」

モバP「…そういうのは卒業の時期だと思うんだ」

愛海「…」

モバP「もういい加減懲りただろ?自制出来るだろ?してくれよ」

愛海「…はぃ」

モバP「こっち見ろ、ほら」

愛海「…ぁい"」

モバP「罰とか嫌だろ?揉み禁とか嫌だろ?黒井社長の揉みたくないだろう?」

愛海「…ぁい"」

モバP「どうせならせっかくとった資格だ、それをのばしたことに使おうよ」

愛海「…ごめんなざい…」
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 00:21:24.62

モバP「もう散々許して散々裏切られた」

モバP「たくさんに人に迷惑かけた」

モバP「……結果的に迷惑かかってるの俺だけかもしれんな…」

モバP「…ごほん…俺ももう愛海を怒りたくない」

モバP「ほら、みんないる中で誓えるだろ?」

愛海「…はぃ"…ごめんなさい"」

愛海「…」グズュ

愛海「…わ…私は、もう…みんなに胸を揉む事で迷惑かけたりはじまぜん…」

凛「…」

清良「…」

モバP「…誓ったな?」

愛海「あ"ぃ…」

モバP「みんなの前で誓った重さが分かるな?」

愛海「あ"ぃ…」
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 00:27:23.46
モバP「じゃあ、いいか?」

モバP「お前の揉む行為、これに関しては、そういう方向性で売り出した俺にも責任がある」

モバP「だから揉む事自体は禁止しない」

愛海「…ぁい」

モバP「もちろん、下のマッサージ医院も続けるし、TVによっては揉んで構わない」

モバP「ただ、線引きは自分で出来るな?」

愛海「大丈夫でず…」

モバP「ゴールデンじゃ?」

愛海「揉みまぜん」

モバP「やっと成長したな、愛海…!」

51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/17(火) 00:31:49.88
マッサージ医院完備してるんだwwwwwwww
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 00:33:35.17
モバP「次やったら承知しないからな」

愛海「グズ…はい…」

モバP「俺は担当を降りるぞ」

愛海「嫌です!」

モバP「本当に本当に信頼していいな」

愛海「はい…」

モバP「…」

愛海「…あたし、プロデューサーのプロデュースでアイドルしたいです」

モバP「…」

愛海「…お願いします」

モバP「…」

愛海「…」

モバP「…ああ、じゃあこれからもよろしくな」

愛海「はい…!」
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 00:38:14.30
モバP「…新生愛海、任せたぞ」

愛海「ごめんなさい」

モバP「…みんなにもな」

愛海「…みなさんごめんなさい」

モバP「…」

愛海「…グズ」

モバP「…じゃ、泣いて反省して謝ったところでご褒美だな」

愛海「…はい?」

モバP「菜々ー」

菜々「はいはい」トテテ

愛海「…?」

モバP「いいか?」

菜々「はい、大丈夫です!」

愛海「…あ」

モバP「…ほら、愛海」

愛海「はい!!」
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 00:45:40.56
あれ?
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 00:52:21.52
菜々「武田蒼一様がお待ちですよ」

愛海「ひっ…」

モバP「…どうした、ほら、お客様だぞ」

愛海「な…なんで…」

モバP「ん?ああ、色々と宣伝しといたんだ」

モバP「お客が増えるぞ、良かったな」

志保「ぷ、プロデューサーさん!!ムハンマド様とヴィルヘルム様がご到着です!!」

卯月「わっ…すごい…リムジンだよリムジン!」

未央「すっごー…」

モバP「顔が広いな黒井社長…」

愛海「やだ!!やだぁ!!!犬!犬でいいから!!!」

モバP「…世界デビューだな、ははは」

モバP「じゃあ任せた」

菜々「はーい、ご主人さま☆」

凛「あ、手伝うよ…世界デビューかぁ…緊張しますね、師匠」

愛海「いやだあああああああああ!!!」



完全に終わり
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/17(火) 00:53:28.30
Pやっぱ許してねぇなwww
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 00:55:43.57
Pと菜々さんはいったい何なんだ……
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 00:59:49.80

結局ウサミンとPはなんだったんだよ……
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 01:36:38.74
ついに終わったのか…
と思わせておいて結婚式編もありますよね?
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 02:55:05.49
過去作の情報くだしあ
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 05:32:46.02

モバP「…で、何したって?」


モバP「…なあ、愛海」


モバP「…何してくれてんの?」


モバP「…俺も、悪かった」



抜けてたらすまんな
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 10:01:34.96
これはぞくへんがないとなぁ?(ちらっちらっ)
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/17(火) 18:59:32.20
もう揉む相手が…

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク