P「へー。寝てる美希の口にポッキーを近付けると…」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/19(木) 16:51:14 ID:DB1ub9kA



  765プロ事務所



美希「んー」ゴロンッ

美希「むにゃむにゃ、なの」クー クー


亜美「……」スッ

美希「っ? くんくん。あふぅ」パクッ



美希「ちゅぱちゅぱ、ちゅぱちゅぱ……あふぅ」ペッ

亜美「おおっ、すごいね真美!!」


真美「楽しいねっ!!」クスッ

P「二人は、さっきから美希に何をしてるんだ?」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/19(木) 16:56:59 ID:DB1ub9kA


真美「あ、にいちゃん」チラッ

亜美「みてみてー、面白いYOー!! 寝てるミキミキの口にポッキーを近付けるとね」スッ


美希「っ? くんくん。あふぅ」パクッ

美希「ちゅぱちゅぱ、ちゅぱちゅぱ……あふぅ」ペッ



亜美「ね?」ニコッ

P「はは、随分と器用に外側のチョコだけ舐め取るなぁ……」


P「閃いたッッ!!!」カッ

真美「っ!?」ビクッ
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/19(木) 18:53:19 ID:9FVuyGO2
なるほど、閃いた
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/19(木) 20:11:58 ID:sPjf0zPM
つまりトッポにチョコを塗れば…閃いた!
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/19(木) 21:16:11 ID:DB1ub9kA


亜美「どったのにいちゃ?」

P「ど、どうもしてないだろっ、いい加減にしろっ!!」アセアセ


真美「こりはあやちーですなー」ジローッ

P「あやちくないだろっ、いい加減にしろっ!!」



P「ほらっ、お前らはこれから仕事なんだから、さっさと俺のハイエースに乗るんだ」ガシッ

亜美「えーっ、教えてよう!!」


P「そんな時間は無い。送ってくから、早くハイエースに乗れっ」グイグイッ

真美「うあうあー」ジタバタ
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/19(木) 21:22:04 ID:DB1ub9kA



  数十分後 同所



P「……」ガチャッ

P「ふぅっ」バタン


P「美希は……」チラッ

美希「くー、くー、なの。むにゃむにゃ」



P「よし、寝てるな。他のアイドルも居ない……っと」グッ

P(落ち着け、落ち着けよP。ゆっくり近付くんだ。ドタドタと走って、目覚められたら終わりなんだぞ?)


P(かと言って、ナメクジのようなスピードでは間に合わない。そう……歩き方は)スゥッ

P(天使のように繊細に!! 悪魔のように大胆に!!)ヒタッ ヒタッ
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/19(木) 21:40:15 ID:DB1ub9kA


美希「すー、すー」

P(よし、目の前まで来たぞ)ゴクリ


P「解放(イグニション)!!」ボロンッ

P「さっさくチョコを……」




 バタバタ バタバタ


真「おはようございまーす!!」ガチャッ

P(まことっ!?)ビクッ


真「あれっ? プロデューサーだけですか?」

P「あ、ああ……おはよう真。美希が寝てるから、静かに、な?」アセアセ
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/19(木) 21:47:21 ID:DB1ub9kA


真「そっかー。じゃあ、アレですかねー」モジモジ

P「アレ?」


真「プロデューサーと」チラッ

真「二人きりみたいなもんかなー、なぁんて……あは、ははっ」テレテレ



P「……」

P(クソっ、可愛い!!)ギンギンッ


P(しかし、今は背中を向けているから大丈夫だが、振り向いた瞬間に露出がバレる!!)

真「も、もうっ、プロデューサーも何か言ってくださいよっ!! ボクだけ恥ずかしいじゃないですかぁ」タタッ
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/20(金) 09:44:39 ID:ykYl0xBA


P(ヤバい、こっちへ来るつもりだ!! ズボンのチャックを、チャックを上げなくては!!)ビクッ

P(あくまでも然り気無く、かと言ってナメクジのようなスピードでは、間に合わない。そう……チャックの上げ方は)


P(天使のように繊細に!!)ジジッ

P(悪魔のように大胆に!!)ジジィーーッ



真「聞こえてるんですかプロデューサー?」ポンッ

P(よし、陰毛挟み(マジェスティ)はしなかったぞ!!)


P「いや、はははっ、意識したら恥ずかしくなってな」クルッ

真「っ、で、ですよねー。えへへぇ、変に意識しちゃうと言うか……」モジモジ
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/20(金) 09:49:49 ID:ykYl0xBA


真「……」

真「あれっ?」チラッ


P「どうしたんだ真?」ギンギンッ

真「ひっ!?」ビクッ



P「は!?」

P(し、しまった……ズボンの中に収めたとしても、俺のパイパールウが覚醒しているのは丸分かりだ!!)


P「……」

真「……」サッ
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/20(金) 09:55:24 ID:ykYl0xBA


P「真、そろそろ仕事の時間だろ?」ニコリ

真「……」サッ


P「ほらっ、さっさとハイエースに乗るんだよぉ!!」ガシッ

真「やっ、プロデューサー!! こんなことして、どうなるか分かってるんですか!?」



P「おうおう、随分と強きじゃねぇか王子様? それが何分もつかな? オラッ、さっさと乗れ!! 送迎してやる!!」グイッ

真「うわぁっ、ヤメろおおおおおおお!!」ズルズル




 ガチャッ バタン
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/20(金) 09:56:25 ID:ykYl0xBA



  数十分後 同所



P「……」ガチャッ

P「ふぅっ」バタン


P「美希は……」チラッ

美希「くー、くー、なの。むにゃむにゃ」



P「よし、寝てるな。他のアイドルも居ない……っと」グッ

P(落ち着け、落ち着けよP。ゆっくり近付くんだ。ドタドタと走って、目覚められたら終わりなんだぞ?)


P(かと言って、ナメクジのようなスピードでは間に合わない。そう……歩き方は)スゥッ

P(天使のように繊細に!! 悪魔のように大胆に!!)ヒタッ ヒタッ
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/20(金) 10:02:54 ID:ykYl0xBA


美希「すー、すー」

P(よし、目の前まで来たぞ)ゴクリ


P「解放(イグニション)!!」ボロンッ

P「さっさくチョコを塗るか……湯煎したのを塗ろうとして、火傷したとかのボケはしないぞ!!」



P(塗るのは人肌で溶ける生チョコ。しかも既にチューブに入ってるから垂らすだけだ)タラーッ

P(そして、チョコを全体にまんべんなく塗り伸ばす)


P(その際、激しくし過ぎて摩擦音で美希を起こしちゃイケない)

P(かと言って、ナメクジのようなスピードでは間に合わない……そう、塗り方は)
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/20(金) 10:08:29 ID:ykYl0xBA


P(天使のように繊細に!!)

P「はぁっ、はぁっ、はぁっ」シコシコシコシコ


P(悪魔のように大胆に!!)

P「グレンキャノンもだ!!!」ビュルビュルッ



P「……」

P「ふぅっ」


P「ホワイトチョコもデコレートしてしまったが、まぁ大丈夫だろ」

P「ほら美希、ポッキーだぞー」ズイッ
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/20(金) 10:12:45 ID:ykYl0xBA


美希「んー」ゴロンッ

美希「むにゃむにゃ、なの」クー クー


美希「っ? くんくん。お腹空いたの……」

P「へ?」



美希「あーー、む!!」

P「……」



  ──ガリッ!!!




P「ぴにゃああああああああああああ!!!」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/20(金) 10:16:24 ID:ykYl0xBA



 数ヶ月後 事務所



美希「ハニー、ごはんに行こーなのー」タタッ

P「こぉら、私はもう女なんだから、ハニーはヤメなさいってば」

 
,
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/20(金) 10:18:32 ID:2HIOrhe6
ひでぇオチwwwwwwww

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

オチ笑った

とあるSSの訪問者

ひでー


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク