雪乃「同時に2人の人を好きになってしまったわ」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 08:10:06.85
雪乃「由比ヶ浜さんに比企谷くん、この2人は私が初めて心を開いてもいいと思えた人」


雪乃「由比ヶ浜さんは少し抜けているし料理は壊滅的だしたまに騒がしい時もあるけど……」


......................................................


結衣「ゆきのん!大好き!」ギュ-

雪乃「ゆ、由比ヶ浜さん///暑いから離れてちょうだい///」

結衣「えー、ゆきのんはあたしに近寄られるの嫌?」ウルウル

雪乃「い、嫌ではないわ///」

結衣「ゆきのーーん!」ガバッ


......................................................


雪乃「思い出しただけで少し濡れてしまったわ」クチュ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448838606

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 08:10:59.45
これは新しい
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 08:20:54.87
雪乃「そして比企谷くんは目が腐ってるし自分を大切にしないけど……」


......................................................


ガラガラ

八幡「うす」

雪乃「あらヒキガエルくん今日は早いのね」

八幡「そろそろ人の名前覚えろよ」

雪乃「私は人の名前は大抵1回で覚えられるのよオタマジャクシくん、それとも自分だけ特別扱いして貰ってるとでも思っているの?受精卵くん?」

八幡「だんだん退化させてくなよ、もはや原型留める気ないだろ」

雪乃「あらごめんなさい、ひねくれ者だから日々退化していくものだと思っていたわせ、せい、比企谷くん///」ボソッ

八幡「恥ずかしがるなら最初から普通に呼べよ」


......................................................


雪乃「あらいけない、気付いたら自慰をしてしまっていたわ」クチュクチュ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 08:32:47.11
雪乃「それにしても2人とも今日は遅いわね、早く来てくれないかしら」ソワソワ

雪乃「け、決して寂しいわけではないわ、ただ早く来てくれないと奉仕部としての活動ができないからであって……」


......................................................

ガラガラ

八幡「うす、遅れてすまん」

結衣「ヒッキーまたいろはちゃんのとこ行ってたんでしょ!」プンスカ

八幡「仕方ないだろ?あいつ『本物が欲しい』とか言って俺を脅迫してくるんだよ、あざとい越えてそろそろ腹黒いな」

雪乃「だからと言って遅刻していい理由にはならないのよ遅刻谷くん、罰として剣豪将軍からのメール全件処理してちょうだい、そ、それに本物はもう手に入ったでしょ?///」

八幡「いやいや、いつも返信してるの俺だからな?それにまあ本物が手に入ったことは否定はしねえよ」チラッ

結衣「///」プイッ

雪乃「ふふふ///」


......................................................


雪乃「やっぱりひき、八幡は私のことが大好きでしょうがないのね///」クチュクチュプシャ-

雪乃「ふ、拭かないと///」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 08:50:38.11
雪乃「それにしても本当に遅いわね、手がふやけてきてしまったわ」クチュ

雪乃「べ、べつに寂しいから慰めてるわけではないのよ?た、ただ他にすることがないから仕方なく自慰行為してるだけであって……」クチュクチュ


......................................................


《》は電話

結衣《それでさー、ママったらね?……》

雪乃「それはあなたがいけないわ、高校生なら目玉焼きくらい作れないと……んっ///」クチュクチュ

雪乃(やっぱり結衣の声を聞いていると自慰行為が捗るわ///)

結衣《こ、今回はたまたま失敗しちゃっただけなの!てかゆきのん調子悪いの?》

雪乃「い、いえ、少し肩が凝ってしまったからマッサージしてるのよ……あっ///」ブ-ン

雪乃(興味本位で買ったこの電マという商品、なかなかね///)

結衣《ゆきのんでも肩なんか凝るんだー、普通の女の子より小さ、あっ! べ、別にゆきのんのおっぱいが小さいって言ってるわけじゃないよ?》アセアセ

雪乃「ふぇぇ?ごめんなさい、マッサージが気持ちよすぎて聞き逃してしまったわ……イクッ」プシャ-

雪乃(結衣の声録音しようかしら///)

結衣《そ、そっか!ホッ そ、それじゃあそろそろ眠いから寝るね!お、おやすみゆきのん!》ブチッ

雪乃「さ、最後だいぶ焦っていたわね、もしかして私に告白していて恥ずかしくなっていたのかしら?///」


......................................................


雪乃「それにしても結衣より胸が小さいから私が攻めになるのかしら///」コシフリフリ
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 09:02:47.70
雪乃「もう下校時刻になってしまったわ、自慰行為のし過ぎで床がびしょしびしょだわ」フキフキ

雪乃「それにしても二人揃って無断欠席とは珍しいわね、連絡もないのだけれど……」つスマホ


{}はLINE

結衣{ゆきのん!今日は友達とお買い物するから部活行けない!}15:30

結衣{それとヒッキーも友達とお買い物に行くらしいから部活出れないって!}15:30


雪乃「ふふ、結衣は嘘が本当に下手ね、八幡に友達なんているわけないじゃない……妻ならいるけど///」クチュ

雪乃「きっと2人で買い物に行ってるのね、もしかして私にプレゼントかしら///」ハァハァ クチュ プシャ-

雪乃「八幡が夫なら結衣は妻ね///私が夫妻両役やらなきゃいけないけど、幸せだわ///」イクッ--

雪乃「拭いても拭いてもきりがないわね///」フキフキ
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 09:03:13.67


一方その頃

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 09:10:38.14
結衣「ヒッキー!ハニトー食べたい!」

八幡「お前デートするといつもそれだな」

結衣「う、うるさい///て、てかヒッキー今なんて?」

八幡「は、恥ずいからもう言わん///」

結衣「いいじゃん!念願かなってやっとヒッキーとカップルになれたんだから///」

八幡「お、おう///てかよく念願なんて言葉知ってたな」

結衣「そ、そんぐらい知ってるし!馬鹿にしすぎじゃない!?」

八幡「そんな結衣には御褒美が必要だな」スッ

結衣「ふぇぇ?///」


チュッ


結衣「///」プシュ-

八幡「……すまんな、柄にもないことして///た、ただ俺もやっとお前と彼氏彼女の関係になれて嬉しかったってことだ」プイッ

結衣「えへ、えへへ///はーちまん♡」ギュ-

八幡「!ざ、材料買って帰るぞ、小町が待ってるからな」テヲニギリ

結衣「!うん!」ニギリカエシ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 09:11:26.98

おしまい
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 09:12:18.97
朝の予定がなくなったので考えもなしにスレ立ててしまいました笑
読んでくださった人ありがとうごさいます

それではノシ
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 09:37:25.41
乙です!
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 11:16:25.88

奉仕部に一人ピエロがいますね…
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/30(月) 18:12:45.11
ピエロですね…乙


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク