モバP「友紀ィ!結婚しろオォ!!!」カキーン

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 12:55:43.91
友紀「おっしゃーー!!まわれまわれーーー!!!え?プロデューサー何か言った??」

P「俺と!!結こ」

カキーン

友紀「あーーー!取るな取るな取るな……あー」

P「てくれ!」

友紀「てくれ?てくれって何?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428551743

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 14:01:05.05
モバP「友紀ィ!結婚しろオォ!!!」課金?
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 14:51:37.12

モバP「乃々ォ!結婚しろオォ!!!」バァン!


モバP「菜々ァ!結婚しろオォ!!!」バァン!


モバP「芳乃ォ!結婚しろオォ!!!」バァン!


モバP「早苗ェ!結婚しろオォ!!」ガチャッ


モバP「ちひろォ!結婚しろオォ!!!」シーン




思いの外ちひろさんが長くなりました
ちひろさんにはお金が必要なんです!借金の為に仕方ないんです!!(ガチャガチャ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 19:09:09.59
P「そうじゃなくてだな……結こ」

カキーン

友紀「いよっしゃぁぁぁぁぁ!」

P「んあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

友紀「サヨナラだもんね!わかるよ、プロデューサーのその気持ちー!!!これは帰ったらお祝いだーーーっっ!!!」






友紀「いやぁ、ごめんねプロデューサー。応援に付き合ってもらった上に送り迎えまでしてもらっちゃってさ」

P「…いいんだ」フッ

友紀「どうしてそんな遠い目をしてるのかな?我らがキャッツがまたまた逆転勝ちしてくれたのにさ!」

P「そっ、そうだな!あはは!!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 19:19:21.13

P「隙が無い」ハァ

ちひろ「何してるんですかあなた」

P「いや……TPOとか考える余裕がなくて」

ちひろ「そうじゃないですよ。…男女間のソレは仕方ないとして、デビューしたての新人アイドルが云々」

P「そうですね。でも俺は友紀が好きなんです」キリッ

ちひろ「聞きゃしないぜ」

P「いやね、本当に隙が無いんです。昨日も…」


友紀「おっはようございまーすっ!」


ちひろ「噂をすればですね」

P「…フム。丁度いい、見ててください」

ちひろ「はい?」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 19:22:30.66
P「友紀」

友紀「ん?何かなプロデューサー?」

P「俺とけっ」

pipipipi

友紀「あっ、ゴメン!ちょっと待って?……もしもし?」

P「……」



ちひろ「間が悪いですね、ざまぁみろ」

P「まぁまぁ、話はこれからですよ。俺は告白しようとしましたよね?」

ちひろ「ソウデスネ」

P「今から適当な話題に告白を挟んで会話してみますからよく見ててください」

ちひろ「はぁ?」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 19:30:45.72
P「友紀」

友紀「ん?ごめんね、友達がさぁ」

P「いや、大丈夫だ。それよりラジオの収録が入ったぞー」

友紀「本当?ついにラジオ出演ができるの!?」

P「おう、話題は」

友紀「キャッツでいい?むしろキャッツのことしか語れないよ?」

P「ダメだろ。コーナーに沿ってくれ」

友紀「ホームプレート?」

P「インコーナーじゃない。番組のコーナーに沿って話を、してくれ」

友紀「うーん、わかった」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 19:35:02.65
P「ところで友紀」

友紀「ん?」

P「俺と結こ」

TV『続いては球団キャッツの特集です』

友紀「んん!?」

P「………」




友紀「たはは…つ、つい、ね?」

P「ラジオの収録日はまだ決まってないから、決まったら連絡するからな」

友紀「オッケーオッケー。プロデューサーに任せるよっ」

P「そうか。じゃあ俺と結」

TV『キャッツの監督に取材のOKを貰いましたけど』

友紀「なにぃ!?」

P「………」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 19:38:42.96

P「どうです?」

ちひろ「何がです?」

P「何の変哲もない会話には邪魔が入らないんです。なのに告白しようとするとキャッツの邪魔が何かしらの形で入るんです」

ちひろ「は?」

P「最初に電話の着メロで邪魔が入りましたね?アレ、キャッツの応援歌なんです」

ちひろ「はぁ…」

P「他にも不意打ちで告白しようとしても……友紀ィ!結こ」

友紀「ごめんプロデューサー!今いいとこだから!!」

P「……はぁ」

ちひろ「…単にタイミングが悪いだけでしょう?」

P「そうじゃない…そうじゃないんです……俺も最初はそうだと思ってたんですけどね?」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 19:47:56.45
ちひろ「はぁ」

P「キャッツのねこっぴーの人形(大)がどこからともなく俺の頭に落ちてきたり、電話が確定で鳴ったり、突然近くのモニターにキャッツ特集が流れたり……極め付けは近くをキャッツの選手が通りかかったりするんです」

ちひろ「へー、偶然でしょう」

P「そうでしょうか…」

ちひろ「事務所としてはこのままで告白が成功しない方がいいとは思いますけどね。マスコミだかパパラッチだかに勘付かれたくはないので」

P「ぐぬぬ…友紀!」

友紀「ん?なにかな?」

P「俺と結」

友紀「あぁっ!ねぇねぇプロデューサー!窓の外にねこっぴーがいる!」

P「だから何で居るんだよ!」

友紀「あれ?このビルの中に入って来たよ?」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 19:51:35.00
友紀「ちょっと見てきていい?ちょっとだけ!」

P「え」

友紀「行ってきまーす!」



ちひろ「………毎度ですか?」

P「…毎度です」

ちひろ「さすがにちょっと……が、頑張ってくださいね」

P「……」ハァ



友紀「ねぇねぇプロデューサー!隣の広告会社のビルと間違えて入ってきたんだって!ついでに写真撮ってもらっちゃったよー」

P「よ、よかったな…」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 19:58:53.33
P「…友紀、大事な話が」

友紀「プロデューサー、車の鍵貸してくれない?助手席にキャッツの帽子忘れてきちゃってさぁ」

P「……そこの引き出しの二番目」

友紀「ありがとー」


ガチャ


P「くそっ、キャッツのバカヤロー!」ドシャァッ

ちひろ「崩れ落ちるのはいいんですけど、ついでにそこのゴミ拾ってください」

P「ふぇぇ」ポイッ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 20:06:54.96
ちひろ「まぁ、地道に頑張ってください」

P「心が欠片も篭ってない言葉をありがとうございます…」ハァ



P「……ゆ、友紀?」

友紀「まえの車、後ろにねこっぴーのステッカー貼ってる。あのイラストのやつどこに売ってるんだろ…?」

P「……」



友紀「へー、ウエディング特集……結婚かぁ」ボソッ

P(これは!)

P「友紀っ、俺は」

友紀「おっ!次のページキャッツのキャンプ招待応募ハガキが付いてる!?なんで!?」

P(何で!?)



P「友紀~」

友紀「なにー?」

P「結こ」

友紀「あれ?キャッツのステッカーが落ちてる。誰のかな、貰ってもいいかなぁ?」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 20:12:42.97

P「心が折れそうです……」

友紀「どうしたの?これからキャッツの応援行くんだよ!」

P「どうしたらそうなるんだよ!ラジオの収録って言ったじゃないか!!」

友紀「えぇー!?でも今日だけは!今日の試合だけは生で見ないとダメなんだよー!勘弁しておくれよー!!」

P「この前のラジオ初収録でもそんな事言って野球観戦しながらなんて無茶をしただろ!えぇい、早く車に乗りなさい!!」

友紀「わー!攫われるー!助けてねこっぴー!!」

P「そろそろアイドルとしての自覚を持ちなさい!」

友紀「持ってるよー!持ってるけどキャッツも大事なんだよー!!」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 20:22:42.79

P「そろそろキャッツ離れ…、いや。野球離れしなさい!」

友紀「そんなの無理!あたしから野球とキャッツ取ったら何が残るのさー!あたしまで無個性アイドルってのは無理だと思うよー!!」

P「あるだろ、もっとこう……個性が!」

友紀「プロデューサーだって断言できてない!それが一番どうなのー!」

P「いいから来、い!」

友紀「はーなーしーてー」

P「杏みたいな事を言いおって……!そいっ!!」

友紀「わひゃっ!?」

P「どうだ、逃げられんだろ。このまま現地まで搬送してやる」

友紀「いやいやちょっと待っておくれよプロデューサー。この歳で姫抱きはちょっと……」

P「あと30分か。まぁ大丈夫だろ」スタスタ

友紀「分かった!分かりましたからおろして!」

P「ラジオの間に杏のやつを部屋から引っ張り出して…その後は智絵里の送り迎えか……」ブツブツ

友紀「ちょっと!こらー!おろせー!!」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 20:28:43.08


友紀『酷い恥辱を味わった…』

友紀『いやー、プロデューサーが頑固でさぁ。あたしがキャッツの応援に行こうとしたら抱っこされて強制搬送されたんだー』

友紀『え?前もそうだったろって?だってだって、ユッキーからキャッツと野球とったら死んじゃうよー』

友紀『また中継見ながらとかダメ?…えー!』



P「…」

杏「……言いたい事は杏でも分かるよ。お疲れ」

P「そう言うならお前も素直に部屋から出てくれ」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 21:14:17.19
>友紀「あたしから野球とキャッツ取ったら何が残るのさー!」
酒かな?
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/09(木) 22:28:30.99
>友紀「あたしから野球とキャッツ取ったら何が残るのさー!」
そもそもキャッツから野球を抜いたら何が残るんだよ
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/10(金) 17:37:52.04
P「友紀!」

友紀「なにかな?」

P「俺と結」

パリーン!

友紀「わぁ!ボールが!?」


TV『バッティングセンターからキャッツの○○さんの打球がネットを突き破って空の彼方に飛んで行きましたー!』


友紀「え?え?もしかして、コレかなプロデューサー!?」

P「……あ…うん、そうなんじゃないかな」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/10(金) 17:46:30.07
P「ゆ、友紀?ちょっと話が」

友紀「ごめんプロデューサー!すぐ戻るから待ってて?エントランスにねこっぴーのキーホルダー落としたっぽい」



ちひろ「……」

P「…」ハァ

ちひろ「…流石の私でも可哀想になってきました」

P「さいですか…」

ちひろ「なんというか…何かしらの意思的なものが邪魔してるように見えなくもないですよ」

P「球団キャッツの亡霊か何かでしょうね……」ハァ

ちひろ「仕方ないですね、私も人肌脱いでやりましょうか!」ガタッ

ガッ

ドテーン!!
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/10(金) 21:21:31.50
ちひろ「な、何が…」

P「…ちひろさんの椅子にこれが引っかかったんですよ」

ねこっぴー「……」

ちひろ「ねこっぴーの……キーホルダー…!!?」

P「余計な事はするなってことか…」

ちひろ「なんてこと…」

P「くそ!キャッツめ…どうしてこんなに邪魔ばっかりするんだ……!!」

ちひろ「プロデューサーさん…」




P「こんなにも友紀の事を愛してるのにさぁ!!!」




友紀「え」

P「ん?」

ちひろ「」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/10(金) 21:28:22.72
友紀「あ、愛し……え?え?」

P「聞かれた…だと…」

ちひろ(この場合届いたって事でいいんじゃないですか)

友紀「あの、えっと……あはは」カァァ

P「…今のは、その、だな」

友紀「プロデューサーは…」

TV『キャッツの特集です』

友紀「あたしの、」

TV『キャッツ!キャッツ!我らがキャッツ!!』

友紀「あたしのコト……」

TV『キャーッツ!!キャーーーーッツ!!!』



友紀「うぅぅぅぅーーーるさーーーーい!!!」


.
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/10(金) 21:43:07.33
ピタッ

ちひろ(音が…やんだ……)

友紀「はぁ、はぁ……今大事なところなの!!」

P「ゆ、友紀…」

友紀「…あたしのコト……好き、なのかな?」チラッ



P「……好き、なんてもんじゃない。愛してる」



友紀「そっ、か」モジモジ

P「返事は…聞かせてくれるのか?」

友紀「……もちろんだよー」ズイッ

P「お…」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/10(金) 21:48:58.31


友紀「あたしもね、プロデューサーのこと…大好きだよ」ニコッ

P「!」

友紀「なんだかんだ言ってて、わがままを聞いてくれるプロデューサー。いつもあたしを応援してくれるプロデューサー。全部、好き」

P(現実なのか…?夢じゃ……ないのか?)

友紀「プロデューサーに応援されるとね、気持ちいい事に気付いてた。だから…」

P(俺は…俺は……っ)


友紀「これからも、気持ち良くしてね?」

P(幸せものだ…!!!)
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/10(金) 21:58:40.33


友紀『いやー、最近ラジオっていうか、アイドルのお仕事が楽しくってさぁ』


友紀『そりゃー、あたしもいい大人だからね。アイドルとしての自覚を持って!お仕事してるんだよー』


友紀『え?またまたキャッツの話ばっかりになるかと思った?もちろん大好きだよー。今すぐにでも飛び出して観戦したい……でもでも、あたしにはキャッツだけじゃないからねー』


友紀『ファンや、同じアイドル仲間。それにプ……応援してくれてる人に応えるためにもさ。自分勝手に突き進んでいくだけじゃダメだーって思ったのさ!』


友紀『成長したでしょー。でも、まだまだ。夢のトップアイドル目指して突き進んでいくから!応援してね!すーっ、はーっ、声出していこーっ!……せーの、頑張るぞっ!おーーーっ!!』



P「結婚しよ」

杏「へ?」



終焉
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/10(金) 22:04:34.25
お疲れ様でした。
サンキューユッキ
今度は濃い内容でユッキ書きたいな…

ゲージが溜まったらまた……


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク