モバP「乃々ォ!結婚しろオォ!!!」バァン!

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 22:51:34.96
乃々「う…うぅ……意味がわかりませんけど」ビクビク

ちひろ「Pさん後で大事なお話があります。大事な」

P「ま、待ってくださいちひろさん!誤解です、誤解です誤解です。誤解です誤解です」

ちひろ「ほぉ、端的に説明してください」

P「……森久保乃々というアイドルをどう思いますか?」

ちひろ「はい?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427637094
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 23:04:35.08
P「ここんとこ最近、乃々にもようやく人気が出て来ましたね」

ちひろ「この調子で凛ちゃん達に追いつくくらい成長して欲しいですね」

乃々「もりくぼ的には放っといてほしいんですけど…物好きな人もいるものですね……」

P「最初は俺も見守っていましたよ。この机の主として、ね」

輝子「フ……フヒ…完全に空気……居るのに…」


P「だがしかし!!」バァン!!!

乃々「ひっ」ビクビク


P「………………俺も男だったんです」


ちひろ「まぁ女性ではないですね。で?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 23:13:11.43
P「つまり」

凛「ただいまー」

まゆ「帰りましたぁ♪プロデューサーさん」

ちひろ(ゔっ)

ちひろ「とりあえず仕事しましょうか。詳しい話は後でメールするなりしてください」

P「ちひろさんのメアド知らないっス」

ちひろ「……仕方ありませんね。じゃあケータイ出してください」

P「そもそも持ってないっス」

ちひろ「はぁ?いやいや、この前事務所で使ってたじゃないですか!!」

P「いやね、何故か換えても換えても何者かに俺のケータイが破壊された状態で見つかるんです。アイドル達と連絡した直後とか多々。だからもう持つだけ無駄かなーって」ガルーン

まゆ「何のお話ですかぁ?」ニッコリ

ちひろ「あ、あはは…プロデューサーさんのケータイが毎回壊れるんだって」

まゆ「……不思議な事ってあるんですねぇ?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 23:18:32.02
ちひろ(これは…)ブルッ

乃々(何となくもりくぼの身にも危険が及びそうなんですけど……帰りたい…)

P「G-SHOCK並のケータイとか出ないですかね。防水防塵防刃防火機能付きのやつ」

ちひろ「何があったんですか……犯人を探そうとは思わないんですか?」チラッ

まゆ「……」ニコニコ

P「だって怖いじゃないですか」

まゆ「……」ピクッ

ちひろ「」

P「ケータイが無いだけでアイドル達に害が及ばなければそれでいいですよHAHAHA……正直辛いですけど……P的には白髪増えそうな勢いですけど…」

乃々「真似しないで欲しいんですけど……」

P「そうだよ乃々。お前の話題じゃないか、つまり俺の」

ちひろ「仕事って言ってんだろうが!!」





P「営業行ってきまーす」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 23:26:46.83
ちひろ(さて……次はこっちの方を…)

まゆ「プロデューサーさんと何の話題を話してたんですかぁ?」ニッコリ

乃々「も、もりくぼもよく分かりませんけど…」

まゆ「でも、『お前の話題』って言ってましたよねぇ?」

乃々「もりくぼは知りません…分かりません…見ざる聞かざる言わざるの精神ですけど………!」ブルブル


ちひろ(手遅れだったかー)アチャー

凛「……ちひろさん、あそこ何やってんの?」

ちひろ「なんでもないのよー おっとスタドリ発注しないと」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 23:35:26.40
ちひろ(ヤロウめ…問題だけ置き去りにしていきやがって10ダース買わせてやる)ペロッ

まゆ「何か知りませんかぁ?」

輝子「わ、私はホラ、キノコだから…ただのキノコだから……フヒ」

乃々「机の下同盟に裏切られました…」

輝子「そ、そんなこと言ったら、まゆ…さんも、同盟下だし」

まゆ「ですよねえ」

乃々「この厄介極まりない状況……どうしてもりくぼばかりこんな目に…プロデューサーさんはきちくです……」グスッ




P「お?菜々さん、カバンから湿布が落ちましたよ」

菜々「え、えぇ~っとぉ。ナナのじゃないような気がしますねーあははは…」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 23:45:20.68
P「おはようございます」

ちひろ「おはようございます。乃々ちゃんは来てませんよ」

P「うわ帰りたい」

ちひろ「噛みちぎりますよ」

P「どの辺をですか……あ、そういえばケータイ無いとやっぱり不便って事で昨日の帰りに買ってきました」

ちひろ「……壊れないようにしてくださいね」

P「フフ、大丈夫。なんと火防水防塵防刃防火機能付きの優れものですから」スッ

ちひろ「存在したんですか……うわ、大きいですね」

P「6インチです。さすがソフト銀行クオリティ。早速アイドル達にメール送りつけましたよ……乃々だけ『きちく』って返ってきましたけど」

ちひろ「へー(棒」

P「他はまだですね……あ、まゆから帰ってきた」

ちひろ「」

P「………長くて読めない。まぁいいや、後で読もうかな」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 23:53:10.31
ちひろ「なんでもいいですけど仕事してくださいね」

P「分かってま……………あれ、乃々?」

乃々「……」

P「居るじゃないですか」

ちひろ「え!?私が一番最初に着てからプロデューサーさん以外入って来てませんよ!」

P「ほら」グイッ

乃々「持ち上げないでください…もりくぼはひっそりと暮らしていきたいんです……」

ちひろ「いつの間に…」

P「隣の空き机の下に居たのか」

乃々「…プロデューサーさんの机下は危険なので……下ろしてください離してください…鬼、悪魔…」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/30(月) 00:06:23.74
P「そんな事言うなよ。俺とお前の仲じゃないか」

乃々「まさにそれが原因でもりくぼは追い詰められてますけど…あ、本当に離してください。もりくぼの中で危険信号のアラームが鳴ってます……もりくぼの身に危険が迫りつつあるんですけど…!」

P「危険?」




まゆ「おはようございま……、うふ。素敵な格好ですねぇ」


乃々「……」ガクガク

P「おう、おはよう。そうだ、まゆは星座占いとか信じるか?朝ニュースでやってたんだけど俺って乙女座の子と相性がいいみたいなんだ」

乃々「こっちを見ないでください……離してぇ」

まゆ「まゆも乙女座ですよ?」

P「ははは、そうだったな」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/30(月) 00:19:44.21
のの持ち上げたらさぞ可愛かろう。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/30(月) 11:11:13.81
ちひろ「仕事しましょうよ、ね?ね?」

P「分かりましたよ、そんな必死にならなくても…」スッ

乃々「…もりくぼの定位置は膝の上じゃないんですけど。もりくぼを開放してください…今すぐにでも机の下にこもりたい気分ですけど…!」

P「大丈夫だ」スチャッ

乃々「これリス耳じゃないですか……あ、れ?と、取れません…!?」グググッ

P「一度でいいからリス乃々を抱っこしてみたかったんだ。ああ^~癒される」

乃々「セクハラ、セクハラです…もりくぼはセクハラを受けてますけど……」

まゆ「仲良しですねぇ」

ちひろ(真顔ですけど)

P「そうだ、この勢いでもう一回言わせて貰おうか。乃々、結こ」

ちひろ「プロデューサーさぁん!まゆちゃんと営業の時間ですよ!」

P「えっ?そうでしたっけ」

ちひろ「マジです。早く行っちまってください」

P「はぁ…ま、いいや。行こうか」

まゆ「はい♪」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/30(月) 11:19:18.47


ちひろ「……行ったか」

乃々「…」ソソクサ

ちひろ「乃々ちゃんも災難ね」

乃々「災難なんていつもの事ですけど…生まれた時から災難ですし…」

ちひろ「今日は午前中で予定が無いから休憩室でゆっくりしててもいいわよ」

乃々「予定なんて無くていいのに…もりくぼなんて段々忘れ去られて行ってフェードアウトするアイドルがお似合いです……」スタスタ

ちひろ「そう言わないの、くれぐれも内側から鍵をかけないようにね」

乃々「……」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/30(月) 11:27:44.03

ちひろ『鍵をかけるなって言ったのに!』ガチャガチャ


乃々「…これで暫くは安全です……はぁ、このままこの部屋の隅の机の下で生涯を終えてしまいたい…」


P『あれ?どうしたんですかちひろさん』

乃々「」

ちひろ『い、いえいえなんでもないですよー』

P『鍵がかかってるんですか?誰か中に?』

ちひろ『あははー部屋の鍵が無くなっていたので開かなくて困ってたんですよ』

P『あぁ、それなら』




P『俺が持ってますよ』ガチャガチャガチャン

乃々「」

P「……やっぱり乃々か」

乃々「…もりくぼはプロデューサーさんから逃れられない運命にある事を確信しましたけど…」

P「?まぁいいや、結婚してくれ」

ちひろ「此の期に及んで貴様ァ!!」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/30(月) 11:37:07.51
乃々「………」チラッチラッ

P「?」

乃々「も、もりくぼはまだ14歳ですし…」

P「もうさ、関係ないんだよ。お前が14歳だとか未成年だとか」

乃々「だっ、大問題ですけど…!」

P「だからさ。一発結婚しちゃおうぜ?」

ちひろ「プロデューサーさん…?」ニッコリ

P「おいどんだって1人の男でごわす!独占欲だって湧くこともあるんでごわす!!」

ちひろ「湧いてるのはあなたの頭の中です!!」

P「日に日に成長していく乃々を見ていると…どこか遠くへ行ってしまうような気がするんです。それでいいのに、プロデューサー失格……ですよね」ハァ

ちひろ「そうですね」

P「ここはちょっとシリアスな場面だと思ってたんです」

ちひろ「そんな理由だったんですか?辞表を書く事をお勧めします」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/30(月) 11:43:56.44
P「逆に考えてください。こんなに可愛い乃々に恋しない方がおかしいとは思いませんか?どの辺りが可愛いかって聞かれたら延々と語れますよ。まずはこの嗜虐心と庇護欲を同時に擽るこの」

乃々「もう勘弁してください…なんでもしますからもりくぼの事は放っておいてください……」グスッ

P「今なんでもするって」

ちひろ「いい加減にしなさい」




ちひろ「このままだと事務所中に噂が流れ兼ねないですよ。もしスキャンダルで乃々ちゃんや他のアイドル達に迷惑を掛ける事になったらどうするんですか」

P「……た、確かに」

ちひろ「そう思うなら以後自重してください」

P「はい……」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/30(月) 11:52:06.69
乃々「何をお二人で話してるんですか……もりくぼの悪口ですか、そうですか…」

P「……」スタスタ

乃々「ひっ…」

P「……」スッ

乃々「ごめんなさい叩かないで…」ビクビク

P「ごめんな」ナデナデ

乃々「……え?」

P「俺の内に秘めたるパッションが抑えきれなかったんだ。…これからは自重するよ」ナデナデ

乃々「…わ、分かってくださればいいですけど」



P「さて、仕事だ仕事。アイドルマイスターに俺は成る!!」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 13:50:06.78
ちひろ「それからプロデューサーさんは変わった」


P「凛、仕事のオファー来たぞ。犬系のやつ」

凛「やるじゃん」

P「早速打ち合わせだ、その後は……菜々さんか。よし、レッツゴーウサミン!」

菜々「はーいっ☆」

心「おい☆」

P「心さんは18時からなんでそれまでレッス」

心「しゅがーはーとって呼べって言ってんだろ☆」

P「…事務所では普通にしてていいですよ」

心「素でコレだよ馬鹿野郎☆玉握り潰すぞ☆」



ちひろ「仕事もバンバンとってくるグレートなプロデューサーさんになった……のはいいんだけど」

乃々「……」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 14:03:18.05
心「ついでにメシ奢れよ☆」

P「俺今月金欠で」

心「知るか☆ 行くぞ☆」





乃々「…ふふ、最近のもりくぼは完全に放置です……それを望んでましたけど…何か腑に落ちませんけど…」ドヨーン

ちひろ(今度は乃々ちゃんが違う方向に…)

乃々「レッスンと仕事の送り迎え以外はほぼノータッチですし……あぅ…深爪ですけど」カジカジ

ちひろ(そんな時、私、千川ちひろは気付いてしまったのです……)
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 14:17:02.12


乃々「……どうしてもりくぼが悩まなければいけないのでしょうか…元はと言えばプロデューサーさんが”結婚しよう”とか言い出すからですよ…もりくぼだって女の子ですけど……少しは気にしてるんですけど…、なのに今のプロデューサーさんといえば何も無かったように振舞ってますよ…?所詮もりくぼなんて誰からも忘れ去られるべく存在でしたか……そうでしたか…それはそれで構わないですけど…でもプロデューサーさんの態度だけは許しては置けないです……今更ながら、親に無理矢理やらされているとはいえアイドルとして本格的に外の世界に連れ出したのはプロデューサーさんですけど。もりくぼは穴のようなところでひっそりと暮らしたかったのに…これは重大な責任問題ですけど…もりくぼを忘れるなんて許さないですけど…」


ちひろ(えぇ、窓に映った乃々ちゃんの目から……)


乃々「もりくぼの人生を矯正した責任を取らせるほか解決策は存在しませんけど…、あっ、今なら何となくまゆさんの気持ちが分かるような気もしないでもないですけど………………ふふ」スゥッ


ちひろ(ハイライトという名の輝きが失われてしまっている事に……)


輝子(隣の机からジメジメした気配がしてキノコ達が元気に…フフ、キノコ祭りの始まりだぜェェェェェッッ!!!ファーーーーーック!!!!!!)
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 14:32:52.84
P(……)ピクッ

P「ん?」

凛「どうしたの?」

まゆ「どうしたんですかぁ?」

心「うぉっ☆」

P「ちょっと変な感じが……まゆ、いたのか」

まゆ「えぇ、ずっと」

心「怖ぇよ☆」

P「まゆは心さんの前に撮影があるからこのまま乗って行くか」

まゆ「はい♪」




乃々「……」

ちひろ「の、乃々ちゃん?どこさ行くだ?」

乃々「唐突な東北弁に戸惑いつつありますけど…お仕事迄には戻りますから」

ちひろ「う、うむ」

乃々「…行ってきますけど」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 16:29:19.02
感染していくのか
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 19:18:39.34
P「ただいま帰りましたよー」

ちひろ「あ、プロデュー」

乃々「……」

P「おっ乃々、珍しく机の外に居るんだな」

乃々「……」ジッ

P「そう警戒するなよ、もう暴走はしないからさ」

乃々「…ちょっと屈んで欲しいです」

P「キッスでもしてくれるのか?そいつは刺激的だなー、なんてn」

P(その時ッッ!俺の身体を本当に電撃のような刺激が駆け抜けたッッッ!!)



P「あばbbbbbbbbbbbbbb」ビリビリ




乃々「……」

P「」ビクンビクンッ

ちひろ「す、スタンガン……!?」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 19:24:24.72
乃々「……」

P「」ズルズル

ちひろ「ちょっちょっと乃々ちゃん!プロデューサーさんを引きずってどこに行……」

乃々「じゃ、邪魔はさせませんけど…!」キッ

ちひろ「う…だ、だけど私もこの346プロ事務員として乃々ちゃんの前に立ち塞がらないといけない時だってあるのよ!」

乃々「それなら…武力行使しかありませんけど……!!」バチバチッ

ちひろ(くっ、乃々ちゃんにそんな技術は無いだろうし……誰なのこんな魔改造した人!)




晶葉「くしゅんっ」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 19:32:48.89
乃々「…そ、そこを退いてください」バチバチバチッ

ちひろ(万事休すか……っ!!)


早苗「はいストーップ」パシッ

乃々「あ…」

ちひろ「早苗さん!」ホッ

早苗「こんなアブナイもの持ってちゃダメよね?」

乃々「返してください…返して……!」ピョンピョン

早苗「ダーメ。どこからこんなもん持ち出して…ちひろさんも、何してるの。スタンガンなんて持った子に素手で挑むなんて危ないでしょー」

ちひろ「そ、そうですけど」

早苗「こういう時は周りの大人を頼らないとダメ!分かった?」

ちひろ「あの、私も大人…」

早苗「返事!」

ちひろ「はいっ!」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 19:41:15.82
早苗「はい良い子良い子~」

ちひろ「あの、だから……あれ?」


コツゼン


早苗「あー、逃げられちゃった」

ちひろ「ちょっとー!?」




凛「アイドルも忙しくなってきたし、花子と散歩できる時間も無くなってきたよね……ごめんね花子」

\ワンッ/

凛「…今日は午後のレッスンも休んでるからいっぱい遊ぼうか。ね?」

\ワンッ/

凛「あ、向こうから大っきな犬が……フフッ。言うこと聞かない子なのかな、飼い主の方が引っ張って…」

乃々「……思ったより重いですけどぉ…」

P「」ズルズル

凛「なにあれ」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 19:56:11.10
乃々「んしょ…んしょ……」

凛「何やってるのさ」

乃々「ひぃっ?!」

凛「…その、ヤムチャ?みたいなのは……プロデューサー?」

P「」グッタリ

乃々「な、なんでもありませんけど…!」

凛「なんでもないわけないじゃん。プロデューサーを引きずって何処に行くの?」ジー

乃々「も、もりくぼの家とかじゃないです…」サッ

凛「ふぅん」

乃々「そ…それではもりくぼはこれで…」

凛「あれ、そういえばプロデューサーって今から心さんとかの仕事があるんじゃなかったっけ」

乃々「そ、それは…その……む、むーりぃー!」ダッ

凛「あっ」




凛「……もしもしちひろさん?」ピッ
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 20:01:25.69



P「……うっ、ここは…?」

乃々「も、もりくぼの部屋ですけど」

P「へー」クンカクンカ

乃々「…匂いを嗅がないで欲しいところですけど」

P「いや、いい匂いだけど。乃々の匂いがする」

乃々「やめてください…やめてください…!」ジタバタ

P「それで何の用だ?俺はこれから仕事がある。多分遅刻でちひろさんが激おこエナドリマンだ。何ダース買わされるか分からんぞ」

乃々「プロデューサーさんは…もう働かなくて大丈夫ですけど……」

P「なんですって」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 20:08:16.81
乃々「プロデューサーさんは浮気者です…だから浮気しないようにもりくぼの部屋に軟禁しますけど…」

P「浮気…だと?」

乃々「そしてもりくぼの人生を矯正した責任をとって貰わないと…さもなくばその縄も解くことすら認めない勢いですけど……!」

P「粉ッッッ!!!」ブチブチブチィッ

乃々「」

P「乃々ォ…お前は一つ勘違いをしている」

乃々「か、勘違い…?」

P「…お前は部屋に連れ込んでその上縛ることで俺を捕まえたつもりだろうがそうじゃないんだなぁ」

乃々「え…え……?」



P「俺がお前を捕まえたんだよ?」ニッコリ



乃々「ひ…」ビクッ
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 20:18:50.77
P「乃々、お前が好きだ。改めて告白しよう。ここには俺とお前しか居ないだろうからな、ちひろさんや他のアイドルに聞かれる心配も無いぞ。乃々、好きで好きでたまらない。どこが好きか?全部が好きだ。そう、全部だ。お前の全部が好きだ。愛してる。愛してるんだよ乃々」

乃々「」

P「いやぁ嬉しいな、乃々が実は俺の事をこんなにも想っていてくれたんだもんな。俺は幸せだ。乃々もそうだよな?幸せだよな?」

乃々「」

P「どうしたんだ?何をそんなに怖がってるんだ?嗚呼、可愛い、その怖がってる様も可愛いよ乃々。前にも言ったけど庇護欲と嗜虐心を同時に擽るお前がたまらなく愛しいよ乃々。もっとお前を見せてくれ、ほら、まずは笑ってくれよ。次は怒ってるところも見たいな。照れてくれてもいいんだよ。痛っ、なんだか体中傷だらけだな……そういえば引きずられて来たんだったな。凛の花子も久しぶりに見たような気がするけどまぁそれはどうでもいいや、体の痛みも乃々を見ているだけで無くなっていく…あは、あははははははははははは!!!!!!」

乃々「あ……あ…………」ビクビク

P「さぁ、……色んなお前を見せてくれ」



乃々「ひあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーっ……」

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 20:21:20.31


早苗「ふむ、ここが乃々ちゃんの家ね」

ちひろ「この時間帯ですとご両親働きに出てらっしゃいますね」

早苗「えぇ?なら女子寮にでも入れてあげればいいのに」

凛「なんでもいいから早くしようよ」

ちひろ「そうね…」



『ひあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーっ……』


ちひろ「え!?乃々ちゃんの声!?」

早苗「と、突入ーーっ!!」



パリーン!!
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 20:26:01.22


P「いやぁ、やっぱり智絵理のウサ耳も似合うと思ってたんだよ」

乃々「うぅ…どうしてそんな物を持ってるのか甚だ疑問ですけど……」

P「次はどれがいいかな、着ぐるみとか着るか?仁奈のだから入るかどうか分からないけど」

乃々「どこから出してるんですか……絶対入らないですし…」


凛「…」

ちひろ「……何してんですか」

P「あ、ちひろさん。見てください、乃々はリスじゃなくてウサギもイケるって事に気付いたんです!今度の仕事はこれで行きまし」

ちひろ「な・に・し・て・る・ん・で・す・か・ぁ~?」ガシィッ

P「ぐぁぁぁぁぁぁぁおのれチヒロットォオオォォオいだだだだだだだだだだだだだ!!!!!!!!」

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 20:31:39.10
ちひろ「こちとら心配してたんですからね!色んな意味で!!!」

まゆ「ちひろさぁん、何もやましい事は無かったですよぉ」

P「居たのか」

まゆ「えぇ、ずっと」

ちひろ「本当に?」

まゆ「えぇ。もし何かあるようならまゆが黙ってませんから」ニコッ


乃々「か、勝手にそちらの物みたいに言わないで欲しいですけど…」ボソッ

まゆ「やりますかぁ?」ニコニコ

乃々「く、屈しませんけど…!」

P「あ、そうだった乃々」

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 20:32:56.10




P「結婚してくれ」キリッ

ちひろ「おい」

乃々「………いいですけど…」サッ



.
おしり
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 21:23:50.45
おつ
やはりモバPはモバPだわ
ぼののかわいい
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/31(火) 21:55:44.03
まゆさんが可哀想・・・

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク