ネメシス「くちゅんっ! ……これは、恋の病かの?」 リト「頭大丈夫か?」

1 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/01/27(月) 00:39:44.81

古手川「ゴホゴホッ……」 御門「あら、風邪?」 古手川「ええ…」ニヤリ


上の続き。シリーズ6作目突入。本編は今回も次回からで。


関連スレ:

このシリーズ一覧



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1390750784
2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/27(月) 01:07:40.10
>>1立て乙

メインヒロイン来た!これで勝つる!!
49 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/01/29(水) 22:07:08.17
チュンチュンチュンチュン

ナナ「………ん。朝、か。」

ナナ「おい、リト。朝だぞ~」ギュ~

リト「……ふあぁ~。おはよ、ナナ。」ポケ~

ナナ「服着て、下降りよ。もう7…てまだ6時じゃん! なんだよ早く起きちゃったんじゃん…」ムスー

リト「なんだ…。なら、しちゃうか。」

ナナ「……え? で、でも昨日……いや今日までもう7回戦までやったのに」
51 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/01/29(水) 22:42:39.01

リト「じゃ、やめる?」

ナナ「や、やめるに決まってるだろ!」

リト「じゃあこの手離してくれよ。」

ナナ「………? 」

リト「そんなに握られてると勘違いしちゃうだろ?」

ナナ「……ふぇ!? いや、そんなんじゃ!!」

リト「そっかーそんなにナナは俺といたいのかーそれならシちゃうのも仕方ないなー(棒読み)」

ナナ「ちょ、ちょっと待って!! ……あっそこはダメ、やぁん♪」
52 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/01/29(水) 22:44:21.62


チュンチュンチュンチュン

ナナ「………ん。朝、か。…………二回目の。」

古手川「そうみたいね。」

ナナ「ふぇ!? コケ川!?」

古手川「もう、唯って呼んでって言ってるじゃない。」

ナナ「お、おう。ごめん唯。」

古手川「それでよし。」フンス

ナナ「……あ、すっごいいい匂いする!」

古手川「今日は久しぶりに美柑ちゃんと二人で朝ご飯作ったの。これ着替えね、早くおりて来て。」

ナナ「おっけー! じゃあ着替えるから…」

古手川「フフッ、はいはい邪魔者は出て行きますよー。」ガチャリバタン


64 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/01/30(木) 01:37:10.42

[その日の夕方]

ナナ「おかしくないか!?」ドンッ

モモ「なにが?」

ナナ「唯と美柑だよ!! 最近あの二人からこう……お母さんって雰囲気がするんだよ!」

モモ「……要するに正妻オーラマジヤバイwwwってこと?」

ナナ「いやその要するにはよくわかんないけど。多分そう。」

モモ「嫌味かなにか?」

ナナ「は? 何言ってるんだモモ?」
53 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/01/29(水) 23:00:40.38

モモ「自覚症状なし、と。重症ね。」

ナナ「だって2人とも朝昼晩ご飯をちょー手際よく作っちゃうしさぁ、家事万能だし。……リトデレデレだし。」

モモ「最後が本音でしょ?」ハァ


(注:モモは未だにリトとやっちゃってるのはナナだけだと思ってます!ナナとしてるのしか見てないからね!!)

54 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/01/29(水) 23:20:58.55


モモ「それ、まさか他の人達に言ってないでしょうね?」

ナナ「言えるかよ!! こ、こんなのモモにしか相談できないって…」

モモ(される方はされる方で辛いのよ…。あぁっ! リトさん、悩める私モモをそのお身体で癒してください!!!)

ナナ「何また変なこと考えてんだよ。」ムスッ

モモ「えっ!? わ、分かるの!?」

ナナ「モモって意外と顔に感情出まくってるからな。気をつけろよ!」

モモ「ナナに注意されるなんて…。私もう死んだ方がマシかも…」

ナナ「どういう意味だ!!」

55 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/01/29(水) 23:48:00.00
モモ「そういえば、ナナ最近よくアニメ見てるわよね。なんで?」

ナナ「ん? あぁ、これか。」

モモ「そうそう、何種類かあるみたいだけど…。買ったの?」

ナナ「ううん、リトに借りてる。てかあいつが貸してきた。」

モモ「……ちょっとタイトル教えて。」

ナナ「え? まあいいけど。え~っと"SAO"だろ? それと"ポケモンXY"を録画したやつに、"俺妹"だろ? それと"鋼の錬金術師"に…」

モモ「はぁ……分かった。もういいよ、ナナ。」

ナナ「なんだよ。教えてって言ったのモモじゃん。」ムスッ

モモ(リトさん、アピールが遠回し過ぎません? さすがにこれじゃナナは絶対気づきませんって…)
97 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/03(月) 21:34:19.16

[その日の放課後]

リト「ふわぁ~あ…。さて帰るか。」

リト「おい唯ー、帰ろうぜー。」

古手川「ごめん! 今日はその……委員会があって……。」

リト「そ、そうか。ごめんな。」


オイナンダナンダシュラバカ? ナミダメノユイカワイイー


リト「じゃあ、俺帰るな。今日は美柑がおでんだって言ってたから楽しみにしてろよ。」ニコリ

古手川「う、うん!」ドキッ


116 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/04(火) 21:38:36.64

猿山「おいリトー、今日ゲーセンにでも行かねえかー?」

リト「んー、それもいいかもな。どうしよう…」

猿山(毎度毎度よくもまあ女の子とイチャコラしやがって…。今日は男祭りに引き込んだるからな!!」

リト「猿山!? なんだ男祭りって!?」

猿山「……プリクラとか撮ってみないか? 勿論2人だ!」

リト「スルーなのか!? てかちょっと待て。お前まさか…」

猿山「そうだな、新しいプライズも出てたしUFOキャッチャーもありだよな。」

リト「ホモ、なのか?」

猿山「はあぁぁぁ!?!?」

リト「うん、分かってた。分かってたって。だから顔近づけないでくれ! 唾散る!」

猿山「うるせぇ! 毎回お前ばっかモテやがって!!! 少しはそのオーラ分けやがれ!!」

リト「そんなオーラあったら俺が欲しいよ!」
118 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/04(火) 21:46:16.05

猿山「いや、俺がリト様みたいにモテたいとかそんな思い上がりっすよね。すんませんっした。ゴミムシはゴミムシらしく底辺に甘んじておきます。」

リト「ごめん猿山、俺がすっごく悪いやつみたいな表現やめてくれ! てかなんでそんな卑屈なの!? そんなことないって!!」

猿山「そ、そうか? 俺生きてて大丈夫かなぁ。」

リト「日本国憲法でちゃんとお前も生存権保証されてるから大丈夫だって!!」

猿山「ならさ、リト。一つ頼みがあるんだ。」

リト「頼み? な、なんだよ。」

猿山「リコちゃんに会わせてくれ!!!」

リト「」

猿山「うわすげー嫌そうな顔だなおい。」
119 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/04(火) 21:52:42.02

リト「い、いやべつに嫌じゃないんだよ。」

猿山「ならいーじゃん!! な? 頼むよ!」

リト「…………仕方ないなぁ。」

猿山「! いいのか!?」

リト「実は…………、リコちゃん…。」

猿山「…………な、なんだよ。」

リト「留学、しちゃったんだ。」

猿山「え!? ど、どこに!?」

リト「……ィ」

猿山「え? なんだって?」

リト「マサイ族のところに、3週間の短期留学。」

猿山「」
120 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/04(火) 21:57:29.28

猿山「う、嘘だろ?」

リト「うん。」

猿山「死ねぇぇぇぇぇぇ!!!」

リト「痛い!? 猿山右ストレートはだめだろ!?」

猿山「しょーもない嘘つきやがって! なにが留学だよ!」

リト「………」

猿山「なんだよ、嘘なんだろ?」

リト「留学は、嘘じゃない。」

猿山「………え?」

リト「だから、会わせてやれない。ごめんな、猿山」

猿山「そ、そうなのか……」

猿山「…………」

猿山「くそぉぉぉぉぉ待っててリコちゃん!今から行くよぉぉぉぉぉ!!!」ダダダダダ

リト「あ、おい猿山!? ……行っちゃった。」

リト(すまん猿山、俺、男は好きになれん!)
122 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/04(火) 22:34:44.20

ナナ「あーあ、酷いことするなリト。」

リト「ナナ? なんでここに?」

ナナ「唯のやつが「リトが他の女の子に鼻伸ばしてないか見張っておいて!」って言われたから来た。」

リト「俺そんなに信用ないの? 」

ナナ「ハーレム作ってるやつが何言ってんだよ。ほら、帰ろ?」スッ

リト「おう、帰るか。」ギュッ

123 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/04(火) 22:43:49.80
[帰り道]

ナナ「え? 今日っておでんなのか?」

リト「ああ、美柑が腕によりをかけてるから早く帰ろ……てナナ? どうした? 何見て……」

ナナ「へ? あ、いや別になんでもないって!」

リト「あぁ、あそこの新しいペットショップに行きたいって顔だな。」

ナナ「わ、悪いかよ!」

リト「ううん、じゃあ今日はあそこでナナとデートかな。」

ナナ「で、デート!?(なんかリト最近積極的//)」

リト「そうと決まれば、早く行こうぜ!」グイッ

ナナ「うわっ!! リトひっぱらないで!」
124 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/04(火) 23:00:55.42

[ペットショップ]


リト「ここは本当に種類が多いなぁ。なあナナ。」

ナナ「……」ジー

リト「……ナナさーん、どうかしましたか?」

ナナ「ごめんリト、集中したいからあっち行ってて。」ジー

リト「あ、はい。すみません。」

リト(犬愛でるのにそんなに真剣にならなくても……。本当に動物好きなんだなぁ。)
132 : ◆rUZQC1VTAc :2014/02/05(水) 23:18:12.59

リト「じゃあ、俺あっちで亀とか見てくるからなー。」

ナナ「うん…」





~~~~

リト「へー、結構種類いるんだな。」

リト「あ、こっちはミニ豚か。あんまり豚飼うとか想像できねー…」

ミニ豚1「ブヒブヒー!!」

ミニ豚2「ふごふご!!!」

校長「ぶひっ!! ぶひぶひぶひぃぃ!!」

ミニ豚3「ブーブー」

リト「ははっ! 意外と可愛いて校長ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!?!?!?」

校長「ぶ、ぶひぃ……///」

ネメシス「お気に召したかな? お客よ。」

リト「え、ええ。若干一頭を除いて。」

ネメシス「あら、こちらはお気に召さなかったかな? 今ならただでくれてやるが。」

リト「絶対にいりませんよ…」

ネメシス「つれないなぁ…。下僕なら下僕らしく主の言うことは聞いた方が身のためだぞ?」

リト「いやだなー何言ってるんですか店員さんてネメシスゥ!?!?」

ネメシス「ノリツッコミにしても遅すぎるぞ。甘えは捨てろ結城リト。」

リト「いやなんでノリツッコミなんて知ってるの?」
133 : ◆rUZQC1VTAc :2014/02/05(水) 23:20:16.55

リト「で、なんでネメシスがここにいるんだよ!!」

ネメシス「決まってるだろう? 店長代理だ。」

リト「ごめん、全く予想出来てなかった。」

ネメシス「全く…、なら回想入るぞ。」

リト「雑ぅー……」
134 : ◆rUZQC1VTAc :2014/02/05(水) 23:40:53.33
~~~

あれは……私がこの豚を散歩させていた時のことだった……。

~~~

リト「はいストップ、おかしいところがありますマスター!!!」

ネメシス「お! 遂に私の下僕であることを認めたのだな!!」

リト「違うっ!!! なんで校長をペットにしてるんだよ!! 趣味悪いぞ!!!」

ネメシス「私の趣味ではない。こいつから……」



校長『わ、私をネメシスちゃんのペットにしてぇぇぇぇぇ!!!!!! ぶひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!』



ネメシス「と言ってきたのだ。」

リト「なんだろう、突然転校したくなったよ。」
136 : ◆rUZQC1VTAc :2014/02/06(木) 00:02:23.38

~~~

それで、この豚に乗るのも飽きたからな。ペットショップとやらに引き取ってもらおうと思ったのだ。


ネメシス『失礼、こちらでこの豚を引き取ってもらいたいのだが…』

店長『はいはーい、飼えなくなったペットの引き取りですねー。本来ならこーいうのは非常識なんですけどねー。私はほっとけないんで。それで、その豚はどこに?』

ネメシス『ん? いや、これのことだが。』

校長『ぶひぶひっ!』

店長『アレーオカシイナードコカナブタサンハ? ワタシニハミエマセンネー』

ネメシス『何を言っているのだ? ここにいるではないか?』

校長『ぶひぃ……///』(訳:はい、私はネメシスたんの豚です! ぶひぶひっ!!)

店長『……君、辛かったね。』カタニポン

ネメシス『?』

店長『これ、お父さんだろ? こんなプレイを強要されて…。なんて可哀想なんだ!』

ネメシス『いや、これは』

店長『あーいいよ、みなまで言うな。全部わかってるからね。』

ネメシス『いや、そうではなくてだな…』


137 : ◆rUZQC1VTAc :2014/02/06(木) 00:11:50.88
店長『すぐ! すぐお巡りさん呼んでくるからね!! それまで留守番頼むよ!!』

ネメシス『あ、おい!!』

校長『ぶひぃ?』(訳:どうしたのですかネメシスたん?)



~~~

ネメシス「で、今に至るのだ。」

リト「とりあえずこの校長は野放しにしちゃだめだってことはわかったよ。」
138 : ◆rUZQC1VTAc :2014/02/06(木) 00:15:12.97

ネメシス「ま、私もそれは感じていたから今はこうしてケージの中にぶち込んでいるのだよ。」

リト「ぜひそのままにしててくれ。」

ネメシス「うむ、では私はこっちに集中するからな。」ピコピコ

リト「そーいえば、さっきからなにやってんだ? ゲーム?」

ネメシス「ああ、ぽけもんだ。」

リト「…………ポケ○ン?」

ネメシス「さっきから意地っ張り5vシェルダーの孵化に勤しんでいるのだがな、どれもこれも特性がシェルアーマーなんだ。全く持って使えない……」

リト「俺には理解出来ないってことだけわかったよ。」
139 : ◆rUZQC1VTAc :2014/02/06(木) 00:18:24.59

リト「てかお客さんどうするんだよ。ちゃっかりエプロンしちゃってるけど(めちゃくちゃ似合ってるし…)」

ネメシス「ああ、それなら大丈夫だ。私の知り合い以外は通さない結界を入り口に張っているからな。」フフン

リト「おい、それ全然大丈夫じゃないからな。」

ネメシス「それで、私はそろそろコレにも飽きてきて……。暇なんだよ。」

リト「……………え?」アセダラダラ

ネメシス「だから、な?」

ネメシス「私の相手をしてくれないか? 下僕よ。」ニタリ
154 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/09(日) 15:55:51.72
ネメシス「さあ、やろうか。」

リト「な、何をやるって言うんだよ。」

ネメシス「なに、そんなに怯えなくても大丈夫だ。」

ネメシス「私は何もしない。するのは、君だよ。」

リト「……俺?」

ネメシス「そうだ。題して…」

ネメシス「チキチキ! ネメシスたんを逝かせてみましょう大作戦!!!!」

リト「頭おかしいのか?」
155 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/09(日) 16:01:10.82
ネメシス「ほう、私に向かってそんな口を聞いていいといつから思っていたのかね?」ジャキ

リト「ゴ、ゴメンナサイ。」ダラダラ

ネメシス「まあいい。とにかく、これはゲームなんだよ結城リト。」

リト「ゲーム?」

ネメシス「そう。ちょっと店外に出ようとしてみてくれ。」

リト(これは、逃げた方がいいよな…)

リト「分かった、じゃーな!!」ダッ

ネメシス「言い忘れていたが…」

リト「ナナー! 逃げフギャア!!!!」バキッ

ネメシス「メアに言って結界張らせてるからでれないぞー。」


~~~~

メア「マスターの対戦相手がいないからってなんで私がポケモンやらなきゃ…あ、6vトゲピー出た。」

~~~~
156 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/09(日) 16:11:15.45

ネメシス「そーゆうわけだ、さーさーはやく私を逝かせてみろ!!!」

リト「いやなんか字がおかしいし…」

リト(まあ、これやんないと俺出られないみたいだし…それに…)

リト(なんかやられっぱなしってのも悔しいし)ギギギ

ネメシス「どうしたどうした? さあ、さあさあさあさあ♪」

157 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/09(日) 16:22:24.72
リト「はぁ…わかったよ。何すればいいの?」

ネメシス「なにをしてもよいのじゃ、私を満足させれたら君の勝ち。ここを出れる。」

ネメシス「ただし、私を20分で逝かせることができなかったら…」

リト「で、出来なかったら?」ゴクリ

ネメシス「ふっふっふ…、気になるか? 気になるのかぁ?」

リト「あ、ならいいや聞かなくて。」

ネメシス「き、ききたいのじゃろ?」

リト「いや全然」

ネメシス「き、聞いてくれぬのか?」ウルウル

リト(可愛い)
158 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/09(日) 16:31:49.16

ネメシス「そうかそうか聞きたいか聞きたいたいのか♪」ウキウキ

リト「あーはいはい聞きたい聞きたい。」

ネメシス「よし、ならば聞かせてあげようじゃないか。」

ネメシス「わ、私と…」

リト「私と?」

ネメシス「フレンドコードを交換してくれ!!!」

リト「あ、それなら今するか?」

ネメシス「へ? い、いいのか?」

リト「おう、3DS出して。」

ネメシス「こ、こうか?」

リト「そうそう、あとはこうして…ほらできた!」

ネメシス「ほ、本当じゃ!!」キラキラ

リト(可愛い)
161 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/09(日) 16:47:20.17

リト「じゃ、俺は帰るな。バイバイ。」

ネメシス「待てい。」ガシッ

リト「や、やっぱダメ?」

ネメシス「ダメじゃ。君には今夜しっかり64見せ合いシングルで対戦してもらうとして、まだ帰すわけにはいかないのでな。」

リト「なんだよ、いいじゃん帰してくれたって」

ネメシス「最近メアにお前の様子を探らせておいたのじゃが…まあ随分とお楽しみじゃのう。」

リト「ギクッ! さ、さあ? なんのことかなぁ?」

ネメシス「ギクッと口に出してる時点で動揺がバレバレ…。確か……妹君ともヤッテいるのだったかな?」

リト「………………サアナンノコトデショウ。」

ネメシス「そこで、その腕を私で試してみないか?」

リト「………………」

ネメシス「私を逝かせてみせれば解放しよう。しかし、私が耐えれたら本来の目的どうり君を奴隷にしよう。あのブタのように。」

リト「分かったすぐにヤろう。」

ネメシス「どれだけあのブタがいやなんじゃ……」
162 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/09(日) 16:50:24.30

リト「じゃ、じゃあまずはキスからいいか?」

ネメシス「おう、どんとこい!!!」

リト(ネメシスのことだ、相当経験豊富なんだろう。心してかからないと…)

ネメシス「んー」メツムリ

リト(しかし、改めて見ると可愛いな。)

ネメシス「んー」

リト(褐色ロリとか、もう二次元にしか存在しないと思ってたよ)(←アフリカとかにめっちゃいます)

ネメシス「んー」

リト(よ、よしっ!」ゴクリ

ネメシス「まだかムグッ! ん、んむ……んはぁ………」
163 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/09(日) 16:51:55.06
ネメシス「な、なかなかやるじゃないか結城リト。今のは少し良かったぞ。」

リト「そうか? (へ? 今、フレンチキスだったんだけど……)」

ネメシス「少し君を舐めていたのかな。心してかかるとしよう。」

リト(もしかしてネメシスって……)

リト(ちょろい、のか?)
165 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/09(日) 16:58:26.73

ネメシス「さあ、早くかかれ。」

リト「………そうか。」ニヤリ

ネメシス「? どうかしたか?」

リト「いや、なんでもないよ。始めようか。」ニコリ

リト(先生、ごめんなさい。今回だけ調子乗ります。)

ネメシス「よし、ならはやく……んちゅ、はぁ…ん………んはぁ♥️」

リト(最初は軽めに舌を絡ませるだけ)

ネメシス「な、なかなか……んひゃあ!」

リト(徐々に強くして、同時にちっぱいを右乳だけ弄ぶ)

ネメシス「か、片方だけなど……ひゃあん♥️」

リト(それを続けて…)


[10分後]

ネメシス「はあ、はぁ…。なかなか、やるのぉ♪」

リト(だいぶ顔が火照って来てる。これは陥落まで後少しかな?)

リト「ネメシス、ここ、いいか?」サワリ

ネメシス「も、もう!? …………い、いいぞ。」

リト「じゃ、お言葉に甘えて!」

ネメシス「はぁん♥️ 」

リト(今度は徹底的に焦らす! パンツごしに…ってパンツ履いてる。珍しい)
166 :怒り新党 ◆rUZQC1VTAc :2014/02/09(日) 17:05:09.15
リト(キスもだいぶ慣れてきて…そろそろ堪え切れずに…)

ネメシス「ゆ、結城リトよ。」

リト「なんだ?」

ネメシス「そ、その…直接触ってはみないのか? それでは私を逝かせることなぞできんぞ!」

リト「嘘はダメだぞネメシス。もう三回は…」

ネメシス「そ、そんなことなひゃあ!!!」

リト(直接はまだ。ただし少しだけ強くして…、同時に焦らしてた左乳を手にかけてと)

ネメシス「はぁ…あんっ♥️ 結城リトぉ! ま、まだなのか!?」

リト「なにがー?」クチュクチュ

ネメシス「まだ直接せずともそなたは平気なのか!? はぁん♥️」

リト「だめだなぁネメシスは。そんなに俺のせいにしてると、やってあげたくなくなるだろ?」

ネメシス「な、なにを」

リト「して欲しいのなら、お願いしないとな。」

ネメシス「そ、そんなことするわけ!」

リト「じゃ、まだ触ってあげない。その代わり…」

リト「他のあらゆるところでいかせてあげるからな。」ニコリ

ネメシス「な!?」ゾクゾク
191 :怒り新党  ◆rUZQC1VTAc :2014/03/03(月) 01:57:38.68
ネメシス「ゆ、結城…リトよ。まだぁん♥ なのかぁ?」

リト(焦らし続けてはや3時間。ここらで…仕掛ける!!!)

リト「欲しいか?」

ネメシス「あぁ! だからはやくくれぇ!!」

リト「? ネメシスって物分かりが悪いよな(この間も決して手は緩めない。ただしアソコの奥ではなく入口をやさしく、それでいて絶え間なく…)」

リト「何が、どこにほしいのか俺にちゃんといってくれないと…。(おねだりするナナが可愛いことを知ってから、ナナが相手の時には毎回やってるんだ。それに加えてネメシスって目茶苦茶感度がいいから…)」

ネメシス「う…うぅぅ……」ウルウル

リト「やだなぁ。してほしいことを言葉にすることは恥ずかしいことなんかじゃないだろ?」

リト「さぁ。ネメシス、君は俺に何をしてほしいの?」

ネメシス「わ、私の…」













ネメシス「私のびちょびちょオマンコにリトのでっかいチンポをいれてくださぁい!!!!!!」

リト(ちょろい!!!)ズブッ!!!

ネメシス「キタアァァァァ♥♥♥♥♥」

192 :怒り新党  ◆rUZQC1VTAc :2014/03/03(月) 02:10:17.70
リト(それから……長い長い時が過ぎた)

リト(約4時間ほどその場でやり続けたところで結界が解けた。その瞬間ナナが泣きながら俺の胸に飛び込んできた)




ナナ『ネメシスにリトを取られたぁぁ!!!! 帰ってきてリト!!!!!! うわぁぁぁぁぁぁん!!!!』




リト(別に取られてなどいなかったのでさっさと釈明しようかとも思ったが、ネメシスとの談合(その間10秒)の結果、俺がNTRれたふりをしてみた)

リト(純粋に演技の練習のためであって、決してナナの泣きじゃくるところをもっと見たかったとか、俺を取り返そうとほんのわずかではあるがネメシスにおっぱいの大きさで勝ってるとか言い出すナナが可愛くて仕方なかったとかそんな理由ではない)

193 :怒り新党  ◆rUZQC1VTAc :2014/03/03(月) 02:27:51.71
リト(今回の一件で、いくつか発見があった)

リト(まず一つ目。メアに放置プレイは向かない)

リト(合流したナナも含めての3P。計8時間の間一人でポケモンやってたメアは泣きながら俺の家にいったらしい。放置プレイに向いているのは、放置されることすら快感に思える子だと個人的には思っている。異論は認める)

リト(ちなみに、結界が解けたのもメアがさびしすぎて構ってほしかったかららしい。可愛い奴だ。結婚しよ)

リト(そして二つ目)

リト(美柑とヤミは放置プレイがスキらしい)

リト(メアが我が家にたどり着いた時、出迎えたのは発情しきった二人だった。俺のパンツを身にまとった二人を見てメアは泡を吹いて気絶したらしい)

リト(今度あの二人に俺のパンツを一枚渡して一週間触らずに過ごしてみよう。ヤンデレルートに突入しないことを切に願いながら)
194 :怒り新党  ◆rUZQC1VTAc :2014/03/03(月) 02:36:12.09
リト(そして次、俺は自分が思っている以上にナナが好きらしい)

リト(ナナの泣き顔を見た後、もう一度見てみたいと思う反面、二度と泣かせたくないとも思った)

リト(俺が一番好きなのは春菜ちゃんだ。それは今でも変わらない、けど…)

195 :怒り新党  ◆rUZQC1VTAc :2014/03/03(月) 02:51:20.92
リト(そして……)

リト「なあ」

ネメシス「なんじゃ?」ジュブジュブ

リト「もうねませんか?」

ネメシス「や。あともう三回!」ブスー

リト(ネメシスはちょろい、が、性欲は一番らしい)

リト(毎日リアル夜這いされててやヴぁい)

ネメシス「ほらほら♥ いっぱい出せ♥♥」

リト(死ぬなよ、俺……)ドピュドピュッ!!!





~to be continued~
198 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/03(月) 03:52:44.90
おつおつ次も期待
199 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/03(月) 07:25:11.52
メネシスって胸の大きさ自由自在だったよな?
200 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/05(水) 23:19:35.95
集中切れたらぺったんこ
関連スレ:

この書き手のSSまとめ



関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク