紗南「…なんだろこのゲーム…『We're the CINDERELLA!』?」

1 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:02:02.35
紗南「ふー、新作もゲットしたし早く帰ってプレイしないと!…あれ、なんだろこのゲーム」

紗南「タイトルは『We're the CINDERELLA!』…恋愛ゲームかぁ…」

紗南「早く帰って新作やりたいけど、なんでだろ…妙に気になる…」

紗南「恋愛ゲームってあんまりやったことないし、たまには良いかな…よし!」

紗南「すいませーん!これもください!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428210122
2 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:02:29.91
ーーー
ーー


紗南「さーて、早速新作をプレイしよっと!」

紗南「…と思ったけど何でか凄く気になるこっちから始めよう」

紗南「おぉ、OP凝ってる…結構おもしろそうかも!」

紗南「名前入力…うーん、とりあえずサナで良いか」

『We're the CINDERELLA! -見上げた一筋の流れ星、あなたの魔法で…-』

紗南「あ、始まった」
3 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:02:56.64
『…くん…きて!サナ君起きてくださいっ!』

『ん…?…なんだ皐月か…ふぁ』

『ほら、起きてください!朝ごはん出来てますよ!』

『ん、すぐ行く…』

紗南「うんうん、幼馴染みヒロインはやっぱり王道だよね!…それにしても、どことなく卯月さんっぽいような…名前も皐月だし…」
4 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:03:30.98
『おー、今日も美味そうだな。流石は皐月だ』

『えへへっ、頑張りました!ぶいっ!』

紗南「やっぱり卯月さんっぽい…えっと、説明書にキャラ紹介乗ってるかな…あ、あった」

紗南「なになに…」

【皐月】笑顔がチャームポイントの幼馴染み。「頑張りました!」が口癖で嬉しいとピースをする癖がある。何かと主人公の世話を焼きたがる。

紗南「ピンポイントで似すぎだよっ!!なにこれちょっと怖いよ!!」

紗南「…でも卯月さんも結構Pさんのお世話焼いてるよね…それに、笑顔も凄く可愛いし…」

紗南「Pさんもこういう女の子が好き、なのかな…」

紗南「……」

紗南「…よし」
5 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:03:58.50
ーーー
ーー


P「戻りましたー」

紗南「あっ、Pさんおかえり!」

P「ただいま。紗南はまだ残ってたのか」

紗南「う、うん!なんとなくね…」

P「お陰で紗南に出迎えてもらえてラッキーだったな。さーて、残りの仕事も片付けるか…」

紗南(よ、よーし…)
6 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:04:25.66
紗南「あ、Pさんコーヒー飲むよね?あたし淹れてくる!」

P「え?あぁ、ありがとう」

紗南「…はい、どうぞ!」

P「さんきゅーさんきゅー」

紗南「ちゃんとミルク2個にお砂糖1本入れてあるからね!」

P「良く覚えてるな…うん、美味しい」

紗南「ホント?よかった…えへへっ」

P(かわいい)
7 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:04:52.15
紗南「あ、Pさんそのままじゃスーツしわになっちゃうよ?ほら、掛けてくるから貸して貸してっ」

P「お、おぉ、すまんな」

紗南(Pさんのスーツ…す、少しだけ…)

P「紗南?」

紗南「うわぁっ!?な、なんでもないっ!!」

P「そ、そうか…」

紗南「…Pさん、疲れてる?」

P「ん、まあ多少はな…顔に出てたか?」

紗南「ううん、なんとなく疲れてそうだなって」

P「ふむ、紗南には何でもお見通しか…」
8 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:05:19.43
紗南「ま、まあねっ!伊達にPさんとずっとタッグ組んでないよ!」

P「ははっ、それもそうか」

紗南「あ、そうだ…はいっ!」

P「お、クッキーか。美味そうだ」

紗南「疲れたときには甘いものっ!だよね!」

P「いやはや、至れり尽くせりだな…んー美味ひ~」

紗南(うん、なんか良い感じかもっ…!)
9 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:05:45.98
P「そうだ紗南、今日のレッスンはどうだった?」

紗南「今日もハードだったよ…あっ、でもこの前は上手く出来なかったステップが出来るようになったよ!」

P「おぉ、やったな!」

紗南(…ちょっと恥ずかしいけど、あれ、やってみようかな…)

紗南「う、うんっ!その…が、頑張りましたっ!ぶいっ!」

紗南(うあああああいざやってみると思ってた以上に恥ずかしいよこれー!!…うぅ、Pさんもなにか言って<カシャッ!>…って、ん?)
10 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:06:13.62
P「…よし!」

紗南「っ!?よ、よしじゃないよ!!何撮ってるのさー!!」

P「いや余りにも可愛かったから、つい」

紗南「うぅ~…け、消してよっ!」

P「むーりぃー」

紗南「うぐっ…」

P「いやぁ、可愛いなぁ…紗南のエヘ顔ダブルピース…ふひひ★」

紗南「もー!!恥ずかしいから見るなー!!」

P「まあまあ…あ、もう一回お願いして良い?」

紗南「良くないよっ!…もーPさんなんて知らない!あたし帰るっ!!」

P「こらこら、そんなに走ったら危ないぞー帰りは気を付けてなー」

紗南「分かってる!お疲れさまでしたっ!!」

P「行ってしまった…顔を真っ赤にして走ってく紗南も可愛かったな…ふぅ」
11 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:06:40.63
ーーー
ーー


紗南「…はぁ」

紗南(うぅ~まさかあんな写真撮られるなんてぇ…)

紗南(しかも恥ずかしくてあんな逃げるように出てきちゃったし…)

紗南(はぁ…続きやろっと…)

紗南「…現実もセーブ&ロード出来たら良いのに」
12 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:07:07.71
『あっ!おっはよーサナサナ!』

『いってぇ!?後ろからタックルかますとかアホか!アホなのか!?』

紗南「おー今度の娘は元気っ娘かぁ…なんだろ、今度は未央さんに似てるような…」

『むー、失礼な!こんな美少女に抱き着かれてるんだから感謝してほしいくらいだよ!』

『自分で言うな!…ったく馬鹿やってないで早く行くぞ、理央』

紗南「…うん、やっぱり未央さんっぽい。えーっと説明書説明書…」
13 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:07:34.41
【理央】いつも明るく元気なのが取り柄。誰とでも友達になるのが得意。そのせいか男子から勘違いされることも。普段の言動からは分かりづらいが繊細な一面も持つ。

紗南「…なんだろ、何かこのゲームやるの怖くなってきたよ」

紗南「でも気になるし続けよう…」

『サナサナー!一緒にかーえろっ!』

『き、急に抱き着くな!…あ、当たってるぞ』

『ん~なにが~?』

『ぐっ…だから、その…胸が…』

『ふっふっふ~…当・て・て・ん・の』

『なっ、おまっ!?』

『ドキドキした?ねぇねぇドキドキした?あははっ!』
14 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:08:02.37
紗南「こ、このくらい大胆な方がやっぱり男の人は好きなのかな…」

紗南「未央さんもよくPさんにちょっかいかけてたりするし…胸も大きいし…」

紗南「うぐ…ま、まだ成長期だし!」

紗南「はぁ…でも、あたしも少しくらい大胆に…よ、よーし…」
15 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:08:29.48
ーーー
ーー


紗南「お、おはようございまーす!」

P「おお、紗南おはよう」

紗南(…い、行けっあたしっ!)

紗南「あっ、Pさん!お、おはよっ!」

P「おっ、と…おはよう。珍しいな紗南がそうやってスキンシップを取ってくるのは」

紗南(あ、あれ?なんか反応薄い…うぅ、それなら…)
16 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:08:57.17
紗南「そ、そう?まあそういう日もあるよね!えいえいっ!」

P「こらこら、そんなに腕に抱き着かれたら動き辛いだろ」

紗南「あ、あて…ぁ、うぅ~…」

P「紗南?」

紗南「だ、だからっ…その…あて、て…ぁぅ…」

P「あて?」

紗南「な、なんでもないっ!あっそろそろレッスン行かないと!」

P「お、おう?」

紗南「行ってきますっ!」

紗南(うわーあたしのへたれー!!でも流石にこれは恥ずかしすぎるよー!!むーりぃーーー!!!!)
17 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:09:24.12
P「頑張ってなー………さて」

P「右よし」

P「左よし」

P「前後よし…机の下も、よし。人の気配は無い」

P「よし」





P「んあああああァァァァァァ!!!!」

P「紗南っぱいが腕にんあああああァァァァァァ!!!!…………んあああああァァァァァァ!!!!」
18 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:09:51.81
ーァァァァァ!!!!

ーァァァ!!

ーァァ…!

裕子「はっ!今なにか聞こえたような…まさか誰かがサイキックテレパシーで助けを求めている!?ムムムンッ…こうしちゃいられません!今行きますよ!サイキックワープ!おりゃー!」

マストレ「どこへ行く?」

裕子「そりゃサイキックパワーで人助けに…ってマストレさん!?」

マストレ「私のレッスンをサボろうとは良い度胸だな…特別に今日は地獄メニューに変更してやろう」

裕子「そ、そんなっ!?」

マストレ「では行くぞ。一秒すら時間が惜しい」

裕子「いーーーやーーーー!!さ、サイキック助けてえぇぇぇぇ!!!!」
19 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:10:20.12
ーーー
ーー


紗南「…はぁ」

紗南「Pさん全然リアクションしてくれなかったなぁ…」

紗南「やっぱり胸が無いとダメなのかな…う~…」

紗南「…いろけでろー、なんて…あーもう考えても仕方ない!続きやろっと!」
20 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:10:47.90
『…やっと見付けた』

『えっ、あれ…先輩…?』

紗南「今度は後輩キャラかー、これも鉄板だよね!」

『まーた机の下に引きこもってんのか』

『うぐ…そ、それより先輩は何故ここに…?』

『皐月に頼まれたんだよ。乃々香が委員会から脱走したから探してくれって』

『ぅ…先輩も私のこといぢめるんですね…そうなんですね…』

紗南「…うん、予想はしてたけど今度は乃々ちゃんっぽいね。ぽいって言うかもうね…うん」
21 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:11:14.92
『そんなつもりはない。で、なんで抜け出したんだ?』

『それは…その…私が朝礼で壇上にあげられそうになったので…うぅ…』

『…なるほどな。確かに乃々香にはちょっとキツいかもな』

『先輩っ…!』

『が、それとこれとは話が別だ。行くぞー』

『えっ、あの引っ張らないで…うぅ…いーやぁー…!』

紗南「…事務所で良く見るような光景だなぁ、あはは…一応キャラ紹介も読んどこ…えーっと」
22 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:11:42.23
【乃々香】人見知りでネガティブな後輩。なにかあると机の下や狭いところに逃げ込む。「いーやぁー…」と言いつつ引き摺られる姿が度々目撃される。

紗南「…このゲームどこが作ってるんだろ…『サウザンドリバー』?聞いたことないなぁ…」

紗南「恋愛ゲームはあんまりやらないから知らないだけかな…」

紗南「それにしても机の下かぁ…この前はまゆさんも入ってたし、案外居心地良いのかな?」

紗南「…よし!」
23 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:12:09.33
ーーー
ーー


輝子「キノコーキノコー…ボッチノコー…フヒッ…あ、あれ?」

紗南「あ、輝子さんおはよう…お、お邪魔してます?」

輝子「め、珍しいお客さんだな…フヒッ…」

紗南「じ、邪魔だったらすぐどくから!」

輝子「い、いや、大丈夫…わ、私はお隣さんの方にお邪魔するから…」
24 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:12:36.60
乃々「おはようございます……あの、森久保の場所が無いんですけど…いぢめですか…」

P「おはようございますー…ってどうした乃々?そんな所に突っ立って」

輝子「お、おはよう…乃々、親友…フヒヒッ」

P「おはよう輝子。あれ、今日はそっちなんだな」

輝子「ら、来客中だからな…」

P「来客?また新たな住人でも増えたのか?」

紗南「お、おはよーPさん…」

P「…紗南?」

紗南「う、うん…紗南だよ?」
25 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:13:04.61
P「あ、いや、ちょっと意外だったから驚いた。どうしたんだ?」

紗南「な、なんとなくねっ!ほら、いつも乃々ちゃんや輝子さんがいるからどんな感じなのかなって気になって!」

P「狭いだけだろうに…とりあえず仕事したいから出てくれるか?」

紗南「…い、いーやぁー」

P「へ?」

乃々「森久保のアイデンティティがクライシスですけど…」
26 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:13:31.42
P「…まあ、良いか。狭いだろうが我慢してくれよ」

紗南(ち、近っ!?咄嗟に出るの拒んじゃったけど、これどうしたらいいのー!?)

P「あ、そうだ。紗南、今度の仕事についてだが…」

紗南「へっ!?う、うんっ」

紗南(Pさんは普通にお仕事してるし…あ、いつも輝子さんとかいるから慣れてるのか…むぅ…)

P「…ってな感じでよろしく頼む」

紗南「えっ、あ、うん!わかった!」
27 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:13:58.52
P「乃々、そろそろ出るけど準備良いか?」

乃々「良くないですけど…帰りたいですけど…」

P「良いみたいだな、行くぞ」

乃々「あぅ…いぢめですね…そうなんですね…」

P「輝子と紗南もレッスン遅れないようにな。じゃあ行ってくる」
28 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:14:25.68
輝子「ま、まかせろ…フヒッ」

紗南「乃々ちゃん、Pさん、行ってらっしゃい!」

P「ちゃんと歩け乃々」

乃々「むーりぃー…」

輝子「あ、相変わらずだな…」

紗南「だねー…ね、輝子さん」

輝子「な、なんだ…?」

紗南「また、お邪魔しても良い?」

輝子「もちろんだ…トモダチが増えるのは…嬉しいからな…フヒヒッ」

紗南「ありがと!」

紗南(皆がここに入りたがる理由、わかったかも…)
29 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:14:53.05
ーーー
ーー


紗南「Pさんの机の下、思ってた以上だったよ…」

紗南「乃々ちゃんにはちょっと悪いことしちゃったけど…今度は皆で出来るゲームでも持ってこう」

紗南「さ、続き続き!」
30 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:15:20.29
『委員会の手伝いしてたら遅くなったな…って、あれ奈緒子?』

『お、おう!ぐ、偶然だな!』

『偶然ってお前帰宅部だろ?なんでこんな時間まで残ってんだよ』

『べ、別にお前を待ってたとかじゃねーからな!?…補習!そう、補習だったんだよ!』

紗南「ついに来たねツンデレヒロイン…予想通り奈緒さんっぽい娘だ」
31 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:15:47.45
『いや、お前成績はそれなりに良いだろ…』

『~っ!?う、うるさいっ!なんでも良いだろ!』

『はいはい。んじゃ、帰るか』

『…おう』

『そうだ、どこか寄ってくか?待たせちゃったみたいだし奢るぞ』

『だから待ってねーってば!…クレープ食べたい』

『了解!それにしてもぱっと出てくるのがクレープとか可愛らしいとこあるのな』

『んなっ!?良いだろ好きなんだから!ばーかばーか!』

紗南「うんうん、奈緒さんは可愛いなぁ…って奈緒さんじゃないんだった、一応」

紗南「あ、キャラ紹介読まなきゃ…えーっと、なになに…」
32 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:16:15.07
【奈緒子】ツンデレ。可愛い。

紗南「短っ!?」

紗南「いやいや言いたいことは分かるけど!これ以上ないくらい伝わってきてるけど!!」

紗南「いくらなんでも短すぎるよっ!もうちょっと書くことあったでしょ!?」

紗南「…はぁはぁ、まさかこんなところで疲れさせられるなんて思わなかったよ」

紗南「でも確かに奈緒さんを一言で表すなら可愛いが最適かも… 」

紗南「ツンデレ…ツンデレかぁ…」

紗南「よーし…」
33 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:16:41.85
ーーー
ーー


P「戻りましたー…って紗南まだ残ってたのか?」

紗南「ぐ、偶然だねPさんっ!」

P「お、おう?この前も残ってたけど何か用事か?」

紗南「べ、別にPさんを待ってたとかじゃないんだからねっ!」

P「そ、そうか…」

紗南(あ、あれ何か失敗しちゃったかな!?)
34 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:17:08.96
P「さて、ぱぱっと報告書まとめちゃいますかねー」

紗南「…Pさんはまだお仕事?」

P「いや、これだけ上げたら終わりだからちょっと待っててくれ」

紗南「うん…って、だからPさんを待ってたわけじゃ…」

P「俺が紗南と帰りたいんだよ。ダメか?」

紗南「っ…ダメ、じゃない…そ、そこまで言うなら一緒に帰ってあげても良いんだからねっ!」

P「ん、ありがとな…よし、終わり!」

紗南(ツンデレってこれで合ってるのかな…良くわかんないよー!)
35 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:17:36.67
P「お待たせ、紗南。帰ろうか」

紗南「へっ、あっうん!」

P「腹減ったしなんか食って帰るかー。何か食べたいものあるか?」

紗南「…んー、ハンバーグ?」

P「お、良いね。ではいざ行かんー」

紗南「おー!えへへっ!」

紗南(上手く出来たかは分かんないけど、Pさんと一緒に帰れてご飯まで行けるなんてラッキーだね♪)
36 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:18:04.21
ーーー
ーー


紗南「ハンバーグおいしかったー♪」

紗南「Pさんともいっぱいお話出来たし楽しかったなぁ…えへへっ」

紗南「続きやりたいけど今日は少し遅くなっちゃったし…やめとこ」

紗南「明日もお仕事だし早く寝よっと…ふわぁー…」

紗南「おやすみなさい…」

紗南「zzz…」
37 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:18:32.15
ーーー
ーー


紗南「おはようございまーす」

P「おはよう、紗南」

紗南「Pさんおはよー」

P「…ふむ」

紗南「どうかした?」

P「いや、今日はいつもの紗南だなーって」

紗南「へ?」
38 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:18:59.96
P「ここ数日の紗南は色んなキャラで新鮮だったから今日も何かあるかなって思ってさ」

紗南「き、気付いてたの!?」

P「え?そりゃ気付いてたけど」

紗南「な、えっ…ぁっ!?」

紗南(うわーまさか気付かれてたなんてー!!なにこれヤバイ!すっごく恥ずかしいよー!!?)

P「俺だって伊達に紗南とタッグ組んできたわけじゃ無いからな。てっきり何かの練習かと」

紗南「あ、そ、そう!練習!練習なんだっ!」

紗南(ナイスPさんっ!)
39 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:19:31.93
P「やっぱりそうだったか。うん、どれも可愛かったぞ?」

紗南「うぇっ!?…ほ、ホント?」

P「ああ、勿論だ!この前のエヘ顔ダブルピースなんてこうして待受に…」

紗南「うわあああ!?それは消してって言ったじゃんもーー!!」

P「むーりぃー…っとそうだ」

紗南「むぅー…なに?」

P「紗南の色々な一面を見てイメージが沸いてきたから何件か練習でやってた事を活かせるような仕事を取ってきたぞ!」

紗南「え"っ!?」

紗南(Pさんに少しやっただけでもあんなに恥ずかしかったのに、お仕事であんなことしなくちゃいけないの!?)
40 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:19:59.37
P「どうした?」

紗南「えっ、あー…いや、うん…なんでもない…」

P「これまでの紗南のイメージとは少し違う感じだから難しいかもしれないが、紗南なら…いや、紗南と俺なら必ずやれる!」

P「なんたって俺と紗南のタッグは最強!だもんな」

紗南「っ!」

紗南(ズルいなぁ…そんな事言われたら、燃えてきちゃうじゃん!)
41 : ◆eh1jnX6H8U :2015/04/05(日) 14:20:30.01
紗南「トーゼンだよっ!難しければ難しいほどやりがいがあるっ!それがゲーマーの性ってもんだよ!!」

紗南(うん…どんなに難しくても、きっとPさんと一緒ならクリア出来る)

P「ああ!その意気だぞ、紗南!」

紗南(Pさんの攻略は…ハードモードかもだけど…それもいつか、必ず攻略してみせるから覚悟しててよねっPさん!)

紗南「任せといてっ!なんたって…」

紗南(そう、二人なら…Pさんと一緒ならクリアできない壁なんて、無い!!だって…)

紗南「あたしとPさんのタッグは最強!だからねっ!!」



おしり
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 14:21:11.16
相変わらずの紗南愛ですなw
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 14:37:33.99

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク