未央「は?」卯月「あ?」凛「ち、ちょっと…」

1 : ◆eh1jnX6H8U :2015/05/07(木) 07:00:24.41
未央「だから何回も言ってるでしょ!なんで分かんないの!?」

卯月「未央ちゃんこそ!どうしていつもいつも勝手なことばかり言うんですか!」

凛「ち、ちょっと二人とも喧嘩は…」

未央「しぶりんは黙ってて!これは私としまむーの二人で決着を付けなきゃいけないことなの!」

卯月「そうです!いくら凛ちゃんでもこれだけは譲れません!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430949624
2 : ◆eh1jnX6H8U :2015/05/07(木) 07:00:56.31
凛「わ、分かった…分かったからさ、二人ともまずは私から離れてくれない…?」

うづみお「それは無理(です)!!!!」

凛「だ、誰か助けて…」

未央「すぅ~~~…はぁ~~~~…」

凛「ひゃっ!?」

未央「あ~やっぱり最高だよ…しぶりんの腋の匂い(恍惚)」

凛「こら未央っ…このっ…ちょっともう!本当に恥ずかしいからこれ以上は…んっ…息が当たってくすぐった…っ!」
3 : ◆eh1jnX6H8U :2015/05/07(木) 07:01:55.71
未央「レッスン終わりの熟成された芳醇なしぶりんスメル…頭がクラクラしてふわふわして…最高だね!!」

凛「早くシャワー浴びさせてぇ…」

未央「恥ずかしがるしぶりんの反応も堪りませんなぁ…そしてこのしぶりんを最高に味わう事が出来る腋の匂いこそが至高のしぶりんなのだよしまむー!!」

卯月「むむ…た、確かに恥ずかしがる凛ちゃんも凛ちゃんの腋の匂いも魅力的です!…だけど!やっぱり凛ちゃんのうなじの匂いこそが究極なんです!」

凛「帰りたい…」
5 : ◆eh1jnX6H8U :2015/05/07(木) 07:02:39.67
卯月「普段は美しい黒髪のヴェールに隠された禁断の花園…そのヴェールの奥に待っているのは新しい世界!ああ、もう我慢できません!島村卯月頑張ります!!」

凛「頑張らなくて良いから…んっ、ゃ…卯月くすぐったいってば…もうっ!」

卯月「ん~~~~~~♪ふはぁ…えへへ、最高ですぅ(恍惚)」

卯月「ふわっと薫る凛ちゃんのお花のような、優しい、全てを包み込むような匂い…そこに汗と言うスパイスが加わることで生まれる背徳感…それはさながら天使と悪魔のせめぎあい…甘美なる二律背反…」
6 : ◆eh1jnX6H8U :2015/05/07(木) 07:03:42.81

凛「訳分かんないから…無理して難しい言葉使おうとしなくて良いのに…」

卯月「ん、んんっ!様するに凛ちゃんのうなじの匂いこそが究極の凛ちゃんスメルなんですっ!!」

未央「ぐぬぬ…やるねしまむー…こうなったらお互いに直接確かめるしか無いみたいだね…!」

卯月「…そう、ですね」

凛(今日の晩御飯なにかな…あ、湯豆腐食べたい…)
7 : ◆eh1jnX6H8U :2015/05/07(木) 07:04:11.03
未央「…しぶりんマエストロ、本田未央!」

卯月「…凛ちゃんソムリエ、島村卯月!」

未央「いざ」

卯月「尋常に」

うづみお「勝負ッッッ!!!!」

うづみお「Cast a smell on me!!!!」
8 : ◆eh1jnX6H8U :2015/05/07(木) 07:06:45.43
凛「…ひゃっ!?やっ、ちょ…二人ともやめっ…んっ、ふぅっ…!ゃ、ぁっ…んっ!?」

未央「う、うわあああああ!?!?」

卯月「ふわぁぁぁぁ~~…はっ!?!?」

未央「な、なにこれ凄い…っ!!しぶりんの髪から薫る全てを包み込むような甘美な匂い…その甘美な匂いに誘われて奥へ奥へと進むと現れる火照ったうなじから薫る汗…!!一見反発しあいお互いを掻き消してしまうかの様に思える…しかしっ!これはどう言うことだ!!完全に、完全に調和しているッッ!!甘い馨りに誘われて扉を開いたが最期…こんなの、こんなの戻れなくなっちゃうよぉ…!!」

卯月「お、思わずトリップしちゃってました…!!私、こんな…っ、こんなの初めてです…っ!激しいレッスンの後でクラクラするほどの汗の匂い!それをより濃密に感じることが出来るのが…腋っ!!蒸れて濃縮された汗の匂いに凛ちゃんのフェロモンがより一層脳に直接響くほど感じられる…!!こ、こんな、こんな淫靡な世界があったなんて…ッ!!」
9 : ◆eh1jnX6H8U :2015/05/07(木) 07:09:55.29
凛「二人ともほんとに…っ、や、やめ…ぁんっ!?ふぁ、ひゃぅっ…!も、もうやだぁ…」

P「3人ともレッスンお疲れー…って、え、なにこの状況は(困惑)」

凛「あっ…!ぷ、プロデューサー助けてっ…!!」

未央「はぁん、しゅごいぃ…しぶりんのうなじムツボシ☆☆☆☆☆★だよぉ…」

卯月「んっ、ふぅ…あぁ、こんなのもうやめられませんっ…凛ちゃんの腋s(mell)ing!!がやめられないです~…ふぁぁ…」
10 : ◆eh1jnX6H8U :2015/05/07(木) 07:10:26.33
凛「うぅ、やだぁ…助けてぇ…」

P「こら2人とも!!」

凛「ぷ、ぷろでゅーさぁ…」

P「至極の凛スメルは足の親指と人差し指の間の匂いだって言っただろ!!!!」

凛「えっ」

未央「いいや、やっぱり腋だよ!!!!」

凛「…」

卯月「うなじですっ!!!!」

凛「……」

P「お?やるか?戦争するか?お?」

凛「………」



凛「辞めよう、この事務所」


おしり
11 : ◆eh1jnX6H8U :2015/05/07(木) 07:11:00.92
いつも嗅ぐ側だし、多少はね?

そんな事より1日素足ブーツで蒸れ蒸れになった楓さんの足の匂い嗅ぎたいです!!!!

依頼出してきます!!!!
しゃっす!!!!
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/07(木) 07:15:31.97
乙です。
てかいつ嗅いだプロデューサー

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク