デク「うららかっちゃん!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 01:25:06 ID:NdEOiys6
デク「あ、麗日さんおはよう」

お茶子(勝己)「クソナードが」チッ

デク「」

デク「あの……かっちゃんさん、ですよね……?」

お茶子(勝己)「見りゃ分かんだろ」スタスタ

デク(なんてこった……)
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 01:27:09 ID:NdEOiys6
上鳴「麗日ちーっす!」

お茶子(勝己)「黙れアホ面」

上鳴「」

梅雨「爆豪ちゃんと何らかの理由で体が入れ替わったのね」

梅雨「理由はおそらく作者がタイトルを思いついてしまったからという……」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 01:33:03 ID:NdEOiys6
お茶子(勝己)(なんで俺が丸顔になってんだ腹立つ)ドカッ

飯田「麗日くん!? 君が机に足を乗せるとは!」

お茶子(勝己)「うっせー端役が」

飯田「ああ爆豪くんか」ナットク

飯田「しかし行儀が悪いぞ! ルールは守るべきだ」

お茶子(勝己)「うっせえなあ……」イライラ
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 01:37:55 ID:NdEOiys6
峰田「そうだぜ! あとちょっとでパンツが見えちまう……!!」ジーッ

上鳴「落ち着けよ! 中身爆豪だぞ!?」

お茶子(勝己)「パンツがどうかしたのか」ピラッ

上鳴「あ、ありがたみもクソもねえ……」

お茶子(勝己)「誰がクソまみれパンツだ!! 洗うわ!!」

上鳴「どう解釈してんだよ!?」

峰田「ヒーロー科最高」グッ
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 01:40:11 ID:NdEOiys6
飯田「……」

飯田「う、麗日くん! 校内でそんなふしだらな格好をするべきではないぞ!!」

切島「なんで一瞬固まったんだ?」

上鳴「麗日じゃねーし爆豪だし」

梅雨「緑谷ちゃんがいなくてよかったわ」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 01:56:29 ID:NdEOiys6
お茶子(勝己)『クソナードが』

クソナードが……

クソナードが……

デク(駄目だ……中身かっちゃんだと分かっててもダメージが強すぎる……)

勝己(お茶子)「デクくん! 今にも死にそうだよ!?」

デク「うららかっちゃんさん……」

勝己(お茶子)「保健室行こっか?」

デク(僕の知ってるかっちゃんじゃない……!!)

デク「いや、大丈夫……」フラフラ

勝己(お茶子)「そうなん? お大事にね」

デク(今まで殴られたどんな時より怖い!!)ガクブル
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 01:58:08 ID:NdEOiys6
勝己(お茶子)「そういや爆豪くんの体になってしもた。どないしよ」

デク「とりあえず死ねカスとか言って殴りかかってくるのはどうかな……?」

勝己(お茶子)「どうしたの!? 気持ち悪いよ!!」

デク「うん、コレだコレ……」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 02:04:18 ID:NdEOiys6
上鳴「麗日ちーっす!」

勝己(お茶子)「おはよう!」ウララカ

上鳴「ぶっwwwwwうららかっちゃんさんマジうららかwwww」

お茶子(勝己)「殺す!!!」

勝己(お茶子)「私の顔こわっ!!」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 02:10:50 ID:NdEOiys6
お茶子(勝己)「おい麗日! 俺の体返せ!!」

勝己(お茶子)「そんなん言われても方法が分かれへんよ」

飯田「強い衝撃を与えるというのはどうだ?」

デク「だめだよ! 今日のかっちゃん爆発的に機嫌悪いし、下手したら麗日さんが……」

デク「あれ? でもこの場合ミンチになるのはかっちゃんの方なのかな?」

瀬呂「まだミンチって決まってねーよ……こえーよ……」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 02:17:11 ID:NdEOiys6
切島「サポート科のやつに頼むとかどうだ?」

デク「そうだ! 発目さんなら……」


発目「人格を入れ替える装置ですか? そんな危険なもの作れませんよ!」

デク「そりゃそうだよね」

上鳴「そんな危ねえスイッチがあってたまるかよ」

轟「スイッチとは一言も言ってねえけどな」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 02:25:36 ID:NdEOiys6
デク「こうなったら奥の手を使うしか……」


???「おいクソ煮込みうどんwwwスタッフ~wwww」

お茶子(勝己)「はぁ!? 誰だテメェ!!」

お茶子(勝己)「」

心操「これでいいか?」

瀬呂「なんつう雑な煽りだよ」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 02:30:33 ID:NdEOiys6
デク「うん、あとは元の体に戻るよう命令すれば……」

デク「……」

デク「だめだ、やっぱりこんなこと頼めないよ……!」

心操「緑谷……」

デク「ごめん、僕は友達を利用するようなことを……」

心操「別に。友達の頼みくらい聞いてやるよ、ヒマだし」

デク「心操くん……!!」

切島「泣かせるじゃねえか……!!」グッ


お茶子(勝己)「」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 02:48:44 ID:NdEOiys6
耳郎「いやなんか感動っぽい流れになってるけど、何も進展してなくない?」

上鳴「そういやそうだ、こいつどうやって元に戻すんだよ!」

相澤「こういうのは明日には治ってるから心配すんな」

一同「先生!?」

お茶子(勝己)「ん……? てめえら俺に何しやがった!!」

飯田「いつから事情を知っていたのですか?」

相澤「いや見りゃ分かんだろ……」

相澤「とりあえず今日一日はこのまま過ごせ」

相澤「他人の個性を使うなんざ不合理極まりねえことはなるべくすんなよ」スタスタ

切島「確かにあんま無理させんのは良くねーかもな」

勝己(お茶子)(爆豪くんの体けっこう楽しいかも)BOOM
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 02:57:23 ID:NdEOiys6
キーンコーンカーンコーン

相澤「予鈴鳴ったぞ。席つけー」

勝己(お茶子)「なんか新鮮な景色やね」

デク(そうか……今日前の席にいるのはかっちゃんじゃなくて麗日さんなんだ……)

勝己(お茶子)「あれ? デクくん髪にゴミついてる」ヒョイッ

デク「ヒイッ!?」ビクッ

勝己(お茶子)「どうしたの!?」

デク「ご、ごめん……かっちゃんが僕に右手を伸ばすのは大抵殴ってくる時だから……」

デク(中身は麗日さんなのに、ビビっちゃうのもう癖だコレ……)

勝己(お茶子)「いろいろ大変だったんやね」

お茶子(勝己)(うっぜええええええ)イライラ
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 03:03:44 ID:NdEOiys6
お茶子(勝己)「おい麗日! 俺の顔でデクと慣れ合うんじゃねえ気持ち悪ぃ!!」

勝己(お茶子)「えっ!? ごめん爆豪くん!」

峰田「やけにイラついてんな。生」

八百万「下品なのでカットさせていただきますわ」

上鳴「でも麗日の顔で何言われても怖くねえよな。可愛げすらあるわw」

お茶子(勝己)「死ぬまで浮かすぞアホ面」

上鳴「すいませんでした」

相澤(こいつら順応早えな……緑谷除く)
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 18:10:43 ID:NdEOiys6
―休み時間―

芦戸「爆豪ー! じゃなくて麗日ー! 手どうなってるか見せてよ!」

葉隠「あ! それ私も気になってた!」

芦戸「いつもじゃ絶対触らせてくれないもんねー」

勝己(お茶子)「ええよー」

芦戸「うわ凄い! 手の皮ブ厚いよ!」ニギニギ

葉隠「でもお手入れが大変そうだねー」

勝己(お茶子)「冬とかすごい乾燥しそうやね」

デク(かっちゃんが女子トークしてる……! 信じられない光景だ、さすが雄英……!!)
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 18:28:09 ID:NdEOiys6
峰田「爆豪が女子に囲まれてる……!! 羨ましい!」

上鳴「へー、うららかっちゃんさんは手の皮分厚いんすかww」

切島「つーかお前なんで手袋してんだ」

お茶子(勝己)「いちいち浮かすからめんどくせえんだよ」

瀬呂「ホントみみっちいなおめー」

お茶子(勝己)「うるせえ」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 18:39:51 ID:NdEOiys6
お茶子(勝己)「それよりこいつの手の肉球みたいなのはなんだ」

飯田「彼女の個性は、肉球部分で対象に触れることにより発動する仕組みだ」

お茶子(勝己)「そういうことか。じゃあ指先で触らなきゃいいんだな」

上鳴「え? 麗日って肉球あんの? ちょい触らしてみ!」

耳郎「あんたそれセクハラじゃないの?」

上鳴「いいだろ中身爆豪なんだから」

瀬呂「お前そこやたらこだわるよな」

峰田「つまり中身が男ならセクハラしてもいいってことか!?」

上鳴「いや中身が男ならそもそもセクハラにならねえだろ」

飯田「しかしこの場合体は女性の訳だから……」

峰田「まずセクハラの概念から考え直す必要があるな」

梅雨「あなたみたいな存在のことを言うのよ」ペシッ


お茶子(勝己)(肉球やわらけぇ……)プニプニ
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 18:56:08 ID:NdEOiys6
―昼休み―

芦戸「麗日ー! じゃなくて爆豪ー! お昼いっしょに食べよー?」

お茶子(勝己)「は? 何でてめーらと」

葉隠「面白そうだから!」ワクワク

梅雨「直球ね、葉隠ちゃん」

お茶子(勝己)「けっ」スタスタ

瀬呂「何だよおめー、せっかく女子が誘ってくれてんのに」

上鳴「そうだぜ、普段だって切島が声かけてくれなかったらぼっち確だろ」

お茶子(勝己)「ぼっちじゃねえよ!!! なめんな!!!!」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 19:05:34 ID:NdEOiys6
常闇「孤独とは自らに寄り添う影のようなものだ。恐れることはない」

轟「一人でも堂々としてりゃいいだろ」

瀬呂「お前らはぼっちつーより一匹狼って感じだな」

青山「ちなみに僕は……何だと思う!?」

切島「毎回なんやかんやで乗ってくれるけどよ、もしかして嫌だったか?」

上鳴「ほら見ろ気ぃ使わせちゃってんじゃねえか」

お茶子(勝己)「ぐぬぬ」

青山「それは……秘密さ!!」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 19:20:21 ID:NdEOiys6
勝己(お茶子)「……」モグモグ

デク(慣れないなあ……)

飯田「どうした麗日くん、食欲がないのか?」

勝己(お茶子)「うーん、何が足りないんやろ?」

デク(ん? もしかして……)

デク「僕の明太子食べてみる?」スッ

勝己(お茶子)「ええの? ありがとー」パクッ

勝己(お茶子)「これや! お米がうまい!!」モグモグ

デク「かっちゃんは辛いものが好きなんだ」

飯田「味覚は元の人格が反映されるというわけか」ナルホド
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 19:39:09 ID:NdEOiys6
デク(あ……)

デク(女子と間接キスしてしまった!!)※してない

デク(いや、してない! してないはず……)

デク(待てよ……)

デク(僕はさっき口をつけた箸で明太子をつまんだ)

デク(その時点で明太子には僕の残滓のようなものが付着したはずだ……)

デク(残滓って何だ気持ち悪い……でも間接キスというのはつまりはその残滓のやり取りなわけで……)

デク(それを麗日さんが自分の箸でつまんだということは間接の間接……)

デク(ああ……いや……考えすぎか?……でも……)
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 19:40:22 ID:NdEOiys6
デク(そもそも相手はかっちゃんじゃないか……そして麗日さんでもある)

デク(だいいちかっちゃんって何なんだ? 麗日さんとは何だ?)

デク(僕は……誰なんだ?)

デク(麗日さんあなたは誰ですか?)

デク(かっちゃんお前は誰ですか?)

デク(緑谷出久!! 貴様は誰なんだ!?)

デク(誰なんだあああああああああああああ!!!!!!!!)
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 19:48:55 ID:NdEOiys6
お茶子(勝己)「くそっ……箸が持ちづれぇ」

芦戸「あーんしたげよっか?」

お茶子(勝己)「いらねえよ!」パクッ

お茶子(勝己)「あ……」

梅雨「どうしたの、爆豪ちゃんin麗日ちゃん」

お茶子(勝己)「米が……うまい……」

芦戸「なにそれ! かわいーい!!」

葉隠「面白いなー爆豪くん!」

お茶子(勝己)「うるせえ!! 浮かすぞ!!」


上鳴「こっから更に俺と爆豪が入れ替わる展開とかねえかな?」

峰田「俺は八百万がいい」


八百万「今、寒気がしましたわ……」ブルッ

耳郎「麗日が入れ替わったの、爆豪でよかったかもね」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 20:55:52 ID:NdEOiys6
勝己(お茶子)「デクくん! 飯田くん! 連れションしようぜ!」

デク「ブーッwwwww」

飯田「やけに吹っ切れたな」

勝己(お茶子)「せっかくだから楽しもうと思って」テヘ

飯田「何事も前向きに取り組むのは良いことだ」ウンウン

デク「いや、でも倫理的にあれだよね……ん?」

デク(かっちゃんの方はどうなってるんだ? まさか……!!)ダッ

飯田「緑谷くん! 廊下は走るな!」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 21:02:23 ID:NdEOiys6
峰田「上鳴よ……俺は大変なことに気が付いちまったぜ」

上鳴「なんだと? 言ってみろ」

峰田「爆豪のやつ、麗日の体でトイレ行ったり風呂入ったりするわけだよな……」

上鳴「今さらわかりきったことを……続けろ」

峰田「いいなあ……」

上鳴「……」

峰田「それだけだ」

上鳴「あァ……そうだな……」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 21:08:05 ID:NdEOiys6
切島「でも当の爆豪は嫌がってるみてーだけどな!」

上鳴「そもそもあいつって性欲とかあんのか?」

峰田「はああ!? ねー奴がいるとでも思ってんのかよ!!」

瀬呂「いやおめーが異常すぎんだよ!」

切島「確かにあいつぶっ殺すことしか興味ねーっぽいしな!」

瀬呂「それじゃただのヤベー奴みてーじゃねえか」

峰田「くっそ……もったいねーことしやがる」ギリッ
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 21:26:36 ID:NdEOiys6
切島「でもそれ言ったら飯田とかどうなるんだ?」

上鳴「あいつはムッツリだろ」

峰田「ムッツリだな」

瀬呂「ムッツリだ」

切島「お、おう」

峰田「緑谷とか童貞丸出しのくせに麗日と仲良いよな」

上鳴「尾白も葉隠となんかいい雰囲気っぽいしなー、地味顔のくせにやりおる」

切島「甲田と砂藤はまだキャラがよく分かんねえよな」

峰田「騎馬戦のとき裸の葉隠が上に乗ってたんだぞ!! スケベが!!」

瀬呂「青山に至っては原作者すら分かってないらしいからな」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 21:29:42 ID:NdEOiys6
上鳴「常闇とか障子とかクールぶってるやつらはどうだ?」

峰田「あいつら人間やめてっからなー、どうやって繁殖すんだろうな」

切島「生々しい話題やめようぜ……」

瀬呂「クールぶってるといや、轟は?」

上鳴「まああいつマザコンだしな」

轟「左使ってそうじゃねえことを証明してやろうか?」ヌッ

上鳴「すいませんでした」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 21:36:27 ID:NdEOiys6
デク「か、かっちゃん!!!」

お茶子(勝己)「あ?」

デク(当然のように男子トイレに……!!)

デク「は、早まっちゃダメだ!!」

お茶子(勝己)「んだよ、出てけよ」

デク(このままじゃ麗日さんの何か……尊厳的なものが奪われてしまう!!)

お茶子(勝己)「じろじろ見てんじゃねえよドスケベ野郎が」ズルッ

デク「うわああああああああああああ!!!」

デク(う、麗日さんのパ、パ、パン……)ドキドキ

デク(いや違う!!! これはかっちゃんのパンツだ!!! 落ち着け!!)

デク(……よし、落ち着いた)フゥ
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 21:49:03 ID:NdEOiys6
デク「き、君が出ていくまで僕も出て行かないぞ!!」

お茶子(勝己)「邪魔すんな! 浮かすぞ!」

デク(うかつに触ったら大気圏外まで吹っ飛ばされそうだ……)

デク(でも麗日さんの体に向けてスマッシュをぶち込むわけにはいかない……)

デク(いやかっちゃんに向けてもダメだけど……)

デク(どうする……?)

お茶子(勝己)「ふっ飛べ!」ダッ

デク(一か八か……やってやる!)

ガシッ

お茶子(勝己)「!?」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 21:55:00 ID:NdEOiys6
デク「両手は塞いだ……麗日さんの力じゃ僕でも抑え込むことは不可能じゃない……!!」

お茶子(勝己)「くっそ……離しやがれ……!!」ジタバタ

デク「あ、あんまり暴れないで……」

ポフッ

デク「!!?」

デク「ご、ごめん……胸が顔に当たっちゃった……」カァァ

お茶子(勝己)「俺に謝るんじゃねえ!! キメエな!!」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 21:55:56 ID:NdEOiys6
デク(……あれ? でも今の感触は)

デク「あのー、その……下着の類は」

お茶子(勝己)「つけてるわけねえだろ」

デク「ブーッwwwww」ドサァ

お茶子(勝己)「勝手に吹っ飛びやがった……」

デク(なんでだ……かっちゃん……)

デク(なんで……スカートとパンツは普通に着用しているんだ……!!)

デク(いや、もう考えるのはよそう……すべては終わったことだ……)
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 22:06:40 ID:NdEOiys6
デク「……」パチ

オールマイト「緑谷少年! 気が付いたか!」

飯田「急に鼻血を吹いて倒れたというから心配したぞ」

デク「うーん……僕は……」キョロキョロ

お茶子「デクくん、大丈夫?」

デク「かっちゃん!? 何でここに!?」

お茶子「かっちゃん?」

デク「あ……もしかして、麗日さん?」

飯田「混乱しているようだな」

オールマイト「あんなことがあっては無理もないな」

オールマイト「しかしこの学園は基本何でもアリだから、いい経験になっただろう!」HAHAHA
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 22:14:48 ID:NdEOiys6
お茶子「大変だったね。でも無事でよかった!」

デク(いつもの麗日さんだ……)

デク(じゃあ二人が入れ替わってたのは……夢?)

デク(まあ確かに、人格が入れ替わるなんていくらなんでも……)

デク(ん?)

デク(じゃあ僕はなんで鼻血を吹いて倒れたんだ?)
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 22:25:13 ID:NdEOiys6
切島「俺らも緑谷のお見舞い行こうぜ!」

梅雨「あまり大勢で押しかけないほうがいいと思うわ。理由が理由だし……」

上鳴「確かトイレで鼻血吹いてぶっ倒れたんだっけ?」

轟「指折っても平気な奴が鼻血で丸一日寝込むのかよ」

峰田「ただのラッキースケベじゃねえか」

瀬呂「いやラッキーって言えるのかそれ?」

八百万「あまりのショックに一日分の記憶が消えたそうですわ」

梅雨「思い出したくない記憶を封印したのね」
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/08(金) 22:38:24 ID:NdEOiys6
耳郎「麗日のほうも災難だよね……二日連続で男子と体が入れ替わるとか」

峰田「んじゃ次はオイラが八百万と!」

上鳴「いーや俺が俺が!」

尾白(これいつまで続くんだろう……葉隠さんと入れ替わったら色々やばそうだ……)

勝己(青山)「ムッシュ爆豪、そろそろ僕の体を返してくれないかな?」

勝己(青山)「君の体では僕の溢れ出るきらめきを抑えられないよ☆」

瀬呂「wwwwwお前もう喋んなwwwww」

青山(勝己)「クソ下痢野郎!! 殺す!!!!」



おしまい
THE DEOCHI
タイトル思いついた瞬間生まれて初めて自分は天才だと思いました。語感的な意味で。
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/09(土) 18:48:27 ID:6RCG7gCI
乙! 和気藹々としてんのは楽しかったわwwww

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

wwwwwww下品wwwwオモロww


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク