八幡「由比ヶ浜…」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/17(日) 13:11:37.21

雪乃「それで?どうなのかしら?」

八幡「なにがだ?急にどうなのかしらと言われてもわからん」

雪乃「全く…由比ヶ浜さんのことよ、わかっているでしょ?」


八幡「今日来るの遅いな」

雪乃「さっきメールがあって、今日は来ないみたいね」

八幡「ふーん、そうか」

雪乃「気にしてない振りがへたくそね」


八幡「…」

雪乃「振られたんだから、仕方ないでしょう?」

八幡「異議あり、まず告白してないから振られてません」

雪乃「そんなことはどうでもいいのよ、ウザタニ君」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460866297
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/17(日) 13:15:26.43
雪乃「あなたは由比ヶ浜を好きだった…でも彼女には別の恋人ができた」

雪乃「これは事実でしょ?」

八幡「…」


雪乃「無言は肯定と受け取るわよ」

八幡「勝手に受け取んなよ、おい」

雪乃「この事実は変わらないのに…あなたも拘るわね、本当に」

八幡「…別にこだわってないし…」

雪乃「嘘をつきなさい」


八幡「……」

雪乃「女の子なんて他にもいると思うけれど」

八幡「なんか言ったか?」

雪乃「いいえ…なんでもないわ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/17(日) 13:19:24.79
雪乃「それにしても…そんなに由比ヶ浜さんがいいの?」

八幡「なんだよ…俺が由比ヶ浜のこと好きみたいに話すな」


雪乃「やはり身体かしら?まったく…あなたも他の男と同じで俗物なのね」

八幡「俺を俗物と一緒にすんなよ…まあ、確かに魅力的だけど」

雪乃「なにか言ったかしら?」

八幡「いや、なんでも」


雪乃「他にあなたと付き合ってもいいっていう子はいるでしょう?」

八幡「いねぇよ、そんなの」

雪乃「そうかしら?例えば…」

八幡「…それに由比ヶ浜じゃないと、意味ない」


雪乃「…本音が出たわね」

八幡「……」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/17(日) 13:26:39.12
次の日 生徒会室


いろは「なんか驚きですよね」

八幡「こうやって、お前と食べてることがか?」


いろは「それもそうですけど、それは慣れましたよ」

八幡「ふ~ん」

いろは「まだ他のメンバーの人が変な顔しますけど」

八幡「やっぱ俺といるからか?」

いろは「彼氏?って聞かれます」

八幡「…」

いろは「そうですよ~って言ってます」

八幡「…おい」

いろは「知ってます?2年の教室だと先輩ちょっとした有名人ですよ?」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/17(日) 13:30:53.00
八幡「2年?なんでだ?」


いろは「学年のアイドル、いろはすの彼氏!っていう話で」

いろは「あんな冴えない上級生が!って」


八幡「なんだよ、その感情のこもった演技は…あとなんてこと広めてるんだ…」

八幡「あと学年のアイドルとか自分で言うな」

いろは「だって本当ですし~」


八幡「それと付き合ってないだろ、俺達」

いろは「知ってます?こういうのなんちゃら効果って言うんですよ?」

八幡「もうなにも言えてないよね」

いろは「周りから埋めて行くみたいな?」


八幡「使い方間違ってるからなそれ」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/17(日) 13:34:56.90
いろは「意外ですよね、結衣先輩」

八幡「まあな…」


いろは「まさか男の人と付き合うとは思わなかったです、しかも3年になって」

八幡「あいつ可愛いしな、付き合う男はたくさんいるだろ」

いろは「先輩…いろはも可愛いけどっていう言葉が抜けてますよ?」

八幡「なんでそんな当然みたいに言われてんの?」

いろは「いっつも言ってるじゃないですか」

八幡「いや、言ってないからね?誤解招くからやめてね」


いろは「先輩、そんなに結衣先輩が好きなんですか?忘れられないんですか?」

八幡「なんだよ…お前まで」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/17(日) 13:39:31.01
いろは「…」


八幡「…お前には関係ないだろ」

いろは「関係ありますよ」

八幡「一色?」

いろは「先輩のこと尊敬してますし…あんまり傷ついてほしくないです」

八幡「…お前」

いろは「先輩って失恋のメンタルは凄い弱そうですもん」

八幡「……なんか見抜かれてるような」


いろは「どんな人か知ってます?相手の人」

八幡「ここの学校じゃないだろ?」

いろは「大学1年だから年上ですね、たしか」

八幡「よく知ってるな」

いろは「前に一回会いましたから」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/18(月) 11:51:29.58
八幡「どんな奴?」

いろは「気になります?」


八幡「少しだけな、少しだけだからな」

いろは「うわ…めちゃくちゃ気にしてるし」

八幡「とにかく教えてくれよ」

いろは「先輩よりイケメンでした、以上」

八幡「なにそれ?そんだけ?」

いろは「特に話したわけでもないですし、偶然二人に会っただけですし」

いろは「その時に軽くおじぎしたくらいで」

いろは「でも…仲良さそうでしたよ」

八幡「……そうか」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/18(月) 11:56:22.75
いろは「背は高い方かな?二人で手をつないで~歩いてましたよ」

八幡「普通に想像できるな」

いろは「そうですね、普通に楽しそうでしたし」

八幡「はあ…駄目だな俺は」


いろは「なにがですか?」

八幡「自分の不甲斐なさに嫌気がさしてくる…」

いろは「どういうことです?」


八幡「…彼氏と楽しくしてる由比ヶ浜を祝福してやれない」

いろは「ああ…そういうことですか」


八幡「認めたくはないけどな…」

いろは「やっぱり大好きだったんですね、結衣先輩のこと」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/18(月) 12:00:29.36
八幡「……」


いろは「でも、先輩の態度って普通のことだと思いますよ」

八幡「そうか?変じゃないか?」

いろは「自分の好きな人が、他の人と付き合うのって…やっぱり辛いですもん」


八幡「お前もそういう経験してんのか?」

いろは「わたしの場合は…ほら意中の人に思いっきり振られましたし」

八幡「ああ、そんなことあったな」

いろは「しかも2回も」

八幡「ん?2回?」


いろは「まあ、もう一つは不戦敗と言うかなんというか」

八幡「はあ…?」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/18(月) 12:09:35.50
いろは「とにかく元気出してくださいよ、今度デートしてあげましょうか?先輩のおごりで」

八幡「なにその上から目線…」

いろは「わたしとデートなんて、すごく貴重なことですよ?」

八幡「かもしれんが…」

いろは「とにかく、元気出してくださいね」

八幡「…わかってる」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


三浦「でも驚いたし、結衣が彼氏とか」

海老名「うん、確かに驚いた」

戸部「あんれ?何気にここのメンバーで一番先じゃね?」


結衣「あれ?そういえばそうだっけ?」

三浦「なにその余裕の言葉、むかつく~っ」

結衣「優美子…暑いよ~」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/20(水) 11:12:07.29
戸部「でもヒキタニくん…あ、いやなんでもね」

三浦「戸部…」


戸部「いや、本当になんでもないべ?」

三浦「ったく…」

戸部「優美子…怖すぎるわそれ」


結衣「どうしたの、優美子?」

三浦「なんでもないって、それよりどんな奴なん?年上っしょ?」


結衣「うん…いい人かな?向こうもあんまり彼女とか作ったことないって言ってた」

三浦「ていうことは初心者同士か」

結衣「まあそうなるのかな?ゆっくりやっていく予定だよ」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/20(水) 11:16:55.43
海老名「どういう経緯で付き合ったの?いきなり彼氏とかさすがにビックリだよ」


結衣「えっと…それは…」


ガラガラ

八幡「…」

結衣「あ、ヒッキー…」

三浦「ヒキオはいいから答えてよ」

結衣「あ…えっとね」


海老名「ヒキタニ君関係してるんじゃない?」

三浦「ええっ?マジで結衣?」

結衣「……」



八幡(なんか由比ヶ浜達がこっち見てるような…いやまさかな)

八幡(さてと、寝たふり寝たふり)
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/20(水) 11:24:01.90
三浦「あいつ寝たふり始めたし…」

結衣「あははは、ほんとだ」

三浦「ていうかあいつって、あの子と付き合ってんでしょ?生徒会長と」

結衣「ええ?いろはちゃんと?」


戸部「え、え、?マジで?いろはす~?」

三浦「2年の子も言ってたし」

戸部「うわ~やべ~わ~、ヒキタニくん手が早いわ~」

海老名「へぇ、ヒキタニ君もやるね」


結衣「そ、そうなんだ…いろはちゃんと…」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/20(水) 14:37:42.89
結衣「ヒッキー…あたしのこと…気にかけてくれてると思ったのに…嘘…」

三浦「結衣…?変なの」

結衣「……」


海老名「んん?これは?」


-----------------------------------


放課後  ガラ


いろは「せんぱいっ!部活行きましょうっ」

八幡「…びっくりするから、教室に来るな…」

いろは「まあまあ、ほら早く奉仕部へ行きましょう」

八幡「なんでお前そんな乗り気なの?部員じゃないのに」

いろは「またまた~照れ屋さんですね、先輩は」

八幡「つんつんするな、あざとい」

いろは「あざとくないですからっ」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/21(木) 09:46:36.70
いろは「とにかく行きますよっ!」グイグイ

八幡「おい…引っ張るなよ、目立つし…」

いろは「もう2年の間では有名なんですから、観念してください」

八幡「お前が勝手に広めたんだろ…」



三浦「なにあれ?」

結衣「ヒッキー…」


三浦「ヒキオの奴、案外やるし。恋愛も普通にやってるとか」

戸部「ヒキタニくんのこと甘く見てたわ、もっと奥手だと思ってた」

海老名「ヒキタニ君か…ちょっと残念かな~」

戸部「えっ?今なんて海老名さん?」

三浦「これは戸部が一番彼女できなさそうだし」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/21(木) 09:55:03.57
戸部「優美子…俺、どうすりゃいいんだろ?」

三浦「あーしに聞くな」

戸部「やっぱナンパしかないかな?」

三浦「失敗する確率の方が高い、隼人と一緒にやったら?」

戸部「ああ~その手があったわ、よ~し誘ってみよっと」

三浦「本気にすんなし、隼人をそんなことに使うな」


戸部「隼人くん~~~ヘルプミ~~」


--------------------------------------

奉仕部


雪乃「…どういうことかしら?」

八幡「お前こそどういうことだよ?」

雪乃「先に質問してるのはこっちよ?」

いろは「そんなに変ですか?わたし、奉仕部には来てたと思いますけど」

雪乃「それはいいのよ…なんで一緒に来ているの…?」

八幡「こいつが勝手に引っ張ってきたんだよ」

いろは「勝手にってなんですか、嬉しいくせに~~」

八幡「あざといあざとい」

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/21(木) 09:59:56.01
葉山「しかし、さらに仲がよくなったな。お昼は二人で食べてるんだろ?」

八幡「知ってるのかよ」

葉山「俺は顔が広いからね」


八幡「嫌味な奴」

いろは「そうなんですよ、結衣先輩に振られたことを慰めてあげたら…」

いろは「こう…誰もいないのをいいことに…ガッと」


雪乃「なんですっけ?備品谷くん…今のはどういうことかしら?」

八幡「備品谷くんってなんだよ…一色の言葉を真に受けんな」

雪乃「…唯の備品で臆病者のあなたにそんなことできるはずもないわね」

八幡「…襲うぞ」

雪乃「あら?やってみれば?」

八幡「…」

雪乃「…」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/21(木) 10:07:29.30
いろは「うわ、一触即発…」

葉山「いろは、あの噂は本当なのかい?」ボソボソ

いろは「あれですか?さすが葉山先輩、よく知ってますね」ボソボソ

葉山「それでどうなんだい?」


いろは「まずは外からなんですけど…なかなか先輩の心が結衣先輩から離れなくて」

いろは「今度デートするんですけど…そこで攻勢に出ようかなって」

葉山「お互い大変だな」

いろは「あれ?葉山先輩は雪ノ下先輩狙いなんですか?」


八幡「なにボソボソ話してんの?お前ら」


雪乃「感心しないわね」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/21(木) 10:13:57.06
葉山「あ、いや…今度飲み会でもしようかって話をね」

八幡「はあ?飲み会?」

いろは「そうですよ~でも、未成年なんでタイトスカートでも履いて…」


雪乃「意味がわからないわ」

八幡「ところで…なんでここに葉山がいんの?」


葉山「気になるかい?比企谷」

八幡「む…」


雪乃「……」

いろは「わたしも驚きましたよ、もしかしてもしかするんですか?」

八幡「もしかって…」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/21(木) 10:58:18.87
雪乃「なにか勘違いしてるようだけれど…なにもないわよ」

八幡「いや、別にそんなことはいいんだけど」

雪乃「比企谷くんはいいの?」


八幡「…」

雪乃「あなたには一色さんがいるものね」

八幡「おいおい、なんのことだよ?」

いろは「そうですね、先輩にはわたしがいますもんねっ」


八幡「なんのことだよ…」

雪乃「いつまでも、由比ヶ浜さんに拘っても仕方ないと思うわよ」

八幡「結局、言いたいことはそれかよ…」

雪乃「あなたのことを、これでも心配してるのよ」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/21(木) 11:41:01.95
葉山「俺から言いたいことをあげると」

八幡「誰も聞いてないからな?なんでここにいんの?」

葉山「雪乃ちゃんに用事があっただけだよ」


八幡「…雪乃ちゃん?」

雪乃「いきなり気持ち悪い言い方しないで」


葉山「悪い…つい」

いろは「攻めますね、葉山先輩」


葉山「比企谷、とにかく君を心配してくれてる人は多いってことだよ」

葉山「これも君がこの1年間、奉仕部で頑張ってきた成果じゃないか?」

八幡「……」

葉山「彼氏のできてしまった結衣を考えるのもいいが…ほかにすることがあるだろ?」

八幡「なんで俺は説教されてんだろ…」

葉山「説教じゃないさ」

八幡「なんかお前は下心あるだろ」

葉山「俺は無償で人を助けるなんていう聖人君主じゃないぞ?別に見返りがないと助けないわけでもないが」

八幡「わかったか、一色。あれが本来の葉山だ」

いろは「たまに先輩言ってましたよね、わたしとお昼してる時に」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/21(木) 13:05:34.59
いろは「ちょっと葉山先輩の人となりを見直します」

葉山「こらこら、いろは。比企谷に毒されるんじゃない」

いろは「いえいえ、彼氏の言葉ですからね」


八幡「誰が彼氏だ、勝手に彼氏にすんなっ」

いろは「もう周りはそう思ってますって、ここはそうしときましょう」

雪乃「比企谷くん…本当なの?」

八幡「雪ノ下も変な勘違いすんなよ、別に一色と付き合ってないからな」


雪乃「でも、時間の問題と言う気がするけれど」

八幡「そうか?」

雪乃「このまま、二人が一緒にいればいくらクズの谷君でもその気になるでしょ」

八幡「なんかすごい名前になってるな、俺…」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/21(木) 13:09:48.56
いろは「さっすが雪ノ下先輩は見る目が違いますねっ」


雪乃「いつまでもグズグズ悩んでるくらいなら、そっちの方が健全だと思うけど」

八幡「……」


葉山「いいこと言うね雪乃ちゃん、じゃあ俺との仲も少し…」

雪乃「なにか言ったかしら?葉山くん?」

葉山「いえ…なにも…」


八幡(いつまでも悩むな…か)

八幡(いつまでも悩んでも仕方ないのはわかってたが…)

八幡(雪ノ下達にも心配かけてたか…)
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/21(木) 13:20:34.97

H先輩「本当に?」

結衣「はい…」


H先輩「そうか…それは大変だね。その彼は君に恋人できたって思っても変わらずか」

結衣「はい…それに、彼女作ったみたいで…」

H先輩「う~ん、それは難しい問題だね」

結衣「ごめんなさい、こんなお願いしちゃって…」

H先輩「いや、まあそれはいいんだけどさ…変わらずだと…君のことどう思ってるのかわかりにくいな」

結衣「ヒッキー、意外だけどかなりモテるんです。付き合いたいって思ってる女の子は数人はいます」

H先輩「それは辛いな」

結衣「でも、他の子より最近は心が通じ合ってると思ってたんですけど…想いを言うのは怖くて…」

H先輩「それで彼氏できたふりして、彼の気持ちの変化を見たわけだ」

結衣「最初は気にしてくれてると思ってたんですけど…」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/21(木) 13:31:54.76
相手の心を試すって1番やっちゃいけない方法だよな
相手の気持ちを確かめるために彼氏・彼女できたフリとか、ネタばらしされても軽蔑されて絶交ものよ
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/21(木) 19:16:27.23
気を引こうとして自滅するとは
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/22(金) 18:04:42.09
H先輩「まあ、あんまり一人の男に固執するのは駄目だと思うよ、精神的にね」

結衣「そうですかね、やっぱり」


H先輩「それに彼女ができてしまったんなら、なおさらだよ」

結衣「……」

H先輩「ま、いいや。とりあえず出ようか」

結衣「は、はい」


------------------------------


いろは「雪ノ下先輩、葉山先輩が送るって言っても拒否しましたね」

八幡「そうだな、まあ雪ノ下ならそうすると思ってたが」

いろは「雪ノ下先輩もなにが嫌なんですかね」

八幡「色々あるんだろ、わだかまりが」

いろは「めんどくさい関係ですよね」

八幡「そうだな、俺だぅたらゴメンだ」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/22(金) 18:08:33.20
いろは「結衣先輩も来なかったですし…」

八幡「今日も用事があって来れないって連絡あったみたいだぞ」


いろは「彼氏ですかね?やっぱり」

八幡「そうだろうな…」

いろは「元気出してくださいよ、先輩」

八幡「いや、そんなに落ち込んではないけど」

いろは「またまた」

八幡「本当だっての…由比ヶ浜が自分の元から離れないんだって言ってる方がキモイだろ」

いろは「それはそうですけど」

八幡「受け入れていかないとな、人間はその場の環境に慣れることができるとか偉い人が言ってた」

いろは「誰ですかそれ」


八幡「忘れた」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/22(金) 18:17:20.36
いろは「あの、駅前のショッピングモールとか寄って行きません?」

八幡「また噂になるじゃねぇか…」

いろは「いいじゃないですか、どうせ二人ともフリーなんだし」


八幡(まあ、断る理由もないしな…それに元気づけてくれてんだろな、一色なりに)


八幡「わかった、行くか」

いろは「さっすが先輩っ、わかってますね~」

八幡「奢りじゃないからな」

いろは「先輩…そういうこと言うのはなしですよ、別に奢ってもらおうと思ってませんから」

八幡「そうか、悪かった」

いろは「いえいえ、じゃあ行きましょうかっ!」
83 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/24(日) 18:37:34.74
その頃、ゲームセンター

H先輩「クレーンゲームって難しいな…」

結衣「あ、でもこのぬいぐるみ取れましたね」

H先輩「いくら使ったかはこの際置いといて…君にあげるよ」

結衣「いいんですか?」

H先輩「俺が持ってても仕方ないし」

結衣「すみません…じゃあ、お言葉に甘えて」


H先輩「次どうする?しばらくここに居ようか?」

結衣「エアーホッケー空いてますね、あれしませんか?」

H先輩「いいね、そうしようか」
84 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/24(日) 18:41:08.51
いろは「♪~~」

八幡「なんで鼻歌歌ってんの?」

いろは「なんか、先輩とデートするの久しぶりじゃないですか」

八幡「待て待て、デートじゃないだろ?ただ帰り道に寄ってるだけで…」

いろは「あんまり変わりませんよ、周りからしたら」


八幡「そういうもんか?」

いろは「そういうもんです」


いろは「でも、デートはまた別にしてくださいよ?」

八幡「え?すんの?」

いろは「昼休みに約束したじゃないですか~」

八幡「あれは約束だったのか…強引すぎる…」
85 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/24(日) 18:45:54.06
いろは「どこ行きましょうか?」

八幡「どこって言われてもな…お前が行きたいところでいいぞ」

いろは「そういわれても…う~ん…」


八幡「ないんなら帰るか?」

いろは「なんでですかっ!…えっと…あっ」

八幡「なんだ?」

いろは「このゲームセンターのクレーンゲーム知ってます?」

八幡「なにが?普通の奴だろ?」

いろは「なんかこの中のあのぬいぐるみですね、あれが大切な人にプレゼントするやつだとかなんとか」


八幡「はあ…そうなの?俺の情報網には全く引っかからない情報だな」

いろは「でしょうね、先輩ですもんね」
86 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/24(日) 18:49:41.70
八幡「で?あれがなんだ?」

いろは「先輩、とってわたしに渡してください」

八幡「……」

いろは「……」

八幡「会話の流れがおかしい気がします」

いろは「おかしくないです、そもそも彼氏彼女の噂流してる時点でわかってるはずです」

八幡「……」

いろは「先輩なら絶対気づいてましたよね?大分前から…それこそ年末年始くらいから」


八幡「いや、さすがにそんな前からは…」

いろは「こんな場所で告白って言うのもあれなんですけど」

八幡「告白って言ってるし」

いろは「もう前から告白してるみたいなものです」
88 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/24(日) 18:53:18.30
いろは「先輩はわたしのこと嫌いですか?」

八幡「そんなわけはないけど…」

いろは「じゃあじゃあ、ただの後輩としか見てないですか?」

八幡「…お前…積極的過ぎるだろ…」

いろは「先輩にはこれくらいしないと、恋が成就しないので」

八幡「…俺にどうしろと?」

いろは「わたしの気持ちに少しでも答えてくれるなら…あれとってくださいよ」

八幡「いくらかかるかわからんだろ」

いろは「待ちますから…それにいくらかけても取るのが想いの強さになるみたいです」

八幡「つまりあれ渡したら、好きだというのが確定的か」

いろは「まあそうなりますね」
89 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/24(日) 19:50:03.26
八幡(つまりこいつは、今俺の気持ちを確かめようとしてるのか…)

八幡(どうするんだ?)

八幡「……」


いろは「せんぱ~い、早く決めてください…?」

結衣「あれ、ヒッキー?」

八幡「え…由比ヶ浜…?」


結衣「いろはちゃんまで…」

H先輩「…」


八幡(由比ヶ浜の彼氏か?)

結衣(やっぱりいろはちゃんと一緒にいる…そういうことなんだ…)

八幡(由比ヶ浜の手に持ってるあれは…一色の言ってるやつか…てことは)

H先輩「…」

八幡「そういうことね」
100 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/25(月) 15:20:48.92
結衣「そういうことねって…ヒッキー?」

いろは「あれですよね?そのぬいぐるみ」

結衣「え…?これ?」


H先輩「…」

結衣「あ、そういえば…噂になってるぬいぐるみ…」

八幡「……」

いろは「まあ、普通ですね。恋人ですし」

結衣「え…?あ……」


いろは「結衣先輩はデートなんですか?」

結衣「え…デートってわけじゃ…」

いろは「格好いい彼氏さんですね、初めまして一色いろはって言いますっ」

H先輩「初めまして、同じ学校の子だよね」

いろは「はい、これでも生徒会長なんですよ?」

H先輩「へえ、そりゃ凄い」
101 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/25(月) 15:25:07.70
八幡「……」

いろは「で、こっちが」グイ

八幡「おい…引っ張るなよ…」

いろは「冴えないですけど、頼れるところもある比企谷八幡先輩ですっ」

八幡(こいつに名前呼ばれるの新鮮だな)


H先輩「ああ、結衣ちゃんの…」

いろは「同じ部活仲間ですね」

H先輩「そう聞いてるよ」

八幡「…結衣ちゃん…?」

結衣「ヒッキー?」


いろは「先輩、どこに反応してるんですか?」

八幡「あ、いや…なんでもねぇ」

H先輩「……」
102 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/25(月) 15:27:53.70
結衣「…あはは、なんか変な空気になっちゃったね…」

いろは「あははは、ですね~。お邪魔しても悪いんで、わたし達もう行きますね」

結衣「あれ?クレーンゲームは?」

いろは「あ、いいんです」

八幡「おい…一色、押すなっての…」


いろは「いいから、向こうに行きましょう先輩っ」

八幡「わ、わかったから…押すな」


結衣「ヒッキー…」

八幡「…またな、由比ヶ浜」

結衣「う、うん…」
103 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/25(月) 15:45:02.63
ハンバーガー屋


いろは「先輩」

八幡「なんだ?」


いろは「バカですか?」

八幡「いきなりバカとか言うなよ」

いろは「いくらなんでもあんなのないです」

八幡「どの部分?」


いろは「本当にわかってないなら大馬鹿です」

八幡「……」

いろは「彼氏が結衣先輩のこと「結衣」って呼ぶのなんて普通じゃないですか」

八幡「まあ、そうだけど…」

いろは「そもそも、なんで「由比ヶ浜」って呼ぶと思ってたんですか?自分基準ですか?」
104 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/25(月) 15:49:11.33
八幡「自分基準ってわけじゃないが…」

いろは「先輩、結衣先輩に未練あり過ぎです」

八幡「…」


いろは「受け入れて行かないとなって言ったばかりじゃないですか」

八幡「…そうだったな…」

いろは「正直気持ちはすごくわかるんですけど…なんか嫌です」

八幡「一色…確かに、気持ち悪いよな…」


いろは「そういうことじゃなくて…」

八幡「?」

いろは「好きな人が、他の女の人に意識向けてるのが嫌です」

八幡「……おまえ…」
108 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 13:27:10.34
いろは「わたしも葉山先輩に振られて似たような気持ちになりましたし…」

いろは「この人は雪ノ下先輩が好きなのかなとか思ったり」

八幡「…」


いろは「それからしばらくは、葉山先輩のこと忘れられなかったですけど…」

いろは「先輩に慰められて……先輩のことだんだん意識するようになって」

八幡「…」

いろは「葉山先輩とはビジュアルでは天地ですけど」

八幡「おい」

いろは「文句言いつつも、助けてくれたりとか、生徒会も手伝ってくれたりとか」

いろは「優しいところいっぱい見てると…」

八幡「むずがゆいんですが…」

いろは「葉山先輩とは別の方向ですっごい魅力的な人だなって思うようになりました」
109 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 13:33:59.89
八幡「そんなに俺を褒めてなにがしたいんだ?」

いろは「別に、本当のこと言っただけですよ?」

いろは「それと…先輩がもし迷惑なら…恋人だって言ってしまった噂も消しときます」

八幡「…別に俺は迷惑じゃないけどな」

いろは「じゃあ…いいんですか?このままでも」


八幡「…正直」

いろは「はい?」

八幡「お前が、俺を振り向かせるのにそこまでしてることに対して…」

八幡「俺が言えることなんてないっての」

いろは「…先輩…それじゃあ、今日はこのまま帰りましょうか」

八幡「…いいのか?」

いろは「はいっ」

八幡「それで…デートの話だけど…」

いろは「…してくれるんですか?」

八幡「いや…まあ…」
110 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 13:42:15.48
いろは「じゃあ、日程とかですけどっ」

八幡「お、おう…」

いろは「今度の日曜日お願いしますねっ」

八幡「今度の日曜なんて急で大丈夫なのか?」

いろは「先輩との約束優先します」

八幡「…そっか、わかった」

いろは「はい!楽しみにしてますよ、先輩」


--------------------------------------------


喫茶店


結衣「…あの」

H先輩「なにかな?」

結衣「このぬいぐるみですけど…」

H先輩「そのぬいぐるみがどうかしたかい?」

結衣「やっぱり、そういうことわかってて、渡してくれたんですか?」

H先輩「まあ有名な話だしね」

結衣「…そうですか」

H先輩「それに、君とは俺が総武高の3年の時に知り合ったけど…」

H先輩「あの頃から気にはなってたよ」
111 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 13:49:08.55
結衣「そうだったんですね…すみません」

H先輩「別に謝るようなことじゃないけどさ」

結衣「…」

H先輩「もしよかったら…俺と付き合うっていうのも考えてくれないかな?なんて」

結衣「……」

H先輩「考えてくれるだけでいいよ」

結衣「…はい、わかりました」

H先輩「ありがとう、結衣ちゃん」


----------------------------------------------


平日 奉仕部


雪乃「おかしいわ」

葉山「なにがだい?雪乃ちゃん?」

雪乃「まず、なぜあなたがここにいるの?」


葉山「依頼にきたつもりなんだけど…比企谷も結衣もいないんだね」

雪乃「二人とも今日は用事があるみたいなのよ」

葉山「なるほど、いよいよだね」

雪乃「なにがいよいよなの?」
112 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 13:54:58.82
葉山「比企谷といろはとの仲が急接近しててさ、知ってるだろ?」

雪乃「そういえばそうだったわね、この前も一緒に帰ってるのを見たわ」

葉山「それだけじゃなくて、この前の日曜日には二人でデートしたらしいよ」


雪乃「あら…」

葉山「結衣だって、去年までここの生徒だった先輩とデートしてるみたいだしね」

雪乃「そうなの…全く二人とも青春してるわね」

葉山「ちょっと嬉しいんじゃないかい?雪乃ちゃんとしては」

雪乃「どういうことかしら?」

葉山「ヒキタニ君がいつまでも腐ってなくてさ」

雪乃「そういうこと…そうね、彼も楽しんでるのは良いと思うわ。もうすぐ本格的に受験だし」

葉山「…それでなんだけど」


雪乃「なにかしら?」
113 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 14:01:05.41
葉山「俺がさ…ここに来てる理由は想像ができるだろ?」

雪乃「なんだか犯罪者みたいな台詞よ…」

葉山「待ってくれ…変なことは絶対にしないよ…!この通り、神に誓って」

雪乃「さすがにそんなことするとは思ってないけど」


葉山「よかったら一緒に帰らないか?」

雪乃「あなたと?」

葉山「できればだけどさ」


雪乃「……はあ」


葉山「どうかな?」

雪乃「…遠慮しておくわ」

葉山「やっぱりか…でも、比企谷を嫉妬させられるかもしれないよ?」
115 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 14:11:51.83
雪乃「比企谷くんを?…そんなこと」

葉山「まあ、ものは試しでさ」


葉山「君だって、比企谷のことを完全に諦めてるわけじゃないんだろ?」

雪乃「…恋愛じゃななかったのよ、私たちは」


葉山「だからいろはを宛がったのかい?」

雪乃「あの二人、うまくいく感じがしたからよ」

葉山「まあ、確かにそうかもしれないが…いろはのファンは悲しんだだろうな」

雪乃「そんなに多いのかしら?」

葉山「そりゃあね、サッカー部でも人気はあったし、2年生の中じゃ一番有名な部類に入るんじゃないかな」

雪乃「そうだったのね、由比ヶ浜さんや三浦さんみたいな位置なのね」

葉山「そうだね」
116 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 14:19:07.45
雪乃「……」

葉山「一緒に帰ってくれるかな?」

雪乃「……仕方ないわね」


葉山「ありがとう雪乃ちゃん」

雪乃「雪乃ちゃんはやめて」

----------------------------------------

しばらく経過


いろは「部活行きまょう、先輩!」ガラ

八幡「元気な奴…少し黙れ」

いろは「それはいいですから、奉仕部奉仕部っ」

八幡「お前、サッカー部のマネージャーはいいのか?」

いろは「大丈夫ですよ、交互に行ってますし、生徒会もサボってませんから」

八幡「結構ハードワークだよな、それ」

いろは「このハードワークでも毎日のおめかしも怠らない!お買い得ですよ?」

八幡「はいはい、可愛い可愛い」

いろは「ちょっと~適当に言わないでくださいよ~~」
117 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 14:23:17.86
八幡「まあ…可愛いとは…思う」

いろは「…そうやって急に真剣になるのも反則です…」

八幡「じゃあどうしろってんだよ…」


いろは「わたしもわかりませんよ…」

八幡「と、とにかく行くぞ」

いろは「は、はい」



結衣「あ、先に行っちゃった…」

三浦「あの二人、なんかすっかり名物になってるし」

海老名「こうして見ると、結構お似合いな感じ」

結衣「……」

三浦「で?結衣の方はどうなん?彼氏と」

結衣「え?あたし?あたしは…」
118 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 14:35:55.85
結衣「あたしは…」

三浦「結衣?どしたの?」

海老名「ん?なになに?」


結衣(H先輩に告白されて…付き合ってる…のかな?)

結衣(噂のぬいぐるみも渡されたし…あれから何回かデートもして…)

結衣(でも…)


三浦「結衣、部活どうすんの?行かないの?」

結衣「あ、いけないっ!…ごめん、行ってくるねっ」


海老名「行っちゃった…変な結衣だったね」

三浦「あれは…あんまりうまくいってないかな~?」
119 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 15:40:26.05
奉仕部

八幡「今日は葉山はいないな」

雪乃「そうね、それがどうかしたの?」


八幡「いや、なんでもない」

いろは「先輩」

八幡「なんだよ?なんでそんな睨んでんの?」

いろは「葉山先輩が奉仕部にいるとまずいんですか?なにか不都合でもあるんですか?」

八幡「べ、別にないけど…」

いろは「先輩、怒らないので言いたいことあるならはっきり言ってくださいね?」

八幡「怖いんですけど…一色…」


雪乃「妙な噂流れてるのは知ってるの?」

八幡「噂?」

雪乃「私と葉山くんが一緒に…帰ってるっていう」

いろは「そんな噂も流れてますよね~付き合ってるんじゃないかっていう」

八幡「……」

いろは「先輩?なんでそんな微妙そうな顔してるんですか?」
120 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 15:51:28.91
八幡「なんにもねぇよ…一色怖いからな?」

いろは「先輩のバカ」

八幡「…」


雪乃「私が葉山君と付き合ってるっていうのはただの噂だから安心していいわよ」

八幡「あっそ」

いろは「そのあからさまに安心した表情はなんなんですか~!」

八幡「痛いっての…ポーチで殴るな…」


雪乃「あなた達は付き合ってないの?」

八幡「…」

いろは「まだですけど…もう時間の問題です」

雪乃「そうなの?比企谷くん」

八幡「そうだな」

雪乃「そう…高校生の間に恋人ができてよかったわね」
121 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 18:20:27.82
八幡「…」

八幡(恋人…ね、恋人…一色が?)

八幡(こいつとデートしてた自分が自然で…別に違和感ない自分が怖い…)


ガラ

結衣「やっはろーっ!みんな~」

八幡「あ、お、おう…」

ボス

八幡「いて…!」

いろは「こんにちはです、結衣先輩!」

雪乃「こんにちは、今日は遅かったわね」

結衣「うん、ちょっと優美子と話しててさ~」
122 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 18:24:47.58
結衣「なんか、今日も勢ぞろいだね~!」

雪乃「そうね、最近はバタバタしていて、みんなが揃うことがなかったから」

いろは「勢ぞろいってわたしも含まれてるんですね、さすが雪ノ下先輩ですっ」


結衣「そうだよ~もういろはちゃんは部員だよっ」

雪乃「違うけどね」

いろは「雪ノ下先輩、突っ込み相変わらず鋭いです~!」


八幡「……」

八幡(ここ数日はこんな風に普通に過ごしてるな)

八幡(由比ヶ浜とも…まあ、普通か?)

八幡(というより、一色と過ごすことが多くなってそれどころじゃなくなったって感じだが)
123 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 18:31:52.83
結衣「ヒッキー、どうかしたの?」

八幡「いや、なんでもねぇよ」

八幡(一色と過ごしてるのはなんだかんだで楽しいけど…)


八幡(それだけで、由比ヶ浜への気持ちが薄れてるのか…そんなもんだったのか?)

八幡(いや、違うな…そうじゃない…俺は、一色を好きになってきてる)

八幡(あいつを可愛い後輩以上に思ってきてる…あれ、俺ってロリコンか?)

いろは「先輩、なんか考え込んでません?」

八幡「まあ、そうかもな」

いろは「あ、わたしのことですか?」

八幡「あながち間違ってないな」

いろは「え…?も、もう…知りませんっ」

八幡「なんでそこで照れるんだよ…まだなにも言ってないだろ」

いろは「照れてませんよっ!変なこと言わないでくださいっ!」
124 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 18:36:46.03
結衣(仲いいんだ…やっぱり)

結衣「あたしも、どうしようかな…」

雪乃「由比ヶ浜さん?どうかしたの?」

結衣「え?あはははっ、なんでもないよ~!」


八幡「なあ」

いろは「なんですか?」

結衣「なに?ヒッキー?」

雪乃「なにかしら?」

八幡「今日、飯でも食べて行かないか?」

いろは「あ、いいですね~」

雪乃「私もいいけれど…由比ヶ浜さんは?」

結衣「あたしは…彼氏と待ち合わせ」

雪乃「待たせてるの?」

結衣「学校前に居てくれてると思うよ」


八幡「……」
126 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 18:43:10.72
校門前

スタスタスタ

いろは「イケメン彼氏ですね、あそこにいるの」

八幡「あれそうじゃねぇの?」

結衣「あ、うん。そうだね。なんだか急に来るって言ってたんだ」

雪乃「とくに約束してたわけじゃないのね?」

結衣「うん、今日は予定はなかったんだけど」


H先輩「結衣ちゃんっ」

結衣「H先輩…こんにちは」

H先輩「急にごめんね、ああ丁度よかった、彼も一緒で」

八幡「ん?俺?」


H先輩「君に少し用があるんだけど…よかったら時間とってもらえるかい?」

八幡「…いいすけど…俺?」

結衣「H先輩?」

H先輩「ごめんね、すぐ済むからさ」
127 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 18:51:36.79
八幡「えっと、なんですか俺に用って」

H先輩「まあ、そんな邪険にするなよ」

八幡「いや…初対面でいきなりペラペラでも嫌でしょ」

H先輩「初対面じゃないけど…それもそうかな」


八幡「で、なんですか?」

H先輩「長話もなんだし、単刀直入に言おうか」

八幡「?」


H先輩「俺と彼女は付き合ってないよ」

八幡「……どういうことですか?」

H先輩「君の気を惹きたくてそういう芝居してただけだよ」

八幡「…………」
128 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 18:55:32.23
H先輩「結衣ちゃんは君のことがまだ好きだよ」

八幡「…そうなんですか…あいつ…不器用っすね」

H先輩「君が元々の原因なんだろ?なんというか難攻不落って言ってたぞ?」

八幡「はあ…」


H先輩「君はあの生徒会長の子と付き合ってるのか?」

八幡「いや…まだですけど…」

H先輩「ていうことは時間の問題か…あぶなかったな」

八幡「でも、なんでこんなこと言うんですか?」

八幡「由比ヶ浜のこと好きなんでしょ?」

H先輩「好きだよ、じゃなきゃこんな面倒なこと付き合ったりしないさ」
129 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 19:07:10.07
H先輩「君らとゲームセンターで会った時、なんとなく付き合ってないってわかって…」

H先輩「勘違いしてる結衣ちゃんを奪えないかなって思ってたけどさ…」

八幡「そんなこと考えてたんですか」


H先輩「デートに誘ったりしたけど…手ごたえがないんだ…」

H先輩「告白もしてるが…どうやら、彼女をものにするのは俺じゃできないみたいだ」

八幡「…で、俺にしろって言うんですか?」

H先輩「元々、彼女が嘘ついてなかったら始まらなかったことだし…」


H先輩「君は結衣ちゃんを好きじゃないのか?」

八幡「好きですけど…」


H先輩「やっぱりか、俺が結衣ちゃんって呼んだことに反応してたものな」

八幡「みんな気づいてるし…」

130 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 19:21:52.11
H先輩「大方、結衣ちゃんに彼氏できたと知ってあの生徒会長の後輩に近づいたんだろ?」

八幡「…ちがいますよ」

H先輩「あれ、違うのか?」


八幡「そんな単純なものじゃないです…俺たちの関係は」

H先輩「詳しい話は聞いてないけど…なかなか面倒な関係みたいだな」

八幡「そうですよ…本当にめんどうな…はあ」


--------------------------------------------------


結衣「ヒッキーとH先輩…なに話してるんだろ…」

雪乃「心当たりはあるの?」

結衣「えっと…それは…」

いろは「あ、戻ってきたみたいですよ~」


スタスタ

八幡「…」

H先輩「残念だけど…結衣ちゃんはもっと残念か」
131 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 19:26:02.86
いろは「遅いですよ、ごはん行こうって時に~」

八幡「悪かったって」

H先輩「じゃあ、俺はこれで帰るね」


結衣「H先輩…」

H先輩「…それじゃあ、またね」

結衣「は、はい」


雪乃「…なんだかあまり付き合ってるっていう気がしないわね」

結衣「付き合ってないもん」

雪乃「え…?そうなの?」

結衣「うん…それを伝えたんだと思う…」

雪乃「でも、それなら…」

結衣「無理だよ…多分H先輩の表情がそう言ってたもん」

132 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 19:29:26.76
いろは「先輩、なに話してたんですか?」

八幡「秘密」

いろは「教えてくれてもいいじゃないですか~っ!」

八幡「引っ付くな…暑苦しい…」

いろは「教えてくれたら離れてあげます」

八幡「教えない」

いろは「せんぱい~~っ!」


雪乃「確かに…今から入り込むのは…難しそうね…」

結衣「ヒッキーの気持ちが変わらないよ…」

雪乃「惜しいことしたわね」

結衣「あはは…本当に」
133 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 19:34:57.02
-------------------------------

H先輩「…そうか、だめか」

結衣「本当にごめんなさい…こんなことお願いしたのに…」

結衣「H先輩の気持ちに応えられなくて…」

H先輩「まあしょうがないよ、それが君の気持ちなら…」

H先輩「じゃあ、俺はこれで帰るね」


結衣「先輩、ヒッキーに話したんですよね?あたしが彼氏の振り頼んでたこと」

H先輩「ああ、彼はなにか言ってたかい?」

結衣「いえ、なにも言ってませんけど」

H先輩「そうか…ていうことは、やっぱり彼の気持ちは生徒会長にいってしまったか」

結衣「はい…あの二人付き合いましたから」

H先輩「そうか…君は本当に惜しいことをしたね、こんなことしなかったら…」

結衣「いえ、それは結果論ですし…話しても意味ないです」

H先輩「それもそうか」
134 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 19:39:35.07
葉山「雪乃ちゃん」

雪乃「雪乃ちゃんはやめてと何回言えばいいのかしら?」

葉山「彼ら付き合ったみたいだね」

雪乃「比企谷くんと一色さんね、凸凹コンビって感じかしら」

葉山「はは、うまくいくといいね」


雪乃「…そうね」

葉山「あまりうまくいってほしくないのかい?」

雪乃「そんなことはないわ…比企谷くんはずっとぼっちを自称してたし…」

雪乃「そろそろ自分がそういう立場にないことを自覚してもらわないとね」


葉山「そういえば、2年の連中になんて言われてるか知ってるかい?」

雪乃「なにかしら?」
135 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 19:45:20.92
葉山「『いろはすと付き合えるなんて…リア充がっ』って言われてるよ」

雪乃「それはなんだか微笑ましいわね」

葉山「微笑ましいかな?これから、比企谷が2年の教室に行くたびに言われ続けるよ」

雪乃「彼なら気にしないでしょ、逆にリア充って言葉に蕁麻疹でもだすんじゃないかしら」


葉山「比企谷は本当に自虐好きだからな」

雪乃「そうね」

葉山「ところで…フリーになった雪乃ちゃん」

雪乃「なぜ「フリー」を強調するのかしら?」

葉山「一緒に帰らないかい?お互いフリーだしさ」

雪乃「なんだかあなたのせいで、私たち付き合ってるように言われてるのだけど」

葉山「言わせておけばいいさ、そういう連中には」

雪乃「外から埋めようとしてるわね…誰かさんみたいに」

葉山「なんのことかな?」


雪乃「…今日は帰らないわ、さようなら」

葉山「…彼女は難攻不落かもな…」
137 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 19:50:11.39
スタスタ


いろは「先輩先輩」

八幡「なんだ?」


いろは「どこに行くんですか~?」

八幡「どこって…ほら…まあ、あれだ」

いろは「…?なんでそんなにどもるんですか~?」

八幡「…ここだよ、ゲームセンター」

いろは「…え、ここって…前に結衣先輩と出会った」


八幡「ほら、中途半端だっただろ?」

いろは「え…中途半端って…ああ、そういうことですか」

八幡「とりあえず、お前にぬいぐるみプレゼントしないとな」

いろは「先輩って結構ロマンチストですか?」

八幡「そんなことねぇよ…」

いろは「でも、ちょっとだけドキッとしました。ここのぬいぐるみのこと覚えててくれて」

八幡「…かなり時間かかるかもしれないからな?」



いろは「いいですよ、ずっと待ってます 先輩」


おわり
138 : ◆Icp1.jZG3M :2016/04/26(火) 19:51:25.92
こんな感じで終了です
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/26(火) 20:52:45.62
えっ…終わり?これからだろ?
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/26(火) 21:37:01.26
別に嫌いなわけじゃないんだけどこんなにも「由比ヶ浜ざまあwwww」って気分になったのは初めてだ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク