アーチャー「無限の剣製が最強になった、だと…?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/16(火) 16:49:15.84
アーチャー「これは…」


投影武器ランクダウン無し
刀剣類プラス補正あり
乖離剣等、神造兵器投影可
必要魔力激減

アーチャー「この聖杯戦争!我々の勝利だ!!」ガタッ

凛「!?」ビクッ

凛「い、いきなり何よ!」

アーチャー「はっはっは、凛!君が呼び出したサーヴァントは最強だ!はっはっは」

凛「そ、そう…とりあえず部屋の片付けよろしく」



凛「これは…」

アーチャー「あぁ結界が張られているな」ワクワク

凛「なんであんたワクワクしてんのよ」

アーチャー「いや何。早く戦いたくてね。放課後早速調査しよう」

凛「えぇ、言われるまでもないわ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434440955
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/16(火) 16:57:30.01



凛「この結界、私じゃ妨害くらいしか…」

ランサー「おいおい消しちまうのかよ、勿体ねぇ」

凛「ランサーのサーヴァント……!」

アーチャー「来たか!凛、広いグラウンドに行くぞ!さぁ早く飛び降りろ!着地は私がするからさぁさぁ早く!!」

凛「え、えぇ」ピョン



ランサー「さて、てめぇは何のサーヴァントだ?」

アーチャー「何だっていいだろう、行くぞ!」ダッ

ランサー「二刀流か」スッ

ギン ギャイン ガイン ギン!

アーチャー(ふむ…、やはり無限の剣製が強くなったとはいえ私の技量は変わらないか。少し押されている)

アーチャー(さて、どうするか)ガイン! ズザザザ…

ランサー「…もう一度だけ聞くぞ、テメェどこの英霊だ」

アーチャー「何、しがない弓兵だ。そういう君は解りやすいな、クランの猛犬よ」

ランサー「…よく言ったアーチャー。ならば受けるか、この一撃を」

ランサー「……その心臓」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/16(火) 17:05:26.31
アーチャー「貰い受ける!投影、開始!!」

ランサー「は?」

アーチャー「突き穿つ!」

ランサー「ちょっ、まてまてまて!!」

アーチャー「死棘の槍ァ!!」

ボゴァアアアアアアアアア!!

ランサー「ぐはぁぁああああああ!!」シュウウウ…

士郎「ぎゃあぁぁああああああああ!!」





アーチャー「…フゥーー、いい宝具だ」

凛「フゥーじゃないわよ!学校一体更地になってるじゃない!それになんであんたがランサーの槍を持ってるのよ!もしかしてアンタがランサーの師匠なの!?」ユサユサ

アーチャー「はっはっは、そんなわけあるまい凛、はっはっは。それと学校の事なら気にするな、今の私なら一瞬で直せる。それよりアレは…」

凛「人がいたの!?」ダッダッダ




凛「うそ、なんでアンタが…」

アーチャー「気にするな凛、君のせいではあるまい。むしろ一石二鳥だ」

凛「一石二鳥?」

アーチャー「ゲフンゲフン」

凛「まだ、手はある」チャキ

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/16(火) 17:10:22.15




アーチャー「それで、何故見回りをしているのかね。今日はもう、一人倒したはずだが?」

凛「だからよ、あれこそ聖杯戦争が始まっている揺るぎない証拠よ。他にサーヴァントがうろついてるかもしれないわ」

凛「と、ここ衛宮君の家じゃない」

アーチャー「……ッ!下がれ凛!サーヴァントの気配だ!」

凛「え?」

アーチャー「フッ!!」ギィイン

セイバー(防がれたか…)

アーチャー(セイ、バー…)

セイバー「ハァ!」ダッ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/16(火) 17:15:51.61
凛「ッ!」

アーチャー「おっと危ない、熾天覆う七つの円環」ガギィン

セイバー「クッ」

アーチャー(これが本当のアイアスの強度か…なんという……)

凛「ちょっと今のアイアスの盾じゃない!アンタ、トロイアの英霊なの!?」ユサユサ

アーチャー「はっはっは、どうだろうな凛、はっはっは」

士郎「と、遠坂?」



士郎「なるほど理解したよ、聖杯戦争について」

凛「それじゃ協会行くわよ」



琴峯「喜べ、少年。願い、かなう」




士郎「よし帰るか」

イリヤ「こんばんはお兄ちゃん」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/16(火) 17:27:33.47
ええ……(困惑)
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/16(火) 17:28:41.88
調子ぶっこき過ぎて性格軽くなっててワロタ
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 16:59:13.27
凛「な、なにアレ…バーサーカーなの?なんて威圧感……」

バーサーカー「■■■■■■■■ーーーー!!」

セイバー(くっ、ここは先手必勝しかない!!)ダッ

凛「アーチャー…」

アーチャー「なに、そんな顔をするな凛」ポン

アーチャー「別にアレを倒してしまってもかまわんのだろう?」

凛「……!えぇ、やっちゃってアーチャー!!」

セイバー(この、バーサーカー!強すぎる)

アーチャー「セイバー、死にたくなければ離れろ。巻き添えを食らうぞ。」ブォォオオン

アーチャー「フッ!」ヒュッ

セイバー「!」ダッ

バーサーカー「■■■ーー!!」トスッ

アーチャー「壊れた幻想」

ボゴアアアアアア!!

アーチャー「ふむ、二、三回程度か?」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 17:08:07.60
イリヤ「嘘でしょ?バーサーカーが一撃で二回も殺されるなんて!!」

アーチャー「まだ終わらんぞ、全投影連続掃射」ドドドドドドドド

バーサーカー「■■■■■ーーーー!!」ドスドスドスドス

イリヤ「バーサーカー!!」

アーチャー「はっはっは」ドドドドドドドド

イリヤ「れ、令呪で退避を!」

アーチャー「天の鎖ィ!!」ジャラララララララ

バーサーカー「■■■■■■■ーーー!!」

アーチャー「フハハハハ!鶴翼、欠落ヲ不ラズ!!」ヒュッ

イリヤ「あぁ、あぁ……」

アーチャー「心技、泰山ニ至リィ!!」ザシュ

バーサーカー「■■■■■■ーー!!」

アーチャー「心技、黄河ヲ渡ルァ!!」ズシャズシャア


42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 17:13:00.52
イリヤ「もう、やめてぇ…」ヒックヒック

アーチャー「そうだな、そろそろ終わりにしようか。勝利すべき…」チャキ

アーチャー「黄金の剣ッ!!!」ドシュアアアアア

バーサーカー「■■■■■■■ーー!!」シュウウウウウ…

アーチャー「フゥー、流石伝説の剣。いい威力だ」

凛「ちょっと!アンタ今の失われたブリテンの剣じゃないの!?アンタ円卓の騎士なの!?」ユサユサ

アーチャー「はっはっは、そんなわけあるまい、はっはっは」

イリヤ「うぇぇえぇえん、バーサーカぁあぁあ」ヒッグヒッグ

士郎「セイバー、あの子はウチで引き取ろう」

セイバー「そうしましょう…」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 17:18:53.33






凛「…あれ?」

アーチャー「どうした、凛」

凛「結界の気配が、消えてる?」

アーチャー「何を言っている凛、私が一度学校ごと更地にしただろう」

凛「あぁ、そうだったわね…」




凛「さて、衛宮君でも誘ってご飯でも食べようかしら。……ん、あれは?」

慎二「おい、どうなってるんだよ桜ァ!!なんで結界が消えてんだよ!お前何かしたろ!!」

桜「い、いえ私は何も…」

慎二「嘘つけ!じゃあ何で結界が消えるわけェ!?」

桜「わかりません……」

慎二「ちっ…」スタスタスタ

凛「今のは……」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 17:25:25.32





凛「てなことがあったわけよ」

アーチャー「ふむ、気になるな。行ってみるか」

凛「行くって、どこに?」

アーチャー「決まってるだろう、間桐家だ」





アーチャー「ここか」

凛「ついたのはいいけど、どうするつもりなのよ?」

アーチャー「宝具を打ち込む」

凛「ちょっ、中には桜もいるのよ?」

アーチャー「その心配はない。さっき鷹の目で桜が出て行ったことを確認した」

凛「だからって、慎二がマスターじゃなかったらどうするつもりよ」

アーチャー「結界の事を知っているんだ、少なくとも一般人ではあるまい。死なん程度には抑えられるさ」

アーチャー「よっと」ヒュッ

ライダー「はぁ!」カキン!

アーチャー「…そうら」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 17:35:15.02
ライダー「わざわざ乗り込んでくるとは、余裕のつもりでですか?」

アーチャー「ふっ、そうだな。君ごとき警戒するまでもない。勝ち抜ける器ではあるまい」

慎二「なぁに言ってんだよ!お前、僕のライダー見てブルってんだろ!?ハッタリはそこまでにしとけよ!」

アーチャー「では行かせてもらおう。投影、開始」

ライダー(アレは…)

凛「バーサーカーの巨剣。それも二つも…」

慎二「な、なななんだよ!宝具はデカさだけじゃ、は、ははははかれないぞぉ!!僕がブルってると思った!?」ガタガタガタ

アーチャー「行くぞ、投影、装填」

アーチャー「是、射殺す……」

ライダー「ッ!!騎英の!」

アーチャー「百頭ォ!!」

ライダー「手綱!!」

ライダー「ぐぅ…!」ガガガガガガ

アーチャー「いい宝具だ。確かに一つならその宝具で事足りただろう。だが今の私の宝具は二つある!!」ドガァ!!

慎二「ブルっちゃったぁ!!」

ライダー「さく、ら………」シュウウウウウ…

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 17:45:53.45
凛「なんでアンタがバーサーカーの剣を持ってるのよ!アンタバーサーカーの狂化前の姿なの!?」ユサユサ

アーチャー「はっはっは、どうだろうな凛、はっはっは」

アーチャー「さて」ジャリ

慎二「ヒィ!」

アーチャー「他のサーヴァントの場所を知っているか?」

慎二「し、知らない!柳洞寺に二体のサーヴァントがいて、それがアサシンとキャスターなんて僕は知らない!!ヒィイイイ!」ダッダッダッ

アーチャー「だそうだ、凛。行くぞ」

凛「えぇ」

アーチャー「と、その前に…」

アーチャー「桜の為に間桐家を壊すか。さらば、臓硯。転輪する勝利の剣!!」ブン!

\ギャアアアアアア!!/

凛「やっぱ円卓の騎士なのかしら…」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 17:49:51.75
なんかこの雑な感じが逆にありな気がしてきた
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/17(水) 17:54:12.30





アーチャー「む、山門にサーヴァントが」

アサシン「いかにも、この身はアサシンのサーヴァント。佐々木小次郎。訳あってここから動く事はできんがお相手しよう」

アーチャー「全投影連続層写ァ!!」ドドドドドドド

アサシン「ぐはぁああぁあああ!!」シュウウウウウ…

アーチャー「フハハハハ!動けぬというなら遠距離から攻撃するだけだろう!!もしも対城宝具を持っているのに取っ組み合う奴がいたら、相当の馬鹿だな!!」

アーチャー「はっはっは!」ダッダッダ

凛(アレだけの宝具の数…本当に何者かしら)




キャスター「くっ、アサシンは何をしていたの!?」

アーチャー「ほぼ貴様のせいで死んだぞ」

アーチャー「貴様も逝け。よっと」ブォオオン

アーチャー「偽・螺旋剣!!」ドリュアアアア!

キャスター「キャアアアアアア!」シュウウウウウ

凛「やっぱりアンタ、ケルトの英霊なの!?」ユサユサ

アーチャー「はっはっは、そんなわけあるまい、はっはっは」

アーチャー「さて、今日はもうここまでにしよう」

111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 16:34:46.98





イリヤ「むぅ〜、セイバーもう一回〜!」

セイバー「えぇ、いいですよ」クスッ

凛「あら、なにしてるの?」

イリヤ「オセロー!」

セイバー「アーチャーと士郎は?」

凛「なんかアーチャーが「フハハハ!貴様も覚えろ!たのしいぞ!」とか言いながら何処かに連れてったわ」

セイバー「特訓か何かでしょうか?」

凛「多分ね」

イリヤ「セイバー早く〜!」

セイバー「あぁ、はい。ただい…」

セイバー「!」ガタッ

凛「セイバー?どうしたのよ」

セイバー(サーヴァントの気配…!)ダッ

112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 16:41:57.89
セイバー「ーーーば、馬鹿な!貴方は!」

ギル「…………」

セイバー「何故貴方がここにいる!アーチャー!」

ギル「すまんなセイバー。今は貴様に用はない。あるのは我が友の贋作を使ってる雑種だ」

セイバー(なんという威圧感。十年前とは大違いだ。これがこの英霊の本気なのか…!)

ギル「で、その贋作者はどこにいる」

セイバー「いま、ここにはいない」

ギル「そうか、ならば聖杯の器だけでももらっていこう」

セイバー「やらせると思うか」チャキ

ギル「王の財宝!!」ドドドドドドドドドドドドドドド

セイバー「ぐはぁあああああああ!!」シュウウウウウ…

ギル「…思い上がるなよ、セイバー。本気の我を相手にできる英霊などおらぬわ。…言峰!」

言峰「あぁ」

イリヤ「きゃあ!」

凛「この、イリヤを離しなさい!」

言峰「麻婆パンチ!!」ドガッ

凛「うっ…」ドサッ
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 16:50:48.18
士郎「ーーか、ーーーさか、ーーー遠坂!」

凛「はっ!?」ガバッ

士郎「どうしたんだよ!帰ってきたらセイバーもイリヤもいないし!」

凛「イリヤは言峰に攫われて、セイバーは…」ギュ

士郎「うそ、だろ……」

士郎「…………アーチャー」

アーチャー「あぁ、特訓の成果を見せる時が来たな。だが、今の貴様ではアレを扱うだけの魔翌力はあるまい。凛、魔術刻印を移植してやれ」

凛「それは、いいんだけど…。あんたはちょっと出てってくれる?」

アーチャー「ふっ、気にするな。君の裸など生前見慣れている」

士郎「ーーー!まさか、お前の真名は」

アーチャー「気づいたようだな、そう。私の真名はエミヤ、英霊エミヤだ」

凛「士郎の理想の姿…!」

アーチャー「さぁ、早くしたまえ」ソワソワ

アーチャー「なに、私は始まって少し見届けたらトイレに行く。気にするな」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 17:01:57.24





ギル「来たか、雑種共よ」

アーチャー「………」

ギル「そっちの小僧共は言峰が用があるそうだ、早く行け。我が用があるのはそこの贋作者だけだ」

凛「アーチャー…、相手はセイバーを一瞬で倒すほどの英霊よ……」

アーチャー「そんな顔をするなと言っただろう、凛よ」ポン

アーチャー「…必ず勝つさ」





言峰「良く来たな、切嗣の息子よ」

士郎「イリヤを離せ!!」

言峰「力ずくでやってみろ!喰らえ!泥!!」ビシュ

士郎「!」

言峰「フハハハ!この世全ての悪が詰まった泥だ!防げまい!」

士郎「全て遠き理想郷!」

言峰「は?」

凛「士郎、今よ!この宝石剣で!」

士郎「いるか!そんなガラクタ!ーーーー永久に遥か!」

士郎「黄金の剣ッ!!」ビュアアアアア

言峰「マーボァアアア!!」シュウウウ…

士郎「フゥ、存在ごと消えて無くなったか。さて」

凛「えぇ、後はアーチャーを待つだけね」
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 17:10:26.32
アーチャー「投影、開始」

ギル「おのれ、我が友だけでなく乖離剣まで創りだすか…!」

アーチャー「はっはっは」

ギル「はっ、だが教えてやろう。本物の輝きを!」

アーチャー「ふん、来い」

ギル 弓「天地乖離す!」

ギル 弓「開闢の星ゥウ!!」

ドシュアアアアアアアア!

アーチャー「ぐおおおおお!?」ズシャアアアア

ギル「フハハハ!貴様の乖離剣と我の乖離剣が同等とでも思ったか!宝物庫のバックアップによってその威力は天と地ほどもあるわ!」

アーチャー「なるほど、どうやら今までの相手とは違うようだ」

アーチャー「私も本気で行こう」

アーチャー「I am the unlimited blade works!!」

シュアアアアアアアアアアーーーー
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 17:19:07.92
すげぇ詠唱のはしょり方だ……
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 17:19:28.67
ギル「おのれ!?これは固有結界か!」

アーチャー「そうだ、ここは私の意のままの武器を創り出す世界。そして今この世界にあるのは乖離剣だけ」

アーチャー「行くぞ英雄王ーーーーエアの貯蔵は充分か」

ギル「おのれおのれおのれおのれおのれおのれおのれ!!」

アーチャー「天地乖離す!」ギュイイイイイン

ギル「オノレ!」ギュイイイイイン

アーチャー「開闢の星!!(×10)」

ギル「エリシュ!!」

ボゴアアアアアアアアアアアアア!!

ギル「……ふっ、まさか乖離剣の更に上をゆく我が最強の宝具、オノレ エリシュを破るとは…。雑種にしては、よく やっ…」

アーチャー「貴様だけ死に際が長いわ!約束された勝利の剣!!」ブン!

ギル「ぐはぁああああああああ!」シュウウウウウウ…

121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 17:25:25.84




凛「アーチャー!」

士郎「勝ったみたいだな」

アーチャー「ふっ、当然だ」

アーチャー「さて、最後の大仕事をするぞ、衛宮 士郎。聖杯を元通りに戻す」

士郎「できるのか、そんなこと?」

アーチャー「あぁ、今の無限の剣製なら行ける」

アーチャー「まず私が破戒すべき全ての符を投影し、キャスターの技量を完璧に模倣し聖杯から泥を分離する。後は貴様が全て遠き理想郷で、全ての泥を浄化しろ」

士郎「ちょっと待てよ!俺だけの全て遠き理想郷じゃ限界がある!」

アーチャー「無論、私も貴様のから投影しバックアップはするさ。いくぞ、失敗したら十年前の繰り返しだ、心してかかるぞ」

士郎「ーーーーーーあぁ」ギュ
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 17:28:34.60






アーチャー「これが、本物の聖杯か」

士郎「なんて輝きだ…」

アーチャー「さて、二人とも、何か叶えたい願いはあるかね?」

凛「私はないわ」

士郎「俺もだ」

アーチャー「そうか、なら凛。私の受肉を頼んでもいいか?私は、守護者から解放されたい……」

凛「……解ったわ、聖杯よ!私のサーヴァント、アーチャーに受肉を!!」

聖杯「いいよー」
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 17:36:40.24






イリヤー「しろー、お醤油とってー!」

士郎「ほら」スッ

桜「先輩、すみません。家に世話になることになってしまって…」

士郎「いいよ、気にすんなって。家が帰ったら全壊してたんだろ?全く誰がやったんだろうな」

アーチャー「ゲフンゲフン」

凛「士郎、私にも醤油とって」

士郎「ん」スッ

凛「ありがと」

アーチャー「ふむ、少し腕をあげたな小僧よ。とは言ってもまだ料理でも剣でも私には勝てんがな、はっはっは」

士郎「五月蝿い!今日こそは一本とってやる!」

アーチャー「ふっ、やってみるがいいさ」クス

士郎(こうして俺達は無事日常に戻り、皆でいつも通りの生活を送っている。高校を卒業したら、外国にアーチャーと行って、もっと力をつけるつもりだ。全ての人、そして何より、この身近にある大切な笑顔と日常を無くさない為にーーーー)
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 17:38:23.31
アーチャー「はっはっは、これで終わりだ。勢いだけのSSだったが、無事完結して良かったと作者も言っている。では機会があれば第4次聖杯戦争で会おうか!はーはっはっは!」
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 17:49:17.34
こういう雑な勢いだけのSSって大好物だったりします
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 17:57:42.66
逆に隙のないSSだった。
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/19(金) 18:50:02.29
純粋な聖杯はノリ軽いな
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/20(土) 00:13:37.65

詠唱ワロタww

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク