渋谷凛「違う出会い方なら」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/22(火) 22:18:14.13
凛「どんな出会いだったと思う?」

P「プロデューサーとアイドルの関係以外で出会ってなかった。以上」

凛「もうちょっと話続けようよ」

P「ま、凛が珍しく雑談を振ってきたんだしな。違う出会いって言ったら犬か花屋繋がり辺りか。んー」


凛との別の出会い方

凛「ハナコ。公園に来たね。フリスビーで遊ぶ?」

ハナコ「ガァウワウガフ!」

凛「行くよ。それ」

P「キャーッチ!」

凛「ん!? 誰? 投げたフリスビー取ったの」

P「初めまして。Pです」

凛「あ…カッコイイ」



P「よし!」

凛「よくないよ。よくないって! 何? ギャグで言ってんの?」

P「当たり前じゃないか」

凛「もうちょっとまともな出会い方ってないの? 例えば」



凛との別の出会い方その2

凛「ありがとうございましたー」

P「すみません。会計お願いします」

凛「ありがとうございます……最近よくいらしてますよね?」

P「気付いてましたか。ここの花たちに惹かれる何かがあるのと、レジに一番素敵に咲く花があるので」



凛「うん!」

P「うんって、うんじゃねーよ! 蒼い。蒼臭いんだよ! 第一不愛想なお前が連日来る客でもそんな風に話しかけないだろ!」

凛「フリスビーをインターセプトする妄想にふけるプロデューサーには言われたくない」

P「……まあ俺たちはプロデューサーとアイドルの出会いが一番だったってことで」

凛「そうだね」

P「まあ、悪くないかな」

凛「あ?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458652684
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/22(火) 22:26:24.53
P「しかし違う出会い方か。中々面白い考えだ。ん?」

裕子「ムムムン! 菜々さんから教わった……ウサミン式サイキックウェーブ! ダメか」

P「何やってんだお前?」

裕子「プロデューサー! いえ、新しいサイキック新技を会得したので」

P「新しい新技って重複……ユッコ。なんとなく聞くけど。俺たちがもしアイドルとプロデューサーじゃない出会い方をしていたらどんな出会いだと思う?」

裕子「! それは私を試しているんですか? いいでしょう。もし違う出会い方なら……」


裕子との別の出会い方

裕子「サイキックスプーン曲げー! フン! 曲がりました!」

P「フフフ。噂に違わぬサイキック力よ」

裕子「ハッ! あなたはかの世界的サイキッカーPさん! どうしてここに!?」

P「この地に類稀なサイキッカーの卵がいると聞いてな。君がそうかな?」

裕子「はい! 堀裕子。巷で美少女サイキッカーと呼ばれる超スーパー凄いサイキッカーです!」

P「フフフ。どうだね。一緒に世界を取らないか? 君と私とならできるぞ」

裕子「世界を……!? ?? わかりました! 世界を取ります!」


裕子「こうして私はプロデューサーと一緒にサイキック世界巡りに出掛けるんです」

P「妄想がスゲー……俺老師みたいになってるし。まあ、設定を弄るのも悪くないかもな」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/22(火) 22:32:39.89
P「本当にユッコはバカだなぁ……ん?」

卯月「プロデューサーさん。おはようございます」

P「おはよう卯月……もしさ。俺たちがアイドルとプロデューサーとして以外の出会い方だったらどんな出会い方がいいとかある?」

卯月「え? いきなりですね。どうかしたんですか」

P「蒼い人が悪い。で、何かないか? ちなみに俺の設定は自由に変えてもいいぞ。年齢にしろ職業にしろだ」

卯月「えっと……うーん」


卯月との別の出会い方

卯月「うわぁ遅刻しちゃう! きゃっ!」

P「ぶつかった! あ、君! 大丈夫?」

卯月「すみません。角でぶつかるなんて思いもしなくて」

P「俺もだよ。やばい! 遅刻する!」

卯月「そうですね。その制服、一緒の学校ですよね。私は島村卯月。あなたのお名前は?」

P「俺はPだ」


卯月「みたいなのはどうでしょうか?」

P「ベタだねぇ。もう逆の意味で新鮮味タップリで普通じゃないよ。と言うか、恋にでも発展するのか?」

卯月「あ、いや、すみません! そんなつもりじゃなくて! あくまで思いついた出会いでして……その! ごめんなさい」

P「謝られても困るなぁ」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/22(火) 23:10:01.12
P「なんであんなに取り乱したんだろう。ん?」

亜季「どうしたんですかプロデューサー殿? 首なんてかしげて」

P「亜季か。別に特くには。なぁ大和君。俺たちがもし今とは違う出会い方をしていたらどんな出会い方が良かったとかあるか?」

亜季「ほう。なかなか面白い問題提示で。それでしたら」


亜季との違う出会い方

亜季「ぬるい! 貴様らは只々泥にまみれるしか能のない泥だと言うことを自覚するんだ!」

P「イエス、マム!」

亜季「んー? 貴様、見かけない顔だが新入りか?」

P「ハイ! 今週より配属になったPです!」

亜季「……たるんでるな」

P「ハイ! たるんでおりますマム!」

亜季「だが素材はいい。貴様、今晩私の部屋に来い。みっちりと鍛え上げてやるぞ」

P「イ…イエス、マム!」


亜季「こうしてプロデューサー殿を毎晩しごきにしごいて屈強な一軍人として仕上がるわけですな」

P「お前が軍曹で俺が部下か……自分の立ち位置まで変えやがった。ん? この匂いは」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/22(火) 23:50:28.01
P「みくぬぁーん! みくと、俺の、違う出会いはー! って何で逃げるんだよ!」

みく「何で追いかけてくるにゃ! 助けてー!」

早苗「早苗さん参上-!」

P「ハッ! 退いてください早苗さん。退かないと僕のサンボが炸裂しますよ」

早苗「いうようになったわね若造。お姉さんに極められてから少しは上達したのかしら?」

P「ところで早苗さん。俺たちが違う出会い方をしていたなら……無理ですね」

早苗「どういうことよ?」

P「実はかくかくしかじか。早苗さんと俺の出会い方は芸能界と言えど特殊ですからねぇ。駐禁切られてスカウトして。あれ以上はないですわ」

早苗「うーん。あれ以上となると」


早苗との違う出会い方

早苗「現行犯で逮捕ー!」

P「ぐわー!」


P「ちょっと待てや! 何で人を犯罪者に仕立て上げてんですか! ちょっと度が過ぎますよ」

早苗「でもあれ以上でしょ。そうなると犯罪者と警察官って役柄が一番かなって。ちなみにP君はどこを想像したの?」

P「雀荘」

早苗「人のこと言えないじゃない!」

P「犯罪者だけはいただけないわ!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/23(水) 00:06:15.10
みく「はぁ、はぁ。逃げ切ったにゃ」

P「で、みくと俺との違った出会いはだな」

みく「うわ出たぁ。何なのさっきから」

P「みく。俺は真剣に考えた。遊びや妥協は一切なし。みくとの違う出会いは猫カフェから始まる」

みく「何言ってんのこの人」


みくとの違う出会い方

みく「にゃんにゃーん。君。かわいいねぇ。あ、待って」

P「あ、ごめんね。一緒に遊んでた猫が僕の所に来ちゃって」

みく「いえ、いいです。あの、よく来てますよねここの猫カフェに」

P「そう言うあなたも。都会の喧騒に癒されたいと思い、来ています。家では一人で寂しいので」

みく「私もです。東京の学校に通って寮生活で、ホームシックになるとつい来ちゃうんですよ」

P「そうですか。あなたも淋しいんですか。もしよければ、この後一緒に食事でもいかかですか? 猫について、色々話し合いませんか?」

みく「……いいですよ。私も、一緒したいなと思っていました」


P「よし! 完璧! 最ッ高!」

みく「ごめん。劈くほどに気持ち悪いにゃ。何ナチュラルに初対面の女子高生をご飯に誘ってるのさ。て言うか蒼臭いにゃ」

P「みく。俺はお前を幸せにしてやる」

みく「聞いてないこの人……トリップしてる間に逃げよ」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/23(水) 07:45:44.68
珍しいパターンやなww
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/23(水) 18:28:21.88
P「みくのやつ逃げやがって。ん?」

楓「コーヒー……コヒー……この日……んー」

P「コーヒー片手に何考えてんだ楓」

楓「プロデューサー。面白いこと言ってもらえないでしょうか」

P「隣の家に囲いができたんだって」

楓「ふーん」

P「まあ、悪くないか」

「「いぇーい」」パシン

P「ちなみに楓。かくかくしかじかでみんなに聞いて回ってるんだ。楓もどうだ?」

楓「そうですね。言ってしまうと、意外と予期せぬところで出会って意気投合する気がします」

P「相席有りの居酒屋辺りですか。いや、意外と合コンってのもあるかも」

楓「プロデューサーに出会う前の私は結構人見知りだったのでそう言った場には行かなかったと思います」

P「そうかもしれませんけど、モデル仲間でどうしても足りないと言われて合コンに渋々と参加する楓。俺も似たような理由で参加。お互い面白くない雰囲気を醸し出している中。なんとなく声をかけるんです」

楓「気が合って仲良くなっていって行くんですか」

P「お互いにアダルト。二人で夜の街に繰り出すんだ」

楓「夜の街は寄るところがたくさんありますからね」

P「そうだよなー! 寄るところがいっぱいあるもんな!」

「「わっはっはー」」

みく「何笑ってんのあの二人」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/23(水) 18:57:36.70
P「やっぱ楓とは馬が合うなー。ん?」

茜「冷やし茶漬け……冷やし!? 冷たい!!?」

P「どうしたんだよ茜」

茜「お茶漬けってあったかものだけじゃないんですね!!! そう言えば冷やし茶漬けってハヤシ茶漬けっぽくないですか!!!!?」

P「何言ってんのお前!? それとな。かくかくしかじか」

茜「違う出会い!? 違う出会いですか!? そうですね!!!!」


茜との違う出会い方

茜「ボンバー! フン! トラーイ!!!」

P「フフフ。噂に違わぬラグビー力よ」

茜「ハッ! あなたはかの世界的ラグビープレイヤーPさん! どうしてここに!?」

P「この地に類稀なラグビーの申し子がいると聞いてな。君がそうかな?」

茜「申し子!? 私がですか!!!!? 照れますね!!!!!!」

P「フフフ。どうだね。一緒に世界を取らないか? 君と私とならできるぞ」

茜「世界を……!? ?? わかりました! 世界を取ります!」


茜「こうして私はラグビーの武者修行に世界を回るんです!!!!!」

P「ユッコのコピペじゃねーか! パッションな考え方やめろ! て言うかお前はプレイヤーじゃなくてマネージャーだろ!」

茜「ハッ! そうでした!!!! じゃあマネージャーとしての武者修行で!!!!!!」

P「いい加減過ぎないか……」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/23(水) 20:09:55.07
P「パッションってなんであんなに弾けてるんだ……ん?」

まゆ「Pさぁん。おはようございます」

P「ようまゆ。いやぁ、まゆを見ると何か落ち着くなぁ」

まゆ「フフ。落ち着きますか」

P「うん。あ、みんなに聞いて回ってんだけどさ。まゆは俺と違う出会い方があるならどんな出会いが良かったとかあるか?」

まゆ「違う、出会い方ですか?」

P「ああ。別にどんなシチュエーションでもいいぞ」

まゆ「うーん。言ってしまえば無いですね」

P「無いのか? こう出会っていればもっと良かったとかあるだろ?」

まゆ「まゆにとってもっとも幸せな出会い方はもう決まっています。Pさんと出会えたこと自体が最高の出会い。まゆにとって今以上に幸せなことはありません」

P「出会えたこと自体がか?」

まゆ「それに今よりいい出会い方なんて言われると、今の出会い方を否定するような気もしてしまって。まゆはやはり今の思い出を大事にしたいんです」

P「今の思い出か……いい答えだ。まゆらしい実直な答え」

まゆ「うふふ。まゆにとってPさんとの出会いは最高の思い出です。きっと皆さんもそう思っていますよ」

P「みんなも、か」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/23(水) 20:19:54.68
P「そうだよな。出会いは変えられないもんな」

幸子「おはようございますプロデューサー! カワイイボクの到来! 春は僕の季節です!」

P「お前もたいがいな発言が多いよな……なぁ幸子。俺たちが今とは違う出会い方をしていたらどんな出会いだと思う?」

幸子「どうしたんですかいきなり? まあいいですよ。そうですねぇ」


幸子との違う出会い方

幸子「カワイイボク……カワイイですね!」

P「なんだあの娘! 超カワイイ!」

幸子「フフーン。そうでしょう。僕はカワイイですからね!」

P「カワイすぎてヤバイ! 空を飛んでしまいそうだ!」

幸子「ボクはカワイイですからね! 空を飛びたくなる気持ちもわかりますよ!」

P「ハァ、ハァ……! 動悸が激しくなってきた! すっげーカワイイ!」

幸子「そんなに息を荒げてはしたないですね! まあボクはカワイイから仕方ないですね!」

P「もう我慢できない! 君! アイドルにならないか!?」

幸子「しょうがないですねぇ。なってあげますよ!」


幸子「こんなカワイイ出会いだと思いますよ!」

P「全くカワイくないんだけど」

完!
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/23(水) 20:21:26.96
凛で始まり幸子で終わる短編集

しぶりんは正妻ってより全面的に信頼できる相棒って感じの方がしっくりくる。
Pは楓さん以上早苗さん以下ぐらいの年齢が理想的
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/23(水) 20:47:01.30
乙!勢いで押し切ったな
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/23(水) 21:33:03.22
乙です

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク