【R-18】城ヶ崎美嘉「白衣と」一ノ瀬志希「欲望」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/02(水) 06:38:04.39

※今回はレズプレイです


関連?スレ

【R18】一ノ瀬志希「興味と」城ヶ崎美嘉「嫉妬」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456868284
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/02(水) 06:56:22.98
「…ままままって、なんでこんなことになってるのかなー?志希?」

「それはカレに聞いてくれたまえー。あたしにサポート任せたってことはそういうことだろうし?」

今回のお仕事は、女医のイメージ
つまり頭を良く見せる必要がある
…と、思ってたんだけど

「ぷ…プロデューサーはあたしを襲えって言ったの?」

「ううん?これはあたしなりの解釈というかね、キミがちょっと考えすぎかなとゆー」

…何故かアタシが、志希に診察されている
白衣を着けたまま…胸をむき出しにさせられている
…え?え?セクシー女医ってそういう方向なの?

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/02(水) 07:15:47.29
「雰囲気作り?がどーのこーの言ってたねーカレは♪」

「な、なにソレ意味わかんなっ…?!」

志希の白衣はあのコの自前
普通の白衣じゃない
プロデューサーの汗を何度となく吸ったことがある白衣ということを
…アタシは知ってしまっている
…ヤバい
流石に洗ってはいるだろうけど
…意識しちゃう
あの人に、迫られているみたい

「はい、大きく息を吸ってー、吐いてー」

「…ふーっ…ふーっ…」

このままはマズいはずなんだけど
抵抗する気分が、なんかイマイチ
それどころか、深呼吸は余計にアタシのエロい気分を引き出していく
…この匂い、知ってる
アタシをずっとユウワクしてきた、匂い
…お腹の奥が、キュッと引き締まっていく

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/02(水) 20:26:51.21
「ふむふむ、微熱と軽い動悸と悪寒…ふむふむ…なるほどー」

「…あっ、そこ…さわっちゃあっ…」

おっぱい見られて、触られちゃってる
志希は視線を鋭くしながら、アタシの『症状』を探っている
今…乳首をいじられたら、キモチヨサを抑えられない

「以前にこんな症状が出たことは?ん…」

「はあ…うっ、な、何回…かあっ…んむう?!」

真面目だったり、陽気だったり
志希は様々な女医の姿をアタシに見せてくる
こういうの、舌を巻くって表現するんだっけ?
…今のアタシの舌には志希の舌が巻き付いてきてるんだけど
楓さんじゃあるまいし、アタシ何考えてんのかな…
頭、ぼーっとしてきて…

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/02(水) 20:38:12.52
「ん…これは恋の病ですね、お注射をしましょー♪」

「…えっ?注…射…!?」

意識を左腕に向けた瞬間…アタシは仰向けに押し倒され、足を広げられていた
…あれ?注射じゃないの?

「にゃはははっ、キミにお注射するのはここー♪ハスハス」

「はいいっ!?ひんんっ!?」

スカートをめくられ、ショーツを引き抜かれ
…おまんこをぱっくり横に開かれる
ここで初めて、アタシはおまんこを濡らしていたことに気がついた
…わざとらしい鼻呼吸が、ゾクゾクとドキドキを増加させていく

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/02(水) 20:47:00.95
「ちょっと染みますよー♪なんて、ふっふー」

「んひっ、ひっ、ひっ、ひっ…★」

まるで注射前の消毒のように
志希の舌がアタシのおまんこを繰り返し舐めてくる
舐めては開き、舐めては開き
『注射』する部分をあぶりだしていく
アタシも我慢出来なくて、右乳首を自分でつねっていた

「んー、血管細いのかにゃ?こっちの方がやりやすいかもー」

「ふやああああっ?!」

…クリトリスに舌が押し付けられる
何回か味見されてから、チュッ、チュッ、チュッと、吸われていく
これだって刺激は注射みたいなもんだと思う
刺激が、強すぎる

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/02(水) 23:14:27.67
「チクってするからねー?痛くはないはず」

「……ーーっ?!!」

当たり前のように吸い込まれる、志希の人差し指
一直線に、深く深く突き進む…と思っていたら

「はい終わり」

「んやううっ…え?」

「注射なんだからそんな長々とやらないよ?ふっふー」

アタシの中に何かを打ち込むような仕草をする程度の時間しか経っていない
本当にただ差し込んだだけで
あっさり指を引き抜かれてしまった
…いつもならあのコは指の匂いをかぐのに、それすらしないで拭き取っている
アタシは…モヤモヤがたくさん残ってるのに…

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/02(水) 23:25:04.61
「じゃあおクスリ出しておきますねー…どったの美嘉ちゃん」

「し…志希…あの、さ…」

「んー?」

「せ、精密検査…してないでしょ?お願い…したいんだけど…」

「どこのー?」

ああもうっ!
本当にアイツも志希もっ!
どれだけアタシを恥ずかしがらせて、遊んでるのかなあっ!!

「お…おまんこを…アタシのおまんこを…隅々まで、検査…してっ…!」

「♪」

「っっああああーーっ★」

今度はアタシから開いて見せた
足もおまんこも開いて、志希に見せつけた
あのコの中指と人差し指がアタシに対する授業を始める
頭の中がもっとエロいことを勉強したいって言ってる

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/02(水) 23:48:50.14
「にゃは、暴れたら検査できないよー♪」

「そんなこと言われたってえっ、きもちいよぉっ…★」

くちょ、くちょ、かき混ぜられる音がはっきり聞こえる
アタシのおまんこの変化を感じとるために
奥から入り口まで、何回も繰り返して触れてくる

「ま、そこそこは触らずともわかるけどね。ガン探知犬とか、聞いたことないかなー?」

「しっ、知らないっ、知らないいっ…!」

今はとにかく触って欲しい
アタシの感じる場所を徹底的に調べて欲しい
撫でて、こすって、えぐって、掘り進んで
おまんこをたくさん調べて欲しいっ…!

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/03(木) 21:51:26.73
「それにしても、キミもすっかりオンナの匂いがするようになったね。トーゼンだけど♪」

「だって、だって、プロデューサーと志希がっ…」

「確かにあたしは誘ったけど、選んだのはキミ。キミ自身がおまんこしたくなったのだー」

それは、間違いない
志希の指でぐちょぐちょにされてる間に
…アタシの右手はクリトリスに届いていた
アタシ自身が、エロいんだ

「おちんちん欲しいっ…おまんこにっ…アタシ、アタシっ…★」

「あちゃー、おちんぽ禁断症状かな?流石にあたしもおちんぽは生やせないからねー?」

「ひいいいーーっ?!」

「…はにゃー…♪」

おまんこの内側からめり込ませるように、志希の指の動きが激しくなる
アタシを一回、二回…三回くらいイかせて
とろとろになった指を引き抜き、見せながら
いつものように鼻で息を吸う
志希もアタシに付き添うように、ビクビク震えてイっていた

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/03(木) 22:01:57.67
「…ズルい」

「お?」

「志希ばっかり、ズルいっ!」

「うひゃー♪」

おまんこのうずうずは収まらないけど
それ以上に、志希のカラダを弄りたくなった
アンタのカラダを知ってるのは、プロデューサーだけじゃないんだ

「ほら、志希もおまんこドロドロじゃん、おちんちん欲しくてたまらない癖にっ!」

「あっ♪あっ♪あたしは、いつだって、カレとキミとで、ヘンタイごっこしたいからっ…ひううっ♪」

志希の言い方が、アタシの欲望を刺激する
アタシのやり方で、アタシの匂いで
…どれだけ志希をイかせられるのか
まず最初は、さっきのお返し
ピンク色の肉をくいっと広げて
ふーっ、ふーっと、息を吹きかけて煽る

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/03(木) 22:14:16.31
「ね、ねー美嘉ちゃん、舐めあいっこしない?ひんっ」

「ダーメ★志希がアタシくらいイったら考える」

「あはは、そっか、んふ…ふああっ?!」

まるで志希の呼吸に合わせるみたいに
ピクン、ピクン、震えて、動いて
アタシの指を誘っている
せっかくだから、フツーにではなく…ちょっと変えてみよう

「チクってしますからねー★痛かったら言って?」

「えっ、はうううっ!!?」

思いっきり主張する場所をスルーして
目を付けたのは…やや埋もれたクリトリス
皮を剥いて、空気に触れさせて
…そっと、そっと、ピンセットで挟む
挟んで、揺らして、ツンツンつついて
アタシなりの診察で、志希をイかせる

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/03(木) 22:32:00.13
「あ、あ、あひゃっ…ひゃいいっ…♪」

「…プロデューサーってどれくらい過激なことやってんの?」

「はふー…ふう、…く、クリちゃんをね、ふにゃっ!そう!そんなカンジっ、徹底的にイジメてくるうっ…!?」

「ん、ん、はーっ…ちゅ、志希は痛いくらいが好きなんだ」
キスして、舐めて、転がして
くいっと押し付け、力を強めて
クリトリスの深い部分をピンセットで挟んで
やられた以上に、やり返す
おまんこからこぼれていく汁を何回もなすりつけて
エロい出っ張りをひたすらにかわいがる

「はひっ、みっ…美嘉ちゃんそろそろ、そろそろおまんこを検査、してほしっ…ひゃあああっ…!」

「検査方法はいくつかあるけど…ご希望は?」

「ぜ、全部がいいっ!美嘉ちゃんが知ってる全部の方法でっ、あたしのおまんこ調べてーっ♪」

「ふふ、しょうがないなー★」

「にゃああああーっ♪」

あの人のおちんちんを知ってる者同士、遠慮はしない
いきなり指を三本、濡れたおまんこの中に突っ込んで
くちゃりくちゃりと、聞こえやすいように大きく動かした

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/04(金) 23:29:00.07
「んくううっ…うあっ、そこヤバいよっ…♪ヤバいからああーっ♪」

「知ってる。アタシだってたっぷりやられたんだから」

指を包み込む肉を掘り進み、さっき感じさせられたのと同じ場所を探って…ゴリゴリえぐる
甲高い声をあげて、体をリズミカルに揺らして
…あのコはイっていた

「…ら、らめ、これ…んふうっ…きひゃううっ♪」

「…スキでしょこれ、もっとイっちゃいな?」

「ハスハス…ハスハス…いひゅううーっ♪」

たっぷりの汁で濡れた指を、味見する
…相変わらずの苦さだった
そして、アタシのよだれを絡ませてから…志希の鼻へ近づける
あのコは餌にありついたみたいにはしゃいで、かいで、イって
…アタシはそれを見るのが楽しくなっていた

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/04(金) 23:46:07.80
「…あ、改めてこうすると恥ずかし…あっ、あんまり広げないでっ…」

「にゃは、さっきよりイイ匂いでおいしそー♪」

「あ、あっ、一気にはキツいっ…」

触られるだけじゃ、触るだけじゃ
…足りなくなってきたから
アタシたちはお互いのおまんこが見える格好になった
クリトリスをつつく度に…志希のおまんこは息をするようにいやらしく動いている
一方アタシの中には、多分志希の指が三本入ってきてる
アタシのも…エロく動いてるのかな

「み、美嘉ちゃんっ、尿検査しよーよ♪」

「えっ、ええっ…!?」

流石にそれは…と思ったけど
紙コップは手に届く位置にある
背筋がゾワゾワして、下半身にも伝わってきている
したくてたまらない、見たくてたまらない
アタシどこまで、ヘンタイになるんだろう?

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/04(金) 23:58:21.44
「はやく、はやくー♪ほら、あたし先に出すよ?」

「待って、慌てないでって!恥ずかしいんだからさっ!…や…ああっ…」

「…はー…♪スゴい…キてるっ…!」

違う場所から聞こえてくる、2つの音
アタシたちの…おしっこが、紙コップに当たる音
だんだん量を増して、音の感じも変わってくる
…普通より大きめのだったからか、あまりこぼさないですんだ

「…もう、志希はエロすぎ…って、志希っ!?」

「いやいや、ついねー、カレのクセというかーにゃははははっ♪」

志希はおしっこの匂いをかいでから、当たり前のように飲み始めた
仰向け状態でそんなことすれば、こぼれるのも当たり前
いや、わざとこぼして…アタシの匂いを残したんだ、志希は…

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/05(土) 00:07:47.06
「…どれだけやっても慣れないなあ、これ」

「なんだかんだ付き合ってくれる美嘉ちゃんには感謝感謝♪」

「もう…んっ…」

志希の口を通して、出したばかりのおしっこを飲まされる
ブルブルと寒気が走って
アタシはそれを心地よく感じていた

「ところで女医っぽさはでてたかにゃ?」

「…アタシそれどころじゃなかったんだけどなー」

「ダメかー。んじゃ次はカレにエンギシドーをお願いしよー♪」

「ウソっ、まだやるのぉっ?!」

思わず、飛び出したのは恥ずかしさから来たウソ
本当はもっとしたい
プロデューサーとも志希ともエッチしたい
アタシの知らないアタシをいっぱい検査して欲しい
アタシの欲望はどんどんエスカレートしていく
…どこまでも、どこまでも

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/05(土) 00:11:46.52
おしまい
志希美嘉を立て続けにやったので大分吐ききった感じです
とりあえずもうネタはないので暫くお休みして
適当な時期にまたなんかやると思います
ではまた
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/05(土) 07:31:32.73
お疲れ様です
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/07(月) 20:08:24.08
おっつおっつ。エロいお二人

あつみんがいろんなアイドルにエッチなお仕置きされるのが見たいです
荒木先生に筆を突っ込まれたり、沙紀に服を没収されてボディペイントされたり

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク