緒方智絵里「たまには、かっこいいと言われたい」

1 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 02:50:26.10
智絵里「今度DJの仕事をすることにもなったし……」

智絵里「たまには、こう……クールでロックな感じにいきたいなあ」

智絵里「でも、どうやったらいいのかな……?」

智絵里「ひとりで考えていても仕方ないし、誰かに相談してみよう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457545826
3 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 02:53:58.93
美穂「かっこよく、かあ」

智絵里「なにかいい案、ないかな?」

美穂「私も、クールとかロックとかはよくわからないし……」

美穂「あ、そうだ。とりあえず、今までに『かっこいい』って言われた時のことを思い出してみればいいんじゃないかな」

美穂「どういう時に言われたかを研究すれば、どんな感じにすればかっこよく見えるのか、わかるかも」

智絵里「なるほど……確かに、そうだね」

智絵里「ちょっと思い出してみようかな。えっと……」ホワンホワン

美穂「私も。えっと……」ホワンホワン

4 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 02:55:38.80
P『智絵里はかわいい顔をしているな』

P『美穂は熊のぬいぐるみを抱いて寝るのか。かわいいな』

P『うさみみの智絵里もかわいいなあ』

P『美穂は魔女のコスプレしてもかわいいなあ』

P『智絵里はかわいいなあ!』

P『美穂はかわいいなあ!!』

P『智絵里はかわいいなあ!!!』

P『美穂はかわいいなあ!!!!』




智絵里「………」カアァ

美穂「うぅ……褒めすぎですよぉ」カアァ



智絵里「か、かわいいと言われたことしか思い出せなかった……」

美穂「私も……あ、あはは」
6 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 02:59:25.16
夏樹「なにしてるんだ? ふたりで顔赤くして」

美穂「あ、夏樹さん」

智絵里「えっと。実は、クールでロックになれる方法を探していて……」

夏樹「ロック?」

智絵里「夏樹さん。何かいい考え、ありませんか?」

美穂「夏樹さんならきっと――」


ぽん


夏樹「智絵里も美穂も、もう立派に心にロックを飼ってるぜ」(シンデレラガールズ劇場参照)

智絵里「ほぇ?」

夏樹「アタシが今さら言うことなんてひとつもない。オマエらならできる!」

美穂「はぇ?」

夏樹「そのまま突き進め!」b


すたすたすた……


智絵里「………」

美穂「行っちゃったね……」

智絵里「自分で考えろってことなのかなぁ」
7 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:02:50.15
智絵里「うーん……とりあえず、わたしなりにクールな演技をしてみるね」

智絵里「見て、感想くれるかな」

美穂「うん、わかった。どうぞっ」

智絵里「では……こほんっ」



智絵里「やあ、美穂ちゃん。今日もかわいいね」キラーン

智絵里「君の美しさは……そう、えっと……たとえるなら、空に輝く太陽」

智絵里「ぼ、僕は、えと……君のその笑顔を、えとえと、守るナイト……」

智絵里「は、はずかしい……」

美穂「(必死に背伸びしてる姿がかわいいとしか言えない……)」
8 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:06:03.79
美穂「そんなに芝居がかった感じじゃなくて、もっと自然にやればいいんじゃないかな」

智絵里「だって、自然にしたらいつもと変わらないし……」

美穂「ああ、そっか。うーん」


卯月「どうしたんですか? ふたりとも、暗い顔をして」

智絵里「卯月ちゃん」

美穂「実は――」



卯月「ふむふむ。クールでロック、かぁ」

美穂「卯月ちゃんは、なにかいい考えある?」

卯月「そうだなあ。私達、ピンキー『キュート』だし……衣装も、カワイイ系が大半だから」

卯月「ここは、他にクールでロックな人を探して、その人に聞いてみましょう」

智絵里「やっぱり、それが一番かな」
9 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:08:07.16
美穂「近くにいるクールでロックな人は……」


李衣菜「………」チラチラ


智絵里「クールで、ロック……」


李衣菜「………」チラチラ


卯月「……あっ! いました!」

李衣菜「!」


卯月「凛ちゃーん! ちょっとこっちに来てくださーい!」

凛「ん?」


李衣菜「ずこっ!」
11 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:11:35.43
李衣菜「ふん、いいよいいよ。どーせ私は未熟なロッカーですよーだ」

李衣菜「外野にもキュートだのパッションだの言われてるし……」

智絵里「あ、李衣菜ちゃん」

李衣菜「え?」

智絵里「ちょっと、クールでロックな振る舞い方について考えてるんだけど……よかったら、アドバイスくれないかな」

李衣菜「え、えっ? 私でいいの?」

智絵里「うん。だって、この前のフォー・ピースのライブ、すっごくかっこよかったから」

智絵里「クールでロックなアイドルだったもん」ニコニコ

李衣菜「………」

李衣菜「て、天使だ……」

智絵里「え?」

李衣菜「なつきち、天使ってこんなにかわいいもんなんだね……」ホロリ

智絵里「だ、だからかわいいじゃだめなんだってば」ワタワタ

12 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:16:20.70

卯月「というわけで、お願いします。先生っ」

李衣菜「よっしゃー! はりきっていくよー!」

凛「いきなり呼ばれて先生扱いされても……私、そんなにクールだっけ」

美穂「クールだよ」

智絵里「クールだよ」

凛「そこまではっきり言われるか……」


智絵里「普段、なにか意識していることとかないの?」

凛「ない」

智絵里「じゃあ、ライブ中は?」

凛「ん………全力で歌って、踊って、最後は笑顔」

美穂「それは、私達もやってることだよね」

卯月「凛ちゃんは、本当に自然体でクールなんですね」

卯月「かっこいいです!」

凛「なんかよくわからないけど、褒められてる?」
14 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:20:09.79
美穂「李衣菜ちゃんは? ライブ中、意識してることとかある?」

李衣菜「もちろん! クールでロックだからね!」

李衣菜「こう、がーっとやって! だーっとやるっ! そうしたらロックな感じでイケる!」

美穂「………??」

智絵里「あの、もう一回お願いできるかな」

李衣菜「だから、がーっとやって! どかーんといく!」

智絵里「さっきと変わってない?」

凛「あ、でもそんな感じだよね」

李衣菜「だよね! ばーっとやるのが大事だよね」

凛「うん。確かに」ウンウン

美穂「つ、通じてる……!」

卯月「クール同士にしか理解できないものがあるんでしょうか?」

15 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:23:56.06
凛「じゃあ、頑張ってね」

李衣菜「ロックにいくんだよっ!」

智絵里「ありがとう、ふたりとも」




卯月「他の人の意見も聞いてみましょうか」

美穂「そうだね」

智絵里「えっと、近くにいるかっこいい人は……」キョロキョロ



蘭子「じーー」キラキラ

智絵里「………」

蘭子「じーー」フンス!


智絵里「蘭子ちゃん、ちょっと聞きたいことが」

蘭子「ククク、私の力を魅せる時が来たようね!」

美穂「(声かけられるの、待ってたのかな……あはは)」
16 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:26:36.43
レナ「おはよう」ガチャ



智絵里「闇に飲まれよ!」バッ

卯月「闇に飲まれよっ!」バッ


レナ「………」

レナ「……なにかのゲーム?」


美穂「やみのまっ!」シュバッ!

蘭子「おおっ! この短時間で簡易術式まで会得するとは……さすがは同郷の同胞よ!」

美穂「えへへ、それほどでも」

レナ「簡易術式なんて存在したのね」

17 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:29:51.61
レナ「へえ、なるほど」

レナ「つまり、たまにはかっこいいと言われたいのね」

智絵里「はい。でも、なかなかうまくいかなくて」

智絵里「どうしたら、レナさんみたいにかっこよくなれるんでしょうか」

レナ「……ふふ」

智絵里「?」

レナ「私みたいに、っていうのはともかくとして……智絵里ちゃんは、もう十分かっこいいところを持っていると思うわよ」

智絵里「え……そんな、わたしなんて」

レナ「あら。私の言うこと、信じられない?」

智絵里「えっと。そういうわけじゃ、ないですけど……その」

レナ「うふふ、ごめんごめん。意地悪な言い方しちゃった」

レナ「なら、そうね……ひとつ、賭けをしない?」

智絵里「賭け、ですか?」
18 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:32:44.82
レナ「ええ。あなた、この後レッスンでしょ?」

レナ「終わったら、Pさんに感想を聞いてみなさい。私の姿、どう見えましたかって」

レナ「彼には、見学に行くように言っておくから」

レナ「で。私はそこで、彼が『かっこよかった』と言うほうに賭けるわ」

智絵里「………?」

レナ「外したら、ジュースでも奢ってあげる」フフッ

智絵里「そんな簡単に、わたしがかっこいいと言ってもらえるとは……」

レナ「ま、見てなさいって」

レナ「私、勝負勘には自信あるんだから!」
19 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:36:56.12
そして――


ベテトレ「よし! 今日のレッスンはここまで!」

智絵里「ありがとうございましたっ」




P「おつかれ、智絵里」

智絵里「あ、Pさん。見ていてくれたんですね」

P「ああ」

智絵里「……えっと。わたし、どう見えました?」

P「ん? かっこよかったけど」

智絵里「そ、そうですか。かっこよく……」

智絵里「はぇ?」

P「?」

智絵里「あ、あの。レナさんに、何か言われました?」

P「レナさん? 智絵里のレッスンを見てあげて、とは言われたけど」

智絵里「それだけですか?」

P「うん」
20 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:40:46.74
智絵里「………」ポカン

P「どうしたんだ?」

智絵里「えと……わたしの、どこがかっこよかったのかなって」

P「どこが、か」

P「智絵里、本気でレッスン頑張ってただろう? トレーナーさんの言うことをしっかり聞いて、トレーナーさんの動きをひとつも見逃すまいと目で追っていた」

P「そうやって真剣に、熱心に取り組んでいる姿は、誰だってかっこいいさ」

智絵里「……クールで、ロック?」

P「ん? ああ、クールだし、ロックだと思うぞ」

智絵里「………」

P「智絵里?」

智絵里「なんていうか……その」

智絵里「意外と近くに、答えがあったんですね。えへへ」

21 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:43:41.31
P「なるほど。そんなことがあったのか」

P「確かに、ライブが終わった時も、『よくやった』とか『輝いていたぞ』とかばっかり言って、『かっこいい』とは言ってあげられてなかったかもしれないな。ごめん」

智絵里「ということは、ライブの時も?」

P「かっこいいと思っていた。さっきも言ったけど、本気で何かにぶつかっている人間はそう見えるものだから」

智絵里「……そう、なんですね」

P「確かに、凛とかに比べればクールな部分は見えにくいかもしれない」

P「でも、智絵里にもちゃんとあるんだよ。普段は見つけづらいかもしれないけど、しっかり眠っているんだ」

P「レナさんも、普段はクールだけどキュートな部分もしっかりある。それと同じだな」

智絵里「ふふ、そうですね」
22 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:47:50.41
智絵里「ありがとうございます、Pさん。わたし、どうすればいいのか、わかってきた気がします」

P「そうか。じゃあ、頑張れよ」

智絵里「はいっ。次のDJのお仕事は、クールに決めちゃいます」

智絵里「期待、していてくださいっ!」b

智絵里「……今のは、ちょっとかっこよく決めたつもりなんですけど。えへへ」

智絵里「どうでした?」

P「………」




P「かっこ……かわ……かっこかわいい」

智絵里「どっちですか?」



おしまい
23 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/10(木) 03:51:12.52
おわりです。お付き合いいただきありがとうございます
バラエティ方面だったりDJだったり、最近の智絵里は精力的に活躍の場を広げていてかっこいい。そしてかわいい

過去作もよかったらどうぞ

モバP「やんでれちえりん」


モバP「つんでれちえりん」


緒方智絵里「働きたくない」 双葉杏「ど、どうしよう……」


久し振りにまともな智絵里書いた気がする
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/10(木) 04:09:29.97
乙。
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/10(木) 04:28:28.22

よかったよかった
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/10(木) 07:59:52.62

ちえりんかわいいよ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/10(木) 08:45:11.96
ちえりんおつ
関連スレ:

この書き手のSS



関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク