モバP「俺の妹がこんなに25歳児なわけがない」

1 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 19:33:12.43
凛「プロデューサー。それじゃ、また明日ね」

P「ああ。気をつけて帰るんだぞ」

卯月「お疲れ様でした!」

未央「バイバイ、プロデューサー!」

P「おう。2人も気をつけてな」

バタン

P「さてと、俺もぼちぼち帰る準備するか」

楓「あ、プロデューサー。もう帰るんですか?」

P「ええ。やることはやったんで」

楓「なら、一緒に帰りましょう」

P「そうですね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433932382
3 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 19:36:28.81
帰り道


P「………」

楓「………」

P「ふう。今日も疲れたな」

楓「ふふっ。兄さんはいつも疲れていますね」

P「大人数のスケジュールを管理するのって大変なんだぞ? しかも全員女性だし」

楓「でも、仕事に充実感は感じているんですよね?」

P「そりゃあな。アイドルのプロデューサーは、一応天職だと思ってる」

P「それでも、身体や精神がこたえるのとは別問題だしな」

楓「愚痴なら聞いてあげますよ。お酒と一緒に」

P「そんなこと言って、理由つけて飲みたいだけじゃないのか?」

楓「あ、ばれちゃいました?」

P「おい」
4 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 19:38:41.91
P「まあ、今日は飲みに行ってもいいかな。もうすぐ給料日だし」

楓「現金をもらって元気に……ふふっ」

P「さ、今日はどこの店に行く?」

楓「反応がないと寂しいです……」



女性にしては高身長。すらりとした大人っぽいスタイルから繰り出される寒いギャグ。

彼女――高垣楓は、何を隠そう俺の妹である。年はひとつしか違わないが、間違いなく実妹である。

半年前。アイドルのプロデューサーとして働いていた俺は、モデル業で悩んでいた楓に対して、半ば冗談でアイドルへの転身を勧めてみた。

そうしたら思いのほか食いついてきて、今にいたるというわけだ。

兄妹関係を隠しているわけではないが、一応職場ではアイドルとプロデューサーという関係を前提に接している。

ちなみに、現在は兄妹2人で仲良く同居中。
5 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 19:41:03.81
とある日の朝


P「……ぐう」

楓「おはようございまーす……(小声)」ガチャ

P「……すぴー」

楓「起きてますかー……?」

P「……すう」

楓「……ふふっ」スッ

楓「(静かに枕元まで移動して……)」
6 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 19:42:50.96
楓「ふう~~っ」

P「ぬわおっ!? な、なんだ!?」

楓「おはようございます、兄さん♪」

P「楓か……お前、何したんだ」

楓「兄さんの耳に息を吹きかけました」

P「理由は」

楓「喜んでもらえるかと思って」

P「びっくりするだけだわ!」

楓「そうですか? 気持ち良かったりとかは?」

P「そんなもん……!」


P「……ちょっとゾクッときた」

楓「素直な兄さんは好きです」

楓「もう一度してあげましょうか」

P「結構です。ほら、さっさと出てけ。着替えるから」

楓「残念」ショボーン
7 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 19:45:08.14
朝食中


P「楓」

楓「なんでしょう」

P「お前はもっと兄に対して敬意を持つべきだ」

楓「敬意? いったいどのような経緯でそんなことを」

P「頻繁に行われる今朝のようなイタズラを経験してそう感じた」

楓「乙女のかわいいイタズラですよ?」

P「25にもなって自分を乙女と言うのはどうなんだろうな」


楓「では、少しだけ敬意をもって接してみましょう」

P「おう」
8 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 19:47:07.45
楓「……コホン」


楓「さすがはお兄様です」

P「はい?」

楓「この目玉焼き。一切形が崩れていませんし、塩コショウの塩梅も絶妙」

楓「まさに目玉焼きづくりの天才です」

楓「なかなかできることじゃないよ(裏声)」

P「よくわからんが馬鹿にしてないか?」

楓「いいえ。事実おいしいじゃないですか、兄さんの作る目玉焼き」

楓「あと、だし巻き卵もおいしいですよね。おつまみに最適です」

P「食べ物のことばっかりだな……」

P「他にないのか? 顔がかっこいいとかさ」

楓「……え?」

P「真顔でその反応はちょっと悲しくなる」
9 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 19:49:44.61
とある休日


楓「2人で並んで買い物だなんて、まるでデートみたいですね」

P「そう思うか?」

楓「兄さんは不満ですか? 私がデートの相手だと」

P「そういうわけじゃないが……今日の買い物リストを朗読してみてくれ」

楓「ええと……マイナスドライバー、洗濯ばさみ、スポンジ、トイレットペーパー、あとは夕食の材料ですね」

P「恋人と一緒に買いに行くにしては所帯じみていると思わないか」
10 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 19:52:37.44
楓「なるほど……そうですね。これは夫婦で買いに行くものですね」

P「妹よ。そんなに俺とデートしていることにしたいのか」

楓「あら。私は兄さんとなら結婚してもいいと思っていますよ?」

P「嘘だろ」

楓「はい。でも、今日は甘えたい気分なので」ギュッ

P「お、おい。さすがにアイドルが街中で腕をからめるのは」

楓「大丈夫ですよ。最低限の変装(帽子と眼鏡)はしていますし、たとえバレても兄妹同士のスキンシップです」
11 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 19:55:12.70
P「まったく……」

楓「悪い気分ではないでしょう?」ニコニコ

P「……まあ、見た目だけなら美人が相手だからな」

楓「む。なんだか引っかかる言い方ですね」

P「中身が激寒ダジャレお姉さんじゃなければなあ」

楓「そんなこと言う人には……えいっ。こちょこちょ~」

P「うおっ!? ば、ばかやめっ、はははっ!」

P「この、お返しだ!」

楓「きゃっ、ふふっ、ちょ、ちょっと兄さん、それやりすぎ、ふふふっ」
12 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 19:58:41.56
凛「………」←たまたま近場にいた


凛「休日の街中で何やってんの、あのふたり……」
13 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 20:02:24.50
とある日の夜


美優「どうも、お邪魔します」

P「どうぞどうぞ。狭い部屋ですけど」

楓「今日は3人で宅飲みですね」

楓「ここでならいくらでも酔い潰れて大丈夫なので、遠慮なく飲みましょう」

美優「いえいえ、さすがに潰れるまでは飲まないようにします」
14 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 20:05:12.91
楓「迷惑とか、気にしなくてもいいんですよ?」

美優「……Pさんに、はしたないところを見せたくないので……」ボソリ

P「さて、早速酒を用意っと……あれ、美優さんどうかしましたか?」

美優「い、いえっ……! なんでもないですから……!」

楓「………」

楓「兄さん、兄さん」チョンチョン

P「ん?」

楓「今日のお酒、強いのを選んでください」ゴニョゴニョ

P「いいけど、どうして」

楓「ひょっとすると、美優さんの本音が聞けるかもしれないので」
15 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 20:11:25.55
しばらく経って


楓「うーん……あぅ~」グッタリ

P「あんなこと言ってたくせに、自分が先に潰れるのか……」

美優「結構ハイペースで飲んでられましたから……」
17 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 20:12:37.75
美優「でも、珍しいですね……普段なら、楓さんが一番アルコールに強いのに」

P「ああ、店で飲む時はそうですね。でもこいつ、うちで飲む時は大抵先に潰れるんです」

美優「そうなんですか? へえ……こちらで飲むのは初めてなので、知りませんでした」

楓「……すう」

P「おっと、ついに眠り出した」

P「とりあえず、毛布でもかけておこう」
18 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 20:14:02.56
美優「………」チビチビ

P「どうしました? そんなに遠慮せず、もっと飲んでいいですよ」

美優「いえ、その……楓さんが寝てしまったので、ふたりきりだなって、思いまして……」

P「そういえば、美優さんとふたりで飲むっていうのは初めてですかね」

美優「はい……」

美優「あの、Pさん」

P「なんですか」

美優「わ、私達……同い年ですよね」

P「ええ、そうですけど。それがなにか」

美優「えっと……まあ、それはあまり関係ないんですけれども」

P「関係ないんですか」
20 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 20:16:10.50
美優「その……私、Pさんのことが、その――」


ガシッ

P「ん?」

楓「………」ジー

P「なんだ楓、起きたのか。寝るんなら自分の部屋に」

楓「おんぶ」

P・美優「えっ」

楓「兄さん。おんぶして連れてって」トロン
21 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 20:19:03.19
P「あー、またいつものが出たな」

美優「いつもの?」

P「こいつ、家で酔い潰れると子供みたいに甘えてくるんですよ。普段の数倍レベルで」

楓「ねー、いいでしょう? いっつもしてくれてるんだから……ね?」ギュー

P「わ、いきなり抱きつくなっ。まったく、なんでお前はうちで飲むといつもそうなるんだ?」

楓「だって、私と兄さんの家だもの……落ち着きすぎて、つい酔いに負けちゃうの」ダキッ

楓「ほら、はやくぅ」
22 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 20:20:03.85
P「今日は我慢しろ。美優さん来てるんだから」

楓「……みゆさん?」

楓「………あ」

P「お前、酔って美優さんの存在忘れてたな?」

楓「……ええと、その」

楓「お、お見苦しいところをお見せしまして」

美優「うふふ、いいんですよ。楓さんのかわいらしい一面も見られましたから」

楓「さ、さすがに恥ずかしいです……」

P「楓のうろたえる姿は珍しいな」
23 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 20:20:43.83
飲み会も終わって


美優「すみません。泊まらせていただくことになってしまって……」

P「問題ないですよ。ちょうど空き部屋もありましたし」

P「それじゃ、おやすみなさい」

美優「はい。おやすみなさい」


P「さて、美優さんの案内もすんだし」

P「おーい楓。お前も部屋行って早く寝ろよー」

楓「……はあ。今日は失敗しちゃいました」

P「美優さんは他人に言いふらすような人じゃないし、安心していいと思うぞ」

楓「それはそうですけど」
24 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 20:21:29.05
楓「………」

P「どうした。ぼーっとして」

楓「兄さん……兄さんは、いつかいい人を見つけて結婚しますよね」

P「……なんだ? 急に」

楓「酔っ払いの話に脈絡はないものです」

P「自分で言うのか……」
25 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 20:22:05.04
P「まあ、いつかは結婚したいと思ってる。でも、それは楓も同じだろう」

P「アイドルを引退して、どこかの男と結婚する。そんな日が多分やってくる」

楓「そうですね……でも」


楓「その日が来るまでは、こうして兄さんと一緒にいたいです」

P「……ああ。俺もそう思う」

楓「ふふっ」

楓「それじゃあ、おやすみなさい」

P「おやすみ」



おしまい
28 : ◆C2VTzcV58A :2015/06/10(水) 20:27:33.91
楓さんは成人してるけど25歳児だし、ちょっとくらい妹にしてもバレへんか

短いですがお付き合いいただきありがとうございました
次はおそらく未成年のアイドルを妹として描くと思います
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/10(水) 20:28:12.28
やみのま
続き期待してます
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/10(水) 20:33:06.35
おつおつー
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/10(水) 20:33:35.52
おっつおっつ
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/10(水) 23:50:44.39
>>1
なんちゅうもんを読ませてくれたんや……
なんちゅうもんを……
こんな素晴らしいSSは読んだことない…
これに比べると俺のSSはクソや。


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク