八幡「三浦と談笑」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 23:45:05.43
焼肉屋


三浦「そのロースもう焼けたんじゃない?」

八幡「そうか?じゃあ、もらう」パク


三浦「どう?味は?」

八幡「うまいなっ」モグモグ

三浦「そりゃ、あーし自慢の店だし?」

八幡「さすがグルメのあーしさん」

三浦「まあね」

八幡「グルメだったの、お前?」

三浦「隼人と色々まわってるし?」

八幡「そうか、付き合ってるんだったっけ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441809905
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/09(水) 23:55:29.22
三浦「ま、まあね」

八幡「…」

八幡「あ、ビールきたな」


三浦「んじゃ乾杯っ」

八幡「乾杯」チン

三浦「つーかあんたと、こんなところ来るとか信じられないんだけど?

八幡「こっちのセリフなんだけど…」

三浦「隼人に知れたらあんま良くないかも」

八幡「うまくいってんの?」

三浦「…」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/10(木) 01:25:32.64
いってたらヒッキーとこんなとこサシで来ねえよなあ…
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/10(木) 01:37:13.10
あーしさんSS
うれしい
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/10(木) 07:18:06.10
三浦「あんまり……」

八幡「そうか…」


三浦「うまくいってたら、他の男と飲みに行ったりしないし」

八幡「その相手がなんで俺なんですかね」

三浦「たまたま?あんたに聞きたいこともあったし」

八幡「あんまりいい予感はしないんですが…」

三浦「ちゃんと答えなよ」

八幡「な、なんでしょうか」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/10(木) 07:22:53.03
三浦「あんた、結衣とうまくやってるでしょうね?」

八幡「……」

三浦「大学同じっしょ?最近付き合いだしたって聞いてるし」

八幡「あ、当たり前じゃないですか…」

三浦「なんでそんな棒読みなん?」


八幡「…色々あって…うまくいってるかはわかんねぇよ」

三浦「怒らないから言ってみな」

八幡「由比ヶ浜と付き合い始めてから…その」

三浦「その?」

八幡「雪ノ下と疎遠になってな…俺も由比ヶ浜も」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/10(木) 07:27:34.14
三浦「ふ~ん、そういうことか」

八幡「信じられないことだが…雪ノ下も俺のこと好きだった?みたいで…」

三浦「確かに信じらんないね、ヒキオなんかを…」

八幡「ほっといてくれませんかね…どうせモテないですよ」

三浦「自虐だし、それで?結衣とも気まずいってこと?」

八幡「まあ、それまで普通に会ってた3人が会えなくなったしな」

三浦「高校の時も似たようなことなかった?」

八幡「あったよ…でももうあれから何年も経過して大学に入ってるし、特に気にしてなかったんだが」


三浦「ま、普通の大学生にはよくあることじゃん」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/10(木) 13:36:23.67
八幡「よくあることか?」

三浦「あーしの友達でもメンドくさそうな三角関係になってたよ」


八幡「俺もこんな面倒は嫌だ…」

三浦「役得って思えば?」

八幡「思えねぇよ…」

八幡「お前の方は?どうなってるんだ、葉山と」

三浦「あーし?あーしは…」

三浦「付き合ってみて思ったけど…なんか違うかなって…」

八幡「あいつ猫かぶりだしな」

三浦「そうそれ」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/10(木) 13:40:07.50
三浦「一緒にいて楽しくはあるんだけど…思ってたのと違うというか…」

八幡「お前、葉山に理想押し付けすぎたんじゃないか?」

三浦「そうかもね…」


八幡「それで?」

三浦「それで…ちょっと距離を置いて、落ち着こうって話になってさ」

八幡「別れるの時間の問題じゃないのか、それ」

三浦「言うなっての…怒るよ」

八幡「ごめんなさい」

三浦「でも、あんたちょっと変わったよね」

八幡「俺か…?」

三浦「堂々とするようになったっていうか…落ち着いた雰囲気になってる」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 04:53:49.59
八幡「三浦に言われると、凄い恥ずかしいんですが…」

三浦「じゃあ今日は布団の中で悶えてな」

八幡「そうなりそうだ」


三浦「あんたって今、一人暮らしなん?」

八幡「そうだが…お前は?」

三浦「あーしも同じ。一人暮らし満喫中」

八幡「一人暮らしいいっすよね~」

三浦「いいよね~~っ、仕送りも受けてるからあれだけどさ~」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 04:59:08.26
八幡「大学生で全部支払うの厳しいだろ?」

三浦「あーしの知り合いで、月30とか稼いでやってる奴とかいるし」

八幡「それ絶対授業受けれないよね…」

三浦「確実に留年するって言ってたかな」

八幡「意味ないだろ、それ…」

三浦「稼ぐの楽しすぎるんだって、サイゼの店員とコンビニ掛け持ちとか」

八幡「ほぼフルで入ってるよねそれ」

三浦「30日の内で休み3日とかじゃない?」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 05:10:55.01
八幡「もう社会人と変わらんくらい稼いでるし」

三浦「30万稼いで、月10万貯金したとして…」

八幡「年間120万円だな」

三浦「30歳になる頃には1200万円じゃん。けっこう安泰じゃん」

八幡「いや、月に10万の貯金し続けられるかよ…30万の稼ぎで」

三浦「ま、社会人は色々面倒なやつ引かれるしね」


八幡「そういえば、将来の職業とか決まってるのか?」

三浦「あーし?まだわかんないけど」

八幡「そっか」

三浦「あんたは?」

八幡「……司法書士…行政書士かも…」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 05:16:05.02
三浦「照れながら言うことないし」

八幡「しょうがないだろ…由比ヶ浜と暮らすとか考えるとな…」

三浦「え?もうそんな約束してんの?」


八幡「いや、してないけど」

三浦「ヒキオ、恋愛経験なさそうだしね~」

八幡「くっ…」

三浦「付き合ってから、一人で重く考えてたんじゃないの?」

八幡「まあ…そうだな」

三浦「もっと軽く考えた方がいいかもよ」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 05:20:03.07
八幡「いや、でもな」

三浦「あーしだって、隼人と結婚とか別に考えてないし」

八幡「そうなのかよ…」

三浦「隼人は格好いいし、優しいけど、学生の恋愛の一人なんだなって思ったし」

八幡「それで最近冷めてきたんですね」

三浦「うるさいっ」

八幡「三浦もなんか変わった気がするな」

三浦「はあ?」

八幡「なんか丸くなった気がする。高校の時はもっと威圧的だったよな」

三浦「そんなことないし…失礼だし」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 06:36:38.21
三浦「あんたも雰囲気落ち着いたし」

八幡「由比ヶ浜と付き合ってから、精神的に落ち着かないんだよ…」

三浦「三角関係だしね、雪ノ下さんと」

八幡「うるせーよっ、悪かったな」


三浦「あーしも隼人と付き合えて、なんか方の力抜けたっていうのはあるかも」

八幡「安心したって感じか」

三浦「まーね、隼人ライバル多かったし?生徒会長とか」

八幡「一色だろ、名前で呼んでやれよ…」


三浦「先輩先輩~って、あんたの後ろによくいた気がする」

八幡「いたな…高校受験邪魔されまくった…」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 06:42:58.98
三浦「ヒキオに惹かれてたんじゃないの?」

八幡「今にして思えば…そんな気もする」

三浦「最近は連絡とってないの?」


八幡「たまにな、違う大学進学したし」

三浦「可愛かったし彼氏いるんじゃない?惜しいことしたねっ」

八幡「いや、意味わからん…」


--------------------------------

三浦「で、なに?そのタイムリープのアニメは面白いん?」

八幡「それはもう。途中中だるみあるかもだけど、最後のところは必見だ」

三浦「あーしらくらいの学生がタイムマシン作っちゃうとか…」

八幡「まあ一度見てくれ」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 06:47:10.76
三浦「わかった、ていうかなんでアニメ談義してんの?あーしら」

八幡「焼肉店でな…」

三浦「姫菜もそういう話好きみたいだけどさ…」


八幡「苦手か?」

三浦「そりゃね、よくわかんないし」

八幡「苦手なら、無理にってわけじゃないからな」

三浦「見てみるって。あとはセミの鳴くころにだっけ?」

八幡「おう」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 06:51:41.35
三浦「さすがにそろそろ出る?焼肉店にしては少し長居しすぎたし」

八幡「そうだな」ガタッ


店員「ありがとうございましたっ、12300円になりま~すっ」


八 浦「たかっ!」



八幡「思った以上の出費だ…」

三浦「ま、ここは高いしね。でも旨かったでしょ?」

八幡「確かに、また由比ヶ浜つれて来てみるかな」

三浦「そうしなよ」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 06:56:15.63
八幡「それじゃあ……」

三浦「飲みにでも行く?」

八幡「へ…?」

三浦「バーか居酒屋でも」

八幡「金があんまりないんですが…」

三浦「あーし、バイト代あるし奢ってもいいよ」

八幡「マジっすか?」

三浦「ただし、今度返せよっ」

八幡「それ奢りじゃないからね?」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 07:07:52.32
バー


八幡「ほ~~」キョロキョロ

三浦「あんまキョロキョロすんなっての、みっともないし」

八幡「あんまり来ないし…雰囲気がな」

三浦「ヒキオには似合ってないしね」

八幡「こういう所来たの、高2の時以来か」

三浦「へ?」

八幡「川崎がバイトしてたのとっちめた時だな」

三浦「ああ、奉仕部か」

八幡「そういうこと」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 07:12:00.64
三浦「そういや奉仕部とか面倒なのやってたよねあんたら」

八幡「してたな…」

三浦「他人の悩み聞くとか…あーしだったらごめんだわ」

八幡「俺も好きでやってたわけじゃ…平塚先生がな」

三浦「怖いしねあの人もなんだかんだ」

八幡「うむ」


三浦「そういえば、結婚したらしいじゃん」

八幡「驚いたっていうか…今までできなかったのが不思議だ」

三浦「へえ…意外な発言」

八幡「美人だし、資産もあるしな」

三浦「なに?すきだったん?」

八幡「そうじゃねぇけど……年齢近かったら求婚してたかも…」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 07:14:44.29
三浦「うわ…クサい台詞…結衣に言ってやろ」

八幡「やめてくださいね…ほんと…」


三浦「冗談だけど…えっと、何にする?」

八幡「え~なにがいいんだ?」

三浦「じゃあ、ウイスキーで」



八幡「え?アルコール高くない?」

三浦「ま、平気でしょ」


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 07:17:36.30
八幡「…」

三浦「どうしたの?早く飲みなっての」

八幡「お、おう…」


三浦「じゃ、かんぱ~い」カン

八幡「か、かんぱい」カン


三浦「お、うまいっ」

八幡「喉が焼けそうになるな…」

三浦「そりゃ度数高いしね」

八幡「大丈夫かね……俺…」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 07:22:25.82
-----------------------------



三浦「ちょっとヒキオ…ちゃんと歩きなってのっ!」

八幡「うう……」

三浦「さすがに足もつれ過ぎだっての…」


八幡「あう…視界がぼやける……」

三浦「ったく…情けない…」

三浦「ていうかもう終電になるし……」

八幡「……」

三浦「こいつも帰れないじゃん、こんなんじゃ」

三浦「仕方ないな…たく」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 07:28:05.92
三浦「ほら、そこに横になって」

八幡「ううう…ここって…?」

三浦「ネカフェの和室。ここなら朝まで過ごしても安いし」

八幡「す、すまん…ホント…」

三浦「いいから、無理に飲ましたの、あーしだし」


八幡「お、おう…」

三浦「あーし、向こうの席とってあるから。たまに見にくるね」

八幡「ううう……」

三浦「寝てるし…ん?」


三浦「携帯落としたし…あれ、着信?」

三浦「結衣か…回数凄いし…!」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/12(土) 07:31:43.83
三浦「こりゃ、明日大変だねヒキオ…」

チラ

三浦「あーしの方は…隼人から着信はないか…」

三浦「まあ、当たり前なんだけどさ…あ~あ」

スタスタ


次の日


八幡「う…ん…」ムク

三浦「あ、起きた?ヒキオ」

八幡「あれ…?ここは?三浦…?」

三浦「あんたに無理やり襲われた…あーしの貞操返せっ」

八幡「いやいや…」

三浦「ま、冗談だけど」


八幡「ここネカフェだよね?」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/13(日) 18:08:43.17
三浦「ま~ね、あんた体調は平気?」

八幡「ああ、大丈夫かな」

三浦「ん、なら帰ろっか?」

八幡「なんか悪い…世話になったみたいで…」

三浦「あーしの方はいいけど、結衣には心配かけちゃだめだよ」

八幡「ん?」

三浦「着信がすごいから」


八幡「マジか…」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/13(日) 18:11:35.18


三浦「んじゃ、あーしこっちだから」

八幡「おう…あ、三浦携帯番号教えてくれ」

三浦「は?」

八幡「だから携帯…」

三浦「なにそれ?ナンパしてんの?」

八幡「違うっての…昨日のお礼とか、お金とか返さないと駄目だろ。次落ち合うためだ」

三浦「あ~そういうことか~」

八幡「な?」

三浦「あんまり気のりしないけど…」ピピ
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/13(日) 18:16:10.05
三浦「じゃあこれで完了…と、じゃね」

八幡「ああ、またな」



八幡「はあ……今から、由比ヶ浜に電話か…」

八幡「さて、どうするかな?怒ってるかな…」

--------------------------------------------------

大学の食堂


結衣「ビックリしてたんだからね?ヒッキー昨日から全然でないし…」

八幡「悪い…」

結衣「しかも、今日の一限目来ないし」

八幡「まあ体調悪くてな…」

結衣「お酒飲んだからでしょ?」

八幡「う…」

結衣「心配したんだからねっ?」

八幡「ご、ごめんな…由比ヶ浜」

結衣「うん…まあ、無事でよかったけど」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/13(日) 18:20:51.56
八幡(しまった…三浦のこと言うタイミング逃したな…)

結衣「それよりヒッキー、誰かと飲んでたの?」

八幡「え?」

結衣「お酒…」

八幡(なんか勘ぐってるな、由比ヶ浜…)

結衣「も、もしかしてさ…」

八幡「雪ノ下じゃないぞ」

結衣「じゃ、じゃあ…だれかな?」

八幡「……」

八幡「と、戸塚…」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/13(日) 19:01:39.56
結衣「えっ?彩ちゃん?」

八幡「お、おう…」

結衣「あ、そうなんだ…よかった…」

八幡「…」(うわ…なんかまずったか?いや、でも大丈夫だよな?)

八幡(別に言う必要あるわけでもないし…)


結衣「久しぶりに積もる話とかしたんだ?」

八幡「まあ、したかな」(三浦とだけど…)


結衣「そっか~」

八幡「……」

結衣「あ、あとさ…ヒッキー」

八幡「なんだ?」

結衣「今日さ、講義終わったらデート…しない?久々だし…」

八幡「そ、そうだな…行くか」

結衣「うんっ!」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/17(木) 21:25:25.36
それから別の日 喫茶店


三浦「で、結衣とのデート楽しんだと…」

八幡「まあな」

三浦「なに?当てつけ?こっちうまくいってないからって」

八幡「そんなわけあるかっ」

三浦「ヒキオって、彼女できたからって性格さらに悪くなった?」

三浦「あ、元々悪いか」

八幡「おい…勝手に俺の悪口進めないでね…」
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/17(木) 21:31:22.38
八幡「…まだ、葉山とはそのままか?」

三浦「ま、しばらく離れよってなったしね」

八幡「…」

三浦「これはあーしの予想だけど…雪ノ下さんのこと忘れられてないのかも」


八幡「なるほどな」

三浦「なんかわかんの?」

八幡「そりゃな、奉仕部でもそうだが、葉山の依頼もやったわけだし」

三浦「隼人って雪ノ下さんのこと好きだったのかな?」

八幡「かもな、少なくとも高校の時は」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/17(木) 21:37:55.61
八幡「でも卒業してからお前と付き合ったんだろ?」

三浦「うん」

八幡「あいつそんな中途半端なことする奴か?」

三浦「それはないと思う。だから、あーしのことはちゃんと考えてくれたと思うし」

八幡「なら大丈夫だろ。今疎遠なのとは関係ないかもな」

三浦「うん…だといいけどさ」


八幡「疑心暗鬼ってやつか?」

三浦「さあ…隼人が雪ノ下さん忘れられないのはこの際いいんだけどさ」

三浦「このまま別れるのかなって…」

八幡「三浦…」
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/17(木) 21:47:19.41
三浦「そういう意味ではデートとかしてさ、いい感じじゃん」

八幡「う、うるせぇ…」

三浦「照れんなってのっ」


三浦「雪ノ下さんとは?」

八幡「まだなんもなってないな」

三浦「ふ~ん
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/17(木) 21:53:01.04
八幡「時間おけば、普通に戻ると思ってるけどな」

三浦「あんたらって、けっこう信頼関係あるんだ」

八幡「ま、一応奉仕部とかいう面倒な部をやってたからな」


三浦「あれ、最悪に面倒な部活だったでしょ?」

八幡「まあ、他人の悩み聞いて解決に導くって感じだし」

三浦「そんなのやるんなら、サッカーとか自分の好きなことやりたいでしょ」

八幡「そりゃそうだ。今度、新婚さんのところにお邪魔して聞いてやる」

三浦「それいいじゃん、ちょっとおもしろそうだし」
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/19(土) 17:06:49.23
三浦「ところで、今日はあんたの奢りでいいんだよね?」

八幡「ああ、いいけど」

三浦「じゃあ、メッチャ高い店にも連れていくし」

八幡「やめてください、破産してしまいます。そういや」

三浦「ん?」

八幡「この前の焼肉店好評だったぞ、由比ヶ浜に」

三浦「へえ、そりゃよかった」

八幡「高くてびっくりしてたけどな」

三浦「彼女と行くんならあれくらいするっての」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/19(土) 17:15:58.13
八幡「そうか?」

三浦「うん、だから今日はもう少し高い店にも」

八幡「やめてね?」

-------------------------------------


結衣「ヒッキー、こっちこっち」

八幡「おう…」

結衣「おう…って、もうちょっと元気出して行こうよっ!」

八幡「なんで図書館で勉強なんだ…あんまり気乗りしない…」

結衣「う…だってさあたし勉強できないし」

八幡「俺だって特別やってるわけじゃないぞ?」

結衣「二人の時間、もっと作ろうかなって思ってさ」

八幡「由比ヶ浜…」

結衣「ほら、ゆきのんと微妙な関係になっちゃったしさ…あたし達…」
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/19(土) 18:24:26.09
八幡「微妙な関係ね…」

結衣「で、でもでも、最近はあたし達はいい感じじゃない?」

八幡「そうかもな」

結衣「そうかもなじゃなくってっ!いい感じでしょっ?」

八幡「はいはいいい感じですね」

結衣「なんでそんな適当な感じ!?」

八幡「図書館での勉強が面倒」

結衣「そこなの!?」


八幡(まあ、三浦とも話すようになって…気分は晴れてるか)

八幡(誰かに悩み打ち明けるのって…大切かもな…)
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/19(土) 19:15:47.52
結衣「今度さ…ゆきのんと話してみない…?」

八幡「……」

結衣「やっぱりさ…会わないと…ずっと微妙なままだと思うし」

八幡「かもな…わかった」


結衣「うん、ありがとう、ヒッキー」

--------------------------------------


居酒屋

八幡「ていうことで、雪ノ下と会ってな…」

三浦「ふ~ん」

八幡「なんだ、興味なさそうな声で」

三浦「興味はあるけど…なんでまたあーしかと飲んでんの?」

三浦「そかも二人っきりとか…」

八幡「なんか俺たちで飲むのも普通になってきたな…」

三浦「ホントにね」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 00:48:13.42
なんでしょうねこの微妙な逢引臭!
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 09:46:40.33
三浦「それで?どうだったん?」

八幡「まあ、一言で言えば……」

三浦「一言で言えば?」

八幡「うまく言った…と思うぞ」


三浦「マジで?」

八幡「マジマジ」

三浦「へえ~やるじゃん、ヒキオっ」

八幡「俺も緊張してたんだけどな…お互い微妙な関係になったの謝って終了した」

八幡「完全に解決したわけじゃないけどな」
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 10:00:54.23
三浦「そっか~良かったじゃん、ヒキオ。結衣も安心だし」

八幡「まあな」

三浦「…」

八幡「そっちは?葉山とはどうなんだ?」

三浦「隼人とは…別れた」

八幡「……そっか」

三浦「隼人は雪ノ下さんのこと忘れられないっていうのは本当だったし」


八幡「そうなのか?」

三浦「うん、隼人も肯定してた」

八幡「だから別れたのか?」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 10:06:22.72
三浦「うん、もう無理かなって思ってさ。あーしの方から」

八幡「……ま、いいんじゃねぇの」

三浦「簡単に言うし」

八幡「結果はどうなろうと前に進まないとな」

三浦「あんたの口からそんな言葉出るんだ」

八幡「お、俺だってたまには…」

三浦「結衣落としたから、やっぱり余裕あるでしょ」


八幡「いや、ないし」
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 10:19:56.40
八幡「俺も元気もらったしな、三浦に」

三浦「え、どういう意味よ」

八幡「由比ヶ浜のこと話聞いてくれただろ?あれ」


三浦「あ~気が楽になったってこと?」

八幡「そういうこと」

三浦「あんたって、悩み話す経験とか少なそうだしね~」

八幡「友達いなかったしな」

三浦「あんなもん普通の会話でしょ、元気づけてないし」

八幡「俺にとってはありがたかったんだよ、まさか三浦とこんなこと話すとも思わないし」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 10:27:05.71
三浦「じゃあ…」

八幡「ん?」

三浦「今日はあーしの、隼人と別れた記念ってことで」

八幡「別れた記念ってなんだよ……」


三浦「とにかく慰めてもらうしっ」

八幡「言い方が卑猥ですって…」


三浦「とにかく乾杯」

八幡「いや、乾杯っておかしいよね?」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 10:31:54.45


八幡「お、おい…三浦、平気かよ」

三浦「平気、平気だって~!」フラフラ


八幡「いや、足もつれてるし…」

三浦「なによ~~!今日はあーしの慰め会でしょ~もっと元気だして祝え~~」

八幡「祝うんじゃなくて、元気づけるんだろ…たく」

三浦「そうだった~~あはは~~~」

八幡「ったく…葉山と別れたのに全然へこんでないし…」

三浦「あはは~~~」

八幡「さすが三浦って感じか…」
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 10:38:15.60
三浦「うへ…気分悪いし…」

八幡「じゃあ、なんか飲み物飲み物でも買ってくるな」

ガシ


三浦「……」

八幡「ん?三浦?」

三浦「…行かないで…」

八幡「三浦……?」

三浦「行かないでよ、ヒキオ…」ギュウ


ポロポロポロ

八幡「お、おい、三浦…!?」
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 10:39:31.74
三浦「なんで……うぐ…ぐすっ…」

八幡(三浦が泣いてる?さっきまで意気揚々と飲んでたのに…)

三浦「隼人…
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 10:47:08.39
三浦「隼人……なんで…なんで…」ポロポロ

八幡「三浦…お前…」

三浦「ぐすっ…!」

八幡「…」

八幡(なんだかんだで無理してたのか…)

八幡(そりゃそうか…)


八幡「三浦…行かないっての、心配すんな」

三浦「ヒキオ…」

八幡「俺にできることあるか?」

三浦「やけに優しいじゃん…」
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 10:52:04.07
八幡「今日はお前の慰め会なんだろ?」

三浦「ちょっとキュンときたし…ヒキオのくせに…」

八幡「マジですか…」


三浦「ていうか、もう終電だしさ…あそこ…」

八幡「え?あそこって…」

三浦「泊まっていこ…」

八幡「……」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 11:02:54.57
ホテル

結衣『え~~!?ヒッキー今日帰って来れないの?』

八幡「す、すまん…飲んでたら…終電逃してさ…明日の朝には帰るから」

結衣『飲みすぎたら駄目だよっ!せっかく泊まりに来たのに…』

八幡「わ、悪い…俺の部屋は自由に使っていいからさ」

結衣『へへ…じゃあ、お言葉に甘えるねっ』


八幡「あんまり無茶しないでね?」

結衣『エッチな本がないか探しておくね』

八幡「ごめんなさい…やめてください…」

結衣『ダメ、それじゃあねっ』ピッ


八幡「…秘蔵のコレクション君は終わったか…」
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 11:09:18.02
三浦「ヒキオ…ジャワー空いたし…」

八幡「お、おう…」


三浦「入ってくる?」

八幡「今日はいいかな…とか」

三浦「汚いっての、入ってきな」

八幡「わかった…て、三浦下着は…?」

三浦「替えの下着なんかないし…しょうがないじゃん…」

八幡「…」

三浦「なに想像してんの変態」

91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 11:13:57.60
三浦「結衣から?」

八幡「まあな…」

三浦「もう同棲状態なんだ?」

八幡「しっかり聞いてるんですね…」

三浦「うらやましい」

八幡「はあ…」


三浦「ていうか、あーしと会ってること話してないの?」

八幡「そうだな…タイミング逃してな」

三浦「バレたら大変じゃん」

八幡「そうなんですよね…」
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 11:19:25.63
三浦「今夜のことは黙っててあげるから…結衣には」

八幡「意味深げに言うのやめてね?泊まってるだけですからね?」


三浦「あーし、バスローブだし」

八幡「早く寝ろよ」

三浦「ノリ悪いっての」

八幡「ほっとけ」


三浦「あんた、結衣とこういう所入るの?」

八幡「ホテルは来ないな」

三浦「てことはヒキオの部屋か」

八幡「ま、まあ……」
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 11:26:39.70
八幡「とにかくもう寝ろよ…」

三浦「あ、話逸らしたし…」

八幡「俺、隣のベッド使うぞ?」

三浦「いいよ」

八幡「あっさりだな…」

三浦「あんた結衣いるじゃん、そういう意味では一番安心だし」

八幡「そうかもしれないけど…あんまこういうことするなよ」

三浦「うん…」

八幡「俺じゃなかったら、襲ってるぞ、多分」

三浦「じゃあ、今度する時もヒキオとするし」

八幡「いや、そういう意味じゃないからね…」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 11:35:23.15
チッチッチッ

八幡「…」

三浦「…すやすや」

八幡「…予想以上にもやもやする…」

八幡(だ、大丈夫だ…俺は理性の塊…理性の塊…)

三浦「うん…ん…」

八幡「と、トイレ行こう…」


八幡「…こうして見ると…三浦って美人だな…」

八幡(なに考えてんだ、俺…)

八幡(ていうか由比ヶ浜に知れたら…いや、黙っとくのはルール違反か…?)
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 11:42:01.40
三浦「……隼人…」

八幡「…三浦……寝るか」


--------------------------------

三浦「き、昨日はごめん…色々と」

八幡「俺も、この間世話になったしな」

三浦「なんか誘惑まがいのこともしちゃったし…記憶あいまいだけど…」

八幡「あ~そういえば…」

三浦「あんま思い出さないでよ……」

八幡「照れてるあーしさんとか新鮮だな」

三浦「怒るよ」

八幡「すいませんでした…」


三浦「たく…そ、それじゃまた…ヒキオ…」

八幡「おう…またな…」


八幡(なんか微妙な雰囲気だった…)
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 12:22:31.17
しばらく経って…東京某所

葉山「久しぶりだな、比企谷」

八幡「そんなに前か?」


葉山「もう1年は会ってないように思えるが」

八幡「そういやそうか」

葉山「俺が東京に行ったからだけどね」


八幡「東大だもんな…」

葉山「ああ」

八幡「雪ノ下は?学校ではどうなんだ?」

葉山「学校で会うことなんてないからな、元気…というのは知ってるんだろ?」

八幡「まあな…」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 12:29:39.80
葉山「君が結衣と付き合い始めたのは意外だったけど…俺にとっては良かったのかな」

八幡「おい…」

葉山「仲直りしたとも聞いたし、これでアプローチをかけられるかな」

八幡「おい…三浦は…」

葉山「優美子と別れたのは聞いてるのか?」

八幡「聞いてる」

葉山「仲がいいんだな」

八幡「ちょっとしたきっかけで、飲み仲間になっただけだよ」

葉山「そのあたりは俺がとやかく言えることじゃないな…優美子とは意志疎通がうまくいかなくてさ」

八幡「雪ノ下のことがまだ好きだったとも聞いてるぞ」

葉山「それも原因の一つではあるけど…優美子の方も俺に理想の彼氏を求めてきてたよ」

八幡「辛かったってことか?」

葉山「すこしね…」

98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 12:38:11.00
八幡「それはお前が今まで演じすぎてたからじゃないのか?」

葉山「それを言われると耳が痛いな…否定ができないから」

八幡「その辺は俺がどうこう言えることじゃないけど…」


葉山「そう言ってもらえると助かるよ」

八幡「三浦のこと…好きだったのか?」

葉山「もちろんっ」

八幡「そっか…ま、俺が聞きたいのはそんくらいだ」

葉山「君は一体何のために東京まできたんだ…?」

八幡「俺もよくわかんねっ」
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 12:49:03.91
葉山「せっかく来たんだし、晩御飯でも一緒にどうだ?積もる話もあるだろう」

八幡「あるか…?」

葉山「ほら結衣とのなれ初めや、優美子の現状とかね」

八幡「はあ…まあいいか」


----------------------------------------

千葉

八幡「…帰りたい…」

三浦「ヒキオ…」

八幡「三浦…おう」

三浦「ここにいろって言ったでしょ、帰ろうとしてなかった?」

八幡「寒かったんで…」

三浦「隼人のところ行ってたの?」

八幡「知ってんの?」

三浦「隼人から聞いたから、だから帰宅中のあんたを駅前で止めたの」

100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 12:58:26.73
三浦「余計な気を遣ってくれてさ…ホント、奉仕部の頃から変わらないみたいだね」

八幡「否定できない…でもな…」

三浦「へ?」


八幡「お前、泣いてただろ…だからな…ちょっと話聞いておこうかと思って」

三浦「…あんた、前にあーしのこと面倒見いいとか言ってたけどさ…」


八幡「そんなこと言ったっけ、否定はしないけど」

三浦「あんたも大概だと思うよ」

八幡「それ、喜んでいいのか…?」

三浦「さあ…あんまりよくないかもよ?」

八幡「やっぱり…?」


三浦「はあ…あんたさ…」

八幡「はい?」

三浦「あーしを惚れさせたいわけ?」

八幡「…はい?」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 13:05:47.93
三浦「あ~なんか変だ、あーし」

八幡「冗談ですよね…?」

三浦「知らない…なんであんたみたいな奴、あーしが惚れんのよ」

八幡「ですよね~」

三浦「結衣の気持ちわかる自分が嫌だ……」

八幡「ちょっ…洒落にならないですから…あーしさん…!」

三浦「そもそも、結衣に黙ってるあんたが悪いし…」

八幡「いやいやいや…」

三浦「どうせ、『やましくないから黙ってよう』とか思ってたんだろうけど」
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 13:11:14.21
八幡「図星です……」

三浦「じゃあ、たっぷり結衣に怒られな」

八幡「は、はい…」

三浦「ん、素直でよろしいっ」


八幡「じゃあ、もう二人で飲むのもやめた方がいいな」

三浦「…」

八幡「由比ヶ浜にも悪いし…」

三浦「それとこれとは話が別じゃない?」

八幡「はい?」
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 13:39:43.27
三浦「あんたと飲みに行くのは別に問題ないでしょ」

八幡「なんでだよ…?」

三浦「ヒキオが理性保ってればいいわけで」


八幡「…そういうもんか?」

三浦「そういうもん。深く考えんなっ」

八幡「それじゃ…今度由比ヶ浜もつれてくるな」

三浦「なっ…!」

八幡「いや、積もる話もあるだろうし」

三浦「どうせイチャつくんでしょ?」

八幡「そ、そんなことねぇし…」

三浦「やっぱり呼ぶのは禁止」

八幡「いや、でも…」

三浦「あんたと二人で飲みたいし」

八幡「そ、そういうこと言うのは卑怯だぞ……」

三浦「あんたも、あーしの心ちょっとだけ乱したしお相子」

八幡「納得できねぇ…」


三浦「じゃ、そういうことでよろしく~!」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 13:43:48.48
おまけ

結衣「へ~~優美子と楽しく飲んでるんだ…」

八幡「あ、いや…楽しくというのはちょっと違うけど…」


結衣「…」

八幡「す、すみません…」

結衣「この前の彩ちゃんと飲んでたっていうのも嘘だったよね?」

八幡「いや…ウソってわけでは…」


結衣「彩ちゃん、知らないって言ってたけど?」

八幡「…ごめんなさい…三浦でした…」

結衣「む~~~!バカ…!」

八幡「ご、ごめんなさい…本当に…」

結衣「反省してる?」

八幡「そ、それはもう…」

結衣「まあ…正直に話してくれたから、今回は許してあげる」
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 13:52:55.37
結衣「あと他にはいけないこととかしてない?隠し事とかないよね?」

八幡「そ、それはもちろん…あ…」

結衣「なに?今ちゃんと言ってよ、ヒッキー」

八幡「い、いや…その…」


結衣「その?」

八幡「あーしさんとホテルの方へ…」

結衣「…」

八幡「も、もちろんちゃんと理由はあるし…なにもしてないし…!」

結衣「そっか…ホテル行ったんだ…そっか…」

八幡「あ、あの…拳に力が…由比ヶ浜さん…?」

結衣「この……うわきもの~~~~!」

八幡「ちが~~うっ!」


おしまい
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 13:54:23.19
以上になります。ありがとうございました。
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 13:57:15.65
おつ
続きはよ
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/20(日) 14:08:21.48
これでおわるなんてもったいない
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/21(月) 03:14:17.88
いつ居酒屋エンドを迎えるかヒヤヒヤしてたけど普通にいい話で終わってこれはこれでよかった
この書き手のSS:

八幡「は?浮気?してねぇよ…」【いろはSS】


八幡「とりあえず飲むことになった」



関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク