モバP「俺をクズって言うんじゃない!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 20:59:34.76
P「幸子、お前の言いたいことはわかる」

幸子「……」

P「でも俺はクズではない、わかるか?」

幸子「その右手にあるものは何ですか?」

P「チョコとヤクルトだ」

P「いやぁー、結構出たからなー」

P「はっ!?」

幸子「クズじゃないですか!」

幸子「まだ勤務時間ですよ!」

P「クズじゃない!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415620774
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 21:01:50.17
お、ロリコンPか?
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 21:04:32.46
幸子「ボクをレッスンに送り出してくれたのは感謝します……」

幸子「でも!その時にお迎えにくると言いましたよね!」

P「……多分」

幸子「じゃあなんで終わって連絡したら周りで「フィーバー」とか騒がしい音がなってるんですか!」

P「つい、出来心で」

幸子「ついじゃないですよついじゃ!」プンスカ

幸子「どこの世界に人を待たせてパチンコを打つプロデューサーがいるんですか!」

P「……さぁ」

幸子「目の前にいるんですよ!」ムキー
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 21:07:30.56
P「ほら、ヤクルトやるから許してくれ」

幸子「……はぁ」

幸子「次はないですからね」

幸子「カワイイボクのプロデューサーだと言うことを自覚してくださいね」

P「あぁ」

P「さ、帰ろうか」

P「それとも、一緒に飯でも食べるか?」

幸子「……仕方ないですね」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 21:10:40.25
「え、えっ!?」

「どうした、幸子」

「こ、ここって予約が取れないって噂の……」

「あぁ、オーナーと仲がいいからさ」

「い、いいんですか……?」

「当たり前だろ、カワイイ幸子に飯を食わせるんだからな」

「これぐらいは、な?」

「っ!」キューン
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 21:13:24.81
……
三時間前
…………

P「ひゃっほー!当たったぜぇ!」チーンジャラジャラ

オーナー「あ、Pさんじゃないか」

P「オーナー!みてくださいよ大当たりですよ!」

オーナー「おぉ!当たったなら是非うちの店にきてよ!」

P「いくいく!今日はくうぞー!」

P「うはははは!」
…………
……
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 21:19:39.22
━━━━━━━━━━━━
凛「……」

P「まて、弁解させてくれ」

凛「なに」

P「確かに俺はプリンを食べた」

P「その食べたプリンが凛のものだなんてわからなかった」

P「なぜなら?名前が書かれてないからさ」

凛「いや、思いっきり書いてたんだけど」

P「なんだってー!?」

P「あぴゃぁぁぁ!」

ちひろ「プロデューサーさんが「必死に弁解したのに論破されてあぴゃぁぁぁ!とかいってそうな顔」をしてますね」

凛「はぁ……」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 21:21:53.90
凛「あれ、限定品だったんだよ?」

P「う、うそだろ……確かに美味しかったが……」

凛「しょうがない……じゃあプロデューサーのYシャ

P「ん?あぁ、この会社か」

P「待ってろ、凛」

ダダダダ

ツをくれれば……っていない!?」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 21:24:51.86
ガチャッ

P「ただいまん……ただいま」

P「このプリンか?」ゴトッ

凛「えっ、そうだけど……」

P「ちょっと顔が利くからさ、何度もは頼めないけど、今日くらいはさ」

凛「3つも?」

P「いや、凛のは2つだぞ?」

P「もう一つは、一緒に食べる分だよ」ニコッ

凛「」キューン
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 21:26:57.04
…………
50分前
……
P「店長さん……この写真がどうなってもいいの?」

店長「ひ、ひぃ!駄目です!」

P「じゃあプリンを3つ、お願いしようかな」

店長「わかりましたっ!」


……
…………
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 21:27:46.22
クズやんけ!!
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 23:40:38.05
こずえ「ふわぁ……」

P「あ、こずえじゃないか」

P「お菓子たべるか?」

こずえ「おかしー……?たべるー……」

P「じゃあパンツくれないか」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 23:43:15.19
ガチャッ

茜「プ、プロデューサー!?」

P「誤解だ」

茜「い、いい今パンツを……」

P「話を聞いてくれ」

茜「ボンバー!」

ダダダダ

P「どこいくんだ……」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 23:45:21.95
こずえ「ぷろでゅーさー……」ツンツン

P「ん?」

こずえ「はい……おかしー……」

P「パンツだぁぁ!ウッヒョー!」

P「はい、コアラのマーチ」

こずえ「わーい……!」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/10(月) 23:47:23.23
ガチャッ

茜「ただいまもどりま

茜「」

P「誤解だ」

茜「わぁぁぁ!」

ダダダダ

P「逃がすか!」

ダダダダ
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 00:36:50.95
こずえちゃん何でパンツあげてしまうん?
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 01:15:58.06
これが若さか……
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 09:38:20.51
P「誤解を解かねば」

P「茜ぇ!」ガシッ

茜「ひゃっ!」

P「うりゃっ」ギュッ

茜「え、えぇっ!?」カァァァ
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 09:41:42.59
P「逃げるなよ」ギュッ

茜「はわわ……プロデューサー?」カァァァ

P「あれは誤解だ」

茜「誤解……?」

P「あぁ、誤解だ」

茜「そ、そうでしたか……」

P(よし、ごり押しで誤解を解くことができたぞ)

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 09:44:33.41
P「……ん?」

P「……」

ムンズ

茜「ひゃうっ……!?」

P「やはり……」

モミモミ

茜「ひっ……んっ……!」

P「なるほど……」

モミモミ
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 10:01:27.26
ちひろ「クズ」

P「違いますあれは触診です」

ちひろ「触診でイかせる馬鹿がどこにいるんですかカス」

P「細かく調べないと」

ちひろ「こずえちゃんのパンツを取ったというのは」

P「体調管理は大事ですから」

ちひろ「……クズ」

P「クズじゃないです」
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 10:09:01.54
……
…………

ガチャッ

茜「おはようございます!」

P「おはよう」

茜「あ!プロデューサー……」

茜「あの日から体が熱くて、走っても治らないんです……」

茜「また、お願いしていいでしょうか……」

P「……もちろんだ」

P「いつでも力になるからな」

茜「はい!」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 14:48:45.26
P「飲み会?」

早苗「そ、この後暇でしょ?たまにはみんなでいかない?」

P「酒か……まぁいっか」

……
…………
楓「……」ゴクゴク

美優「あぁ……気持ち悪い……」

瑞樹「わからないわ……」

P「なにこの地獄絵図」
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 14:53:40.07
美世「あっ、Pさん!こっちこっち!」

P「美世もいるのか……随分と大所帯だな」

P「あぁ、皆さん別に姿勢正さなくてもいいですよ」

美世「何飲みます?」

P「ウォッカで」
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 14:57:17.74
…………
……

P「はっ!?」

P「この天井は……女子寮か」

P「凄くいやな予感が……周りを見たくないが……」

P「やむを得ない……見るか」

48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 14:59:44.28
美世「うーん……」

美優「もぅ無理です……」

楓「すやすや……」

瑞樹「……」グウ

留美「サインを……」

早苗「……」グゴー
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 15:02:51.49
P「……」

P「……逃げよう」

P「って!俺だけ服着てない!?なんで!?」

P「に、にげれない」

P「しょうがない……謝罪しまくろう……」
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 15:11:51.05
クズ以外の言い方があるだろうか
いや、ない(反語
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 18:15:10.30
楓「……ん」

P「すみませんでした」ドゲザ

楓「……はい?」

P「もしよければ昨日の出来事を教えてください……」

楓「……昨日?あぁはい」

…………
……
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 18:19:06.09
……昨日……

P「うぇぷぷもう飲めないでありんす」

美世「だ、大丈夫?」

P「む……むり……」

P「すかー……」

美世「あぁ……寝ちゃった……」
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 18:25:41.17
美世「プロデューサーの家がわからないから女子寮につれてきたけど……」

早苗「……どうする?」

留美「このまま既成事「私の部屋を貸しましょうか」

楓「見られて困るものもないですから」

早苗「じゃあお願いするわ」

楓「ほら、プロデューサーさん……歩いてください」ペチペチ

P「ん……?」

P「ここは……わっちの家でありんす?」

早苗「違うわよ。後その口調腹立つわね」

P「……家に帰らなきゃ」ガチャッ

幸子「わっ!?ノックくらいしてくださいよ!」

美優「そ、そっちじゃないですよ!」
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 18:30:44.24
ズルズル

P「どこへつれてくのでありんすー」

……
…………
早苗「ふう、ようやく着いたわね」

留美「じゃあこのまま既「ほら、布団ですよ」

P「ベッドだ!」ピョーン

バイーン

ゴスッ

P「痛っ……」

楓「布団でふっとんだ……」

P「ぐぅ……」

美優「また寝ちゃいましたね」

美世「1m横に布団があるのに」
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 18:35:56.44
P「あっ……風呂入らなきゃ……」

早苗「その辺はしっかりしてるのね……って」

美世「こ、ここでぬがないで!」

美優「あ、あぅ……////」カァァ

P「パンツ……」

早苗「そ、それはだめ!」

P「うわぁだれだ俺の風呂を邪魔するのはばいきんまんか!?」

早苗「誰がばいきんまんか」ゴスッ

P「きゅう……」バタン

早苗「あっ……」
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 18:38:39.18
…………
……

楓「って感じでした」

P「なにしてんだ俺は」

P「あれ?服は?」

楓「凛ちゃんが」

P「なんだと……返してもらってくる」

楓「その格好で彷徨いたら……」

P「……どうすりゃいいんだ」
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 21:49:36.98
楓「じゃあ私が取ってきましょうか?」

P「ありがとうございます」

…………
……

楓「取ってきましたよ」

P「よかったー……」

P「なんかパンツが湿ってる……」

楓「……なんでですかね」

P「しょうがない……穿くか……」

P「昨日からありがとうございます」

楓「いえいえ……」
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 21:51:38.25
P「って!時間やばっ!」

P「すみません行ってきます!」

バヒュー

楓「あっ……」

楓「……ふふっ、忙しい人ですね」

楓「……」

楓「昨日……私のだけ穴を開けとけばよかったなぁ……」

楓「ゴムはご無用……うーん」
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 21:54:00.89
P「ふぅ……間に合った……」

P「今日はイベントだからなぁ!走るぞー」

P「待ってろよ!ハーデス!」

P「今日こそは勝つ!」
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/11(火) 21:58:34.81
楓さん…恐ろしい人
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/11(火) 22:38:26.70
>>60の冒頭の…で一体ナニがあったんですかねぇ
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 01:45:16.48
まゆ「Pさぁん?」

P「」

まゆ「……Pさぁん」

ちひろ「この人は昨日大敗したせいでご飯を食べれてないだけですよ」

まゆ「えっ」

まゆ「でしたら……まゆがつくりますよ?」

P「いいのか!」グー

まゆ「えぇ、Pさんの為になら……なんでもしますよぉ」
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 13:24:53.20
まゆ「メニューはどれがいいですかぁ?」

「ハンバーグ」
「唐揚げ」
「女体盛り」

P「ハンバーグで」

まゆ「おすすめは一番下の……」

P「ハンバーグでお願いします」

まゆ「……はぁい」

まゆ「お夕飯作りにお家に向かいますねぇ」

P「ありがとう」
83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 20:11:32.36
……
…………

ガチャッ

P「ふぅ、今日もつかれまくりだぜ」

まゆ「あ、おかえりなさい♪」

P「まゆか、ただい」

P(天使を見たことが有るだろうか)

P(どこぞの少年と犬を連れて行ったような天使ではなく)

まゆ「Pさん?」

P(その姿は可愛いという言葉しか出てこない)

P(裸エプロンなのを除けば)
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 20:13:52.70
P「お、おま……なんで」

まゆ「Pさん……こういうの好きですよねぇ?」

P「好きだけども……」

まゆ「ですから、やってみました♪」

P「あ、あ……」
85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 20:16:50.11
今思えば、俺は自分をクズだとわかっていながら、否定していたのだろう。

認めてしまったら、きっとクズから逃げることができない。

落ちるとこまで落ちて、登ろうとせず。

ただただ、見上げるだけの人生になってしまうと。
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 20:19:30.51
なんでこんなクズになったんだっけ……

……あぁ、そうだ。

アイドルに好かれすぎていたからだ。

クズになれば、嫌われると思っていたからだ。

……酷いもんだ。

目的は達成できず、今こうしてアイドルに手を出してしまったんだから。
87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 20:21:42.07
まゆ「はぁ……はぁ……Pさぁん」

まゆ「まだ夜は……って」

まゆ「なんで……泣いてるんですか」

P「えっ……?あ……」

P「気にしないでくれ……」

P「それより……すまなかった」
88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 20:35:41.45
ギュッ

まゆ「辛いんですか……?まゆに話してください」

P「俺は……本当にクズになったんだな」

P「もう……自制すらできない」

P「いつの間にか……大事な枷を壊してしまったようだ……」
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 21:47:44.56
P「まゆは……クズなやつが好きなのか……?」

P「お前は俺がクズになればなるほど……俺に優しくしてたよな」

まゆ「だって……Pさん、日に日に疲れてたじゃないですか……」

まゆ「まゆ、心配で」

P「そうか……すまなかった」
91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 21:51:37.98
まゆ「謝らなくていいですよ」

まゆ「まゆはPさんの為になら何でもしますよぉ」

まゆ「そうだ……しばらくはお仕事休んで、お家でゆっくりしていてください」

P「えっ、でも」

まゆ「わかりましたか?」

P「……はい」
92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 21:53:40.61
…………
……
まゆ「ただいま帰りましたぁ♪」

P「おかえり、まゆ」

まゆ「今ご飯作りますねぇ」

まゆ「ゆっくりしててください♪」
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 21:56:35.15
…………
……
まゆ「ただい……Pさん?」

P「あ、まゆ」

P「そろそろ事務所にも顔出さなきゃって」

まゆ「っ!」

ドサッ

P「ま、まゆ?何で押し倒すんだ」

まゆ「スーツを着たPさんが凛々しすぎて……」

まゆ「……腰が抜けるくらい、愛してください」
95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 21:59:21.14
…………
……
まゆ「ただいまぁ♪」

P「おかえり、まゆ」

P「今日もお疲れ様」ナデナデ

まゆ「Pさんの為ですからぁ♪」

P「ははっ、ありがとう」

まゆ「まゆにはPさんが必要ですからぁ」

P「俺にもまゆが必要だよ」
97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 22:39:07.64
まゆ(あの日からPさんを甘やかし続けた)

まゆ(結果として、Pさんをまゆだけのものにできた)

まゆ(うふ……もう絶対に離しませんからね)

まゆ「大好きです……Pさん」

P「あぁ、俺もだ」
98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 22:40:05.28
…………
……

P「なーんてことになんねーかなー」

ちひろ「妄想垂れ流してないで働いてくださいクズ」
99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 22:42:16.65
P「妄想を垂れ流した日からアイドルがやたらと家に来たがるようになった」

P「もしかして俺のことを……」

P「んなわけないか!」

P「さーて今日もパ……仕事仕事!」

アイドル達(なぜクズなのに鈍感なんだろう)
100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/12(水) 22:43:59.73
おしまいける

見ていただきありがとうございました。
101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2014/11/12(水) 22:44:31.84
アイドルにもクズと言われるレベルとは

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク