八幡「新入部員?」三日月「うん。この部活に入れって言われたから」

1 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 02:23:34.21
雪乃「あら。それは平塚先生に言われたのかしら」

三日月「そうだよ。ここに入れば俺が変われるとか言ってたからね」

結衣「たしか隣のクラスの三日月…君だよね?」

三日月「三日月・オーガス。それが俺の名前」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452792214
2 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 02:24:03.96
八幡「なんですかその名前ネトゲーで使ってる自分のキャラ名とかですかね?」

結衣「きっとハーフなんだよ!」

三日月「…」キョロキョロ


雪乃「入部は却下よ」

結衣「え!?ゆきのんどうして!?」
3 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 02:25:40.55
雪乃「まず彼の得体が知れなさ過ぎる事と。何を考えてるのかまったく掴めないわ…不気味というか危険というか…」

三日月「…?」

雪乃「最初に出会ったころの比企谷君程では無いのだけれど、彼が入ったら部活の風紀が乱れると思うの」

八幡「いや、じゃあなんで新記録の俺が未だに此処に居れるんだよ!」

雪乃「それに何かやましい事でも考えてるのかもしれないわ」

三日月「ふーん、そっか。駄目なら別に良いや。俺もあんたみたいな面倒くさい女苦手だし」
4 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 02:26:18.28
雪乃「…貴方、初対面なのに随分と失礼な口を利くのね…どんな教育を受けてきたのかしら?」

三日月「先に散々罵倒しておいて調子のいい事言うんだな…。でもいいよ、あんたがどういう人間かちょっと解ったから」

雪乃「ぐ…」

八幡「こいつは…雪ノ下が苦手とするタイプかもしれん…」

結衣「ほら…ミカッチもゆきのんも…仲良くしなきゃだめだよ…?」
5 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 02:26:55.84
雪乃「あら。どうして私がこんな頭の悪そうな男と仲良くしなければならないのかしら…不愉快よ」

三日月「頭が悪いのは認めるよ。それと俺もこんな変な女と仲良くなりたくないな…」

雪乃「あ、あらそう?初めて気があったわね。結局貴方も由比ヶ浜さんか私が可愛いからとかそういうのが目当てで来たんでしょう?」ビキビキビキビキ

八幡「(あの雪ノ下の毒舌をまったく気にしないどころか、こんな単純な言葉返しで彼女をイラつかせるとは…やるなこいつ)」

三日月「うーん…自分が思うほど回りはアンタを可愛いって思ってないと思うよ。俺がアンタに対してそう思ってるように」

三日月「むしろ近くに居たら邪魔だって思ってる人が多いんじゃないかな?」

雪乃「」

結衣「単純な言葉だけど正確ですごい威力…」
9 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 02:55:12.26
俺ガイル面子のひねくれっぷりを考えると打ち解けるのに苦労しそう
お嬢さんみたいに素直なキャラってほとんどいないよね
11 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 03:24:42.47
雪ノ下の心にクリティカルに入るものを的確にぶちこんでるなwww
16 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 10:52:48.83
三日月「まあ…入部は無しってことね。時間の無駄だし俺は仲間のところに戻るよ」

雪乃「そう、好きにしなさい。貴方みたい男にも友達なんて居るのね、まあろくな友達zy」

三日月「やめてくれないそう言うの?」ギロ

雪乃「私は思ったことをすなおn」

三日月「マジでやめろって言ったんだ…なんでアンタごときに俺の仲間が罵倒されなきゃいけない訳?」

結衣「」びく

八幡「(雪ノ下よりすごい迫力だなおい…)」

三日月「ふぅ…もし俺がそこにいる二人を攻撃し始めたらあんたはどう思う?」

雪乃「それは…」

三日月「そんな単純な事、すぐ考えれば解ると思うよ?アンタが頭が悪いと馬鹿にした俺でさえわかることなんだから…」
18 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 11:00:12.19
八幡「(やだ、怖い、なんかこいつに罵倒されたら全て俺の悪い部分をずばずば言われて心が風穴だらけになりそう)」

雪乃「そ、そうね、私もムキになりすぎたわ…関係の無い貴方の友達まで馬鹿にするなんてどうかしていた…」

結衣「(あのゆきのんがちょっと涙ぐんでる!)」

三日月「もういいから。行って良いかな?」

八幡「(そしてまったくぶれないこいつは本当何者なんだ)」

雪乃「待ちなさい…」

三日月「は?」

雪乃「私の名前はアンタ、では無いのだけれど」

三日月「んー…俺はもう名乗ったけど?」

雪乃「雪ノ下、雪ノ下雪乃よ」

21 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 11:12:11.96
三日月「あっそ、じゃあね」ガラガラ

雪乃「だからっ!」ガシ

三日月「さっきから何…早く戻りたいんだけど?」

雪乃「私の話を最後まで聞きなさい。と言うか単刀直入に言わないと駄目そうだからはっきり言うけど…良いわ、入部認めても」

三日月「…」

雪乃「あからさまに嫌そうな顔で私を見るのやめて頂戴」

結衣「結局入部OKなんだ」

八幡「なんか強烈なやつが入部したな…でもなんとなく俺、こいつの事嫌いじゃねーわ…」

雪乃「ここまで言われて去られたんじゃ何か虫が収まらないものね」

三日月「じゃあここの部活に入っていいの?」

雪乃「ええ、その前に色々聞くけれど、とりあえずく一旦仮入部させるわ。よろしく、三日月君」

三日月「そうか。よろしく、雪…雪の人」

雪乃「ええ♪」ビキビキ

次回へ続く
22 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 11:17:33.08
おまけ

屋上

三日月「オルガ、また授業サボってたんだ」

オルガ「ミカか。退屈でつい抜け出しちまった」

三日月「ねえオルガ」

オルガ「なんだ?なんかあったのか?」

三日月「平塚先生にある部活の入部を勧められたんだ」

オルガ「部活?なんだ急に」

三日月「その部活に入れば俺自身変れるかもしれないって」

オルガ「お前を変える部活?そんなもんがあるのか」

三日月「なんでも奉仕部っていう」

オルガ「奉仕部…あぁ、比企谷の入ってる部活か…」

三日月「知ってるの?」

オルガ「ああ、ちょっとだけ前から気になっててな」

三日月「そっか…オルガ、どうすればいいと思う?」

オルガ「そうだな、とりあえずあの部活に進入してどんなもんか確かめてくりゃいいだろ。合わなけりゃ辞めりゃ良いし」

三日月「解った。いいよ入っても」

おまけ終わり
27 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 23:23:59.07
オリキャラかと思ってたけど、みんなの反応見る限りだと元ネタあるのか…
28 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 23:28:39.33
>>27
「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の主人公だよ
31 :1 :2016/01/16(土) 01:36:46.69
八幡「お前もひょっとしてこの部活に強引に入れられたってわけか?」

三日月「うーんどうだろ…?別に入らないってはっきり答えても良かったんだけど。入ればある程度の単位は多めに見てやるって平塚先生が言ってたから」

結衣「ミカッチって勉強苦手なんだ…私と一緒じゃん!」

三日月「苦手と言うより好きじゃないかな?赤点だらけで補修ばかりだよ」

雪乃「よくこの高校に入学できたものね…」

三日月「オルガ一生懸命勉強していたからね。俺もオルガ達と同じ高校に行きたかったから…だからかな」

八幡「オルガって…オルガ・イツカのことか?」

三日月「ああうん。知ってるんだ八幡」

八幡「いきなり名前で呼ばれたんだが。ま、まあべつに嫌じゃないんだからね!」

結衣「なんかヒッキーにやにやしてキモイ!」
32 :1 :2016/01/16(土) 01:42:22.22
八幡「屋上でボッチ飯してるときにさ、あいつも一人で屋上にいて…よく話しかけて来るんだよ」

三日月「そうなんだ」

雪乃「まさか貴方に友達が居たなんて…鉄の雨でも振りそうね」

八幡「いや向こう友達だなんて思っちゃいないだろうよ。それに知り合ったのだって最近だしな」

三日月「いいや、きっとオルガは八幡のこと気に入ってるよ。オルガが自分から話しかけるなんて気の許せる相手以外ないからね」

八幡「考えすぎだろ」

三日月「俺もなんとなくだけど八幡のこと嫌いじゃないよ」

八幡「いや、俺はそっちのけはねーから…」

三日月「ん?」

八幡「いやもうなんでもないよ」
33 :1 :2016/01/16(土) 01:50:59.04
三日月「八幡は仲間とか嫌いなんだ?」

八幡「まあ嫌いと言うか、必要だと思わないな。人付き合いは気を使うし相手に合わせて話さなきゃならん。ひとりで居るのが一番幸せだ」

三日月「そう言うの気にしても疲れないのが本当の仲間なんじゃないかな?八幡もそう言う人を見つければ良いんだと思う…この二人は違うの?」

八幡「あ?」

三日月「雪の人と…調理実習のとき不味いクッキー作った…クッキーの子」

雪乃「え…?」

結衣「始めて呼ばれたけどなんか酷いし!」

34 :1 :2016/01/16(土) 01:51:35.36
八幡「まあその…こいつらは…」

三日月「一緒に居て疲れて嫌じゃないの?」

八幡「別に…こいつらは…嫌じゃ…ない」

雪乃「!?///」

結衣「!?///」

35 :1 :2016/01/16(土) 02:00:58.90
三日月「そっか。俺はこの二人と居ると疲れそうで嫌だと思ったから八幡に聞きたかっただけなんだけど」

雪乃「」

結衣「」

八幡「あ…はいそうなんすね…つーか俺、お前のそう言う所好きだわ」

三日月「そっか。馴染めそうなやつが一人でも居てよかったよ」

雪乃「まずは…」

結衣「入部をOKした以上ミカッチと親交を深めないとね…!」

雪乃「ええ、このままでは私達が三日月君の言葉で沈められてしまうしなにより比企谷君に先を越されたのが悔しいわ」

三日月「…?」もぐもぐ

36 :1 :2016/01/16(土) 02:01:56.61
結衣「何食べてるの?」

三日月「火星ヤシの実…食べる?」

結衣「良いの…?じゃあいっこ貰うね!」パク

結衣「美味しい!私これ好きかも!」

三日月「八幡と雪の人も食べる?」

雪乃「お、美味しいのかしら…とりあえず1ついただくわ…」パク

八幡「お、おう…」パク
37 :1 :2016/01/16(土) 02:04:23.50
八幡「お…美味いな…」パクパク

雪乃「!?げほげほ!」

三日月「クス…雪の人が食べたのははずれだったね。たまにはずれがあるんだそれ」

雪乃「そ、そう…もっと早く言いなさい」



38 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/16(土) 03:04:58.29
ふむ。なかなか良さげ
46 :1 :2016/01/22(金) 12:43:40.97
コンコン

結衣「あれ?依頼かな?ノックだよ」

雪乃「そのようね…どうぞ」

三浦「入るよ」

八幡「三浦か…」

三日月「誰?」

八幡「葉山グループの一人だよ。この学校じゃ割りと有名なのに知らないのかお前…」

三日月「んー…べつにどうでもいいよ」

八幡「本当正直なやつですね、まあそう言うの嫌いじゃないが…」
47 :1 :2016/01/22(金) 12:50:49.02
三浦「ちょっと依頼したいんだけど…ってヒキオの隣に居るそのちっさいの誰?」

三日月「三日月・オーガス。今日からこの部活に入る事になったんでよろしく」

三浦「はあ?部活以前にあんた高校と中学校間違って来てね?」

結衣「優美子、初対面で失礼だよ…」

三浦「あーしは思ったこと口にしただけだし」

雪乃「仮にも進入部員よ?初対面で馬鹿にして…依頼を頼みに来た態度ではないわね」

三日月「入部前に散々罵倒してきたあんたが言うな」

雪乃「」

三日月「じゃあ俺も思ったことを…」

三浦「あん?何?」

三日月「面白い髪型してるね…もみあげがドリルみたい」

三浦「は?」

八幡「(うわぁ…三浦を見て心の中で突っ込み続けてきたであろう台詞を表にはっきり出すとは…三日月・オーガス恐るべし)」



48 :1 :2016/01/22(金) 12:59:59.70
三浦「何が言いたいわけ?」

三日月「ドリルみたいだからドリルちゃんって呼んでもいい?」

三浦「意味わかんねーし!てかこいつ何!マジうざいんですけど!」

三日月「声がでかいあんたの方が十分うざいよ。それにドリルちゃんて可愛いと思うんだけど」

三浦「か、かわいい?!」

三日月「んー…別に馬鹿にしてるつもりはないんだけど…」

三浦「なんかよくわかんねー奴…まあいいわ。あーしの依頼を聞いて欲しい」

雪乃「何かしら?」

三浦「隼人の誕生日プレゼント…何が欲しいのか知りたい…」

三日月「直接聞けばいいと思うよ。回りくどいことしてばれたらうざいって思うし…」

八幡「いやそれじゃ話が終わっちゃうから!」
49 :1 :2016/01/22(金) 13:04:55.63
三浦「やっぱりあげるからにはずっと使ってくれるものとかが良いし…」

結衣「隼人君の欲しいものか~…何があるんだろうね…」

雪乃「…」

三浦「雪ノ下さんなら何か知ってるかなと思って」

雪乃「そんなもの私が知ってるわけないでしょう?別に興味もないことだし」

八幡「幼馴染である葉山の事を、雪ノ下なら知ってると思って依頼に来たわけだな」

三浦「ヒキオにしては冴えてるじゃん…その通り…何か知ってるかと思って」


三日月「ようは隼人って人のことが好きなんでしょ。ドリルちゃんは」

三浦「」

結衣「」

八幡「」

雪乃「まさに歩く人間爆弾ね…」
51 :1 :2016/01/22(金) 13:20:13.74
三浦「そ、そんなことあんたには関係ないし!///」

三日月「ふーん。好きでも無い人に普通プレゼントなんてあげないよね?」

三浦「そ…それは…///」

八幡「(やめて三日月…!三浦のライフはもう0よ!)」

三日月「雪の人やクッキーの子が言いづらいなら俺が直接聞くよ」

八幡「おいおい、面識の無いお前がいきなり葉山に近づいたら警戒されるだけだろうが」

三日月「大丈夫。最悪力ずくで聞くから」

三浦「あんたみたいなちびが隼人に勝てるわけないって、腕っぷしで対抗するのは諦めな」

三日月「そう?力には自信があるんだけどね…」グニャー<パイプ椅子を軽々へし曲げる

雪乃「」

結衣「」

八幡「」

三浦「」

三日月「じゃあちょっと行ってくるよ。八幡と同じクラスだったよね」<スタスタ

雪乃「ちょ…比企谷君…彼をとめるわよ!」

三浦「このままじゃ隼人が殺されるし!」

結衣「ミカッチストップー!」

八幡「ははは…何ですかねこの超展開は」



52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/22(金) 18:12:05.71
三日月さんやっぱスゲー
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/22(金) 19:02:59.16
乙、やっぱミカはすげーよ...
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/25(月) 00:01:11.22
そして数日後にはガッチムチになったオルガの姿が!

あと「隼人が殺されるし!」で草不可避だったw
質問(物理)確定なんかいw
60 :1 :2016/01/25(月) 23:28:45.69
戸部「はぁ~?なになにぃ?隼人君に会いたい~?ってか君だれなわk」

三日月「喋るな、うざいから」<ガシィ

戸部「だ…だずげでぐるじ!」<パタンキュ~

結衣「戸部っちが軽々と…」

八幡「なんとなくだが三日月が嫌いそうなやつだからな戸部は…」

雪乃「完全に気絶してるわね…」

戸部「」<ピクピク

葉山「戸部!しっかりしろ…!いきなり君は…なんのつもりだ!」

三日月「あんたが葉山隼人って人?」

葉山「そうだが…一体何なんだ…」

三日月「あんたに聞きたい事があるんだ」

葉山「聞きたい事?」

61 :1 :2016/01/25(月) 23:37:19.66
三日月「奉仕部の依頼なんだけど」

葉山「奉仕部…?」<チラ

八幡「(三日月君正直になんでも言いすぎじゃないですかね。葉山に思い切り睨まれてるんですが)」

雪乃「依頼者は言えないのだけど、貴方に聴きたいことがあって…三日月君が早とちりしちゃって…」

葉山「なら答える必要はないな。俺は君達にそういう事をされるのが気に食わないんだ…」

三浦「隼人…」

三日月「なんだ…学校で噂になるくらい有名な人間の癖して割りと中身が小さい人間なんだね」

八幡「(お願いやめて三日月!こっちの精神までハラハラして削られちゃうっ!)」

隼人「なんだと…?」

三日月「んー…答えたくなければ別に良いよ。俺はあんた自身に興味なんてないし。答えられなくても別に俺には害は無いしね」
62 :1 :2016/01/25(月) 23:48:46.86
隼人「おちょくってるのか?」

三日月「別に?ただ言える事は、もしあんたが俺の前に立ちはだかるならただ邪魔な存在になるなってだけだ」

隼人「初対面なのに言ってくれるじゃないか…」

三日月「ごめん、質問に答えるの答えないの?無いなら俺たちはあんたに用はないよ」

葉山「さっきも言っただろう…答える気は無いってね…」

三日月「あっそ。じゃあこの依頼は中断だ…ドリルちゃ」

八幡「馬鹿…三日月…!(あだ名とはいえ三浦のあだ名を口にだすな!)」

雪乃「はぁ…まったく正直馬鹿なんだから…でも比企谷君の言う通りね…私も彼の事嫌いになれないわ」

結衣「そこがミカッチの良い所なんだよ…私にだってわかるしそう言うの!」

三日月「そっか。八幡は好きだけど雪の人とクッキーの子はまだ好きになれるか微妙だな…なるべく好きになれるように頑張るよ」

雪乃「」

結衣「」
64 :1 :2016/01/25(月) 23:57:42.18
八幡「べ…別に嬉しくなんかないんだからね!」

三日月「そう、俺は嬉しいけどな、仲間が増えて」

八幡「(俺何三日月の発言に頬を赤らめてるの?ノンケなんですけど俺、ていうか仲間になってるの俺!?)」

葉山「…」

三浦「隼人…」

三日月「それに、俺ドリルちゃんのことも嫌いじゃないよ」

三浦「は!?あんた何言ってる訳!?」

三日月「あんたは自分にも相手にもすごく正直で俺は話しやすくて好きだな」

三浦「意味わかんねーし!でも素直に褒められてる気がして嫌な気がしねーし…///」

八幡「おい、なんか葉山以外で三浦をデレさせる人間始めて見たんだが…」


葉山「君…名前は…?」

三日月「三日月・オーガス」


葉山「三日月…オーガス…」<ギリギリ
65 :1 :2016/01/26(火) 00:06:13.24
三日月「あんた、回りくどいな…いい加減にどうしたしたいか言ってくれない?」

葉山「俺と君はどうやら正反対らしい…気に入らないよ…比企谷も…君も…!」

八幡「いや、俺まで巻き込まれても困るんだが…」

三日月「回りくどい…これ以上引き伸ばすならとっとと消えろ…!」<ギロ

葉山「怖い顔をするんだね。でもそう言う姿勢は嫌いじゃないよ。三日月…俺に答えて欲しい事があるんだよね?」

三日月「数秒で終わるやり取りだよね、ここまで回りくどくされて正直うんざりだよ」

葉山「まあそう言ってくれるな。それならこうしよう…君が俺にもし勝てたら、君の要求をなんでも聞こう」
67 :1 :2016/01/26(火) 00:13:44.32
三日月「何?」

葉山「俺と決闘をしてくれ」

三日月「は?」

葉山「俺に質問を問いたいなら力づくで聞き出して貰おう」

三日月「はぁ…チョコレートの人みたいな奴だな…あんた」

葉山「チョコレートの人?」

三日月「マクギリス…たしかあの人の本名だったかな」

葉山「まさか俺の憧れてる相手の名前を出すとは…やはり君とは因縁があるようだ…!」

三日月「はぁ…面倒だな…」


71 :1 :2016/01/27(水) 00:31:37.09
葉山「得意な競技はあるかい?」

三日月「んー…難しいルールのスポーツは苦手かな」

葉山「じゃあそうだな…剣道なんてどうだい?」

三日月「剣道?」

葉山「ああ、相手に一撃叩き込んだほうが勝ちだし解りやすいだろう?」

三日月「うん。いいよ。俺でも出来そうだし」

八幡「なんか雲行きが怪しくなってきたな…」

雪乃「奉仕部の部長である私の立つ瀬がまったく無いのだけれど」

結衣「まあまあゆきのん…進入部員のミカッチに華を持たせてあげないとね?」

雪乃「それは解るのだけれど、剣道なんて彼にわかるのかしら…ただ腕力が強くて優れているだけではどうにもならないわ。ルールだってあるわけだし」

三日月「先に相手を叩けば良いんでしょ?それなら簡単だ」

八幡「お前の場合竹刀で相手の目をつぶしたりいきなり素手でぶん殴ったりしそうで怖いぞ…」

三日月「え?駄目なの?」

八幡「いや、三日月…ひょっとして馬鹿なの?」

三日月「だから頭は良くないほうだって…」
73 :1 :2016/01/27(水) 00:48:34.08
八幡「いやなんかかわいいなお前って思っただけだ」

三日月「?」

雪乃「三日月君。私が簡単にルールだけ説明するわ。そうすればすこしはやりやすくなる筈」

葉山「いやいいよ雪乃ちゃ…いや雪ノ下さん。ある程度のルールは無視してかまわない。竹刀で俺に一撃、先に入れたら君の勝ちだ。これでどうだい?」

三日月「わかった。いいよ」

葉山「それじゃあ体育館で…」

三浦「三日月…悪いね…なんか巻き込んだみたいになっちゃってさ…」

三日月「いいよ。ドリルちゃんの頼みは別に嫌に感じなかったから」

三浦「成功してもしなくてもなんか奢るわ」

三日月「そう、ならなるべく勝つよ」

三浦「隼人に当然勝って欲しいけどあんたも応援してやっから」

三日月「ありがと」

三浦「ふふ、本当びっくりするくらい素直な奴」
74 :1 :2016/01/27(水) 00:59:11.58
いろは「先輩~♪何してるんですか?」

八幡「一色か…いやな、うちの新入部員と葉山が対決することになっちまって…」

いろは「え~?葉山先輩に挑む身の程知らずが居るなんて信じられないです…誰ですその人…」

八幡「そこに居る三日月だ」

三日月「ん?そうだよ。俺だけど?」

いろは「え~、見た目は…悪くない。可愛い系ですね~けど背が小さい…」

三日月「そう、そりゃどうもそれとあんた…」

いろは「え?まさかひょっとして真に受けて口説いてます?ごめんなさい無いです」

三日月「準備しなきゃだからそこに居ると邪魔。どいて」

いろは「」
75 :1 :2016/01/27(水) 01:09:11.71
八幡「一色にもまったく興味無しか…」

いろは「何なんですかあの人…すっごく失礼です!」

八幡「きっと三日月はお前に興味を持つ事は一切無いと思うから安心しろ」

いろは「なんですかそれー…なんかむかつくなぁ…頬を赤らめてくれても良いのに」

三日月「だって別にあんたが可愛いって思わなかったから」

いろは「」

結衣「い、いろはちゃんが真っ白になって硬直している」

雪乃「上には上が居るものね…ぜひ姉と対峙させてみたいものだわ…」

八幡「やめろ、一緒に居る俺たちまで心臓がとまるっつーの…」
76 :1 :2016/01/27(水) 01:16:45.70
体育館、観戦席にて

生徒A「葉山君に決闘を挑んだ生徒が居るんだって~!?」

生徒B「あの背の小さい子??」

生徒C「たしか三日月・オーガスだっけ?」

生徒D「背ちいさ…うけるわ!あの葉山君に勝てるわけないし」

生徒B「でも小さくて可愛いよねあの子」

生徒D「だよね~私も思った、当然葉山君に勝って欲しいけどあの子もなんか可愛いって言うかさ」

三浦「あんたらごちゃごちゃいってねーでどいてくんない?あーしらも観戦したいんだけど!」

生徒一同「み…三浦さんだ!さーせんしつれいしました!」<サササササ

八幡「さすがおかんだな…あーしさんマジすげぇ」

三浦「あん?なんか言ったヒキオ」

八幡「いや褒めただけだ・・・きにすんな」

三浦「ならよし」
77 :1 :2016/01/27(水) 01:25:49.64
???「気になるのか?ミカのことが」

三浦「は?何いってんの!?ヒキオ調子にのんな!ってあれ…」

八幡「なんだよオルガ…来てたのか」

オルガ「ようハチ。ミカと葉山がやりあうって聞いてつい来ちまった」

八幡「なんかもうあだ名で呼ばれてるんだが、俺お前とそんな仲だったっけか?」

オルガ「弁当のおかずを交換する程度の仲にはなってるな」

八幡「ったく。お前が交換してくれってくるからだろ」

オルガ「いいじゃねーか。お前の弁当の卵焼き、美味くて好きだからな」

八幡「お前の持ってくる肉団子が美味すぎてやばいから癖になっちまったんだろうが」

結衣「ヒッキーが…他の男子生徒とあんなに親しそうに…」

雪乃「夢でも見てるのかしら…信じられないわ…」

三浦「ヒキオに友達とか…マジうけるんですけd」

オルガ「あ?俺が何か笑われるような事言ったかそこの金髪」

三浦「え…(ビク)いやその…うけるに決まってんじゃん…一人を好むヒキオに友達が居るなんてさ…三日月もあんたもそーなんしょ?」
78 :1 :2016/01/27(水) 01:47:28.46
オルガ「ああ、そうだな。俺にとってこいつらは仲間みてーなもんだ。ミカとハチが積極的にあんたの依頼を受けてるんだ。あんたもそれなりに好意的に取られてるはずだぜ」

三浦「そ、そっか…良い意味として受け取ってく///」

結衣「優美子、さっきからなんか変だし!」

雪乃「同じクラスなのに顔を合わすのは久しぶりね、オルガ君」

オルガ「あ?誰だっけお前」

雪乃「」

八幡「(やべぇ、雪ノ下が滑りまくって可哀想になってきた)」

雪乃「比企谷君…私泣いていいかしら…貴方の胸で」

八幡「え…っていうか言う前に俺の膝で泣いてるんですが…」
79 :1 :2016/01/27(水) 01:48:28.56
三日月「なんか観戦席がうるさいな…」

葉山「緊張してるのかい?」

三日月「ううん、とっとと終わらせて帰りたいかな」

葉山「そうか、すまないな、俺の我侭につき合わせて」

三日月「別にいいよ、俺が切欠でこうなった訳だし」

葉山「いいさ、どうしても奉仕部、比企谷の絡んだ依頼は不快でね…」

三日月「綺麗ごとみたいな壁を張り巡らせてるあんたの方が不快だな。俺は」

葉山「三日月…君も不快だよ…」

三日月「いいよ。そう思ってくれた方が…その方が殺り安いから」

葉山「陽乃さんより怖いって思った相手は君が初めてだよ三日月…俺は君に必ず勝つ…!」

三日月「どうでもいいよ。早くして?」

葉山「ああ、後悔させてやるさ…比企谷も…君も!」



81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/27(水) 02:40:30.49
殺り安い あっ・・・(察し)
91 :1 :2016/01/28(木) 00:21:19.79
いろは「それじゃあ剣道対決!葉山先輩VS三日月先輩…はじめー!」

八幡「なんでお前が合図だしてんの」

いろは「だって葉山先輩が戦うんですよ~?私がやらずに誰がやるんですか…それに…」<ムス

八幡「三日月に相手にされなかった事に腹を立ててるわけだな」

いろは「ギリギリまで顔を近づけたのに顔色一つ変えないんですよあのひと…」

オルガ「はは、ミカは昔っからそういう奴だ。悪いな一色」

いろは「オルガ先輩は違うんですかぁ~?」

八幡「今度はオルガでためしてるよ…」

オルガ「てか女くせえ…離れてくんねーか…」

いろは「」

結衣「オルガ君の一言でまたいろはちゃんが真っ白になったし!」

雪乃「完全敗北とはまさにこのことね…」

92 :1 :2016/01/28(木) 00:27:56.90
葉山「防具を付けないで戦うなんて正気か…?竹刀とはいえ生身で受ければダメージはかなりやばいぞ?」

三日月「いいよ。あたらなければいいわけだし、それに暑苦しいの苦手だから」

葉山「悪いけど手加減はしないぞ?」

三日月「どっちでもいいよ。俺が勝てれば」

葉山「そうか…!」<ブォン

三日月「おっと」

葉山「よけた…!」

八幡「あいつの運動神経どうなってるんだ?早すぎて目で追うのがやっとだったぞ」

オルガ「普通のやつらと鍛え方がちげーからなミカは」

葉山「これならどうだ!」<ブォン!

三日月「遅いな…」<ひょい

葉山「どうしてこうも面白いようにかわされる…!」

三日月「そろそろ仕掛けようか…」<ぺロ

ブォン!

ガシィ!

オルガ「お、葉山の奴、ミカの一撃をなんとか受け止めたか」

三日月「浅すぎたか…」



93 :1 :2016/01/28(木) 00:38:14.50
葉山「なんだこの握力…競り負ける…!」

三日月「諦めたら?あんたもよくやった方だよ」

葉山「ここで負けるわけには行かない!皆が見てるんだ…」

三日月「そんなに自分のイメージを崩したくないんだ…」

葉山「君だってそうだろうに!」

三日月「あんたなんかと一緒にしないでくれ」

葉山「そうかい…!」<ブオン

三日月「はぁ…」<ひょい

三浦「あんな苛立ってる隼人始めてみた…」

八幡「お前はどっちに勝ってほしいんだ…?」

三浦「当然隼人に決まってるっしょ?でも…」

八幡「…」

三浦「三日月が勝ってくれないとあーしの依頼は適わない…それに男子で隼人以外であーしのこと嫌いじゃないって面と向かっていってくれたのあいつで二人目なんだ」

オルガ「へえ、めずらしいな。ミカの奴がそんなことをね」

94 :1 :2016/01/28(木) 00:47:17.20
オルガ「三浦、お前の依頼の内容って何なんだ?」

三浦「なんであんたに話さなきゃいけない訳?」

オルガ「ミカがあんなことになっちまってんだ。仲間の俺だって知る権利くらいあんだろ?」

三浦「…あんまし大きい声でいわねーから耳をかっぽじってよー聞けし…」

………

……



オルガ「なんだよ、依頼で人の手を借りたプレゼントなんぞであの葉山が喜ぶわけねーな」

三浦「え…?」

オルガ「相手のの好き好みを探ってプレゼントをするんじゃなくて相手が喜ぶかもしれないもんを自分で考えてやりゃいいだろうが」

三浦「…」

オルガ「ったく…そんくらいのアドバイス、お前ならできたんじゃねーのか雪ノ下?」

雪乃「し、仕方が無いでしょう…!三日月君の存在に呆気に取られていてそれどころじゃなかったのよ」

オルガ「ったく…仕方ねえな…このままだとミカが葉山の奴を徹底的にボコっちまう。そうなりゃあいつのメンツはガタ落ちだろうな」

三浦「!?」

八幡「だな。みんなの葉山隼人が落ちぶれる原因になりかねない」

三浦「あーしの依頼のせいで…そんな…」
95 :1 :2016/01/28(木) 00:52:59.66

オルガ「そこでだ、良い考えがあるんだけど良いかハチ?」


八幡「あ?なんだよ…」

オルガ「耳かせ…」

八幡「ん…」

海老名「オルガ君と比企谷君があんなにも接近して…そして今戦ってる三日月君もそろって三人で…うひょおおおおおあああああ!」<バタン

三浦「てか後ろの席にいたんだあんた…」

結衣「姫菜といろはちゃんが二人とも保健室に担ぎこまれていったし…」

八幡「同感だな、俺も似たようなこと考えてたよ」

オルガ「さすがだなハチ。三浦の奴も答えが出た以上この依頼を継続する意味はねー…だからよ」

八幡「おい三浦…とりあえず俺とオルガの言うとおりにしてくんねーか…?葉山が負けない方法があるんだ」

三浦「え…!マジか…どうすれば…」

オルガ「ミカの奴を大声で応援してくれ」

三浦「あーしが三日月を…?そうすれば隼人は勝つん?」
96 :1 :2016/01/28(木) 01:03:54.42
オルガ「まあな、葉山がそれでも負けたら別の方法であいつを救う方法は山ほどある。だが手っ取り早いのがお前がミカを応援することだ。大声でな」

八幡「まあオルガの言うとおり他にも方法はある。三日月を無理に応援しろなんていわん」

三浦「よくわかんねーけど…三日月のこと嫌いじゃねーし、応援してやるっていったし…いいよ!」


葉山「はぁ…はぁ…」

三日月「意外としぶといね、でもそろそろ限界かな」

葉山「化け物だな君は…」

三日月「あっそ。好きに言っていいよ。どの道もう俺の勝ちだから」

結衣「ミカッチが竹刀を振り上げた…!」

雪乃「三日月君の圧勝ね…」

三浦「三日月ーーーーー!がんば!応援してるから負けんなーーー!」

葉山「ゆ…優美子…?どう…して…」

三日月「ふぅ…(全部俺は聞こえてたよ…八幡にオルガ…)」

三浦「負けんな!もう少しだよ三日月…!」

三日月「ごめん何?ドリルちゃん。よく聞こえないよ?」

結衣「ミカッチ!ぼーっとしちゃだめ!」

三日月「今度はクッキーの子が何かいってる…なに?」

葉山「!!!そこだ!!!!めぇん!」<バシィ!

三日月「ふ…」<ニタ

審判「…勝者!葉山隼人ーーーー!」

98 :1 :2016/01/28(木) 01:16:27.12
いろは「やっぱり先輩が勝ったんですねーーー!!!!さすが葉山先輩…!」←保健室から戻った

葉山「ありがとういろは…」

いろは「でも…三日月・オーガス先輩…か…えへへ//」

オルガ「ミカは耳が良いからな。俺たちの客席での会話、ちゃんと聞いていたはずだぜ」

八幡「ったく…三日月はデビルマンか何かか」

三浦「隼人…」

葉山「優美子…ひょっとしてわざと三日月に隙を作らせる為に彼を応援したのか?」

三浦「…」

葉山「もしそうじゃなかったらショックでかなり凹むかな…」

三浦「隼人に勝ってほしい。あーしはそう思ってた…だから…」

葉山「はは、それを聞いてほっとしたよ…優美子に見捨てられたくないからね…」

三浦「み、見捨てるとかありえねーし!おめでと、隼人///」

葉山「ありがとう優美子…」

三浦「(三日月…ありがと…)」
99 :1 :2016/01/28(木) 01:20:28.44
【控え室】

雪乃「私は別に三日月君が葉山君に勝ってもよかったと思ったのだけれど…」<ペタペタ

三日月「だってこの依頼、意味が無くなったんでしょ?別に俺が勝つ必要なくなったんだしいいよ」

雪乃「それで貴方が傷ついて良い理由にはならないでしょう?」

三日月「大丈夫だよこれくらいの傷…ほっとけば治るから」

雪乃「駄目よ。傷口が化膿したら直りが悪くなるわ…」<ペタペタ

三日月「へぇ…意外と優しいんだ…雪の人って…」

雪乃「え…?べ、別に私は…新入部員である貴方が傷ついてしまって…申し訳ないと思ってるというか…それと…!」

三日月「ん?」

雪乃「私の名前は雪ノ下雪乃…雪の人ではないのだけれど?」

三日月「んー…じゃあ雪乃ちゃんで良いの?」

雪乃「いきなり名前で呼ぶなんて…と言いたいけどまあいいわ…貴方が人の名前を呼ぶときって悪意を感じないものね」

三日月「そっか…手当てありがと、雪乃ちゃん」

雪乃「ふふ、どういたしまして」
100 :1 :2016/01/28(木) 01:23:52.92
結衣「ミカッチおつかれー!っていうかあんな場面で油断してだめだよー!」

三日月「ありがと、ってあんたは気づいて無いんだ?」

結衣「え…?え…?」

三日月「あほの子…かな?」

結衣「は!?いきなりひどいし!」

八幡「あぁ、あたってるぞ三日月…」

結衣「ヒッキーまでひどい!」

オルガ「まあ何はともあれ良くやったな、ミカ」

三日月「ううん。二人が指示を出してくれなきゃ俺はあいつをコテンパンにしてたから…」
101 :1 :2016/01/28(木) 01:28:49.13
八幡「つーか三日月。大丈夫なのかよ?お前葉山の奴に竹刀で思いっきり叩かれたんじゃ」

三日月「大丈夫。さっき雪乃ちゃんが手当てしてくれたから」

八幡「名前で呼んでる…なんかフラグでもあったんですかね…」

三日月「ちゃんと名前で呼べって怒られたからそう呼んでる。それに傷の手当をしてくれたからね」

雪乃「ど、どういたしまして」

結衣「ゆきのんまで名前で呼んでずるいし!ちゃんと私も名前で呼んでよミカッチ!」

三日月「んー…クッキーの子はなんて名前だったっけ…」

結衣「はぁ!?由比ヶ浜結衣!!!今ここで名前覚えろし!」

三日月「じゃあ…面倒だからゆいゆいで良い?」

結衣「え、ああうん…なんか良いかも…」

八幡「以前俺が却下したあだ名だな…」
102 :1 :2016/01/28(木) 01:36:45.66
【校内廊下】

葉山「三日月…やってくれたな」

三日月「あんたか…何?」

葉山「君は本気じゃなかった…あの時簡単に俺をやれたはずだ…」

三日月「簡単にやられたらあんたのメンツが潰れるんじゃないの?」

葉山「ぐっ…!」

三日月「別に勝てたんだからいいじゃん、もう俺には用は無いはずだよ?」

葉山「結局君も比企谷と同じなのか…!」

三日月「はぁ…面倒だな本当あんたと関わるのって…」

葉山「…俺の負けだよ三日月」

三日月「…」

葉山「完全に君に遊ばれていた…俺は君に追いつくのがやっとだったからな」

三日月「嘘付け。まったく付いて来れなかったくせに」

葉山「はぁ…もう少し気遣えよ、これでもプライドはずたぼろなんだぞ?」
103 :1 :2016/01/28(木) 01:40:36.13
三日月「あんたが負ければ悲しむ人間が居る…それがあんたの仲間なんだろ?」

葉山「…」

三日月「俺にも仲間は居るからね。少しはあんたの気持ちも解るかな…共感なんてしたくないけどね」

葉山「はは、同感だ。気に入らないからね比企谷以上に君の存在が」

三日月「俺はどうでもいいかな、あんたの事なんて、まあそろそろ帰るよ…それじゃ」

葉山「くしゅっ…寒くなってきたな…今使ってるマフラーも古くなってきたし、新しい奴が欲しいよ」

三日月「…」<スタスタ

………

……

104 :1 :2016/01/28(木) 01:49:06.62
【奉仕部部室にて】

雪乃「平塚先生の案で彼も部活に入る事になったわ、私がクラスから連れてきたのよ」

オルガ「よう、ミカ、ハチ、それに由比ヶ浜。なんか強制的にこの部に入れられちまったオルガ・イツカだ」

八幡「おいおいマジかよ…」

三日月「良かったね八幡、仲間が増えて」

八幡「まあ、面識の無い人間が入るよりは余程良いが…」

結衣「部員が一気に増えたね!よろしくねオルガ君!」

ガラガラ

三浦「三日月居る?」

雪乃「あら…三浦さん…ノックくらいしたらどうかしら」

三浦「ごめん三日月に用事があって」

三日月「ドリルちゃん。どうだった?」

三浦「うん…マフラーあげたら凄く喜んでくれた」

三日月「そっか、それは良かった」
105 :1 :2016/01/28(木) 01:56:02.29
八幡「ん?」

雪乃「え?」

オルガ「…」

結衣「そう言えば隼人君の誕生日に優美子、手編みのマフラーあげたんだよね!」 

オルガ「お前、葉山から聞き出せたのか?」

三日月「ううん、あいつが勝手に喋ったからそれをドリルちゃんに教えただけだよ」

八幡「はぁ…あいつらしいやり方だな…」

三浦「まあそのさ…ありがと、結果的に依頼したからあーしは助かったわけだし…三日月…」

三日月「ん?何?」

三浦「あんたにもこれあげる…」

三日月「これって…マフラー?」

三浦「生地が余っちゃってさ、捨てるのもったいないからついでに作ったの!貰っとけ!」

三日月「これから寒くなるからな…ありがとう、ドリルちゃん」

三浦「あーし、これから隼人達とカラオケ行くから行くわ…三日月、あんたも来るか?」

三日月「やだよあのうるさい戸部とか葉山も居るんでしょ?遠慮しとく」

三浦「はは、そう言うと思ったわ。マフラー、大事につかいなよ!またね!」<ガラガラ

三日月「うん、大事に使うよ」

106 :1 :2016/01/28(木) 02:02:21.01
【屋上にて】

オルガ「なあミカ、ハチ」

八幡「あ?」

三日月「何?」

オルガ「将来会社を立ち上げてみたいなんて思ってるんだけどさ。もし俺が会社立ち上げたら入社してくれるか?」

八幡「将来性があって老後まで保障してくれるなら入るぞ。あと重労働と残業だけは簡便な。定時にあがれて人間関係きにしない場所なら最高だ」

オルガ「ったく…ハチらしい答えだな。善処するぜ?ミカはどうだ?」

三日月「そうだね。八幡とオルガが居てくれるなら俺はそれについていくよ」

八幡「とは言うけどどんな会社を立ち上げるんだ…?」

オルガ「まだ何も決まっちゃいねぇよ。会社名だけなら決まってる」

八幡「一応聞いてやる。なんだ?」

オルガ「枯れない鉄の華…名づけて鉄華団だ」

八幡「マジか…?厨二病かオルガって…べ、別にかっこいいって思って胸きゅんしてないんだからね!」

三日月「そう?俺はかっこいいと思ったけど…」
108 :1 :2016/01/28(木) 02:10:14.16
雪乃「あら、面白そうな話をしてるじゃない、何なら私も入れてもらおうかしら?」

結衣「私だって何かできることくらいあるし!」

オルガ「どうすっかな?」

八幡「別に俺は…二人が入っても悪くは…」

三日月「いいと思うよ雪乃ちゃんはなんだかんだで優しいし、ゆいゆいは明るいから楽しいだろうし…それに二人とも仲間だからね」

雪乃「!?」

結衣「!?」

オルガ「よかったな、お前らもミカから仲間だって認められて」

八幡「仲間…ね…悪くないかもな」

オルガ「お、ハチもデレたか」

八幡「べ、別に俺は…!」

三日月「楽しくなりそうだね…これから」





一応ここで終わりにしますが、はるのんと三日月とオルガが対峙する話も作ってあります
希望があるなら書きますがとりあえずはここで完結という事で。
オルフェンズもまだ本編が途中ですしここらへんで区切りたいと思います

110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/28(木) 02:46:01.78

よかった…死人は出なかったか
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/28(木) 03:12:15.29
乙です
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/28(木) 06:01:25.14

面白かった
はるのんVS三日月とか大惨事になりそうで面白そう
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/28(木) 06:26:13.69
乙です
はるのんVS三日月見たいです
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/28(木) 07:16:35.34
乙です。とても楽しめました。アンチSSかと戦々恐々で読み始めたら綺麗に終わった。
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/31(日) 09:10:38.62
オルフェンズスレが完結したの初めて見た
それだけでも評価に値する

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

乙です!
 是非作ってください><


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク