提督「朝潮型、遠征!」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 00:58:32.07

提督「ただし満潮を除く」

満潮「ほんと何なの? イジメなの?」

提督「違うんだ。満潮なら分かるだろう? 私はどちらかというと、満潮にイジメられる側の人間だ」

満潮「澄ました顔で言わないで」

提督「それにしても朝潮たちは今頃、遥か彼方、北方海域へ遠征中かぁ……」

満潮「帰投は一週間以上先みたいだし……よくもまぁ私をハブにしてくれたわね」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445615911
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 02:40:46.86
過去作

提督「朝潮型、整列!」


提督「朝潮型、出撃!」


提督「朝潮型、索敵!」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 01:02:46.44
きたか!
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 01:09:13.90

提督「ちょうど満潮の艤装メンテナンスと被ってしまったからな」

満潮「だったら遠征の日程をずらすとか、融通きかなかったワケ?」

提督「いやそれがな……。 少し前に、北方方面にある艦娘候補養成所が、深海棲艦の襲撃を受けた事件があっただろ?」

満潮「訓練中に潜水艦が現れたってやつね。幸い轟沈した候補生はいないって聞いたけど」

提督「あぁ。あれ以来、北方海域での潜水艦狩り体勢が強化されてな。朝潮たちはその先駆けとして急に駆り出されてしまったんだ。

   だからまぁ、満潮に関しては、今回は運が悪かったと諦めてくれ」

満潮「はぁ……っていうか、前にも私、一人だけ仲間はずれにされたことがあったような気がするんだけど……」

提督「寂しいか?」

満潮「べ、別に寂しくなんかないわよ! ただ、もうすぐ観艦式があるでしょ。

   せっかく朝潮型駆逐隊で演武を披露するのに、その練習もできなくて退屈してるだけよ」

提督「うん、分かるぞ。私も同じだ」

満潮「え?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 01:23:41.18

提督「秘書艦の朝潮がいないとな……なんかこう、行き場のないムラムラでどうにかなりそうっていうか」

満潮「うわぁ……」ゾワッ

提督「何より、やる気が起きない。今すぐいつもみたいに、朝潮を膝に座らせてお仕事がしたい」

満潮「うちの旗艦に何させてんのよ」

提督「まぁそういうワケで、満潮が寂しいだろうと思ってな、

   朝潮たちが遠征から戻ってくる間、別の任務を与えようと思う」

満潮「だから寂しくなんか…………は? いま、任務って言った?」

提督「あぁ言った。満潮、君ひとりに課す重要な任務だ」

満潮「私が単独で……重要な任務……!?」

提督「そうだ。今後の鎮守府運営にも関わる任務だから、心して臨んでほしい」

満潮「…………」

提督「どうした? 怖気づいたか?」

満潮「ふっふっふ……ようやく骨のある任務が私にも回ってきたようね。面白い……。

   いいじゃない! やってやるわ! そんな重要な任務なら、私が出なきゃ話にならないじゃない!」

提督「そうか。受けてくれるか。かなり厄介な相手らしいが、頼んだぞ」

満潮「任せなさい。 で、ターゲットはどこにいるの? 西方海域? 南方海域?」

提督「会議室だ」

満潮「……は?」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 01:40:48.18


~ 駆逐艦寮 会議室前 ~


満潮「あのペテン司令官……ハメられた……。 あーもう! 悔しい!

   ……まぁ、受けたものは仕方ない。とりあえずこの中にいるらしいから、まずは会ってから……」


  コンコン


満潮「入るわよー」



  ガラガラガラ

                 パフッ



??「やーたー! 黒板消しトラップ、引っかかったー! ボクの勝ちぃ~」

??「まさかこんな古典的な罠に引っかかるとは……賭けは私の負けだな」

??「くすくす、もぉ~。だめだよ二人ともぉ~」

満潮「…………」

皐月「あー、ごめんごめん。 自己紹介が遅れちゃったね。 ボクは皐月、よろしくな!」

長月「長月だ。よろしく頼む」

文月「文月だよぉ~。よろしくぅ~」

満潮「………………」

皐月「あれ、もしかして痛かった? ごめんねー。新しい嚮導が来るっていうから、どれくらいスゴイ人なのかと思ってさ~」

長月「しかもこの鎮守府で最強の駆逐艦と謳われている朝潮型の一人と言うものだから、どれほどの者かと思えば……」

文月「えへへ、文月、いっしょうけんめい用意したんだぁ~黒板消し」

皐月「だめだよって言いつつ、文月が一番はりきってたよねぇ」

文月「え~。文月がわるいみたいに言わないでよ~」

長月「まぁ、主犯が皐月であることに間違いはないだろう」

皐月「へへーん、そんなこと言ったって賭けはボクの勝ちだから、ちゃんとジュースおごってよねぇ」


満潮「……れ……ども……」


皐月「うん? 何か言った?」

長月「我々の嚮導を務めるのであれば、声が大きくなくては話にならんな」

文月「文月、嚮導さんといっぱいお話したいなぁ」


満潮「……黙れ。 カス共」ゴゴゴゴゴゴゴ

皐月「…………あ、はい」

満潮「私の許可なく口を開くな」

長月「…………」

満潮「座れ」

文月「……」ペタン

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 02:33:54.85





満潮「あんた達の嚮導を務めることになった満潮よ。改めて、それぞれ得意なことを交えて自己紹介しなさい」

長月「長月だ。得意なことは雷撃戦だ」

皐月「ボクは睦月型駆逐艦、皐月だよ! 得意なことは砲戦かな!」

文月「文月だよぉ。好きな食べ物はりんごジュース。……あ、飲み物だった? えへへー」

満潮「色々言いたいことはあるけれど、まぁいいわ。本日より司令官から、あんた達の嚮導……

   すなわち教育担当みたいなのを任されたんだけど、正直な気持ち、私は今すぐ辞めたい」

皐月「え~。そんなこと言わないでよ。いま辞められたら、また神通さんが嚮導になっちゃうよ」

満潮「は? 私の前は神通さんだったの?」

長月「あぁ。艦娘として着任したばかりの私たちの嚮導に就いたのは神通さんだった」

文月「最初はねー。すごく優しそうな人で、文月もうれしかったんだけどぉ」

皐月「黒板消しトラップを仕掛けて以来、訓練内容が急変しちゃってさ」

満潮「神通さんにアレを……。あんた達、バカなの……」

長月「今思えば、本当にバカなことをしたと後悔している」

文月「もうこりごり~って思ったよねぇ」

満潮「いや、あんた達さっき私にやったじゃない。全然懲りてないわよ」

皐月「でさー、あんまりにも訓練がキツいから、司令官に直訴したんだよねー」

満潮「嚮導を変えてくれって?」

皐月「うん。そしたらこうなった」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 02:58:14.12

満潮「何度も言うけど本当にバカ丸出しだわあんた達。たしかに神通さんの訓練は厳しいけれど、

   嚮導としては最高峰、これ以上の人材はいないと思うけど」

長月「司令官もそう言っていた。だが、我々は本当に着任したての新人だ。

   いきなりハードな訓練は肉体的にも精神的にも堪える。文月は毎晩泣いていた」

満潮「……泣くほど?」

文月「すっごい疲れるとね。なんだかごはんが喉を通らないんだぁ。

   だからせっかく晩ごはんのデザートでプリンが出ても、美味しく感じられなくって……」

皐月「艦娘の養成所時代から文月とは仲が良かったけど、プリンを残す文月なんて初めてみたよ」

長月「この世の終わりみたいな光景だったな」

満潮「…………」

皐月「まぁでも! 嚮導が同じ駆逐艦であれば、ボクたちもやっていけそうな気がするよ満潮!」

長月「だな。嚮導が満潮であれば我々も気が楽で良い」

文月「わたしたち、お友達になれるよねぇ? 満潮ちゃん!」

満潮「先生」

皐月「え?」

満潮「あんた達はこれから、私のことを先生と呼びなさい」

長月「そういうのが好きなのか?」

満潮「は?」

長月「冗談だ。忘れてくれ」

文月「え~、なんでダメなのぉ?」

満潮「あんた達に『満潮』って呼ばれると、どうしようもなく腹が立つから。これは嚮導としての命令」

皐月「はぁーい。仕方ないなぁせんせー」

長月「了解だ。先生、か……」


文月「せんせぇ~」

皐月「ボクたちー私たちはー」

長月「艦娘shipにのっとり」

満潮「何ふざけてんの」ムカッ

文月「せんせぇどーどぉー」

皐月「と戦うことをー」

満潮「あんた達、やっぱりふざけて……」イライラ

長月「ちがいます」

皐月「……ぷっ、あはははははっ! 今のコンビネーションさすがだねボクたち!」

長月「まったく、またつまらんコントをしてしまった」

文月「えへへ~、息ぴったりだねぇ、わたしたち」


皐月&長月&文月「あははははっ」





満潮「……はぁ。 私、なんでこんな部隊に配属されたのかしら……」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 04:20:49.10

満潮のかわいさを広く正しく知ってもらうためじゃね?(適当
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 09:15:05.47

~ 数日後 駆逐艦寮 会議室 ~



満潮「それじゃあ今日の講義は、実戦における艦隊運動の基本について―――」

皐月「お腹すいたなぁ」

長月「朝食ならきっちり摂っただろう」

皐月「足りないよあんなんじゃ」

長月「食べすぎると眠くなるぞ」

皐月「気持ちよさそうに寝てる文月が羨ましいよ」

文月「ふぇー……すやすや……」

長月「よだれを垂らしているな」

皐月「いつものことでしょ」

満潮「私語は慎むように。ほら皐月、指南書の続きを読みなさい」

皐月「はーい。えーっとー……」

満潮「腹から声を出しなさい。気の抜けた声で読んだら最初からよ」

皐月「よ、よーし。 あるところに! おじいさんと! おばあさんがいました!」

満潮「最初からやり直し!」

皐月「えー、なんでさー」

満潮「なんで絵本なんて持ってきてるのよ! さっき配った指南書を読みなさい!」

皐月「えぇ~、嫌だよこんな文字ばっかの本」

満潮「もういい次は文月。起きなさい!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 10:11:29.38

文月「ふぁあ!? ……ふ、文月、寝てないよぉ! 少し居眠りしてただけで……!」

満潮「いいから23ページ、大きな声でハキハキ読みなさい」

文月「う、う~ん……えっと、じんけいは、つうじょうのかんたいでは、おおきくいつつにわかれている。

   たんたてじん、ふくたてじん、わけいじん、おとうとけいじん、たんよこじん。

   それぞれのじんけいには、とくゆうのこうかがあり、せんきょうにおうじて、つかいわけがひつようである」

満潮「漢字の読みがどうこう言う前に、その小学生が作文を読むみたいな喋り方をやめなさい」

文月「そんなぁ~。文月、がんばって読んだのにぃ」

長月「先生よ。この程度の知識であれば、すでに養成所で習熟済みだ。今更おさらいすることではないと思うが」

満潮「へぇー。じゃあこんな講義がなくたって、全部完璧だって言いたいのね」

長月「いや、そこまでは――――」

皐月「そうそう! その通りだよ先生! ボクたち座学はもう十分だからさ、訓練なら外で、艤装をつけてやろうよ!」

文月「わたし、艦隊運動はとくいなんだよねぇ~」

皐月「ボクは砲戦やりたいなぁ」

長月「駆逐艦の訓練といったら、やはり魚雷の発射訓練だろう」

満潮「あんた達、てんでバラバラね」

皐月「個性があるって言ってよ。ボクたち、養成所でもコンビネーション抜群だったんだから!」

満潮「……分かったわ。なら講義はこれにて終了。ついて来なさい」

長月「ん? 先生、一体どこへ」

満潮「決まってるじゃない。 演習場よ」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 19:15:05.74

~ 演習海域 ~




満潮「それじゃ、ルールの確認をするわ」

皐月「先生ひとりに対して、ボクたちが三人がかりでかかっていいんだよね?」

長月「模擬魚雷と模擬弾を使用。戦闘不能か弾薬切れで我々の負け」

文月「一発でもせんせぇに当てれば、文月たちの勝ち、だよねぇ~」

満潮「さすが、新米とはいえ、あんた達も駆逐艦ね。血の気の多さは褒めてあげる」

皐月「へへーん、先生もあんまり舐めてると、ボクたちの技と連携にやられちゃうよ?」

長月「いくら朝潮型とはいえ、三人がかりであれば我々の方が有利だ」

文月「はやくヤろうよぉ~」

満潮「大した自信ね。その自信をよく覚えておきなさい。吠え面かかせてあげるから」








満潮「もう一度確認するけど、私が勝ったら私の言う通りにしてくれるのよね」

皐月『もちろんだよ。でも、ボクらが勝ったら、ボクらの好きなように訓練させてもらうからね』

満潮「分かったわ。 さて、お互いの距離もだいぶ離れたわね……

   開始の合図と同時にこちらの無線は切るから、あんた達で自由に使いなさい」

皐月『はいはい。こっちはいつでも準備おっけー』

長月『同じく』

文月『いいよぉー』

満潮「それじゃ……演習、開始!!」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 19:30:36.71

満潮( 三時方向に敵……あれは、長月と文月ね )

文月「せんせぇ発見。文月、本領発揮するよぉ~」

長月「あ、コラ! 文月、前へ出すぎるな!」

文月「へーきへーき。文月、なんだかゾクゾクしてきちゃったぁ!」

長月「またか……。 まぁいい。私は援護に回るから、射線上には入るなよ」

文月「りょうかーい」


満潮「まずは文月ね。速力には自信があるみたいなこと言ってたけど……こうしたら、どう出るかしら?」プシュゥウウウウ

文月「あ、あれれ~? 煙幕? せんせぇどこ~?」

長月「文月、後ろだ! くっ……三連装魚雷、発射する!」シュバッ

満潮( 長月はたしか、自己紹介の時に雷撃戦が得意とか言ってたけど…… )

文月「ひゃぁあっ! ちょっと長月ぃ! どこ撃ってるのぉ~」

長月「す、すまない。手元が狂った。私も肉薄する!」

文月「もぉ長月ったら~。 …………あっ」

満潮「背中ががら空きよ」

  miss

文月「えへへ~、当たらないよ~だ」

満潮「速いと言うか、すばしっこいってトコかしら。なら、これならどうかしら……魚雷発射!」シュバッ

文月「へへ~、これも当たらないよぉ」

長月「うおっと……私も同時に狙われていたのか、危なかった。いつの間にか文月と同じ射線上に……ん? 同じ……?」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 19:41:34.89

文月「よーし、もっともっと速度を上げちゃうからねぇ~。この煙幕を利用して奇襲しちゃうんだからぁ」

長月「……!! ま、待て文月! 減速だ! 止まれ!!」

文月「ふぇ?」

長月「煙幕でよく見えないが、おそらく私たちは近くにいる! こんな所で速度を上げたら―――――」


   ガッシャーーーーン!!


文月「あいたたたた……」

長月「衝突するぞ…………って、遅かったか……痛っ……」

満潮「まさかあんな視界の悪い所で、お互いの距離も確認せず動き回るなんてね。コンビネーション抜群が聞いて呆れるわ」

文月「うぅ……」

長月「くそ……」

満潮「それじゃ、あとは皐月だけど……。いいわ、撃ってきなさい」

長月「まさか……皐月が狙っているのを知っていたのか!?」

満潮「六時方向に100mってとこかしら」

文月「そんなぁ……距離までわかってたなんてぇ」

満潮「私が煙幕を張っている間に、背後に回り込もうとしているのが丸見えだったわ。

   まぁでも、あんた達が囮で本命が皐月っていう作戦を立てたこと自体は褒めてあげる」

長月「くっ……だが、まだ勝負は終わっていない」

満潮「いいえ、あんた達の負けよ。私と皐月が一対一で勝負して、敵うと思う?」

文月「文月たちが、二人がかりでダメだったのに……それは……」

満潮「……とはいえ皐月だけ出番がないのは同情するから、少しハンデをつけてあげるわ」

長月「ハンデ……だと?」

満潮「無線で皐月に伝えなさい。『私はあんたの方を向いたまま突っ立ってるから、もっと近づいてから撃ちなさい』ってね」

長月「聞こえたか……皐月」

皐月『分かった。ボク、こんな所で引き下がれないよ』

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 19:56:44.27

文月「煙幕も晴れてきたねぇ。皐月の姿も見えてきたよ」

長月「皐月……頼んだぞ……」

満潮「50mか……長月」

長月「なんだ」

満潮「もっと接近するよう伝えて」

長月「なにを企んでいる」

満潮「何も企んじゃいないわよ。言ったでしょ、あんた達には必要なの、それ相応のハンデが」

文月「い、いくら何でもこれ以上は……あわわ」

皐月『いいよ二人とも、聞こえてる。もっと接近する』

長月「皐月……」

皐月『ボクたち、舐められてるんだよ。でもこれは絶好のチャンスでもある。その慢心が間違っていることを、ボクたちが教えてやるんだ』

満潮「25m……もっとよ」

文月「ま、まだ接近するのぉ?」

満潮「20……15……10……もっと接近しなさい」

長月「ば、バカな……目と鼻の先じゃないか!」

皐月「これで、5mだよ」

満潮「いいわ。それくらいにしておきましょ。これで、負けた時のあんたの悔しそうな顔がよく見えるわ」

皐月「いくら嚮導でも、ボクは容赦しないよ」

満潮「良い面構えね。その気迫に免じて、初撃はあんたに譲るわ」

長月「ふざけている……こんな至近距離で、初撃を譲るだと? 正気か……?」

文月「なになに? これ……どういうことなの……?」

皐月「まさかここまで舐められるなんて……でも、ボクは油断なんてしないよ。確実に当てる!」

満潮「いいから撃ちなさい」

皐月「ボクを侮るなよ! 主砲、撃てーっ!!」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 20:12:15.08

提督「で、どうだ? 嚮導としての生活は」

満潮「最悪よ」

提督「例の新人三人についてはどう思う?」

満潮「あんな滅茶苦茶な駆逐艦、初めて見たわ。あれの嚮導なんて御免よ」

提督「そうかぁ。そういえば演習をやったって聞いたが、どうだったんだ? 最後は5mの至近距離から撃たせたって聞いたが」

満潮「避けた……いや、外れたわ」

提督「どっちなんだ」

満潮「一応避けたんだけど、避けなくてもどのみち外れてたってこと。あんな至近距離での艦砲射撃は初めてだったのかもね」

提督「まぁ、養成所じゃ的以外を相手に超至近距離からの射撃なんてやらないだろうからなぁ」

満潮「深海棲艦相手だと、混戦になればそんな場面は何度もあるわよ」

提督「さすが百戦錬磨の朝潮型。それに、5m先からの射撃を回避ってのも神業じゃないか」

満潮「大したことじゃないわ。相手の目線と腕の動きに注目していれば、だいたいの予測はつく。皐月の場合は特に分かりやすかったわ」

提督「ほぉー、そういうものなのか」

満潮「そういうもの。他は知らないけど、朝潮型なら皆やってるわ。特に霰は、なんか相撲に興味を持ち始めて以来、

   至近距離での反応速度が格段に上がってるし……」

提督「相撲か……。訓練に相撲を取り入れてみようかな……ぐへへ」

満潮「あんたの思考回路だけは、私たちには予測できないわ」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 20:24:34.09

提督「ともかく、満潮は見事勝利をおさめたわけだ」

満潮「何も見事じゃないわよ。あんな基本もできてない新人に、私が負けるわけないじゃない」

提督「言うねぇ満潮。 勝ち方も全員を戦闘不能ではなく、戦意喪失まで突き落としたあたり、満潮の愛を感じる」

満潮「フン。 ただ全員を失意の底に落としただけ。自分の無力さを知ったあいつらの顔が見れてスッキリしたわ」

提督「ふふふ、そうかそうか。で、勝ったら何でも言うこと聞く権利を得られるんだっけ?」

満潮「そうよ。どこぞの司令官には絶対に与えてはいけない権利ね」

提督「それで、何て言ったんだ?」

満潮「そんなの決まってるじゃない。『あんた達の嚮導を、辞めさせてもらう』って言ったのよ」

提督「やっぱりかぁ……。神通と同じことを言うんだな、満潮も」

満潮「神通さんも?」

提督「皐月たちが嚮導を変えてくれって言い出すよりも前に、神通が私の所に来て言ってきたんだ。

   『腋の匂いを嗅がせてくれたらいいよ』って言おうとしたけど、あんな真剣な顔で言われたらさすがに茶化せなくてなぁ」

満潮「それは正しい判断ね……」

提督「私としてはあの三人を何とかしてやりたかったんだが……そうか、満潮も同じか」

満潮「今なら神通さんの気持ちが良く分かるわ。少なくとも私の手には負えない。あんな責任を押し付けられるのは、まっぴらごめんよ」

提督「……了解した。ではこれより、満潮の嚮導任務を解く」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 20:37:58.80



        ~ 夜 鎮守府大浴場 更衣室 ~



満潮「はぁ……なんか疲れた……。艤装メンテのせいでしばらく海に出てなかったからかしら」ヌギヌギ

満潮( そういえばこうやって一人でお風呂なんて久しぶりね……。

    司令官にはああ言ったけど、やっぱり皆がいないと寂しいものね…… )ヌギヌギ ファサッ

満潮「……くよくよしてても仕方がないわ。嚮導の任も解かれて、私は晴れて社内ニート。とことん漫喫して――――」



ガラガラガラ……     



満潮「……あ」




皐月「あぁ~あぁ……絶対勝てると思ったのになぁ~」

文月「もうその言葉、14回目だよぅ?」

皐月「いちいち数えないでよ」

長月「その無駄に高いプライドと自信はどこからくるのやら……」

皐月「いやいやいや、プライドの高さに関してなら、長月には言われたくないよボク」

文月「ぷふふ~、文月もどうか~ん」

長月「う、うるさい……。だが実際、なぜ負けたのだと思う?」

皐月「えー、なに? 反省会する気?」

長月「強くなるため、反省をするのは大事だ」

文月「まぁいつも、反省するだけで何もかわらないっていうのがぁ、いつものパターンだよねぇ」

長月「なっ……」

皐月「ははは、文月に言われてる~」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 20:54:44.62


ペチペチペチ  チャプンッ


満潮「もっとヘコんでると思ったけど、結構元気じゃない」

皐月「うげっ、先生!」

文月「あ、せんせぇこんばんは~」

長月「ちょうど良かった。先生の目から見て、あの演習の勝敗の分かれ目はなんだったのかを問いたい」

満潮「それって、あんた達の敗因を聞いてるの?」

長月「……ま、まぁ、そんな感じだ」

皐月「ズバリ教えてよ! ボクたちに足りなかったもの!」

文月「おしえてせんせー!!」

満潮「敗因……敗因……うーん、そうねぇ……」

一同「ゴクリ……」

満潮「全部、かしら」

長月「ぜ、全部……というのは?」

満潮「言葉通りよ。全てにおいてダメ。 バカ丸出し、ヘタクソ、滅茶苦茶、艤装を身に着けたうるさいセミ同然」

皐月「うへぇ……そこまで言う?」

文月「文月、セミじゃないよぉ~」

長月「も、もっと具体的に教えてはくれないだろうか……!?」

満潮「言いたいことは色々あるけど……そうねぇ……じゃあ攻撃してきた順番で、まずは文月から」

文月「は、はぁい!」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 21:17:18.35

満潮「あんたは興奮バカ、速度感覚バカ」

文月「ふぇええん、文月、そんなにバカじゃないよぉ」

満潮「まず、せっかく長月と二人で突進して来ても、単騎で突撃してくる所があり得ない。 普段のあんたからは想像できないけど、

   煙幕の中でも目が血走っていたのはよくわかったわ。 駆逐艦らしいといえばそうなんだけど、度が過ぎる」

皐月「おぉ……さすが先生。文月のことをよく分かってる……」

長月「たしかに。文月は艤装を装着して海へ出ると、途端に性格が変わる。戦闘狂のような……恐ろしささえ感じる」

文月「そんなにー? まぁでも、たしかに戦闘中の記憶は、あいまいなんだよねぇ」

満潮「それから、速度に自信があるって言ってたけど、それは違う」

文月「えぇー? 文月、うそなんてついてないよぉ~」

満潮「文月はただ、人と比べて体感速度が遅いだけだわ」

皐月「体感速度?」

満潮「そう。極端な例を言えば、普通なら最大戦速で航行すれば誰でも緊張感を持つし、全力で撤退か突撃する時くらいにしか出さない。

   でも文月は速度がどれだけ速かろうとそれほど速いとは感じない。よって緊張感も持たず、航行速度をセーブすることもなく、

   平気でいつでも最大戦速で航行しようとする」

皐月「あぁなるほど、養成所でも文月は速度に関してピカイチだと思ってたけど、

   単にずっとセーフティが外れたような状態だったってことかぁ」

長月「演習の時に私と衝突したのも、それが原因ということか……」

満潮「戦況分析の未熟さ云々もあるけど、まぁそれも一因ではあるわ」

文月「はぁ~い、気をつけまぁす」

満潮「次は長月ね」

長月「うっ……あぁ、遠慮なく頼むぞ、先生」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 21:25:47.34

満潮「あんたはプライドバカな上にヘタクソ。とにかくヘタクソ」

長月「…………」

皐月「あっはは、言われてるー」

満潮「だいたいあんた、自己紹介の時に雷撃戦が得意だって言ってなかった?」

長月「得意だとは言ったが、周囲から上手いと言われたとは言ってない……」

満潮「いい? 周りは気を遣って言わなかったと思うけど、私は言うわ。 あんたはヘタクソ! とんでもなくヘタ! 日本一のドヘタ!」

長月「……そこまで言うか……」

文月「うわぁ……」

皐月「これはきついね……」

満潮「ヘタクソはヘタクソなりの振る舞いをしなさい。

   つまらない意地を張って玄人ぶると、誰もあんたを助けてくれないし、艦隊に迷惑をかけるわ」

長月「私は……どうすればいいのだろうか……」

満潮「決まってるじゃない。訓練するのよ」

長月「訓練しても変わらない場合は……」

満潮「もっと訓練するのよ、ヘタクソ」

長月「うっ…………」ポロポロ

皐月「ありゃーついに泣いちゃったよ……養成所の教官は優しかったもんなぁ」

文月「ここまで言われなかったもんねぇ……」

満潮「泣いたって変わらない。その鬱陶しいプライドを捨てて、訓練してもどうにもならないっていう弱い心を捨てて、

   ただひたすらマシになるまで訓練し続けない限り、長月は超ド級のへタクソのまま」

長月「うぅ……くぅ……うっ……」ボロボロボロ

皐月「さらに追い打ちをかけるとは……」

文月「せんせぇ、恐るべし……」

満潮「で、次は皐月だけど」

皐月「う、うわぁ! 今度はボクだ!」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 21:34:00.17

満潮「なに? やめとく?」

皐月「う、ううん! 言ってよ!」

満潮「あんたは……絶対に艦隊に存在してはならない、慢心バカよ」

皐月「んなっ!」

満潮「もっと言うならあんたは、自分ならできる、自分が艦隊の要だ、主役だ、なんて思い込む典型的な自信家。バカの中のバカ」

皐月「そ、そんなにバカバカ言わなくても!」

満潮「なら単細胞」

皐月「もっと酷いっ!」

満潮「養成所では、慢心がいかに愚かであるって教えてくれなかったの?」

皐月「そんなの散々言われて耳タコだよ。 だからボクも慢心しないように努めてるのに」

満潮「あんたはそう思ってても、はたから見れば慢心だらけのマヌケ腑抜け腰抜けにしか見えないわ。

   文月も、皐月を見てそう感じたことは無かった?」

文月「えぇー? う~ん……たしかにマイペースなお調子者ではあるよねぇ」

皐月「文月に言われたくないよ!」

満潮「別にお調子者が悪いとは言わないわ。朝潮型にもお調子者が約一名いるし……。ただ、お調子者と慢心バカはまったくの別物」

皐月「お調子者は隊を明るくする存在で、慢心バカは不安にさせる存在って言いたいんでしょ?」

満潮「よく分かってるじゃない。まぁでも、分かってて自覚がない分、かなり厄介な性格をしてんのよ、あんたは」

皐月「くぅ……長月じゃないけど、ボクも泣きそうだよ……」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 21:38:59.20

満潮「まぁ、個々に言うとしたらこんなトコね。っていうかあんた達、付き合い長いんでしょ?」

長月「ぐすっ……そうだ。私たちは養成所に入った頃からずっと一緒で……本名すら知っている仲だ」

満潮「ふーん。それならあんた達、今言ったお互いの悪い所なんて、実は気付いてたんじゃないの?」

皐月「…………えっと」ジロッ

長月「それは…………」チラッ

文月「だ、だって文月たち……ずっと仲間だったんだもん……」

満潮「あのねぇ、お互いの悪い点を指摘し合えないってことは、本音が言えない、成長できないってことよ。

   所詮あんた達はその程度の仲だったってことになるわ。 それは仲間じゃなくて、ただの馴れ合い。仲良しごっこよ」

皐月「なら、朝潮型の皆はどうなのさ」

満潮「そうね……私たちは、仲は良いと思うけれど、今思えば何かあるたびに喧嘩というか、衝突してるわ」

文月「そ、それって、仲が良い……の?」

満潮「私も含めて皆、思ったことは遠慮なく言うわ。特に霞なんかは自分にも他人にも厳しいから、

   喧嘩が起きるとしたらたいていは霞と誰かの罵り合いか、殴り合いになるわね」

長月「な……殴り合いだと……!?」

満潮「その時は多少険悪にはなるけど、喧嘩になる時は必ず誰かのことを想ってのことだから、最終的には許し合えるのよ」

皐月「そ、壮絶だぁ……」

文月「そっかぁ……じゃあ文月たちも、殴り合ってみる?」

長月「おい待て、真顔でそんなことを言うな文月」

満潮「まぁ、これは単なる一例で、ここまでしろなんて言わない。でも、ここであんた達が負けた最大の原因が見えてくるわ」

皐月「最大の……」

長月「原因……」

文月「なになに?」

満潮「絆の浅さよ」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 21:46:22.68



~ お風呂あがり   鎮守府 桟橋 ~




満潮「あぁー……あのバカ達のせいで……お湯に浸かりすぎた…………気持ち悪い……」

満潮( 少し厳しく言い過ぎた……? い、いやいやいや、あれくらい言って当然よ。

    私たちだって、配属されたばかりの頃は散々に言われてきたんだから…… )

満潮「でもあの子たち…………これからどうなるのしら……」

長月「先生よ」

満潮「うわっ!?」

長月「あ、驚かせて済まない。長月だ。少し良いか?」

満潮「な、なによ。さっきの仕返し?」

長月「いや……そうではなく……皐月も文月もいない場所で、あなたと話がしたかった」

満潮「ふーん……なによ」

長月「その……昔の話なんだが、私たちは養成所時代からずっと、同じチームだった。

   楽しいことばかりとは言えないが、私たち三人はそれなりに楽しんでいたんだ。だが――――」

満潮「一番弱いチームだった?」

長月「ははは……さすが先生、お見通しか。その通り、我々は養成所の中でも最弱のチームだった。

   こうして艦娘になれたのも、たまたま睦月型の三隻が空いていて、たまたま我々にその適性があっただけの話だ」

満潮「そりゃそうよね。そんな簡単に艦娘になれたら、苦労しないわ」

長月「そんな最弱チームの中でも、私は一番弱いんだ」

満潮「知ってるわよ」

長月「何をさせても順位はほぼ最下位。おまけに後方支援ばかりしようとする弱虫で、それなのにプライドだけは無駄に高い。

   大浴場で私が泣いてしまったのは、それらを全て先生に言い当てられてしまって、悔しかったからだ」

満潮「ふーん……」

長月「これが本当の私…………養成所時代、ついたあだ名がプライドチキンさ。笑ってくれ」

満潮「……ぷっ。 ……あはははははっ、なにそれウマイじゃない」

長月「そこまで笑わなくてもいいだろう……」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 21:51:44.23

満潮「あぁ、ごめんごめん。 でも、そこまでバカにされて、あんたはどうなのよ?」

長月「不思議なことに、当時は何と言われようが平気だった。皐月と文月は分かっていても気を遣って何も言わなかったし、

   何より私自身がそういう人間なのだから仕方ないと、諦めていたからだと思う」

満潮「でも、あんた泣いたじゃない」

長月「あぁ。あそこまで直球で言われたことは今までなかった。あぁ言われて初めて……私は心の底から悔しいと思った。

   艦娘として強くありたいという己の心に、強く響いた……」

満潮「そうね。そう思うのが普通よ」

長月「だから……先生には本当に感謝しているんだと、伝えたくてここに来た」

満潮「そりゃどーも。かなり長い前置きだったわね」

文月「長月ってね、ホント話が回りくどいんだよねぇ~」

皐月「そうそう。恥ずかしいことはスグ遠回しに言おうとするし」

満潮「あんた達、どこから湧いてきたのよ」

長月「ふ、二人とも……き、聞いていたのか!? ど、どこから……」

文月「えへ~、最初からぁ~」

皐月「長月の心の声を聴いちゃった気分だよー」

長月「なっ……/////」

満潮「はぁ……あんた達が集まるとやかましいからココまで来たのに……私、部屋に戻るわ」

文月「待ってせんせぇ!」グイッ

満潮「……なによ」

一同「………………」

満潮「用が無いなら――――」



文月「本当にわたしたちの嚮導……やめちゃうの?」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 22:02:32.36

満潮「……はァ?」

皐月「辞めないでよ先生! ボク……ボク達、先生が必要なんだ!」

満潮「演習で勝ったら私の言うことを聞くっていう約束よね? そして私は勝ち、嚮導を辞めると言ったのよ?」

長月「そ……その通りだが…………辞めてほしくないんだ!」

満潮「私、あんた達とはついこの間に知り合ったばかりよ? そんなに私に固執しなくても、別の人でいいじゃない」

皐月「そうだけど! でも……」

文月「演習がおわったあとね、みんなでお話したの。それでね、やっぱり文月たちの嚮導は、せんせぇしかいないって!」

皐月「どれだけ叱られたって文句言わないから! 慢心だってしないように頑張る!」

長月「私たちは強くなりたい……弱い自分を変えたいんだ! そのためならプライドだって捨てる!」

文月「きらいなピーマンも! 白菜だって食べるから!! ……だから、辞めないでよ、せんせぇ……」

満潮「無理よ。あんた達の嚮導なんて御免だわ」

皐月「まさか……ボクが黒板消しのトラップをしかけたから?」

長月「講義を真面目に受けなかったからか?」

文月「わたしたちのことが…………キライだから?」

満潮「別に嫌いだなんて言わないけれど、あんた達のことは好きになれない。 いや、好きになりたくないの」

皐月「どうして……」

満潮「私は長いことこの鎮守府にいて、何度もあんた達みたいな弱い新人艦娘を見てきたわ。

   弱いからこそ私は気を遣ったし、優しくして、仲良くしようと思った」

長月「その艦娘たちは……」

満潮「ひとり残らず沈んだわ」

文月「えっ……」

満潮「そして今、最も轟沈する可能性の高い新人艦娘っていうのは、まさにあんた達のことよ。

   そんなのと仲良くしたって…………悲しくなるだけじゃない」

一同「…………」

満潮「だから私も神通さんも、あんた達の嚮導はやりたくないって言ったの。

   人の命を簡単に預かれるほどの自信は、誰にだってないわ」

長月「……なるほど。先生の言いたいことが、ようやく分かったよ」

満潮「それはどーも、分かったなら―――――――」

長月「だが……それだけで我々は、引き下がろうなどとは思わない」

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 22:10:42.54

満潮「んなっ……」

皐月「ワガママだって思うかもしれないけれど……それでもボク達は、強くならなくちゃいけないんだ」

文月「強くならなきゃいけない……理由があるの!」

長月「先生……お願いします。どうか我々を――――」

皐月「ボクたちを―――」

文月「わたしたちを――――」


長月&皐月&文月「――――――見捨てないでください!!」


満潮「あ、あんた達……」

皐月「先生!」

長月「先生!」

文月「せんせぇ!」



満潮「はぁ…………なんで私、『先生』なんて呼ばせちゃったのかしら……。

    ……いいわ……嚮導に復帰、してあげる」

皐月「ほ、本当!?」

満潮「ただし! 私が嚮導を務めるのは朝潮たちが遠征から帰ってくるまでよ。それ以降は何があっても朝潮型駆逐隊に戻るから」

長月「司令官は北方海域への遠征で、一週間弱かかると言っていたな……」

満潮「それまでの間、あんた達が泣こうが喚こうが、私のやり方でビシビシ鍛えていくから、覚悟しなさい」

文月「やったぁあー! せんせぇだいすきぃ~」ガシー

満潮「ちょっ! 離れなさい! 何でくっつくのよぉ!」

皐月「あ、よーし! じゃあボクも!」

長月「なっ……なら私もだ!」

満潮「こらぁああー!! あんた達また調子に乗ってーー!!」

皐月「へへっ、ぜーったい離さないもんねぇー!」

長月「そうだ。離してなるものか」

文月「せーんせぇ。いひひっ、またよろしくぅ~」

満潮「あーもう! あんた達、ウザイのよぉおーー!!!」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 22:19:39.73






~ 翌日 司令室 ~




満潮( 気前よく嚮導続けてやるなんて言ったはいいものの……。司令官にはキッパリ辞めてやるって言っちゃったし……。

   今さらどの面さげて、やっぱり続けたいなんて言えばいいのよ……はぁ )





満潮「ね、ねぇ司令官……」

提督「どうしたんだ急に、改まって」カキカキカキ

満潮「お、お仕事中にごめんなさい。その……話があって……」

提督「ん? どうした?」ピタッ

満潮「私の嚮導任務の話なんだけどサ……」

提督「あぁ、満潮が辞めたいって言ったアレな」

満潮「勝手に決めちゃって悪かったわ……」

提督「いやいや気にするな。あの任務自体、私が勝手に言い出したことだ」

満潮「それでその、昨日の今日でアレなんだけど―――」

提督「あぁ分かってる。満潮も暇になっちゃったからな。私が司令部にかけあって満潮にピッタリな任務を用意しておいたぞ」

満潮「えっ?」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 22:27:53.58

提督「なかなか重要な極秘任務でな。他の鎮守府からも遂行したいとの要望がいくつもあったんだが、

   満潮のために珍しく頑張って獲得したぞ! いやぁ苦労したよ。

   でも満潮が喜ぶ顔が見れると思うと、不思議とやる気が湧いてきてなぁ」

満潮「え……あ……えっと……実はその……嚮導任務……続けさせ――――」

提督「これぞ満潮にしか成し得ない上級任務! いやー、正直すまなかったと思っている。

   やはり満潮の言う通り、嚮導なんてもう、アレだな! うん、今思えば満潮が嚮導を下りてくれてホント助かったよ」

満潮「……あ、あえ……えっと……」

提督「まさかやっぱり嚮導を続けたいなんて言わないよな? はっはっは、すまんすまん、言うわけないかぁ。

   あの満潮に二言なんてあるわけないよな、こりゃ失敬失敬。 実際、極秘任務なんだから、その極秘事項を私が

   知ってしまった時点で辞退なんてできるわけないし、放棄しようもんなら大問題。私のクビは海の底へ葬られるぞ。はははははっ」

満潮「…………」

提督「…………」

満潮「…………くぅ」ホロリ

提督「というわけだから、朝潮たちが帰ってくるまで嚮導任務、よろしくな」カキカキカキ

満潮「…………え?」

提督「いやだから、嚮導、きちんと続けるんだぞ」

満潮「極秘任務は……」

提督「そんなものは無い」

満潮「…………」

提督「…………」グッb

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 22:34:36.15

満潮「よ、よくも私をおちょくってくれたわね……」

提督「心優しい満潮のことだ。あれくらいで終わらないことくらい、私には分かっていたさ」

満潮「だっ……だったらさっきのは何!? 私で遊んで楽しいっていうの!?」

提督「正直……すごく楽しかった……」

満潮「こ、こんのォ……どこまでコケにしてくれんのよォ……!! この鬼! 悪魔!!」ポイッ ポイッ

提督「こらこら、ゴミ箱にしまっておいた那珂のCDを投げるんじゃない」

満潮「うるさい童貞! このっ! このっ! このっ!」

提督「こらこら、本を投げるな本を。角が当たったら痛いぞ―――――あふっ!」

満潮「あ、ごめん。本当に当たっちゃった」

提督「満潮よ……」

満潮「な、なによ。別に本気で当てるつもりじゃ……」

提督「上官である私に対し、このような暴力行為……これを何と表現するか、知っているか」

満潮「な、なによ……急に真面目な顔して!」

提督「…………ありがとうございます」

満潮「…………」

提督「我々の業界ではご褒美です」

満潮「………………」

提督「…………」

満潮「……じゃあ私はこれで」

提督「ノーリアクションはやめて!!」


 コツコツコツ……   バタン


提督「せっかく朝潮たちから手紙が届いてたのになぁ」

満潮「朝潮たちから手紙ですって!?」バーン!

提督「これが欲しいか?」ホレホレ

満潮「ほ、欲しいっ!」ワンワン

提督「ほれ」スッ

満潮「やった! えーっとなになに……――――」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 22:43:09.17



満潮へ お元気ですか?

まずは、遠征任務に満潮を連れていけなくてごめんなさい。



満潮「朝潮……いいのよそんな! 気持ちだけで十分よ!」

提督「手紙と会話する満潮であった」



今回の任務ですが、結果から言うと成功です。

潜水艦の数が多く危険な場面もありましたが、敵は殲滅。こちらは全員無事で元気です。



満潮「良かった……。でも、朝潮たちなら当然よね」エッヘン

提督「すごく嬉しそうだな」



任務だけでなく、北方方面の観光や食べ物も、少しだけ漫喫できました。

他にもお土産話がたくさんあります。 帰ったら、また皆でゆっくりお話ししましょう。

無事に帰投できることを祈っていてください。 大好きな満潮へ 朝潮より



満潮「朝潮……」

提督「顔がニヤけているが」



追伸

天気がわるくて戻るの遅くなりそー!

これじゃあ観艦式にも間に合わないぃいいい! くそぉおおおおお!!


大潮と愉快な雪だるま



満潮「大潮ったら、汚い字ねぇ」

提督「まぁ大潮らしくて私は好きだがなぁ」

満潮「ふふっ…………」

提督「ははっ」

満潮「…………は?」

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 22:49:47.79

提督「そういうわけで、観艦式での朝潮型駆逐隊の演武、できなくなった」

満潮「な、なによそれ……。じゃあ、観艦式の駆逐艦の部は中止ってこと!?」

提督「いや、告知してしまったからな。中止にはできない」

満潮「じゃあどこの隊が出るのよ。っていうかロクに練習もしてないのに、朝潮型以外にできるの!?」

提督「できない」キッパリ

満潮「じゃあ誰が出るのよ」

提督「朝潮型が出る」

満潮「だから、その朝潮型が遠征先から帰ってこられないって言ってるんでしょうが」

提督「いるだろ?」

満潮「どこに」

提督「目の前に」

満潮「……はァ!? 私ひとりでやれって言うの!?」

提督「一人でやれとは言わないさ。別の駆逐艦をつけて仮の部隊を編成するだけだ」

満潮「別の駆逐艦……うちで練度がそこそこあるのって、特三型とか? 無理無理。

   ほとんど交流もないのに、ほんの数日で息を合わせて艦隊運動なんて無理に決まってるでしょ」

提督「暁たちには別の頼み事をしているから観艦式には不参加だ」

満潮「じゃあ誰と組めって言うのよ」

提督「いるだろう? ここ最近交流があって、一緒に演習までした駆逐艦が」

満潮「…………」

提督「三人も」

満潮「それ……本気で言ってんの……」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 22:59:25.73





~ 駆逐艦寮 会議室 ~



満潮「――――と、いうわけだから、私たちで出ることになった。……観艦式に」

皐月「うそっ!? やったぁああーーーー!!!」

長月「まさかここに来て初めての任務が、あの観艦式になるとは……またとないチャンスだな」

文月「うーん、でも、ちょっと緊張しちゃうよぉ」

満潮「はぁ……ほんと、もう……。あんた達、本当にこれがどういう意味か分かってる?」

皐月「ボクらが観艦式に出るってことでしょ!」

満潮「そういうことじゃなくて……。

   いい? 私たちは観艦式、駆逐艦の部で演武を披露するの。駆逐艦代表よ。

   つまり、私たちの評価が駆逐艦の評価になる。朝潮型の評価にも繋がることを忘れないでちょうだい!」

長月「最強の駆逐隊の名を汚すなということだな……」

文月「でも逆に、文月たちが良い所を見せれば駆逐艦だけじゃなくて、この鎮守府全体の良い評価にも繋がるんだよねぇ」

満潮「あんた達に熱弁した私がバカだったわ……。とにかく、これから観艦式までは今まで以上の厳しさで行くから、覚悟しなさい!」



――――― 観艦式まで あと7日 ―――――





36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 23:07:02.28





   ~ 1日目 駆逐艦寮 会議室 ~



満潮「まずは座学からになるけど、せっかくだからルールを設けるわ」

皐月「ルール? なんか面白そうだねっ」

満潮「この講義中、少しでも下を向いたら罰則として……これよ」スッ

長月「……せ、洗濯バサミ……まさか……」

満潮「そう。私が指定した場所をハサんだ状態で、講義を聞いてもらうわ」

文月「い……痛そぉ……」

皐月「ははっ、これは文月専用の罰則だよねぇ。居眠りしなけりゃいいんだから、平気平気」

満潮「なに言ってるの? 居眠りじゃなくて、下を向く……すなわち『前方から視線を逸らしたら』よ」

皐月「へ?」

長月「ちょ、ちょっと待ってくれ先生! じゃあ指南書は!? 前を向いたままではさすがに……」

満潮「この間、皐月が言ってたじゃない。文字ばっかは嫌だって」

皐月「いや、たしかに言ったけど……」

満潮「だから今回は資料なし。全部私が口頭で説明するから、それを頭で覚えなさい」

文月「む、無理だよそんなのぉ」

満潮「無理じゃない。集中すればできるわ」

長月「一瞬たりとも目を逸らさず、尚且つ講義の内容はメモをとらずに暗記だなんて……」

満潮「メモをとるな、なんて言ってないわよ。寧ろ大いに結構」

文月「でも、目を逸らしちゃダメなんでしょう?」

満潮「そうよ」

皐月「そんな無茶苦茶なぁ……」

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 23:11:58.51

満潮「皐月。演習の時の至近距離からの一発、どうして私が回避できたか分かる?」

皐月「先生が時を止めたからでしょ」

満潮「アホ。あんた、撃つ瞬間に砲身と指先を見るでしょう?」

皐月「え? そう?」

満潮「見てるの。だから、撃つ方向とタイミングが丸わかりってわけ」

皐月「えっ……」

長月「一瞬のうちにそこまで……」

文月「人間ワザじゃないよう……」

満潮「砲を放つときは敵から目を逸らさないのが基本。

   隣で水しぶきが上がろうと、長月が大破しようと、決して目を逸らさないこと」

長月「なぜ私が出てきたんだ……」

満潮「目を逸らさないために必要なのは集中力。雑念を全て取り払い、この講義にのみ集中すること。いい?」

皐月「ハードすぎない?」

文月「眠いの我慢するどころの騒ぎじゃないよぉ」

長月「言いたいことは分かるが……」

満潮「返事は?」

皐月&長月&文月「 ハイ!! 」

満潮「じゃあ始めるわ。まずはこの前の続き、陣形についてよ。

   艦隊戦において最も火力を発揮できる陣形を言ってみなさい、文月」

文月「は、はい! たんたてじんです!!」

長月「それを言うなら単縦陣だろ文月」

満潮「長月、洗濯バサミを鼻に」

長月「しまった! 文月にツッコミを入れたらつい!」

皐月「ぷぅ~、長月ってば言ってるそばからやってやんのぉ~」

文月「もぉー、文月をバカにした罰なんだからね~」

満潮「皐月は耳に、文月は右頬に洗濯バサミね」

皐月「あっ!」

文月「うぅ~」

満潮「じゃあ次は―――――」

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 23:15:12.20




~ 数分後 ~



満潮「それじゃ、ここまでのおさらいよ。文月」

文月「ふぁ、ふぁぁい」

満潮「敵艦隊が潜水艦だった場合、こちらがとるべき有効な陣形は?」

文月「ふぁ、ふぁんよ……ふぁんおうひんへふ……」

満潮「単横陣よ。しっかり発音しなさい」

文月「ふぉ、ふぉんあぁ~」

満潮「次に長月」

長月「アイ……」

満潮「潜水艦相手に有効な装備は?」

長月「バグライ ド……オナー ダ」

満潮「なに? バズ・ライトイヤー? 無限の彼方にでも行くつもり?」

長月「バグライド! ゾナーダ!」

満潮「はぁ……爆雷とソナーね。まぁ、ソナーなんて高価なものは与えてくれないだろうから、

   ウチでは主に爆雷のみで潜水艦に対処するわ。覚えておきなさい」

長月「ハナガ……イダイ……」

満潮「次は皐月ね」

皐月「はい……」

満潮「以上のことを踏まえて、潜水艦が出現した時の対処方法を答えなさい」

皐月「せ、潜水艦は……攻撃する前には必ず浮上して……潜望鏡を出すから……

   そこを目がけて単横陣で突撃……潜水艦の頭上を通り過ぎる瞬間に爆雷を投下……」

満潮「まぁ、そんなところね。当分先にはなるだろうけど、潜水艦狩りなんてのもいずれやるようになるだろうから、覚えておくのよ」

皐月「は、はい…………は、は…………ヘックシッ!」

満潮「皐月……」

皐月「え……嘘でしょ……」

満潮「洗濯バサミを耳に」

皐月「これ以上は耳が千切れちゃうよぉおおおッ!」

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 23:26:57.43



    ~ 2日目 第一演習海域 ~



満潮「時間が無いから、今日は簡単な艦隊運動と雷撃の訓練を同時に行うわ」

皐月「よーっし! やっぱり座学より海上訓練だよね!」

満潮「ここに訓練用の魚雷が6本あるわ。

   あんた達はこれから、この魚雷を片足1本ずつ、あの海岸に向かってまっすぐ撃つの」

長月「三連装魚雷なのに、1本だけなのか……?」

満潮「そう。真ん中の一本すら狙った場所に撃てないようじゃ、話にならないからよ」

長月「な、なるほど……確かに」

満潮「撃ったら私の合図で海岸まで航行。撃った魚雷を拾ってこの地点まで戻る。

   ただし、拾って帰ってくるまでの間は、必ず三人で綺麗に横一列になって並走すること」

文月「講義で言った、単横陣の練習ってこと?」

満潮「少し違うわね。実際の単横陣は、もっとお互いの間隔を広げて行うもの。

   今回はあくまでも、三人の航行速度を合わせることが目的よ。 以上、質問は?」

皐月「どれくらいやるの?」

満潮「魚雷がまっすぐ海岸に当たって、並走しながら拾って帰ってこれたらこの訓練は終わり」

文月「それだけ?」

満潮「それだけよ。逆にできなければ永遠に終わらないから」

皐月「へん! まっかせてよ! ボクたちのチームワークは、伊達じゃないよ!」

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 23:30:16.74



     ~ 数分後 ~


満潮「雷撃戦用意! 撃て!」


シュバッ!


満潮「皐月! 脚を広げすぎ!」

皐月「はい!」

満潮「文月! 腰が引けてる!」

文月「は、はぁい!」

満潮「長月! あんたはヘタクソ!」

長月「えっ……」

満潮「3秒……2……1……両舷前進! 第二戦速!」


ザバァン!


満潮「皐月! 出遅れてるわよ!」

皐月「はい!」

満潮「文月! 速度出しすぎ!」

文月「はぁい!」

満潮「長月! あんたはヘタクソ!」

長月「またっ……」

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 23:35:14.52

満潮「はい。全員雷撃もダメ。航行もダメ。もう一度やり直し」

皐月「うーん……意外と難しいかも……」

文月「皆で合わせるのって、こんなにも大変だったんだねぇ……」

長月「あ、あの先生!」

満潮「なに?」

長月「私にも、具体的な指摘をして頂けないだろうか……?」

満潮「あんたには指摘する箇所が多すぎるの」

長月「いやしかし……さすがにその……ヘタクソとだけ言われては、私もヘコむのだが……」

満潮「そうね……。確かに私もイジメてるみたいで良い気分じゃないから……あっ……。

   あんたこれから、私に叱られたら『ありがとうございます』って元気よく言いなさい」

長月「……は?」

満潮「聞こえなかった? 『ありがとうございます』って言うの。元気に。大きな声で」

長月「ま、待ってくれ先生。それでは私が、叱られているのに喜んでいるおかしなヤツみたいではないか……?」

満潮「そうね。私はそういう人間を一人知っているけれど、心の底から気持ち悪いと思ったわ」

長月「うっ……つまり、そう思われたくなければ、ヘタクソと言われない実力をつけろと言うことか……」

皐月「いいじゃん長月! そっちの方がなんか、前向きな感じがするし! 気持ち悪いけど」

文月「うんうん! その方が落ち込まなくて済むし、良いと思うなぁ。きもちわるいけど」

長月「もう既に結構落ち込んでるんだが……」

満潮「はいはい。お喋りはここまで。もう一回やるわよ! ……雷撃戦用意! 撃て!」

長月「このっ! ……あっ」シュバッ

満潮「長月! やっぱりあんたヘタクソ!」

長月「あ、ありがとう……ございます……」

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 23:46:22.88


~ 3日目 第一演習海域 ~




満潮「砲撃の基本は夾叉。長月、この意味は?」

長月「初弾と次弾の弾着が敵を挟んだ状態のことを言う。次の射撃は直撃弾になりやすい」

満潮「正解。まぁ基本だからね、養成所でも散々やったでしょ」

皐月「もちろんさ。ボク射撃は得意だし、夾叉したら次は八割方命中するよっ」エッヘン

文月「標的はうごかない的だけどねぇ~」

満潮「相手が的だろうと深海棲艦だろうと、この基本さえおさえておけば良い―――」

皐月「うんうん」

満潮「っていう考えは時代遅れよ」

皐月「えぇっ!?」

満潮「駆逐艦なら、初弾で当てなさい」

長月「そんな滅茶苦茶な!?」

満潮「重巡洋艦や戦艦みたいに砲をいくつも持っていて、尚且つ遠距離からの攻撃ができる場合は、夾叉は有効よ。

   でも、駆逐艦の場合……特にあんた達みたいな単装砲しか装備していない睦月型は、近づかないと当たらないし、

   当たっても威力はたかが知れているわ」

文月「う~ん……たしかにそうだけどぉ……」

満潮「真の駆逐艦なら速力を活かし、恐れず敵に突進。初弾で当てられる距離まで近付いてから砲撃。一発必中、一撃離脱よ」

長月「な、なるほど……。初弾で当てるというのは、そういうことなのか……」

満潮「そうね……じゃあまずは、皐月が演習で外した5mからの艦砲射撃よ」

皐月「次は外さないぞ!」

文月「文月だって! この距離ならできるよ!」

長月「私もだ。いくらなんでもこんな近距離なら当たるぞ」

満潮「狙うのはこの的よ。中央に当てたら1mずつ下がること。そうやって自分の必中最大射程を把握するのよ。それじゃ、始めて」







      ~ 数分後 ~



ドーン!  ……ペキッ

満潮「皐月、15mで至近弾。射撃体勢が若干前かがみになってる」

皐月「はい!」


ドーン!  ……バコン!

満潮「文月、10mで命中。1m下がりなさい。あと脇はしっかり閉めて」

文月「はぁい!」


ドーン!  ……………………ドボーン

満潮「長月、5mでヘタクソ」

長月「あ……ありがとうございます」

43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/24(土) 23:56:15.55

      ~ 4日目 第二演習海域 ~



満潮「今日は比較的広い第二演習海域が使えるから、全ての基本である艦隊運動の訓練を行うわ」

文月「おとといの艦隊運動では、なんとか皆、おなじ速度で航行できたもんね! きっと大丈夫だよ!」

満潮「あんなのは艦隊運動って言わない。ただ決められた速度で航行しただけよ」

長月「だがしかし、多少なりとも自信がついたのは確かだ」

皐月「最初の頃と比べると、長月は特にねぇ……」

長月「言ってくれるな……」ズーン

満潮「私が先頭で指示を出すから、あんた達はそれに従うだけでいいわ。いい?」

文月「せんせぇについていけばいいんだね? よーっし!」

満潮「じゃあまずは単縦陣。私、長月、皐月、文月の順で行くわよ。両舷前進原速!」

長月「よし原速だな……」

満潮「ここまではいいわね。じゃ、速度を上げるわよ。両舷前進、強速!」

皐月「ほいさっ」

満潮「次! 両舷前進、第二戦速!」

文月「えぇい!」

満潮「皐月、列からはみ出すぎ!」

皐月「はい!」

満潮「文月は速度上げすぎ! 追突するわよ!」

文月「はぁい!」

満潮「長月はヘタクソすぎ!」

長月「あっ、ありがとうございます!」

満潮「進路変更するわよ! 方二!」

皐月「えっ、方二!? 方二って何!?」

長月「面舵20度という意味だ!」

文月「え~っと、お箸を持つ方が面舵だからぁ……」

満潮「遅れてるわよ! ホラ、隊列を立て直す! 両舷後進、半速! 陣形を単横陣に!」

長月「くっ……」

皐月「え!? なになに!?」

文月「うわわわわぁああ! 皐月、フラフラしないでぇ~」







      ~ 数分後 ~


満潮「皐月、あんたは用語を覚えなさい」

皐月「えぇ~、あんなの覚えきれないよぉ」

満潮「文月は私の指示をきちんと聞くこと。前方にいる皐月の後をついて行けば良いって考えは捨てなさい」

文月「うえぇ、バレてるぅ~」

満潮「長月はきちんと意味を理解していたみたいね」

長月「あぁ。艦隊運動の動きは瞬時に理解できる」

満潮「まぁ、動きそのものはヘタクソだけど」

長月「ありがとうございます」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 00:04:04.61



       ~ 5日目 第二演習海域 ~




満潮「今までの総まとめよ。今回は私が深海棲艦を模した的を曳航してるから、

   あんた達は陣形を維持したまま砲雷撃戦へ移行すること」

皐月「いよいよ動く的に、動きながら攻撃するってことだね!」

長月「先生、質問をしてもいいだろうか」

満潮「どうぞヘタクソ」

長月「ありがとうございます!」

文月「もう何の違和感もないねぇ……」

長月「先生が的を曳航するということは、艦隊の指示は一体誰が行うのだろうか」

満潮「そうねぇ……じゃあ長月、あんたがやりなさい」

長月「わ、私がか!?」

満潮「そうよ。他の二人が納得したらだけど」

皐月「え? うーん、ボクはそういうの苦手だし、長月でいいんじゃないの?」

文月「わたしもぉ」

長月「しょ、承知した……」

満潮「じゃ、始めるわよ」

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 00:13:32.87




長月「両舷前進、強速! えっと……まずは索敵か。 周囲に深海棲艦がいないか確認してくれ」

皐月「うーん、前方の黒いアレじゃない?」

長月「あれは小島だろう」

文月「いたいた! なんか動いてるよ! ほら、向こう!」

長月「ど、どれだ? 最後列の文月が指差しても分からんぞ!?」

文月「え~っと、三時? じゃない、九時の方向……?」

満潮『発見が遅い。たった今、マヌケ艦隊は敵から集中砲火を浴びたわ』

長月「くっ……敵艦見ゆ! 編成は……軽巡2駆逐1、水雷戦隊だ!」

皐月「そんなの見れば分かるよ! こんなに近いんだもん!」

文月「それで、どうするの? 前に出る? さがる? 速度は? 陣形は? 砲撃? 雷撃?」

皐月「はやく撃とう! はやく!」

長月「え、えっと……さがっても追撃すされるだろうし、速度は……上げるべきか?

   陣形は単縦陣でいいよな……? これくらいの距離は……砲撃か……雷撃か……」

満潮「はい終わり。あんた達、全員轟沈」

皐月「えぇ~、ボクたち、まだ攻撃すらしてないのにー」

満潮「皐月、あんたは戦闘中に余分な言葉が多い。私語は慎みなさい」

皐月「うっ、やっぱり怒られた」

満潮「文月、あんたは質問しすぎ。報告にしても、指示を仰ぐにしても、もっと簡潔に」

文月「うぅ……なんだか落ち着いてられなくって……」

満潮「長月、あんたは最悪の旗艦」

長月「ありがとうございます! やはり私に旗艦は……」

満潮「は? 私がやれって言ったんだからやるのよ」

長月「は、はい! ありがとうございます! ……では、質問をしてもいいだろうか」

満潮「なに?」

長月「実際、あの時はどういう指示を出すべきか分からない。経験の浅い私では、

   咄嗟の最良な判断など到底できないように思えるのだが……」

満潮「あんたは朝潮じゃないんだから、最良の判断なんて出来なくて当たり前よ」

長月「え、では……」

満潮「一番ダメなのは、判断するのを躊躇すること。一秒先で被弾するかもしれない戦いで、ゆっくり考えてる暇なんてないわ。

   間違っていても良いから、旗艦は自分の判断こそが正しいと思いなさい。旗艦が勝手に考えて、勝手に指示を出せばいいの」

長月「自分こそが正しい……なるほど。そう思えば気が楽だが……なかなか難しいな」

文月「皐月が絶対あとで文句言うもんねぇ」

皐月「そういう文月は絶対言うこと聞かなさそうだよねぇ」

満潮「これだから私は、旗艦なんて絶対にやりたくないのよねぇ」

長月「それを私の前で言わないでくれ先生……」

46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 00:21:20.05




     ~ 6日目 朝 司令室 ~



提督「いよいよ明日が観艦式だが、三人の様子はどうだ?」

満潮「どうって、何がよ」

提督「満潮の目から見て、彼女たちは成長できたか?」

満潮「全然よ。ほんの一週間で一人前になれるのなら、今頃サルが艦娘やってるわ」

提督「ほう」

満潮「まぁあえて褒めてあげるとしたら、皐月は射撃の精度が増してきて、

   文月は航行速度をコントロールできるようになってきたってところかしら」

提督「長月は?」

満潮「ヘタクソからヘタに昇格したわ」

提督「なるほどな。それを皆に言ってやったらどうなんだ? 喜ぶだろうに」

満潮「言ってどうするのよ。つけあがるに決まってるわ」

提督「……ま、いいか。 満潮の愛はきっと三人に伝わってるさ」

満潮「な、何が愛よ! 変なこと言ってるとぶっ飛ばすわよ!!」

提督「ふふふ……そんなこと言ってもいいのか?」

満潮「こ、今度は何のつもりよ」

提督「満潮たちに、良い物をやろうと思ったんだけどなぁ」

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 00:28:29.87



      ~ 夜 ラーメン屋台 ~



皐月「す、すごい! これ、本当にボク達が食べてもいいの!?」

満潮「頑張ってるご褒美にって、司令官がタダ券をくれたのよ」

長月「黄金色に光輝くスープ、しっかり歯応えのある麺……どれを取っても文句なしの一品。

   まさか鎮守府のすぐ外にこんなラーメン屋台があったとは……」

文月「ふぁ~おいしぃ。文月、クセになっちゃうぅ」モグモグ

満潮「休暇でもないのに外食を許されるなんて、そうそう無いわ。こればっかりは司令官の計らいに感謝ね」

皐月「ここの鎮守府の司令官ってさ、他と比べると優しいんだってね!」

満潮「優しいんじゃなくて、甘いだけよ」

長月「かなり寛容な司令官で、艦娘からも評判が高いという噂を聞いたことがある」

満潮「憲兵からもかなりの評判だって聞いたことはあるわ。もちろん悪い意味で」

文月「今度司令官にお礼言わなきゃねぇ~」

満潮「それより明日は本番だけど、緊張してる?」

皐月「うっ……せっかく美味しいもの食べてる時に思い出させないでよ……」

長月「緊張しない……わけがない」

文月「今日、ちゃんと寝られるかなぁ」

満潮「まぁ、するわよね当然。観艦式には偉い人が見に来るし、一般のお客さんだって楽しみにして来る。

   当日はお祭り同然だけど、私たちにとっては任務だから、正直いい気分じゃないわ」

皐月「うぅ……だよねぇ」

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 00:36:39.24

満潮「でも、だからといって気負いすぎるのも良くないわ。ベストを尽くすのは当たり前だけど、

   自分を追い込んでまで任務遂行を目指す必要なんてない」

長月「し、しかし……任務というのは成功させなければ意味がないのでは?」

満潮「そうね。でも、任務遂行だけを考える機械みたいになったら、生きてる意味がなくなるわ」

文月「生きてる……意味?」

満潮「そう、艦娘として今生きている意味よ。自分が何のために、どういう信念を持って戦っているのかっていうやつ」

長月「先生にはあるのか? 艦娘として生きる意味が」

満潮「私は今も昔も、強くなるために生きているの」

皐月「それだけ?」

満潮「強ければ自分は死なないし、周囲の守りたい人も救える。修理中に艦隊全滅なんて、ごめんだわ」

文月「強くなるため……かぁ……」

満潮「そういうあんた達にはあるの?」

長月「私たちには……その――――」

皐月「ちょ、ちょっと長月……」

満潮「?」

長月「止めるな皐月。あのことは……先生には秘密にしたくない」

皐月「長月……」

文月「私も、せんせぇになら、言っても大丈夫だと思うよ。ううん、せんせぇに聞いてほしいの」

満潮「何か……ワケありみたいね」

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 00:42:15.60

長月「先生にはたしか、私たちがたまたま艦娘になれたという話をしたことがあると思うが……」

満潮「睦月型の枠がちょうど空いていて、あんた達が睦月型の適性を持ってたって話ね」

長月「あぁ……だが……実はその話には、少し裏があるんだ」

満潮「裏?」

文月「養成所ではね、最初に六人グループを組まされるの。文月と、皐月と、長月と……あともう三人。

   みんな同じ睦月型候補として、ずっと訓練してきた。ライバルだったけど、皆とっても仲良しで……」

皐月「でも実力はというと、ハッキリ二つに分かれたよ。ボクと長月、文月の落ちこぼれ組と、

   将来有望でもうすぐ睦月型として正式に配属される予定の三人でね」

長月「だが事件は突然起きた……。三人を送り出すための卒業演習訓練の時だった……」

満潮「まさか、その事件って……」

長月「やはり先生の耳には入っていたか……。そう、演習中に潜水艦が現れ、我々は攻撃を受けたのだ。

   初めて生で見た深海棲艦に、私たち候補生は大パニックだった。訓練通りに対処すれば事なきを終えるはずだったのに」

皐月「ボクたちは教官から撤退するよう指示されたんだけど、潜水艦は追撃してきたんだ。

   ただ逃げまとうだけの候補生……そんな中、卒業する三人だけは違ったんだ」

文月「私たちはもうすぐ艦娘になる存在だからって、勇気を振り絞って……立ち向かっていったの……」

長月「弱かった私たちは……そんな三人の後姿を眺めるだけで、何もできず撤退した。

   それから夕方になっても三人は帰投せず、やがて捜索も打ち切られた……。 ……轟沈したのだ」

満潮「ま、待って! 私が聞いた話だと、轟沈した候補生なんていないって……」

皐月「もみ消されたんだよ」

満潮「もみ消された……?」

皐月「大人の事情ってヤツ。ボクたちにも詳しいことは分からないんだけどさ……。

   養成所側にもメンツがあるんだって。今まさに本配属をさせようとしていた睦月型の艦娘がいきなり沈んだとなれば、

   養成所は責任問題に問われるんだ。本当にきちんと育成しているのか、適性は正しいのか……ってね」

文月「そういう評判が悪いと養成所が成り立たないから、沈まなかったことにしたみたいなの」

満潮「沈まなかったことにして、代わりに同じ睦月型の適性を持ったあんた達を…………」

長月「その通りだ。このことは絶対に他言無用だと、養成所の所長に言われていたことなのだが……話してしまったな」

満潮「…………」

皐月「話は戻るけどね。要するにボクたちの当面の目標は復讐なんだ。三人を沈めた深海棲艦に対する、復讐。

   これがボクたちの、艦娘として生きる意味……なんていうと聞こえが悪いけど、でも、その考えは変わらないんだ」

文月「だから文月たちは早く強くなりたかったの。そのために、せんせぇの力が必要だと思って……」

長月「先生の目から見て、これは不純な理由だろうか……?」

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 00:46:51.65

満潮「…………」

皐月&長月&文月「………………」

満潮「不純ね。真っ黒」

文月「うぅ~……せんせぇ容赦ないよぉ」

満潮「――――――でもまぁ、嫌いじゃないわ。そういう考え」

皐月「ほ、本当……!?」

満潮「強くなりたいと思うには十分すぎる理由だと思うし、何も考えずに深海棲艦を撃つよりはマシじゃないかしら」

長月「なら……我々はこれからも、復讐を目標として生きても大丈夫なのか……?」

満潮「いいんじゃないの? 思う存分、やるといいわ」

文月「せんせぇ……!」

皐月「さっすが先生! 話が分かる!! 先生に話しといて本当に良かった!!」

満潮「べ、別に私は何もしてないわよ……。それより明日のことだけど―――――」


店主「へい、お待ち! 餃子だよ!」


文月「うわぁ、おいしそぉ~」

長月「えっ……我々はラーメン以外に頼んでいないのだが……」

店主「お嬢ちゃんたち、艦娘だろう?」

皐月「そうだけど……?」

店主「これはサービスだ。明日の観艦式、楽しみにしてるよ。頑張っとくれ!」

長月「本当にいいのですか……?」

文月「ありがとうおじさん! だいすきぃ~」

皐月「ボク餃子って大好きなんだよねぇ。ありがとう!」



満潮「皆が私たちに期待している……これでもう、失敗なんてできないわね」

皐月「えぇ~、そこでプレッシャーかけないでよー!」

長月「だが不思議と……緊張は解けた」

文月「明日が楽しみになってきたね!」

満潮「よし! それじゃあ朝潮型……じゃなかった。私たち、どういう駆逐隊?」

皐月「先生を含めたら睦月型ってのも変だよね」

長月「それなら、満潮型でどうだろうか。先生と、私と、皐月と、文月。全員で、満潮型だ」

満潮「えっ……」

文月「いいねいいねぇ! 文月、それすっごくいいと思うなぁ~」

皐月「決定! ボクらは駆逐艦代表の、満潮型駆逐隊! ね! 先生!」

満潮「はぁ……分かったわよ。

   じゃああんた達! 明日は待ちに待った観艦式。

   短い間だったけれど、教えられることは全て叩き込んだわ! だから手を抜いたら承知しないから!

   いい!? ヘタクソ共!!!」


皐月&長月&文月「はい! ありがとうございます!!!」

51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 00:54:17.40





~ 観艦式当日 演武前待機ポイント  ~



長月「どうしよう…………」

皐月「まさか当日に限って……こんなことになるなんて……」

文月「せんせぇ……大丈夫かなぁ……」

長月「いや、先生のことなら問題ないだろう」

皐月「鎮守府海域の深海棲艦くらい、先生一人でも倒せるでしょ。問題はボクたちの方!」

文月「せんせぇ……間に合うかなぁ……もし戻ってこられなかったら、私たちだけで演武をやれって言ってたけど……」

皐月「……そ、その場合は長月が旗艦だからね!」

文月「うんうん!」

長月「う、うるさい! 分かっているからいちいち念を押すな!」

文月「はぁ~あ~、それにしても深海棲艦って、この日を狙って攻めて来たのかなぁ」

皐月「えぇー、まっさかー」

長月「いや、あり得ないと考えるのは早計だ。最深部には人語を話す深海棲艦も存在すると聞く。

   そう考えれば、向こうが戦略を立てたり連携したりすることも十分にあり得るということになる」

皐月「えー、うっそだぁー。もしボクが深海棲艦なら、あんな正面から突破しようだなんて考えないね。

   もっとこう、こういう小島がたくさんあって、気付かれにくい所から攻めるけどなぁ」

長月「陽動作戦か……たしかに基本だな」

皐月「文月もそう思うよねぇ? ……文月?」

文月「ねぇ……あれ……二時の方向……あれ何?」

皐月「あれは……」

長月「あれは…………」

皐月「島でしょ」

文月「動いてるよ?」

皐月「鯨?」

長月「……バカ違うぞ! あれは……深海棲艦だ!!」

52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 01:03:30.77

皐月「う、うそでしょ!? まさか本当に陽動作戦!?」

長月「分からん。だが……このまま放っておくわけにはいかない。向こうには鎮守府がある。たくさんの人がいるんだ!!」

文月「え? えぇ? ど、どどどどうするの? ねぇ長月!」

長月「落ち着け文月! 遠くてハッキリとは分からないが、戦艦や空母のような大型艦はいなかった。

   今の我々なら……殲滅できるはずだ!」

皐月「ちょ、ちょっと待ってよ! 先生はここで待ってるように言ったんだよ!? せめて先生を待とうよ!」

長月「先生を待っている時間なんてない! ここはもう、本当に鎮守府のスグ近くなんだ!!」

文月「で、でも……」

長月「二人とも、さっき私が旗艦を務めることに賛同したな?」

皐月「し、したけど……」

長月「先生が言った言葉を、私は一言一句覚えている。 ……旗艦は自分の判断こそが正しいと思え。

   旗艦が勝手に判断し、勝手に指示を下せ。 一番ダメなのは……判断を躊躇することだと!」

皐月「長月……。 はぁ、もう分かったよ。 へへっ……なんだか長月が頼りになりそうだし、やっちゃおうか?」

文月「……うん……そうだ、そうだよね! 文月たち、先生の訓練を乗り越えてきたんだから!!」

長月「ありがとう、恩に着る」

皐月「よーし! いっちょ派手にやるぞー!」

文月「今度こそ本領発揮なんだから!」

長月「よし。 皆、準備はいいな! ……満潮型駆逐隊、抜錨するぞ!!」


53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 01:07:37.23

長月「両舷前進、強速! 深海棲艦は見えるか!?」

皐月「見えない! どこかの小島の陰に隠れてるんだよきっと!」

文月「でもきっと近いよ! なんだかゾワゾワするの!」

長月「分かった。総員、単縦陣を維持したまま索敵を続けろ!」

皐月&文月「了解!」

長月(落ち着け……ここまでは訓練通りだ……。私ならできる。

   ずっと先生の背中を、スグ後ろで見ていたのは私だ! だから落ち着――――)

文月「九時方向に敵影!」

皐月「いた! あれは……軽巡1、駆逐2、水雷戦隊だ!」

長月「よし、軽巡が混ざっているが数は同じ! 我々にも勝機はある!」

皐月「ボクにまっかせて!!」

文月「ふふふっ……こいつら……やっちゃってい~い?」

54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 01:10:42.48

長月「さぁ暴れるぞ、反航戦だ! 両舷前進、第三戦速! 砲戦用意! …………撃てぇーーーーー!!!」

皐月「沈んじゃえ!」 ドーン!

文月「攻撃かいしー!」 ドーン!

長月「撃ち方やめ! はぁはぁ……一瞬のうちに通り過ぎたな……。 被害報告!」

皐月「ボクは無事。無傷だよ」

文月「文月もへーきだよぉ」

長月「よし。しかし、どうやら向こうも同じのようだ。 はぁ……はぁ……。

   まだまだ! ……第二次攻撃、全艦一斉回頭! 両舷前進、最大戦速! 追撃するぞ!」

皐月「次は同航戦だね!」

文月「これで決めちゃうんだから!」

長月「………………射程圏内まで3秒! ……2……1……撃てぇええーーーー!!!」

皐月「えぇーーーい!!」ドーン! ドーン! ドーン!

文月「てやーーー!!」ドーン! ドーン! ドーン!


 バァアアン! ゴボゴボゴボ……


皐月「当たった! 敵駆逐艦の轟沈を確認! ……あいたっ!」

文月「皐月、大丈夫!?」

皐月「へーきへーき! 先生の洗濯バサミの方が100倍痛いね!」

長月「ダメだ! 最大戦速を維持したまま方三! 一時この場から離脱するぞ!」

文月「りょーかい!」

皐月「うぅ……長月が言うなら、了解!」

55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 01:16:01.91

長月「はぁ……はあ……皐月、怪我は?」

皐月「うん……ボク、疲れたけど、損傷自体は酷くないよ。小破ってとこかな」

文月「あいつら、こっちの様子を伺ってるみたいだよ? どうする!?」

皐月「何か作戦でもあるぞーって感じだね……」

長月「向こうの出方が分からない以上、策も弄せず突進するのは危険だ」

文月「作戦……なにかあるの?」

長月「そんなものは思いつかない」

皐月「ズコー! 澄ました顔で何言ってるんだよ!!」

長月「思いつかないが……真似事ならできると、思わないか?」

皐月&文月「真似事??」








長月「両舷前進、第四戦速! いいか文月、衝突だけは御免だからな!!」

文月「分かってるぅー! 長月の方こそ、変なトコに撃たないでねー?」

長月「ふふっ」

文月「えへへっ」

長月「……よし、そろそろ向こうも撃ってくるぞ!」

文月「おわっ! よっと……うん! 大丈夫!」

長月「今だ! 煙幕展開! 敵艦隊の周囲をスモークで埋めつくすぞ!」

文月「いよ~し!」


プシュウウウゥーーーーー

56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 01:20:30.43

長月「げほっ、げほっ……よし、これでいい……。文月、私の位置が分かるか!?」

文月「うぅ……なんとか……後方5mだよ……」

長月「了解した。その間隔を維持したまま航行する。 両舷前進、第一戦速!」

文月「りょーかい!」

長月「あれは……くっ、撃ってくるぞ! 第三戦速で之字運動、進路そのまま!」

文月「うわぁああ~、当たる! 当たるよぉ~!」

長月「落ち着け当たらない! 煙幕で位置を特定できないから、適当に撃っているだけだ!!」

文月「えぇ~、ならこっちの攻撃も当たらないよ~」

長月「当たる! 私を信じろ!!」

文月「うえぇえ~~、もう知らないんだからぁー!!」

長月(敵は煙幕の輪の中心にいる……私たちはその煙幕の中をグルグル回って敵の動きを封じている……。

   このまま少しずつ……少しずつ接近するんだ…………もう少し……もう少し……)

長月「今だ! 両舷後進一杯!」

文月「きゅ、急ブレーキィ!?」

長月「雷撃用意! 煙幕中心部に、満遍なく放つぞ!」

文月「う、うん!!」

長月「酸素魚雷の力……思い知れ! 魚雷発射ッ!!」シュバッ

文月「これでもくらえ~!!」シュバッ


      ドォオオオン!! ゴボゴボゴボ……


長月「やったぞ! 駆逐艦への直撃弾を確認!!」

文月「文月の魚雷が当たったぁ!!」

長月「上出来だ。文月、離脱するぞ!」

文月「うん! おわぁっ……あいたたた……」

長月「気をつけろ文月! 今の雷撃でこちらの位置がバレた! 軽巡が追ってくるぞ!」

文月「んもぉ~。こっち来るなー! あ、いや、来ぉーい!」

57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 01:29:11.38

       ザザッ……


皐月『そっちの様子は!?』

長月「残すは軽巡一隻のみだ! これより敵を連れて煙幕を脱出する。

   ちょうど真北だ。 頼んだぞ、皐月!」

皐月『北だね! 了解!!』ザザッ

長月「文月、煙幕を出た瞬間、最大戦速で十字方向へ! 私は二時方向へ離脱する! いいな?」

文月「うん! りょうーかい!!」

長月「そろそろ煙幕の外だ…………離脱!!」ブォオオオン!

文月「お茶碗を持つ方へ離脱!!」ブォオオオン!





皐月「へへん、ようこそ深海棲艦。ここからはいよいよ、ボクの出番だね!」





皐月(前方に軽巡が一隻……長月の情報通り。砲の威力は弱くてもコイツの……コイツの頭を吹き飛ばせば!)

深海棲艦「ヴォォオオオオ!!」ドーン! ドーン!

皐月「へへっ……ボクとやり合う気なの? 可愛いね!! でも……」

長月「皐月……頼む……」

文月「皐月……皐月……!」

深海棲艦「ヴォオオン!!」ドーン! ドーン!

皐月(砲身は見ない。指先も見ない。集中だ……集中するんだ……じっとアイツを見る……。

   そして耐えるんだ……一発必中……ボクが確実に当てられる距離まで!!)



  20……15……10……7…6…………



長月&文月「5m!!」

皐月(先生……次はボク…………絶対に外さないよ!!)

深海棲艦「ブォオオオオン!!」

皐月「深海棲艦、ボクを侮るな!! 主砲、撃てぇえええーーーー!!」


58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 01:37:16.80

長月「ど、同時に発砲したぞ……」

文月「…………どうなったの? ……皐月? 無事なの??」

長月「おい皐月……応答しろ! 皐月!!」



皐月『……った…………』



長月「皐月か!? おい、無事なのか! さつ―――――」




皐月『いやったぁああああああああああっ!!!』

長月「うおっ!?」

文月「あうっ、無線で叫ばないでよぉ」

皐月「やったー! やったよボク! 軽巡を倒した! 軽巡を倒したんだよ!! 初めて倒したよっ!!」

長月「分かった。分かったから皐月、もう聞こえるから無線は切れ」

皐月「えっへっへ、こりゃ失礼」

文月「んもぉ~。うふふっ、でも良かった。本当に良かったねっ!」

皐月「うん! みんな無事だ!」

長月「ふぅ……二人とも、喜びに浸るのも良いが、変な汗をかいて気持ちが悪い。早く帰投して―――――」

皐月「長月?」

文月「どうしたの?」

長月「……雷跡…………敵の魚雷だ! 避けろ!!」



      ドォオオオオオン!!!

59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 01:44:56.87


皐月「うぅ……くっそぉ……」

文月「痛い……いたいよぉ……」

長月「二人とも……!! くそ! 敵はどこから!?」


      シーン……


長月「敵影なし!? そんなバカな………………」

皐月「長月……これ……たぶん……潜水艦だ……」

文月「ただの水雷戦隊じゃ……なかっ……た……」

長月( 潜水艦!? ぬかった!! 敵は初めから三隻などではなかったのか!? )

長月「くっ……二人はそこにいろ……」

皐月「一人じゃ無茶だよ! ボクも!」

文月「文月も……!」

長月「バカ! そんな大破状態で航行などできるか!! 沈みたいのか!!?」

皐月「でも……でも嫌だよ! だって……長月……これじゃあ……」




文月「いや……これじゃあ……うぅっ……あの三人と…………三人と一緒だよぉお!!」




長月「うっ…………!!」

長月( あの時と…………同じ!? 私は…………沈むのか? ……いや違う!!

    我々の目的は復讐なんだ! 今まさに、目の前に潜水艦がいる……見過ごせるものか!! )

長月「私が……私がやるしかないんだ!!」

皐月「ダメ! 長月!!」

長月「ならどうしろと言うんだ! そんな状態では全員で撤退してもしなくても、必ず的になる! 沈むんだぞ!?」

文月「なら元気な長月だけ撤退してよぉお!!」

長月「なんでそうなるんだ!! 私たちはチームだ!! 全員一緒に生きてなきゃ、意味がないんだ!!」

皐月「だめだ…………雷跡っ!」

文月「長月! 避けて!!」

長月「ダメだ! 避けたらお前たちに当たる!!」

皐月「長月!!」

長月「海面に向けて主砲で弾幕! 当たれ! 当たれ!!」

文月「避けてぇえーー!!」

長月「当たれ! 当たれ! 当たれ!! ……当たってくれぇーーッ!!」

皐月&文月「長月ぃいいいいいーー!!!」







ドォオオオオンッ!


60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 01:51:08.19

・・・・・・

・・・・

・・



長月「うっ……くぅ……あれ、被弾、していない……」

皐月「な、長月……無事なの……?」

文月「で、でも魚雷が……当たって……あれ?」











満潮「まったく、だらしない僚艦ね」









長月「せ、先生……」ヘナヘナ ペチャン

皐月「先生……来てくれた……!!」

文月「せんせぇ!!」

満潮「長月、状況は?」

長月「……あ、あぁ! 現在確認できているのはあの潜水艦一隻のみ。私は小破だが、皐月と文月が大破している……」

満潮「分かったわ。……長月」

長月「は、はい!」

満潮「……よく二人を守ってくれたわ。案外、度胸あるのね」

長月「ありがとうございま――!…………え?」

皐月「ぷぷっ、長月ってば……条件反射で、叱られると思ってやんの」

長月「ま、まさか私は……ほ、褒められたのか? 先生に! 褒められたのか!!?」

文月「あはは……長月、嬉しそう」

満潮「なに、悪い?」

長月「いえ! ありがとうございます!!」

満潮「ふぅ……って、こんな話してる場合じゃないわね。

   さーて、どこのどいつかしら?  私の僚艦に、面白いことしてくれたじゃない?――――――」




文月「すごい気迫……」

皐月「これが駆逐艦満潮の……」

長月「先生の……本気……」





満潮「―――――――――さぁ、倍返しよ」

61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 02:01:29.16





       ~ 帰投中 ~



皐月「そういえば何か忘れているような……」

長月「どうせ観艦式のことだろう」

文月「あ~っ! ど、どうしよう! 間に合うかなぁ?」

満潮「あんた達、そんなボロボロの格好で観艦式に出るつもり? っていうかもうとっくに終わってる時間だし」

皐月「そ、そんなぁ……いっぱい練習したのに……」

長月「軍令部の偉い人たちも来ているというのに……司令官の顔を潰してしまったな……」

文月「ラーメン屋のおじさんも来てくれるって、言ってくれたのにぃ……」

満潮「めそめそしたって仕方ないでしょ。深海棲艦が出たんだから。

   ほら、鎮守府が見えてき―――――――――え?」

文月「ひ……人がいっぱい……?」

皐月「なんで?? もう観艦式は終わったはずじゃ……」

長月「これは……一体……」

満潮「ちょ、ちょっと! 司令官これは――――」





提督「観艦式、駆逐艦の部、満潮型駆逐隊! その輝かしい戦果と、大いなる勇気に、皆さまどうか盛大な拍手を!」





パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ



長月「な、なんだこの拍手喝采は……何が起きているんだ!?」

皐月「見て! 養成所の皆がいるよ!」

文月「ほんとだ……! あ、ラーメン屋のおじさんも! お客さんいっぱい!!」

提督「満潮、皐月、長月、文月……皆、無事に帰ってきてくれて、本当にありがとう」

満潮「え、あ、いや、どういたしまして……じゃなくて! これが何なのかって聞いてんの!」

提督「実は空母に偵察機を飛ばしてもらってな、上空からこっそり君たちの様子を中継してたんだ」

満潮「中継って……見てたんなら助けてあげなさいよ!」

提督「もちろん本当に危険だったら助ける算段だったさ。

   だがしかし、良くも悪くもあの戦いを駆逐艦の演武として色んな人に見てもらえたんだ。

   なかなか感動的だったと思わないか? なぁ長月」

長月「んなっ……! まさか全部見られて……聞かれていたのか……」

皐月「うげぇ……司令官、趣味悪いよぉ~」

提督「すまんすまん。だが、本当に素晴らしい戦いだった。……そして、最高の観艦式だった」

満潮「はぁ……本当にズルイ人。 まぁ、とりあえずは丸く収まったってことね」

62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 02:09:37.99

文月「ふぁ~…………」

皐月「文月? なにボーっとしてんの?」

長月「緊張が解けて気が抜けたのか?」

文月「ねぇねぇ皐月、長月」

皐月「ん?」

長月「なんだ?」

文月「文月のほっぺ……つねってみて」

皐月「こう?」グイッ

長月「どうだ? 夢じゃないだろ?」グイッ

文月「うん……いふぁい…………」

皐月「ははっ、こんなリアルな夢は勘弁だよ」

文月「うん……痛い……文月……生きてる……生きてるんだよね?」

長月「あぁ生きているとも。文月も、私も、皐月も。みんな生きている」

文月「生きてる……うぅ……ひっく……生きて……うっ……うわぁあああああああん!! 生きてる、生きてるよぉおおおおっ!」

皐月「ぷっ、なんだよ文月……その、変な泣き方……」

長月「そういう皐月こそ、目に涙を浮かべている」

皐月「長月だってそうじゃないかーっ!」

文月「うわぁあああああん!!」

皐月「先生! 長月に何とか言ってやってよ!」

長月「違うぞ! 泣いてるのは皐月の方だ!」

満潮「はぁ……全員黙らないと、洗濯バサミはさむわよ」

皐月&長月&文月「…………」ピタッ

満潮「一度しか言わないからよく聞きなさい」

皐月&長月&文月「…………??」

満潮「……よくやったわ。あんた達は、最ッ高の駆逐隊よ」

文月「せんせぇ……」

長月「先生……」

皐月「先生……!!」

皐月&長月&文月「せんせぇええええっ!!!」ドサドサドサ

満潮「あーもう! だからくっつくなぁああーーーー!!」

63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 02:22:49.54






~ 駆逐艦寮 会議室 ~



満潮「――――――ということがあったわけよ」

荒潮「へぇ、じゃあ観艦式は大成功に終わったのねぇ」

大潮「すごーい! ドラマの話みたい!!」

朝潮「満潮型駆逐隊……素晴らしいけれど、私としては少し嫉妬しちゃうわね」

満潮「な、なんでよ! 私はこうして朝潮型駆逐隊に戻れて、本当に良かったと思ってるんだから!」

霰「でもなんだか……まんざらでもない表情……」

満潮「違うから!!」

霞「でもまぁ、私たちが潜水艦を倒した話より、断然そっちの方が燃えるわね」

満潮「敵の強さは段違いだろうけどね」お茶ズズー


    コンコン


荒潮「あらー? 誰かしら? どうぞ」


    ガラガラガラ


皐月「先生いるー?」

満潮「ぶーっ! げほっげほっ! なっ、何なのよ急に!!」

霰「ぷっ……先生……」

満潮「ちょっと霰、いま笑ったわよねぇ?!」ゴゴゴゴゴ

長月「我々は先生に用事があって来たのだ」

文月「わぁ~、この人たちが朝潮型駆逐艦。先生の姉妹かぁ~」

荒潮「あらあら、あなた達が例の新人さんね? さぁ、入って入って」

皐月「はーい!」

満潮「ちょっと荒潮! なに勝手に入れてんのよ! いまは会議中でしょ!?」

朝潮「大丈夫よ。大した議題も無いわけだし」

満潮「あなた議長兼その他色々でしょうが!」

大潮「あ、どうぞこれ、オモチャだけどマイクとして使って!」

長月「かたじけない」

満潮「大潮! あんた変なもの渡すな!」

64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 02:27:29.44

霞「それでどうだったの? 満潮先生のご指導のほどは」

満潮「霞、あんたまで……」グヌヌ

皐月「ボクたち、先生に色んなことを教えてもらったんだ!」

朝潮「例えばどんな?」

文月「えっとぉー、魚雷の撃ち方とかぁ、艦隊運動のやり方とかぁ」

皐月「ボクたちの相談にも乗ってくれたり!」

長月「そして何より、叱られた時には『ありがとうございます』と元気よく返事をするようにと教えられたな」

満潮「なっ……あんた達、余計なことまで……!!」

霞「へーえ? 満潮にそんなことを言わせる趣味があったとはねぇ」

大潮「司令官みたいだぁ」

満潮「違うわよ! あれと一緒にしないで!!」

皐月「それにボクたち、先生のおかげで見つけたんだ! 私たちが艦娘として生きる、新たな意味を!」

文月「文月たちの復讐はもう終わったから……だから」

長月「大切な人を守るために、皆が一緒にいるために、我々は艦娘として生きることにした」

満潮「それだけ?」

文月「うん。それだけ」

皐月「あの時、長月が言ってくれたんだ――――――全員一緒に生きてなきゃ、意味がないんだ!ってね」

長月「少々照れるが、あれは本心だった。大切な人が全員一緒にいる……それだけが、我々の理想なんだと気付いたんだ」

文月「全員っていうのはね、文月たちだけじゃなくて、先生もだよ!」

荒潮「あらあら~、満潮ったら照れてるわねぇ」

満潮「照れてない!」

大潮「もー、素直に喜べばいいのにぃ」

霰「満潮先生は照れ屋だから……」

満潮「ちょっと霰……あんたさっきから調子に乗りすぎじゃないかしら、えぇ?」グイグイ

霰「い、いたい……」モゴモゴ

満潮「で、何よあんた達。わざわざそんなことを言うために来たわけ?」

皐月「あっ、忘れてた。そうだそうだ」

長月「先生に見せたいものがあって伺ったのだ」

文月「はい、これだよ」

65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 02:39:36.95

朝潮「これは……勲章ね」

荒潮「あら、入ったばかりなのに、すごいじゃない」

満潮「ふん、それがどうしたっていうのよ」

皐月「実はこれ、観艦式の時に命を懸けて国民を守ったっていうことで、偉い人から司令官を通して渡されたんだぁ」

長月「しかし与えられた勲章は3つだった。もっと無いのかと具申したが、この3つだけのようだ」

満潮「あんた達欲張りねぇ。勲章なんだから一人1つで十分じゃない」

文月「違うよぉ~。文月たちは満潮型駆逐隊だから、せんせぇの分も欲しいって言ったの!」

満潮「わ、わたし!? 私は何もしてないわよ」

長月「何をおっしゃるか。あなたは我々の旗艦で嚮導だ。我々の戦果は、先生の戦果でもあるのだ」

満潮「な、なんでそうなるのよ」

皐月「だからボクたち、自分たちで作ったんだ! 勲章!」

満潮「えっ……」

文月「はいこれ、先生の勲章だよ。文月たちをここまで育ててくれてありがとうっていう気持ちが、たっくさん詰まってるの!」

長月「どうか、受け取ってはくれないだろうか」

満潮「こ、こんなの………………」



朝潮「ダメよ満潮。きちんと素直になりなさい」

荒潮「そうよぉ満潮ちゃん。せっかくこんなに慕ってくれてるのに」

霰「満潮先生、ふぁいと」

大潮「羨ましいなぁーいいなー、満潮いいなぁー」

霞「お礼も忘れずに言うのよ?」

満潮「し、仕方ないわね…………」スッ

皐月「へへーん」

長月「ふふっ」

文月「えへへっ」







満潮「受け取って、あげるわよ……………………ふん! どうも!!」









                                                   ありがと。












(おわり)
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 02:40:04.58
以上です。今回は一作目でハブられてしまった満潮と、皐月・長月・文月のお話になりました。
新人の嚮導となった先生こと満潮の葛藤と、新人艦娘3人の成長と勇気を描けるように書いたつもりです。
ここまで読んで下さった皆さん、ありがとうございました。 次回も頑張ります。 それでは!
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 02:40:57.79
おおおおおおおっ!?
ありがとう、いただきましたww
ありがとうございますっ!?
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 02:41:42.64
乙です

それぞれの朝潮型のいいところを上手く料理してるなあ…
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 03:02:02.60
乙! 今回も面白かった

今回は戦闘があったが、なかなかの迫力だったと思う
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 03:07:32.06

三人組の変わりたいって気持ちと、成長した姿が感慨深くてよかった。
このSSの満潮ちゃんは情を軽んじてるわけでもなく、割と既に完成されてると思いました(小並
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/25(日) 08:31:30.17
今作も面白かった
命掛かってるんだから嚮導、指導は大切にしないとねえ

この書き手のSSまとめ
(朝潮メインの人・新作もこちらに)


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク