デク「かっちゃん、『死ね』『クソ』『殺す』の三言禁止」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 19:55:12 ID:qmJxR0g.
勝己「はぁぁぁぁああ!!??」

切島「今さら文句言うなよ爆豪! 男だろ!」

勝己「何でデクに命令されなきゃなんねえんだ腹立つ!」

上鳴「スマブラで最下位の奴が一位の奴の言うこと何でも聞くってルールだったろ?」

切島「お前緑谷ばっか狙ってくるからなー、隙だらけだったぜ」

勝己「そもそもこいつが来るなんざ聞いてねえんだよ!!」

切島「峰田のやつ、急に用事思い出したとかですっ飛んじまったからなー」

上鳴「用事つーかナンパな! あーくそ俺もついてきゃ良かったぜ」

上鳴「とか言いつつ友情優先させた俺って偉くねえ!?」

デク(とか言いつつ結構楽しんでたような)

デク「ごめんかっちゃん、でも久しぶりに遊べて楽しかったよ」

勝己「なめやがって……」イライラ
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 20:02:02 ID:qmJxR0g.
切島「でもさすがに厳しすぎやしねーか? 爆豪に喋るなって言ってるようなもんだろ」

デク「そこまで……!? でもこの三言を我慢すればいいだけの話だから」

デク(暴言が収まればみんなともっと和やかにやっていけるはずだ!)

デク(例えば……)

上鳴「そんなん誰でもできるっしょ!」

デク(こんな風に!)

勝己「その喋り異様に腹立つからやめろ!! ぶっ殺」

切島「おっと!?」

上鳴「おっと~??」

勝己「……し申し上げる」

切島「謙譲語にしても駄目だろ! 意味変わってねーじゃねーか」

勝己「SHIT!!!!!!」

上鳴「アメコミ風に言っても駄目!」

デク(これで大丈夫!)

デク(……のはずだきっと多分おそらくひょっとしたら……)
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 20:13:56 ID:qmJxR0g.
翌日

デク「おはようかっちゃん」

勝己「……」プイッ

デク(うん、賢明な判断だ)

デク「そもそも僕の提案した罰ゲームに乗ってくれてる時点ですごいけど……」

デク「でも本人も納得して決めたルールだしそれを破るのはかっちゃんのプライド的にも……」

デク「かっちゃんて結構こういうことに関してはしっかりしてるんだよなあ……」

ブツブツ…

お茶子「早速デクくんのお家芸炸裂だね!」

勝己(うるせええええ)

上鳴「あ~~~れれ~~~???」

デク(来たぞ……!!)

上鳴「爆豪ちゃんは死ねクソ殺すを使わずに緑谷と会話する自信がないんですかああ~???」

勝己「はぁあ!?」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 20:21:15 ID:qmJxR0g.
上鳴「ハイハイハイハイッ! 爆豪くんのちょっといいとこ見てみたい~♪」

勝己「うがあああ!!!!!」

デク「相変わらずすごいなあ……」

梅雨「積極的に煽っていくスタイルね」

耳郎「煽られる方も煽られる方だと思うけど……」

上鳴「お前勘弁しろよ~お前はホント爆豪だな」

上鳴「だからお前はいつまでたっても爆豪なんだよ」

勝己「何だァァァ!!! 爆豪という存在そのものを全否定か!!」

勝己「許さねえ!! 許さねえぞ!!!!」

切島「まーまー! たかが罰ゲームなんだし気楽にいこーぜ!」

勝己「ちっ……」

デク(上鳴くんが煽って切島くんがなだめる……絶妙なコンビネーション!!)
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 20:37:45 ID:qmJxR0g.
飯田「朝から物騒だな。何かあったのか」

デク「実はかくかくしかじかで……」

飯田「なるほど、節制生活か……!」

飯田「艱難辛苦を乗り越えてこそのヒーロー!」

飯田「緑谷くんは爆豪くんにヒーローとしてのあるべき道を説こうとしているのだな!」

デク「いや、僕は何もそこまで……」

耳郎「一時間も持たないんじゃないの?」

峰田「オイラもそう思う! 八百万のパイもみ券を賭けてもいいぜ!」

八百万「それでは勝っても負けても私に得はないということになりますわ」

八百万「そもそもそんな物を譲渡した覚えは……」

梅雨「真面目に考える必要ないのよ」

葉隠「私は一日耐えられると思う! 尾白くんの尻尾モフモフ券を賭けてもいいよ!」

尾白「それ需要あるかな!?」

ワイワイ…
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 20:40:34 ID:qmJxR0g.
デク(さあ、かっちゃんはどう出る……?)

勝己「何見てんだよ! ク……あっそっ……ナード!」

上鳴「今のアウトじゃね?」

切島「いやギリセーフだろ!」

瀬呂「お前なんか爆豪に甘くね?」

勝己「どう見てもセーフだろがコラふざけんな」イライラ

デク「じ、自分のペースでいいんだよ……っていうか普通にデクでいいよ……」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 21:25:05 ID:qmJxR0g.
切島「爆発さん太郎ー! 声出して行こーぜ!」SKLIT!

勝己「うっっっせえ!!!」BOOM

切島「どーした! こんなもんじゃねーだろ!?」


芦戸「爆豪調子悪いのかなー?」

お茶子「いつもの掛け声がないから力が出ないとか……?」

飯田「まさか彼の個性にそのような弱点があったとは」

デク「いや、それはないと思うよ……」

デク(かっちゃんが苛立っているのは僕の命令に従っているというこれ以上ないほどの屈辱的な状況に対してだ……)

デク(でも!! だからと言って!! 僕は手を緩めたりはしない!!!)
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 21:38:31 ID:qmJxR0g.
勝己「ちっ、この……」

上鳴「恐ろしく速い爆撃、俺でなきゃ見逃しちゃうね……」

勝己「ザラキ!!!!」BOOM

切島「うおっ!?」ドサッ

上鳴「まあ見えても反応できないんだけどね――って今のアウトだろ!!」

オールマイト「ザラキは死なないこともあるのでセーフだぞ!」

デク「まさかのフォロー!!」

常闇「疑惑の判定」

切島「まだまだァ! ザオリク!!」

勝己「しぶてえな……! アバダ・ケダブラ!!」

デク(もう色々とアウトな気がするけどがんばれかっちゃん)
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 22:01:13 ID:qmJxR0g.
勝己「俺の勝ちだコラ!!」

切島「だー! くやしー!」

デク(よかった……負けたらNGワードは避けられないだろうから)

峰田「惜しかったなー! もうちょいで爆豪アウトに出来たのに」

梅雨「アウトにしてもあなたには何のメリットもないの分かってるかしら?」

葉隠「それにしても結構頑張ってるよね!」

瀬呂「昼飯までにアウトになったら奢ってもらうつもりだったんだけどなー」

お茶子「成功したら奢ってもらうとか!」

耳郎「それって意味なくない?」

青山「まだまだ勝負はこれからさ☆ 午後でMISSするに全額ベット☆」

飯田「賭け事は禁止だぞ!」

デク(しかし今日は罵詈雑言がないから平和だなあ)

上鳴「しかし今日はクソ煮込みが死ねとか殺すとか言わないから平和だよな」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 22:21:02 ID:qmJxR0g.
デク(お昼にはかっちゃんと顔を合わせることもないから何も起こらないはず……)

お茶子「デクくん、今日は爆豪くんと食べるんだよね?」

デク「えっ?」

飯田「切島くんがそう言っていたぞ。違うのか?」

デク「切島くんが?」

切島「おー緑谷ちょっとこっち来い!」


切島「お前の罰ゲームってさ、爆豪の性格を軟化させてクラスの連中と平和にやってかせんのが目的なんだよな?」

デク「!!」

切島「でも実際一番爆豪と仲良くなりたいのはお前だろ?」

切島「あいつ今物騒な言葉使えねーし、この機会を利用しない手はねーぜ!」

デク(あ……悪意の無さすぎる提案……!!)
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 22:22:07 ID:qmJxR0g.
デク(断るわけにはいかないよなあ……でもかっちゃんの方が自然と避けていくはず)

上鳴「やったな、緑谷が飯誘ってくれるってよ! ぼっち回避だな!」

上鳴「まさか食事中に暴言吐いたりなんかしねえよな~」

勝己「上等だ、殺ってやるよ……」

上鳴「もうアウトでいいだろこれ!」

デク(あ……悪意しかない……!!)
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 22:26:04 ID:qmJxR0g.
上鳴「あーちょっと待った、轟さん太郎!」

轟「何だ?」

上鳴「こっからここまで俺らの予約席なんだよ!」

轟「人数足りねえだろ」

常闇「俺が三人分になろう……」ズズズ

轟「それでも足りねえだろ」

飯田「上鳴くん、昼食時は混雑が激しいから席とりを禁止し譲り合いの精神を――」

上鳴「じゃそういうことだから! あっちで食ってくれ、な!」

轟「……何企んでやがる」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 22:38:57 ID:qmJxR0g.
勝己「……」

轟「……」

デク「しょ、食堂のカツ丼は美味しいなあ~」パクパク

デク(どうしよう……何を話せばいいんだ……)


耳郎「何あの殺伐としたテーブル……」

お茶子「今にも爆発しそうや」ドキドキ

峰田「爆豪のやつストレスでハゲるんじゃねえか?」

切島「なんで轟までいるんだ?」

上鳴「なんか面白そうだから!」

障子「視線だけで殺し合っているようだな」

常闇「嵐の前の静けさか」

瀬呂「あいつら一か所に集めてよかったのか?」

上鳴「俺しーらねっと!」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 22:44:21 ID:qmJxR0g.
デク「……あの、轟くんって蕎麦好きなんだ?」

轟「……ああ。悪いか?」

デク(うっ!? 何故か轟くんも機嫌悪いみたいだ……)

デク「何かあったの……?」

轟「俺は冷やし蕎麦を頼んだはずだが、温かいやつが運ばれてきた……」

デク「そんなことで!?」

轟「冷やすから問題ねえがな」パキパキ

勝己「みみっちいことに個性使ってんじゃねえよ」

デク(おっと、かっちゃんの1000ある地雷のうちの一つが……)
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 23:13:01 ID:qmJxR0g.
勝己「こないだはよくも手抜いてくれやがったな……」

轟「ああ……悪かった」

デク(やっぱりまだ根に持ってる……!)

勝己「俺言ったよな。完膚なきまでの一位獲るって」

轟「……」

勝己「お前が昔火傷したとかどうでもいいんだよ」

勝己「デクだとか家庭環境が悪いとかデクだとかも関係ねェ!」

勝己「要は限界見えた時でも勝ちてえって思えるか思えねえかだ」

勝己「一位になるやつは俺が一位になるって決めてるやつだ」

勝己「一位になりてえなら覚悟がいるんだ。全員だ。俺と同じだ」

デク「かっちゃん……」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 23:14:27 ID:qmJxR0g.
勝己「その気にさえなればどうにでも出来る。出来ねえわけがねえ……!」

デク「かっちゃん?」

勝己「なのに家庭の事情がどうこうとか!! うるせぇんだよ!!」

デク「かっちゃん!」

勝己「俺言ったぞ!! 何回も言った!!」

デク「かっちゃん? かっちゃん!」

勝己「一位獲るって!!!!! 何回言わせんだ!!!!!」

デク「かっちゃあああああああん!!!!!!!」

轟「緑谷、食堂では静かにしろ」

勝己「うるせえぞデク!」

デク「ご、ごめん」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 23:21:20 ID:qmJxR0g.
勝己「ちっ……」

デク(よかった、治まったみたいだ……)

デク(人は自分より慌ててる人を見ると落ち着くんだよな)

轟「……自分の左側について俺はまだ迷いがある」

轟「それに答えが出た時、お前とまた戦いたいと思う」

デク(轟くん……)

勝己「だったら今勝負しろ」

デク(おっと!?)

勝己「今答え出せ! 早く!」

デク「いや、そう簡単に解決する問題じゃ――」

勝己「てめーは黙ってろ部外者が! ぶっ殺」

デク「……」

轟「……」

勝己「……」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 23:33:57 ID:qmJxR0g.
デク「かっちゃん、なんて言おうとしたの?」

勝己「……コロコミックってあったよな……?」

デク(まさかの切り口!?)

デク「殺コロコミックかあ……小3でジャンプに移行するまで読んでたなあ」

デク「でんじゃらすじーさんとピッピが主人公のポケモンが好きだったな」

デク「あとデュエルマスターズとコロッケも……いや待てよ世代が違うか……」ブツブツ

勝己「……」

デク(あ、もう聞いてないか……それにしても罰ゲームを忘れなかったとは偉いぞかっちゃん!)

勝己「ってんなことはどうでもいいんだよ!!」

デク「え、かっちゃんが訊いたんじゃないか……」

勝己「うるせえ、テメ―のせいだろうがカス死」

デク「……」

勝己「……」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 23:36:55 ID:qmJxR0g.
デク(死ねカスはともかく逆は言いにくくないのかな?)

勝己「……ょう学何年生とかいう雑誌覚えてるか?」

デク(懐かしの漫画雑誌シリーズ!?)

デク「正直ポケモンしか覚えてないけど……何があったっけ」

デク「あ、ないしょのつぼみとかいうアレな漫画……いや待て何を言ってるんだ僕は」

轟「夏になるとついてくるホラー漫画の付録があったな」

デク「あ、あれ怖かったよね……いじめっ子の生首を幽霊がボールにして遊ぶんだっけ」

轟「子供に見せるもんじゃねえな」

デク(まさかの助け舟……ありがとう轟くん!)

勝己「……」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 23:40:46 ID:qmJxR0g.
デク「それにしても轟くんって漫画とか読むんだ?」

轟「ヤングジャンプなら読んでるが」

勝己「カネキ」ボソッ

デク「まさかのかっちゃん参戦!?」

勝己「あいつもある意味半分野郎だったな……よく似てやがる」

轟「その半分野郎って呼び方はやめろ」

勝己「ブラックジャック」

轟「……」

勝己「センターマン」

轟「……変えなくていい」

デク(すごいぞ! かっちゃんと和やかに会話ができてる……!!)
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 23:49:58 ID:qmJxR0g.
デク(よし、この調子で……!)

デク「ゲームとかは何やるの? ポケモンはブラックまでしか知らないんだけど……」

轟「エンブオーか……」

デク(おっと! 今度はこっちの地雷を踏んでしまったぞ! どうする緑谷少年!?)

轟「いや地雷扱いはしなくていい。ただ少し嫌なことを思い出しただけだ」

勝己「思い出したぞ! てめえ炎使えコラ!!」ガタッ

デク(さ、最悪だ……!!)

切島「爆豪ストップストーップ!!」

飯田「まずいな……先生を呼んでくるか!」

勝己「この××ペ××パ××ピ××モ×野郎が……」

デク「よくもそんな汚い言葉を……! もう放送できないぞ!」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 23:53:05 ID:qmJxR0g.
~しばらくお待ちください~

かっちゃんはね

カツキっていうんだ ほんとはね

だけどみみっちいから

出久はずっと かっちゃんって呼ぶんだよ

おかしいな かっちゃん
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/15(月) 23:58:33 ID:qmJxR0g.
勝己「……」

デク「ごめん、心操くん……」

心操「別に構わねえよ。食堂で暴れられたら俺も困るしな」

上鳴「もうずっと心操がついてりゃいいんじゃね?」

切島「でもあいつだって忙しいだろ」

心操「悪いな。俺は今ねこあつめで忙しいんだ」

お茶子「楽しそうや!!」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/16(火) 00:03:11 ID:JYu1tb0k
勝己「はっ!? 俺は何を……」

デク「そうなんだ、僕はいつも水タイプを選ぶんだけど――」

轟「さっきの丸々無かったことにするつもりか……すげえなお前」

勝己「おいてめーら俺になんかしたろ!!」

轟「炎は初代だと序盤のジム戦で全く使えねえからな……」

デク「で、でも進化すると頼りになるよ」

勝己「おい答えろ!! ××××ヌ××ヌ××ヌ×野郎――」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/16(火) 00:06:17 ID:JYu1tb0k
~しばらくお待ちください~

砂藤「俺! 砂藤」

口田「……」モジモジ

砂藤「ショートコント『コンビニ』」

テレレレレレー テレレレレー

砂藤「いらっしゃいませー」

口田「……」

砂藤「からあげ君いかがですか?」

口田「……」コクッ

砂藤「ってここファミマじゃねえかっ!!」

口田「!!」ビクッ

砂藤「ありがとうございましたー」

口田「……」ペコリ
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/16(火) 00:17:52 ID:JYu1tb0k
勝己「んぐぐぐぐ」ジタバタ

切島「こら暴れんなって!」

瀬呂「もうこの際ずっと口塞いどくか」

芦戸「そんなのあんまりだよ!」

相澤「ったく、ガキの喧嘩に大人を巻き込むんじゃねえよ」

飯田「すみません先生、お忙しい所を――」

相澤「俺は今ねこあつめで忙しいんだ」

デク「相澤先生も!?」

相澤「もうすぐ昼休み終わるぞ。さっさと教室戻れ」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/16(火) 00:19:25 ID:JYu1tb0k
勝己「……」

切島「なー、そんな無理しなくてもいいんだぜ?」

勝己「うるせーあと少しだろ……」

勝己(死ねクソ殺すは禁止死ねクソ殺すは禁止死ねクソ殺すは禁止……)

切島「爆豪の心は見てて辛ェ……なんとかなんねーかな?」

上鳴「もうちょいの辛抱だぞ! 耐えろ爆豪!」

勝己「お前は滅ぼす」

上鳴「ですよね!!」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/16(火) 00:26:05 ID:JYu1tb0k
ドサッ

デク「あ、かっちゃんノート落としたよ」

デク(なんだこれ……? DEATH NOTE……?)

殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺

デク(うわあああああああああっ!!!!!!)

勝己「一殺一爆破な」

デク(殺は十画だから正よりたまるのが二倍も遅い……)

デク(これはかっちゃんなりの優しさの表れのはずだ)
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/16(火) 00:41:02 ID:JYu1tb0k
キーンコーンカーンコーン

勝己「終わっ……た……」

葉隠「すごい! 一日よく頑張ったね!」モフモフ

尾白「あれ……君どっちに賭けたんだっけ?」

耳郎「……まぁ、とりあえずお疲れ」

芦戸「ねー青山見なかった?」

峰田「さっき凄い勢いでトイレに駆け込んでったぞ」

八百万「お腹でも下したのでしょうか」

梅雨「逃げたわね」

切島「爆豪ー! よく耐えたな!」

上鳴「俺はやってくれると信じてたぜ!」

勝己「お前は残れ」

上鳴「あ、はい……」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/16(火) 00:51:31 ID:JYu1tb0k
お茶子「デクくんもお疲れ! 昼休みは大変やったね」

飯田「忍耐力を鍛え、クラスメイトとの仲も深まる訓練の一種だな」

デク(深まったのかな……? むしろ僕や轟くんに関しては悪化した気が……)

デク(轟くんとはいろいろ喋ったけど……ってもういないや)

勝己「あー、クソほど疲れたわ。とりあえずアホ面ぶっ殺すから死ね」

上鳴「いきなりフルスロットルかよ!!」

デク「え? かっちゃんその三言は禁止だよ?」

勝己「は? もう学校終わっただろ。日付変わるまでとか言うんじゃねーだろうな」

デク「いや、これからずっとだよ」

勝己「……は?」

デク「そもそも一日で終わるなんて僕は一言も言ってないけど……」

勝己「……」

瀬呂「おっと、さすがにこれはやべえぞ……?」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/16(火) 00:55:29 ID:JYu1tb0k
勝己「分かった。その罰ゲームを続けてもいい」

勝己「その代わりルール変更だ」

勝己「俺はこれから『死ね』『クソ』『殺す』の三言しか喋らねえ……」

勝己「行くぞコラァァァ!!! 死ねクソ殺す!!! 死ねクソ――」

オールマイト「私が強制終了した!」HAHAHA



おしまい
いや~やっぱりグリムジョーはカッコいいなあ(現実逃避)
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 20:17:26 ID:6hXB0A7U

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク