デク「轟くん、ずっと気になってることがあるんだけど」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 00:11:50 ID:pG2mwlFk
轟「どうした緑谷」

デク「轟君のチ○コからは氷と炎どっちが出るのかな?」

轟「」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 00:14:26 ID:pG2mwlFk
轟「いや知らねえよ……試したことねえし」

デク「じゃあ今ここで試してみてよ!」

轟「いや、いい……」

デク「そんな……僕はただ轟くんのチ○コのことが知りたいだけなのに」

轟「……そういや爆豪はどうしたんだ」

デク「かっちゃんなら全身粉砕骨折で入院してるよ」

デク「体中の穴という穴からニトロが溢れて止まらないんだって……すごく心配だよ……」

轟「100%お前の責任じゃねえか」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 00:15:57 ID:pG2mwlFk
デク「って! 話をそらそうとしても無駄だよ!」

轟「ちっ」

デク「一応聞くけど、右の金玉からは氷が出るんだよね?」

轟「……」

デク「左の金玉からは炎が出るんでしょ?」

轟「あのさぁ……」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 00:18:34 ID:pG2mwlFk
デク「でもチ○コのことはどうしても分からないんだ! 教えてよ!」

轟「……分かった。その代わり緑谷、お前も脱げ」

デク「えっ? いいけど」ボロン

轟「……」ニギッ

デク「はうっ!!」ビクッ

轟「これがお前のデクの棒か……お粗末だな」パキパキ

デク「え、ちょ、轟くん……冷た……」ブルブル
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 00:21:42 ID:pG2mwlFk
轟「フンッ!!」ベキベキッ

デク「」

デク「うぎゃああああああああああああああ!!!!!!!!」

轟「じゃあな」ポイッ スタスタ

デク「あ……待って……」

デク(駄目だ……やっぱり轟くんじゃ隙がなさすぎるよ……)

デク(かっちゃん、どうして行ってしまったんだ……)


勝己『なあデク、チクニーってどうやるんだ……?//』
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 00:25:56 ID:pG2mwlFk
八百万「み、緑谷さん!? なんて破廉恥な格好を……//」

デク「八百万さん……僕、轟くんにチ○コをもぎ取られちゃったんだ」

八百万「そ……それはお気の毒に……」

デク「八百万さんって何でも作れるんだよね? だったら……」

八百万「そ、そんな卑猥なもの作れませんわ//」

八百万「……その、それも一応生物の範疇ですし……」

デク「え? チ○コは喋ったりしないよ?」

八百万「と、とにかく私には出来ませんので!!」タタッ
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 00:33:47 ID:pG2mwlFk
デク(行っちゃった……)

デク(ひょっとして、八百万さんは……)

デク(チ○コにも意志がある……! そう伝えたかったんだね!?)

デク(オールマイト、僕はまた一つ大人になったよ……!!)


オールマイト『緑谷少年! なんか足を開いたり閉じたりする健康器具があるだろう!』

オールマイト『あれは良い筋トレになるんだが音がやかましいのが玉にきずだな!』HAHAHA
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 00:38:19 ID:pG2mwlFk
切島「おい緑谷! 風邪ひくぞ!」

デク「切島くん、君の硬化ってチ○コも固くできるのかな?」

切島「できるぞ?」

デク「そうなんだ! すごいね!」

デク「でもそれじゃ上鳴くんとのアナルセックスの際に不便じゃないかな?」

デク「上鳴くんの肛門もとい雷門が破裂しちゃうよ……それとも彼が入れる側なのかな?」

切島「いやどっちでもねえよ……俺もあいつもホモじゃねえし」

デク「そう。じゃあ帰っていいよ」

切島「お、おう……」

デク(とりあえず雷門が無事でよかった)


上鳴『あっ!! ああああっ!!!……うぇーいwwwwっうぇい……』ビクンビクン
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 00:41:44 ID:pG2mwlFk
障子「緑谷、ここにいたのか」

デク「障子くん、君の複製腕ってチ○コも複製できるのかな?」

障子「試してみるか?」

デク「いや、いい……そんな気分じゃないんだ」

障子「そうか、疲れているんだな」

デク「うん……ごめんね」


青山『僕の出番が少ないって? それは主役を食っちゃ申し訳ないからさ☆』ブリュブリュ
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 00:48:21 ID:pG2mwlFk
お茶子「デクくん! なんか今日様子が変だよ!?」

デク「麗日さん……」

デク「ダメだ……麗日さんとチ○コを結びつけるネタが思い浮かばない……!!」

お茶子「無理に思い付こうとしなくていいんだよ!?」

お茶子「ところで、今日は飯田くんと一緒に爆豪くんのお見舞いに行こうと思うんだけど」

お茶子「デクくんも来る?」

デク「え? かっちゃんもう出禁解除されたの?」

お茶子「うん、きっと寂しがってるよ」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 00:52:03 ID:pG2mwlFk
―病院―

飯田「爆豪くん! 元気か?」ガチャ

お茶子「うへぇ、汁まみれや」

デク「かっちゃん……」

勝己「でぐ……」ズビズビ

勝己「いまざらなんのようだ。まざがおれのあなどいうあなにぢ○ごを」ズルズル

デク「そ、そんな酷いことしないよ!」

飯田「入院生活で大分疲れているようだな」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 00:57:29 ID:pG2mwlFk
デク「その……かっちゃん、今までごめんね」

デク「急に殴ったり、隙をみて殴ったり、ボコボコに殴ったり……」

勝己「……」

勝己「うるせーなお互い様だろ」

勝己「俺のほうこそワンチャンダイブとか言って悪かったな」

お茶子「ワンちゃんがダイブ?」

デク「か、かっちゃんが謝った……!!」

勝己「それ以外は何も悪いことしてねえけどな」

デク「す、すごいよ!! クソの化身であるかっちゃんがそんなこと……!!」 

お茶子「あかん爆豪汁で滑りそうや」ヌチョヌチョ

飯田「爆豪汁とはなんだ」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 00:59:08 ID:pG2mwlFk
デク「そうだ、仲直りの証にこれあげるよ」スッ

飯田「そ、それは……!!」

お茶子「デクくんのデクくん!! カチンコチンに凍ってる!!」

お茶子「あ、チ○コって言うてしもた//」

飯田「間違いは誰にでもあるさ」ポンッ
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 01:00:44 ID:pG2mwlFk
勝己「デク……」

勝己「ありがとな。お前のチ○コ大切に―――」

勝己「滅ッ!!!!!!!!!!!」BOOOOM

勝己「するかボケェ――――wwwwwwwwwwwww」

デク「」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 01:04:36 ID:pG2mwlFk
勝己「死ねっ!!! 死ね!!!! 死ね!!!!!!!」ボンボンボンッ

デク「あ……」

勝己「今日もwwww元気にwwwwwww大爆殺wwwwwwwww」ボンボンボンッ!!

デク「あ……あ……」

勝己「悪いなデクwwwwwwお前のチ○コ粉砕しちまったわwwwwwwwwww」

勝己「まあいいかwwwwwwもともと大したブツでもねえしなwwwwwwwwwwww」

勝己「おっとwwwwwwそんなに立派なチ○コ欲しいならいい方法あるぜwwwwww」

勝己「来世に期待してwwwwwwwwww屋上からのワンチャンダイブwwwwwww」

デク「うわああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」SMASH!!
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 01:14:28 ID:pG2mwlFk
デク「クソがああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」ドガッバキッ

デク「やっぱり!!! ただの!!!! クソ煮込みじゃないか!!!!!!」ボカッボカッ

勝己「殴っちゃらめえええええええええええ!!!!!!!!!!!」

お茶子「デクくん! 落ち着いて!」

飯田「このまま殴り続けると死んでしまうぞ!!」

デク「二人とも止めないでくれ!!」

お茶子「うん分かった!」

飯田「そう言うなら止めはしないが」

勝己「あががうぐぐ」

デク「違う……違うんだ……」

デク「かっちゃんはやっぱりクソ野郎だった……」

デク「僕は……それが……嬉しくてたまらないんだよおおおおおおお!!!!!」SMASHSMASHSMASH

勝己「ンッッッギモヂイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!!!!!!!!!!!」ドピュドピュッ
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 01:23:19 ID:pG2mwlFk
デク「はぁ……はぁ……」フラフラ

お茶子「デクくん! しっかり!」

勝己「」

飯田「ほとんど原形を留めていないが、大丈夫なのか?」

デク「心配ないよ、かっちゃんは全身をスライスされても14秒あれば再生するからね。ゴキブリ並みのタフネスだよ」

お茶子「14秒! 中途半端や!」ブーッ

飯田「そもそも入院する必要はなかったんじゃないか?」

デク「でも僕はまだまだ貧弱だからすぐに筋繊維が断裂しちゃうんだ。見る?」ブラーン

お茶子「バッキバキやね!」

デク「まだまだ修行が足りないなあ。よーし最高のヒーローに向けて今日も頑張るぞー!」

飯田「すっかり立ち直ったみたいだな」

デク「かっちゃんのおかげだよ! ありがとう!」

勝己「ア゛……ア゛……」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 01:36:27 ID:pG2mwlFk
デク「うわあ! もう再生が始まってるぞ! 急ごう!」タタッ

飯田「走ったら危ないぞ!」

デク「えっ? うわっ!!」ズルッ

デク「かっちゃん汁に足を取られて転んじゃったよ!」アハハ

お茶子「デクくんお茶目やね!」


勝己「死ね!!!!」BOOOM


デク(その後、病院を爆破し行方をくらましたかっちゃんは敵として僕の前に姿を現した……)

デク(僕たちはどこで道を違えてしまったんだろう? あの頃の二人に帰りたいよ……)

デク(物言わず再生もしないかっちゃんの前で僕はずっとそんなことばかり考えている……)



おしまい
~かっちゃん4部作・完~
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/25(土) 06:50:40 ID:6riFodpE
ま た お ま え か 

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク