モバP「はぁ…まゆとラブラブな関係になりたいなぁ…」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 19:46:55.52

ちひろ「……プ、プロデューサーさん? 何を洒落にならないこと事務所で言っているんですか…?」

P「え…あれ? もしかして、口に出ちゃってました!?」

ちひろ「思いっきり聞こえてますよ! もう、やめてくださいよね…」

ちひろ「万が一にでもそんなセリフをまゆちゃんが聞いたら、それこそ冗談で済まされないんですから」

P「で、ですよね……こんな事まゆに聞かれたらまた怒らせちゃいますしね…」

ちひろ「……ん?」

P「……え?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385549215
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 19:47:25.37
ちひろ「あ、いえ、たぶん聞き間違えなんで気にしないでください」

ちひろ「…というかPさん、貴方まゆちゃんのこと好きなんですか…?」

P「まゆが好きか、ですって……? ちひろさん、何を当然な事を聞いているんですか?」

P「まゆですよ!? 佐久間まゆ!?」

P「この世に舞い降りた天使である彼女の事を好きじゃないわけないじゃないですか!」

ちひろ「……え、えーと…それはアレですよね? こう、アイドルとして……って事ですよね?」

P「ハァ? 何を言っているんですか? 一人の女性として愛しているに決まっているじゃないですか?」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 19:48:02.77
ちひろ「いや…いやいやいやいや! あ、あのですねプロデューサーさん、自分が何を言ってるか解ってます?」

ちひろ「You=プロデューサー。Mayu=アイドル。アンダスタン?」

P「そんなことは百も承知です!でも愛と仕事どちらを選ぶのかと言われれば俺は迷わず愛を選びます!」

P「もし許されるのなら…まゆには世界中の人々に愛されるトップアイドルじゃなくて、ただ一人俺だけのアイドルになって欲しいんです…ッッ!!」

ちひろ「ううっ……社会人としては圧倒的にダメな思考ですが、そこまでハッキリ言われると逆に男らしい…」

ちひろ「それにしても、まさかPさんがそこまでまゆちゃんの事を好きだったなんて思いもしませんでした…」

ちひろ「あれ? でも、それじゃあ事の是非はともかく、なんでまゆちゃんはまだアイドルしてるんですか?」

P「……は?」

ちひろ「……え?」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 19:48:07.32
これはアカン
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 19:48:54.07
P「ちひろさん、何を言ってるんですか?」

ちひろ「いや、だってそこまで言うくらいなんですから、もう告白しちゃえばゴールインなんじゃ…?」

P「……ハァ。ちひろさん、常識的に考えてください」

ちひろ「プロデューサーさんに常識的になれって言われた!? というか物凄い呆れ果てた顔で溜息まで!?」

P「いやいや、だってちょっと考えれば解ることでしょう?」

P「俺がまゆに告白だなんて…そんなことできるわけがないじゃないですか……」

ちひろ「え?それはやっぱり仕事上の関係があるから…? あれ、でも先刻はそれでもって……」

P「そういう問題じゃありません、もっと根本的な問題ですよ!」

P「いいですか、ちひろさん。考えてみればすぐに解るじゃないですか…なんせ――」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 19:49:26.57


P「俺はまゆに心底から嫌われているんですから!!??」(血涙

ちひろ「…………あ”?」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 19:50:36.98
まゆに嫌われてると思いこんでるPか
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/11/27(水) 19:52:23.84
P「くそぅ!どうして……どうして俺はこんなにもまゆに嫌われてしまったんだ…チクショウ!!」

ちひろ「……いやいや。いやいやいやいや。ちょ、ちょっと待ってくださいよプロデューサーさん」

ちひろ「えっと……誰が、誰に嫌われている、ですって?」

P「ですからぁ! まゆが、俺の事を、嫌っているんです!」

P「こんなの見ていればすぐに解ることでしょう! 傷を抉らないでくださいよ!?」

ちひろ「Pさん……あの、日頃の激務でお疲れなんですか? それとも病気に罹って……主に脳の」

ちひろ「……っ!? それともスタドリの摂取量がついに臨界値に!?」

ちひろ「いいえ、予測ではあと一年は持つはず…もしくはAPとの併用がマズかったのか…」ブツブツ

P「…? 仰ってる意味はよく解りませんが、身体の方は至って健康ですよ?」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/11/27(水) 19:54:11.37
ちひろ「じゃ、じゃあなんでそんないきなりワケの解らない事を言い出すんですか!?」

P「いや…だって、見てれば解るでしょう? まゆは明らかに俺の事を嫌ってるじゃないですか?」

ちひろ「見ただけでまゆちゃんが貴方にデレまくってるって解るから言ってるんじゃないですか!!」

P「まゆが俺にデレてるって……ちひろさん、事務員だからって妄想も程ほどにしておかないと危険ですよ?」

ちひろ「むきーっっ!! じゃ、じゃあプロデューサーさんはまゆちゃんの何を見て嫌われてるって言うんですか!?」

ちひろ「というか、まゆちゃんの普段の言動からどうしてそういう結論に至ったのかがまったく意味不明なんですが…」

P「何を見てって言うか…常日頃の言動を見る限りそうとしか思えませんよ」

P「というか、まゆがこのプロダクションに入った時から嫌われてましたしね」

ちひろ「ハァッッ!?」

P「あんまり思い出したくは無いんですけどね……あれは確か……」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 19:56:02.53
まゆ『佐久間まゆ、です……これからこのプロダクションでお世話になりますので、よろしくお願いしますねぇ』

P『(ドキーンッ! な、なんて可愛い子なんだ……も、もしかしてこれが……恋!?)』ヒトメボレ

まゆ『あのぅ…Pさん、ですよねぇ?』

P『ん、ああ、ゴメン。ぼーっとしちゃって……あれ、けどなんでまだ名乗っても無いのに俺の名前を……?』

まゆ『フフフ…Pさんが覚えてないのも無理はないですけどぉ…私達、一度お会いした事があるんですよぅ?』

P『え、ええ!? い、いったい何処で…?』

まゆ『フフフ…それはぁ……今はヒミツ、です。でも、いつかお話してあげますね…フフフ』
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 19:56:59.93
P『(ど、どういうことだ……こんな可愛い子に、顔を覚えられるような何かをしたのか…俺が?)』

P『(……ハッ!? も、もしかして、俺は知らぬ間にこの子を傷つけるような真似を以前どこかで!?)』

まゆ『まゆ、Pさんにプロデュースしてもらう為に来たんですよぅ』

P『(まさかこの子……俺に復讐するためにわざわざこのプロダクションに入ったのか!?)』

まゆ『うふ…ステキですよね…これって運命? ねぇ、貴方も運命…感じますよね?』

P『(運命を感じるかだって……いや、違う。これはきっと思い出せって事か、俺の犯した過ちを!?)』
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 19:57:48.40
まゆ『うふ…まゆの事、可愛がってくれますかぁ?』

P『(俺が犯した過ちを思い出し、罪の重さを自覚させた上で復讐を遂げる……それまではずっと傍で監視するって事なのか…?)』

P『あ、ああ……勿論だ。俺に出来る事なら……なんでもする。きっと償ってみせる……』

まゆ『…償う? えっと…よく解りませんけど、まゆのこと、トップアイドルにしてくれますかぁ?』

P『あ、ああっ!当然だとも、それが君の願いなら俺はこの身を犠牲にしてでもきっと叶えてみせるからな!』
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/11/27(水) 19:59:15.16
P「――と、言うような事がまゆがプロダクションに入る際にありまして」

ちひろ「……いや、どうしてその会話の流れから、まゆちゃんがプロデューサーさんに復讐する為にここに来たみたいな話になるんですか?」

P「え? だ、だってあんな思わせぶりな態度……きっと何か止むに止まれぬ事情があるに決まってるじゃないですか!」

ちひろ「まゆちゃんが、以前どこかでプロデューサーさんに一目惚れして、わざわざこのプロダクションに来たって可能性は?」

P「……ハァ? あのねぇちひろさん、一目惚れだなんて漫画じゃないんですから……」

P「ましてやあんな可愛い子が!? こんなオッサンに!? その為だけに上京までして!?」

P「……ハッ! ありえませんね。そんなファンタジー!」

ちひろ「なんか過去に重いトラウマでも抱えてんでしょうか、この人……」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/11/27(水) 20:01:38.13

ちひろ「……あー、ところで話は変わりますがプロデューサーさん、まゆちゃんって元々は仙台で読モをしてたって言ってましたっけ?」

P「え? そうですよ。ちなみにまゆが載った雑誌は出版社に直談判してバックナンバーまで全て揃えましたが?」

ちひろ「仙台といえば、まゆちゃんが入ってくる前、なんか結構な事件に巻き込まれましたよね、プロデューサーさん」

P「ん……ああっ!そういえばありましたよね、いやぁアレは本当に大変でしたよ」

P「なんせ道を間違えて路地裏に入ったら、女の子が悪漢にさらわれかけていたんですもん。怖い話ですよねぇ」

ちひろ「それで、確かプロデューサーさん。その悪漢共を全て薙ぎ倒したんですよね?」

P「いや…だって、見捨てられないじゃないですかそんなの?」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:02:09.34
P「ああ、思い出した思い出した。確かその時、保護した女の子に俺の上着を着せてあげたんですけどね」

P「けど、上着の中に免許書ごとサイフを忘れちゃって…あの時は難儀しましたよ……」

P「でもその後、お礼の手紙と一緒に上着もサイフも無事に戻ってきたんで良かったんですがハハハ」

ちひろ「……まぁ、色々と細かいツッコミは省きますが…その助けた女の子の顔って見ました?」

P「いやぁ、それが暗くてよく見えなくて……でも雰囲気からなにかティンと感じるものはあったので、おそらく凄い美人じゃないかなー」

P「まぁ、さすがにその場でスカウトするわけには行きませんでしたけどねハハッ」

P「けど、お礼の手紙も匿名だったんですけど『きっと逢いにいきますね』って書いてたんで」

P「その時は改めてスカウトしてみるのもいいかなー、なんて!」

ちひろ「ハ、ハハハ……ソウデスネー」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:04:31.40

ちひろ「…うぅむ。まぁ、そこはまゆちゃんもそこは秘密にしているみたいですし、もうこれ以上追求しませんが…」

ちひろ「けど、それにしたって勘違いが過ぎるでしょう、プロデューサーさん!」

ちひろ「初対面の印象に関してはまぁ全然納得はしていませんが、この際置いておきます」

ちひろ「けどその後の、普段のまゆちゃんを見てればそんなの誤解だって普通気づくもんでしょう!?」

P「な、何を言ってるんですかちひろさん。その後のまゆの態度もどうみても俺を嫌っているようにしか見えないじゃないですか?」

ちひろ「だから、どこをどう勘違いしたらそういう結論に……」

P「フゥ……やれやれ。いいですかちひろさん。あまり自分を卑下するような話はしたくありませんが」

P「例えばそうですね、以前バレンタインのイベントがあったのは覚えていますよね?」

ちひろ「そ、そうですよ!確かあの時プロデューサーさん、チョコどころかマフラーもプレゼントされてましたよね!?」

P「はい、チョコは美味しく頂きましたし、マフラーは家宝として大切に保管しつつも使わせてもらってます」

ちひろ「なら、なにが問題なんですか?」

P「実はあのバレンタインの日、こんなことがありまして――」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/11/27(水) 20:06:11.57
智香『プロデューサーさん、ハッピーバレンタイン!はい、チョコあげるね!』

智絵里『ハ、ハッピーバレンタインです。あ、あの私は後でチョコを渡しますね』

紗南『あっ、私のは義理だからね義理っ!で、でも一応上げる……』

P『み、みんなありがとう、大事に食べるよ』

三人『それじゃあ、また後でー。あ、プロデューサーさん、そのマフラー似合ってますよー』

P『うう…こんなにもチョコレートが貰えるなんて、プロデューサーやってて本当に良かったなぁー』

P『それに今日はまゆにまでチョコレートを貰えたし…それにこんなにステキなマフラーまで!』

P『まゆはずっと俺の事を嫌っていると思ってたんだが……もしかして、俺の勘違いなのか……?』

まゆ『Pさぁん……いっぱいチョコ、貰っちゃいましたねぇ』

P『!? ま、まゆっ!? いつのまに背後に!?』
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:06:53.53
まゆ『まゆ以外のチョコ、そんなにたくさん受け取って…いけない人ですねぇ』

P『(他の子からチョコを受け取っちゃダメだったのか……でもなんで……?)』

P『(これは……そうか!? そういうことだったのか!?)』

まゆ(妄想)『貴方みたいな人間のクズが、可愛らしいアイドル達にチョコを強請るだなんて浅ましい』

まゆ(妄想)『フゥ…嫌で嫌で仕方ありませんが、他のアイドル達が貴方の毒牙に掛かる位なら致し方ありません』

まゆ(妄想)『ほら、チョコですよ。これであなたのその惨めなプライドを満足させてください』

P『(な、なんてことだ…まゆは他のアイドルを守る為に、自ら進んで犠牲になったというのか!?)』

P『(勿論、俺に他のアイドル達を傷つけるつもりは毛頭無いが、俺の事を嫌っているまゆにそう思われても仕方ないな…)』

P『ご、ごめんなまゆ。でも、あの子達も好意でくれたものだし、受け取らないワケには……』

まゆ『ふぅん…そうなんですかぁ……なら、まゆ以外のチョコ、二度と食べられないようにします? …うふ♪」

P『(決定的だ!? 二度と流動食しか食べられない身体にしてやろうか、だなんて……)』

P『(俺はそんなにもまゆに嫌われていたのか!?)』
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:07:55.44

P『(ハッ!? だが待てよ……チョコはそれで説明がつくが……ならこのマフラーはいったい…?)』

P『(既製品じゃない、これはおそらく手編みのマフラー……そんなものをわざわざ嫌っている相手の為に作るだろうか?)』

P『な、なぁまゆ。ところでこのマフラー、すごく暖かいな。大事にするよ』

まゆ『うふ…喜んでもらえて嬉しいです……Pさんにぴったりの、赤いマフラー……』

まゆ『それはPさんと私を繋ぐ、絆……だから、ずっと、ずーっと付けていてくださいね』

P『(な、なんてことだ……このマフラーには、こういう意味が篭められていたのか……!?)』

まゆ(妄想)『うふ…Pさんの首はずっと私が狙っているんですよぅ。赤は血の色。あなたの最期を暗示する色…』

P『(もしくは、いつでもこのマフラーを使って、首を絞められるように……か)』

P『(俺は……俺はそんなにもまゆに嫌われていたのかッッ!!)』

まゆ『あ、あの……Pさぁん?』
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:08:42.62
P「――とまぁ、こういう裏事情があってですね」

ちひろ「よしわかった。あなたは馬鹿です。しかも大馬鹿」

P「フフフ……そう、俺はあまりにも愚かな男。まゆにここまで憎まれていながら、まだその原因を思い出せないんですからね…」

ちひろ「だーかーらー! 憎まれていないんですって。好意なんですって!」

ちひろ「というか、ですね。プロデューサーさん、まゆちゃんのチョコ食べたんでしょう?」

P「冷凍して永久保存すべきか若干悩みましたが、その日のうちに頂きました」

ちひろ「それって手作りだったんじゃないですか?」

P「ええ、まぁそうですけど…よくわかりましたね?」

ちひろ「ですからっ!本命チョコなんですって、だから手作りなんですよ!」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:09:47.10

ちひろ「ほら、よく思い出してください。美味しかったでしょう?痺れ薬とか睡眠薬とか入ってなかったでしょう? ……ですよね。入ってなかったと言ってください!」

P「ちひろさんはまゆの事をいったいなんだと……まぁ、確かにまゆの手作りという点を差し引いても、そんじょそこらの洋菓子店のモノに勝るとも劣らない出来でしたが」

ちひろ「……まゆちゃんの手作り補正が入ると?」

P「宇宙一美味いチョコでしたよ!まさにヘヴンッッ!!」

ちひろ「……いやまぁいいんですけどね別に。まぁ、でもよく考えてくださいよプロデューサーさん」

ちひろ「嫌っている相手に、わざわざそんなに美味しいチョコをわざわざ作ってくると思いますか?」

P「……ハッ!? ま、まさか……?」

ちひろ「ええ、そうです。そのとおりです……」

まゆ(妄想)「これがPさんの最後の晩餐になるかもしれませんしね…。うふ…折角作ってきてあげたので、この味を噛み締めながら死ぬといいです!へやぁー」

P「……まゆ。殺したいほど憎んでいる相手に対しても慈悲深いその心……まさに女神か…っ!(涙」

ちひろ「思考回路が斜めに吹っ飛びすぎていてどこからツッコめばいいのかッッ!!??」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:10:25.93
ちひろ「あーもぅっ!! ほら、しっかり思い出してください!ハロウィンの時とか仲良くしてましたよね!?」

P「…確かあの時は『血ってどんな味なんでしょうか』とか『血が欲しくなっちゃいますね』とか言われて……」

P「やはり俺の血を求めているのか、まゆっ!?」

ちひろ「まゆちゃんがオフの時!たしかプロデューサーさんと一緒にドライブしたって言ってましたけど!?」

P「気づいたら、社用車に忍び込んでいたんですよね…」

P「運転するのと同時に現れて『ようやく密室で二人きりになれましたね』と言われた時は俺も死を覚悟しました…」

ちひろ「温泉!温泉イベント!あえて黙っていましたけど、あの時プロデューサーさん用の内湯に忍び込んでましたよね!?」

P「俺が他のアイドルを覗かないか心配で、己が身を犠牲にしてまで俺を監視しようと…」

P「なんて健気な子なんだ…まゆっっ! まぁ、本人は逆上せて倒れそうになってましたが…」

ちひろ「うわあああああああああっっ!!」( ;゚皿゚)三つ☆() P )ノノゲフゥ
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:11:19.14
P「ち、ちひろさん…いきなり何を……ガクッ」

ちひろ「フゥー……フゥー……はっ!? い、いけない。プロデューサーのあまりの鈍感っぷりについ我を忘れて…」

ちひろ「……けど、一発殴って冷静になりましたけど……この勘違い、解いても何もメリットが無いような…」

ちひろ「むしろ誤解が解けた途端、このバカはまゆちゃんに喜び勇んで告白しに行きそうですし…そんな事になったら…」

佐久間まゆ突然の引退!(売り上げ減退)
P&プロデューサー結婚!(他アイドルテンション激減)
経営の危機!?(ドリンクが売れない!!)

ちひろ「む、むしろデメリットがとんでも無い事に……(ガクガク」

ちひろ「まゆちゃんにとって可哀想ではあるけど、プロデューサーさんはしばらくこのままに――」

まゆ「まゆが、どうかしましたかぁ……ちひろさぁん?」

ちひろ「ひ、ひいいいいっっ!!?? ま、ままま、まゆchan!?」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/11/27(水) 20:12:44.53
まゆ「はぁい、まゆですよー。うふ…どうしたんですかちひろさぁん。そんなに慌てちゃって…」

ちひろ「い、いいい、いったい何時からそこに!?」

まゆ「いつ…?うーん、何時って言われても正確な時間はわかりませんけどぉ…」

まゆ「>>8くらいから、話は聞いてましたかなぁ…」

ちひろ「結構最初の方からだー!?」

まゆ「うふ……まぁ、Pさんが最初から妙な勘違いをしていたのはまゆも感じてましたしぃ」

まゆ「ちひろさんが、その誤解を解いてくれるのなら、それはそれでいいかなぁ、って思ってたんですけどぉ……」

まゆ「どうやら、おいたが過ぎちゃったみたいですねぇ……」

ちひろ「ち、違うの!? 違うのよまゆちゃん!? 私はスタドリの為、引いてはこの事務所全体の為を思って、ね…?」

ちひろ「まゆちゃん!聞いてまゆちゃん!?なんで笑顔で近づいてくるの、は、話合いましょう。話し合えば人は解りあえると思うわ!今ならこのマイスタドリハーフもサービスで一本付けるから……アーッッ!!??」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:13:13.99
P「ん……んんぅ……お、おれはいったい……?」

まゆ「あらぁ、お目覚めですか。Pさぁん?」

P「……ッッ!? ま、まゆっ!?」

まゆ「はぁい……貴方のまゆですよぉ?」

P「…………ッッ!!??」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:13:57.57
まゆ「(この表情、まぁた何か面白い勘違いをしているみたいですねぇ…)」

まゆ「(うふ……でも、いまはまだ誤解を解かずにこのままで……)」

まゆ「(まゆの今の一番の夢はトップアイドルになること――)」

まゆ「(――そして、まゆがトップアイドルになることで、それを成し遂げたPさんがトッププロデューサーになること)」

まゆ「(それがPさんの夢……それが私の夢……)」

まゆ「(ねぇPさん。安心してください。きっと、私が貴方をトッププロデューサーにしてみせますから……)」

まゆ「(だから、それまでは色々とガマンガマン……)」

まゆ「(もし今誤解が解けて、本当にプロポーズなんてされちゃったら、まゆ、きっと我慢できなくなっちゃいますしね…)」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:14:56.17
まゆ「うふ……どうかしましたかぁ、Pさぁん?」

P「あ、ああ、いや、なんでもないよ。えっと……あれ、それよりさっきまでちひろさんがここに居なかった?」

まゆ「ちひろさんはぁ、ドリンクの原料採取の為、ヨハネスブルクに行ってくるって言ってましたよぉ?」

P「そ、そうか…あの人も大変なんだな……」

まゆ「それよりもぉ、私といるのに他の女の人の話なんかしないでくださいよぉ、Pさぁん」

P「そ、それもそうだな……えーっと、まゆは確か今日の午後から収録のお仕事だったよな?」

まゆ「はぁい。Pさんも付き添ってくれるんですよねぇ?」

P「ああ、勿論さ。それじゃあ準備ができたら行こうか?」

まゆ「はぁい……まゆがトップアイドルになるまで、一緒に頑張りましょうねぇ」

まゆ「ずっと……ずーっと……」

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:15:39.16
Pちゃんの勘違いが酷すぎる。
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/11/27(水) 20:18:23.97
この健気さ!まさにままゆはこの世に舞い降りた天使!!

そんなまゆのラブアタックに耐えれるだなんて、プロデューサーってぇのはどれほどの馬鹿者なのか。もしくはホモなのか。
と、思案した結果今回の話は生まれました。

結果的にPさんはぶん殴りたくなるくらい腹の立つキャラになったので、大天使ちっひーに代わりに殴って頂きました。
ありがとうちっひー!君の活躍はけして忘れないよ!ヨハネスブルクに行っても頑張ってね!
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:34:55.38
ちひろさん一人負けじゃないですかやだー!
いやまあ鋼の自制心で耐えてるかホモかアホだよね。乙
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 20:41:19.96
乙。
まゆはかわいい。かわいい
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/27(水) 21:32:00.15

今日もまゆは天使だ、ご飯が旨い

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク