亜美「え? 兄ちゃんに恋人が出来たって?」

1 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 00:20:31.99

真美「うん! はっきり聞いちゃったんだよね~!」

亜美「ほうほう! それはいつの事だい?」

真美「えっとね~、あれは確かやよいっちと──」






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452266430
2 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 00:29:32.72

───




真美「兄ちゃん! まだ事務所に着かないの~?」

P「う~ん、渋滞で全く車が進まないんだよ……」

やよい「真美! プロデューサーに迷惑かけちゃ駄目だよ!」

真美「うあうあ~! そんなこと言っても亜美と約束があるんだよ~!」

P「ははっ、ごめんな」

prrrr…

P「おっと、電話だ。えーっと……」

P「……」

P「……そうだ! どうせ暫く進まないし、真横のファミレスに入っちゃうか」

真美「お! 真美お腹ペコペコだよ~! 兄ちゃんの奢り?」

P「ああ、もちろんそうだぞ!」

3 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 00:32:48.19

真美「わーい! やったね、やよいっち!」

やよい「いいのかなぁ?」

P「ああ、気にする事ないぞ! 俺もちょっと電話しないといけないからな」

真美「そうだよ! とりあえずファミレスにゴー!」

P「じゃあ行くぞー」





4 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 00:35:16.37

ファミレス



真美「ふぅ~、食べた食べた! あれ? そういえば兄ちゃんは?」

やよい「プロデューサーなら電話しに行っちゃったよ」

真美「ふーん。それじゃあ真美はちょっと手を洗ってくるね!」

やよい「うん!」



5 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 00:38:45.99

真美「えーっと、お手洗いはっと……」

真美「あれ? 兄ちゃん?」



P「────」



真美「確かに電話してる」



P「今日は──なる──」

「────」

P「──、愛してるよ──」



真美「!?」



真美(今、愛してるよって!)



6 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 00:41:07.41


──



真美「ってことがあったんだよ!」

亜美「え~? 聞き間違えじゃないの?」

真美「いいや! 絶対に言ってたもんね!」



真美(それにあの声は間違いなく……)



7 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 00:45:34.79

ガチャ

伊織「おはよう。ってアンタ達こんな所で何やってんのよ?」

真美「!?」

亜美「あっ、いおりん! 実は真美が──」

真美「あーあー! なんでもないよ! それより早く行かないとレッスンに遅れちゃうよ!」

亜美「ホントだ! 急がなきゃ!」

伊織「なによ? 相変わらずよくわからない双子ねぇ……」

真美「あはは……じゃあね、いおりん!」

伊織「気をつけなさいよね」

真美「う、うん! ありがとう!」



真美(そう。電話口のあの声は間違いなくいおりんだった……)



9 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 01:15:19.94
なんかワクワクしてきた
10 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 02:25:31.12

次の日 朝

765プロ ビル前



真美「さーて、今日もおしごと頑張るよ~ん!」

真美(って、あれはもしかして兄ちゃん!)



「それじゃあまた後でな」

「頑張ってね」

「ああ、ありがとう」



真美(こ、この声は!)

真美(姿は見えないけど、やっぱりいおりんだったんだ! これはみんなに報告せねば!)

真美(確か、いおりんは今日はオフのはず!また後でという事は、仕事が終わってからデートするに違いないっしょー!)

真美(んっふっふ~! いおりんも隅に置けませんな~!)




11 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 02:31:45.71

765プロ 給湯室



真「プロデューサーに恋人!?」

真美「しーっ! 声が大きいよ!」

真「ご、ごめん」

雪歩「そ、そうなんだ……」

真美「しかも相手はいおりんなんだよ」

真「伊織!?」

真美「だから声が大きいよ!!」

真「だって大きくもなるよ!」



P「伊織がどうかしたかー?」



真美「な、なんでもないよ!」







13 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 02:37:04.24

真「でもこれは誰にも言えないね」

真美「え? なんで?」

真「だって春香や美希、あずささんが聞いたらどうなることか……」

真美「あ~、確かに……」

真「それにボクだって……」ボソッ

雪歩「わ、わたしも……」ボソッ



真美(真美だって……実はそうだよ……)








14 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 02:42:04.20

真「……でも、やっぱり応援してあげようよ! 仲間が幸せになるならボクらも嬉しいことだよ!」

真美「……そうだね! 今度みんなでお祝いしようよ!」

雪歩「う、うん!」

真「みんなにはそれとなく伝えようか。まあ仕事に影響ないといいけど……あははっ」

真美「みんないおりんの事好きだから大丈夫っしょ!」



P「おーい、そろそろスタジオ行くから準備しろー!」

「はーい!」




15 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 02:47:08.01

後日 765プロ



真美「結局全員話を聞いて倒れちゃったね……」

亜美「まあ、しょうがないっしょ」

真美「でもみんな祝福してくれる辺りが765プロだね」

亜美「そだね」

真美「そういえば兄ちゃんは?」

亜美「たぶん、たるき亭でお昼ご飯食べてるよ」

真美「そっか」


16 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 02:51:06.77

真美「それにしても、いおりんはいつから付き合ってるんだろうね?」

亜美「まぁ、それを今から聞くんですがね……」



亜美真美「んっふっふ~!」



ガチャ

伊織「おはよう。ってまたアンタ達はこんな所で」

真美「いおりん! かくご!」

亜美「かくほー!」

伊織「きゃっ! 何よアンタ達!」



17 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 02:54:51.85

亜美「一体いつから、兄ちゃんと付き合ってるんだい~?」

伊織「はぁ? 何のことよ?」

真美「とぼけても無駄ですぞ~! ネタはあがってるんだい!」

伊織「ちょっと! なんなのよいきなり!」



ガチャ

P「ただいま戻りましたー。 って何やってるんだお前ら?」

真美「あっ、兄ちゃん!」





18 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 02:58:54.41

亜美「さあ! 兄ちゃんもはくじょーするんだ!」

P「え? 何のことだ?」

真美「兄ちゃんの恋人のことだよ!」

P「え!? お前らどうしてそれを!?」ドキッ

真美「この前、真美は電話の声を聞いちゃったんだよ!」

P「あ、あの時か……」

真美「それに事務所の前でも!」

P「うっ……それも見られてたか……」

亜美真美「さあ! はくじょーしろー!」

19 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 03:11:02.34

P「……実は今日みんなが揃ったら報告しようと思ってたんだよ」

亜美「え? そうなの?」

P「みんなもう一人前になったしな、頃合いだと思ったんだよ。まぁ、とにかくみんなが揃ったら発表するから」

亜美真美「は~い」

P「ところでなんか伊織がグッタリしてるんだが……」

亜美真美「あっ、聞いた時の勢いが強すぎて気絶しちゃった……」

伊織「」



20 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 03:20:24.68

──




P「えーと、実はみんなに紹介したい人がいるんだ」

真「ボク達みんなもう知ってますよ!」

P「え? そうなのか?」

美希「うん……ミキ達悲しいけど、おうえんするね?」

P「黙っててごめんな」

春香「仕方がないですよ。言いふらせるものでも無いですし」

P「ああ、そう言って貰えると助かる」



21 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 03:24:06.03

P「ところで伊織は?」

雪歩「まだソファで寝てますぅ」

P「……そうか」



あずさ(恋人の事が気になるのは仕方ないわよね……)



P「それじゃあ伊織には後で紹介しよう」












全員「え?」





22 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 03:25:51.98

P「じゃあ紹介するな。おーい!」



ガチャ

???「こんにちはー!」






全員「え?」










23 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 03:31:37.01

P「えっと、知ってる人も多いと思うけど……」



小川「どうもー」



小鳥「た、たるき亭の!」

律子「小川さん!?」








24 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 03:34:03.26

真美「え? でも真美が聞いた声は確かに!」

亜美「真美、小川さんの声をよく聞いてみ……」

真美「え?」



真美「……」



真美「ああ~!! いおりんにそっくりだ!!!!」






25 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 03:38:21.40

律子「確かに私も昔、伊織と間違えて小川さんを飛行場に……」

小川「あははっ、あの時はびっくりしましたよ!」



真美「それじゃあ真美がいおりんだと思っていたのは……小川さんだったんた!!」

真美(そういえば二回目の時も場所は……たるき亭の前!)




26 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 03:43:47.62

伊織「あ、亜美……真美……アンタ達ねぇ!」ゼエゼエ

P「おっ、伊織起きたか」

伊織「起きたじゃないわよ。一体何の騒ぎ?」

P「いや、みんなに俺のパートナーを紹介していて」

伊織「は? パートナー?」

小川「あっ、伊織ちゃんは初めましてかな!」

伊織「え? え? どういうこと?」



27 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 03:48:11.78

P「実はな──」



全員(でも待ってよ……相手が伊織じゃないなら私たちにもワンチャンあるんじゃ……)

全員(小川さんには悪いけど……仲間うちじゃないなら堂々と奪いとれる!)



伊織「」バターン

P「え!? どうしたんだ伊織!!」



全員(まずは一人!!)





28 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 03:55:36.52

P「ふう……伊織はソファにまた寝かしつけてと……」

小川「伊織ちゃん大丈夫だった?」キラッ

P「ああ、大丈夫そうだ」



全員(え? 小川さんの指に光るのは……まさか!!!!)



P「あっ、指輪付けっぱなしだぞ」

小川「いけない! アルバイト前には外さないと!」



真美「兄ちゃん……その指輪って……」

P「ああ、先日入籍してな!」






全員「」バターン!!!!!!





P「お、おい! どうしたんだみんな!」








終わり





29 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 03:59:34.89
乙です
32 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/09(土) 14:56:40.59

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク