足柄(泥酔)「相手の落とし方ー?」 霞(泥酔)「ちょっと教えなさいよ

1 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:06:30.26
・キャラ崩壊に注意してください(特に霞ちゃん)

・独自解釈がふんだんに含まれている可能性があります。このSS内だけの話だと割り切ってお読みください。

・台本形式です。

・40字を目安に改行するつもりです。

・飲酒更新です 誤字脱字があったらごめんなさい。

・いつも気を張ってる霞ちゃんを愛でて甘やかすのがメインです。デレデレです。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458219980
2 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:07:32.05
~礼号組み飲みin足柄の部屋~ ※全員泥酔状態
3 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:08:52.66
足柄「まずはーヒック、まぁまぁ霞ちゃん! コップが空いてるじゃないどうぞどうぞー!」

日本酒<トックトック

霞「あらありがとう」グイー

足柄「流石、良いのみっぷりねー!」ケタケタ
4 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:10:16.67
大淀「おっぱい、という単語の起源については諸説ありまして。最有力とされている説は
江戸時代におおうまい、が変化したという説が(略」ブツブツ

朝霜「清霜ー……抱っこー……」

清霜「はいはい、いい子良い子ー」
5 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:11:06.56
霞「っぷはぁ! いやー、このお酒美味しいわね!」ニコニコ

足柄「でっしょー?! 隼鷹のオススメにはずれはないわね! さぁ私もガンガンいくわよー!」

霞「かんぱーい!」

足柄「かんぱーい!!」

霞・足柄「っぷはぁ!」
6 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:11:39.38
足柄「今日も酒が美味いわ!!」

大淀「語源といえば建物についている定礎、アレの始まりは古代シュメールの人々が(略」

清霜「ほーらよしよしー」

朝霜「んーっ、清霜ぉ、耳も撫でておくれよぉ」
7 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:12:11.45
霞「そうそうそれで、ちょっと教えなさいよ。えとね、落としたい(=恋人になって欲しい)
人が居てね?」テレテレ

足柄「相手(獲物)の落とし方ー? そうねー……バーッと突撃してガーッとやってドーンっ
てやればいいわよ!」
8 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:12:53.64
霞「……そうか!」

足柄「そうよ! 突撃よ! 突撃ー!! 不意をついて強襲よー!」

霞「なるほど! 流石足柄ねー!」

足柄「そうかしらー?」エヘヘ

霞「それじゃ早速実戦してくるわ! よっしゃいったろー!」イェー!

足柄「いぇー! いったれいったれー!」
9 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:13:43.40
足柄「ちょっと大淀ぉー! 壁に向かって話してないで私にかまってよー!」

大淀「あら足柄、そう足柄といえば足柄峠や足柄城、それに連なる金時山は、かの有名な
金太郎伝説の(略」ブツブツ

清霜「ほーら、ごろにゃん、ごろにゃん」

朝霜「にゃーん、うみゅー」デレデレ
10 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:14:28.45
~提督の部屋~

扉<BANG!!


霞「ちょっと! 居る?!」

提督「うおっ、なんだ霞……すっかり出来上がってるなお前」ハァ
11 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:16:46.87
霞「ちょっとそこ動かないように」

提督「???」

霞「よっこい、しょっと」ヨジヨジ

提督「どうした、俺の膝の上に乗るなんて珍しっ」
12 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:18:05.03
霞<chuuuuuuuuu!!

提督「んぐむっ?!???!?!」

霞「んっ……」

提督「!?!??!??!(舌入ってきた!??!?!?!?!)」
13 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:19:20.94
霞「ん、ちゅ……ぷはぁ」

霞「よし、ガンガンいくわよ! ついてらっしゃい!」

服<パージ!

提督「うおっ、ああああああ!!!!」


ギシッギシッ
ヤメッ オマッ ナニスルッ
ヤメロッ ウッ ウオオオオオオ!!
イクッンウウウウウッ!!

・・・・・
・・・・
・・・
・・
14 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:20:17.54
~翌朝~


霞「ん、んんぅー……っはぁ、良く寝たわ。二日酔いかしら、頭と腰が痛いわね……
まぁ昨日は楽しかっt…………?」

提督(半裸)「…………」スヤスヤ



霞「えっ?(顔面蒼白になる音)」サーッ

霞「えーとえーと昨日何が…………そう! 足柄と……お、お酒を飲んで……?!」
15 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:20:54.21
布団<赤い染みなど生々しい行為の跡

床<脱ぎ捨てられた服が散らばってる
16 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:21:33.64
霞「あっ、あ、あ…………」

霞「…………ど、どうしよう(震え声)」

霞「は、ははは……(頭が真っ白になっている)」
17 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:23:46.27
提督「ん……お早う、霞」

霞「っ!?……お、お早うございます(震え声)」

提督「……単刀直入に聞くぞ」

霞「はい……」
18 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:25:45.43
提督「俺のこと、どう思ってる?」

霞「い、今は尊敬する上官です」

提督「恋愛感情みたいなのは」

霞「……あります」
19 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:26:15.64
提督「……俺のことを好いているのか?」

霞「そっ、そうでもなきゃ! こんなことしてないわよ!」

提督「そうか、まぁ昨晩延々と如何に俺を愛してるかと言うことを絶叫してたからな」

霞「――――///(ほんのりと記憶があるので死にたい)」
20 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:28:22.52
提督「わかった……俺も男だ、覚悟は出来ている」

霞「???」

提督「手を出された側とは言え、俺は責任を取るつもりがあると言う事だ」

霞「え? え?」
21 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:28:57.63
提督「ケッコンしよう」

霞「!??!??!?!!??!??!?!」

霞「はっ、はぁ! あんた何いってんのよ! せっ、責任取るとかじゃなくて! 私を処分
すればいいじゃない!」

提督「自分を好いてくれる相手が居るというのは、思ったより嬉しいものだな」シミジミ
22 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 22:30:15.96
霞「んぅぅぅぅぅもおおおぉぉぉおおお!!!」

霞「はぁ……はぁ……」

霞「…………宜しくお願いいたします」フカブカ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/17(木) 22:34:14.60
沈むなよ
霞ちゃんの絶叫ききたすぎる
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/17(木) 22:59:17.82

テンパって丁寧口調になる霞かわいい
30 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:27:48.66
~礼号組み飲み会の跡地(足柄の部屋)~
31 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:28:57.58
足柄「はぇー……霞ちゃん、ケッコンするの」

大淀「頭……いた……ぃ」チーン

霞「う、うん」

足柄「はーケッコン、え、ホントにケッコンするの?」

霞「そ、そうよっ! それが何か!?」
32 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:30:15.68
大淀「…………み、水。くだ、さ」

霞「はい水、ちゃんと飲むのよ」

大淀「あり、が、と……ござい、ま」

足柄「ほー……一体、何があったので?」
33 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:31:50.29
霞「はぁ!? 昨日のこと覚えてないの!?」

足柄「…………?」

霞「ほ、ほら、相手(=好きな人)を落とす方法は無いかとか聞いたじゃない」

足柄「あ、あー、あー? 狩猟技術の話よね? それが……?」
34 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:32:29.62
霞「……脳筋に相談した時点で間違ってたわね、これは」ハァ

足柄「???????」

大淀「任、務……オリョール、どうしま、すか?」

霞「私が旗艦で出てくるわ、ちゃちゃっと済ませてくる。空いてる空母とあと瑞穂借りるわよ」
35 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:34:11.05
足柄「あら、出撃!? 私も行くわ!」

霞「アンタは大淀の面倒を見てて!」

大淀「すみま、せん……」
36 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:35:13.13
~提督の執務室~
38 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:37:52.57
霞「作戦が終了したわ。報告を聞きなさい」

提督「……無事か、お疲れ様だったな」

霞「ふんっ、今更被弾するような練度じゃないわよ。他の艦も損害もほとんどないわ。入渠
は短時間で済む艦から順次入るように指示したわ」
39 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:39:35.90
提督「ん、助かる。……ではこっちに来てくれ」

霞「…………」ソワソワ

提督「手を出して……ん、よし。末永く宜しく頼む」

霞「ん……こちらこそ、ね」テレテレ
40 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:41:20.53
提督「よし、では引越しからだな」

霞「はぁっ? どうしてよ?」

提督「??? 一緒に住まないのか?」

霞「どっ、どどど、同居ぉ!? 誰と誰が!?」
41 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:42:40.98
提督「俺とお前に決まっているだろう、仮とは言え夫婦だぞ」

霞「―――?!?!?!(思考が限界を迎えた)」

提督「霞、起きろ。再起動だ……それとも霰と同じ部屋のままの方がいいか?」

霞「ばっ、だっ、誰が嫌っていったの! 住むわよ! い、良いじゃない! してやろうじゃない
同居! 二人っきりで、す、すすすす住むんでしょ!?」アセアセ
42 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:43:18.88
提督「了解。家は用意してあるから荷造りが済み次第向かおう」

霞「へっ? 家?」

提督「俺の家では手狭になると思って借りてきた。鎮守府に近いこじんまりとした奴だ」

霞「……異様に手際が良いわね」
43 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:44:10.25
提督「それは、お前に鍛えられたからな。本当は一緒に選びたかったのだが選択肢があまり
なくてな、許してくれ」

霞「え、えへへ、いいじゃない。大丈夫よ」テレテレ

提督「それは良かった。あ、霰には既に伝えてある」
44 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:44:42.74
霞「了解……そういえば姉さん達にはなんて?」

提督「これからだ……馴れ初め的なその辺は、まぁ、上手いこと誤魔化してくれ」

霞「そうね……(酔った勢いで逆レしてそのまま、とか言ったら殺されるわね)」
45 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:47:04.77
提督「幸い朝潮型は誰も外に出てない、上から回ってこう」

霞「て、ことは朝潮姉と大潮姉の部屋からね。よし、行きましょ」

提督「……今更だか緊張してきた」

霞「い、行くわよ! しっかりしてよね!」
46 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:50:48.60
朝潮「いいですか霞、司令官の妻となるからにはあまりキツい言葉を言い過ぎたりしない
ように、寝起きもきちんとすること、あと寝相にも気をつけて、布団を蹴飛ばしてはいけ
ないですよ、それから――

大潮「わー! おめでとうございますー! 大潮も嬉しくて心がぽかぽかですぅー!」
47 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:51:21.10
満潮「……まぁおめでとう、しっかりやるのよ、霞」

荒潮「あら~めでたいわね~。昨日何があったかについてはヒミツにして置いてあげる(小声)」
48 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:52:51.69
朝雲「へ!? やったじゃない! おめでとー! ケッコンしたんだったらあんまりやんちゃ
しちゃダメなんだからねー?」

山雲「おめでたいわー、ねー? うれしいわー」ポヤポヤ
49 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:53:27.78
霰「おめでとう……ようやく、だね。あ……荷物、まとめておいたよ。司令官の、写真とか、
そういうグッズも……入れておいた」
50 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/17(木) 23:55:17.49
提督「霞、大丈夫か?」

霞「えぇ……心配は要らないわ」

提督「荒潮に耳打ちされたのはなんだったんだ」

霞「……なんでもないわよ」

提督「そうか……写真、大切にしてくれてるようで嬉しいぞ」

霞「~~~~~~っ!!」ポカポカポカポカ
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/18(金) 00:02:47.20

荒潮の反応が予想通りだったわ
そして霰wwwwwwさらっとえげつないことをwwwwww
87 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/24(木) 00:13:27.08
今回は以上です。遅くなってしまい申し訳ありませんでした。次こそは早めにしたいです。

次回は『霞ちゃんとおゆはんの買出し』『二人っきりの食卓』『死闘、せんべい布団』を予定しています。
それでは失礼します。此処までお読みいただきありがとうございました。良ければ次回もお付き合いください。

>>55そうです、曙夜戦ックスの人です。
>>59それはもう霞ちゃんはオ○ニーを覚えた中学生みたいにヤりま(検閲削除)
62 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:45:20.70
霞「それで、家ってどんなところなのよ」

提督「築ウン十年のボロ屋だったとこだ」

霞「……どうして過去形なの」

提督「妖精さんを買s、お願いしてな」

霞「はぁ!? 何してるのよ!?」
63 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:46:37.07
提督「問題ない、俺は妖精さんに金平糖とカステラを渡しただけだからな」

霞「ま、まぁ、いいわ……」

提督「家具の類は俺が持ってきた奴しか無いから足りないかもしれん、今度選びに行こう」

霞「い、一緒に?」テレテレ

提督「当然だろう……ん、着いたぞ」

霞「えへへ、一緒にお出かけ……」テレテレ
64 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:47:29.31
提督「随分綺麗になってるな、これならお釣りが出るくらいだ」

霞「ごく普通な和風建築の一軒屋ね」

提督「今は二人しか住まないんだ、平屋のこじんまりした奴くらいがちょうどいいだろう」

霞「そっ、そうね! 今はね! まだ!」

提督「??? まぁ、よし、入るぞ」
65 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:48:17.15
提督「中も純和風な感じだな、板張りの廊下、部屋の床は畳か」

霞「あっ、庭付き。ちゃんと管理する必要あるわね」

提督「きっと朝潮型の面々が遊びに来るだろうし山雲にでも見てもらうか?」

霞「出来れば自分でやりたいけど……忙しくしてたらダメにしちゃいそうで怖いわね」
66 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:49:09.77
提督「まぁ追々考えるか。台所はどうだ?」

霞「ん、大丈夫よ。ちゃんと届くわ」

提督「改二で背が伸びて大人っぽくなったからな」

霞「お、大人っぽく?」ピクッ

提督「届かないところがあったら教えてくれ。一応、踏み台も用意するか」

霞「えへ、えへへへへ。そ、そうかしら?」テレテレ

提督「あぁ、霞は精神的にも成長したな」

霞「―――♪」ルンルン
67 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:49:40.02
提督「よし、一通り見たな、問題なさそうだ……流石妖精さん、良い仕事してくれる」

霞「そうね、今度お礼しなくちゃ」

提督「だな。そろそろ昼時か、一回戻ろうか」

霞「そうね、午後もがんばりましょう」
68 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:50:07.41
~食堂~


提督「いただきます」

霞「いただきます」

足柄「あら、提督と霞じゃない。ちゃんと食べてるー?」

提督「俺は机仕事だからそんなに食わん」

霞「アンタみたいに三食揚げ物は食べないわよ」
69 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:50:39.71
足柄「つれないわねー、美味しいじゃない!」

提督「そういう訳にもいかんのだ……足柄はちゃんと食べたか?」

足柄「ばーっちりよ! タンパク質中心にガッツリ食べたわ!」

霞「…………」ムスーッ

足柄「あ、それじゃ、お邪魔虫は失礼するわ! ごゆっくり~」

霞「んぐっ、な、なによもう! あっち行ってったら!」 
70 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:51:23.67
提督「大丈夫か霞、水は要るか?」

霞「大丈夫よ! ……それで、午後の予定は?」

提督「リランカの最奥に行って来て貰いたい。旗艦で頼むぞ……負担を強いるようですまないが」

霞「ふんっ、別にコレくらい余裕よ。編成は?」

提督「目標はボスだ、編成はあとで伝える」
71 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:52:21.04
霞「了解。何かの任務なの?」

提督「あぁ」

霞「ふーん……」ズズー

提督「夫婦用のせんべい布団とやらが手に入るらしい」

霞「んぐっ!? げっほぉっ! うぇっ、げほっ!」
72 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:53:25.13
提督「なんだ、大丈夫か、霞」サスサス

霞「ふ、布団! ふふふ、夫婦で使うーっ!? 何よそれ! 本営がそんな、いいの!?」

霞「そっ、そんな……ふしだらなっ!!」

霞「…………いや、なんでも無いわ、いいわよ」

提督「……おう、頼んだ」
73 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:55:06.49
~司令室~


扉<KNOCK KNOCK

清霜「しれーかんっ!」

提督「ん、どうした?」

清霜「霞ちゃんの弱点をまとめてあげたの! 霞ちゃんにはヒミツだよ?」ニヒヒ

提督「お、おう。……うなじが弱いって、どうやって調べたんだこれ」

清霜「なーいーしょっ。あ、それからこの間お酒飲んだ時に聞いた話なんだけどね……」ゴニョゴニョ
74 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:55:47.55
霞「作戦が終了したわ、報告を聞きなさい」

霞「3度目の挑戦でボスに到達。全艦大きな損傷も無く終了したわ。細かい被害状況、消費
資材は―――」

提督「うん、うん……ご苦労様だったな。妖精さんが張り切ってたから例の家具はもう家の
方に行ってると思う」

霞「///」プイッ

提督「そうだ、ちょっとそこのソファーに座ってくれ」
75 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:56:14.12
霞「? 何の用よ」

提督「よいしょっと……苦労を労ってやろうと思ってな。こういうことだ」ポフンッ

霞「あっ……」

提督「肩を寄せ合うのが夢だと聞いた」

霞「だっ、誰がそんなk

提督「清霜だ」

霞「……覚えてなさいよ、今度おにぎりの中身を梅干にしてやるんだから」
76 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:56:42.65
提督「で、どうだ?」

霞「どうって、何がよ」

提督「隣に俺が居てだ、嫌か?」

霞「…………嫌じゃない」

提督「そうか、それじゃ……よいしょっと」

霞「な!? なにすんのよ! 離しなさいったら!」
77 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/23(水) 23:59:37.04
提督「何って、膝枕だ」

霞「そうじゃないわよ! 重いでしょ!」

提督「軽くて心配になるくらいだ」

霞「んぅうううう!! いいから起こしなさい!」ジタバタジタバタ
78 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/24(木) 00:00:22.15
提督「何って、膝枕だ」

霞「そうじゃないわよ! 重いでしょ!」

提督「軽くて心配になるくらいだ」

霞「んぅうううう!! いいから起こしなさい!」ジタバタジタバタ
79 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/24(木) 00:01:14.58
提督「膝枕、イヤか?」

霞「ぐっ、い、いや、司令官の足が痺れちゃうじゃないの!」

提督「……イヤなら止めるが」

霞「んむぅぅぅぅぅうう!! ……まぁ、いいわよ」

提督「そうか」

霞「ん……」
80 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/24(木) 00:02:35.83
霞「…………」ウトウト

霞「くぅ…………」スゥ スク

提督「寝てしまったか……普段から気を張りっぱなしだからな……苦労をかけてすまない」

提督「初めから膝枕にすると抵抗するからまず隣に座らせろ、か」

提督「清霜も夕雲の妹なんだなぁ」シミジミ

提督「……くぁ、眠くなって来たな」

提督「ふぁ、あ…………」スゥ
81 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/24(木) 00:03:34.26
霞「ん……ぅう^っ、はぁ……寝ちゃっ……」ドキッ

霞「…………寝てるわね」フゥ

霞「今のうちに堪能しておきましょう……」

霞「んーっ」スリスリ

霞「んふふふふ、えへへへへ」ギューッ
82 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/24(木) 00:04:17.55
霞「すー、ふぅー……んへへ、良い匂い……」スリスリ

霞「(あれ? もしかして、これから毎晩コレなの? というか添い寝……!?)」

霞「(!??!??!?!?!)」ボフンッ

霞「(ふっ、夫婦ですものね! そりゃそうに決まってるじゃない!)」

霞「(と言うかもうやることヤってますし! ヤ、ヤってますし! ……半分記憶無いけれど)」
83 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/24(木) 00:04:54.40
霞「(……あんなやり方、誠実じゃない)」

霞「(そう、誠実じゃない、私らしくも無い。いくら酔っていたとは言え、ね。気でも狂って
たのかしら。いや、ある意味狂ってるけど。こっぱずかしくて言えないけど!)」

霞「(どうしたものかしらね。全ては自分で蒔いた種、偶々受け入れてくれたから良い物の
……本当に受け入れてくれてるのかしら、本当は嫌だったんじゃ――)」

提督「ん……寝てしまったか」

霞「!? め、目が覚めたかしら?」
84 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/24(木) 00:06:39.17
提督「ん、あぁ……すまんな、お前がいると暖かくてな」

霞「!? な、何よ突然!」


提督「お前が居てくれて嬉しいってことだ、さぁ帰ろうか」
85 : ◆5R31y/k3yZnO :2016/03/24(木) 00:07:35.43
霞「へっ?」

提督「恥ずかしいから二度は言わんぞ」

霞「…………」グスッ

霞「そう…………ありがと」ギューッ

提督「おう」ギュ
86 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/24(木) 00:08:15.24
提督「さて、晩はどうしようか」

霞「わ、私が作るったら! 任せなさい!」

提督「すまないな、助かるよ

霞「こっ。ここれでもっ司令官の…………言えるわけないじゃない!」

提督「そうか、俺の可愛い嫁だからな」

霞「ひゃああああああああ!!」
92 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:16:13.95
霞「春か、キャベツが安くなってきたわね、人参と馬鈴薯も特売やってるし買っていきまし
ょう」ポイポイ

霞「あら、鰊が半額ね。煮付けにしようかしら。あとは卵と、肉は……そうね、何か食べた
いのあるかしら?」

提督「任せる」

霞「あらそう、なら今度にしましょう。手元に鰊があるし 明日また覗いて値段調査ね」
93 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:16:51.64
提督「わかった」

霞「じゃお会計するわよ……んっ、しょ」

提督「あ、俺が持つ」

霞「あら、ありがとう、助かるわ」

提督「食事は世話になりそうだからな」

霞「ふんっ、これくらいはやらせなさいったら」ドヤァ
94 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:17:29.20
提督「頼りにしてる」

霞「ふ、ふふふ……それじゃあ行きましょ」テレテレ

提督「そうだ、手」

霞「はぁ!? 何よいきなり!?」
95 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:19:39.15
提督「手、繋ぐか?」

霞「手、手を繋ぐ!? どうしてよ!」

提督「? そうするのではないのか?」

霞「……清霜の入れ知恵?」

提督「先ほど夫婦と思わしき男女がそうしていたぞ」
96 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:20:50.02
霞「ぐっ、ぬぅぅうっ!」

霞「わ、分かったわよ! ……はい、手!」

提督「ん、では帰ろうか」
97 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:21:20.58
~家にて~


霞「―――♪」テキパキ

霞「~~~♪」テキパキテキパキ

霞「(んー! この新婚感が堪らないわね!!)」テレテレ
98 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:21:50.18
提督「霞、何か手伝う事はあるか?」

霞「別にいいわよ、疲れているでしょうし休んでなさい。……気持ちは嬉しいけどね」

提督「何を言う、霞の方が疲れているだろう。何もしないのは気が引ける」

霞「んぅ……そうね、それじゃあそこの洗い物お願いしてもいいかしら?」
99 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:22:23.79
提督「まかせろ」

霞「ありがと」

提督「ん。……良い匂いがしてきたな」

霞「そ、そうかしら」テレッ

提督「楽しみだ」

霞「へ、えへへ」テレテレ

・・・・・
・・・・
・・・
・・

100 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:23:00.11
霞「はい、いただきます」

提督「短時間でよくこんなに作れたな。鰊の煮付けにサラダに味噌汁」

霞「まだまだよ、常備菜とか作り置きもしないと」

提督「ありがたい」
101 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:23:47.73
霞「あ、鰊の骨、大丈夫? 取って上げましょうか?」

提督「む……大丈夫だ」

霞「そう……」

提督「むむ…………んぅ?」

霞「いいから貸しなさいったら! もう!」プンスカ
102 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:24:32.08
提督「すまない……どうも苦手でなぁ」

霞「ふんっ……ほら見てなさい、ここをこうして……」

提督「うん、うん。霞は上手だなぁ」

霞「はい終わり! ……次はがんばりなさいよ」
103 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:25:45.69
提督「ありがとう。美味しいよ」

霞「そ、そうかしら?」テレテレ

提督「ん、明日も頼むよ」

霞「ま、任せなさい! ……えへへ」ニコニコ
104 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:26:19.21
~寝室~


提督「もうこんな時間か、そろそろ寝ようか」

霞「あら、そうね。明日もあるし」

提督「布団、布団……これか。せんべいと言うと言う割りにしっかりしてるな。流石妖精さん」
105 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:26:47.59
霞「本当、いい物じゃない……んーっ、暖かいわね。眠くなってきちゃった……」

提督「そうか、電気消すぞ」

霞「んー……」

提督「よっ、と。お休み」

霞「!? おっ、お休みなさい……」
106 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:27:15.08
提督「…………」スゥスゥ

霞「(まっままままっま待て、落ち着くのよ霞!)」

霞「(コレはただ一緒に寝てるだけ……一緒に寝てるぅうううう!! 同じ! 布団で! 
隣で! あっ……司令官の身体暖かい……)」

霞「(落ち、落ち……落ち着ける訳無いじゃないこんなの! 体温が! 匂いが!)」
107 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:27:43.60
霞「(ど、どうしたら……緊張して寝られないったらぁ!)」

霞「(いい、霞……まずは呼吸を落ち着けるのよ。ひっひっ、ふー。ひっひっ、ふー……
あれ? もしかしなくても夫婦なんだからこの布団で子……きゃー!! そんなの恥ずか
死ぬ!)」キュンキュウ

霞「(あ、あああああんな! 破廉恥なこと! せめて酔ってないと無理よ! 無理無理!)」

霞「(で、でも求めてくれるなら、そういうのも……でへへへへ)」キュンキュン
108 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:28:33.65
提督「ん、んぅ……」

霞「っ!?」ビクッ

提督「ん……」ギューッ

霞「(あぁぁぁぁあああぎゅーってされてるうぅううう!! 一生抱き枕になりゅうううう!!)」
109 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:29:29.44
霞「(凄い、胸板がしっかりしてて……ちょ、ちょっと位ならすりすりしても……良いわよね?)」

霞「(えへへ……良い匂い……ずっとこうして甘えてられたら……安心感がすごい……)」スリスリ

霞「…………」スゥ

・・・・・
・・・・
・・・
・・

110 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:30:11.09
~翌朝~


霞「ん……んぅーっ、良く寝た、と言うか良く寝られたわね私」キラキラ

霞「ほら、朝よ。起きなさい」キラキラ

提督「ん……おはよう霞……なんだか調子が良さそうだな、どうしたんだ?」

霞「そうかしら? 言われたら何時もより少し良い感じね」キラキラ
111 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:30:46.00
提督「そうか……そういうものか」

霞「ん、今日も張り切って行くわよ! ……目玉焼きは半熟で良いかしら?」キラキラ

提督「頼んだ」

霞「任せなさい!」キラキラ
112 : ◆eexBJ.ebGqks :2016/03/25(金) 21:33:34.66
今回は以上です、ここまでお読みいただきありがとうございました。
次は『隼鷹、酒を贈る』『突撃、二人のお風呂』の予定です。

それでは失礼します。次回も宜しくお願いします
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/25(金) 21:41:14.75
だ……誰が突撃するんだ……乙
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/25(金) 21:54:41.59
可愛すぎる。乙でした
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/26(土) 11:01:19.66
乙!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク