モバP「事務所にコンビニができた」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 10:26:34.73

ちひろ「事務所の中に、コンビニを設置しました」

P「……なんでわざわざ」

ちひろ「アイドルたちに社会経験をさせるためですよ」

P「良い考えですけど、誰が使うんですか?」

ちひろ「またまた、分かってるくせに!」

P「まあ確かに、便利っちゃ便利ですね」

ちひろ「開店セールでモバチキが100円ですからー!」

P「叫ばんでも」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1366075594
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 10:31:04.66

凛「いらっしゃいませ」

P「お、今日は凛がアルバイトか」

凛「おはよ。何買ってく?」

P「急かすなよ。ゆっくり見ていくから」

凛「それもそうだね。何かあったら声、かけて」

P「おう」
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 10:33:53.37

P「意外と、品揃え良いなここ」

P「……とはいえ」

P「アダルト本が置いてあるのはどうなんだ……」

P「うちのアイドルだって使うだろうに、小学生だって居るんだぞ」

P「……」

P「まあ買っていくか」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 10:46:09.67

P「どれにするかな……」

『調教プロデュース ~らめぇ! そんなにされたらはぴはぴしちゃうぅ!~』

『コミックSM 特集・縛るより縛られたい、身と心』

『日刊シンデレラ アンタが私の御主人様(プロデューサー)?』

P「……」

P「よし、調教プロデュースにするか」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 10:50:34.95

凛「決まった?」

P「ああ。これを頼む」

凛「うん。えっと……」

P「……」

凛「……」

P「どうした?」

凛「べ、べつに……」

P「そうか」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 11:03:45.19

凛「あー……ご、500円になります……」

P「商品名を読み上げてくれ」

凛「はぁ!?」

P「いや、欲しいやつと違ってたらいけないからさ」

凛「そ、そんなの自分で確認してよ!」

P「おいおい、店員がそんな態度で良いのか?」

凛「くっ……!」

P「ほら、読み上げて」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 11:10:28.50

凛「ちょ、調教プロデュース……」

P「サブタイトルも」

凛「……ら、らめー……そんなにされたらー……」

P「気持ちがこもってないぞ!」

凛「ら、らめぇー……!」

P「もっと情熱的に!」

凛「ら……らめぇー! そんなにされたらは……はぴはぴしちゃうぅ!」

P(録音してて良かった)
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 11:13:59.66

凛「いつか覚えててよ……!」

P「良くできました。じゃ、中身も確認してくれ」

凛「ど、どうして?」

P「落丁とかあったら困るし」

凛「……う」

P「はやく確認して」

凛「分かった……」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 11:15:43.18
なるほどこうやって調教するのか(歓喜)
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 11:19:30.06

凛(な、生々し……)

凛(っていうか、ヒロインが私にやたら似てるような。名前もりんだし……)

凛(そもそも主人公がどうみてもプロデューサーだし……)

凛(うわ、うわ……そこまでするんだ……ううん、されちゃうんだ……)

凛(私がプロデューサーに……)

凛(……)ポワポワ
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 11:23:10.87
妄想しぶりん可愛い
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 11:28:27.41

『さあ、りん。きっちり舐めてお掃除するんだぞ』

『これがさっきまで、お前を気持ち良くしてくれてたんだから』

『ちゃんと綺麗になるまで、続きはお預け』

『あー、物欲しそうな顔しても駄目だ。しっかり調教してやらないと』


凛「……」ポワワ
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 11:35:47.21

P「おーい、凛?」

凛「……」ポワワワワ

P「お金。置いとくぞ」

凛「……」ポワワワワワワ

P「……」

凛「えへへへへへへ」ジュルリ

P「大丈夫か」
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 14:30:48.09
ほほう どうやら素晴らしいスレに来てしまったようですね
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 14:53:58.86

───次の日


P「さて。今日もモバショップ行くか」

加蓮「いらっしゃい」

P「今日は加蓮だな」

加蓮「時給良いんだよ、ここ」

P「事務員の陰謀を感じる……」

加蓮「?」

P「いやなんでもない」
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 14:59:40.16

加蓮「今ならモバチキ100円だけど、どう?」

P「一つもらうよ」

加蓮「うん、すぐ調理するね」

P「愛情たっぷりで頼む」

加蓮「も、もう。冗談ばっかり言わないでよっ」

P「はは。それじゃさっそく……」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 15:06:14.86

P「どれにするかな……」

『調教プロデュース ~らめぇ! そんなお注射されたらこわれちゃうのぉ!~』

『コミックSM 特集・過敏、尿瓶、ここは病院』

『日刊シンデレラ アンタがアタシを専用メイド(アイドル)にしてくれるの?』

P「調教プロデュースでいいか」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 15:09:38.28

加蓮「あ、買うもの決まった?」

P「ああ。モバチキとこれな」

加蓮「ん……ん!?」

P「どうかした?」

加蓮「い、いや。なんでもないよ、あはは……」

P「そうかそうか」

加蓮「ええと……600円ね」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 15:17:50.06

P「……」

加蓮「……払わないの?」

P「商品名、読み上げてくれる?」

加蓮「えっ!?」

P「間違ってたらいけないから」

加蓮「な、なるほどそういう魂胆……」

P「さあさあ!」

加蓮「わかった、わかったから……」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 15:25:55.79

加蓮「……」

P「……」

加蓮「……ち、ちょうきょう」

P「声が小さい!」

加蓮「聞こえるなら良いじゃん!」

P「聞き間違えるかもしれないだろ!?」

加蓮「それは、そうかもしれないけど……」

P「よし、早く大きな声で読み上げてくれ」

加蓮「はぁ……」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 15:33:16.63

加蓮「んと……らめぇ、そんな……」

P「感情込めて!」

加蓮「ら……らめぇ! そんなお注射されたら……」

P「もう一歩!」

加蓮「らめぇ! そんなお注射されたらこわれちゃうのぉ!」

P(耳が幸せ)
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 15:41:45.54

P「では中身も確認してくれ」

加蓮「これ以上何をさせるの……」

P「印刷に不備がないかどうかだ」

加蓮「はいはい……」

P「このページとかよくない?」

加蓮「わ、私に言われても」

P「すごく良いシーンだと思う」

加蓮「……」ポワポワ
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 15:45:24.14
ちょっとこのコンビニ探してくる
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 15:51:53.64

『ふう……今日の注射はこれで終わりだ。ご苦労様』

『たくさん、おくすり注いじゃったな。かれんがおねだりばっかするから……』

『……あらら。お薬がまだ足りなかったのか?』

『しょうがない。一晩中みっちり看病してやるからな』


加蓮「……」ポワワ
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 16:05:47.18

P「じゃあこれ、600円ね」

加蓮「……」ポワワワワ

P「加蓮?」

加蓮「……」ポワワワワワワ

P「何か知らんけど、俺もう行くぞ?」

加蓮「うん……わたしもいきたいー……」ジュルリ

P「……モバチキうまいな」
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 16:52:10.69
このコンビニどこに行けばありますか?
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 22:20:54.32

奈緒「暇……」

P「こんちゃー」

奈緒「あ、Pさん」

P「奈緒か。どうだ、調子は」

奈緒「まあまあかな。好きなもの買っていきなよ」

P「おう」

奈緒「へへ……ふんふふーん」

P(なんかご機嫌だな)
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 22:28:35.28

P「どれにするかな……」

『調教プロデュース ~らめぇ! それ以上されたら素直になっちゃうぅ!~』

『コミックSM 特集・誰でも正直にできる、楽しいお仕置きの仕方』

『日刊シンデレラ は、はァ!? な、なんであたしが専用メイド(アイドル)なんて…っ!』

P「調教プロデュースにしよう」
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 22:31:48.43
(モバチキください!)
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 22:35:02.36

奈緒「……」ソワソワ

P「何そわそわしてんの?」

奈緒「そっ!? そわそわなんてしてねーよっ!」

P「してたと思うんだけど」

奈緒「そ、そわなことないし!」

P「そわなことってなんだよ」

奈緒「い、いいから商品よこせ!」

P「はいどうぞ」
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 22:39:28.48

奈緒「……って」

P「……」

奈緒「な、ななな、おま、これっ……!」

P「何?」

奈緒「何? じゃねーよ! ふざけないでくれよPさん!」

P「ふざけてないぞ」

奈緒「これ、これ大人の、あれじゃねーか!」

P「うん」

奈緒「うんじゃない!」
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 22:45:51.90

P「ほら、お会計」

奈緒「うぐぐっ……聞く耳持たない……!」

P「あ。間違えてたら嫌だし、ちゃんと商品名、読み上げるんだぞ」

奈緒「んな!?」

P「大きな声で、はっきりと、感情込めてな」

奈緒「っ!?」

P「はい、キュー」
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 22:51:03.76

奈緒「う、ぐっ……」

P「……」

奈緒「……っ」

P「……」

奈緒「……う~!」

P「頼む」

奈緒「…………ん」
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 23:00:23.36

奈緒「ら……」

P「ら?」

奈緒「らめぇ……!」

P「……」

奈緒「それ、それ以上されたら……」

P「されたら?」

奈緒「す、すすす、素直になっちゃうぅ……!」

P(生きてて良かった)
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 23:04:26.97

奈緒「はぁ、はぁ……!」

P「良かったぞ奈緒」

奈緒「も、もうからかうのは、やめだやめ!」

P「わかった。じゃ、中身確認して終わりにしよう」

奈緒「……読めって言ってるのか?」

P「うん」

奈緒「……」
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 23:12:24.35

奈緒「じ、自分で読めっ」

P「へいへい」

奈緒「……」

P「今チラ見したよな」

奈緒「し、してねーよ!」

P「興味あんの? 確認する?」

奈緒「ない! しない!」
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 23:19:35.46

P「……」

奈緒「……」

P「あー手が滑って奈緒の目の前にー」

奈緒「うひゃあ!?」

P「よし。ついでだし、奈緒が確認してくれ」

奈緒「んなっ……!」

奈緒(うわあ……なおがPさんに、あんなコトやこんなコトされて……)

奈緒「……」ポワポワ
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 23:24:38.17

『いつもいつもツンケンしやがって。いい加減に俺の事、大好きだって認めたらどうだ』

『ほらほらこれでも素直になれないか? 大好き、っていうだけでいいんだぞ?』

『……だいしゅき、と言えとは言ってないな、やり直しだ』

『言えるまでお仕置きしないと。なおが素直になるまで……な?』


奈緒「……」ポワポワ
65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 23:29:13.83

P「あのー」

奈緒「……」ポワワワワ

P「奈緒さーん?」

奈緒「……」ポワワワワワワ

P「俺の事わかるか?」

奈緒「だいしゅきー……」ジュルリ

P「……よし、帰るか」
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 23:35:56.41

───次の日


ちひろ「今日はアイドルたちの働きぶりを拝見しましょうか」

ちひろ「みなさーん、ちゃんと働いてますかー?」


凛「はぴはぴ……」ポワワワワワワ

加蓮「お注射……」ポワワワワワワ

奈緒「お仕置き……」ポワワワワワワ


ちひろ「…………」
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 23:43:32.31

P「今日は3人で働いてるのか」

凛「あ……プロデューサー」

加蓮「もしかして今日も……」

奈緒「……買うのか?」

P「まあ、お気に入りがあったら」

凛「ふーん……」

加蓮「へえ……」

奈緒「ほー……」
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/18(木) 23:50:49.05

P「どれにするかな……」

凛「じゃ、じゃあさ。この本とかどう? 生意気アイドルを生イキで懲らしめるんだって」

P「ほう」

加蓮「ストップ。こっちの、病弱系アイドルを押し倒して看病するやつも良いと思うよ?」

P「なるほど」

奈緒「いやいや、この強情アイドルを素直になるまで抱き続ける話がオススメだ!」

P「迷うな……それら全部と『取り合いプリプリ娘ズ』も買うか」

凛・加蓮・奈緒「よしっ!」


ちひろ「……まあ売れるなら良しとしましょう!」
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/19(金) 00:06:28.47
おしまい
美優さんとか腋林さんとか書く作業に戻ります
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/19(金) 00:01:25.65
いいねえ
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/19(金) 00:07:18.78
ここのエロ本はちひろさんの提供でお送りします
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/19(金) 01:59:02.43
美優さんが照れながらエロい台詞言うところ見てみたい

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク