紗南「ちひろさんが強欲になっちゃった!」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/24(水) 23:47:42.21
ちひろ「タァン↑テーボージャンキー」

モバP「……」

ちひろ「レッ↑ゲッ↑スクラッ(チュンチュクチュクチュクチュクチュク ポ↑ポ↑ポ↑ポ↑ チュンチュクチュクチュクチュンチュク ベイエイ)」

紗南「……」

ちひろ「タァン↑テーボージャンキッ(チュンチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュク ポポポポポポポポポポ)」

モバP「……」

ちひろ「ア"ー↑ユ"ー↑ヘヘヘヘヘーィ」

紗南「どうすんのさ、これ」

モバP「どうしような、これ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456325261
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/24(水) 23:48:51.76
モバP「そもそも、どうしてこうなったんだ?」

紗南「わかんない……あたしが来たときはすでにこうだったよ」

モバP「そうか……」

モバP「あのー、ちひろさーん?」

ちひろ「オ"ウ↓イエ"↑」

モバP「言葉が通じなそうだ」

紗南「そうだね」

モバP「……」

紗南「……」

ちひろ「パッラペップパァリラー パァラパァラピッピットゥパァリェイ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/24(水) 23:49:22.71
紗南「ねぇ、ちひろさんってあんな眼帯してたっけ?」

モバP「してないと思う」

紗南「あとさ、服が何か黄色いんだよね」

モバP「いつもは目に悪いくらい蛍光色なのにな」

紗南「……それと、ちひろさんの足元にあるのは鍵盤だよね」

モバP「隣のモニターには譜面が流れてるな、強欲の」

ちひろ「テイキティールパァリラー パパパパァラリティットゥトゥゲィア」

紗南「どれが原因だと思う?」

モバP「……やっぱり着てる服とかかなぁ」

紗南「そしたらあたしたちってどうしようもないよね」

モバP「別に……無理やり脱がすって言うのも俺はかまわないけど」

紗南「あたしがPさんと普通に接することができなくなるかも」

モバP「だよなぁ」

紗南「どうしてもそうしないといけなくない限りがんばってみようよ」

モバP「……そうだな」

ちひろ「パッラペップパァリラー トゥティゲイアタンリァタンリャィペァリア」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/24(水) 23:49:52.54
ちひろ「テイキティールパァリラ パーラティッテイットゥトッケェィ」

ちひろ「パァリパァリトゥットントティクィー パパパパァリアッタントトゥゲイア」

ちひろ「ティァァリティッタントティァント パァリティッペァリァパァリアッテュアッパップェティ」

モバP「なぁ、どうしたらいいの、これ?」

モバP「俺もう全部投げ出して逃げたいんだけど」

紗南「でも、逃げちゃったらさらに被害が広がるかもしれないし……」

紗南「今だって、入ってきた雪美ちゃんとかが怯えて逃げちゃってるし……」

モバP「……」

ちひろ「パァラピップッパ パァラピゥップッ パァラピップッパ」

ちひろ「ディディディディディディディディ」

ちひろ「ピッポッパラピッポパァリラ(ゥ"-------------」

モバP「……どっから出してるんだろうな、この声」

紗南「さぁ……?」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/24(水) 23:50:33.58
ちひろ「……」

モバP「……あれ、静かになった?」

紗南「治ったのかな……?」

モバP「ちひろさーん?」

ちひろ「……」

モバP「……ちひろさーん!」

ちひろ「……ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"」

ちひろ「ア"↑-ユ↑ーレェディ」

モバP「……まだみたいだな」

紗南「まだみたいだね」

ちひろ「ア"↑ーユ↑ー ヘヘヘヘヘーイ オ"ウ↓イ"エ↑」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/24(水) 23:51:56.58
ちひろ「……」

モバP「また静かに……」

紗南「治ったんじゃなかったら……間奏?」

モバP「本来は盛り上がるサビのはずだけどな」

モバP「しかし、BGMが無いと今どの辺りなのか微塵もわからん」

紗南「脳内では流れてるけど」

モバP「俺も」

紗南「……」

モバP「……」

紗南「……」

モバP「……」

紗南「あ、そろそろだね」

モバP「ああ」

ちひろ「パァリア ティイリア」

ちひろ「(キユルルルルルルルルルルル)」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/24(水) 23:52:31.94
ちひろ「エー↑ サン‼ プリィズ」

ちひろ「アー パッパッー プリィス アン サンバイ‼」

ちひろ「テュッテュッベイスクオ フォー ファイブ‼ ユライハン?」

ちひろ「カモン ア フォー‼ エイ コンプリィィィィィ ア アッイアアアン♡」

ちひろ「オーケー ユーヒー ェェェェイオウウィア」

ちひろ「アーーーーイアアアアアエエエ アアアアイイアアハァーーーーーイアアアア (ピョイーン)」

モバP「……皿地帯も終わったな」

紗南「これで一応歌えるところは終わったけど」

ちひろ「……」

モバP「……しかし、声ネタがないからって微動だにしないのは怖いな」

モバP「メロディ口ずさんだりしたらいいのに」

紗南「確かにそうだよね」

紗南「なんで真顔でこっち見続けてるんだろ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/24(水) 23:53:13.98
モバP「さて、脳内で流してたのは終わりを告げたわけだが」

紗南「これで終わってくれるといいんだけど……」

ちひろ「……」

モバP「……」

紗南「……」

ちひろ「タァン↑テーボージャンキー」

モバP「うわ、ループしやがった」

ちひろ「レッ↑ゲッ↑スクラッ(チュンチュクチュクチュクチュクチュク ポ↑ポ↑ポ↑ポ↑ チュンチュクチュクチュクチュンチュク ベイエイ)」

紗南「やっぱりあたしたちから何かアクションを起こさないと駄目みたいだね」

モバP「アクションっていってもなぁ」

モバP「何をすればいいんだ」

モバP「……」

モバP「……一緒に歌ってみる?」

紗南「……」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/24(水) 23:53:49.78
ちひろ「タァン↑テーボージャンキッ(チュンチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュク ポポポポポポポポポポ)」

モバP「タァン↑テーボージャンキッ(チュンチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュク ポポポポポポポポポポ)」

紗南「タァン↑テーボージャンキッ(チュンチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュク ポポポポポポポポポポ)」

ちひろ「ア"ー↑ユ"ー↑ヘヘヘヘヘーィ」

モバP「ア"ー↑ユ"ー↑ヘヘヘヘヘーィ」

紗南「ア"ー↑ユ"ー↑ヘヘヘヘヘーィ」

ちひろ「オ"ウ↓イエ"↑」

モバP「オ"ウ↓イエ"↑」

紗南「オ"ウ↓イエ"↑」

杏「なにこれ」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/24(水) 23:54:41.00
モバP「おう、杏」

杏「何してんのさ、みんなで」

紗南「ちひろさんが強欲になっちゃって」

紗南「一緒に歌ったら治るかなって」

杏「どうしたらそんな考えになるのさ」

ちひろ「パッラペップパァリラー パァラパァラピッピットゥパァリェイ」

モバP「それくらいしか思いつかなくてさ」

モバP「ちひろさんを呼んでみても治らないし」

モバP「なんか、テレビみたいに叩いて治るとも思えないし」

ちひろ「テイキティールパァリラー パパパパァラリティットゥトゥゲィア」

紗南「……一応叩いてみよっか」

紗南「ちひろさーん」ペチッ

ちひろ「パッラペップパァリラー トゥティゲイアタンリァタンリャィペァリア」

紗南「治らなかった」

モバP「残念だな」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/24(水) 23:55:12.17
杏「……二人とも」

杏「元ネタを思い出してみて」

ちひろ「テイキティールパァリラ パーラティッテイットゥトッケェィ」

モバP「ん、強欲のおっさんか?」

杏「そうそう」

杏「おっさん倒すにはどうしたらよかったか考えてみなよ」

ちひろ「パァリパァリトゥットントティクィー パパパパァリアッタントトゥゲイア」

紗南「倒すためには……」

紗南「……曲のクリア?」

杏「そういうこと」

ちひろ「ティァァ リティッタントティァント パァリティッペァリァパァリアッテュアッパップェティ」

モバP「……そうか」

モバP「つまり、強欲穴をクリアすればいいんだな!」

杏「じゃない?」

杏「そこに流れてる譜面だって穴譜面だし」

杏「鍵盤もあるし」

ちひろ「パァラピップッパ パァラピゥップッ パァラピップッパ ディディディディディディディディ」

モバP「……」

紗南「……」

杏「……なんで杏を見るのさ」

モバP「杏が一番うまいし」

紗南「スコアとか関係するんだったら一番うまい人がやったほうがいいでしょ」

杏「えぇ……」

ちひろ「ピッポッパラピッポパァリラ(ゥ"-------------」

杏「……ま、いいけどさ」

杏「じゃ、やってくる」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/24(水) 23:55:45.96
杏「りろんちでためう」

モバP「誰だお前」

ちひろ「ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"↑-ユ↑ーレェ――」

紗南「あ、ちひろさん止まった」

ちひろ「ん、ここは……?」

モバP「正気に戻りましたね」

ちひろ「あれ……私……?」

ちひろ「確かパセリの塔の最上階まで登ろうとして……」

ちひろ「で、途中で力尽きて吐いちゃって……」

紗南「ほんとに強欲のおっさんになってたんだ……」

モバP「……まあ、何はともあれ戻ってよかったよ」

ちひろ「あの姿だったらいっぱいお金もあったのに……」

モバP「そりゃ、強欲の悪魔だしな」

ちひろ「……もったいない」

モバP「……」

杏「めう、めうめうめう」

紗南「……ねぇ」

杏「ちくわの穴にでも入ってるといいめう」

紗南「今度は杏さんがおかしくなっちゃってるんだけど」

モバP「めうだな」

紗南「めうだね」

杏「ちくパ、ちくパ」

杏「おいしいめう、おしゃれめう」

紗南「今度は杏さんの足元にポプコンとモニターが出てきたんだけど」

モバP「ちくパの譜面も流れてるな」

モバP「……」

紗南「……」

モバP「……プレイするか」

紗南「だね」




おわり
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/24(水) 23:57:15.66
ちひろさんに強欲を歌わせたかっただけめう

こっひも田舎ギャルになって美穂のセンスナンバーワンって歌うといいと思うめう

元ネタ
https://youtu.be/WaUNsjyxAzk
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/25(木) 00:18:28.95

紗南に強欲言わせてるところで予測余裕でした
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/25(木) 17:02:15.54

「ちひろが強欲なのはいつもの事じゃね?」と思っちゃった

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク