二宮飛鳥「大人と子供の狭間で」

1 : ◆C2VTzcV58A :2015/05/11(月) 17:01:22.68
地の文あり、短いです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431331272
2 : ◆C2VTzcV58A :2015/05/11(月) 17:02:10.91
ちひろ「プロデューサーさん。これ、頼まれていた資料です」

P「ありがとうございます。すいません、いつも頼ってしまって」

ちひろ「いえいえ、これも私の仕事ですから。では、今日はこれで失礼しますね」

P「はい。お疲れ様です」

ちひろ「お疲れ様です」

ちひろ「飛鳥ちゃんも、また明日ね」

飛鳥「お疲れ様です」
3 : ◆C2VTzcV58A :2015/05/11(月) 17:04:06.00
静かに扉が閉じられ、部屋にはボクとPだけが残される。

P「飛鳥はまだ帰らないのか?」

飛鳥「キミの作業が終わるまで待っているよ」

P「待っていてもいいことなんてないぞ? まだ30分くらいかかるし」

カタカタとキーボードを揺らしながら、こちらを見ずに答えるP。

飛鳥「……鈍いね。キミは」

P「え?」

飛鳥「理解(わか)らないなら直球で言うけど、ボクはキミと二人きりの時間を持ちたいのさ」

そう言った瞬間、キーボードが音を鳴らすのをやめる。
スクリーンから視線を外した彼が、まじまじとこちらを見つめていた。
4 : ◆C2VTzcV58A :2015/05/11(月) 17:05:36.41
P「……おおう」

飛鳥「なんだい、その微妙な反応は」

P「いや……そうはっきり言われると、なんか照れるなと」

飛鳥「純情少年みたいな物言いだね……ボクより10も年上なのに」

P「子どもの心を失わないピュアな大人なんだよ。俺は」

飛鳥「へえ」

立ち上がり、Pの陣取っているデスクのもとへ歩いていく。
何をする気かとうかがっている彼の隣に立つと、ボクは彼の頬を優しく両手で包み込んだ。

飛鳥「アイドルに手を出すプロデューサーがピュアな心の持ち主とは、日本人もなかなかエキセントリックな人種になったものだね」

P「そう返されると、俺は何も言えないな」

ため息ひとつをついて、彼の瞳がボクの顔へと向けられる。
5 : ◆C2VTzcV58A :2015/05/11(月) 17:06:52.38
ボクとPは、互いに合意のもと恋愛関係を形成している。当然、自分達以外の人間にはひとりたりとも話してはいない。

飛鳥「今、いいかい」

P「仕事が終わるのが遅れるんだが」

飛鳥「………」

P「冗談だよ。だからそんなに落ち込むなって」

両手を挙げて降参のポーズをとるP。ボクの反応を楽しむかのように、けらけらと笑っている。
それが少し面白くなかったので、ボクは早速仕返しを敢行することに決めた。
6 : ◆C2VTzcV58A :2015/05/11(月) 17:08:09.74
飛鳥「んっ」

P「……ン!?」

前振りも何もないまま、不意打ちで唇を重ねる。
彼の目が驚きに見開くのを確認して、すっきりとした気分になった。

P「ぷはっ……びっくりした」

飛鳥「悪戯心を刺激したのはキミだ。悪く思わないでくれ」

P「いや、まあ俺的にはたまには強引な感じでされるのも悪くないから、むしろ役得ではあるんだが」

飛鳥「……マゾ?」

P「その解釈は飛躍しすぎじゃないか?」

飛鳥「参ったね。キミがそういう性癖の持ち主なら、ボクも時子さんに私事を仰がなければ」

P「だから違うって。俺嫌だぞ、鞭で叩かれたりするの」

唇に人差し指を当てて考えに耽っていると、Pが割と本気の声で否定してくる。どうやら、ボクがサディストになる必要はないらしい。
7 : ◆C2VTzcV58A :2015/05/11(月) 17:09:45.17
飛鳥「冗談だよ、冗談。それじゃあ、続きをしようか」

他愛のない話もそこそこにして、再びPと唇を重ねあう。

飛鳥「んっ……ちゅ、む」

初めは、互いに感触を確かめ合うかのようなついばむだけのキス。たったこれだけでも、Pの熱がボクに流れ込んでくるのを感じる。

……でも、もっとほしい。

飛鳥「ちゅ……れろ、んん……んっ」

舌を伸ばして、Pの唇を優しく舐めまわす。

それに合わせて、向こうもゆっくりと舌を突き出してきた。

舌と舌が触れあい、やがてキスが絡み合う物になっていく。互いの唾液が混ざり合い、増していく水音……ボクの身体も、熱を帯びる。
8 : ◆C2VTzcV58A :2015/05/11(月) 17:11:14.34
飛鳥「ミントの匂いがする」

P「口臭は対策が必要だからな。特にこういう仕事やってると」

飛鳥「ボクは、休みの日に嗅いだ、あのタバコ臭い匂いも好きだよ。Pの匂いって感じがしたから」

P「俺の匂いね……おっさん臭いだけじゃないか?」

キスの味というのは、実際に何度も経験した今となっても表現しがたいものだ。

おいしいとかまずいとか、もちろんそういう話ではなく……舌を絡ませるだけで、どうしてこうも頭がとろけてしまうのだろう?

飛鳥「ふぁ……ぁ、ちゅる……れろ、んぅ……ちゅむ、れろ」

比較対象がいないから、はっきり断定はできないけれど……Pのキスは、優しい。まだぎこちなさの残るボクのキスに合わせるかのように、臨機応変に動いてくれる。そんな感じだと思う。

それがまた愛しく思えて、ついつい暴力的なキスを望んでしまう。ボクの心をこじ開けるような、内にこもった衝動を解き放ってくれるような、そんな――
9 : ◆C2VTzcV58A :2015/05/11(月) 17:12:49.87
飛鳥「……ん?」

ふと視線をずらすと、Pの身体のある部分に目が留まった。

両脚の付け根の部分。その真ん中に存在する、大きな膨らみ。

ズボンの下からでも主張の激しい、男の性の象徴だった。

飛鳥「………」

張っている山を鎮めてあげたいという思いと、純粋な好奇心とが混ざり合い、自然とボクの手はPのソレに向かって伸びていく。

P「おっと」

けれど、それに気づいた彼は、ボクの腕を優しくつかんで元の位置に戻した。

P「約束しただろ。まだ早いって」

飛鳥「……そうだったね」

今は、キスだけ。それが、世間に認められないであろう関係になったボク達が決めた、最低限のルールだった。
10 : ◆C2VTzcV58A :2015/05/11(月) 17:14:18.10
P「飛鳥の手は、マイクやお客さんの手を握ったりするためのものだからな。俺のアレやソレで汚すわけにもいかない」

飛鳥「ボクの口は歌う時に必要なんだけど、その口でキミの唾液を飲み干しているのはいいのかい」

P「うっ……そこを突かれると痛いな」

困ったような顔で笑うP。ボクはそんな彼の頬を軽くつつくと、もう一度ついばむようなキスを行う。

飛鳥「でも、これはボクとキミとで決めたことだ。互いが望んで恋をして、互いが望んで今の関係を維持している。だから、アイドルをやり切るまではこのままでいい」

アイドルの仕事は、ボクのセカイに新たな彩りを与えてくれた。そして、それはまだ終わりではないとボクは確信している。

P「それまで、俺もちゃんと待つから」

飛鳥「あぁ。……強欲かな、アイドルも恋愛もどちらも獲ろうとするなんて」

P「子どもは欲張りなくらいがちょうどいいんだ。気にするな。もちろん、普通の子より我慢しなくちゃいけないことはずっと多いけどな」

飛鳥「理解(わか)っているさ」

背徳感はある。けれどそれさえも、キスをしている間は高揚へと姿を変えてしまう。

恋愛とは恐ろしいもので、同時に幸せなものなのだと、そう思う。
11 : ◆C2VTzcV58A :2015/05/11(月) 17:15:54.28
P「寮まで送るよ」

飛鳥「え? でも、まだ仕事が」

P「今日中にやる必要があるところは終わったから、残りは明日でいい。あんまり飛鳥の帰る時間を遅くするのもよくないしな」

飛鳥「……ありがとう」

ふとしたことで崩れかねない、綱渡りな恋。

それでもボクは、この想いが成就することを信じたい。

だから今は、彼とともにトップアイドルというヤツに挑戦してみよう。
12 : ◆C2VTzcV58A :2015/05/11(月) 17:18:00.94
終わりです。お付き合いいただきありがとうございました。
本番? まあそのうち……
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/11(月) 17:22:55.01
素晴らしかった
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/11(月) 18:20:04.78


関連スレ:

この書き手のSS



関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク