モバP「笑顔のたえない事務所」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/01(土) 23:29:36.63

P「確か美優さん、次の仕事はドラマ出演でしたよね」

美優「ええ。ドラマでは妻の役を頂いて……」

P「きっと雰囲気出るでしょうね」

美優「そう……ですか?」

P「美優さんは落ち着いた雰囲気がありますから」

美優「ふふ。ありがとうございます」

P「俺が旦那だったら、美優さんを置いて先立てませんよ」

美優「その心配はないと思いますよ」

P「え?」


美優「私があなたを独りにするわけがないですから」


P「なら大丈夫ですね。ははは」

美優「うふふ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438439376
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/01(土) 23:33:08.51

P「拓海はやっぱりライバルとか多いのか?」

拓海「あん? 唐突に何だよ」

P「いやな、拓海ぐらいになると、日々ヤンキー抗争に巻き込まれてるんじゃないかとな」

拓海「コラ。アタシを何だと思ってんだよ」

P「そうでもないか。違うならいいんだ」

拓海「まあ……なんだ。確かに、シメる前はアタシに刃向かう連中が多かったぜ」

P「おいおい心配だな。あんまり無茶しないでくれよ」

拓海「へへ。アンタ次第だな」

P「そのうち、俺にまで因縁つけられたりしてな」


拓海「安心しろってそんなことするヤツもういねーから」


P「じゃあ安心だな。ははは」

拓海「へへへ」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/01(土) 23:34:59.92

P「あずきの今日の作戦は何かな?」

あずき「うーん……今日はもうたてないよ!」

P「あれ、珍しいな。いつも何かしら企ててるのに」

あずき「もー、人聞き悪いぞ? たまにはあずきもゆっくり過ごしたいんだから」

P「そうか。それなら一緒に、まったりどっか出掛けないか?」

あずき「ほんと? もちろん行くー!」

P「お、あずきとお出掛け大作戦だな」

あずき「ううん、それよりもっと素敵な作戦があるよ」

P「ほほう」


あずき「プロデューサーはあずきのもの大作戦だね」


P「なら大成功だな。ははは」

あずき「ふふふ」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/01(土) 23:42:26.70

P「いいか加蓮。体調というのはいつ崩れるのか分からないんだから、気をつけるんだぞ」

加蓮「心配し過ぎだってば、もう……」

P「いいや、ちょっと目を離すとすぐ無理するからな」

加蓮「子供じゃないんだし、もう大丈夫だよ?」

P「でも病気とかに罹ったら……」

加蓮「そんなの今は無いし……あ、そういえばひとつ罹ってた」

P「なに!?」

加蓮「あー、大丈夫。これは永遠に治らないものだから」

P「え?」


加蓮「恋の病なんて誰にも治させないでしょ」


P「それもそうだな。ははは」

加蓮「あはは」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/01(土) 23:48:52.11

P「それ、新作の映画か? 小梅はホラーが大好きだなあ」

小梅「う、うん……Pさんも見る……?」

P「お、俺は遠慮しとくよ。ありがとな」

小梅「そう……ざ、残念。もったいない……ね」

P「そういえばあの子は来てないのか?」

小梅「あ……今日は都合が悪くて……」

P「そうか。小梅が俺の後ろを見ないし手もひんやりしないから、そうだと思ったよ」

小梅「えへへ。ふたりきり、だね……えへへ」

P「でもお化けが来るかもしれないぞ?」

小梅「お化け……来たらどうする……?」

P「お化けは怖いけど、小梅とならいいかな」

小梅「うん、いいね……」

P「小梅はホラーとかそういうの好きだよな。どうして?」


小梅「もう邪魔されないから」


P「なるほどな。ははは」

小梅「へへ。えへへ」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/01(土) 23:50:17.11
うーんこの強いて言うなら狂ってる事務所
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/01(土) 23:54:12.59

P「光、正義ってなんだ」

光「正義とは……宇宙さえも恐れぬ心さ」

P「じゃあ、勇気ってなんだ」

光「星よりも光る瞳に写るものさ」

P「そうか……ヒーローってのは奥が深いな」

光「だろう。だからこそ素晴らしいものなんだ!」

P「光がいれば、事務所に悪が蔓延ることはないな」

光「そうだとも! 安心してお仕事していいよ!」

P「ああ。俺が狙われても大丈夫そうだな」

光「あたりまえじゃないか絶対守ってみせるよ命に代えても」

P「ほほう、ちなみに愛ってなんだ」


光「アタシがPのためにできること全てだよ」


P「さすが光、頼もしいよ。ははは」

光「はっはっは」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/01(土) 23:57:15.07

P「麗奈は最近イタズラしなくなったな」

麗奈「べ、別にいつもしてるわけじゃないわよっ」

P「いや、いつもしてるじゃないか」

麗奈「失礼ねアンタ……アタシもそこまで悪じゃないわ」

P「悪といったら麗奈だと思うんだけどな」

麗奈「ほんと無礼ね!? レイナサマのはシンセツシンよ、シンセツシン」

P「じゃあ、麗奈にとって悪ってなんだ?」


麗奈「そりゃアタシとPのことを邪魔するヤツみんなのことよ」


P「納得したよ。ははは」

麗奈「アーハッハッ」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/01(土) 23:58:44.52

P「杏がまさかここまで仕事に勤しんでくれるとはな……」

杏「何さー?」

P「感慨深いんだよ、はじめはあんなに出不精だったのに」

杏「まあ、たまには動いてあげてもいいかなって。プロデューサーも困るじゃん」

P「良い子に育ってくれて嬉しいぞ、うむ」

杏「プロデューサーもあんまり根詰めて働かないでね」

P「ど、どうしたんだ杏……見違えるぞ」

杏「いや、いつもと変わんないってば」

P「うーん……一体どういう心変わりなんだ?」


杏「杏が働いてる間は他の子じゃなくて杏のこと見ててね」


P「そういうことか。ははは」

杏「あははー」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/02(日) 23:05:33.45

P「ほら、テレビ見てみろ。幸子が出た番組をちょうどやってるぞ」

幸子「ホントですね。はぁ、画面越しでもボクの可愛さは揺るぎませんね!」

P「そりゃそうだ。なんたって幸子は可愛いからな」

幸子「ふふ。何当たり前のこと言ってるんですか、プロデューサーさんは」

P「照れた幸子も可愛いぞ」

幸子「べ、別に照れてなんかいませんよ! 当然のことですし!」

P「この調子で、周りの皆も可愛いアイドルを目指して欲しいな」


幸子「Pさんにとってボク以外に可愛い子なんているわけ無いじゃないですか」


P「相変わらずだな。ははは」

幸子「フフーン」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/02(日) 23:15:02.23

P「沙紀のアートはいつ見ても先進的だな」

沙紀「そうっすか? だとしたらPさんのおかげっすよ」

P「俺が? 何か役に立ててるのか?」

沙紀「へへっ、もちろん! 常にアタシに刺激を与えてくれる人っす!」

P「それならよかった。俺と沙紀とのアイドル人生も、アートとして完成させたいな」

沙紀「それならもうすぐっすから、期待してくれてもいっすよ?」

P「お、楽しみだな。アートの完成は近いのかな」


沙紀「あとはPさんだけがアタシのキャンバスに入ってくれればきっと綺麗に仕上がるっす」


P「期待しとくよ。ははは」

沙紀「へへへっ」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/02(日) 23:22:45.72

P「たまには、ふたりで恋愛映画を見るのもいいな」

伊吹「でしょー? やっぱり女の子は夢見てなくちゃね」

P「伊吹はどうだ、相手は見つかりそうか?」

伊吹「どうかな。残念だけど、恋愛相手には出会えなさそうだね」

P「そうか……伊吹なら気になる人くらい、もういるんじゃないか?」

伊吹「恋愛はさ、結婚できるかどうかのお試し期間だと思うんだ」

P「へえ」

伊吹「アタシとしては、恋愛すっ飛ばして今すぐ運命の相手と結ばれたいんだけど」

P「なら恋人よりも運命の人のほうが、早く見つかりそうだな」


伊吹「見つかりそうじゃなくてもういるんだよ」


P「隅に置けないな。ははは」

伊吹「あははっ」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/02(日) 23:29:17.00

P「酔いたいときは、美味しいお酒をちびちびするのが一番ですね」

楓「飲み相手も、ですよ。独りじゃ嫌です」

P「こんなに綺麗な人と一緒に酔えるなら、本望です」

楓「先に潰れてもらっては困りますよ?」

P「えー。優しく介抱してくれませんか?」

楓「……してもらいたいのに」

P「って、楓さん酔わないじゃないですか」

楓「酔ってますよ?」

P「またまた」


楓「酔ってるからこんなにあなたの傍に寄ってるんじゃないですか」


P「面白いですね。ははは」

楓「ふふっ」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/02(日) 23:32:01.90

P「動物園のバンビ可愛かったな、悠貴」

悠貴「はいっ! ちっちゃい子も大きい子も、皆可愛かったです!」

P「確かに。けど、あの中で一番可愛かったのは悠貴だろうな」

悠貴「え、えええっ! そ、そんなことっ!?」

P「でもこれからもっと可愛くしてやるから、覚悟しておくんだぞ?」

悠貴「はう……き、今日はプロデューサーさんが意地悪です……っ!」

P「あれ、悠貴は可愛くなるのはダメか?」


悠貴「プロデューサーさんのためにだけ可愛くなりたいんですっ」


P「それならいいか。ははは」

悠貴「えへっ」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/02(日) 23:34:12.40

P「そういえば、留美さんは以前は秘書をしていたとか」

留美「ええ、そうよ」

P「どうですか? 前の仕事と比べてアイドルは」

留美「そうね……見える景色もやりがいも、何もかもが違うわね」

P「充実してるようでなによりです」

留美「全くよ。すっかり変えられてしまったわ」

P「ちなみに、次に就くならどんな仕事を考えてますか?」


留美「身も心もこんなにされたのだからもちろん永久就職になるわね」


P「留美さんなら安泰ですね。ははは」

留美「ふふ……」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/02(日) 23:39:19.21

P「加奈もだいぶお姉さんになってきたな?」

加奈「そうですか? だと嬉しいです!」

P「俺の教えたこと、すぐに吸収しちゃうからな」

加奈「プロデューサーさんの言うこと、全部実行してますから!」

P「これも加奈メモのおかげだな」

加奈「はい!」

P「あれ、そういえば今日はメモを持ってきてないのか?」

加奈「そうですね」

P「ないと困るんじゃ……」


加奈「プロデューサーさんがくれた言葉は一文字も忘れないから大丈夫ですっ」


P「さすがお姉さんだな。ははは」

加奈「えっへへ~」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/02(日) 23:42:33.26

泉「P、ネクタイ曲がってるよ」

P「え? ああ、本当だ。いつの間に……」

泉「ほら。直してあげるからじっとしてて」

P「ありがとな、泉。助かるよ」

泉「さくらに亜子に、Pまで世話が焼けるんだから」

P「やっぱり泉は頼りになるな」

泉「そうかな。何事も計画的でないと気が済まないだけだよ」

P「じゃあ、俺のこれからの予定はぜんぶ泉に任せちゃおうかな」

泉「それは無理だよ」

P「む、無理か?」


泉「ふたりの未来はふたりで歩んでいきたいから」


P「やっぱり泉はしっかり者だな。ははは」

泉「ふふ」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/03(月) 02:08:26.22
これPがそれぞれいるとしてみると程ほどに微笑ましいな
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/03(月) 22:48:20.64

P「ルキトレさん、いい加減アイドルデビューして欲しいんですけど……」

ルキトレ「だーかーらー! 私はトレーナーですってば!」

P「トレーナーだろうがジャケットだろうが関係ありません! 女の子は皆アイドルなんです!」

ルキトレ「何ですかその理論! 訳が分かりませんって!」

P「ルキトレさんはたくさんアイドルたちを支えてきたし、やればできそうなのに……」

ルキトレ「そ、そうは言ってもですね……」

P「一歩踏み出すだけで、俺にとってだけじゃなく、皆のアイドルになれるんですよ?」

ルキトレ「そうじゃなくて」

P「え?」


ルキトレ「プロデューサーさんにとってアイドルよりもかけがえのない存在でありたいんです」


P「それならデビューは見送りですね。ははは」

ルキトレ「まったくもう……えへへ」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/03(月) 22:57:28.00

P「そう気を落とすんじゃない、ほたる。誰だってミスくらいするさ」

ほたる「うう……ごめんなさい……」

P「ちょっと運が悪かっただけだって。な?」

ほたる「でも……プロデューサーに飲み物かけちゃって」

P「ちょうどシャワーが浴びたかったから丁度いいんだよ」

ほたる「またプロデューサーが不幸に……私と居るから……」

P「そんなことないさ。ほたるは不運だが、不幸な子じゃないぞ」

ほたる「……確かに」

P「分かってくれたか?」


ほたる「プロデューサーといることが私の一番の幸せですから」


P「納得してくれたみたいだな。ははは」

ほたる「えへ……」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/03(月) 23:10:30.03

P「瞳子さんも、最初に会った時と雰囲気がずいぶん変わりましたね」

瞳子「そう、かしら? 自覚はあまりないのだけれど」

P「ええ。可愛くなりました。自信持っていいと思います」

瞳子「か、かわっ……もう、からかわないで!」

P「からかってなんかいませんって」

瞳子「またそうやって、私をこんなにしただけじゃ足りないのかしら……」

P「まだまだ変われますよ、瞳子さん」

瞳子「もう変われないわ」

P「え?」


瞳子「あなたといる時はいつも一人の女なのだから」


P「ならしょうがないですね。ははは」

瞳子「ええ……ふふっ」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/03(月) 23:19:08.85

P「若葉さんは良い子だから、お仕事しやすくてプロデューサーとしても助かります」

若葉「そ、そうですかぁ? えへへ、嬉し……って、子って何ですか~!」

P「あっ、いや、言葉の綾です。さすが若葉さんはオトナだなぁ、と思って」

若葉「オトナ……も~、おだてたって何も出ませんからね~♪」

P「これならもう、子供だなんて言われませんね」

若葉「そうですっ! 私も立派なおねえさんなんですよ~」

P「でも、子供っぽくても若葉さんは魅力たっぷりだと思います」

若葉「それじゃだめですよ~」

P「へ?」


若葉「Pさんの隣に居ていいのはオトナだけですから」


P「なるほどオトナですね。ははは」

若葉「うふふっ」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/03(月) 23:28:09.92

P「たまにはゆっくりドライブするのもいいな」

美世「でしょ! やっぱ外に出るなら走らないとね!」

P「でも美世にだけ運転任せていいのか? 疲れたら代わるぞ?」

美世「余裕余裕! Pさんとなら、どこまでも飛ばしていけちゃう!」

P「そのまま夢中になって、いつの間にか帰れなくなったりしてな」

美世「大丈夫、それだけは無いよ?」

P「ん?」


美世「帰れないというより帰りたくなくなっちゃうから」


P「ほんとに車好きだな。ははは」

美世「へへー」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/03(月) 23:31:52.86

P「智香の応援には、皆いつも励まされてるよ」

智香「ホントですか? そうだったら嬉しいです、Pさん!」

P「この調子で毎日応援してもらいたいくらいだ」

智香「えへへ、Pさんのためなら一日中お傍に居てもいいですよ!」

P「出来るならそうしたいが、俺だけが智香を独り占めするのはよくないからな」

智香「もうPさんってば、そんなこと気にしなくていいんですっ!」

P「でも智香は俺専用チアにはなれないだろ?」

智香「なれますよ?」

P「え?」


智香「最後の瞬間までPさんのために応援したいんですっ」


P「いつまでも一緒だな。ははは」

智香「えへへっ、がんばれがんばれっ」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/03(月) 23:44:25.84

P「未央は俺にとってお星様みたいなアイドルだな」

未央「そうかな? 3回くらい唱えたら願い事叶うかな?」

P「そうだな、未央なら出来そうな気がするぞ?」

未央「ほう、それなら未央ちゃんが願いを叶えてしんぜよう!」

P「じゃあ、未央がもっと可愛くなりますように」

未央「ありゃりゃ、それはもう叶っちゃってるから無理かなぁ~! にへへ!」

P「じゃあ、未央ともっと仲良くなれますように」

未央「それも叶えちゃってるから駄目だね~!」

P「じゃあ、未央がずっと傍で笑っていてくれますように」


未央「それは絶対叶うから大丈夫だよ」


P「なら願わなくてもいいのかな。ははは」

未央「えへへ!」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/04(火) 09:36:04.68
アイドルの「えへへ」や「ウフフ」の後ろに、(暗黒微笑)て付いてそうだな…
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/04(火) 10:06:22.36
暗黒微笑 とか久々に聞いたわwwww
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/04(火) 23:21:39.43

P「おっと、もうこんな時間か。そろそろ休憩しよう」

美波「あ、ほんとうですね。一休みしなくちゃ」

P「美波とスポーツしてると、何だか新鮮な気持ちになるよ」

美波「私も……Pさんとしてると、つい夢中になっちゃって……」

P「俺たち、プロデューサーとアイドルとして相性がいいのかもな」

美波「ふふ。お互いのこと知り尽くしちゃいましたもんね」

P「まだ誰も知らない美波も、出来ればファンに見せてあげたいな」

美波「ふふ……それは出来ないかもしれませんね」

P「そうか?」


美波「みなみのカラダはPさんだけのものですから」


P「それは惜しいな。ははは」

美波「ん……ふふ」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/04(火) 23:25:46.92

P「よう亜子、儲かってるか?」

亜子「ん~、ぼちぼちでんな~……なんて、Pちゃんも分かってきたやん!」

P「まあ、いつも亜子と仕事してるからな」

亜子「アタシ色に染められたんやな~?」

P「かもな。そのうちお金に目がないプロデューサーになるぞ」

亜子「でもアタシが一番なんやろ?」

P「もちろんだ。よく分かったな?」

亜子「そりゃアタシ色に染まったんやし」

P「と、いうと?」


亜子「Pちゃんはこの世で一番大切だからね」


P「お互い様だな。ははは」

亜子「なははー」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/04(火) 23:28:55.51

P「今思えば、まゆと出会ってから長いな」

まゆ「そうですね……出会った頃、今でも思い出せます」

P「思い出にしてくれてるんだな」

まゆ「もちろんです」

P「俺も、まゆとの思い出がたくさんありすぎて困るくらいだよ」

まゆ「ふふ……もっと困らせてもいいですか?」

P「望むところだ。でもあんまりたくさんだと、どれか忘れちゃうかもしれないな」

まゆ「うふ。平気です」

P「ほんとか?」


まゆ「まゆはPさんとずぅっと一緒ですから」


P「なら平気だな。ははは」

まゆ「うふっ」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/04(火) 23:31:35.58
よかった、まゆはいつも通りやな(白目)
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/04(火) 23:33:22.16

P「あっ。珠美、レッスンの帰りか?」

珠美「ええ、P殿。今日のレッスンもばっちりでしたよ」

P「そうかそうか。珠美もすっかり立派になったな」

珠美「そうでしょうか? でしたら珠美は一人前に見えますか?」

P「ああ。珠美は以前よりずっとたくましくなったぞ」

珠美「えへへ……もっと褒めてもいいんですよ? 珠美は褒められて伸びるタイプです!」

P「よしよし。もっと褒めてやろう」

珠美「でへへ……P殿も褒めてあげますから、もっと伸びてください!」

P「はは、これ以上伸びたら他の子が追いつけなくなっちゃうな」

珠美「それは心配要りません」

P「え?」


珠美「P殿の隣にいるのは珠美だけですから」


P「珠美は立派だな。ははは」

珠美「えへへへ……」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/04(火) 23:36:07.47

P「卯月もすっかりトップアイドルになったよな」

卯月「えぇっ、突然どうしたんですか?」

P「いや、今までを振り返ってな。色々あったなと」

卯月「そうですね……確かに色々ありました!」

P「楽しいことも辛いこともあったけど、これからもよろしくな」

卯月「はいっ、プロデューサーさんのために頑張ります!」

P「俺のために? なんだか照れるな」


卯月「やだな大好きな人のために頑張るのは普通ですよ」


P「卯月らしいな。ははは」

卯月「えへっ」
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/05(水) 06:50:54.14
卯月はかわいいなあ
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/07(金) 23:23:31.68

P「なあ、機嫌直してくれよさくら」

さくら「む~。さくらは怒ってるんでぇす!」

P「悪かったよ。まさか、あのおやつがさくらのとは思わなくて」

さくら「せっかくとっておいたのに……ぷんぷん!」

P「ほら、怒ってるさくらも可愛いぞ?」

さくら「そ、そんな言葉で騙されませんからぁ!」

P「さくらカワイイ」

さくら「……かわいいですかぁ?」

P「カワイイよ?」

さくら「そっかぁ、かわいいいならいっかぁ♪」

P「もっと言ってあげようか?」


さくら「最後の瞬間まで可愛いって言ってくださぁい」


P「さくらは欲張りだな。ははは」

さくら「でぇす♪」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/07(金) 23:29:07.11

P「おお、差し入れか。ありがとな、かな子」

かな子「ふふっ。たくさん作ってきましたから、いっぱい食べてくださいね」

P「こんなに? 嬉しいけど、食べきれないぞ?」

かな子「そ、そうですか? Pさんなら、これくらい一口ですよっ」

P「はは、かな子のお菓子は美味しいからな」

かな子「Pさんのためだったら、もっともっと美味しいお菓子作れちゃいますから」

P「こんなに美味しいと、止まらなくなるかもな」


かな子「美味しいから大丈夫ですよ」


P「美味しいからな。ははは」

かな子「ふふっ……♪」
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/07(金) 23:36:26.47

P「千佳はやっぱり魔法少女が似合うな」

千佳「えへへ~。Pくんありがとっ!」

P「俺も魔法が使えたらなぁ」

千佳「心配しなくても、Pくんも魔法使ってるよ?」

P「え? どんな魔法だ?」

千佳「えっとね、千佳をしあわせにする魔法ー!」

P「それなら良かった。俺も千佳に幸せの魔法をかけられてるよ」

千佳「ほんと!?」

P「ああ、これがずっと続いてくれるといいな」


千佳「ずーっと一緒だからずーっと解けないよ」


P「さすが魔法少女だな。ははは」

千佳「えへへー」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/07(金) 23:37:48.16
かなこは普通にほほえましくない?
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/07(金) 23:42:32.47

P「心さんずいぶん可愛くなりましたね」

心「前は可愛くなかったってことかオイ☆」

P「いや、前は美しかったんですけどね」

心「やーん、はぁとを褒め殺す気ー♪」

P「今はこんなたくましくなって……」

心「なんだその温かい目は☆ 笑顔だろ、笑顔☆」

P「心さんと居る時は、自然と笑顔になれますよ」

心「はぁとをこんなにした責任、とってよね♪ とれよ」

P「おっとちょっと用事が」


心「絶対逃がさないぞ」


P「添い遂げちゃうかもしれませんね。ははは」

心「てへっ☆」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/07(金) 23:47:21.88

P「おーい、日菜子……日菜子?」

日菜子「むふ……聞いてますよぉPさん……むふふ♪」

P「また妄想か? ほどほどにしないとダメだぞ」

日菜子「ええ~? 楽しいですよ~。Pさんもしませんか~?」

P「俺は遠慮しとくよ」

日菜子「もったいない……Pさんとなら日菜子は……むふ」

P「日菜子はそんなに何を妄想してるんだ?」

日菜子「むふふ……Pさんだったらどんな妄想しますか~?」

P「そうだな、日菜子が運命の相手になってるかも」


日菜子「それは妄想じゃなくて現実です」


P「日菜子らしいな。ははは」

日菜子「むふふ♪」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/07(金) 23:50:17.78

P「プロデュースしたのは自分だけど、姉妹でアイドルはすごいな」

莉嘉「でしょでしょー!」

美嘉「ま、プロデューサーは欲張りだし★ 仕方ないんじゃない?」

P「かもな。莉嘉だけでも、美嘉だけでも、もう物足りないよ」

莉嘉「えへへ~、Pくん欲しがりやさんだー☆」

美嘉「あはっ★ 莉嘉みたいだけど、そこがまたカワイイかも★」

P「うーん……この場合、俺は莉嘉のものなのか美嘉のものなのか、分からないな」


莉嘉「PくんはPくんだからお姉ちゃんと莉嘉のだよ」

美嘉「プロデューサーはプロデューサーだから莉嘉とアタシのだよ」


P「仲良し姉妹だな。ははは」

莉嘉「だよね~、お姉ちゃん☆」

美嘉「ね~、莉嘉★」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/07(金) 23:53:00.91

P「ペロのお世話か?」

雪美「うん……ペロ、眠たそう……だから……」

P「仲が良いんだな。ペロが羨ましいぞ」

雪美「大丈夫……Pと私……つながってる……」

P「でも、ペロには負けるかもしれないな」

雪美「ペロ……友達……でも、P……大事……だから」

P「ありがとな。俺も雪美のことは大事だぞ」

雪美「じゃあ……ぎゅっ……て……。大事に……して」

P「しょうがないな雪美は。ほら」

雪美「ふふっ……P、大事……」

P「よしよし。ぎゅー」


雪美「離さない」


P「甘えんぼだな。ははは」

雪美「ふふっ……」
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/07(金) 23:56:10.48

P「翠は佇まいも美しいな」

翠「Pさんの隣に立つアイドルとして、常日頃から気をつけていますから」

P「やる気があって嬉しいぞ。目標は高くないとな」

翠「ええ……いつでも射止めることが出来るように、鍛錬は欠かせませんね」

P「この調子なら、トップも遠くはないぞ」

翠「いえ。一番になるには、まだまだ未熟です」

P「謙遜しなくてもいいんだぞ?」


翠「Pさんの心は皆中で射止めたいのです」


P「翠なら必中だな。ははは」

翠「ふふ、お任せください」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/07(金) 23:59:21.10

P「ここまで長かったな」

凛「そうだね。無我夢中になって走ってきたと思う」

P「でも、気が付いたらたどり着いてたよ」

凛「うん……今となっては、遠かったのかも近かったのかも分からないよ」

P「それだけ頑張ったってことだな」

凛「けど、簡単じゃなかった。プロデューサーがいてくれたから」

P「そう言ってくれると嬉しいぞ」

凛「弱気になったとき、ちゃんと強く抱きしめてくれたから」

P「当然だ。俺が支えるべきだからな」

凛「うん……うん。約束したからね」

P「ああ」


凛「いつか辿りつけるまでふたりで走り続けるって」


P「約束だ。ははは」

凛「ふふ……ふふふっ」
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/08(土) 00:00:01.69
おしまい
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/08(土) 00:03:45.32

いやあアイドルの笑顔は癒されるなあ(棒)
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/08(土) 00:15:01.70
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/08(土) 21:34:32.00
乙スマイル
この読者の想像にお任せするend…ちょっとしたホラーだな

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク