提督「殺してやる」神通「喜んで」

1 : ◆eYw0lnfieY :2016/01/21(木) 06:03:38.02
何故艦娘とは結婚出来ないのか。そう聞くと、じじいは莫迦を見る目で答えてくれた

「夫が死んでも、嫁だけが残る」

成る程と、だから私は言った

「殺せればいいんですね」

阿呆を見る目でじじいは言った

「そうだな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453323817
2 : ◆eYw0lnfieY :2016/01/21(木) 06:04:34.43
「だから私は、君を殺す」

理由を説明して、そう彼女に宣言した
彼女はとても楽しそうに、嬉しそうに目を細めて答えた

「喜んで」
3 : ◆eYw0lnfieY :2016/01/21(木) 06:06:41.27
私は艦娘の殺し方を調べた
明石に聞いた

「艦娘に毒物は効きません」

夕張に聞いた

「身体能力が生の人間とダンチですよ?」

誰かが言った

「無理」
4 : ◆eYw0lnfieY :2016/01/21(木) 06:15:30.23
前を歩く彼女に向かって真っ直ぐナイフを振ってみた

振り返りつつ私の方に倒れ込み、彼女は俺の胸の中に収まった

「暖かいですね」

彼女は喉を鳴らしながらそう言った
6 : ◆eYw0lnfieY :2016/01/21(木) 11:03:45.38
彼女に後ろから襲いかかってみた

私の手を優雅に捌きながら彼女は言った

「冷たいですね……外は寒かったでしょう?」

私の手を包んだ彼女の手は柔らかかった
7 : ◆eYw0lnfieY :2016/01/21(木) 11:04:21.15
寝ている彼女の首元目掛けて鉈を振り下ろした

彼女は私の腕をするりと絡め取り、同じ布団に誘った

「独りでは広すぎるんです」

そう言う彼女の顔は暗くて見えなかった
8 : ◆eYw0lnfieY :2016/01/21(木) 11:04:57.27
隣で寝る彼女の顔にナイフを突き立てた

起き上がった彼女は私をその胸に抱いた

「まだ……ちょっと恥ずかしいですね」

胸の間から目だけで見上げると、彼女は微笑んでいた
9 : ◆eYw0lnfieY :2016/01/21(木) 11:06:41.53
何日も、何十日も、何年も、何十年も、そんな日が続いた

力も、刃物も、銃器も、火薬も、何に対しても彼女は無敵だった

もう私の先は長くなかった、ベッドに横たわる私を見下しながら、彼女は言った。笑顔と涙を浮かべながら言った

「私にして欲しい事はありますか?」

殺されて欲しい。私に、殺されて、死んで、死んで、死んで欲しい。死ね

私は言った

「結婚してくれ」

「喜んで」

そして私の世界は暗くなった

私が最期に聞いたのは、柔らかい物に刃物が突き刺さったような耳障りな音だった
10 : ◆eYw0lnfieY :2016/01/21(木) 11:07:07.67
おわり
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/21(木) 11:09:58.94
歪んでやがる
おつ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/21(木) 11:12:50.79
歪んでるけど素敵なお話でした
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/21(木) 11:14:33.10
これもまた愛
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/01/21(木) 16:17:59.88
あの、解体……

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク